2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

--佛教論議の伽藍スレ-- 第五巻

1 :神も仏も名無しさん:2019/06/13(木) 09:52:06.35 ID:omIq6Dlw.net
仏教に関するKeyword
「無我」と「アートマン(我)」、「輪廻」や「涅槃(ニルヴァーナ)」などについて、
原始経典(「パーリ五部聖典」や「漢訳四阿含経典」)に説かれているブッダからの教説を中心にして、
激しく議論したり、または有益な情報を互いに交換するためのスレです。
尚、自説の主張に際しては、最低限の論拠や根拠を併せて提示されますよう宜しくお願いします。
基本的に仏典(原始経典)の記述を根拠にしていることが大前提ですが、
もし、そうでない場合には明確な理由を必ずしっかりと説明して下さい。

-------------------当スレの戒律(マナーとルール) -------------------
条項 1.アスキーアートは原則禁止(議論に使用する為の真面目な図解については可)
   2.文章、三行以下の投稿は連投を禁止します---落書き帳やメモ帳ではない
    (チャットような使い方はすぐ1000レス使い切るので辞めて下さい。内容を一つに纏めてから投稿しよう)
   3.コピー転載やリンク貼りのみの投稿は慎んでください。
   4.一行明け投稿や無駄な空間を使用した投稿は遠慮願います。
   5.意味の無い無駄な投稿は完全な犯罪級の荒らしです。スレ主の判断で即刻、退場してもらいます。
   6.南伝仏教(または上座部仏教/南方仏教..)を「小乗仏教」と呼称することは差別用語なので使用禁止です。
    (1950年の世界仏教会議にて決議した)
   7.議論でヒートアップしても相手を不当に侮辱した言葉を使わないこと(節度ある態度で接しよう)
   8.仏教徒として当り前の話ですが、ブッダを侮辱する意味の言葉は厳禁です。即刻、退場してもらいます。
   9.次スレを立てる際は、勝手に「スレタイ」や「テンプレ」(及びレス番2/資料リンク)を変えないこと。厳守!!
  10.円滑な議論のために、当スレでは「コテハン」(固定ハンドルネーム)の使用を推奨します(ただし、強制ではありません)。
 以上ですが、基本的には参加者皆さんの良識に期待します。

181 :宝珠真範@迦楼羅 :2019/07/20(土) 22:30:38.09 ID:1GGT3eDD.net
〜この話の流れについて言及するならば、

人類は共に分かち合って平和を達成しなければならない。
苦悩している人々を放置している限り、それは人と人との正しい関係、人と神(法)との正しい関係は築かれない。
それでは聖なる関係であるとはいえないとする我々の見解に対し、
所詮、苦悩している人間は自業自得の結果に過ぎない。
また、人類の抱える問題とされる戦争にテロ殺人に病気に飢餓...など、
それらすべては「空」であるから、実体などない。
なのでそれらを無くそうとするのではなくて、それらは空であると見て無頓着であれ。
現象世界からは解脱すべきなのだ〜

という論争とも繋がってくる...。

182 :神も仏も名無しさん:2019/07/20(土) 22:44:26.12 ID:3mRHtsMt.net
>>153
テーラガーター
18.1.1 マハー・カッサパ長老の詩偈 より

1057.(1054) 臥坐所から降りて、〔行乞の〕食のために、〔わたしは〕城市に入った。癩病の人が〔何やら〕食べているところに、彼〔の傍ら〕に、〔わたしは〕恭しく立った。

1058.(1055) 彼は、爛熟した手で、わたしに、一握り〔の食〕を授けてくれた。一握り〔の食〕を〔鉢に〕置く〔彼〕の〔腐った〕指も、このとき、〔一緒に〕断ち切られた。

1059.(1056) しかして、〔城市の〕壁の根元に依拠して、〔わたしは〕その一握り〔の食〕を食べた。あるいは、〔それを〕食べつつも、あるいは、食べてしまったときも、わたしに、忌避〔の思い〕は見い出されない。
http://aranavihaara.web.fc2.com/arana-khuddaka-8.html

183 :神も仏も名無しさん:2019/07/20(土) 22:49:22.09 ID:3mRHtsMt.net
>>182
このマハー・カッサパは漢訳では摩訶迦葉とか迦葉などと訳され、禅宗においては禅宗の祖とされています。

拈華微笑《ねんげみしょう》  (無門関)

  「世尊、昔、霊山会上に在って、花を拈じて衆に示す。是の時、衆皆な黙然たり。
  惟(ただ)迦葉尊者のみ、破顔微笑(はがんみしょう)す。世尊云く、「吾に正法眼蔵
  (しょうぼうげんぞう) 涅槃妙心(ねはんみょうしん) 実相無相(じっそうむそう) 
  微妙法門(みみょうのほうもん)あり。不立文字(ふりゅうもんじ)教外別伝(きょうげ
  べつでん)摩訶迦葉(まかかしょう)に付嘱(ふしょく)す」と。
(現代語訳は下記サイトにあります)
http://www.jyofukuji.com/10zengo/2009/04.htm

184 :神も仏も名無しさん:2019/07/20(土) 22:56:04.26 ID:3mRHtsMt.net
>>172
「なすべきことをなし了え、煩悩の汚れを滅ぼし、今や最後の身体をたもっている真人となった修行僧は、『わたしが語る』と言ってもよいでしょう。
また『人々が〔これこれは〕〈わがもの〉である、と語っている』と言ってもよいでしょう。
真に力量ある人は、世間における名称を知って、言語表現だけのものとして、〔仮りに〕そのような表現をしてもよいのである。」
(『神々との対話』サンユッタ・ニカーヤ T 中村元訳 岩波文庫 p.40〜41)

>真に力量ある人は、世間における名称を知って、言語表現だけのものとして、〔仮りに〕そのような表現をしてもよいのである。

ということですね。
最上の悟りを得た者は、世間的な名称として、言語表現だけのものとして、『私が語る』『わがものである』と語るのは良い、と。

185 :神も仏も名無しさん:2019/07/20(土) 22:56:58.84 ID:3mRHtsMt.net
>>181
そのレスの空をマーヤに置き換えるとどうなります?

