2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

有名ブログ【随想 吉祥寺の森から】その44

1 :神も仏も名無しさん:2019/03/22(金) 01:03:31.14 ID:3qtmCuau.net
有名ブログ【随想 吉祥寺の森から】その44

スレ番号、ブログタイトルと連番を正確にな!

ヴィオロン VS KSMの歴史的対決を生暖かく見守ろう。


前スレ

有名ブログ【現代の風景 随想吉祥寺の森から】その43

https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1548386751
これがその42スレとなっているが、実際は43スレなので正確にな!


さらにその前スレは42、↓これで終了してる
http://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1520380042

コメント欄の元常連だった『田中』の自演スレも伸びているが、
どこまで吉祥寺スレに迫れるかに注目したい。

その他の見所

スレを彩ったアンチビッグ3〜元明学KGK、暇人、23@〜の共演はあるのか?
反カルト連合?何とかグループ?の暗躍はあるのか? ヴィオロン女史ご本人の登場はあるのか?

887 :神も仏も名無しさん:2019/06/21(金) 17:14:01.83 ID:JlbY+/I3.net
あなたが作り出した新しい世界など、隣国以下の悪夢でしょうね。



太陽の光をさえぎる分厚いコンクリートの壁をぶち破って、今までにない新しい世界を作りたいのです。
だからこそ、私は戦っている。自分自身のためでもないし、自己の利益のためでもない。目の前にある
障壁は破壊するが、それすらも、憎しみでも恨みでもなく私怨でもなく、はたまた地上のむなしい金銭
のためでもないことが、やがてはっきりとすべての人に分かるようにやってみましょう。私の戦いが何
を目的としているのか。他の人たちに分かるように。それは地上の利益をもっと超えた遠い遠いところ
にある目的のためなのです。

それが証明されるために、私が自分をカルバリに置いて、さらに犠牲の小羊のごとく、主と共に自分を
死に渡し、引き裂かれねばならないというなら、好きなだけそうすればよろしいと私は言うでしょう。
もし私を引き裂きたい誰かがいるなら、好きなだけ疑い、悪口雑言を言えばよろしい!! しかし、私
はそんなことでは決して負けないし、中傷にも、讒言にも、疑惑にも、誤解にも、決して打ちのめされ
たりはしない。この先も、私の負う犠牲の大きさによって、歩いて行く道のりの困難さを通して、
私が目指しているものが、自己の利益ではないことが、逆説的に公然と世に証明されるでしょう。
あきらめるわけに行かないのは、私だけの利益にとどまらないものが、その戦いの勝利の中に込め
られているからなのです。誰が信じようと信じまいと、私は目的を目指して歩き続けるだけです。

888 :神も仏も名無しさん:2019/06/21(金) 17:22:24.83 ID:JlbY+/I3.net
要するにあなたは何にでもいちゃもんをつけずにいられないだけね。
心の中は荒廃し、頭の中が破綻しているわ。
自分でこれがおかしいと思わない?

http://godslove.kamakurablog.com/
から引用。


レジ袋無償配布禁止が来年4月からまことしやかに実施されるかのように報道。
法整備もなされていないうちから、まるで既定路線のごとく、反対を封じ込め、
国民を諦めさせようとしている。ここまで全国津々浦々のスーパーに至るまで
の民間企業のサービスに国が介入するなんて、もはや社会主義国ですね!! 
これ、どこから始まったか知ってます? 環境省のマイバッグ運動。

要するに、プラスチックごみを減らし海洋汚染を防ぐためにレジ袋を規制する
という口実なわけ。しかし、プラごみ全体の中でレジ袋が占める割合など全く
証明もされていないほど微々たるもの。レジ袋の中にもプラスチック原料でな
いものがある。天然素材のものまで禁止するのはおかしい。それなのに、
一網打尽に無償配布を禁止しようとしていることの恐ろしさ。違うでしょ、
プラスチック由来のゴミ袋だけを禁止しないと、環境汚染を止めるという
口実さえ成り立たないのに。理屈がおかしい。こうして、産業ゴミには規制を
かけず、国民の負担になることばかり実施。それを環境のためと偽る。

かつてのマイバッグ運動は国民に強制できないとして法制局で頓挫した。
今回は前回の教訓もかえりみず、法制局まで巻き込んで、強引に無理やり
押し通そうとしている。そういうことをすれば、大手スーパーは打撃を
受けず、中小零細の店がつぶれ、ますますシャッター街が増えるだけ。

私から見れば、これ、国家総動員体制の復活の始まりね。そのうち、
買い物袋持参の上、配給の列に並ばせ、鍋や釜も全部出せって話になって
いくのでは。東京オリンピックを前に、心の国家総動員体制を敷きたい
だけなんですよ。

889 :神も仏も名無しさん:2019/06/23(日) 22:51:37.91 ID:8vOcz+Vk.net
        ∧ ∧
J ` 7    (`・ω・)   ))
) ね Ζ  /っ(⌒joノ ^ヽ   ))
> る く  .しー ) ::   '::::\
7 ヘΓ     t_,, -‐''´``ー '  ))



