2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【橋下氏vs朝日】「あんた何様なんだ!」橋下氏、朝日の上から目線≠猛批判 慰安婦の「因縁」再び 安保・都構想報道に反発? [07/21]

1 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2015/07/21(火) 13:40:28.60 ID:???
★【関西の議論】「あんた何様なんだ!」橋下氏、朝日の上から目線≠猛批判 慰安婦の「因縁」再び 安保・都構想報道に反発?
2015.7.21 11:00

「『私は朝日新聞』という意識が強い」「あんた何様なんだ」。維新の党の橋下徹最高顧問
(大阪市長)が最近、朝日新聞の報道姿勢にかみついている。政治生命をかけた「大阪都構想」
の賛否を問う住民投票で「中身のない対立をあおった」と批判され、自ら対案の作成に深く関与
した安全保障関連法案をめぐり、「採決に応じるべきではない」と論評されたことが腹に据え
かねたようだ。橋下氏VS朝日は、過去にも橋下氏の出自を差別的に報じた『週刊朝日』や、
戦時中の慰安婦をめぐる朝日新聞の報道姿勢をめぐって繰り返されてきた構図。特に慰安
婦問題では、朝日新聞の報道によって「慰安婦=性奴隷」という誤った認識が世界に
広まったとして、「朝日の罪は大きすぎる」と猛批判を繰り広げたこともある。
12月の任期満了での政界引退を表明している橋下氏だが、朝日新聞との因縁の対決
にはまだ終止符が打たれそうにない。

■社説に「びっくりですよ」

「『私は総理大臣』なんて見出しで記事を書いていたが、朝日新聞は『私は朝日新聞』
という意識が強いですよ。(政府与党の安保関連法案の内容が)朝日新聞の見解に沿わなければ、
(維新の党に)審議拒否しろと。これこそ『私は朝日新聞』じゃないですか。びっくりですよ」

9日、橋下氏は大阪市役所での定例記者会見で、あきれたような口ぶりで朝日新聞の批判を始めた。

やり玉に挙がったのは、朝日新聞の4日付朝刊の社説とみられる。社説は「政府案が集団的自衛権の
行使を限定的にでも容認するものである限り、(維新の党は)採決に応じるべきではない」という内容だった。

これを橋下氏は維新の党に審議拒否を迫る社説と受け取ったようだ。さらに翌5日付の朝刊で、
安倍晋三首相の国会答弁に「私は総理大臣だから」「最高責任者は私」との言葉が目立つとし、
「私が総理大臣 リーダーシップか独裁か」との見出しで記事が掲載されたことから、
冒頭の皮肉につながったとみられる。

安保関連法案の審議について、橋下氏は「機が熟したと言えるところまで(維新の党の対案も)
しっかり審議を尽くしてほしい」(7日の大阪市内での会合後の囲み取材)というスタンスを示していた。

その上で、採決をめぐる維新の党の対応については、「いくら反対を唱えても、採決を拒否しても、
政府与党が採決を押し切れば、政府与党案が通ってしまう。維新の党は、そんな旧(ふる)い
野党の活動とは決別する」「審議拒否など税金泥棒以外の何物でもない」(いずれも2日のツイッター)
として、堂々と採決に応じた上で反対を表明し、民主党などとは一線を画する姿勢を打ち出していた。

維新の党は結局、対案が十分に審議されなかったことを理由に、15日の衆院平和安全法制
特別委員会や16日の本会議で対案否決後に退席し、政府与党案採決に抗議の欠席をした。
9日の会見での橋下氏は、「維新流の筋の通し方」に水を差した朝日新聞社説にいらだちを
募らせたとみられる。

「(審議)拒否しろとは書いていない」と反論を試みた朝日新聞記者に対し、
橋下氏は「いや、そうは読めない」と、とりつく島もない対応だった。 >>2へ続く

http://www.sankei.com/west/news/150721/wst1507210007-n1.html

9 :名無しさん@13周年:2015/07/23(木) 13:23:10.77 ID:wZ1v+ISAF
橋ゲは朝日珍聞と、同類の輩だろうが

いかに、ねじ曲がった妄想を流布して、民意を歪めてみせるか
いつも、それを競い合っている姿にしか映らない

総レス数 9
11 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★