186 :神も仏も名無しさん:2019/07/20(土) 23:09:08.79 ID:1Z19AdEH.net
仏教は、

 「そこに【リンゴと認識される事象】が存在すること」

を否定はしない。 確かに、そこには、何がしかが存在する。
そこに何もない、エンプティである、という意味で「無い」とは言っていない。
ただ、

 「そこにあるのは、”リンゴ”というコンセンサスを有する事象である」

と言っているだけ。それを、金剛経的に言えば「如夢幻泡影」となる。
それを理解できないとき、
「何も無いなんておかしい!幻だなんておかしい!ここに確かに○○はある!」
という発言が、生じることになる。


ってことなんだけどね・・。

187 :神も仏も名無しさん:2019/07/20(土) 23:22:02.18 ID:i/9KDfI3.net
仏教のことをヒンドゥのマーヤー思想的に解釈した上で、

→否定的意見を仏教僧のセブン・承狂両氏にぶつける紐氏
→(誰も聞いてないのにここぞとばかりに)肯定的見解を述べようとする宝珠氏

って感じ?
なら、ヒンドゥ教のスレにでも行ってやって欲しいw

188 :宝珠真範@迦楼羅 :2019/07/21(日) 04:18:06.24 ID:XeELu1oZ.net
>>185
ご指摘の通り。
「空」と「マーヤー」は殆ど類似のものです。
「空」が生じている理由をまったく説かない仏教と、
それは“神の御意志”だとするところの違いでしかない。

だからこの私は、
ヒンドゥーを最上のものとして“自分の道”とはしなかったわけ。
私が結果的に自分の道として選択したものは“神智学の教え”ですから。
その一部の偏った見解に陥っている仏教徒らとヒンドゥーの視点とは同一性のものです。

>>187
>ヒンドゥー教のスレ

残念ながら、
ヒンドゥー間では仏教各派や個人のような互いの論争というのは殆どないから(互いに尊重し合い認め合っている)。
また、仏教徒のように「ヒンドゥーだけが唯一の真理で他はすべてダメだ」などというアホは、まずいないからね。
ヒンドゥーの覚者たちはそういう痴態は説かないのでね。

よって、特に議論することがらがない。

189 :宝珠真範@迦楼羅 :2019/07/21(日) 04:22:58.09 ID:XeELu1oZ.net
>>149-151
エッ、
“現世仏の弟子筋”に難癖付けだって???
戒律破り放題で経典の記述を無視しまくりの僧侶たちなのに???

ナニナニ?
自在天が弥勒菩薩を扮して惑わしてるだって?
まともな仏教徒ならば騙されない、って...(失笑)。

あなたは、アニメの観過ぎでは?

>>152
肝心なところをそんな一行レスじゃなくて、
経文を引用しつつ、具体的にやってくれないかな!!

>>154
いやいや.全然しょーもなくないよ!

その紐さんの声は、
日本の現代僧侶とブッダ当時の出家僧との意識レベルがあまりにも違うことを指摘してるのでしょ!
それはとても大切な視点であり、今まさにそのことが求められているんだよ!
そのことを軽視したり、茶化す意識状態が腐敗してる証拠そのものだ!!!

まっ、それでも、
例えば千日回峰行などは確かに大きく敬意に値するものとは思う。
少々、ブッダが異を唱えた苦行的要素が色濃い印象はあるけれども、
その僧侶の真剣度と努力においてはこちらの目頭が熱くなり、拝する側は自然と頭が下がる...。

>>23
>宝珠vsセブンの10年越しの平行線争w

いやいや.決着はとっくについてる。
ただ、七がそのことを認めたくないというだけの話。

190 :宝珠真範@迦楼羅 :2019/07/21(日) 04:24:52.63 ID:XeELu1oZ.net
>>25
>タマネギの皮を剥いていって、何かを見つけようとするのが宝珠。

いえいえ、
そんな「有為」の皮を剥ぐなどという無駄は最初からしないから(笑)。
元々、アートマンが有為の中に見つけられるわけないことなどは最初から分かってること。
それがアートマンの本来的な性質なのだから。
ホント.笑わせる...。

>>28
理由としては、
つまり、言語で示されたものというのはすべて限定意に過ぎず、
そのものを示したものはないからでしょう。
それは、どういう態度で接するかという(ブッダとしての)立場の問題。

それとブッダの教説はすべて世俗諦であって、
龍樹(中論)のような説き方はしないから。
仏典があれば『中論』など無用。
それは逆に、かえって弊害しか生まないものだから。

191 :宝珠真範@迦楼羅 :2019/07/21(日) 04:26:31.25 ID:XeELu1oZ.net
>>31
エッ、この私がいつ、
“業と煩悩の消滅が解脱である”とすることを否定したというのか???
嘘デタラメは止めなさいな!!!