       ∧,,∧   と、思った?
      ( ´・ω・) 残念、うどんでした!
      (っ=|||o)
    ̄ ̄ `――´ ̄ ̄ ̄\

890 :神も仏も名無しさん:2019/06/24(月) 10:09:56.16 ID:iqmnJY3/.net
久しぶりに出てきたな
何か転機でもあったのか

891 :神も仏も名無しさん:2019/06/24(月) 15:23:59.02 ID:N3oYNOmg.net
ひとこと欄読めないの俺だけか

892 :神も仏も名無しさん:2019/06/24(月) 21:49:59.22 ID:VF+XQGb1.net
かたっぱしからアク禁ブロック設定しているから読めない人のほうが多いかも。

893 :神も仏も名無しさん:2019/06/27(木) 13:11:37.51 ID:Bn1w71gS.net
杉本のコメントが楽しみだよ
https://www.fnn.jp/posts/00046966HDK/201906261239_MEZAMASHITelevision_HDK

894 :神も仏も名無しさん:2019/06/27(木) 18:44:57.70 ID:DexPKddj.net
>>891



>今私がしていることはすべてそのためであり、将来の解放のための土台作りです。
>試験的にバリアを外します。

895 :神も仏も名無しさん:2019/06/27(木) 18:54:02.84 ID:0lXn1Knq.net
>>894
アクセス出来た

896 :神も仏も名無しさん:2019/06/28(金) 16:26:09.19 ID:XD1mIVpz.net
ここから誰か逮捕されることあり得ると思う?

897 :神も仏も名無しさん:2019/06/29(土) 11:23:43.16 ID:4NkGTEQP.net
>>896
今IPアドレス開示を運営に要求してるならあり得るんじゃないか
1つIP開示するのも大変だしお金もかかるだろうけど

898 :神も仏も名無しさん:2019/07/01(月) 19:40:15.17 ID:mUs6MrTH.net
kamakurablog より


やはり日本の労働市場はあまりにも遅れていますね。
役所は取締を放棄しており、ブラック企業は溢れ、
法改正も遅い。毎年、毎年、役所がブラック企業への
罰則をもうけるという話が出て来ては、立ち消えに
なっている。おそらく企業側からのものすごい反対が
あるのだと思います。そして、労働関係の多くの法は
あまりにも企業側に有利にできすぎており、
役所は違反があってさえこれを取り締まらない。

899 :神も仏も名無しさん:2019/07/01(月) 19:41:49.69 ID:mUs6MrTH.net
だから、こうした現状を変えるためには、
裏技のようなテクニックが必要となり、
労働者は役所には泣きついても無駄という現状がある。

さらに、ユニオンや労連からNPOから始まり、
労働者の問題をさらに食い物にする様々な団体が控えている。
まして外国人技能実習生などは、日本語も日本の法律も
分からないのでは、どこにも訴えることもできない。
そうした声も上げられない弱い人たちを容赦なく
踏みにじり、犠牲にする日本という国。この精神性
そのものがすでに亡国を示すものだと言って差し支えない。


kamakurablog より

900 :神も仏も名無しさん:2019/07/01(月) 19:42:52.23 ID:mUs6MrTH.net
私は個人的にいつかこの状況を変えたいし、
変えねばならないと思わずにいられません。
ただし、これは社会運動などではだめなのです。
法律そのものが必ず将来的に変えられなければ
ならないからです。労働関係法のみならず、
他にも似たような抜け穴だらけの法はいくつも
あります。
しかし、それを変えるための最前線となるのは、
毎年法整備を行おうとしては挫折している役所ではないでしょう。



kamakurablog より

901 :神も仏も名無しさん:2019/07/01(月) 19:45:37.65 ID:mUs6MrTH.net
国会前の座り込みだのビラまきだの街宣だのが完全に無意味だと
馬鹿にするつもりはありませんが、しかし、物事を形作っている
おおもとは法の規制にあり、法自体が空洞化しているのでは、
規制のしようさえもないという問題について、もっと大勢の人
たちが立ち止まってきちんと考えてみなくてはならないのです。
しかし、デモや街宣で他人の説教を聞いて熱狂している限り、
このような問題に人々が着目し、取り組むことはないでしょう。
法整備が一部の議員や役所の専売特許と考えられている限り、
人々は法改正こそが現状を変えるための有効な策だということ
にずっと気づかないままだと思います。

そういうわけで、私は多くの政治運動には、キリスト教会の
お祭り騒ぎ的な礼拝や集会と似たような要素をいつも感じるのです。
そこにあるのは束の間のまやかしのような熱狂であって、
何かを根本的に変えて行く原動力ではない。ワーっと騒いで、
理想を語り、愚痴を吐き出して、現状は1ミリも変わっていないのに、
何かをしたような気分になる、一種の現実逃避なんですね。


むろん、極論と分かって言えば、プロテスタントと資本主義が
根本的に同一の起源から出て来ているとすれば、どちらも双方が
まやかしなんです。労働市場が遅れているというにとどまらず、
労働市場それ自体がすでにまやかしのマーケットになりつつあると
言った方がいい。ザル法、スポンジ化した法の破綻はそのまやかしから、
これをごまかすために生まれて来ているわけです。
そして、キリスト教会に対して反キリスト教界の運動が存在するように、
デモも街宣もそのまやかしの変種のようなもの。





kamakurablog より

902 :神も仏も名無しさん:2019/07/01(月) 19:47:16.61 ID:mUs6MrTH.net
では、一体、この鏡の中の鏡のように連綿と嘘の続く世界で、
私たちがなすべきことは? 鏡に映った映像の中に命を探し求めるのをやめて、
真実な実体を探すことですね。本体に近づくべきなのです。
それが結局、新しい判断を求め、これを自ら打ち立てることなんですね。


