2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

昔見たり聞いたりした泣ける話を思い出し語ろう

1 :大人になった名無しさん:04/10/11 02:26:53.net
このスレみたいにコピペを貼ってもいいし、自分の話でもいいです。
http://tear.maxs.jp/log_gokyu.html

2 :大人になった名無しさん:04/10/11 02:52:45.net
2get

3 :大人になった名無しさん:04/10/11 23:32:55.net
一週間ほど旅行に行って帰ってくると猫がいなかった。
親に聞くと、私が旅行に出た日にいなくなったそうだ。
心配していると次の日、帰ってきた。
でも、ぐったりしていて、病気だという事はすぐに分かった。
獣医に連れていくと保っているのが不思議だ、でももう保って
1日くらいだと言われ、ショックで泣き崩れた。
そしたら猫が苦しいだろうに、私の手を舐めて小さく「ニャー」
と鳴いた。
その日から、猫は1週間、生きた。
苦しそうでミルクもスポイドでしか飲めなくて、何もしてあげら
れない自分が悔しくて涙が出た。
なのに、私が泣くと猫のほうが、手を舐めて私を慰めてくれた。
最後は、私の膝の上で、ちょっとだけ苦しそうに鳴いて逝った。

病気になっていた事、気付いてあげられなくてごめんね。
旅行に行って、一番苦しい時に私を捜してたのにいなくてごめんね。
無理矢理頑張らせて、1週間も長く苦しませてごめんね。
みんなに言われたよ。
「あんたに会いたかったから、帰ってくるの待ってたんだよ。
あんたと、少しでも長く一緒にいたかったんだよ」
って。そうだね、きっとそうだったんだね。
苦しかったののに、私ばかり泣いてごめんね。
私のそばにいてくれてありがとうね。
今も、あなたが大好きです。


4 :大人になった名無しさん:04/10/12 07:20:22.net
昨日帰りの満員電車でうんこ漏らしました。
その日はゲリだったのでヤバイかなぁ〜と思いつつ電車に乗ったんだよね。
自分が降りる駅の一つ手前で、なんと!人身事故で停車・・・
乗ってる間もうんこを我慢してたんで俺の顔は真っ青でやばい汗ダラダラだったと思う。
案の定、我慢できず脱糞、脱糞、脱糞、だっぷん・・・・・
まず、しゃがんでカバンに入っていたコンビニ袋を取り出しました。
俺の行動に周りはいい迷惑だったと思う。たぶんゲロを吐くと思われたと・・・
でも俺はなんのタメライもなくズボンとパンツを下げ、尻丸出しで
そのビニール袋に発射。。。
「ビチビチ ビチビチ ビチ〜」と俺の尻から
「ボサッ ボサッ ボサッ」と袋へ落ちる
悪臭と周りの人達の驚きの眼差し・・・そして罵声・・・。
俺は顔をあげられない・・・尻をポケットティッシュで拭き、俺はしゃがんだまま・・・。
約1時間そのままだった・・・
やっと電車が動いた時、いままで罵声を言ってた周りの人が
「よかったな、はやくうち帰って風呂入れよ^^」
ってやさしく声をかけてくれた。
俺はあまりの惨めさ、恥ずかしさで泣いた。
でも本当は感謝の言葉で大泣きしていた俺がいた。

5 :大人になった名無しさん:04/10/12 20:02:47.net
あげ

6 :大人になった名無しさん:04/10/13 21:36:02.net
今日のオマーン戦がこのスレに加わらないことを祈ろう・・・

7 :大人になった名無しさん:04/10/14 01:09:37.net
FT Hong Kong 2 - 0 Malaysia
00:00 Kuwait ? - ? China
FT North Korea 2 - 1 Yemen
FT Thailand 3 - 0 U.A.E.
FT Tajikistan 2 - 1 Kyrgyzstan
HT Syria 2 - 1 Bahrain
FT Maldives 3 - 0 Vietnam
HT Lebanon 1 - 1 Korea Republic
FT Indonesia 1 - 3 Saudi Arabia


8 :大人になった名無しさん:04/10/14 08:19:31.net
「ビチビチ ビチビチ ビチ〜」と俺の尻から
「ボサッ ボサッ ボサッ」と袋へ落ちる


9 :大人になった名無しさん:04/10/14 15:12:39.net
幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。


       J('ー`)し
        (  )\('∀`)
        ||  (_ _)ヾ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

学もなく、技術もなかった母は、個人商店の手伝いみたいな
仕事で生計を立てていた。

┌─────────┐
│  個 人. 商 店  │
└─────────┘
 │  J('ー`)し     |
 │   (  )    ┌─|
 │   ||    │ i|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

それでも当時住んでいた土地は、まだ人情が残っていたので
何とか母子二人で質素に暮らしていけた。
   │
   │
   │
   │  J('ー`)し_____________
  / ̄ ̄ (  )  ('∀`)  
/      ||  (_ _)ヾ




10 :大人になった名無しさん:04/10/14 15:13:26.net

娯楽をする余裕なんてなく、日曜日は母の手作りの弁当を
持って、近所の河原とかに遊びに行っていた。

///////ww   w  ww
//////w ww        J('ー`)し
/////w w ww. ('∀`)  □ノ(  )
////w w  w   ( ヘヘ    ||
///w  ww ww  w


給料をもらった次の日曜日にはクリームパンとコーラを
買ってくれた


         J('ー`)し         ワーイ コーラ ダ
          (  )ヽ□ ヽ('∀`)ノ クリームパン ダ
          ||      (_ _)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




11 :大人になった名無しさん:04/10/14 15:14:30.net
ある日、母が勤め先からプロ野球のチケットを2枚もらってきた

       J('∀`)し
        (ヽロロ   ヽ('∀`)/
        ||      (_ _)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


俺は生れて初めてのプロ野球観戦に興奮し、母はいつも
より少しだけ豪華な弁当を作ってくれた。


   J('∀`)し
t─┐ノ( ノ)        ヾ('∀`)ノロロ
  │■| |       .  (_ _)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



12 :大人になった名無しさん:04/10/14 15:15:06.net

野球場に着き、チケットを見せて入ろうとすると、係員に
止められた

──┐
   │                _[係]
   │   J(;'Д`)し       (`Д´ )
   │     (  )\('д`) ロロヾ(  ) 
   │     ||  (_ _)ヾ    / └ 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

母がもらったのは招待券ではなく優待券だった。
チケット売り場で1人1000円ずつ払ってチケットを
買わなければいけないと言われた。

──┐
   │                _[係]
   │   J( ;'A`)し       (`Д´ )
   │     (  )\( 'A`) ロロヾ(  ) 
   │     ||  (_ _)ヾ     || 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





13 :大人になった名無しさん:04/10/14 15:16:01.net
帰りの電車賃くらいしか持っていなかった俺たちは
外のベンチで弁当を食べて帰った。

電車の中で無言の母に「楽しかったよ」と言ったら


  ( '∀`) J('A` )し
  .(_ _)   (  )  .┌─
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄くく ̄ ̄ ̄|  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


母は 「母ちゃんバカでごめんね」 と言って涙を少しこぼした


  ( 'A`) J('A` )し
  .(_ _)   (  )  .┌─
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄くく ̄ ̄ ̄|  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




14 :大人になった名無しさん:04/10/14 15:17:00.net
俺は母につらい思いをさせた貧乏と無学がとことん嫌になって
一生懸命に勉強した。


||||\   ('Д`;) ベンキョウ ベンキョウ
 ──┐ヽ(   )
    │くく□
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

新聞奨学生として大学まで進み、いっぱしの社会人になった。
母も喜んでくれた

     [大]_
     ('∀`)   J('ー`)し
      (  )     (人)
      ||     ||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




15 :大人になった名無しさん:04/10/14 15:18:00.net
そんな母が去年の暮れに亡くなった。
死ぬ前に1度だけ目を覚まし思い出したように
「野球、ごめんね」 と言った。

                 ('A` )
         J('A`)し    (  )
      /⌒⌒⌒⌒⌒ヽ  ||
     // ̄ ̄ ̄フ /
   / (___/ /
   (______ノ

俺は 「楽しかったよ」 と言おうとしたが、
最後まで声にならなかった

                 ('ー`;;)
         J('A`)し    (  )
      /⌒⌒⌒⌒⌒ヽ  ||
     // ̄ ̄ ̄フ /
   / (___/ /
   (______ノ




16 :大人になった名無しさん:04/10/14 20:49:08.net
泣いた

17 :大人になった名無しさん:04/10/14 23:24:41.net
遠距離恋愛中の彼氏の家へ初めて行くことになった。
彼氏の家に泊まることなんて初めてで緊張していた。
元々近くに住んでいて、彼氏が家の都合で実家へ帰って
しまって遠距離恋愛が始まった。いつも相手が私に会いに
来ていたので彼の暮らす街は初めてみることになる。
とにかくドキドキしたし楽しみだった。みどりの窓口で
切符を手配してお土産を買った。勿論有給も申請した。
準備万端で出発の日を待った。

しかし出発の10日前、彼から電話があった。
「新しい彼女できたから、その子を大切にしたい」
一瞬何がどうなったのかわからなかった。会ったら連れて
行きたいところがあるとかなんとか数日前にも話していたのに。
一方的に別れを告げられて、ワケがわからないうちに朝になっていた。
仕事の帰りに手配した切符を全部キャンセルした。キャンセル料
なんてどうでも良かった。体調が悪くて旅行にいけなくてキャンセルを
したことがあったけど、このキャンセルをするのが辛かった。あと、
部屋に残ったお土産も見ているのが辛くて全部捨ててしまった



18 :大人になった名無しさん:04/10/15 20:44:12.net
あの……落としものですよ?

         .∧__,,∧
        (´・ω・`)
         (つ夢と)
         `u―u´

  あなたのすぐ後ろに落ちていましたよ?


19 :大人になった名無しさん:04/10/17 05:48:34.net
>>3を猫の視点から語ってるいいコピペがあったんだが
見つからない!

20 :大人になった名無しさん:04/10/17 17:09:41.net
>>4を他の乗客の視点から語ってるいいコピペがあったんだが
見つからない

21 :大人になった名無しさん:04/10/20 00:57:35.net
うわああああああああああん

22 :大人になった名無しさん:04/11/05 20:46:40.net
兄が玉砕したと聞いた時の驚きと悲しみは、私の全身の血を停止させ、足腰の力が急に抜けてしまった
老いた父母になんと報告すべきか? その悲嘆を想像するだけで私は動転した
あの頑健な兄が戦死するとは・・・・・ 神仏すら軽蔑したくなる内面の空虚な痛手
これは二百八十万の遺族だけが体験した無残非情な、終生忘れることの出来ない深い心の苦悩であった

父は兄に家業を継がせようと手塩にかけて愛育した
落胆は余りに大きく、急に物言わぬ人に変わった 母は人陰に隠れて泣く事が続いた
その年の夏
「陸軍伍長井上総一 昭和19年12月31日、ぺリリュー島○○地点において戦死確認」の公報が届いた
巷間で噂される通りの一枚の紙片であった 遺骨も無く、誰が末期の水を取ってくれたのやら、遺言があったのか
形見の品は遺されていたのか 何でもよい、最期の模様が知りたいのが肉親である 
やはり戦死した場所を見て、遺骨を拾ってみなければ諦めきれないのだ

戦死の公報受領後、旬日にして芝の増上寺において遺骨の引渡しを受けた
白木の箱に納められた兄の変わり果てた姿を見た父は、嗚咽しながら
「ご苦労さん!お帰り・・・」と白木の箱を撫でた 生きて帰った息子の肩を撫でるように・・・・

私は翌日、白木の箱をそっと開けてみた 中にはお粗末な位牌が入れてあるのみだった



「ぺリリュー島血風録」より


23 :大人になった名無しさん:04/11/09 00:26:57.net
http://hisasouseki.hp.infoseek.co.jp/toki325.html

24 :大人になった名無しさん:04/11/09 07:18:21.net
|!| l| l ;l|; ll! ! | !! | !::! |! | l| ! | |;i ! | l|;」| l|i !! i | l ; l|i ! | l|; ll! ! i | l! | l|;! |
!i|! ! l| ! |! ! l| ! :l| l ;l| ! l|;! i | l ; l|i; i|;; ! | l| l ;l|; ll! ! l|;! i | l ; l|i; i|;; i |! | | l
l|i !! i | l ; l|i ! | l|; ll! ! i | l! | l|; i ! |! |」| l|i !! i | l ; l|i ! | l|; ll! ! i | l! | l|;! |l
l; |;|! ! l| ! | |;i ! | l|; ll! ! i ! | l|; ll! ! ! |!|l|i !! i | l ; l|i ! | l|; ll! ! i | l! | l|; i ! |!
! | l| l ;l|; ll! ! l|;! i | l ; l|i; i|;; i |! | | l il| i ! !| l; |;|! ! l| ! | |; l|; !l| l ;l|| l ;l|; ll!
;l|; ll! ! | !! l! ! | !! | |; l|l| ! | |;i ! | |; l|;l|; ! | l| l ;l|; ll! ! l|;! i | l ; l|i; i|;; i |! | | l
______________________________
>                                          |,
>____________________________ .|
  ̄                 _____        |─ 、  ,─、ヽ | |
  / ̄ ̄ ̄ ̄\,,      /−、 −、    \      ヽ  ・Y・  |  |__.|
 /_____  ヽ    /  |  ・|・  | 、    \ .    l `- c`─ ′  6 l.
 | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |   / / `-●−′ \    ヽ   <___     ,-′
 |  ・|・  |─ |___/   |/ ── |  ──   ヽ   |     ヽ ___ /ヽ.
 |` - c`─ ′  6 l   |. ── |  ──    |   |
 ヽ (____  ,-′   | ── |  ──     |   l
   ヽ ___ /ヽ     ヽ (__|____  / /
   / |/\/ l ^ヽ    \           / /
  | |      |  |     l━━(t)━━━━┥

25 :大人になった名無しさん:04/11/09 11:10:07.net
【ロリ】中学生の妹のパンツをうpする喪男登場【変態】
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1092982307/l50


26 :なおき:04/11/16 19:05:38.net
>>18
ありがとう、
よろしければ、あなたに差し上げます。
まだ少し、中身が残ってると思います。

もう、僕には使う事も 膨らます事もありません。
気が付いてくれて、どうもありがとう・・・・・さようならね。

27 :大人になった名無しさん:04/11/16 22:22:01.net
>>25
dat落ちしてるぢゃん

28 :大人になった名無しさん:04/11/19 15:49:45.net
5歳の貯金箱 新球場へおやつ代節約

▽広島の森島君 イベント心待ち
広島東洋カープの本拠地となる新球場建設を目指し、二十日に始まる「たる募金」を心待ちにする五歳の
熱烈なカープファンがいる。広島市安佐南区の森島宏太朗君。球界再編でカープの行方が心配になり、
おやつ代をためてきた。中区の基町クレド広場であるスタートイベントに参加して、大だるに入れる。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn04111904.html

29 :大人になった名無しさん:04/11/23 23:50:24.net
子供の頃風邪を引いたり、お腹が痛くなった時
おばあちゃんがひたすらお経を唱えてオレのお
腹をさすってくれた。
なぜかよく治った・・・今でも不思議な感じ。
そんなおばあちゃんは今でも元気で生きてますが、
仕事が忙しくて・・・忙しくなくてもめんどうで全然
実家に帰ってない・・・
もうそろそろ寿命だと思うんだけど。
本当オレはバカだな。
おばあちゃんの時間も残り少なくなっているのに。
帰らないといけないのに。
ごめんなさい。
ごめんなさい。
ごめんなさい。

30 :大人になった名無しさん:04/12/24 02:00:49.net
あげ

31 :大人になった名無しさん:04/12/24 04:29:03.net
>>9〜15
泣いた。。
立派なお母さんだったと思うぞ。

32 :大人になった名無しさん:05/01/29 19:00:24 .net
保守

33 :大人になった名無しさん:05/02/23 22:34:02 .net
>>31

人間交差点って漫画に、プロ野球が東京五輪に変わっただけの、ほぼ同じエピソードがありまつ。

もちろんフィクションでつ。

34 :大人になった名無しさん:2005/04/13(水) 01:27:18 .net
今から二年前の三月、上司を事故で亡くした。

親の病気で仕事を辞め、看病や家の中のことで疲れ切っていた俺に仕事を
紹介してくれた友人がいた。
その職場で知り合った人が彼女だった。
当時二十歳だった彼女を見ていて、自分が不甲斐なく思えた。
腰掛け同然に仕事をしていた俺と、年一つしか違わない彼女を較べて。
(それは彼女が正社員だった、というのもあるからだろうが)
そこそこに仕事をこなせるようになってから、本当にやりたい事の話もした。
実際には医療関係の仕事に進むつもりだったし、学校に行くことも決めていた。
その話の最中に彼女が「自分のやりたいことを優先して」と言ってくれたのを今でも
よく覚えている。

その一ヵ月後、彼女は他界した。自動車同士の衝突事故だったそうだ。
後悔した。悲しみよりも。
あの人のために働きたい。役に立ちたい。もっと話したい。
そう思っていた矢先だった。
一年前にその仕事は辞め、今は医療機関で研修中だが、後悔は一層強くなっている。
あの時現場に居合わせていれば、彼女を助けられたかもしれない―と。
彼女が戻ってくるわけではないけれど、少しでも多くの患者を救いたい。
俺に道を示してくれた、彼女の言葉に報いる為に。

俺が今ここにいられるのも、貴女のおかげです。
ありがとう。ゆっくり休んでください

35 :大人になった名無しさん:2005/04/22(金) 02:38:26 .net
まだ私が小さい頃、父と母がすでに他界していたため
おばあちゃんが私と兄を育ててくれていたのですが、
遠足などある時はいつもおばあちゃんの手作りお弁当を持って行きました。
でも当時おばあちゃんが作るお弁当はおにぎり2こだったので、
同級生の子達のかわいらしいたくさんおかずが入っているお弁当がうらやましかったんです。
お弁当箱もキティーちゃんとかマイメロディーなどのかわいいお弁当箱なのに、
私は銀紙で包んだおにぎり2つだったので、おばあちゃんに対して
「こんな変なお弁当つくらないでよ」
「はずかしいからやだ」とはき捨てたり、せっかく作ってくれてもわざと持っていかなかったり。
そんな酷い孫に対して、おばあちゃんは決して叱ったりしませんでした。
そんなある日、1度かわいいスヌーピーのお弁当箱にハンバーグや玉子焼きが入ったお弁当を作ってくれました。
おばあちゃんなりに他の子達はどんなお弁当を作ってもらっているのか一生懸命考えて作ってくれたのです。
おばあちゃんは、「ごめんね、かわいいお弁当っておばあちゃんの時代なかったからわからなかったのよ・・・
これなら恥ずかしくないかねぇ」としわしわのとても暖かな手でお弁当を手渡してくれました。
今思い出すだけで、私はおばあちゃんになんて酷い言葉を吐いていたんだろう、なんて最低な子供だったんだろうと涙が出てきます。
おばあちゃんのおにぎりだって、本当はとってもとってもおいしかったのに、「おいしかったよ」の一言も言わなかった。
本当にこんな酷い孫でごめんねおばあちゃん。