あなたの方こそ、
僧侶のくせに業報輪廻の明確な否定者ではないか!!
もう一人の自称、元僧侶(承狂)も同様だ。

だから、
あなた方は僧侶の皮を被った詐欺師だといってるわけ。

>>32
“真我がある”と思うことで似非安心を与えてるだって?
それはたぶん、あなたがかなり恵まれた環境で生まれ育ったから、
そんなノンキなことをいうのだろうね?

空缶拾いをして、
やっと今日明日の生存ギリギリの食を得ている子供たち、
戦争や無差別テロで両親を亡くした子供たちとか、
明日、生きたままノコギリで首を切断されて惨殺されかねない捕虜たちとか、
世界には、実に様々な生き地獄の中で生きている人たちがいるのが現実だ。
しかし、たとえどんな地獄にあっても、自分の本質本性は真我そのものであるというのは唯一の希望となる。
つまり、譬え肉体は滅ぼうとも真我が滅ぶことはない。
そして、必ずや神の救いがあるという想いこそが最後の生きる希望であり、
死の際においても、自暴自棄になって取り乱すことがない。

どんな人間にも仏性がある。
だから、いつの日か必ずや成仏することができると説くのも同じこと。
そしてそれは単なる口任せの安心ではなくて、真実そのものだから。

そのことは以前にも見たように、
南方テーラワーダの若き僧侶たちの
間違った無我の教えの洗脳からくる失望感を紹介したニュースとは天地の違いほどに対照的なものだ。

そのことを、よ〜く憶えておきなさい。

192 :宝珠真範@迦楼羅 :2019/07/21(日) 04:30:30.63 ID:XeELu1oZ.net
>>42-46の流れ〜について
>>42
>仏陀には己の教えこそが100%正しく他の教えは邪見のもの〜なんてのは微塵もなかっただろうよ。
> (それを作り出しのたのは仏陀の教えを仏教に仕上げた後の教団の人間の仕業に違いないww)

まったく同意。

ブッダは、自分だけが唯一正しくて他はすべて間違ってるなどとはいってない。
確かに、バラモンの伝統には迷信が多く蔓延っていることを指摘されたが(だから、そのままでいいとはしなかったわけだ)、
けれども、バラモン教そのものすべてを間違いだなどとはいってないから。
ブッダが説いたもの(スッタニパータ)とは、“正しきバラモン”の本当のあるべき姿についてだった。

193 :宝珠真範@迦楼羅 :2019/07/21(日) 04:33:00.51 ID:XeELu1oZ.net
>>64
>見下してるとかそういう話じゃないってのがわからんかったら、宝珠と同じ。
>彼も、 「ヒンドゥを見下すなー!」 と憤ってたけど、
>単純に、「それらは涅槃に資さない」「仏法(仏陀の教え)ではない」というだけなんだけどね・・。  ┐(´ー`)┌

いやいや.これらの聖句の何処がそういう意味になるんだ???

 『すでにこの世において自己の苦しみの滅びたことを知り、重荷をおろし、とらわれのない人、──かれをわたくしは<バラモン>と呼ぶ。
(Sn.626) 明らかな智慧が深くて、聡明で、種々の道に通達し、最高の目的を達した人、──かれをわたくしは<バラモン>と呼ぶ。(Sn.627)
前世の生涯を知り、また天上と地獄とを見、生存を減し尽くしに至った人、──かれをわたしは(バラモン)と呼ぶ。(Sn.647)』
 (スッタニパータ)

そして、ブッダは『ヴェーダ』(ヴェーダを正しく修得した者は、更に“ヴェーダの達人”と呼ばれる)
を讃えたのであって、「ヴェーダはダメだ。それは外道の間違った教えである」などとはいってないからな。

 『諸々の煩悩の汚れの消滅の故に無病の起ることを正しく知って、省察して(食料を)受用し、
理法に住するヴェーダの達人は、もはや(迷いの生存者のうちに)数えられることがない。』(スッタニパータ.749)

ブッダは姿勢はすべてがそう。重要なのは中身なのであって、
正しいところとそうではないところを分別して見極めることの重要さにある。
ヴェーダだからダメ。バラモン教だからダメ。キリスト教だからダメ...などというものではない。
仏教だけが唯一の真理で、他の宗教はすべて間違いなどといった---幼稚な意識---では、
『幸福の○○』や『オウム---』や異教徒などは殺しても構わないとする見解の古きカトリックとか、
そして、今も無差別テロ殺戮を繰り広げる一部イスラムの一派らとも大して変わらない。

194 :宝珠真範@迦楼羅 :2019/07/21(日) 04:51:25.91 ID:XeELu1oZ.net
>>75七は、以下の聖句をよくよく噛締めるべきだ。

 『見解や伝承の学問や戒律や誓いや思想や、これらに依拠して他の説を蔑視し、自己の学説の断定に立って喜びながら、
「反対者は愚人である。真理に熟達してない人である。」という。(Sn.887)
 かれらは自己の道を堅くたもって論じているが、ここに他の何人を愚者であると見ることができようぞ。他の説を、「愚かである」、
「不浄の教えである」、と説くならば、かれらはみずから確執をもたらすであろう。(Sn.893)』
 (スッタニパータ)