ただし、私の取り組みは一歩一歩ですよ。法改正などは壮大な問題ですから、
これから十年以上のスパンをかけて、この問題に対して
じっくり向き合うことになるのではないかと思います。

しかも外側から。資本主義とプロテスタントを脱出する不思議な道が開けていますから、
私はこれから先、この問題の内側から取り組むのではなく、
外側から取り組むことになるのではないかと思います。
おそらくこのまやかしの世界に後戻りすることはもうないかと。




そして、何度も言っているように、私は専門家としてこうした問題に取り組むことはなく、
どこまで行っても、権力を持たない無名の市民の立場から取り組みます。
でもいつかはその道を貫徹することによって、
必ず大きな目的を達成する時が来るものと考えています。
責任を持たされるのも一歩一歩ですから。



kamakurablog より

903 :神も仏も名無しさん:2019/07/01(月) 19:48:34.26 ID:mUs6MrTH.net
暗闇の勢力には毅然と立ち向かうのみ。今日も実に実に大きな収穫がありました。
これから何を目的に目指すべきか、どこへ向かうべきか、はっきりと分かって来たのです。
やはり私は法体系に近づき、できればこれと一体化して、それを内側から変える作業に携わりたいと思うのです。
それがただの願望で終わらず、実人生と結びついて一歩一歩、前進して行く時が来ました。
前々から法体系という大きなビルの地下に降りて構造を確かめていると書いていますが、
それは後々これを変えるための下準備なのです。今行っている戦いも、すべてそのための予行演習です。

私が目指しているのは、現存の法を物事に適用して違反を是正し、そこから自らの利益を得ることだけではない。
それ以上に、法体系(というよりもっとその根源となっている見えない秩序)そのものに限りなく近づき、
これとずれなく一つとなること、そこから自分の命を汲み出すこと、また多くの人たちが命を汲み出せるように
することなのです。

法体系は家の基礎構造のようなものです。もし屋台骨が腐れば、家が崩壊する。
ですから、この基礎構造を堅固なものとし、実際にその骨組みによってあらゆる物事を
きちんと支えられるようにすることが、家を安全に保つ第一の秘訣です。
しかし、我が国という家にはいくつも屋台骨の腐食が見られる。土台の交換が必要
となっている部分がある。



kamakurablog より

904 :神も仏も名無しさん:2019/07/01(月) 19:50:34.42 ID:mUs6MrTH.net
kamakurablog より

死文化した法というものが存在します。現実にはいくつもの違反があるのに、
それを取り締まるための法が、ほとんど機能しなくなったような例があります。
特に行政法はそうです。こうした法を現実に適用可能にしていくためのプロセスが必要なのです。

言葉は生きています。それを生きたものとして現実に当てはめるために、
蘇生して命を通わせる方法論を編み出すことが必要なのです。その蘇生措置でも
死文化した法が生きて来ないなら、法そのものの改正が必要です。




こうした問題はあらゆるところに転がっています。屋台骨が腐食しているから、
多くの人々が困っているのに助けを求められない。そういう事例があることさえ、
人々は知らない。今すぐに交換作業はできませんが、いつか未来にこの腐食部分を
交換するための下見と点検を私は行っているのです。問題を取り上げて指摘する人がいなければ、
そこに光が当てられることさえない。私が行っているのは、まずは問題を光の下に持ち出し、
やがて来るべき改正に備えて議論の土台を作ることなのです。

905 :神も仏も名無しさん:2019/07/01(月) 19:53:24.01 ID:mUs6MrTH.net
私は訴訟をやってみて、裁判所に関わり、人々に命や解放を与える判決を書く仕事はやはりものすごく尊いものだと思います。
私は法律家ではなく、生涯、専門家にもならないと思いますが、彼らとは全く異なる立場から、
自分なりに、目に見えない法秩序の中から、目に見える命や自由を具体的に汲み出す方法をよく知り、
それを通して自分のみならず、自分以外の人々をも解放する作業に貢献したいと思うのです。


この作業は、信仰によって御言葉を実際とするという生き方とすごく共通するものがあります。
クリスチャンは、御言葉から命を引き出す秘訣を知っています。たとえば、この世でも、
一つの画期的な意味を持つ判決が下れば、それに伴い、多くの違反が是正され、
かつ、未然に違反が防止されます。判決はすでに起きた違反を是正して権利侵害を克服するにとどまらず、
将来起きうる違反に対する抑止力ともなります。画期的な判決は、多くの類似した事件を裁く際の前提となります。



kamakurablog より

906 :神も仏も名無しさん:2019/07/01(月) 19:56:24.74 ID:mUs6MrTH.net
信仰の世界でも、同じように、何よりも、主がカルバリで取られた勝利の判決が、
我々が実生活で遭遇するすべての問題を克服する根拠となっています。
しかし、その他にも、一つ一つの小さな御言葉を現実生活に適用することで
得られるさらに具体的な勝利があるのです。


目に見えるものは、目に見えるものによって規定されているのではなく、
見えないものによって規定されています。人々の現実生活は、見えない法によって規制を受け、
また、それによって違反を是正されています。