今私は結婚し、子供にも恵まれました。
おばあちゃんに曾孫を抱かしてあげる事ができ、幸せそうなおばあちゃんの優しい笑顔を見ると
これがあの頃の恩返しになれば私も幸せに思います。
うちの子はおばあちゃんの作るおにぎりが大好物なんですよ。もちろん私もです。
ありがとうおばあちゃん。ずっとずっと長生きして下さい。
大好きです。


36 :うすびぃ:2005/04/22(金) 05:29:55 .net
俺が小学5年のとき親父が死んだ
過労死ゆえの朝の出勤途中に死んだ
親父は最期バスを途中でおり病院を求め、まだ開いていない
小児科に駆け込むと同時に事切れたそうだ。
たまたまバスで一緒だった部下がなぜ気づかなかったのかと
母と俺の前で泣いて詫びた。前日遅くに帰ってきたから俺は前日の
親父の顔を見てない。一昨日の屋根の雪降ろしで親父の頭に雪を投げて
怒鳴られた顔が最期の思い出だ。相撲の大巨人大内山のことを話してくれた。
親父とずっと喧嘩してて口を半年以上聞いてなかった姉は親父の死を聞いて
卒倒した。今まで家事など手伝いもしなかった姉が葬儀の準備や片付けは
率先して行い、眠りもせずに準備した。
学校の友達が葬式に来てくれて「ウス、元気だせよ」と言ってくれた。
火葬場に棺おけが入る瞬間すべてがよぎった。あれが走馬灯なんだと
走馬灯ってのは走ってるときには見えないんだと。走り終わって何か感覚的に
感じるものだと。
火葬場の職員が機械に点火し、棺おけが入っていく。姉と母は泣きながら抱き合っていた。
俺は叔父の手を振り払い、機械の入り口に駆け寄り
「ありがとうございました!・・・・・11年間育てていただきありがとうございました!!!
うっうっうっ」
そのまま火葬場から走って近くの森で号泣した。
人が死ぬときはいつも雨か寒い冬



37 :うすびぃ:2005/04/22(金) 05:35:36 .net
小学校のクラスには俺以外に片親が2人いた。
一人は女子の佐藤。はっきりいってかわいかった。がでかかった。
でかすぎだ。気も強い。色白のくせに気が強い。美人のくせに
気が強い。しかも俺だけに特に強気だった。今思うと俺のことが好きだったに
違いない。てか今でも実はほれてる。
今思うと彼女の母の死は強烈だったに違いない。運動会で俺と隣の席で
俺が彼女を笑わそうと相手のチームばかり応援して「ばかー」とかやってるときに
教師に呼ばれた。楽しい時間から悲しい時間。それは強烈だったに違いない。
小学3年生のときだった。以後長女の彼女が幼い妹2人の面倒と親父さんの食事を準備してたらしい。
一度だけあった彼女の妹からバレンタインにチョコを貰った。彼女は妹からだと
いったが、実は彼女からだと思ってる。
まったくお前は気の強い女だった。


38 :うすびぃ:2005/04/22(金) 05:50:59 .net
もう一人はジュンだ。
いきなり年賀状に「いつもごめんなさいと言っているマルはなーに?」
というふざけた挨拶を書いてよこした(答えは謝る)
ジュンの親父は書道の先生で彼が3歳のときに死別した。素直で悪い奴じゃない。
母もそんなジュンをかわいがり、メシを食わせたり泊まりにいったり来たりした。
俺が転校してからもしばらく付き合いがあったが、高校で地元を離れた俺は
しばらく付き合いがなくなってしまった。
高校の寮に友人から電話がかかってきた「ジュンが死んだ」
暴走族になっていたジュンは盗難バイクで
別の暴走族を追っていたパトカーに跳ね飛ばされ50m以上ふっとんで死んだ。
2ケツしてて後ろの奴は顔がなくなってしまった。がジュンの顔はキレイだった
と友人はいった。バカな奴。あの母さん一人きりだぞ。お前は一番やってはいけない
ことをしたな。

そんな俺も40を過ぎた。髪に白いものも目立ってきた。この間の人間ドッグの
結果が着たよ。腫瘍だと・・へへ。
みんな回りは結婚してガキ連れて歩いてる。この前中学の同級のヤッチとあった。
こいつに昔2000円騙しとられたことがある。弟が死んだといない弟の話を信じ込まされたことがある。
そんな奴がガキ連れて歩いてる!人間って歩くの?!
そんな過去あるのにイケしゃあしゃあと俺に声掛けてきやがった!しかも男の子連れて
俺いっちまおうかと。すんごいこといっちゃおうかって。その子に。
キミのパパにおじさん騙されたんだよ。この人おじさんからお金騙しとったんだよって。
脚色つけてすんごいこと言おうかって。キミは危うかったんだよ!キミの後の人格形成に
及ぼしそうなこと一杯言おうかと思ったんだから!!!!でもソレ考えてるうちにキミ達
勝手に行っちゃったよね!信じられないよ!関所のある時代なら関所破りで死罪なんだから!!
テケシも結婚した。すげぇヤンキーで俺を蹴ったことあるくせに。すんげぇ
モロストライクのかんわいい女の子肩車して楽しそうに奥さんと3人で歩いてた!歩いてた!
パンツ見えてんぞ!パンツ!変態が世間にうようよしてるこのご時世になんたること!
なんたるサービス!常識ないなら子供を生むな!SEXしたいならゴムしやがれ!

あ、親父、ジュン、じーちゃん、5年前に死んだポポ。なんでお前らそこにいるんだ。
なに笑ってるんだよ。何か言ってくれよ。ハハ、俺おっさんになった?そうでもないよな。
おい!なんか言えよ。おい待てよ!どこ行くんだ。俺も連れてってくれ!待てよっ!
暗い、何も見えないよ、待ってくれ待ってくれぇぇー
暗いよ怖いよママ

39 :大人になった名無しさん:2005/04/23(土) 17:06:51 .net
http://hebo2.boy.jp/flash/thx_dokuo.swf
さっき泣いた

40 :大人になった名無しさん:2005/05/10(火) 22:33:21 .net
最近ふと昔の思い出が走馬灯のように蘇る時がある…死ぬのか俺!?

41 :大人になった名無しさん:2005/05/10(火) 22:42:28 .net
>>40
大人として安定した時に起きるんだよ・・・・
あの頃の思い出は・・・な

42 :芦原:2005/05/11(水) 00:44:25 .net

場所にしても人にしても
想い出が切なく輝くのは想い出の中でだけなんだよね

想い出を大切にする人はそれがわかるから
後ろ髪ひかれつつも前にしか歩けない不器用な人が多い気がする

43 :大人になった名無しさん:2005/05/22(日) 22:20:23 .net
今までも、今も、そしてこれからも、心の底から好きな人が居ます。
毎日、その人の事ばかり考えています。

どうやって思い出を増やしていこう?
どうすればアノ人の思い出の中に残る事ができるだろう? と。

ついさっきまで一緒に居た事が嬉しい。
明日また会えると思うと嬉しい。

思い出に頼らないと、この先一人では生きていけないから。

その人とは絶対に結ばれない運命。
結ばれてはいけない運命。

ひ孫の顔を見せてあげられなくてゴメン、婆ちゃん。
家系を絶やす事になるけど許して欲しい、オヤジ。
孫の顔を見せてあげられなくてゴメン、おふくろ。

俺は、同性愛者だから。
好きな人とは一緒になれないんだよ。


44 :大人になった名無しさん:2005/06/05(日) 23:37:21 .net
昔、見たというよりも。実際起きた話ならあります。
ってかこのスレ止まってる?

45 :大人になった名無しさん:2005/06/05(日) 23:44:17 .net
幼稚園の頃から、仲が良かった親友が居ました。
いつも、俺たちは4人で遊んでた。
どんな時も、一緒に遊んでた。彼女についての相談をしたり
馬鹿言ったり、喧嘩したり。でも、そんな事やりあってるうちに
俺たちの絆は更に深まっていった。

46 :大人になった名無しさん:2005/06/05(日) 23:44:42 .net

ある日、いつものメンバーで遊んでる時、ゆうき(仮名)の具合が悪そうだった。
そいつは元気だけがとりえだったのに、その日だけは具合が悪かった。
日がたつたびにゆうきの具合が悪そうだった。俺たちは心配になって
体調を聴いたが『大丈夫。なんてことないよ』と、言っていた。
数日後ゆうきは学校を休むようになって、病院で入院していることを親に聴いた。
親からゆうきが難病に掛かっている事、そして治らない事、もう直ぐ天国に行くかもしれない事。
全部聴いた。俺たちは言葉が出なかった・・・。

47 :大人になった名無しさん:2005/06/05(日) 23:45:04 .net
俺たちはいつもより1人少ない、3人で御見舞いに行った。
プレゼントを持って。逢って元気付けてあげて又、一緒に遊ぶんだって俺は思った。
病室に入ってゆうきを見たら、全身チューブだらけでちゃんと顔を見る事ができなかった。
俺たちは『絶対良くなるよ』って言ったら
ゆうきは『まだ死にたくない』って言われた。面会時間が短かったから
プレゼントを渡して病室から出た。
病室から出た後、俺たちの涙は止まらなかった。
まだ、死んでる訳じゃないのに凄く悔しかった。
何で俺たちの親友がこんなに苦しまなきゃいけないんだと思った。
俺たちは何も出来なくて、ただ涙を流す事しか出来なかった。

48 :大人になった名無しさん:2005/06/05(日) 23:45:20 .net


そして俺たちは毎日の様に御見舞いに行った。
俺は親から貰ってる少ないお小遣いを貯めてゆうきの為にプレゼントを買って病院に行った。
いつもの病室だから迷う事なく真っ直ぐ進んで病室に入ると
ゆうきの姿は無かった。部屋の中の状態はいつものままなのにゆうきだけが居なかった。
頭の中が真っ白になって何が起きたのか判らなかった。
部屋の前でプレゼントを持って立っていると
後ろからゆうきの母親が来て俺に言った
『本当についさっき息が止まって・・来てくれてありがとう』って涙を我慢しながら俺に言った。
プレゼントはゆうきの母親に渡して俺は病院を出た。

49 :大人になった名無しさん:2005/06/05(日) 23:45:33 .net

その後、俺たちは3人だけで遊ぶようになった
俺たちの仲間が居なくなって初めて気が付いた。友達の大切さを。
今迄本当にありがとう。絶対忘れないよ・・・


50 :大人になった名無しさん:2005/06/09(木) 22:46:47 .net
age

51 :大人になった名無しさん:2005/06/10(金) 23:59:24 .net
俺の4才上の兄は障害者
小児マヒで右足が不自由だだから俺が6才になるまで兄は養護施設にいた
俺が幼稚園の年長の時兄は家に戻り普通に学校に通い始めた
運動会の日母と応援に学校へ行った
兄の学年の徒競走が始まったが兄は自分の席に座り参加しなかった
当たり前の話なのだが幼い俺は兄が走らない理由がわからずなぜ走らないか母に聞いた
笑っているだけで答えてくれなかった
翌年兄と同じ小学校に入学した俺はまた運動会の日を迎えた

52 :大人になった名無しさん:2005/06/11(土) 00:13:37 .net
そしてプログラムは進行し5年生の兄の学年の徒競走が始まった
兄は見学席にはいなかったスタートラインに先生の肩につかまって立っていた
兄はその時期まだ足にギブスをしていたため歩く姿は頼りなかった
スタートの合図で一斉に走り出す5年生
兄はゆっくりとした足取りで歩き出した
いや一生懸命走っていた
俺はそんな兄の姿を見てられなかった
恥ずかしい、やめてくれ
と正直思った
でもその時グランド全体から拍手が起こった
兄の走る姿にみんなが声援を送っている
俺もみんなに合わせて拍手をした
ゴールした瞬間涙が出た
あとで聞いたのだが母が兄になぜ走らなかったのと弟が言っていたと話したと
兄は俺のために走ってくれたのかな
照れ臭くて聞いたことはないがそれは胸の中にしまっておこう
運動会の時期になるといつも思い出す

53 :大人になった名無しさん:2005/06/11(土) 08:25:34 .net
>>51-52

・゜・(ノД`)・゜・

54 :大人になった名無しさん:2005/06/13(月) 14:27:12 .net
>>51-52
その光景を想像して泣いた・゚・(つД`)・゚・
良いお兄さんだね

55 :大人になった名無しさん:2005/06/16(木) 22:41:47 .net
バイク乗ってると男っぽい?俺も免許取るから!

アトピーの子とか嫌だよね?もしそのことで誰かになんか言われたら俺がぶん殴ってやる!

パーマかけたけど似合わないよね?またかわいくなってるよ!

仕事中話しかけると無視するよね?みんなの前では恥ずかしいんだよ!

料理が苦手な女ってだめだめだよね?俺料理大好きだから!

ねぇ誰かいい人紹介してよ?早く俺の気持ちに気づいてくれよ・・・

56 :大人になった名無しさん:2005/07/08(金) 16:23:10 .net
保守

57 :大人になった名無しさん:2005/07/24(日) 08:51:06 .net
>>51-52
感動秘話agea

58 :大人になった名無しさん:2005/07/31(日) 17:33:54 .net
このスレッド、そのうち本になったりして…

良スレage

59 :大人になった名無しさん:2005/08/02(火) 17:33:58 .net
74 名前: 本当にあった怖い名無し 2005/03/31(木) 03:04:06 ID:dLG3ETwh0

5年前に飼っていた茶トラ猫。

姉が家出同然で出ていってしまって家の雰囲気が暗かったので、
私は家ではできるだけ明るく振舞っていましたが、
本当は、家族に仕事や恋愛の悩みを相談したりしたかったんです。
でも、そういう雰囲気じゃなかったので、
夜眠るときや、誰もいないときに、 その猫によく相談しながら泣いていました。
相談といっても、猫だから黙って私を見ているだけだったんですけどね。
その猫は、私のお布団の中が好きで、 毎日夜になると、ニョロニョロと入ってきては、
背中と腰の中間くらいのところにずっしりと寄りかかって眠っていました。

その子が病気でなくなって、裏庭に埋めるときに、 手紙を書いて一緒に埋めました。
「いろいろお話を聞いてくれてありがとう。オバケでもいいから時々会いにきてね」
みたいな内容を書きました。

つい2、3日前のこと。
相変わらずの人間関係からのストレスで貧血状態になり、横になっっていました。
うとうとしていると、猫がニョロニョロとお布団の中に入ってくる気配。
今は別の猫を飼っているので、そいつだ思って気にしてなかったら、
ちょうど背中と腰の中間の辺りに、寄りかかったのです。
ほんのりあたたかくて、ずしっと重い感じ。。。 ん? この重みは…!!
「…心配して来てくれたの?!」ってお布団の中をのぞくと、
すーっと重みが消えて、誰もいませんでした。

全然怖くなくて、むしろ死んじゃっても心配かけてる自分が情けなくて、
しくしく泣いてしまいました。
泣きながら眠ってしまったら、夢にはご飯を食べてる茶トラ猫がでてきました。
目が覚めてから、お線香をあげて、猫のエサをお供えしました。

長文スマソ。


60 :大人になった名無しさん:2005/08/02(火) 17:39:39 .net
209 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/04/11(月) 01:40:54 ID:lIgZScVj0
初めてここに書き込みします。
自分は亡くなった人、ではなく、猫に逢いたい。
もう死んでから何年もたつけど、また撫でてやりたい。
死ぬ瞬間までずっと見守ってました。
なにもしてやれなかった自分が情けないです。
多分、見ていられるのは嫌だったんじゃないかなと思います。
その瞬間はとても冷静でいられなかったから。
今でも時々おもいだして泣けてきます。
あの時、なにか言いたかったのか、何をしてやれば良かったのか。
答えがわからないまま過ごしてる。
今の自分に出来ることは、今居る猫を同じように天寿をまっとうするまで
世話することだけ。
なにか自分に言いたいことがあるなら、教えて欲しい。
214 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/04/12(火) 10:21:52 ID:iNFSWzhr0
209ですー。
自分は一応女性です。
猫はシマシマでしたが、白い所もあり、アメショーではなく雑種。
確かに大人しく聞き分けよい猫でした。
初めて飼った猫であり、自分にとっては親より偉い存在でした。
最後は猫エイズでしたが、十三年生きました。
自分も霊的なものなど見える方で、この猫の死ぬ日にちまで前もって
解っていました。
だから、この猫の最後を看取ることができたんです。
正直、見なければ良かった、とも思いましたが飼い主として、
家族として最後まで責任あるし、そうしなければいけないと思ったからです。
猫の名前は、まりりん、雄猫ですが、、。
そのあと、ちびこ、雌猫八歳が死んだとき、玄関に迎えにきてくれてました。
ほんとに優しい猫でした。


61 :大人になった名無しさん:2005/08/03(水) 09:29:05 .net
>>9-15
泣いた。俺も母子家庭なんだ。母親を大切にしたいと思った。本当にありがと

62 :大人になった名無しさん:2005/08/31(水) 16:22:46 .net
http://www.tebichi.com/tebichi/clms/01mt/clms/040527.html
これは泣ける

63 :大人になった名無しさん:2005/09/01(木) 00:32:24 .net
親父がサラ金で借金つくって逃げた。
遠の昔に別居していた母さんと住む事になった。
友達にも母さんにも明るく振る舞ってるけど正直まいってる。
あんたは強い子やなとか言っとるけどずっと一緒に暮らしよった親父やぞ!!と言いたいけど言えるわけもなく。彼女に当たってしまいました……
いつものようにまた喧嘩かなと思いました。
でもそいつは
私でよかったら支えちゃるし助けてあげる。
でもあんたはお母さんの支えになってあげないかんやろ?
がんばろうや。辛いことあったら私が支えになっちゃるし聞いてあげるきん。 がんばろ?