 『ある修行者、バラモンたちは、実にこれらの見解に執着している。ただ一部分のみを見る人々がこれを論じて互いに争うのである。
象とはこんなものだ、あんなものではない、象とはこんなものではない。あのようなものだ、と。
それと同様に、他の諸々の流派に属する修行者たちは盲目であって・・・、
・・・口論を生じ、論争を生じ、論難に陥り、鋭い舌鋒をもって互いに他人を突き合いながら日々を送っているのである。』
(Uda^na Y,4)

 http://www.intweb.co.jp/buda/buda_4_12_tunoshiku.htm

195 :宝珠真範@迦楼羅 :2019/07/21(日) 04:52:39.31 ID:XeELu1oZ.net
>>148
私はこの経文における
“よく整えるべき自己”とは、「煩悩に塗れている日常の自分」のことであり、
そして、“得難き主”こそが「真我」(本来の姿である真実の自己)のことであると理解します。

>だが、そう理解する人間は少数派だろうよw

正しく理解する者、真実を知る者はいつの時代においてもごく僅かですから。
まっ、要するに信仰者というのは宗教的に洗脳されているので、
確かに仏教者の中にはそういう理解の者は殆どいないようですね。
けれども、信仰上からの縛りなしに真実を追求する姿勢に在るプロの研究者たちにおいては、
“仏教者たちの理解は間違いだ”いう見方でほぼ一致しています。
そして、中にはウパニシャッドの説く梵我一如の境地は仏教の目指す涅槃と同一のものだ、
という見解を示す方も何人もいますから。

私は、
仏教の僧侶たちというのは仏典の記述を無視しているので、彼らの説法はまったく信用しません。
彼らはそのことを伝統(法燈)だの、口伝だのといってきますけれども、
ならば、どーしてそれは仏典の記述とは合致していないのでしょうかね?
仏典の記述と相反する伝統や口伝って...それって一体、何よ???

196 :宝珠真範@迦楼羅 :2019/07/21(日) 04:54:32.36 ID:XeELu1oZ.net
それから、

 『真実であるか虚偽であるかを、汝の自己が知っているのだ。証人よ(sakkhi)。実に尊い自己を汝は軽視している。』
(AN.T,p.149 G.)

これは実際、バラモン教の『マヌ法典』において、

 『自己(アートマン)こそ実に自己の証人(sa^ksin)であり、また自己は自己の帰趣(gati)である。
諸々の人間にとって最高の証人である自分の自己を軽視することなかれ。』(Mann [,84.)
という思想に対応するものです。

では何故、
人間の心には善悪を判断する「良心」というものが備わっているのだろうか? ということ。
人間、誰しもが生れつき持っていて、自分の心の中に内在していると見なされるこの良心についても、
原始仏教においては、あくまでもアートマン(自己)の問題として語られるのだということ。
私がこれを採り上げたのは何故か? というと、人間が生れつき持っている良心(善を成さんとする意志)という性質こそが、
実に、重要なアートマン属性(≒ブラフマン)に他ならないからなのです。

 『変化せず、清浄であり、悪を離れたブラフマンである私に、精神統一していない状態や他の浄化されるべきものがあるのを、
決して、私は見ることがない。』(シャンカラ著『ウパデーシャ・サーハスリー』T,14.35.)


 以上.

197 :神も仏も名無しさん:2019/07/21(日) 08:02:33.91 ID:gbkZ8EW5.net
>>191
> つまり、譬え肉体は滅ぼうとも真我が滅ぶことはない。

これだと六師外道のパグダ・カッチャーヤナ説になるのでは?

Wikipedia
>カッチャーヤナによれば、7つの要素は、作られたものではなく、作らせられたものではなく、また、何かを作るものでもない。

>また、不変不動で、直立しており、動揺することなく、他を害することもなく、

>たとえ、鋭利な剣によって頭を断ち切ったとしても、誰かが誰かの命を奪うということにはならない。

>それは単に、7要素の間隙、諸要素間の裂け目に剣先が落ちるにすぎない。
>カッチャーヤナはこのように述べて絶対的な実体論を主張

パグダ教は仏教とは違うし、

> そして、必ずや神の救いがあるという想いこそが最後の生きる希望であり、

まさか、仏教が「神の救い」を説く教えだと言いたいの?

真我に救いを求めているのか、神に救いを求めているのか、どっちかに絞って欲しい

不滅の真我があれば神なんて恐れる必要がなく、サイコパスが悪逆非道をし放題(でも不滅だから平気)という解釈も可能な(教えとして、言葉に欠陥のある)教えだということも意味する

198 :神も仏も名無しさん:2019/07/21(日) 08:20:34.28 ID:gbkZ8EW5.net
>>188
> >>185
> ご指摘の通り。
> 「空」と「マーヤー」は殆ど類似のものです。
> 「空」が生じている理由をまったく説かない仏教と、
> それは“神の御意志”だとするところの違いでしかない。

「でしかない」なの?