しかし、上記の通り、私は現存の法によって違反を是正したり、
人の生活を自由にする方法を知るだけでなく、法そのものの改正により、
将来的に、人々の生活にさらに自由度を増し加える必要があると感じています。
私の取っている方法論は、他の人々が通常取る方法とは異なりますが、
これから長い長い時間的スパンで、ライフワークとも言える形で、
その解放の作業に関わることになると思います。



たとえば、レジ袋の有料化などという無意味な法整備をするくらいなら、
死文化した労働関係の行政法規の文言を一つ変えるだけで、
どれほど大勢の人たちが恩恵を受けるかはかりしれません。
法規の一つ一つはこれまで人類が勝ち取って来た自由の歴史でもありますから、
そこに歴史的後退をつけ加えるのではなく、前進と言える成果を勝ち取って
つけ加えなくてはいけない。ただ飾っておくだけでは法律も無意味であって
これを現実に適用し、さらにその内容を前進させて行くのは
一人一人の市民の役目なのです。そのために、飽くことなく戦って
困難に立ち向かい、成果を勝ち取らなくてはならないのです。
今私がしていることはすべてそのためであり、将来の解放のための土台作りです。

kamakurablog より

907 :神も仏も名無しさん:2019/07/01(月) 19:58:29.10 ID:mUs6MrTH.net
とても奇妙な夢を見た。横浜の小高い丘の上に、保養施設のような大きな家があった。

その保養施設は、私のよく知るとある宗教指導者が、集会に通う信者のレクリエーションのためにもうけたものであり、
その指導者は車で私をその家の前まで案内したのであった。

到着すると、指導者は私に鍵を手渡して、この施設の管理をこれからすべて私に任せると述べた。


門の向こうの敷地内には、広い庭が広がっていた。屋敷の正面玄関までは、車いすが五台くらい並んで
通れそうなほど、広く緩やかな坂道が続いている。

その指導者がこの施設の鍵を私に託したことは、いずれこの施設そのものを私に譲り渡すという
意思表示のように感じられた。家屋敷だけでなく、信者の管理も、私に任せるという意思だと感じられた。
何と大きな信任であろうか。



kamakurablog より

908 :神も仏も名無しさん:2019/07/02(火) 19:42:41.46 ID:nrqsMQ8V.net
これだけ労働関係の行政が腐敗すれば、この国の労働市場が悪くなるのは仕方がないですね。
厚労省でもデータの改ざんが問題となりましたが、その下の役所はもっと徹底的に腐敗しています。
しかし、私はこうした事情から、特に絶望は感じません。むしろ、雇用情勢を色よく見せかけ
この国の様々なデータを改ざんして来た大本営発表がもうすぐ終わる気配を感じます。
彼らは下々の者に責任を押しつけて、自分たちは悪事を隠して逃げる時を待っています。
営利が目的の民間企業だけでなく、役所の腐敗が何よりも労働者を搾取し
日本の雇用情勢の悪化の原因を作って来たのです。
なるほど国が外国人技能実習生を見殺しにするはずです。


kamakurablog より

909 :神も仏も名無しさん:2019/07/02(火) 19:43:23.58 ID:nrqsMQ8V.net
しかし、恐ろしいほどの知性の崩壊を目の前に、この国の終わりが近いと感じます。
日本がかつて敗戦した時、責任を取れるリーダーは一人もいなかった。破滅へ向かっ
ていることをみな知りながら、それを止める力もなかった。権威が、権力が、正しく
行使されなかったのです。今はその状況に似ている。お偉いさんたちが、私利私欲の
ことしか考えなくなり、弱い者たちを平気で見殺しにした結果、国ごと理性を失って
いるのです。私は一度労働関係の役所が企業と意を通じて徹底的に腐敗していること
について、記事をまとめてみたいですね。



kamakurablog より

910 :神も仏も名無しさん:2019/07/02(火) 19:45:13.32 ID:nrqsMQ8V.net
ただし、こうした情勢を終わりに近付けるのも、私たち一人一人の努力で可能です。
個人の力で様々な事柄を明るみに出せますし、それなりに是正することもできるのです。
私が訴訟を提起したのは、まず法律の専門家としての肩書がなくとも、個人の力で物事を
はっきりさせることに貢献できると示したかったから。法令順守の精神を、行政や役所が
失った代わりに、個人が持ち続けることができると示したかったから。

私は弁護士でも法律家でもありませんが、法律に対する畏敬の念はあります。
現行法が完全だとは言わない。しかし、今あるものを守ろうとしない人たちが
未来に向けて規則を制定してみたところで、これを守るはずがない。
法律は義務も定めているが、私たちの自由の根源であり
存在を深い所で規定しているのです。



私は違反に対しては、裁判所の判決や行政による罰則の適用を求めると同時に
できるなら、もっと法律そのものに近づき、中へ入り込みたいという気持ちがあります。
なぜなら、法それ自体が変わることによって、多くの人たちの生活が根本的に変わり
もっと解放される見込みがあるからです。法律家の観点とは異なる立場から
私は未来に向けての法整備に人生のどこかで関わりたい気持ちがあるのですね。
そのための試行錯誤が現在であり、現行法の抜け穴や欠陥と言える部分についても
学習を重ねているのです。