俺の片想いから必死にアプローチで付き合ってくれた彼女の言葉です。
馬鹿みたいに泣いてしまいました。
長くてすいません

64 :大人になった名無しさん:2005/09/01(木) 08:40:13 .net
いや寒いんだけど

65 :大人になった名無しさん:2005/09/01(木) 08:47:56 .net
寒いね

66 :大人になった名無しさん:2005/09/02(金) 00:59:33 .net
小学4年の時、何かの事情でお祖父さんと二人暮しの女の子がいた。
ある日、そのお祖父さんが倒れて救急車で運ばれた。その子が泣き叫ぶ姿が印象的だった。
お祖父さんは結局そのまま亡くなってしまった。

ちょっとして学校に出てきてが、友達や先生が心配してもダンマリ。
先生が「可哀想に、みんなで励ましてあげないといけないよ。」と言った途端、
「私、可哀想なんかじゃない!可哀想なんかじゃないから!」と泣き叫んだ。

不思議にそれ以降のその子の思い出は無い。転校でもしたんだろう。
彼女は可哀想なんかじゃない、幸せの形は幾通りもあるのだ。
そう思いたくて仕方がなかった。

67 :大人になった名無しさん:2005/09/02(金) 15:03:56 .net
別に泣けないが

68 :大人になった名無しさん:2005/09/02(金) 20:29:47 .net
321 名前: 大人になった名無しさん 投稿日: 2005/08/31(水) 23:29:39
俺、中学の時ばーちゃん死んだんだけど、ばーちゃん、じーちゃんのことすごく愛してたんだろうな
じーちゃんが先に死んだせいか「早く死にたいじーちゃんのとこに早くいきたい」ってよく言ってた
俺ばーちゃんのこと大好きだったから毎日会いに行って「俺の結婚式でて嫁さんと曾孫みるまで死んだらダメ!」って言ってた
結局じーちゃん死んでから二年後にばーちゃんも死んだんだけど、
葬式の時、俺宛てに手紙があって読まれたんだけど、ただ一言「○○約束守れなくてごめんね」
泣いた。人前で泣くのは恥ずかしいって思ってたけど号泣した。
結婚式、披露宴にじーちゃんとばーちゃんの席をつくった。
明日、結婚します。近くで観ていていてください。
貴方達のような夫婦になりたいです


69 :大人になった名無しさん:2005/10/17(月) 00:55:59 .net
アッツ島守備隊が全滅した事を知った天皇陛下は、「山崎部隊は最後までよくやった。自分は嬉しく思うと打電せよ」 と仰った。
「無線機は破壊しているので受信されません」と答えても、「それでも電波をだすように・・・」と仰るのであった。

大本営はアッツ島に向けて打電したが、アッツ島から返信が来る事はなかった。

70 :大人になった名無しさん:2005/10/18(火) 08:41:05 .net
>>69
 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン 

71 :大人になった名無しさん:2005/10/24(月) 07:34:31 .net
>>68
幸せになれよ!

72 :1:2005/10/27(木) 00:49:28 .net
 遠い南の島に、日本の歌を歌う老人がいた。
 「あそこでみんな死んでいったんだ……」
 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人はつぶやいた。

 太平洋戦争のとき、その島には日本軍が進駐し陣地が作られた。
 老人は村の若者達と共にその作業に参加した。
 日本兵とは仲良くなって、日本の歌を一緒に歌ったりしたという。

 やがて戦況は日本に不利となり、
 いつ米軍が上陸してもおかしくない状況になった。

 仲間達と話し合った彼は代表数人と共に
 日本の守備隊長のもとを訪れた。自分達も一緒に戦わせて欲しい、と。
 それを聞くなり隊長は激高し叫んだという
 

 「帝国軍人が、貴様ら土人と一緒に戦えるか!」


73 :2:2005/10/27(木) 00:50:00 .net
 日本人は仲間だと思っていたのに……みせかけだったのか。
 裏切られた想いで、みな悔し涙を流した。

 船に乗って島を去る日 日本兵は誰一人見送りに来ない。
 村の若者達は、悄然と船に乗り込んだ。

 しかし船が島を離れた瞬間、日本兵全員が浜に走り出てきた。

 そして一緒に歌った日本の歌を歌いながら、手を振って彼らを見送った。
 先頭には笑顔で手を振るあの隊長が。

 その瞬間、彼は悟ったという。
 あの言葉は、自分達を救うためのものだったのだと……。


74 :3:2005/10/27(木) 00:51:22 .net
「パラオの統治者である日本軍」としては、パラオ諸島の小さな島・ペリリュー島の
人々を“圧倒的不利な戦局”に巻き込んではならないと配慮したのだ。

そして船舶も乏しい中、空襲を避けて夜間に船を出し、住民の全員をパラオ本島に
避難させたのである。

そして日本軍はパラオを死守するために文字通り死を覚悟して戦った。

日本は圧倒的に不利だった。アメリカに制海権・制空権を掌握されている上に、
兵力14倍、航空機200倍以上、戦車100倍、重火砲1000倍という
歴然たる戦力差。しかしそれでもアメリカの上陸作戦史上最高の損害比率を
出させるほどに抵抗し、全く補給もなく73日間も守り通し、玉砕したのだ。

最期に『サクラ・サクラ』という電文だけを残して。

その戦いの甲斐あって最大激戦地・ペリリュー島での民間人死傷者はゼロだった。

戦争後に島に戻った島民たちは、放置されていた夥しい数の日本兵の
亡骸を泣きながら埋葬した。後にペリリュー島のオキヤマ・トヨミと
ショージ・シゲオが“ペリリュー島の玉砕戦”を、日本の国花・桜に託して
作った『ペ島の桜を讃える歌』は、今でも彼らに愛唱されているという。


75 :大人になった名無しさん:2005/11/25(金) 18:56:03 .net
 小さいころ新聞に折り込まれた広告を見ると近所に出来た電気屋さんの開店セールの
 チラシが入っていた。
 そのチラシには「開店記念、ホットプレートで作った焼きそばを無料配布」の文字が!
 焼きそばが大好きだった俺は、タダで焼きそばか食べられるのかとワクワクしながら弟を
 一緒に電気屋の前まで行ったが電気屋の近くまで来た時に目にした光景は閑散とした客  誰一人としていない店頭で一生懸命呼び込みをしながら焼きそばを小さなホットプレートで  焼きつづける電気店主夫婦・・・
 子供の目にもあまりにも寂しい雰囲気だったので「焼きそば下さい」と店の前まで行く勇気  が湧かず弟と一緒に遠巻きに電気屋を見て、そのままそそくさと帰宅した。
 それから月日は経ち電気屋は無くなった。


76 :大人になった名無しさん:2005/11/25(金) 21:49:15 .net
>75
なんか可哀相だな…(つд`)

77 :大人になった名無しさん:2005/12/28(水) 23:43:11 .net
彼と半年前別れました。
思い切り憎まれて別れました。

・・・・余命宣告を今日受けました。
間に合ってよかった。
たとえ憎まれても、彼の記憶の中では元気なままの私で残れる。
辛さや苦しさをぶつけるよりも、この道を選んだことを
悔いていません。

こうちゃん、大好きだよ。ずっと好きだよ。
ひどいことたくさん言ってごめんね。
あなたを傷つけてごめんね。
結婚しようって言ってくれてたのに、こんな形で裏切ってごめん。

誰よりも、あなたの幸せだけを願っています。


78 :大人になった名無しさん:2006/01/23(月) 03:54:42 .net
>>77
がんがれ

79 :大人になった名無しさん:2006/02/02(木) 07:44:13 .net
私が小学生の時、野良猫が家になついて子猫を生んだ。メス一匹とオス三匹。
内、オス二匹は病気やら事故やらで死んだ。
生き残ったメスとオスはアンとトラって名前を付けた。
私たちはメチャクチャ可愛がった。
アンは女のくせにおてんばでった。いつも一緒の布団で寝ていた。
ある日、親父がアンを勝手に避妊手術に出した。
帰ってきたアンは・・・、手術の失敗で障害猫になっていた。
歩くこともできず、食べることもできずにそれでも一生懸命生きようとしていた。

私はアンに生きていて欲しかったから、一生懸命世話した。
えさを細かく切って食べさせたり、親にはダメって言われてたけど、
家の中に入れて温めた。
その甲斐あってか、アンは次の春には歩けるようになり、えさも自分で
食べられるようになった。
それに安心しちゃって、私はアンの世話をあんまりしなくなっていた。

月日は流れて、また冬がやって来た。アンは、弱っていった。
そして・・・アンは死んだ。最後の日は不思議と元気があり、自分で
えさをがつがつ食べたのだそうだ。
死因は、えさがのどに詰まったことによる窒息死。
私がアンの世話をサボらなかったら・・・。
ごめんアン、とても苦しかったでしょ??ごめんね。
あなたが苦しみから解放されたことだけが、唯一の私の救いです。」

80 :大人になった名無しさん:2006/02/18(土) 18:01:22 .net
いつも自分はお母さんと喧嘩ばっかしてた。
いつもお母さんに頼って生きていた自分は、
目覚まし時計でおきれず、起こしてもらってるのだが、
時々、起こすのが遅い。
そういうときも全部「早くおこさねえのがわりいんだろ!!!」とか言ってた。
お母さんも反抗して「だったら自分でおきなさい!!」とか言って喧嘩。
一回警察に呼ばれたときもお母さんにすげえ怒られたし、
家に帰るのが遅いとわざわざ探して友ダチがいるのに帰らせれるし、
ぶっちゃけ自分はそんな母親が大きらいだった。

ある日、ちょっと大きい喧嘩をした。
母「何であんたはおにいちゃんと違って何も出来ないの!!!もうちょっと子供らしくしなさい!!」
自「あんたのせいなんだよ!!!
  兄ちゃんには、私立行かせるのにウチにはいかせてくれない、
  いつも仕事でろくに授業参観にもこない!
  いつも、ウチを保育園でヒトりぼっちにさせて、母親ずらしてんじゃねえよ!
  あたしはあんたの事母親だともう思ってねえよ!!!

「あんたの事、母親だと思ってねえよ!!」
この一言を聞いたとたん、いつもは口うるさいお母さんが黙った。
言い過ぎたかなとは思ったけど、それはそれでもういいと思った。
どうせ愛されてない子供に言われただけなんだから。
そう思った。
すごい勢いで自分の部屋にこもると、少しお母さんのことがきになった。
ちょっと様子をみてみよう・・・
母親が泣いていた。
あんなに強い母が泣いていた。

そして独り言でこんなことを言っていた。
「私のせいだ」
目頭が熱くなった。
こんな母親みたことない。みたくない。
すぐに、部屋にまた戻った。

気分転換にTVでもみようか・・・
おもしろくない、そういえばまだ見てないビデオ録画したのあったな。
そうやって探すと母親の字で自分の名前が書かれたビデオがあった。
なんだろうと思ってみてた。

そこには、
幼い頃の自分が、大事そうに微笑んでる母親の腕の中にいた。
ビデオの中のおかあさんはとてもやさしくて、
なんども自分をビデオに写して、自分の名前を呼んでくれていた。
そしてビデオでこんなことをいっていた。
「大すきよ。
 多分私の子だから何度も反抗するでしょう。
 だけど、あなたは私の大好きな子よ。ずっとずっと」

何年間も流してない涙が自然と出てきた。

その日自分はお母さんに「ありがとう」といえた。

81 :大人になった名無しさん:2006/02/18(土) 21:59:34 .net
 昨年の夏休みの話

  会ったこともない遠い親戚の葬式。親父が出席するはずだったんだけど、
 どうしてもいけなかったので俺が代わりに出席することになった。
 新幹線乗って田舎町へ。

 周りも見たことない人しかいないので、重い空気に沈鬱していた。
 葬式が終わり退出しようとしたとき、出口で見知らぬ婆さんに突然腕をつかまれた。
 けれども、つかんだきり何も話さず目を丸くしているだけ。
 かなりの高齢だったのでぼけているのかと思い、何でしょうかと質問すると、
 ○○さん?○○さん?としかいわない。やはりぼけているのだろうかと思い、
 周りをみても誰も知り合いがいる様子にない。この人も俺と同じく遠縁のひとらしかった。

  婆さんは俺を見ながら「あんれえ帰ってきて下さったん、まっとっ…」と黙り込んでまたしばらく動かない。
 すると今度は婆さんに食事に連れて行かれた。お腹も空いていたので一緒に食事をすることに。
 食事中、婆さんは昔話ばかりしていた。食事の後も俺はあちこちに連れまわされた。
 この建物はいつ作られただとか、あの建物はなくなったのとかそういう話ばかり。
 俺は特に語らず、聞き手になっていた。

  帰りの新幹線の時間もあるので、婆さんにそのこといって別れようとすると引止めにかかられた。
 もういってしまうのか、今度は直ぐに帰ってくるのかと聞き取りにくい方言で何度も俺に聞いてくる。
 めんどくさかったので、また直ぐに会えますよと返事をしつつ別れることになった。
 婆さんは駅まで一緒に行くといい、途中何度も行かないでくれといわれ、引きとめられた。
 結局、新幹線には乗り遅れた。散々な目にあったと思い帰宅。

  数日後、また親戚の葬式の連絡。今度は親父がこの間よりも近い親戚なので俺にも来いという。
 バイト仲間にまた葬式かと冷やかされて葬式にいった。

  そうしたらなくなった人はあの御婆さんだった。
 驚きつつも、そうか、亡くなったのかぐらいにか思っていなかった。
 葬式の喪主は婆さんの弟がおこなっていて、どうやら婆さんはずっと独身らしかった。

   
 
 
  
 

 



82 :大人になった名無しさん:2006/02/18(土) 22:02:03 .net
式後改めて喪主の人に会いにいくと、婆さんの弟は俺をみて驚愕し、
 また○○さんと間違えられた。

  亡くなった婆さんにもそういわれたことを教えると、いつ会ったのだときかれ、
 まえの葬式で会い、食事やら散歩したことを話した。そうしたら弟の爺さんが泣き出して、
 少し待っていろという。しばらくして爺さんが写真を持ってきた。
 
 その写真には俺が写っていた。
 
 写真は白黒でかなりぼろぼろであったが、ゲートルをまいて国民服を着た俺がたっていた。
 そして隣には十代後半に見える女性がいた。良家のお嬢さんに見える。
 爺さんは話してくれた。その女性はあのお婆さんで隣の俺そっくりな人は○○ということ、
 戦争が終わったら結婚するはずだったこと。終戦後その人は帰ってこなかったが婆さんは帰ってくるといい続けたこと。
 婆さんは戦後の農地改革で家が没落し、結婚を薦められても頑なに拒否したらしかった。

 お婆さんが死ぬ直前弟であるその人に、やっとあの人が帰ってきてくれた、今度は直ぐ戻って来るんだと嬉しそうに語っていたらしい。

 弟のお爺さんは死の直前に幻覚をみているのだとしか思っていなかったが、そうじゃなかった、
 あの人の生まれ変わりが最後に会いに来てくれたんだと号泣しながら語り、
 俺に何度もありがとう、ありがとうと言っていた。
 俺も涙が止まらなかった。

 お婆さん、今頃おれのそくっりさんと天国で寄り添っているのだろうか。
 またいつか、お墓に花を添えに会いに行くよ。


83 :大人になった名無しさん:2006/04/09(日) 16:39:29 .net
>>81-82
んっ? なんか画面が曇ってる・・・



・゜・(ノД`)・゜・

84 :大人になった名無しさん:2006/04/10(月) 02:08:30 .net
>>75
なんかグッとくるもんがある…

85 : ◆8D7AsgMH.Q :2006/04/13(木) 17:33:47 .net
テス

86 : ◆7OmdqyBm6M :2006/04/13(木) 17:35:09 .net
テス

87 : ◆qoWE.kYigQ :2006/04/13(木) 17:37:33 .net
テス

88 : ◆nV3Yji.HpY :2006/04/13(木) 17:40:00 .net
テス

89 :大人になった名無しさん:2006/04/17(月) 10:19:14 .net
近所の人の話。

そこのお子さんがまだ小さくてやっと喋りだした頃の事。
奥さんもまだ若くて小さい事でその子を殴ってしまっておでこの所に傷が出来ちゃったの。
このままじゃ旦那に怒られると思って、すぐに友達を呼んで相談したんだ。

まだうまく喋れないし転んだ事にしようって話になって友達は帰った。

夜、旦那は帰るなりその子に『どうしたの?この傷』って聞いた。
奥さんは急いで『転んだ』って言おうとしたんだ。

なのにその子が『ころんだ』って言った。
意味が分かってるのか。
たまたま言ったのかも分からないけど確かに『ころんだ』って言ったんだ。

奥さんは泣きながら本当のことを旦那さんに言ったらしいよ。

90 :そういう感じじゃない;:2006/09/26(火) 00:18:41 .net
僕の家は昔から貧乏だった・・・。
それは家族での外食が3ヶ月に1回あれば良いほど。

ある日母がパート先の知り合いから動物園の招待券をもらってきた。
僕と妹はそれはもう飛び上がるほど喜んだ!

