2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【次期戦闘機、日本で5割超生産 日米同盟の基盤強化

551 :名無しさん@1周年:2018/08/23(木) 11:37:15.88 ID:YSjnza++0.net
>>519
アメリカが衰退したって何をもって言ってるのやら
今年のアメリカのGDPの成長だって日本で言えば8%成長してる
>
アメリカの金融や経済が良いのは、

@ 日本(異次元の金融緩和)とヨーロッパのECBによる量的金融緩和。

(アメリカが量的金融緩和を止めて出口に向かおうとして金利を上げたりすると、
量的金融緩和によって起きていた株や債券や不動産などの資産バブルが弾けそうになったり、
アメリカの景気や経済が悪化したりする。

そのため、日欧が、量的金融緩和を止めて出口に向かおうとするアメリカに成り代わって、
量的金融緩和を行なって来て、アメリカの金融や経済を支えて来た。

※そのために、特に日本は異次元まで量的金融緩和をやり過ぎてしまったため、
トランプの経済政策が失敗したりして、またリーマンショック級のバブルが弾けたりすると、
米欧日の中で一番量的金融緩和をやり過ぎている日本の金融や経済、国民や国内企業に
一番大きな負担や被害を与える危険性がある。)

A トランプが、リーマンショック後にオバマがかけていた金融機関などへの規制を緩和した。

(オバマは、再びリーマンショック級のバブルが起きないように規制をかけたが、
トランプはそれを外した。

それで、またアメリカの金融機関などは、リーマンショックの原因となったリスク資産を増やして来ている。

それで見かけ上は、アメリカの金融や経済は良くなったが、
サブプライムローンなどリスク資産が再びたくさん運用され増えてきているので、
再びリーマンショック級のバブルが弾ける危険性も出てきた。)

B トランプは減税をしたが、それで自社株を買うように誘導している。

(そのため、アメリカの株価は上昇して来ているが、
それは自社株買いによるもので実態経済を反映していない。

そのため、株価が暴落し、それによってバブルが弾ける危険性がある。
その規模がリーマンショック級になるかは、バブルが実際に崩壊してみないと分からないが、
そのキッカケや危険性はあるだろう。)
など。

このようにアメリカの金融や経済は、表面上良いように見えるが、
実態経済はさほど良くなっておらず、再びリーマンショック級のバブルが弾ける危険性も内包している。

総レス数 1001
288 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★