私は、命令が私自身のうちですなわち実行となる時、約束された保障が値引きなしに
実現される世界を求めています。私たちは憲法で保障されている権利さえ
まだ値引きなしに自分の手にしたことがない。多くの保障が絵に描いた餅で終わって
いるのです。その観点から見ますと、法体系からは、まだまだ汲み出せるものが無限に
あると共に法に保障された私たちの権利が実現しないように妨げている中間搾取者の
排除も必要です。牧師階級からの信徒の自立が不可欠であるように
国民が肥大化した役所の助けを不可欠とする時代も終わりつつあるように思います。
私たち自身が自立へ向かうことが肝要なのですね。



kamakurablog より

911 :神も仏も名無しさん:2019/07/02(火) 19:46:42.31 ID:nrqsMQ8V.net
http://godslove.kamakurablog.com/ より



私は正しい裁きがほしい。死ぬほど正義の実現に飢えている。目先の利益じゃなく
私がいなくなった後も残る正しい裁きがこの地になされてほしいのです。
私個人を越えた利益を得ること、多くの人たちがその恩恵にあずかることの
てきるリーディングケースを打ち立てること、そのためにこそ身を呈して戦う価値が
あるのです。
そのために一番、遠くて難しい道を行きたい。

912 :神も仏も名無しさん:2019/07/02(火) 19:53:06.75 ID:nrqsMQ8V.net
2019年7月

http://godslove.kamakurablog.com/ より
ここ数日間、悩みに悩んでいた問題があったが、突如、その重荷が肩から転げ落ちた。

やはり、解決は、自分を手放すことにあると分かった。自分自身の力で戦うことをやめ
主の解決を信じ、それにすべてを委ねることである。

改めて、最も困難な道を行こうと覚悟した。

その瞬間、心の羅針盤の針が再び目的地をはっきりと指し示した。筆者は道に迷ってい
るのではなく、まさにいるべき場所、立つべき場所に立っていることが分かった。

私たちが心に抱えている問題の中には、本当は、私たちが引き受けるべきでない問題
がたくさんある。どこかから押しつけられて、いつの間にか負わされることになった
重荷がたくさんある。弱い者同士が、その重荷を互いに押しつけ合っては、互いに滅
ぼし合っている。

そのような重荷を一つ一つ、手放すところから私たちの歩みは始まって行く。自分で
解決しようとしていた問題を手放した度合いに応じて、心の自由も増える。

訴訟では、勝ちたいという思いや、賠償をきちんと払わせようとする思いも、どこか
の時点で手放す必要がある。これは決して判決を放棄することではないし、白黒つけ
ることを放棄するわけでもない。

主の御心にすべてを委ね、すべてが自然になるときが来ることを信じて待つのである。
実際、それ以外に解決の手段は存在しない。どんなに自分で望む方向へ物事を引き寄せ
ようと考えたとしても、成らないときには成らない。

913 :神も仏も名無しさん:2019/07/03(水) 18:56:18.38 ID:xE+VlMgW.net
2019年 07月 02日 代理人
2019年も半ばが過ぎた。私は2015年3月末を持って主任牧師を辞した。
あれから4年が経った。主任牧師を辞したのであって牧師を辞したのではない。
3月末で辞したのは4月になれば60歳の誕生日を迎えるからだ。

私の属する教団には定年制はない。牧師は80歳頃にだいたい引退している。
私はやらなければならない働きがあり、50歳から段々といろいろな役を降り、
役職を断ってきた。最後に残っていた責任の重い主任を辞したら、もう少し
時間にゆとりができるのではないかと思ったがそうはならなかった。

異端・カルト問題を扱う牧師は少ない。それがカルト化教会の問題となると
もっと少なくなる。需要と供給のバランスがこの分野は崩れている。教会の
カルト化の問題は、2005年聖神中央教会事件をきっかけに増えた。

教会のカルト化問題を解決するために役立つのが代理人である。しかし、
代理人には責任が伴うために、わかってもそれをするのは大変である。
代理人の判断によって相談者に損害が生じたとき、法的には問題がなくても、
道義的には何もないと言うわけにはいかない。また、相談者や被害者の問題を
引き受けるために、加害者や加害者とみなされる人々、その関係者から
いろいろな攻撃や妨害、嫌がらせを受けることもある。すでに多数と少数と
言う立場に陥っている人を助けをするわけであるから、労の多い働きとなる。


代理人として動くとき、相手の弁護士から、あなたの行為は非弁行為ではないか、
と内容証明が届いたことが何度かあった。あなたのように労働の対価として
報酬を頂いていないので、非弁行為には当たらないと反論すると、
代理人として対応してくれた。弁護士と文書や口頭で交渉することもある。
法の専門家と問題を話し合うときは、ある程度問題に関わる法的な知識が
なければ軽くあしらわれる。ただ、こちらの強みは被害者の代理人になって
いることである。被害を明白に文書化して抗議すれば、向こうは対処せざるを
得なくなる。何年も逃げまわる団体や人物もいるが、それぞれ応分の報いを
受けている。

914 :神も仏も名無しさん:2019/07/03(水) 23:41:51.77 ID:pEu27/0/.net
コピペをくりかえしているのは一体全体誰なのですか?

915 :神も仏も名無しさん:2019/07/04(木) 20:33:11.10 ID:+uzV2DAg.net
女史に恨みを持ってる関係者の可能性

916 :神も仏も名無しさん:2019/07/04(木) 20:52:57.50 ID:kCXAKZve.net
かなり絞られて来る

917 :神も仏も名無しさん:2019/07/04(木) 20:54:03.82 ID:kCXAKZve.net
工作員も書き込まなくなったな
どうしてるんだろ

918 :神も仏も名無しさん:2019/07/04(木) 23:52:14.96 ID:8D+u3Y5L.net
>>915
だったらたくさんいすぎて余計わからないんぢゃない?