次の休みの日に母が奮発してお弁当を作ってくれた。
動物園に行って待ちきれず俺が招待券を出すと、
それは優待券だった・・・。

その時僕らは合わせて780円しか持っていなかった。
帰りの電車賃ギリギリだった・・。

近くの公園で弁当を食べることにして動物園には行けなかった。






母さん?あの時の玉子焼きすごく美味しかったよ。

91 :大人になった名無しさん:2006/09/26(火) 14:34:39 .net
↑ダメダメ

92 :大人になった名無しさん:2006/09/28(木) 23:58:46 .net
今日正社員の面接行ったのね。もうこれで11社目。
今まで全部駄目だった。
それで、その日は車で母も用事があったし、近くだったんで、
母さんが運転するよ、と付き添ってくれた。
駐車場の社内に母を待たて面接してもらった。
出てきたのは社長と人事課長。社長が絵に書いたような悪人顔でさ。
たばこふかしながら履歴書見て「何この転職回数?あんたもう36だろ?」
「働いた経験が長いったって、こんなの職歴なしも同然だろう?」
「精神の病気だかなんだかしらんが、うちでそんなの雇うわけない、
辞められたら無駄だし、もう帰ってくれ。用はないだろ。終わり終わり」
車に戻ると母は面接には触れず、「また寒くなるんだって、今ラジオで行ってた」
「ごはん食べて帰ろうか」って。
無言のままうどん屋に入って、カツ丼を食べた。
そしたら母親が「受かるといいねー」って言うからさ、俺答えに困っちゃってさ。
で、いろんな言い訳考えた末に正直に「いや、駄目だったんだ、今日も」といった。
母親、「また次も送っていくよ、カツ丼、あんまりおいしくなかったね」だってさ。
今頃になって泣けてきたよ。情けねーなー。就職してーなー。
今まで何やってたんだろう。
母さん、就職できたらおごってくれたお礼に、今度は何かおごるよ。
うまくないカツ丼じゃないところに行こう。
この歳になって言うのもなんだけど、母さんごめんなさい。


93 :大人になった名無しさん:2006/10/02(月) 10:15:15 .net
ttp://www.asahi-net.or.jp/~tc2t-ymd/mazuzi/mazushienikki.html
まずしちゃんカワイソス。・゚・(ノД`)・゚・。

94 :名無し:2007/01/07(日) 05:04:11 .net



95 :大人になった名無しさん:2007/05/11(金) 16:30:17 .net
すてきなお袋もったお前は幸せ者だ

96 :大人になった名無しさん:2007/05/11(金) 18:25:30 .net
>>92
がんばれ!。応援しています。俺も学生期間が長くて仕事に就いたのが20代後半でした。
ずぅっと親のすねかじりでした。母と父に感謝です。


97 :大人になった名無しさん:2007/05/24(木) 17:27:37 .net


98 :大人になった名無しさん:2007/06/05(火) 02:11:20 .net
ゴジラVSモスラなんだが
最初は悪い奴みたいだったバトラ。けどゴジラに真っ向勝負挑んでモスラに助けられる。そんで更正(?)
で、モスラと一緒にゴジラを弱らせて封印しに行く訳だが…
泣いた。
安っぽいかもしんないけどこーいう話に弱いです

99 :大人になった名無しさん:2007/06/06(水) 11:47:47 .net
アゲ

100 :大人になった名無しさん:2007/06/06(水) 14:33:14 .net
前さ、研修医やってたときの話なんだけど
主治医のサブみたいな形で、ある入院患者さんにつかせてもらってたんだ。
患者さんは気さくなおじさんで、検診のたびに話し込んでた。

お見舞いに来るのは大抵奥さん。
毎日夕方に仕事終えて来てさ、洗濯物持って帰ったり、世間話とかしてた。
奥さんもすごい良い人で、おじさんと同じくらい明るかった。

そして、たまに息子もお見舞いに来てた。
若くて今時のストリート系の感じの格好しててさ、ムスッとしてて結構怖かった。
俺とは一切目を合わせてくれなくてさ、なんだかめんどくさそうだった。
どっちかというと、母親から言われて、嫌々お見舞いに来てる感じだったかな。

ある日の夜中さ、おじさんの容態が急変しちゃったんだ。
元から病状は思わしくはなかったんだけど、おじさん、気力でカバーしてた。
俺も初めての経験でさ、すごいあわてたけど、
ナースと力合わせて、主治医が来るまでなんとか頑張った。
主治医はすぐに家族を呼ぶようにって、指示を出して処置を始めた。
それくらい、おじさんの容態は急を要してた。

奥さん飛んできたよ。髪なんかもクチャクチャでさ、もう目が真っ赤だった。

おじさん、だめだった。心停止から帰ってこれなかった。
あんなに元気だったおじさんが、こんなに急に死んじゃうなんて、
医者の卵として恥ずかしいけど、なんだか信じられなかった。

奥さんにご臨終を告げると、奥さんおじさんにしがみついて泣き叫んでた。
つらかった。

そのとき息子が病室に飛び込んできた。
驚いたことに、彼は警察の制服を着てた。汗だくだった。
「とーちゃん!」って叫んだけど、奥さんの様子を見て悟ったと思う。
がっくりうなだれて、黙ってしまった。
彼の肩口の無線から、少しノイズみたいな音が漏れてた。

しばらくして、かれは崩れ落ちてた奥さんを抱き起こした。
椅子に座らせて、俺たちを向き直り、
「いままで親父をありがとうございました!」と大きな声で叫んで、深々と頭を下げたんだ。
顔を見せたときには、歯を食いしばって必死で涙をこらえてた。
顔が真っ赤だった。

たぶん警察官ってこういう人たちなんだと思った。
制服を着ている以上、彼らは職務を全うしなければならないんだと。
だけど、隠せない親子の感情とせめぎ合わされるんだろうって。

ふてぶてしいと思ってたけど、彼はあのお見舞いのとき、警察官らしかったのかもしれない。

なんか思い出してので…。長文ごめんなさい!

101 :大人になった名無しさん:2007/06/06(水) 18:20:16 .net
…あれは俺が22歳の入院中の出来事。生まれて初めて女性(看護婦さん)に上半身を拭いてもらいました。今ではあれが人生で1番良い思ひでです。

102 :大人になった名無しさん:2007/06/07(木) 23:50:15 .net
6〜7才の時、大好きだったおじが結婚するのが嫌で嫌で。





今度おばになるおじの結婚相手の女の人にやきもちを焼きまくっていました。私の両親が結婚式にどうしても行けず、嫌々ながら親戚に引きずられるように結婚式に行った。
私は親がいない事をいい事に、披露宴で困らせてやろうと、真面目なシーーンとした結婚式の誓いの言葉では、隠し持っていたクラッカーをパンパンならしたり、「あきる〜。うざーい!早く終わらせろー!」とグチった。
披露宴では、「この料理まっずい!このジュースまっずい!」と食べては吐き出すの繰り返し。
大きい声で「○○ちゃん(おじ)のお嫁さん、綺麗だね!当たり前だよね!普段超ぶっさいくなのに、あんな厚化粧に綺麗なドレスじゃ綺麗になって当たり前だよね!メイクした人の技術すごいね!あんなぶっさいくな女がここまでなるとは!」と、言ったり、
小さいながらエロティックな事はすべて知り尽してた私は、大きな声で「静かなコハンの森の影から〜♪○○ちゃん(おじ)とお嫁さんの声がする〜♪いやーん!ばかーん♪そこはだめよ〜♪」と定番の替歌を歌ったり、
お嫁さんの両親の前で「結婚式終わったら、二人は新婚旅行待てずに、すぐにお○んちん、お○んこに入れちゃったりー!きゃー!初夜じゃなく、初夕〜!」とか叫んだり、
料理の太いウインナーを手にし、「○○ちゃん(おじの嫁)は多分こういう太いウインナー大好きだよね!下の口からこっそり食べてるもんね!」と叫んだり、
ばたばた走り回っては、ここではもう言えないようなエロネタを叫んでた。
お嫁さんのドレスの中に入り込み「脚太ーい!しかもドレスの中めちゃ臭いー!おえー!」とか言って出てきたり。
誰だったか、あまりに怒った大人が、私の胸をかかえてお尻をたたいた時、「警察呼ぶぞー!お尻触られたー!きゃー!痴漢だ痴漢!ロリコンがいるよ!お尻触られた!胸触ってる!」と叫んだ。
途中で私は会場を追い出され、会場の人に預けられた。そのあと、すきを見て、外に一人で四時間くらいも出歩き、さらに迷惑かけました。
現在私は25歳になりました。あれ以来、親戚とは会ってません。というか、縁を切られました。6〜7才だったのに縁を切られた。
おじさんともおばさんとも会ってません。いくらおじが好きだったとはいえ、我ながらすごい事をしてしまったなぁ。今じゃとてもできない。

103 : 救えば 自分が救われる:2007/06/15(金) 14:14:51 .net
神の贈り物『奇跡の母子犬』 を見て広めよう
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1181875518/

保健所の絶望的な檻の中 わが子を守る親犬
 
係員をにらみ 
助かり 係員に寄り添う

悲劇を 悲劇をなくせ クソバカ 

泣けるから コピレ

スレ立て希望ス

104 :大人になった名無しさん:2007/06/16(土) 08:06:50 .net
高校の頃、英語の授業に20代前半の結構イケメンなアメリカ人教師が来た。
授業は一人一人アメリカ人先生に名前を呼ばれ、前に出てマンツーマンで話をするっていう形式。
先生には授業前に生徒の名前をローマ字に直したプリントを渡してた。

授業が始まると片言の日本語で挨拶をする先生に女子連中はキャーキャー言っていたけど
それを結構厳しい口調で注意するような真面目な先生だったので、みんな真剣に授業に臨んでた。
授業は順調に進み、結構人気のあった女子の「新保(しんぽ)さん」の番になった。
先生はそれまでやってきたように大きな声で彼女の名前を呼んだ。

「ジャアツギノヒトネ。ンーーアーー・・・ちんぽ!ちんぽサン!」
生徒は一瞬凍りついた。教室にいた全員が瞬時に「笑ってはいけない!」と思った。
でも、たぶん「シンポ」と言っているんだろうけど、どう聞いても日本語の「ちんぽ」だったし
「それまで片言だったのに、なぜよりによって「ちんぽ」の発音だけがこんなにもネイティブなのか」とか
「なぜか「ちんぽ」に敬称を付けている」とか考えだすとみんな耐えられなくなった。
結局新保さん以外の全員が爆笑。新保さんは顔を真っ赤にしてうつむいていた。

その様子を見ていたアメリカ人先生は状況が飲み込ていないようなのだが、
生徒の一人がみんなの笑いものになっている状況だけは理解できたのだろう
突然般若のような顔になりその爆笑をかき消すかのような大声で「シャァァラッップッ!!」と全員を一喝した。
その表情とテンションの凄さに、教室は水を打ったように静まり返った。
しかし先生の怒りのボルテージは上がったまま。

新保さんの肩に手を置くと「ナンデ?ナンデミンナちんぽをワラウ?ちんぽガナニカシタ?」
全員が「まずお前のせいだ。あと男性生殖器の名称を連呼するのをやめてください」と思っていたと思う。
その後、慰めようとしたのだろう、先生はやさしい口調でうつむいて座っている彼女に語りかけた。

「ちんぽゲンキダシテ。マエニキテクダサイ。ちんぽスタンドアップ!」

新保さんも笑った。

105 :大人になった名無しさん:2007/06/16(土) 08:41:26 .net
>>104
新保さんって絶対そう言われるよね。w

ちんぽスタンドアップにワロタ。

106 :大人になった名無しさん:2007/07/06(金) 14:25:34 .net
馬鹿なりに入れた大学。だけど3回生になっても友達はいないに等しい。
 中学・高校時代の親友たちは、新しい環境や職場で
  新しい友人や恋人が出来たらしい。以前のようにはしょっちゅう遊べなくなった。
ある日の朝、母が俺に千円を渡してきた。「大学の食堂はどう?美味しい?」
 俺は「うん」とだけ答えて、その日は昼飯を食わなかった。食堂には一度も行ったことがない。
  きっと母は今頃、俺が友達と仲良く昼飯を食ってるものだと思ってるんだろうな・・・
   そう思うと、少しだけ、胸が痛くなった。
ある金曜日の夜。高校時代の親友に電話をかけて遊びに誘ったが、
 土日は友達と約束があるから行けないという。俺は「いいよいいよ」と笑って答え、
  いつものように週末はひとりで過ごした。

     _____________
   /|:: ┌──────┐ ::|
  /.  |:: |          | ::|           きっと今頃 あいつらは
  |.... |:: |         | ::|
  |.... |:: |         | ::|
  |.... |:: └──────┘ ::|            新しい友人や恋人と
  \_|    ┌────┐   .|     ∧∧
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     (  _)
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄(_,   )    楽しい休日を満喫してるんだろうな
            /             \  `
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|、_)
             ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄


     |           .( ( | |\
     | )           ) ) | | .|
     |________(__| .\|      でも、もう、俺はいい大人だから
    /―   ∧ ∧  ――-\≒
  /      (    )       \
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
  |______________|      泣かないで済む術を、

   ∧∧
  (  ・ω・)
  _| ⊃/(___       いじけずに済む方法を、もう
/ └-(____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  <⌒/ヽ-、___  
/<_/____/      身につけてしまったんだ。

107 :大人になった名無しさん:2007/10/16(火) 17:19:15 .net
光彩

108 :大人になった名無しさん:2007/11/27(火) 23:00:42 .net
今から20年前、俺が中学生のときの話です
昼休みにいつも一人で弁当を食べているT君がいました。
T君はストレスで脱毛して、休み時間も一人だったので気の毒に思いました。
それで一緒に食べないかと声をかけたけど、T君は一人がいいと答えました。
中学校でのT君の弁当はおにぎりだけ。
おかずは全くなしで、いつもおにぎり2個でした。
T君はいつも隠すようにおにぎりを食べて、食べ終わると教室を出て行きました。

後になって友達が教えてくれたのは・・・
小学生のころ友達がT君の家で遊んでいると、T君の家に集金の人が来たらしいです。
集金の人は何度もドアをたたいて、「Tさん!Tさん!中にいるんでしょ!今月は払ってください!」って周りに聞こえるように
大きな声を出したらしいです。
すると、T君のお母さんがT君に「今出て行って、留守番ですって言ってきて」
とT君を言いに行かせました。
T君はお母さんに言われるまま、「留守番です」っていうと、
集金の人は「お母さん中にいるんじゃない」とか言ったそうです。
やっと集金の人が帰ったのでT君も戻ってきたけど、その場にいるのが悪い気がして、友達はT君の家から自分の家に帰ったそうです。
そんなことが何回かあって、T君の家には行かなくなったと、友達は話していました。

109 :大人になった名無しさん:2007/11/27(火) 23:01:14 .net
そんなT君は修学旅行が近づくと学校を休みがちになりました。
T君は修学旅行に行かないということでした。
うわさでは修学旅行の積み立てが滞っていて、お金がないから参加できないということでした。
T君と仲が良いというわけではない俺もさすがにそれは気の毒に思って、みんなでカンパしようと提案した。
糞担任に相談すると1秒で却下。
お金の問題はややこしくなるからだめだそうだ。

俺と友達は修学旅行の前日にT君の家に行ってT君に会った。
俺の親父はそのころからバブリーだったので、修学旅行の代金はどうにでもなると行ってたから、
T君にお金のことは心配しないで、明日から修学旅行へ行かないかを聞きました。
T君は「俺友達がいないから、修学旅行でも一人になっちゃうよ・・・せっかくきてくれたけど明日から楽しんできてね」
というようなことを言った。
俺はガキだったから修学旅行へ行かないT君に腹を立てて、勝手にしろ!って感じなことを言った。

修学旅行から帰ってくるとT君はもう学校へは来なかった。
俺ももうT君の家に会いに行く気はしなかったのでそのままにしていた。
数ヵ月後、T君の一家が夜逃げをしたといううわさが広まった。
俺は放課後走ってT君の家まで行くとドアが外されていて、中はもぬけの殻だった。
あれ以来、T君には会っていない。

T君が俺に言った最後の言葉「楽しんできてね」
俺がT訓に行った最後の言葉「勝手にしろ」

110 :大人になった名無しさん:2008/02/13(水) 07:46:23 .net
たまたま見つけたこのスレに書いてみる

まだ俺が20代のころ、友人(以下A)と旅行に行った。
そいつとは学生時代からの友達で、今も結構遊んでる友達。頭もよく回るし、自分の意見をハッキリ言える、
なかなか頼もしい存在でもある。
お互い、卒業して就職してからもちょくちょく旅行に行ったり、家でゲームをしたり、よく遊んでた。

で、今回はAの車で2泊くらいの旅行に行こうってことになった。
「旅行」っていっても基本的に貧乏旅行で、野宿したり、車の中で寝たり、海でキャッチボールしたり・・
そんな事がおもしろかった。

1泊目は車の中で寝たのだけど、2泊目はどうしようかってなって
2人でラブホでもさがして泊まろうかってなった。普通のホテルに比べて安いし、AVもみれるからね。

ホモねたじゃあありません

111 :大人になった名無しさん:2008/02/13(水) 08:09:41 .net
続き

で、ようやく見つけたラブホ、男2人でも特に問題もなく泊まれた。
そんで「明日はどこ行こうか?どうしようか?俺とりあえずAV見るわw」
なんて話しながらその日は寝た。

翌朝、ここからハッキリ覚えている。
朝早くにAの携帯が鳴った。俺は寝ぼけながら、洗面台で顔あらってる。

A「もしもし、おう・・・うん・・」Aは寝ぼけながら電話に出てる。
俺「Aおはよー どうしたん?」
Aは妹さんから電話があって「オヤジが死んだ」と言った。

俺はびっくりして
「え 嘘やろ?ほんまか?何で?事故か?」とか尋ねた。
A「いや、事故とか病気とかじゃない・・・自殺した」
A「今から帰らなあかんわ、ごめんな」
俺「も もちろんそうやな、かえらんとな・・」
その時のAの顔を見てたら、泣けてきた。Aより先に俺が泣いた・・。

俺はその後、言葉が見つからなくなった。とりあえず予約してた朝食キャンセルして
ホテルを出た。
高速に乗った、俺らの地元までは高速でとばせば半日もあれば戻れる。
俺「俺が運転してくわ、お前は横のれよ」と俺がハンドルにぎった。正直まだ声かけれないけど、
少しでも力になりたかし、運転は危険な精神状態なんじゃないかと思ったから。







112 :大人になった名無しさん:2008/02/13(水) 08:30:19 .net
続き

運転中、Aが言った
「最近オヤジとあんま話してなかったし、ちょっと避けてた所もあった。ホントは俺と話したかったん
とちゃうか。もっと話しとれば、俺が止めれたかも・・」
Aは泣いてた、俺もつられてまた泣けてきた。

その日の午後すぎには、Aの家に戻れた。親戚の人とかもきてた。
俺はそのままAの家に止めてあった自分の車に乗って、自分の家に帰った。
帰り道もどうにも涙がとまらない。
Aと別れるとき、Aは
「俺は大丈夫やから」って言ってた 俺は「そうか」としかいえなかったが。

Aには言えなかった事が
旅行出発の前日はAの家に泊めてもらってた。で、Aとゲームして遊んでたんだけど、
その時Aの親父さんが部屋に入っててた。
いたって普通に「おーいAいるんかぁ?」って
その時Aは俺と遊んでいたからかして、適当な返事をして、すぐに親父さんは「ハハッ」って
ちょっと笑った感じで、部屋を出てった。俺も「あ、こんちはー」ってちょっと挨拶しただけで・・。

あの時がAと親父さんが話した最後だったんだと思うと、俺がいたせいで、
Aと親父さんの会話邪魔しちゃったな、ごめんなAって思う。

今でも結構会うのだが、その事は言えない。
Aは今は結婚して子供もいて、家族が増えた。俺にも家族ができたら今度は家族連れて
旅行に行きたいなと。そん時ちょっとその事言ってみようと思う。

113 :大人になった名無しさん:2008/03/16(日) 03:16:27 .net
さよなら、青い鳥

http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Jupiter/1889/jinseinomokuteki.html
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Jupiter/1889/aoitori.html
改訂版
http://www.vector.co.jp/download/file/win95/game/ff275550.html

86 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/02(水) 22:04

人生において、内容の選択の余地などというものは始めからない。

たとえどれほど惨めな人生であっても、それがたまたま自分の生であり、

それが何故か存在したということ、 その事に外部からの評価をくわえることはできない。

自分の人生が存在したこと、それがそのまま価値なのだ

114 :大人になった名無しさん:2008/07/28(月) 15:48:03 .net
( ;∀;)イイハナシダナー
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4040438

115 :カメ:2008/08/24(日) 01:05:05 .net
昔の話です

おれが6歳のころ両親離婚しました

親父のサラ金が理由だったみたいです

おれが小学生の時に蒸発し、ずっと会えなかった

高校三年の時に、はがき貰って会いに行った

俺より背が低くなってて、歯が全然なくて、会話も全然なくて

でも、よく来たなって笑ってた 嬉しそうだったな

帰り際「元気な時に会いたかったな」って言ってた

その後直ぐ逝っちゃたな

葬式もなんもなくて・・・・・・・・・・

おれ、親父のこと大好きだったよ!