空を意志で生じさせる存在って……(・・;)

自在天どころの話じゃないじゃんwww

199 :宝珠真範@迦楼羅 :2019/07/21(日) 15:05:53.09 ID:XeELu1oZ.net
>>197
真我は不生不滅なので、そういう意味においては同意でしょう。
ただし、カッチャーヤナ七要素説では「真我」のみならず、その他の要素についても不変としているので異なる。
そして、真我以外のすべての要素は縁起で生ずるだけの実体のない空だとするのが仏教であり、
神の御意志に拠る幻影マーヤーに過ぎないとするのがヒンドゥーでしょう。
尚、正確には「魂」それ自体は永遠ではなく、これも縁起に拠って生じている仮和合の自己に過ぎないので、
これを誤って恒常視しているところもカッチャーヤナ説の間違いです。
また、これはカッチャーヤナ説だけに限らないけれども、真我ではない魂を誤って真我と見なしてしまっているのです。
それから、法王猊下ダライ・ラマ14世の出生〜インド亡命までの半生を描いたドキュメンタリー映画『クンドゥン』の中では、
毛沢東の統治する中国の侵攻を受けて、命の危険に曝されている側近を案ずる法王に対して、
この高僧は、「殺されても大丈夫です。(魂は)死にませんから!」と答えて安心させる名シーンが描かれている。

それから、あなたのとんでもない誤解ですけれど、
不滅の生命ならば何をしてもいい、悪逆非道でも構わないということはないのであって、
カッチャーヤナ説は業報を否定しているが、業報の作用から逃れられるものはないのです。
そして、真我の性質には“諸悪”というものはないから。

 『変化せず、清浄であり、悪を離れたブラフマンである私に、精神統一していない状態や他の浄化されるべきものがあるのを、
決して、私は見ることがない。』(シャンカラ著『ウパデーシャ・サーハスリー』T,14.35.)

それから、ヒンドゥーにおいては不滅の「真我」と「神」は同一不可分です。
敷いて言えば、海洋大海がブラフマン(神)。そして、コップで汲み取った海水がアートマン(真我)だということになる。
そして、そのブラフマン(梵)との合一(梵我一如)を果たした聖者がゴータマ・ブッダだと見なされているのが、『スッタニパータ』の世界です。

 『私(ブッダ)は梵となりたる(もの) であり、無比であり、魔軍をほろぼしすべての敵を屈服させ、おそれることなく喜ぶ。』
 (スッタニパータ.561)

200 :宝珠真範@迦楼羅 :2019/07/21(日) 15:07:17.17 ID:XeELu1oZ.net
>>198
(「空」ではなく)「幻影マーヤー」を生じさせているのは“神の御意志”だということ。
「空」というのは、現象界の実態である縁起作用のこと。
そして、それが起きている理由については仏教では説かなかったわけだ。
要するに、それは人知を超えた推し量ることのできない法(法則)であるということだ。
知るのことできないものに時間を費やす無駄は辞めて、
ただひたすら実修行に打ち込みなさいというのが仏教の姿勢。
対して、現象界の性質を規定したのは神の御意志だとするのがヒンドゥー...。

ただ、それだけのことです。

201 :神も仏も名無しさん:2019/07/21(日) 19:13:29.95 ID:lCqN6BdH.net
>>199
> そして、真我以外のすべての要素は縁起で生ずるだけの実体のない空だとするのが仏教であり、

「真我以外の」って仏教のどこで言及されてるの?

202 ::2019/07/21(日) 19:32:01.95 ID:A4Y5HZai.net
>>182
わざわざ探してくれてありがとう。実はその前の〜
↓ここの部分も結構大事な点で、手元にあるテーラーガーター(中村元訳)によれば下のようになる。
>修行僧が托鉢で良家の前に立つ事はなく、

1051 群衆に尊敬されて遍歴すべきではない。(もしそうするならば)心が乱れ、心の安定は得難いであろう。
さまざまな人々から受け容れられるのは苦しみである、と見なして、群衆(と交わること)を喜んではならない。
1052 聖者は良い家庭に近づいてはならぬ。(もしそうするならば)心が乱れ、心の安定は得難いであろう。
がつがつして、味に耽溺する者は、幸せをもたらす目的を見失う。
1053 けだし、かれら(修行者)は、良家の人々からつねに受ける礼拝と供養とは、汚泥のようなものと
知っているからである。細かな(鋭い)矢は抜き難い。凡人は(他人から受ける)尊敬を捨てることは難しい。

現代の日本の僧侶など、「良家の人々からつねに受ける礼拝と供養」こそ有難いものとして受け止め、あるいは
要求すらしているのではないか?www (セブンお前の事だよww)

203 :神も仏も名無しさん:2019/07/21(日) 20:12:14.28 ID:X41z40ip.net
>>202
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjcanth/78/4/78_KJ00009351264/_pdf/-char/ja

204 ::2019/07/21(日) 20:37:40.87 ID:A4Y5HZai.net
はぁ?>>203
こんな長たらしい要領を得ない論文は読みに耐えんわww
で、何が言いたいの?言いたいことだけ教えてくれww

205 :神も仏も名無しさん:2019/07/21(日) 20:47:41.64 ID:X41z40ip.net
>>204
>言いたいことだけ

全文ですがなw

206 ::2019/07/21(日) 20:54:43.61 ID:A4Y5HZai.net
阿呆か?ww

こんな長たらしい、何が言いたいのか焦点が定まっていない論文を出しておいて
出した本人が「全文ですがなw」ってバカ丸出しだなww

では聞くが、この論文の言いたいこと(主旨)を3行にまとめて書いてくれ。
それが出来ないのなら、まさにこれこそがスレ汚しって奴だww

207 :神も仏も名無しさん:2019/07/21(日) 21:09:09.97 ID:X41z40ip.net
「要約されたものは曲解する」 というのが、
≪宝珠≫≪在家≫≪カラス≫≪隠居≫或いは≪昆布≫或いは≪最高位≫、そして特に≪紐≫w
のスタイルなのに、どうして塩を送るようなことができようかw

208 ::2019/07/21(日) 21:15:35.69 ID:A4Y5HZai.net
受験で論文の主旨を3行にまとめる〜なんてやったことないのか?w
佛教大学なんてそんなものかww レベル低すぎだろうww