919 :神も仏も名無しさん:2019/07/04(木) 23:53:59.88 ID:8D+u3Y5L.net
最近は彼女がバリアを外してブロックしなくなったから読めるけどね。
いつまたブロックで非公開にするかわからないしね。
スレに書いておいてもらわないと何が何だかわからないよ。
書いてあってもわからない不思議ちゃん状態のトンデモブログ文だけどさw

920 :神も仏も名無しさん:2019/07/04(木) 23:55:11.30 ID:8D+u3Y5L.net
つうかあの彼女のブログ文の内容、理解できている読者ってどのくらいいるのか?

921 :神も仏も名無しさん:2019/07/04(木) 23:56:19.26 ID:8D+u3Y5L.net
彼女、厨二病すぎてこちとら全然意味わからんけどw

922 :神も仏も名無しさん:2019/07/04(木) 23:59:54.94 ID:8D+u3Y5L.net
>>917

工作員がいるとか思っている時点で終わっていると思うぞw
彼女とあの世に逝きたいんならいいけどw

923 :神も仏も名無しさん:2019/07/05(金) 19:05:53.02 ID:cvpn1RSf.net
http://godslove.kamakurablog.com/

ブログ記事が非開示にされたのか、削除されたのか、
閲覧者が限定されただけなのかは大きな違いですよ。
さらに記事の一部が残っていた場合も、内容によって
は問題になるでしょうね。告訴されても、なお記事を
非開示にしたと言いつつ、閲覧可能にしている人も
いることですし、このあたりのことについては
見極めが必要となります。

掲示板の著作権侵害は、犯人が特定されるまで
続行された方がむしろありがたいかも知れないですね。
終わったと思ってもまたぞろ出て来るのは
やはり何が何でも特定せよという天の声とみるべき
でしょう。

私は個人的に何が何でも大々的な権利侵害の
ネットワークがとことん明らかにならなくては
いけないとは考えていないんですがこれだけ執拗に
繰り返されるのには、ぜひともそうせねばならない
理由があるのでしょうね。

924 :神も仏も名無しさん:2019/07/05(金) 19:07:06.54 ID:cvpn1RSf.net
賠償金が支払われないのも、それ自体は、決して私にとってマイナス
要因としては働かない。払おうとしない人の信用が下がるだけですから。
一審判決を重んじない人が、何を目指して控訴などするのか、
二審でも自分に不利な判決が下れば、それも無視するんですかと
問われるだけですから・・・。

他人には謝罪と償いを要求し、自分自身は賠償を払わないダブル
スタンダードを容認するのでは、これから先、そういう考えの牧師
も、社会的信用は得られなくなります。今回の裁判によって、
私はカルト被害者救済活動の本質がとことん明らかになったもの
と思います。この運動を今になっても正義の活動のように考えて
いる人は、世間ではほぼいなくなったことでしょう。


http://godslove.kamakurablog.com/

925 :神も仏も名無しさん:2019/07/05(金) 19:07:30.91 ID:cvpn1RSf.net
http://godslove.kamakurablog.com/

警察でさえ、牧師が信徒を名指しで非難するなどあり得ないと
発言していました。宗教を知らない一般人から見ても、
こうした牧師のしていることは、異常なのです。

2009年から私の言って来た通りになっています。
被害者意識などに溺れていては、何も始まらないと。
自分には甘く、他人には厳しく、自己の責任は何も負おう
としないで、他者だけを責め続ける、とんでもなく甘えた
人間になって行くだけだと。他人を責めるなら、自分自身
も潔く責任を取らなくてはなりません。被害者意識、特に
神と教会に対する被害者意識は、人間を狂わせますよ。
教会が教会に戦いをしかけるなど、悪魔の所業としか言
いようもありません。

926 :神も仏も名無しさん:2019/07/05(金) 19:09:09.45 ID:cvpn1RSf.net
http://godslove.kamakurablog.com/


昔、学校では風紀員会などというものがあり、校則に違反したり
掃除をさぼっている生徒がいたら、先生に報告する「チクリ屋」
の生徒がいましたが、カルト被害者救済活動に従事している人た
ちは、どこかしらそれに似ていると思いませんか。

当初から予想していたことですが、初めは「カルト化した教会」
だけを取り締まるなどと言いながら、いつの間にか、役所や安倍
政権批判をする人たちまでも「取り締まる」ようになっている。
自分たちは、過去の罪を反省して、清く正しく美しい生き方を目
指してリハビリを重ねているという自負(実は束縛されて
いるだけ)が、自由に生きている他者へのバッシングに向かうの
です。掲示板は、役所への批判には過敏に反応する。権力に立ち
向かうように見せかけながら、いつの間にか、権力に迎合し、
弱者や、権力になびかない変わり者をバッシングするようになる。


政権は自分になびかない国民を攻撃するために掲示板を都合よく
利用している。こうした状態が続けば、いずれ宗教の枠組みを超
えて、秘密警察か、隣組のような自警団だって出来かねない。
ディプログラミングに基づく自警団が、政権維持したい人たち
が都合よく誰かを「カルト」や「狂人」に仕立て上げる際に利用
されかねないのです。皇帝ネロが今風にキリスト教徒を迫害する
としたら持ち出しそうな理屈ですね。