116 :大人になった名無しさん:2008/09/06(土) 15:10:42 .net
コレはココで良いのかなぁ?
もしガイシュツでしたら、すみません。
泣きたくなった時に、よくコレ見ます。

http://jp.youtube.com/watch?v=3-ZlfzxI6ZA

117 :大人になった名無しさん:2008/09/11(木) 22:07:36 .net
順番のお話

マーカスはとても悲しそう。
昨日マーカスは、大事な大事な人を亡くしてしまった。
この世で一番大事な人を亡くしたマーカス。
ひとりぼっちになってしまったマーカス。

皆かわいそうだと言っている。
かわいそうだけど、どうしていいかわからない。

泣かないで、マーカス。
それでもマーカスは泣き続ける。

どうしてもくじけてしまう。
胸がはりさけそう。
マーカスの涙はとまらない。

でもじきによくなるよマーカス。
順番がくるから。

マーカスがとても、とても大事に思っていた人のように。
今度は、同じくらいマーカスをとてもとても大事に
思ってくれる人が現れるから。

それはただの順番のお話。

マーカスがいつか泣きやんで元気になったとき、
辛かった分だけマーカスはやさしくなれる。

マーカスを大事に思ってくれる人のために。
マーカスと一緒に笑ってくれる人のために。
マーカスを必要としてくれる人のために。
マーカスの為に泣いてくれる人のために。

だからマーカス、大丈夫だよ。

マーカスがこの世を去る時も、
もしかしたらその人はとても悲しむかもしれない。

でもちゃんとその人にも順番はくるから。

その次も、その次も。

それはただの順番のお話。
ずっと続く順番のお話。

by KK


118 :大人になった名無しさん:2008/09/12(金) 02:21:33 .net
意味わかんね>>117
やはり実話には遠く及ばないな

119 :大人になった名無しさん:2008/09/24(水) 19:42:44 .net
ぼくのいえは、ぼしかていです。
ままは、まいにちゆうがたからあさまでちかくのこうじょうで
ぼくたちをそだてるためにはたらいています。
ままがかえるといつもせっけんのいいにおいがします。
ままはわかくてきれいです。
ぴーてーえーのときはじまんです。
たまにしらないおじさんとゆうえんちにつれていってくれます。
ぼくはままがだいすきです。
まいにちこわいおじさんたちがくるようになってどなってままをいじめます。
ぼくはおおきくなったらつよくなってあいつらをやっつけたいです。



ままがかえってきません。
あいすくりいむをかいにいったまま。
ままぼくはいつまでまってればいいの?


120 :大人になった名無しさん:2008/10/15(水) 01:45:17 .net
>>100 息子さんは、辛かったと思うよ・・・辛いから一寸でも気が弛むと感情を押さえきれなくなるから、ムスッとした態度取ってたんだろうね。

121 :大人になった名無しさん:2008/12/26(金) 15:33:06 .net
693 :名無しの心子知らず:2008/12/26(金) 13:36:27 ID:ZLuBX3wZ
6歳の娘がクリスマスの数日前から欲しいものを手紙に書いて窓際に置いてお いたから、早速何が欲しいのかなぁと夫とキティちゃんの便箋を破らないようにして手紙を覗いてみたら、こう書いてあった。

    「サンタさんへ おとうさんのガンがなおるくすりをください! おねがいします」

夫と顔を見合わせて苦笑いしたけれど、私だんだん悲しくなって少しメソメソしてしちゃったよw

昨日の夜、娘が眠ったあと、夫は娘が好きなプリキュアのキャラクター人形と「ガンがなおるおくすり」と普通の粉薬の袋に書いたものを置いておいた。
朝、娘が起きるとプリキュアの人形もだけれど、それ以上に薬を喜んで「ギャーっ!」って嬉しい叫びを上げてた。
早速朝食を食べる夫の元にどたばたと行って「ねえ! サンタさんからお父さんのガンが治る薬貰ったの! 早く飲んでみて!」っていって、夫に薬を飲ませた。
夫が「お! 体の調子が、だんだんと良くなってきたみたいだ」と言うと娘が、
「ああ! 良かった〜。これでお父さんとまた、山にハイキングに行ったり、
動物園に行ったり、運動会に参加したりできるね〜」……っていうと夫がだんだんと顔を悲しく歪めて、それから声を押し殺すようにして「ぐっ、ぐうっ」って泣き始めた。
私も貰い泣きしそうになったけれどなんとか泣かないように鍋の味噌汁をオタマで掬って無理やり飲み込んで態勢を整えた。
夫は娘には「薬の効き目で涙が出てるんだ」と言い訳をしてた。
その後、娘が近所の子に家にプリキュアの人形を持って遊びに行った後、夫が
「来年はお前がサンタさんだな……。しっかり頼むぞ」と言ったので、つい私の涙腺が緩んで、わあわあ泣き続けた。
お椀の味噌汁に涙がいくつも混ざった。

122 :大人になった名無しさん:2008/12/26(金) 21:38:11 .net
すいません。男です。
小学1〜2年生の頃、とても貧乏な家の女の子のまんまんを見ました。

その娘は体も小さく、いつも煤けた顔にぼろぼろの服で毎日登校してきました。
3年生になるとクラス替えで特殊学級に入ったらしく、顔を見かけなくなりました。
家庭でもまともな教育を受けていなかったんだと思います。
ある日、授業と授業の合間の休み時間だったと思いますが、
当たり前のようにスカートめくり(当時はやってました)が始まり、ターゲットが
その女の子に・・・。
その娘は、パンツを履いていませんでした。
(貧乏で買えなかったか洗濯中だったか。それくらい貧乏そう)
3〜4人の男子が笑いながらその子のスカートをめくっていました。
その女の子はめちゃめちゃ泣いていましたが、
当時、小学低学年の自分はその行為を見て「醜いことするなー」とは思いつつ
止める勇気もなく野次馬の1人になりました。
栄養の行き届いてない小さいガリガリの薄汚れた肌にタテスジをはっきり見た
思い出があります。
この歳になって今も悔やまれます。かわいそうだったなー。
どんな思いだったんかなー。悔しかっただろうなー。
3年生になり、特殊学級(知恵遅れのクラス)に入ってから全く見なくなり(まとも
な教育を親から受けていないと思われ)
その後は気にもしなかったのだが、同じ年頃の子供をもった今頃、やけに
思い出す。
元気で素敵なおかあさんになっていたらいいなー。
あの時の俺、止める勇気無くてごめんなさい。


123 :大人になった名無しさん:2008/12/26(金) 22:40:38 .net
三年前じいちゃんが死んだ。認知症+なんかの病気。病名はおとんが教えてくれなかったし、聞くのが怖かった。

じいちゃんの認知症は突然始まった。行動言動がおかしくなった。
そこからは早かった。認知症は日に日にひどくなった。一人で何もできなくなっていた。
夜の徘徊だってあった。赤ん坊みたいに世話されてた。そこには全く知らないじいちゃんがいた。
そんなじいちゃんが怖かった。
その日からじいちゃんを避けるようになった。
結局、施設に行くことになった。うちだけじゃ手に負えなくなったんだ。
でも施設生活は長くは続かなかった。別の病気があったから。今度は病院に入院した。
他の家族はお見舞いに行っていた。でも自分は受験だから、と行かなかった。そんなの言い訳だった。
ガリガリに痩せて、家族のことも覚えていないかもしれないじいちゃんに会うのが怖かったから。
今思うと後悔してる。お見舞いに行ってあげれば良かったんだ。

それから一年ぐらいたった。その間、じいちゃんは別の病院に移った。
どうやら前の病院に遠まわしに「出ていけ」と言われたらしい。
理由は知らない。でもじいちゃんはやっかいな患者だったのかもしれない。俺んち金持ちじゃないし、認知症に病気まであったんだから。


自分がお見舞いに行ったのは年明けの寒い冬の日だった。
母親に年明けのあいさつをしに行こう、と言われた。その時の母親の目が状況の深刻さを訴えていた。
俺は察した。じいちゃんの状態が悪かったんだ。

一年ぶりに会うじいちゃん。病室に行くと、じいちゃんは寝ていた。起きる気配はなかった。
その姿を見てびっくりした。喉に管が通ってて、顔がガリガリに痩せていて、涙が出そうだった。
それから花を花瓶に入れたり、簡単な掃除をして帰ろうとしたときだった。
じいちゃんが目を覚ました。目を細めて俺を見ていた。もしかして、視力も落ちてほとんど見えなかったかもしれない。
俺はじいちゃんのすぐ近くに行って顔を近づけた。
そしたら、じいちゃんが笑った。満面の笑みだった。俺のことを覚えていてくれた。
一年以上会いに来なかったのに、じいちゃんは笑ってくれた。すごくうれしかった。
「また来るね」そういって俺は病室を出た。笑顔のじいちゃんを見たから少し元気がでた。

それから数日後だった。早朝、病院から呼び出された。
病院に着いた時には、じいちゃんはもう死んでいた。静かに目を閉じていた。
悲しすぎる時って涙が出ないんだ、と初めてわかった。

今でもじいちゃんの笑顔が忘れられない。





124 :大人になった名無しさん:2009/05/27(水) 03:50:44 .net
ファルコン

125 :大人になった名無しさん:2009/06/13(土) 02:23:37 .net
当時私が小学生だったころ。
本が大好きで、家にある、自分が読めそうな本を読み漁っていた。
ある日、何気なく母の本棚を漁っていたら、かわいい表紙の日記を見つけた。
どうやら私が小さかったころの成長記録らしい。
母はこういう細かいことが好きで、よく日記とかつけていた。
私は面白半分で日記を開いてみた。


◎年☆月◇日
今日、○○(私の名前)ちゃんが初めて寝返りをうった。
うつぶせになっていたから、一瞬ヒヤっとしたよ。
でも、寝返りがうてるようになったね!

●年△月□日
今日、○○ちゃんが“あいうえお”を読めた。
すごいすごい!偉いネ!
次は“かきくけこ”に挑戦だ!







日記には、私が赤ちゃんのころからの成長記録が丁寧につけられていた。
内容はほとんど覚えていないけど、
一言一言がすごく愛おしかった。

いつの間にか私の視界は涙でぼやけていた。
私は誰にも気づかれずに、静かに泣いた。
その時は、なんでこんな日記を読んで泣いているのかとか、
母親の愛情とかがよくわからなかったけど、
なんだか胸が熱くなった。


お母さん、私を産んでくれてありがとう。
苦労ばっかりかけてゴメンね。

126 :大人になった名無し:2009/09/15(火) 22:32:46 .net
なんでもいいんだよな?
中学の時かな・・・
俺は病気で野球部を退部、期待されていたのに・・
それで先輩のいじめが勃発、俺の同級生も俺をいじめてきやがった。
先輩の命令で。
正直胸糞悪くなる話。
俺が不登校になり1年学校へ行かなかった。
先生の努力もあり夜中誰もいない時少しずつ学校に通った。
そして3年生の春。
無事登校。
本当にいい先生だった。
ちなみに9年間同じメンバー23人。
話しはこれからだが。
学校の登校した。
正直野球部の連中とは会話しづらい。
別にいじめられているわけでなないが・・・
自分はもうあいつらは俺の事嫌いになっただろう・・・
と思っていた。
学園祭が近づきずつあった。
今思うと最後の中学校生活。
それに23人で勉強や学園祭が出来るのも最後だ。
なんだかせつなくなる。
ものすごく仲がいいクラスで不良先輩のせいで悪くなった。
だけど今年は変わった。
学園祭当日。
感動したのは最後だった。
雨の中必死の叫ぶ俺達。
学校の名前を叫びそのあとこのクラスサイコと叫ぶ。
そのあとに花火が打ち上がる。
その花火は確かに有名な観光スポットの花火よりかは小さいけど俺達にとっては
もっとも大きな花火だった。
一斉に・・・
1年の時先輩に粉々にされた絆が元に戻ったと思った。
そのあとの記念写真最初は全員で撮りそのあと部活ごとにとった。
野球部が体育館の真ん中に集まる。
俺はもう引退したし・・・呼ばれないだろうと思った。
だけど・・・
あいつら俺を呼んだ。
また野球部の仲間と言ってくれた。
それが嬉しかった。

そのあとの2次会。
3年みんなで集まり話をした。
全員で一言言う事になった。
中には途中泣き崩れる奴までいた。
その時思う・・・9年間小学校からずっと23人変わらない・・だけど・・
もう離れ離れになる。
あっという間だなとその時思った。
その時俺は確かこう言った。
「みんなの励ましで俺は学校に来れた、みんなが居場所を用意してくれたから
俺はこれたんだ。みんなありがとう。もう半年もないけど・・・これからもがんばろう」
そう言った。
いろいろあったけどみんないい奴だった。
中学1年の時は学校は評判の悪い先輩しかいなくて・・・
逆らうといじめを受ける。
俺もそのいじめを受けた一人だった。
もう1度いう。
みんなあの時はありがとう。みんなのあの手紙と登校した時のサプライズがどれだけ思い出になったか・・・

悪い長くなった・・・・

127 :大人になった名無しさん:2009/09/16(水) 00:04:14 .net
金がない(涙)

128 :大人になった名無しさん:2009/12/09(水) 21:54:25 .net
なける

129 :大人になった名無しさん:2009/12/09(水) 22:01:43 .net
たんぱんいらん

130 :大人になった名無しさん:2009/12/09(水) 22:30:47 .net
たんいらん

131 :大人になった名無しさん:2009/12/10(木) 00:38:52 .net
赤星の引退

132 :大人になった名無しさん:2009/12/10(木) 19:32:23 .net
少し昔話をしようか・・・

俺が中2の時だったかな?
当時はすごく荒れてた。厨二病ってこともあったとは思うんだが。
窃盗、暴力… いろんなことをやってきた。

部活は野球部。荒れていたけれど部活だけは一生懸命だった。
でも顧問の先生はすごく怖かった。何度もやめそうになったよ。
それでも俺は続けた。なにより野球が好きだったから。

そんなある日、事件が起きた。

俺は万引きで警察に捕まったんだよ。

署で指紋をとったり、事情聴取などをした。
無論、警察から親に連絡をして、母が迎えに来ることになった。

母が来て、母は必死に警察の人に頭を下げていた。

そのあと親にはこっぴどく怒られた。母は口をきいてくれない。親父には殴られる…
そのあと警察から学校に連絡され、俺は一週間の部活停止…

顧問の先生にはもちろん怒られた。めちゃくちゃに言われた。

もう終わりだと思ったよ。
このまま部活を退部して、ぐれて、ろくでもない人生を送るんだと思った。

それでも顧問の先生は俺を見捨てなかった。
部活停止の一週間はすべてトイレ掃除だった。全学年のトイレを掃除した。

顧問先生は部活には顔をださず、その一週間、ずっと俺のトイレ掃除を手伝ってくれた。
一生懸命、便器をこすってる先生を見て、俺は思ったよ。

『変わろう』って。

それから俺はぐれることなく、中学、高校を卒業した。
今は普通に働いて、家族もいる。

今の俺があるのは、あの先生のおかげなんだよ。
ありがとうございました。先生


133 :大人になった名無しさん:2010/01/27(水) 03:43:04 .net
昨日珍しく俺は母ちゃんを外食に誘った。
行き先は昔からよく行く馴染みのラーメン屋だった。
俺は味噌大盛り、母ちゃんは味噌並み盛りを頼んだ。
「昔からここ美味しいのよね」って、柄にもなく顔にシワよせて笑ってたんだ。

ラーメンが出来上がると、俺も母ちゃんも夢中で麺をすすってた。
あんまりにも母ちゃんがニコニコしながら食べてるもんだから、
俺もつられて笑っちまったよ。

しばらく経って、ラーメンを食い終わった俺はふと母ちゃんの方を見たんだ。
ラーメンの器に浮かぶチャーシューが一枚、二枚、三枚・・。そのチャーシューを捲ると麺がまだ沢山余ってた。
母ちゃんは俺の方を申し訳なさそうに見て、「ごめんね、母ちゃんもう年だから。ごめんね」と繰り返してた。
「んなもんしゃーねーべ」と言うと、俺は母ちゃんの残したラーメンをすすった。
そういやガキの頃、よく無理して大盛り頼んで、結局食べきれなくて母ちゃんに食ってもらってたっけ。
いつの間にか立場も逆転。あんなに若かった母ちゃんの顔も今じゃシワだらけで、背丈も頭一個分違う。
そのシワの数程今まで散々迷惑掛けたんだろうなって思うと、悔しさと不甲斐なさで涙が出てくる。
母ちゃん、こんな俺を今まで育ててくれてありがとう。