>>202nなど1051〜1053の6行が、
>修行僧が托鉢で良家の前に立つ事はなく〜になるのだが、
阿呆のセブンには論文の主旨をまとめるのは荷が重すぎて無理かww
いや〜すまんかったなあw 無理な注文をつけてwwww

209 :神も仏も名無しさん:2019/07/21(日) 21:38:46.34 ID:X41z40ip.net
>>208
うん。 私には文章まとめる力無いので、
自分で読んで、内容を把握してください。お願いします。

210 ::2019/07/21(日) 21:55:50.70 ID:A4Y5HZai.net
ミャンマーにおいては「出家」という形式が、出家者と在家者双方の努力と理解によって
実現可能であるということを示唆している。(T僧院の事例を元に〜)

で、ミャンマーではかろうじて出家という形式は可能だが、日本においては不可能だとでも
言いたいのか?では可能なミャンマーにでも移って出家してくれw

211 :紐以外の良識ある方々へ:2019/07/21(日) 22:09:02.65 ID:X41z40ip.net
あの論文は、
実現の可能性があることを示唆したい方向でまとめられているが、
示されている実状の分析は、
日本とか東南アジアとか大乗とか上座部とかの別と無関係に、
そもそも、人間の社会的活動の中に於いては成立し得ないのではないか?という問題提起になっている点が面白味。

釈尊在世時においてさえ、その45年の間、
「遊行生活の維持のために」「「修行者が、その生活と安定した行の継続の為に」、
「社会の中で、その存在を許容してもらう爲に」、
「様々な社会からの要求に屈する形で」
サンガの在り様(特に律)が変遷していったことを振り返れば尚更に。

212 ::2019/07/21(日) 22:23:47.14 ID:A4Y5HZai.net
保身=我執で、日本の現代僧侶はまさにこのど真ん中にあぐらをかいているw

論文で「実現可能であるということを示唆している。」のならばミャンマーで裸一貫
出家して己の身の回りのモノを全部捨ててから出直すべきだろうよ。
今のまま日本で僧侶をしていたらドツボにはまるだけだww

213 :承狂 :2019/07/21(日) 22:37:41.42 ID:4kz5OULV.net
>>211
そこに面白さを感じるのは、仏教教団を基準に考えてるから。
パーマンだと、プロテスタンティズム的な資本主義者として仏教を「アンチ社会的」としてたが、(笑)
妄想世界に逃避して、その妄想によって他人に仕事を辞めろと言うような連中にはまぁ、どーでも良い話だろうね。(笑)

(^。^)仏教教団がそのようにあって、キリスト教側から理解出来ないのは、根っこの価値観の違いによるので、幾ら縁起を説いても無駄なことよ。(笑)

214 :神も仏も名無しさん:2019/07/21(日) 22:37:45.35 ID:X41z40ip.net
今日のNHK6時では、ブラジルの銃規制緩和の話題もあった。
年間の犯罪犠牲死者7万人だとさ。
規制緩和によって、景観の発砲ケースも増え、
警官に射殺される人数は年間5000人と。

そういう治安の悪さが嫌なら、外国へ移住すればいいじゃないかwww、
という発言と同じ。 >>212

215 :神も仏も名無しさん:2019/07/21(日) 22:48:43.81 ID:X41z40ip.net
>>213
「面白味」と言ったのは、
可能にする方法論が、
・(嫌味な言い方をすればw)マインドコントロール的に、高価値を謳い、サポートの正当化を図る
・おとなしい言い方をすれば、(谷村有美じゃないがw)心の向きを変えて、布施や奉仕に積極的価値を見出そうとする
或いは
・釈尊以来の(おそらく外しようのない)世間出世間というダブルスタンダード、2種類の視座、
 (それは、を前から見るか後ろから見るかのようなものかもしれんが・・)を、受容する
ことで可能となるわけで、
それが叶わない場合、(他宗教はそもそも論外としてもw)つまり、
そこに信仰が―「信」が―なければ成り立たない、ってことでね・・。

216 ::2019/07/21(日) 23:03:37.13 ID:A4Y5HZai.net
仏陀は「信仰」など勧めなかったぞw
信じるというのは真か偽か理解できないから信じるのであって、
仏陀は「来て見てみよ」の人であり信とは正反対の立場だ。
教師の握りこぶしに隠されたものなどない〜。

仏陀は我執を取り払えと言ったんだ。つまり出家僧たるものが「保身=我執」にどっぷり浸かっていては駄目だと
言ったんだよww ならば行動を起こすよりあるまいw

これを妄想という承狂の頭の構造こそが妄想というんだよ。もうろくジジイがww

217 :神も仏も名無しさん:2019/07/21(日) 23:05:56.37 ID:X41z40ip.net
その「来て、見よ」というお釈迦さんの台詞を信じない人間が、
お釈迦さんのもとで比丘になるのかしらね?w

218 ::2019/07/21(日) 23:09:06.00 ID:A4Y5HZai.net
俺は非仏教徒だから構わんが、僧侶の看板をあげているセブンが我執=保身に浸っていては駄目だろうよww
ぬるま湯に浸かって僧侶の看板をあげていて恥ずかしくないのか?ww

219 :神も仏も名無しさん:2019/07/21(日) 23:13:21.67 ID:X41z40ip.net
保身に浸れないのが日本仏教だってのがわかってないみたいだねw