927 :神も仏も名無しさん:2019/07/05(金) 19:09:56.55 ID:cvpn1RSf.net
http://godslove.kamakurablog.com/


ところで、なぜこの時期に引退の話など持ち出して来たと思いますか?
自分は引退なんてしていないぞとアピールしながら、権力にしがみつい
てこれを振りかざし、いつでも自分が相手よりも優位に立っていること
を確認しないと気が済まないからではないでしょうか。こういうタイプ
の人は潔く引退しません。引退をしぶりにしぶり、引退したように見せ
かけて、陰の実験になったりして、あとを濁すのですね。自分が他人か
ら権力を持たない無力な人間、人々の支持を失っていると見られること
を何より嫌うのです。地位にすがらないと自信が持てないのです。

ディプログラミングに基づく強制脱会活動に携わっていた人々には
ほとんど専門家としての資格がありませんでした。無資格か、
もしくは、通信教育などで学んだ程度のにわか知識で、カウンセラー
を名乗っていたのです。さらに、専門的な資格がなくても、教育訓練
を受けておらずとも、代理人という立場を使えば、いくらでも他者の
紛争に介入することができる。弁護士のような報酬を受け取らずとも
「献金」なら可能です。謝礼金に等しいものを受け取っても、それ
を他の名目で献金扱いし、無報酬で働いているように見せかけるこ
とも、できてしまうのです。被害者が裁判に勝訴すれば、勝訴して
から、報酬という形ではなく、「献金」を受け取れば良いのです。

928 :神も仏も名無しさん:2019/07/05(金) 19:21:51.07 ID:cvpn1RSf.net
http://godslove.kamakurablog.com/




しかし、そんなことは放っておきましょう。私はこれとは真逆の道を行きます。
常にダビデの石つぶて以外には何も持たない無名の市民として、徒党を組まず、
権力にすがらず、地位をふりかざさず、富をひけらかさず、自分の手で敵に報
復せず、困難な道を行き、裁きは神に委ねます。「応分の報い」を自分から要
求しますまい。でも、そうしていれば、必ず、神はその人を高く上げて下さる
時が来るのですよ。これは本当のことです。自分で自分を高める人は低くされ
、自分を低くする者が高くされる。これが聖書の原則。

私が神に愛されていると信じられるのは、慢心するよりも前にしたたかに打
たれるからでしょうね。ひっきりなしの苦難が降りかかり、勝利さえ束の間
にしか喜べないのは何のためでしょう?訓練のためです。そうして十字架を
絶え間なく負わなければ、人間というものは必ず自己過信に陥るからです。
それは誰しも同じです。次から次へと好ましい事件だけが起きて何もかもが
順風の時は、人間は必ず慢心します。勝訴だって人を高ぶらせるきっかけに
なります。そういうことが許されない環境を、自分自身が作らなければなら
ないと同時に、主が采配されるのです。

929 :神も仏も名無しさん:2019/07/05(金) 19:23:06.84 ID:cvpn1RSf.net
http://godslove.kamakurablog.com/


だから、勝訴しても、手柄も無ければ報いもなく、誰かがそれを共に喜ぶわけでなく
喜んでくれるはずだった友が離反し、もう一方の相手からは敗訴だと踏みつけられ
相も変わらず、疑われ、迫害を受け続けているのですが、それは、私が打ち立てる
勝利は、私のためではなく、主に栄光が帰されるものでなくてはならないからです。
その時に初めて勝利が確立するからなのです。ダビデが、勇士の部下たちが敵陣で
彼のために取って来た水を、自分では飲まず、神に捧げたのと同じですね。その域
に達すれば、戦いは完全に終わります。

神は私が私のための利益と栄光を求めているのか、それとも、主の栄光を求めてい
るのか、どちらなのかをご覧になるのです。そこで、誤った道へ迷い込む前にちゃ
んと警告や制止や軌道修正がなされることは、私は恵みと思っています。一番怖い
のは、人前に徹底的に踏みにじられることではないのです、自己の栄光や誇りを傷
つけられることではないのです。むしろ、高ぶりと自己過信に陥り、自分を誇大に
見せかけて嘘に嘘を重ねる生き方から後戻りできなくなることなのです。ですから、
そのような誤りに陥るよりは、恥をこうむっていた方がまだましでしょう。人には
何が自己から来るもので、何がそうでないのか、自分で見分けることはできません。

神だけがご存じで、神はこれを切り分けることができます。そうして人には、自
分自身を練られ、訓練されることが必要なのです。ふさわしい時が来ればすべて
が成就し、嘘は跡形もなく消し去られ、自由と解放が訪れます。栄光ですら与え
られます。今、確かめられているのは動機なのです。

930 :神も仏も名無しさん:2019/07/05(金) 19:24:55.07 ID:cvpn1RSf.net
http://godslove.kamakurablog.com/


引用元を示しても、著作権侵害は間違いないですね。記事本文を書けば、
自分が誰であるかがばれるので、本文なしで投稿しているのでしょうが、
それがまたかえって犯罪に・・・(笑)。掲示板での完全な匿名のコピペ
投稿は犯罪ですが、こうまで執拗に繰り返すのは、やはり自分が誰である
かをよほど特定して欲しいからなのでしょうね。きっと一人でやっている
んではないんだ、という共謀関係も立証してもらいたくて仕方がないので
しょう。しかも、私が控訴審に提出する書類を再び書き始めてから、また
始まっていますね。