134 :大人になった名無しさん:2010/01/27(水) 04:11:56 .net
読まなかった

135 :大人になった名無しさん:2010/01/30(土) 23:12:20 .net
あげ

136 :大人になった名無しさん:2010/02/04(木) 05:13:24 .net
いい話がいろいろあるな。
人それぞれにドラマがあり、クライマックスもある。
大人の童話かな。

137 :大人になった名無しさん:2010/02/07(日) 23:09:28 .net
ぱぱのBIG BOYを見たとき感動したお

138 :大人になった名無しさん:2010/02/18(木) 01:02:26 .net
あんまりいい話じゃないけど・・・。
 昔、小学校の頃、よく遊んでいた友人がいた。(Aとします)
 中学、高校も同じ学校で、少しずつ疎遠になっていった。
Aは何かと俺をバカにするようになっていった。
 大学は私は理系、Aは文系の大学へ行った。理系で男ばっかりで、彼女も
出来ない俺に対し、文系で周りは女、彼女をつくってウハウハなA。
 よく俺はバカにされた。「なんだおまえ、彼女もできんのか?もしかして童貞?」
 大学卒業時、時は超就職氷河期(今ほどではないが)企業の選り好みをしていた俺には
就職は無く、無職となった。
 Aは一般企業に正社員として就職し、よくバカにされた。
事ある毎に、「おまえはそんなんだから無職なんだ」と言われた。
 俺は、俺なりに必死だった。なんたって無職。
 企業を受けまくったが、ほとんど最終面接で落ちた。くやしかった。
 くやしくてくやしくて、無茶苦茶勉強した。就職するために。
で、ようやく爪が引っかかり、就職。俺のレベルでは奇跡的な場所への就職だった
ため、周りは全て俺より上のレベルの奴らばかり。
 苦しかったが、なんとかなんとかがんばり、ようやく安定してきた。
 就職してから3年経っていた。
 俺が就職してからは、疎遠だったA、いきなり電話がかかってきた。
 どうやら、ギャンブルで借金をしたようだった。
 で、金を貸して欲しいと・・・。「おまえ儲けてるんだろ?少し分けてくれ」
 奴の親は金持ち。でも親には言えないとのこと。
 貸さなかったら、破産しちゃいました。
 ちょっと悲しい?お話でした。

139 :大人になった名無しさん:2010/02/20(土) 16:28:41 .net
>>138
お前だけは絶対に許さないからな

140 :大人になった名無しさん:2010/03/03(水) 22:46:10 .net
あげ

141 :大人になった名無しさん:2010/03/05(金) 21:19:27 .net
たいした話じゃないんだが。
自分の地元は田舎で、高校も少ない。私立高校は共学、女子校が一校ずつしかない。
だから男子生徒は公立に落ちたら、その共学私立に行かなきゃならない。
10年程前、その私立校の部室が火事になった。一人の男子生徒が燃え盛る部室に飛び込もうとしたらしい。
なぜ飛び込もうとしたかというと、部活中着替えて置いていた制服を取りにいこうとしたからだそうだ。
詳しくは知らないが、彼は片親だかなんかで家はあまり裕福でなかったそうだ。
私立は皆そうなのかもしれないが、その高校の制服は値段が高い(15万円くらいだった気がする)。
ただでさえ高くつく私立校に通わせてもらっているうえ、また負担をかけると思って制服を取りに行こうとしたらしい。
自分も当時高校生だったが、教育とは何か、何の為にあるのか考えさせられた出来事だった。

142 :大人になった名無しさん:2010/03/05(金) 21:47:43 .net
あげ

143 :大人になった名無しさん:2010/10/13(水) 23:07:05 .net

私の泣いた話を1つ。

金銭的にあんまり余裕がない家に生まれた私。
母は内職系の仕事しか出来ず、
父は力仕事しか出来ない人でした。
とくに父は無口で、幼いころも遊んだ記憶もありませんでした。

高校進学も家から一番近い、自転車で行けるところしか無理でした。
携帯電話やこづかいはバイトで賄い、
大学も、自分で学費を払えるなら国公立なら行けそうだったから、
高校1年からコツコツ貯金していました。

父は先天性の病気があったので、
家のお金は入院代や手術費用に消えていました。
中学生のころ、大手術で、輸血の管がつながれた父を見たから、
お金は私がなんとかしてやろうと決意。

だから何の疑問も感じず学校に隠れ、バイトばかりしていました。

その後。
入学金免除をなんとか獲得し無事希望の大学へ。

そしたら意外と裕福な子が多いうえに、
バイトばかりで友人にはかわいそうと言われる日々。
生まれて初めて、
生まれる環境ってこうも違うかと落ち込んだりもしました。

就職活動時には、ちょっぴりひねくれていた私は、

『稼げる仕事をして、自分の子供には苦労させまい。
 お金のことは自分でなんとか乗り越えてやる』
なんて考えていました。

無事大げさな額では無いけど、そこそこ稼げる仕事に就職。


最短で出世できるよう努力し、
結果を出そうと躍起になっていました。昼も夜も働きました。
接待、成績。そんな世界に身を浸していました。

結果は徐々に出始め、
どこかで稼げない人を馬鹿にし始めているところがありました。

内職と力仕事の親を、どこかで馬鹿にしました。
そんなある日。




144 :143:2010/10/13(水) 23:09:44 .net
143の続きです。

父が交通事故に合いました。
病院から連絡があり、あわてて駆けつけると、
意識不明の重体。
何が起きたのかわけがわからず、
ただしーんと病院の待合室で何時間も座っていました。
ふと見ると母はガタガタ震え、
事の重大さに気付き始めた矢先。

医者に呼ばれた母と私。
『○○さんは、脳を若干損傷しています。
 左足を車に巻き込まれており、たいへん複雑な骨折をしています。
 脊椎は激しく損傷しています。
 現在意識はなく、予断を許さない状況です』

ようやく父がどういう状況にいるのかわかった私は、
ただただ泣きました。
どうしていいのか、わけがわからず。


しかし母がパニックだったこともあり、
父の仕事先に連絡をしたり、
親戚に連絡をしたり、
自分の仕事に都合をつけたりをあわてて一人でこなしました。

父が仕事中の出来事だったため、
涙をこらえながら翌日父の仕事場に、
業務中の荷物を返しに行きました。

そんなことしてる場合じゃないと思いつつ、
そんなことしていないと気が気じゃなかったのです。



145 :大人になった名無しさん:2010/10/13(水) 23:28:07 .net


146 :大人になった名無しさん:2011/07/09(土) 10:47:55.85 .net
??

147 :大人になった名無しさん:2011/07/13(水) 11:05:17.40 .net
人からじゃないけど俺の嫁の実話
俺今年で25になるんだけど高校生の頃の話しちょっと長くなる

小さい頃から幼なじみの女がいるんだがそいつとは本当に仲がよかった
小学生の頃、親父の左手の薬指につけてた指輪が気になって、
親父に「なんでずっとつけてるの?」って聞いたんだ
そしたら「これはな、母ちゃんとの約束の指輪だよ」
「これをつけてれば離れてても一緒なんだよ」
って笑顔で言ったんだよ。

それで俺はその幼なじみと結婚したかったから
ずっと豚の貯金箱に貯めてた小遣いを(1000¥くらい)もって商店街の
アクセサリーショップみたいなところに行って
「一番いい指輪ください!」って店員に言ったのよ
そしたら店員のお姉さんが「お母さんにあげるの?」って聞かれたから
「お嫁さんの!」って言ったらお姉さんが「じゃあちょっと待っててね」
って指輪探し始めた。


148 :大人になった名無しさん:2011/07/13(水) 11:36:07.98 .net
で、お姉さんが綺麗にラッピングしてくれた指輪持ってきて
俺はありったけの小銭をお姉さんに渡した。
お姉さんは笑って「頑張って」って俺を見送ってくれた。
俺はその幼なじみに親父から聞いたことをそのまま言いながら
幼なじみに指輪を渡した。

幼なじみはびっくりしたような顔しながら頬にチューしてくれたんだよ。

それから時がたって幼なじみは小学校卒業と同時に親の都合で転校。
俺は地元の中学に行ったんだが
別れが寂しくてさよならって言えなかったのがずっと引っ掛かってた。

それから更に時が進んで、高校に入学。
高校には可愛い子がいっぱいいて
好きな子もできた。もう高校が楽しくて幼なじみのことはわすれてた。

でも高校2年の春休みに幼なじみの母ちゃんから電話が来て、
今幼なじみが入院してるって言うのよ。俺はなんか今更ながら心配で見舞いに行った。

見舞いに行くと、個室のベットで幼なじみが寝てる。
病院の配慮で窓から桜が見える部屋だった。
ベットで寝てる幼なじみはものすごく綺麗でなんかドキドキした。

で、なんの病気かわからなかったけど左手を握った。
そしたら薬指に違和感感じて
見たら俺があげた指輪がついてた。
なんでかわからないけど涙が止まらなかった。
幼なじみは起きて、俺の泣き顔を笑顔で見てた。
極めつけは笑顔で
「指輪つけてたからずっと一緒だったよ?」って言うのよ

もう涙が止まらなくて、ずっと病室で頭撫でてもらいながら泣いた。

幼なじみの母ちゃんが言うにはずっと指輪はずさずにつけてたらしい。
バカだよなぁ、血止まっちゃうよ


だから今度新しい婚約指輪買いに行ってくるノシ

149 :大人になった名無しさん:2011/07/16(土) 12:12:20.70 .net
泣けた

150 :大人になった名無しさん:2011/07/20(水) 16:44:29.38 .net
俺が小学3、4年で夏休みの話。
今の今までマジで忘れてた。

小学校の夏休みとか、遊びまくった覚えしかない。
俺は近所の男子と、夏休み中開放されていた学校の校庭で
午後1時から体力づくりの名のもと遊んでい
※午前中は勉強しろ、と先生が言って、午前中は開放されてなかった。

んで、
大体、午後5時くらいになって解散して、
帰りの50円のアイスを商店街の、とある店で買っていた。

それを食べるとこは、
あまり使われていない駐車場だった。
5時を過ぎると、アイスを食べて雑談している汗だらけの小学生でいっぱいだった。


駐車場のすぐ隣にはバス停と、バス停の後ろには公衆電話があった。

151 :大人になった名無しさん:2011/07/20(水) 16:49:28.10 .net

駐車場のすぐ隣にはバス停と、バス停の後ろには公衆電話があった。

夏休みが始まってちょっと経ってからだったと思う。
いつも通り、駐車場でみんなでアイスを食べていて、バス停に目をやると、
中学生ぐらいの女の子がいた。

目は大きい二重で、髪は肩ぐらいの黒髪で、背は150cmあるかないかだったと思う。
背は小さかったけど、大人な感じがした。


その女の子は、商店街にある時計台とバス停に書いてある時刻表をせわしく見ていた。
「誰かを待っちょるんかなぁ」と、その時は思っただけだった。

152 :大人になった名無しさん:2011/07/20(水) 16:55:33.40 .net
次の日、例の如くアイスを買いに行ったら、またあの女の子がいた。
相変わらず、時計台とバス停の時刻表をせわしく見ていた。

「恋人でも待っちょるんかなぁ」

と他人事のように思って、その恋人とやらが気になった。
しかし、家の門限が6時半までなので、そう長くは駐車場におれず、
いつも6時ぐらいには駐車場でみんなは解散していた。

その女の子は、6時になっても、時計台とバス停をせわしく見ていた。

153 :大人になった名無しさん:2011/07/20(水) 16:59:48.14 .net
その次の日。
特別暑かった日だった。
友達が2人ぐらい倒れたと思う。

学校にいた事務の先生が
「今日は暑いけん、さっさと帰りんさい」
と言って、3時ぐらいに早くも家に帰されることになった。

友達数名と、アイスを買いに行ったら、
また、バス停にあの女の子がいた。
時計台とバス停の時刻表をせわしく見ながら。


さすがに友達も女の子が気にかかり、
「昨日もおらんやったっけ?(いなかったっけ?)」
と口にした。

「ああ、いたね」
と、適当に返事をしたと思うが、
この女の子は3時から待っていて、俺らが家に帰る6時以降もここにいるのか、
と気付いて、すごく衝撃的だった。

この暑い中、
誰を待ってるんだろう。

ガキながら、めちゃくちゃ気になっていた。

154 :大人になった名無しさん:2011/07/20(水) 17:03:52.38 .net

そして、いつも通りの日が続いて、
日曜日になった。

日曜日は、学校が開放されていないので、みんなは家で遊ぶか暇を弄ぶぐらいだった。
俺はあの女の子が、何時からバス停にいるのだろう、と
好奇心で、11時ぐらいにバス停へ向かった。

さすがにこの時間にはあの女の子はいなかった。

しばらく待っていよう、と持ってきたお金でアイスは何個か買って、
駐車場に座って待っていた。

155 :大人になった名無しさん:2011/07/20(水) 17:08:17.47 .net
1時になるかならないかぐらいだった思う。
あの女の子がやって来た。
その足どりはとても不安定で、今にも転びそうなほど弱弱しかった。

また、この暑い中、誰かを待つのか―…

とりあえず、こんな暑い中、外にいると気が狂いそうになるから
すぐに家に帰った。


そして4時ぐらいに、夕立が来た。
結構激しい雨だった。

あの女の子は、傘をもっていなかったことを思い出し、
傘を持って行くことにした。


その女の子は濡れながら、バス停にたっていた。

156 :大人になった名無しさん:2011/07/20(水) 17:15:24.79 .net
傘を渡すと、
「あれ、さっきいた子?」
と聞いてきた。
とても高い声で、そして弱弱しかった。

「さっきもいたけど、いつもおるんで」
「あぁ…5時10分らへんになると、たくさん小学生が来るわね」
「学校の校庭で、遊んでるんだ」
「そう。楽しそうね」
「楽しいよ」

しばらく、沈黙が続いた。
雨が叩きつける音が、響いていた。

「なぁ。ここにいっつもおるけど、何しちょんの?(何をしているの?)」

しまった、首を突っ込みすぎたか、と
ガキながら、冷や汗をかいた。

「ははは。お姉ちゃんはね、ある人を待ってるの」
「ある人って恋人とか?」
「秘密」

その女の子は、大きな目を細くして微笑んだ。
ガキの俺は、少しドキッとした。

157 :大人になった名無しさん:2011/07/20(水) 17:19:30.68 .net
胸のドキドキがヤバくなってきたので、
さっさと家に帰ろうとしたら、女の子が傘を返そうとした。
明日、返してくれればいい、と返事をして、急いで帰った。

次の日、やはりその女の子はいた。
俺を見つけると、大きな目を細くして、微笑みながら手を小さく振ってくれた。
周りの友達はザワザワとなっていたので、とても恥ずかしかった。

傘を受け取り、アイスを食べながら、友達からすごい質問攻めにあったが無視をした。

チラッとその女の子を見ると、やはり時計台とバス停の時刻表をせわしく見ていた。

158 :大人になった名無しさん:2011/07/20(水) 17:28:54.28 .net
そしていつも通りの日がまた何日か経った。
女の子は俺ら小学生に混じって、じゃんけん遊びやしりとりとか、いろんな遊びを一緒にした。

女の子の名前は千穂。
見たことも聞いたこともなかったから、最近よくある「カタカナ名前」か何かだろう、と思っていた。


ある日、家に帰って夕食を食べていると、
母さんがこんな愚痴をこぼした。

「うちの病院に困った人がいるのよー。病室を抜け出しては遅くに帰ってきてなぁ。
どこで何しちょる(している)か知らんばってんが(けど)、
こげん暑い中、外に出ちょったら、責任とれんわぁ」

父さんは、
「ボケてるのか?大変だな」
「違うわよ、中学生の女の子でねぇ…。ガン(小児がんらしい)なんよ」
「へぇ。そりゃ困るなぁ」
「まぁ、先生(医者)もこりゃ治らんっち言いよるけん、
御両親も先生も、好きにさせりゃいい、とか言っちょるんよ」

母さんは病院の看護婦だった。
すぐ近くにある大きな病院だ。

千穂のことかな、と胸にグサッときた。

159 :大人になった名無しさん:2011/07/20(水) 17:35:28.49 .net
次の日。
いつも通り、チホ姉ちゃんはいた。

病院から抜け出す―…

母の愚痴が思い浮かんだ。
チホ姉ちゃんに、間違いない。
細い腕、細い脚、弱そうな感じは、いかにも病人らしかった。

その日、母さんにチホ姉ちゃんのことを言ってみた。
チホ姉ちゃんに間違いなかった。


俺は、チホ姉ちゃんが治らない病気になってることがショックだった。
その日はずいぶん泣いたと思う。

「死ぬ」っていうのはガキながらよく分かっていた。
じいちゃんが交通事故で即死したからだ。


あの悲しみが、じわじわと、胸に湧いていた。

160 :大人になった名無しさん:2011/07/20(水) 17:39:00.25 .net
次の日、
チホ姉ちゃんの姿はなかった。

「俺が母さんにチクったから…?」

と、心配になって、アイスも買わず、さっさと家に帰った。
当然、母さんは帰ってきてないので、病院に電話をかけてみた。

「今日、チホ姉ちゃん、おらんかったけど、どしたん?」
「んー、今日ねぇ、ちょっとお姉ちゃんは体を悪くしちょるんよ」
「大丈夫なん?」
「大丈夫よ。でも、お姉ちゃんと遊ぶのは、もうやめたらどうなの?」
「なして」
「なしてって、、、」

この日から、チホ姉ちゃんが外に出てくることはなかった。

161 :大人になった名無しさん:2011/07/20(水) 17:44:30.69 .net
夏休みが終わるぐらいに、
俺はチホ姉ちゃんのお見舞いに行くことにした。

母に連れられ、病室にいくと、とても痩せたチホ姉ちゃんがいた。
綺麗な黒髪も、今は何となくつややかさが消えていた。


チホ姉ちゃんは俺を見るなり、
大きい目を細くして、微笑んでくれた。

「珍しいお客さんね」
「体大丈夫?」
「大丈夫よ」

チホ姉ちゃんは、ベッドの机で何か手紙を書いていたのを、
俺から隠すように、裏にした。

「友達もみんな、チホ姉ちゃんが来なくなって寂しくなってさ」

ホントは俺が一番寂しかった。

「そっか。ごめんね。お姉ちゃん、体弱くて…」
「早く元気にならんといけんよ。待っちょる人がおるんやろ」
「そうね。元気にならんとね」

俺とチホ姉ちゃんは一日中、折り紙遊びやTVを見ながら過ごした。
次の日も、その次の日も、友達と遊ばずに、チホ姉ちゃんと過ごした。

162 :大人になった名無しさん:2011/07/20(水) 17:47:29.27 .net
夏休みが終わると、
平日の夕方か、日曜日しか、チホ姉ちゃんに会えなくなった。