220 ::2019/07/21(日) 23:16:54.63 ID:A4Y5HZai.net
>>215 >可能にする方法論が、
で保身のそろばんを弾いていて寝言を言うなww
保身が保てそうにないのであたふたと「保身を保とうと」計算する嫌らしい姿を仏陀が
見たらなんと言うかね?w 情けないwww

221 :承狂 :2019/07/21(日) 23:32:13.40 ID:4kz5OULV.net
>>216
「真偽が判らないから信じる」

(^。^)この説明だと、よく判らない話は何でも信じるって話になるんだが、(笑)
本人的には問題無いんだろうな。(笑)
だってバカだから。(笑)

222 :神も仏も名無しさん:2019/07/21(日) 23:51:09.72 ID:EjxClPLd.net
>>216
ならお前は我執にこだわってんなら
他人の生き方に首突っ込んで幼稚なイチャモン付けてる暇があったら
その時間を自分の私生活に注いでろやw
1秒たりとも我執を怠けるなよ
と言っておく

セブンがいちいちしょーもない難癖つけてくる奴に律儀に相手にするのがいじましく思えるわ
10年以上に渡って……
それこそ菩薩道ということなのかもしれないけど

223 :宝珠真範@迦楼羅 :2019/07/22(月) 11:20:53.80 ID:u1m8ASZf.net
>>201
仏道における目的である“ (修行)完成者=如来ホトケ”の境地である涅槃とは、“縁起しない世界”のこと(Uda^na.8,1-3)
その修行完成者が「真人」であり、“その真人は『私が語る』『わがものである』と語ることができる”(SN.T,3-5)>>184
それが“真我(真実の自己)を実現した者”のことです。
つまり、涅槃を実現した真実の自己こそが縁起しないアートマンだということになる。
これが不生不滅にして永遠の境地である涅槃と涅槃に住するアートマン(真我)だ。
「多くの迷信や間違い含みのバラモン伝統と一緒でいいんだ」という誤解を受けたくないゴータマ・ブッダの真意を読めないのが仏教徒。
それが無記の態度を採った理由だ。

まっ、所詮は、
“ただ言われたこと”のオウム返ししかできない洗脳された仏教信者らには到底、無理なことだ。
あなた方は自分自身のお頭ツムでは、忖度できないから...。


元々、「アートマンは無い」などという無我の理解は
ブッダ御自身が教えたものではなく、後の部派仏教が勝手に展開したアビダンマに拠るものです。
それが伝承されて今日のテーラワーダの教義となっており、経典成立の過程で大乗を含めてその他すべての諸派も同じくこれに追従した。
今日、仏教学の研究よってそのことが明らかとなり、まともな学者ならばこれはほぼ共通の認識となっている。
ここに一つ、読み物(仏教学上の共通認識の基本)を提供しておきます。

224 :宝珠真範@迦楼羅 :2019/07/22(月) 11:22:49.11 ID:u1m8ASZf.net
参考:
 『仏教の認識論では知覚が決定的に重視されるが、--中略-- ゴータマ・ブッダは、知覚できるものを端的にいったまでのことで、知覚
できないものは実在しないなどとは一言もいっていない。(p84-86) --中略--
 こうしたことを総合的に勘案してみれば明白なように、ゴータマ・ブッダは、五蘊は自己ではないといったが、自己とは何かという質問
には沈黙するのみであった、そして重要なのは、「自己は存在しない」(無我)とは一言も語ったことがない、ということである。
 ところが、ゴータマ・ブッダが入滅してからいつのころからか、五蘊のいずれも自己でないならば、そもそも自己なるものは存在しない
のだとする、乱暴なことに、きわめて形而上学的な無我説という主張が現れ、やがて同様に形而上学的な、すべては空であるという主張が
現れるようになった。それも、気分としてではなく、理論としてそうした主張は展開されたのである。
 ゴータマ・ブッダの経験論の心髄は、ついに後世の仏教徒たちにはわからなくなってしまったのである。--中略-- 少なくともゴータマ・
ブッダ、最初期の仏教は、そのような見解に立つものではなかった。(p186-187)--中略--
 はるか後世の無我説では、自己(アッタン、アートマン、漢訳で「我」)は存在しないとされるが、ゴータマ・ブッダはそういう考えと無
縁であると述べた。
 じっさいのところ、ゴータマ・ブッダは、自己の存在の否定どころか、自己を超えて的に扱って語ることも多かった。(p188) 』
 (宮元 啓一著『ブッダが考えたこと』春秋社)

225 :宝珠真範@迦楼羅 :2019/07/22(月) 11:25:09.78 ID:u1m8ASZf.net
>>208
蛇足だけど、
七の出身校は駒澤大学(禅宗/曹洞宗系)らしいよ...。

226 :宝珠真範@迦楼羅 :2019/07/22(月) 12:47:25.67 ID:u1m8ASZf.net
追記:
>>197
>それから、あなたのとんでもない誤解ですけれど、
>不滅の生命ならば何をしてもいい、悪逆非道でも構わないということはないのであって、
>カッチャーヤナ説は業報を否定しているが、業報の作用から逃れられるものはないのです。
>そして、真我の性質には“諸悪”というものはないから。>>199

キッキリいいますと、
悪逆非道でも構わないという人間は、輪廻転生を否定し、来世を信じない者にこそ起こると見るべきです。
転生と来世を信じる者というのは今生における行為の果報を認める者であるから、
悪逆非道の限りを尽くした罪過は自分がそのまま受けることになることを理解している。
であるから、そこに自制というものが生じて来るということになるのです。
しかし、今生限りの生存だと思っている者は違う。
自制すればその分だけ自分が損することとなり、そして、自分の望みを適えるほど自分が得をすることになる。
周囲の迷惑と苦悩が自分の良心を苦しめると感じない者にとっては、悪逆非道もなんのそのだ...。
これが正しい理解であり、真実ですよ!

