2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【(・(ェ)・)】クマを蝕む脳炎が増加、感染するとヒトに対して超フレンドリーに [猪木いっぱい★]

1 :猪木いっぱい ★:2021/04/03(土) 18:56:53.17 ID:MllOkYQc9.net
カリフォルニアの若いツキノワグマ(Ursus americanus)の不思議な神経疾患は、彼らをペットの犬のように振る舞わせ、友好的に人間に親しみを与えています。

かわいく聞こえますが、この異常な行動はクマが野生で生き残る可能性を劇的に悪化させます。

1歳くらいのクマさんはある種の感染性脳炎に苦しんでいるようです。
これはウイルスによって引き起こされる可能性のある脳組織の炎症、細菌、真菌、寄生虫、および自己免疫反応の一部なんだクマ。

しかし、獣医師は、何が問題を引き起こしているのか、それがどのくらいの速さで人口に広がっているのか正確にはわかりません。

症状には、顕著な頭の傾き、無気力な動き、筋肉の震え、発作、輪になって歩くこと、大幅に体重が不足していること、そして人間に対する驚くべき恐れのなさなどがあるクマ。

感染したクマの救助に携わってきたBEAR(Bear Education Aversion Response)の事務局長であるアンブライアントは、次のように述べています。
「彼らの行動は、クマではなく犬に似ています。」

カリフォルニア州魚類野生生物局(CDFW)によると、昨年、この病気で4頭が発見されました。これは、2014年に最初に発見されて以来最も多い症例数です。

CDFWによると、カリフォルニアのツキノワグマの個体数は、1982年の10,000から15,000個体から、今日では30,000から40,000個体に増加しています。
その結果、獣医師は、この病気が人口全体に与える影響についてあまり心配していません。

大胆不敵な若者

脳炎の症例はまれですが、その症状により、感染したクマを簡単に見つけることができます。
「私が個人的に救助した最初のクマは、2018年3月に脳炎と診断されました」とアンブライアントは語った。
「クマは学校にやってきて教室に入り、そこで子供たちの間に座って、普通に授業を受けようとしました。クマはとてもフレンドリーな犬のように振る舞いました。」

gooqle翻訳一部割愛全文はリンク先へ
https://www.livescience.com/mystery-disease-fearless-californian-bears.html
https://cdn.mos.cms.futurecdn.net/i9RF36wpoX52oTnQ73hveX-1024-80.jpg
https://cdn.mos.cms.futurecdn.net/i9RF36wpoX52oTnQ73hveX-1024-80.jpg

298 :ニューノーマルの名無しさん:2021/04/08(木) 01:41:16.06 ID:rnQmQkEz0.net
これはイギリスが莫大な予算をつぎ込んで開発した生物兵器だろう
奴らの熊好きは異常

総レス数 298
56 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★