チホ姉ちゃんの親にも会った。
弟ができたみたいね、と俺を可愛がってくれた。
母さんも、「お姉ちゃんができて良かったわねぇ」と言ってくれていた。

そんな日が、ずっと続くと思ってはいなかった。

163 :大人になった名無しさん:2011/07/20(水) 17:51:47.06 .net
冬か、秋の終わりごろの土曜日だった思う。
俺は学校が終わるなり、すぐにチホ姉ちゃんに会いに行くのが日課だった。

いつも通り、いろんな話をしていると、
チホ姉ちゃんが口を押さえて、白いベッドを真っ赤にした。
吐血した。

チホ姉ちゃんは真っ赤に染まった手でナースコールを押し、
ベッドから転げ落ちた。


俺はどうすればいいのか分からなかった。
チホ姉ちゃん、チホ姉ちゃん、と泣き叫んでいたと思う。

すぐに看護婦がやってきて、色々と手当てをした。
俺は病室を追い出された。

廊下から、チホ姉ちゃんの血を吐く音、
うなる音、咳き込む音が聞こえて怖くなった俺は、泣きながら家に走って帰った。

164 :大人になった名無しさん:2011/07/24(日) 23:34:33.02 .net
続きお願い(>_<)

165 :大人になった名無しさん:2011/07/26(火) 21:10:49.20 .net
続きめっちゃ気になるんだがwwwww
泣けてきた

166 :大人になった名無しさん:2011/07/31(日) 13:54:11.39 .net
家に帰るなり、部屋にとじこもって泣きまくった。
夕飯も食べず、泣いて泣いて泣きまくった。
泣き疲れて、いつの間にか寝ていた。

起きたのは4時20分(時計を見たのをめちゃくちゃ覚えている)。
まだ暗かったが、玄関から物音が聞こえて起きた。
どうやら母さんらしく、俺の部屋に向かってくる足音が聞こえる。

母さんが俺の部屋のドアを開けた。
俺が起きているのに気づいて、目をカッと開いた。

「千穂ちゃん、死んじゃったわ…」

予期していた言葉だった。
とはいえ、全身をつらぬく言葉であった。

俺は返す言葉もなく、ただ押黙っていた。
母さんは静かにドアを閉めた。


チホ姉ちゃんは、もういないんだ―…

167 :大人になった名無しさん:2011/07/31(日) 13:54:56.63 .net
次の日、チホ姉ちゃんの通夜があった。
俺は親戚でもなんでもないので、行くことはできなかった。
葬式は、母が俺が風邪をひいた、と嘘をついて、葬式に行かせてくれた。

棺桶からチホ姉ちゃんの顔を見た。
ホント、今にも起きそうな顔だった。
体を触ると、現実を思い知らされることを知っていたので、触ることはできなかった。

チホ姉ちゃんの前では泣かない。
決めていた。


チホ姉ちゃんを焼き、骨壷にいれる時が来た。
お腹の部分の骨は全くなかった。
俺は震える手でチホ姉ちゃんをいれた。
変わり果てたチホ姉ちゃんを正視することすらできなかった。

168 :大人になった名無しさん:2011/07/31(日) 13:55:15.98 .net
葬式が終わって数日後、
チホ姉ちゃんの母親から封筒がきた。
なんでも、チホ姉ちゃんが俺に手紙を封筒の中に残してくれていたという。


ユウトくんへ。
これをよんでいるということは、私はついに死んじゃったのね。
私が死んでどれくらいたったかな?

"死ぬ"って言っても、消えるわけじゃないんだよ。
ユウトくんから見えないだけで、
お姉ちゃんはずっと、ユウトくんを見てるよ。

ほら、今、となりにいるでしょう。
いつもびょうしつに入ってくるときに言うように「千穂姉ちゃん」ってよんでください。
私はあれを聞くのを、毎日楽しみにしていたよ。
今だって聞きたい。ユウトくん。

泣いてないよね?
元気あふれるユウトくんを見ていたいから。

おせわになりました。
楽しかった。
ありがとう。

10月12日
 千穂姉ちゃんより。

169 :大人になった名無しさん:2011/07/31(日) 13:55:50.55 .net
それと、
封筒の中に小さい封筒が一つあった。
手触りだがその封筒の仲には手紙が何枚かあった。
封筒には「私のたいせつなひとに書いたお手紙です。見つけたらわたしてください」と裏にあった。


チホ姉ちゃんからは、その「たいせつなひと」の話を全く聞いていなかった。
当然、俺に預けたって無駄って分かっていただろう。
じゃぁ何で俺に頼んだんだろ、と思った。

いつかは、「たいせつなひと」について話すつもりだったのだろう。
それを話す前に、あっけなくチホ姉ちゃんは死んでしまったが。

170 :大人になった名無しさん:2011/07/31(日) 13:56:08.85 .net
チホ姉ちゃんがあのバス停でずっと待っていたことを思い出した。
学校の帰りに、バス停に止まってバスから降りてくる人の中で
チホ姉ちゃんと同じ中学生くらいの男子を探した。

いつでも会えていいように、
ランドセルにはいつも封筒をいれていた。


あれから十数年。
結局、「たいせつなひと」に会えることはなかった。

家の大掃除をしていたら
タンスの中からあの封筒が出てきて思い出した、
チホ姉ちゃんとの不思議な夏の話でした。

その封筒は、まだ開けていない。

171 :大人になった名無しさん:2011/08/01(月) 19:28:29.03 .net
封筒開封きぼん

172 :大人になった名無しさん:2011/08/08(月) 15:48:46.52 .net
小学1年生の秋の話。

母が実家に戻らざるを得なくなり、
超ド田舎に引っ越した。

小学校までは5kmぐらいあって、
地区ごとに生徒用のバスが走っていて、
俺もそれに乗っていた。

初めて乗った日。
俺は一番家が遠いから、バスでは最後は1人だった。

「ありがとうございました」

そう言って、バスを降りるのがルールだと、
同級生や年上の人から言われていた。



バス停から家までは、1kmほどだった。

「ちょっと」

女の子の声が聞こえた。
振り返ると、坂の下に制服を着た女の子がいた。

173 :大人になった名無しさん:2011/08/08(月) 15:49:03.92 .net
超ド田舎で転校生なんて珍しかったから
たくさんの人に話しかけられた。
また話しかけられたなぁ、と思ったが、うれしかった。

「今日からよろしくお願いします」

母が口を酸っぱくして、
地区の人にあったら言いなさい、
と言われていたので、ちゃんと言った。

「引っ越して来たんだね」

制服を着た女の子は俺に近づきながら言った。

「うん、そうだよ」
「どこから、来たの?」
「横浜!」
「へえ、そうなんだ」

女の子とは途中まで一緒に歩き、
家の近くにある別れ道で別れた。

174 :大人になった名無しさん:2011/08/08(月) 15:49:26.04 .net
次の日の帰りも、バス停からしばらく歩いていると、
昨日、女の子が話しかけてくれた場所でまたあの女の子に声をかけられた。
同じように坂の下で、笑顔で手を振ってくれた。

この日は何を話したかは覚えていないが、
自己紹介をしたような記憶がある。

女の子の名前はさつき。
Y中学校の二年生だ。
当時の俺は中学校名とか言われてもよく分からなかったが、
地元の中学校だろう、と思った。

さつき姉ちゃんとは帰りの時だけしか会えなかった。
不思議と、朝は見かけないのだ。

ある日、朝も一緒に歩こうよ、と言った。

「そうね。じゃぁ、明日の6時45分にあっこの別れ道に集合ね」

バスが来る時間が7時20分だったから、
いつも早くに家を出なければいけないのだ。

家族には、さつき姉ちゃんのことは話さなかった。
幼稚園の時、女の子から好かれた時に母からかなりからかわれたので
言いたくなかった。

175 :大人になった名無しさん:2011/08/08(月) 15:49:50.45 .net
約束の6時45分。
いつも俺はこの時間には家を出るので
特に怪しまれることはなかった。

さつき姉ちゃんは既に待っていた。
確かこの日は小雪が舞っていて、とても寒かった。
俺はかじかんだ手をすりながら歩いた。

「寒いね」
「うん、さつき姉ちゃんは寒くないん?」
「温かいと思えば温かいのよ」

多分この時、こたつを頭に思い浮かべた。

「うーん、そうかなぁ」
「そうよ。私はいつもそうやって我慢してるの」

ちらっとさつき姉ちゃんの手を見た。
白い手だったが、俺の手みたいに赤くなっていなかった。

「雪、積もるかなぁ」
「優人君(俺の名前)は、横浜から来たんだよね?」
「そうだよ」
「じゃぁ、雪はあんまり見れないわね」
「そうだよ」
「ここは冬になると家ぐらいにまで雪が積もるの」
「そんなに!?」

母からそんなことを聞いていたことを同時に思い出した。

そんなこんなで、バス停に着いた。
まだバスは着いていなかった。

「私は、バスには乗らないの」

さつき姉ちゃんが急にポツリと言った。

「え?」
「ううん、ちょっとね」
「今日は一緒に乗ろーよー」
「そうね、いつかね。…あ、バスが来たわ」

俺はバスに乗って、
さつき姉ちゃんに手を振った。
さつき姉ちゃんは笑顔で振り返してくれた。


176 :大人になった名無しさん:2011/08/08(月) 15:50:07.01 .net
「誰に手を振ってるんだい」

運転手のおばさんがバスを出発させながら言った。

「あのお姉ちゃんだよ」
「お姉ちゃん?」

運転席からは見えないのか、と思ったが
特に何も聞かれなかったので、座席に座って寝た。

177 :大人になった名無しさん:2011/08/08(月) 15:50:33.65 .net
次の日の朝。
さつき姉ちゃんはいなかった。
帰りに理由を尋ねると、黙ったままで怖かった。

帰りだけでもいいや、と
思ったので特に追求しようとは思わなかった。


さつき姉ちゃんと会ってから1か月ぐらい経った日。
運転手のおばさんがバスでこんなことを聞いてきた。

「ゆう君、この前手を振ってた人って髪の長い女の子かい?」
「そうだよ」
「その子の名前、"瀬川さつき"って子かね?」
「うん、さつき姉ちゃんだよ」

この時、初めて名字を知った。
そういえば、母が「隣の瀬川さんがねぇ…」とか、
よく世間話をしていたので、その家の人なんだ、と思った。

「見たのかい?」
「見たって?」
「だから、瀬川さんを、だよ」
「うん、そうだよ」
「今も見えるかい?」
「見えるというか、会ってるんだよ、おばさん」
「…あぁ、そうだね」

その日の夕方、
さつき姉ちゃんに、あの運転手のおばさんのことを話した。

さつき姉ちゃんは頷いただけで、
その日は何もしゃべらなかった。

178 :大人になった名無しさん:2011/08/08(月) 15:50:50.77 .net
家に着くと、お寺の人が玄関にいた。
俺を見つけるなり、家の窓からあの運転手のおばさんが出てきた。
※行きのバスの運転がおばさんで、帰りは違うおじさん。

「ボク、さつきちゃんと会ったそうだね」

お寺の人が玄関で聞いてきた。

「そうだよ。さっきも一緒に歩いたんだよ」

ほらねぇ!と運転手のおばさんが俺の家族と、
おじさんおばさん(瀬川さん夫婦)をはやしたてる。

「ホ、ホントにさつきに会ったのかい…?」

瀬川おばさんが涙ながらに言った。

「うん」
「ゆう君、さつきちゃんはね、その、、、」

運転手のおばさんは言葉をつまらせた。

179 :大人になった名無しさん:2011/08/08(月) 15:51:06.95 .net
「さつきは、もういないんだよ」

瀬川おじさんが言った。

「4年前、死んだんよ、交通事故で」
「え?」

そのあと、お寺のお坊さんからお祓いを受けたと思う。
瀬川さん夫婦も、うちの家族も、運転手のおばさんもお祓いを受けた。

そのあと、いつも一緒に帰る道に塩をまいたり
お経を唱えたりした。


さつき姉ちゃんは4年前、病気で死んでいた。
俺はこの1カ月、4年前のさつき姉ちゃんと過ごしていた。

当然、次の日から、さつき姉ちゃんが現れることはなかった。

180 :大人になった名無しさん:2011/08/09(火) 11:23:00.20 .net
チホ姉ちゃんのやつと同じ作者?

181 :大人になった名無しさん:2011/10/22(土) 00:05:50.00 .net
恋話なるが聞いてくれ
泣ける話かも分からんが

卒業式が終わった
いや終わったというか抜け出した
呆れた、ウザかった、アホらしかった
やっと開放されたと思った
俺はこの中学の野球部を東海大会まで導いてやった
でも、誰も認めてくれなかった
無失点で投げ続けて降板、そのあと下級生が打ち込まれて俺の夏終わりだぞ
しかも俺が戦犯になってる
バカばっかだwww
おかげで私立の推薦もパーだ
誰ともつるみたくない、帰ろう
そう思って校門を抜けようとした

182 :大人になった名無しさん:2011/10/22(土) 00:17:51.82 .net
「大◯君?」
振り返って見ると塾で知り合った他中の女の子だった
実は少し気になってた子だった
ポニーテールだったし
「お前、何してんの?お前んとこも卒業式今日だろ?」
聞いてやった
まぁ暇つぶしにはなると思ったからな
「サボっちゃったw」
そいつはまた言葉を続けた
「今日は君に言いたい事があって来ました」
「?」
少し沈黙がおとずれた
「私は君が好きです」
短い言葉だったが思いは伝わった
でも答えに迷った
少し考えたかった
俺も人間不信だったから
「悪いけど少し考えさせて、また連絡するから」
そういうと彼女は少しさみしげに帰って行った
今思うと何でそこで答えを出さなかったのか後悔している
3日位たって俺は答えがまとまった
「あいつと付き合う」と

183 :大人になった名無しさん:2011/10/22(土) 00:26:04.57 .net
そして彼女に電話で伝えようとした
でも電話に出ない
何回コールしても何分まっても
一向に出なかった
その時に見ていたテレビにニュース速報が流れた
火災一軒家全焼 中から◯◯さん(15)が遺体で発見

紛れもなく彼女の名前だった
原因はストーブの切り忘れだった

どうして・・・

以上です

184 :大人になった名無しさん:2011/11/22(火) 15:38:29.22 .net
あー高1の今頃になって中学卒業したんだと思った俺
まあ聞いてくれ

中1の野球部が新チームになったとき
監督から「エースはお前だ」と言われた
そこから先輩の悪質ないじめが始まった
始めはスパイクやグローブを隠されたり水浸しにされた
次第にそこからエスカレート
監督の見えない所で殴られるなんて日常茶飯事
逆に殴って先輩を怪我させようもんなら
報告され叱られる
一番酷かったのは万引きの冤罪をかけられたこと
結局最後まで俺が万引きしたということで
近寄らなかった同級生もいた
次第に俺のいう事は誰も信じてくれなくなった
俺は野球部をやめて知り合いの高校生に頼んで
高校で練習させてもらった
練習試合にも高校生よりも高かったから出させてもらっていた
そんな俺にチャンスが来た
とある名門高校が俺をテストしに来たのだ
いい評価をもらいその高校に入学した

185 :大人になった名無しさん:2011/11/23(水) 20:22:59.36 .net
コーンビーフの缶を開ける金具を宝物に
していた大介君

186 :大人になった名無しさん:2011/12/01(木) 01:04:28.96 .net
昔24時間営業のスーパーで働いてた。この時期はただえさえ寒いうえに店内冷房ですごく寒かったな。
それはさておき、その年は柿がすごくおいしかったんですよ。で、うちもたくさんカキを置いたわけ。入口の近くにね。
働いた経験ある人なら分かると思うが、斜めの棚に陳列してある果物は、よくお客さんに落とされちゃうことがある。
もちろん拾って棚に戻すんだけど、すぐ痛んできてしまって、誰にも選ばれず、結局買われないまま廃棄というのが定番パターン。
(店員がもらうのも限界がある)

そんな中、いつも夜遅くに来ていたカップルの行動が泣けた。
いつも男のほうが先にスーパーに来て、女の子が後から荷物(仕事がえり)を抱えてスーパーに入ってくる。
男のほうが料理がうまいみたいで、女の子が来るまで男はスーパーの中をぐるぐる回って色々考えて、
女の子が来るとうれしそうに駆け寄って、その日の献立の予定を話すのがいつものパターン。

いつも果物棚の前くらいで落ちあってたんだけど、その日は柿がおいしそうだねってそのまま柿の棚をながめてた。
女の子は柿がすごく好きみたいで
「すごいね」「真っ赤できれいだね」「立派だねえ」「神さまが作ったみたい」
とひたすら柿を誉めまくり。うちは果物力を入れていたから離れたレジで聞いていて嬉しかった。

そんなことを話しながら彼女が手に取った柿が痛んでいた奴だったみたいで、おもわず声を上げる女の子。
女「あっ!これかわいそうだよ。」
男「あ、ほんとだね。落ちたのかな?」
女「きっと買ってもらえないよね、これ」
男「そうだろうねえ・・・」
女「・・・」
女「これ、買っていい?他にも痛んでる柿を今日は買って帰りたいな」
男「ええっ!でも安くないし、今あんまりお金ないよ」
女「今日剥いてたべちゃだめ?剥くのめんどい?せっかくこんなにきれいに生まれてきたのに、捨てられたらすごくかわいそうだよ。お金は私が出す!」
男「じゃ、じゃあわかったよ苦笑」

なんかじーんときたよ。ほんとに痛んだ柿5つ買っていった。
今思えば半額にしてあげればよかったな。

自分の家が農家だから何となく、野菜は生きてると思うときがある。(経営側からすればそんなことは言ってられないんだろうけど)
だから、その女の子が柿を買ってった時は、ぼんやりと日本人で良かったなと思った。
彼氏夜遅く柿むいてくれたのかな?ちょっとうらやましいなとも思った、でも今でも覚えてる私の好きなエピソードです。

187 :大人になった名無しさん:2011/12/01(木) 01:09:18.59 .net
夢精が気持ちいいと聞いて
オナ禁を続けた人が
オナニーしてる夢で夢精した