そして事実、
ブッダ御自身がそのようにみているということ。

 『愚かな者は(悪い事を)しながら「この報いはわれには来ないであろう」と考える。しかし、来世におもむいて、悪い行いをした
人々の行き着くところを知る。』(9-10)  愚かな者は(悪い事を)しながら「この報いはわれには来ないであろう」と考える。しかし、
のちに報いを受けるときに、苦痛が起こる。』(9-11)
 『悪い事をしても、その業(カルマ)は、刀剣のように直ぐに斬ることは無い。しかし、来世におもむいてから、悪い行ないをし
た人々の行きつく先を知るのである。のちに、その報いを受けるときに、劇しい苦しみが起る。』(9-18)
(ウダーナヴァルガ)

 ※『来世を信ぜざる人は悪事を行う』(Dhp.176)

227 :宝珠真範@迦楼羅 :2019/07/22(月) 13:14:30.78 ID:u1m8ASZf.net
TVでは、吉本興業問題で松ちゃんが、
不安でいっぱいの若手芸人たちのために「松本動きます」とツイートし、
実際、その夜の内に社長らと緊急対談したという。

はい、この私宝珠も動きま〜す。
全日本仏教協会と各派宗門すべての総本山へ向けて手紙やメールを発信させてもらう。
もちろん、僧侶としてあるまじき輪廻否定(低き見解と馬鹿にしている)を
堂々とブログ発信しているあの例の恐山禅僧のことも通報させてもらう!
この日本の仏教界から唯物論者を含めたすべての生臭坊主たちを一掃して、
日本仏教の再起のキッカケを促す!!

七にも潔く、僧侶資格を返却することを奨める。
ただの自己研究ならばご自由に...。

>>224
誤字訂正:
 「自己を超えて的に扱って語ることも多かった。(p188) 」
 「自己を肯定的に扱って語ることも多かった。(p188) 」

228 :宝珠真範@迦楼羅 :2019/07/22(月) 14:46:31.76 ID:u1m8ASZf.net
 『悪い事をしても、その業(カルマ)は、刀剣のように直ぐに斬ることは無い。しかし、来世におもむいてから、
悪い行ないをした人々の行きつく先を知るのである。のちに、その報いを受けるときに、劇しい苦しみが起る。』
(ウダーナヴァルガ.9,18)

-----すべての生臭僧侶らに告ぐ-----
 一般人ならばともかくも袈裟衣を羽織っている正式な僧侶が、
 輪廻転生を否定することなど絶対に許されてはならない。
 経典の聖句に従え! 信じないのならば最初から僧侶になるな! 
 すでに持ってしまった資格は速やかに返却すべし。

  -----勧告は以上だ.

229 :ポッタン師:2019/07/22(月) 17:28:36.49 ID:DUVZBfcu.net
228.迷信バカが言う、ことである。大爆笑である。
輪廻転生があるか否か、は科学の問題である。
それは宗教の問題ではない。
科学をやっているバカである、よ。
大爆笑である。
宮元啓一を読め。

230 ::2019/07/22(月) 19:01:39.15 ID:fHMbh8BD.net
>>226 私の見解は死後世界は無記(無記は無いという意味ではない。生きている人間には知る事が出来ない領域。
ゆえに、非有非無、空ともいえる。)であり、当然、輪廻転生についても無記となる。
そんなものは(死後世界や輪廻転生〜は)有ってもよく、無くてもよい。どーでも良い事であるw
ただ、仏典に眉唾もので見ていることに、アラハントは死後消えて消滅するが、世の中の凡人は輪廻転生を
繰り返す〜、ゆえに輪廻転生からの脱却を目指し修行でニルバーナ(涅槃)を体現する〜というのがある。
こんなのは、一般的、科学的に考えてもあり得ないだろうよw ある特定の条件下の人間だけは消えて消滅
するが、その他全般は輪廻転生を繰り返す〜なんてそれこそ信仰の問題で信じる信じないは個々人の勝手というやつだろうw

又、輪廻転生を信じている人間は今世を大事に生きて来世に果を残し、輪廻転生を信じていない人間は今世で好き勝手
生きて他者の迷惑をも顧みない〜というのもいかがなものか?
現代の若者なんてゲーム世代はゲームのリセットの感覚で、来世があるのならつまらない今世などさっさと終わらせようと
自暴自棄に暴走し他者を巻き込んで自殺するケースもありうるだろう。一概に輪廻転生を信じる信じないで人の生き方を
評価できるわけがない。

要は今世をどう生きるかは個々人の資質、生き方(己の人生の捉え方)によるので、輪廻転生云々とは無関係だろうよ。

>>222 お前は目が無いのか?ww (>>218) 非仏教徒の一般人なんて我執の塊だろうよ。当然俺も一般人だww 一般人はそれでいいんだよw
だが、僧侶が一般人と同じように(つうか一般人以上に〜ww)保身-我執にまみれていればこれは非難されて当然の事。
だから、出家可能なミャンマーにでも行って裸一貫出直せと言っているんだよww

139 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★