今ちょうどディプログラミングの問題性について書いているところです。
こういう著作権侵害も、強制脱会活動の一環とみなすことができるかも
知れません。ディプログラミングというのは、米国ではとうに違法となっ
て廃れた強制脱会活動のことですが、要するに、「カルト問題の専門家」
を自称する人々が、「カルトのマインドコントロールの被害を受けている」
と勝手に決めつけた信者の「誤った宗教洗脳」を「解除」しようと、他者
が「棄教」して彼らにとって都合の良い考えを受け入れるまで、無理やり
人権侵害を繰り返し続けることなのです。

931 :神も仏も名無しさん:2019/07/05(金) 19:25:43.00 ID:cvpn1RSf.net
http://godslove.kamakurablog.com/

日本でもディプログラミングに基づく拉致・監禁を伴う信者の
強制脱会・棄教運動が行われて来たことはすでに述べました。
「その考えを捨てねば、おまえをもっと苦しめてやるぞ」と圧
迫を加えることで、ディプログラマーが自己に都合の良い再プ
ログラミングをその人に施すのです。再洗脳とも言えますね。
まあ、平たく言えば、拷問で自白を強要して罪を認めさせるよ
うなものです。拷問を受け続ければ、誤った考えを持っていな
い人でも、いつかは降参して自分の考えを誤ったものとして捨
てることになるでしょうから。

米国のディプログラミングも、専門家でない人々によって行な
われていたようですが、日本はもっとそうですね。村上密、
ジャン・ドウゲン、パスカル・ズィヴィー、ウィリアム・ウッド
、これらの人々はみな脱会カウンセラーを名乗っているが、
専門的なカウンセラーでも臨床心理士でもない。カウンセリ
ングは通信教育などで学んだ程度で、大学教育で専門的に学
んだわけでなく、実践的な訓練を受けていないうちに、牧師
や宣教師の立場から、カルト問題の専門家や脱会カウンセラ
ーを名乗るようになった。本当の専門家とは言い難い人たち
が、専門家を名乗って、カルト問題を扱って来たのが日本です。

932 :神も仏も名無しさん:2019/07/05(金) 19:26:46.73 ID:cvpn1RSf.net
http://godslove.kamakurablog.com/



さらに、被害者の代理人などという立場は、もはや何者であるかも
よく分かりませんね。いわば、ドッペルゲンガーみたいなもので
、他人の意思を絡め取り、他人の分身になることによって、その
人をマインコドントロールするのに都合の良い立場としか言えま
せん。たとえば、後見人だと法的権利まで取り上げられますから
、後見人制度を悪用する人たちもいるわけですが、代理人だと
、権利は取り上げられないが、意思を代弁することはできるのです。

掲示板も、それ自体が、ドッペルゲンガー(グノーシス主義の悪意
ある鏡)であることはすでに書きました。本体を凌駕して滅ぼ
すための「分身」なのですよ。掲示板に書き込んでいるのが誰
かは知りませんが、彼らは、ディプログラミングの手法に基づ
き、このブログを私が更新し続ける限り、嫌がらせをやめない
ぞという意思表示をしているわけなんですね。口を封じるまで
、権利侵害を繰り返すぞというアピールです。被告Aは私が異
端者であるとブログにも準備書面にもあからさまに書いていま
したが、掲示板の著作権侵害も、私の考えが「異端的教説」で
あるとみなし続ける人間が、「俺たちを批判するおまえの口を
封じるまで、権利侵害に及ぶぞ」と言って加えている懲罰なわ
けです。図式は明白ですよ。



そして被告Bのブログが引用されて締めくくられるところを見て
も、目的は明らかではないですか? 被告Bは自らのブログで、
法的措置が難しい場合には、社会的制裁として、自らのブログで
カルトの疑いのある人物や団体を批判する、と書いていませんで
したか? これと同じように、掲示板でも、敵対者とみなした人
物に「社会的制裁」を加えたい人たちがいるということです。こ
のような投稿を繰り返す人は、よほど共謀関係を立証してもらい
たいのでなければ、あなた方の先生たちにとってますますマイナ
スイメージになって行くだけですよ・・・。

933 :神も仏も名無しさん:2019/07/06(土) 08:59:07.84 ID:PTowwp6D.net
>>922
工作員ってHNの人が前はよく書き込んでたんだよ
暇人とも呼ばれてた

934 :神も仏も名無しさん:2019/07/14(日) 22:31:37.94 ID:bH8ijntc.net
780 439 工作員かは知りませんが、必ず著作権侵害により
人物特定されますね。こうして村上密の支持者はいつも権利侵害の
オンパレード。必ず、自分たちが罪に定められた文章をコピペして
貼らずにいられない。性癖ですね。それで身元が割れることに。

935 :神も仏も名無しさん:2019/07/15(月) 21:20:47.14 ID:pBk9IFZl.net
よくわからないのだがLとは?
杉本は賠償金を払っていないのだね?

936 :神も仏も名無しさん:2019/07/16(火) 19:01:54.76 ID:8ea7lF22.net
堀ちえみに死ね、と書いて書類送検

430 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★