188 :大人になった名無しさん:2011/12/01(木) 05:09:59.77 .net
坂井輝久

189 :大人になった名無しさん:2011/12/01(木) 05:38:06.00 .net
テリー坂井な

190 :大人になった名無しさん:2012/02/16(木) 04:21:45.71 .net
チェリー坂井

191 :大人になった名無しさん:2012/02/17(金) 10:53:50.18 .net
文章力ないけど
書かせてください。

2012年の冬。
私のおじいちゃんがガンになったという。
その前、私はものすごく病んでいた。
家計のことや学校のこと。友達のことで。
気づかぬうちに、リスカしてた。
私の母や叔母やおばあちゃんがおじいちゃんの面会?にいった。
そのときたくさん孫達のことを話したのだろう。
私がおじいちゃんと面会したとき
おじいちゃんは私が悩んでいること。病んでいたこと。
全部全部知っていた。
そのときおじいちゃんが、
「無理せんでいいんよ。(無理しなくていいよ)。
つらいことがあったら誰でも頼りんさい(頼りなさい)。
ばぁちゃんでもいいし。母さんでもいいから。何でも相談しなよ。」
と言ってくれました。泣かないつもりでした。
泣くと馬鹿にされると思っていたから。
でも我慢できなかった。泣いてしまった。
帰るときにははガラス越しに手を当てて
「ばいばい。」
といって帰った。そのあと母親が
「あのねぇ。じいちゃんは○○(私の名前)がちっちゃい頃から
一緒におるけん、(いるから)○○のこと、妹とか弟より心配なんよ。」
と、言った。また涙が出た。号泣した。
ダサいけど母と抱き合っていた。
もしひとつだけ願いが叶うのなら、
友達関係がうまくいくことより
おじいちゃんのガンを治してほしい。
年に1回くらいしかあえないけれど
また一緒に笑いあって
また一緒にしゃべって
また一緒に出かけたい。
おじいちゃん。
もうリスカしないから。
くだらないことで喧嘩するのやめるから。
ちゃんと親孝行するから。
頑張って勉強するから。
お願いだから死なないで。
長くないこともしってるけど死なないで。お願い。
つらいって言ってたよね。これからだ。って笑っていってたよね。
これからだよ?できる限りがんばるじゃなくて頑張って。全力で。治して。
きっと今もつらいよね。
頑張って頑張って頑張て頑張って頑張って頑張って
応援してるから。もし死にそうになったら
あたしの心臓わけてあげるから。これ以上大切な人失いたくないんだよ。。
おじいちゃん。大好きだよ。

192 :大人になった名無しさん:2012/03/01(木) 05:01:32.92 .net
これ全部読んだ人いるかな

193 :大人になった名無しさん:2012/07/30(月) 12:15:15.11 .net
年のはなれた友人の話
http://blogs.yahoo.co.jp/light_sgur/61374274.html
一生忘れられません。

194 :大人になった名無しさん:2013/01/19(土) 02:43:59.03 .net
ガンギエイ

195 :大人になった名無しさん:2013/01/30(水) 17:15:48.01 .net
俺、建設工事系の技術者やってて長期の出張も多い。去年もGW明けから
11月いっぱいまで地方で工事やってた。工事終わって家に帰り2日たった
日。5歳になるうちの息子が、「これ手紙だから読んで。」って言って
手紙をくれた。当然、父の日でもなければ俺の誕生日でもない。手紙を
広げて読んでみると、ぐにゃぐにゃの平仮名で、
「いつも、しごとしてくれてありがと。いっしょにげーむいっぱいしよね。」
って書いてあった。またこれで仕事頑張れるなぁ〜と思ったよ。

196 :大人になった名無しさん:2013/02/07(木) 01:15:01.46 .net
兄貴が鬱になった。

親友だと思っていた奴がとんでもないほら吹き野郎でそいつにいいように言われて人間不信になったらしい。
オトンは酒飲んで暴れるし、オカンは親戚の顔色伺って兄貴につきっきり。
家に帰れば兄貴の奇声とオトンの罵声が飛び交っていた。
オカンはその二人の間をわたわたしていた。
うちは家に帰ったらすぐに自分の部屋入って携帯ばかり触っていた。
そのうち学校の代表で地区の陸上の選手に選ばれた。
いっぱい練習した。なんでかわからんけどすごい必死に練習した。
大会では自分よりでっかいこがいっぱいいた。でも絶対に負けたくなかった。
結果、優勝した。大会新記録。
その日は、久々にリビングにいった。
そこにはオカンと兄貴がいた。思わず胸に抱えていた賞状を背中に隠した。
オカン、いつのまにこんなにやつれたんだろ。
オカンが弱弱しく笑った。「どうしたの?」目をそらしてしまった。
「・・今日大会で・・・一番になった。」
オカンは少しぽかんとして「・・・そう、おめでとう」兄貴をちら見しながらいった。
うちは・・・うちは背中の賞状をギュッと握りしめて自分の部屋に駆け込んだ。
泣いていた。どうしようもないなんでかもわからない感情にただただ戸惑っていた。
一番を取ったのに全然うれしくなかった。
その日の夜兄貴が自殺しようとした。オカンは焦りながら泣きオトンは事情聴取かなんかされてた。
真夜中の病棟。静かに眠る兄貴を横目に見ながら「なんで死ななかったの」と考えてるうちがいた。
まるで自分がいないような感覚。兄貴が狂ってからもうずっと感じていた。
いつも帰ったら中心に兄貴がいて兄貴しか見ない両親がいる。
どうしたらこっちを向いてくれるの?うちのことも見てよ。
陸上を頑張ったのは一番取りたかったわけじゃない。
親にうちという存在を認めてほしかったから頑張れた。
でもそんな努力しても所詮無駄だと分かったとき、うちは期待することをあきらめた

197 :大人になった名無しさん:2013/02/07(木) 02:06:04.11 .net
続き

夜中こっそり家を出ていたらそのうち夜の友達ができた。
話をしたら皆同じような境遇でいいやつらだった。
夜中にパトカーから逃げたり、誰かの家でまったりするのは居心地がよかった。
ある日、兄貴と口論となった。発狂した兄貴が台所から包丁出してきよった。
ドラマのシチュエーションのように脈がゆっくりとでも大きく聞こえた。
でもどこか冷静なうちもいてこれでこいつ刺したら刑務所行きだなんて考えてた。
そんなこと考えてたからか、「殺したいなら殺せよ」なんて口走っていた。
兄貴は泣いていた。震えながら「脅しじゃない。俺をなめるな」といった。
オカンはヒステリックに泣いていた。オトンが帰ってきた。
そのあとどうなったのかは思い出せないけどしばらくして夜の友達が来た。
そいつの顔を見た瞬間、何かがはじけたように震えと涙が止まらなくなった。
あぁ、うちさっきもしかしたら死んでたのかもしれないという実感が今まで感じたことのない恐怖だった。
突然に驚く友達がとりあえず引っ張り出してくれた。オトンは何も言わなかった。
その日はたまり場の家で寝た。必死に嗚咽を沈めようと考えてたら寝ていた。
翌日登校時刻を過ぎてから家に帰った。制服を着てすぐに学校に行った。
家族とはそれ以来話さないまま月日が流れた。それでも毎晩ドアの前にご飯が置かれていた。
休みの日突然兄貴に呼び出されしぶしぶ部屋に入った。
正直めちゃめちゃ怖かった手の震えを隠すようにせ胸を張って腕組みをした。
沈黙は永遠のように感じた。

「ごめん」

唐突すぎるその言葉が、今までのすべての事について述べていることに気が付くのに少々時間がかかった。
しばらくして兄貴が泣き出した。震える手を見て、なんだ、同じだったんだと思ったらうちもいつの間にか泣いていた。

今兄貴は通信制の学校を卒業し、専門学校に通っている。
寮で暮らしながら同い年のとても超超超優しくて姉御肌の彼女と仲良く暮らしている。
うちはまだ実家暮らしでオカンと喧嘩しながら暮らしてる。
オトンは単身赴任だけどしょっちゅう帰ってきて、その度に兄貴は彼女を連れてきて一緒にご飯を食べる。
あの頃はこんなふうに普通の家族生活を送れるようになるなんて夢にも思ってなかったけど、
今こうして幸せに暮らしています。

198 :大人になった名無しさん:2013/04/06(土) 11:01:54.39 .net
http://www2.saga-ed.jp/edq12801/hiranoHP/hirano-el/gongitune.html

199 :大人になった名無しさん:2013/04/10(水) 21:39:01.98 .net
小学校2年生の時、私は急いで給食を食べた後トイレに行って必ず吐いて
いた。

なぜなら、当時の担任の先生が「おかわりはいくらでもいいけれど、給食を
減らしたり残したりすることは絶対に許さない。みんな決められた同じ量を
同じ給食時間内に全て食べきらなくてはいけない。」という指導方針で、
当時とても少食だった私はいつも先生にみんなの前で叱りつけられ、さらに
ほぼ毎日帰りの会で「今日、給食時間内に給食を食べきれませんでした。
そのせいで給食当番の人に待たせて迷惑をかけてしまいました。そして、
私と同じ掃除場所の人の負担も増やしてしまいました。ごめんなさい。」と
みんなの前に出て担任の先生に謝らさせられていたからである。さらには
「1日でもない4月生まれで、言わばほとんどの子より先輩のはずなのに、
どうしてあなたみんなと同じ量を食べるのに一番遅れを取るの!?」と
月齢のことまで取り出されてみんなの前で叱られていた。

クラスメイトに「朝ごはん食べずに来れば?」などと言われるのも
辛かった。

200 :大人になった名無しさん:2013/04/10(水) 21:39:42.55 .net
だからそうしていた。その後昼休憩で何食わぬ顔でみんなと先生と走り
回って遊んでいた。そうしたら先生もみんなも見直してくれるように
なった。

「最近、食べるの速くなったじゃん! えらいねえ!」と。

そんなある日、母に「あなた、給食を吐いてるの? 学校の先生がトイレで
あなたが吐いてるところを見たんですってよ。」と言ってきた。

私は(えっなんで見た人が居るんだろう!? 私はトイレで吐く時は必ず
トイレのドアを閉めて吐いてるのに…。)と一瞬思ったが、小学校低学年の
頃のこと、(もしかしてその先生には透視能力があるのかも)と思って
しまった。

201 :大人になった名無しさん:2013/04/10(水) 21:49:59.68 .net
私は「うん、そう。」と白状し、どうしてそうしているのかの事情を説明
し、母は「ちょっとそれはルールが間違ってるかもねぇ。」と言ってくれ、
父が先生に私が食が細く食べるのが遅いので給食の量を少なくよそうように
頼んでくれるようになった。

それから、私は食べるのが遅くてもそのことを気にせずにのびのびして
いられるようになった。

それから、早5年。私は中一になっていた。

あれほど少食だった過去はどこへやら、普通の量をしっかり食べられる
ようになっていた。

そんなある日、小学校時代からの友達のMとそのお母さんと、私と私の母で
焼肉を食べに行った。

食べ盛りの私は、遠慮もなく食べる食べる。

「んまぁ〜よく食べるようになったわねぇ。小学校2年生の時の
エピソードが信じられないくらいよ。」とMのお母さんが言った。

「まぁ、その節は…。本当にお世話になりました。」と母がお辞儀をした。

私は何のことだろう? と一瞬思った。

母「あなた、小学校2年生の時、担任の先生の食べることの指導が厳し
すぎて、こっそり吐いてたの、覚えてる?」

私「うん。」

母「そのことを教えてくれたのは、学校の先生ってことにしといたけど、
本当はね、このMちゃんのお母さんなのよ。」

私「!!」

そう言えば…。

私は思い出した。

202 :大人になった名無しさん:2013/04/10(水) 21:54:54.04 .net
私は小学校2年生当時、Mちゃんの家にお呼ばれされ、Mちゃんの
お母さんに「最近、たくさん食べられるようになったんだって? じゃあ
たくさんごちそうふるまわなきゃね!」と言われたのだ。

その時、

「実は、先生に怒られたくないから、急いで給食食べた後、トイレで全部
吐いてるの。だから、少なくていい。」

と言ったのだ。

そして、事情を説明した。

「このことは、絶対に誰にも言わないで。先生がもしこのことを知ったら、
せっかく私のこと可愛がってくれるようになったのに、また私のこと嫌いに
なるに決まってるよ!

お父さんにもお母さんにも言わないで。だって私がクラスで唯一先生の言う
こと守れないダメな子だってバレたくないよ…。

もしおばちゃんが、この約束破ったら、おばちゃんのこと、死ぬまで一生
恨んでやるからね!」

と泣きじゃくってお願いしたのだ。

203 :大人になった名無しさん:2013/04/10(水) 22:06:05.35 .net
Mちゃんのお母さんは、

「基本的には子供でもプライバシーは守るべきだけど、こんなこと親御
さんも知らないところでこっそりやり続けてたら、体に悪いかもしれない
から。」

と、私の母にそのことを報告したのだ。

そして、

「私(Mちゃんの母)は(私)ちゃんに恨まれてもいいんです。ただ、
約束を破ったと思われることで大人に不信感を持たれても良くないし、
何よりお宅のお嬢さんとうちの子との関係性に亀裂が走ると良くないので」
と、

学校の先生が吐いた姿を目撃したという体で問いただすように頼んだのだ。

かつて私の頭の中にだけ存在した透視能力を持っているというあり得ない
教師が、身近なよそのお母さんに変わった瞬間、だった。

なんだかサンタの正体を知った時みたい。

だけどがっかり感は無かった。感謝しか無かった。

中一にもなれば教師の悪口をしょっちゅう言っていたが(教師の悪口を
バンバン言う方が友達同士では人気者になりやすいし)、小2のあの頃は
先生の言うことは常に正しく、絶対に守らなくてはならないと(体を壊す
ような無茶をしてでも)愚直に思い込んでいたのも、

なんというか。

純粋だったというか。

おバカだったというか。

人間、やはり変わっていくもんなんだな、と思い知らされたというか。

204 :大人になった名無しさん:2013/04/10(水) 22:07:38.67 .net
まあなんていうか、このエピソードはいい話だと、私は思っている。

205 :大人になった名無しさん:2013/04/16(火) 17:50:30.24 .net
昔、近所に野球馬鹿の家族が住んでいた、母親が早く亡くなり父親と娘一人
息子一人の3人家族だった、なんでも父親は昔は凄いプロ野球選手だった
らしい、その父親はなんとしても、その一人息子をプロ野球選手にしたかった
ようだ,その息子が幼い頃から、毎晩ピッチング練習もし、なんと筋力をつける
ためか、一日中、へんなギブスをつけていた、とにかくその父親は息子を厳しく
育てていた、そんな様子を物陰から見ながら。俺は号泣した・・・

206 :大人になった名無しさん:2013/06/23(日) 01:22:43.39 .net
>>199
本当の話なら酷い教師だね。給食が食べられないなら残して家に持ち帰ればいい。ただそれだけでしょ。時間内に完食しろだとか無理強いしているけど、人各々食生活が違うわけじゃないか。こういう馬鹿教師が子供を駄目にするんだ。

207 :大人になった名無しさん:2016/08/11(木) 20:50:07.60 .net
自分のひいおじいちゃんとひいおばあちゃんの話。

ひいおばあちゃんのカネさんは、とてもやさしい人だったらしい。
でもあることがきっかけで臥せってしまい、そのまま亡くなった。

何が起こったかと言うと、夜中、自宅にトラックが突っ込んで、トラックは大破、運転手も大怪我をして血まみれになった。
その血まみれでずたずたになってしまった運転手の姿をカネさんは見てしまった。
カネさんはその光景に強いショックを受けてしまい、それを見て以来元気をなくした。
普通の人だったら、寝込むほどのショックを受けなかったのかもしれないけれど。

ひいおじいちゃんは、そんなカネさんを見ながら、とてもやりきれなかったそうだ。
あんな事故がなければ、妻がつらいことになることもなかったのに。
今まで通り元気に過ごせてたかもしれないのに。
自分たちは何もしてないのに、ある日突然トラックが突っ込んできて家も壊されて、妻も臥せってしまった。

でも運転手が悪いと責めることもできない、わざと事故を起こしたわけでは決してないのだから。
運転手も亡くなってしまった。

ひいおじいちゃんは、現場に残された、運転手がそのとき履いていた草履を、力いっぱい地面に叩きつけたそうだ。


…祖母が父に話し、父が思い出話として語ってくれた話です。

208 :大人になった名無しさん:2017/12/08(金) 08:10:54.16 .net
( ;∀;)
https://youtu.be/EI-vTk3iirI

209 :大人になった名無しさん:2017/12/20(水) 12:39:56.60 .net
2年間同棲してた彼女と別れた。ややこしい事情で籍を入れられない自分に彼女の姉さんがズルズルと時を無駄に過ごすより互いの将来のために結論を出しなさいと。
喧嘩別れじゃない、自分が経済力や社会的に力がなくて乗り越えられなくての別れだった。
1日中、山手線に乗ってこの街この駅の楽しかった日々を笑いふざけながら最後に新幹線の東京駅で笑顔で別れた。ドアが閉まった瞬間に俯いた彼女の目から涙が落ちた。
堰を切らしたように自分も堪えきれずに泣いた。安っぽいドラマのような別れシーン。

数日後、気分転換と彼女との暮らしの精算のためにアパートの部屋を模様替えした。
洗濯機の裏側にヘソクリ袋が忘れて張り付けてあった。ちゃっかりした彼女らしい忘れ物に再び泣いた。

210 :大人になった名無しさん:2018/01/29(月) 22:13:47.24 .net
セピアのように金が手に入る方法とか
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

O2PFN

211 :大人になった名無しさん:2018/04/12(木) 21:20:22.14 .net
O2PFN

212 :大人になった名無しさん:2019/06/14(金) 18:56:28.88 .net


213 :大人になった名無しさん:2020/05/04(月) 20:01:53.91 .net
FTB

214 :大人になった名無しさん:2020/10/21(水) 18:11:28.57 .net
GKS

215 :大人になった名無しさん:2021/02/04(木) 12:16:27.89 .net
昔 惟任日向守の母は丹波篠山の八上で磔になったと聞いたが
キリンが来るで石川さゆりの磔はコロナ休止の影響で無くなったのか&#10067;

216 :大人になった名無しさん:2021/08/09(月) 21:10:27.43 .net
一杯のかけそば

217 :大人になった名無しさん:2022/05/09(月) 09:19:26.82 .net
チョン

130 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★