2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【社会】子供に「護憲平和教」を刷りこむ教科書 “軍事力によって日本の安全を確保するという考え方のほうが、むしろ現実性に乏しい” [07/21]

1 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2017/07/21(金) 12:24:45.23 ID:???
★子供に「護憲平和教」を刷りこむ教科書 ―小学校編―
社会 2017年7月21日掲載

■洗脳しているのは誰か
安倍首相のいささか唐突な提案によって、また大きくクローズアップされることになった
憲法9条――その改正を訴える改憲派は、護憲派に対して「洗脳されている」といった
ことばを用いて批判することがしばしばある。

戦後、GHQが日本人に対してある種の洗脳に近い教育あるいは「指導」を行なって
いたことは事実だ。だが、当然ながらもうGHQは日本にいない。
ではいま、誰が国民を「洗脳」しているのか。それを「朝日新聞」という人もいれば、
「日教組」の存在の大きさを指摘する人もいるだろう。

複数の教科書で、子供同士の会話形式という形で、「護憲平和教」に誘導するような
つくりになっている、というのが潮氏の指摘だ。

たとえば、日本文教出版の教科書『小学社会6年下』では、子供同士の会話として、
次のようなセリフが紹介される。

「憲法の平和主義との関係で、日本の平和と独立を守ることをおもな目的としている
自衛隊に対してさまざまな意見があると書かれてたよ」

「沖縄にあるアメリカ軍基地をめぐって、基地をなくしてほしいという住民運動が
おこなわれたというニュースを見たよ」

もちろん「さまざまな意見」も「住民運動」も事実だが、ここでは「自衛隊を早く国軍にせよ」といった
「意見」も、「早く基地を辺野古に移してほしい」という「意見」も書かれていない。

また、光村図書の教科書『社会6』では、次のような会話が登場する。

「日本が非核三原則を守り続け、平和の大切さを世界にうったえることが大切だと思う」

「世界でただ一つ、核兵器の被害を受けた国だから、日本の役割はとても大きいよね」

まだ小学生段階では難しいとの理由から、『非核三原則』にも『核抑止力』にも
言及しないのなら、それはそれで一つの見識でしょう。ですが以上のとおり、
小学校の社会科教科書が、前者を教える一方、後者には触れていません。
要するに、憲法9条で世界は平和になる、とのイデオロギー教育に終始しています」

(抜粋、全文はリンク先へ)
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/07210609/?all=1

★子供に「護憲平和教」を刷りこむ教科書 ―中・高校編―
デイリー新潮 2017年7月21日掲載

その子供たちが進学していくとどうなるか。

採択率の高い代表的な東京書籍(『新編 新しい社会 公民』)は、
「平和主義」を説きつつ「自衛隊」に関連して、次のように述べている。

「一方で、自衛隊は憲法9条の考え方に反しているのではないかという意見もあります」
もちろんそういう意見はあるのがだ、「反していない」という意見は無視、黙殺。

さらに、こう続く。
「2015(平成27)年には、日本と密接な関係にある国が攻撃を受け日本の存立が
おびやかされた場合に、集団的自衛権を行使できるとする法改正が行われました。
これに対して、憲法第9条で認められる自衛の範囲をこえているという反対の意見もあります」

ここでも、賛成の意見もあった事実は書かれていない。潮氏は指摘する。
「『反対の意見も』という表現で、賛成の意見があったことを暗に示している、
という反論(?)が用意されているのかもしれませんが、それは詭弁ではないでしょうか。
これでは自衛隊も、平和安全法制(安保法制)も憲法違反という印象を生徒に
植え付けてしまいます。こんな一方的な教育をしてもよいのでしょうか」

■憲法違反という刷りこみ
こうした手法を用いた「偏向」は多く見られる。教育出版の中学教科書(『中学社会 公民 ともに生きる』)。

「一方で、国民の中には、自衛隊のもつ装備が『自衛のための最小限度の実力』を超えるものだとして、
自衛隊は憲法に違反するという主張もあります」

先ほどと同様、わざわざ「自衛隊は憲法に違反するという主張」のみを強調しているのだ。

>>2

https://www.dailyshincho.jp/article/2017/07210611/?all=1

2 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2017/07/21(金) 12:25:00.21 ID:???
>>1より

潮氏はこう厳しく批判する。
「ここでも『違反しない』という『主張』は紹介されていません。だいいち問題は憲法の『解釈』なのですから、
べつに『主張』の有無など重要ではありません。
たしかに違憲と解釈する学者はいます。ですが、『自衛隊は憲法に違反する』と『主張』する『国民』など、
ごくごく少数に過ぎません。
なのに、それを、わざわざ取り上げ、義務教育段階で上のように教科書に明記し、そう生徒に教える。
これでは自衛隊も、集団的自衛権の行使も、憲法違反ということになってしまいます。
こんな一方的な教育をしてもよいのでしょうか。教育勅語の朗唱が『洗脳』なら、これは何と言えば、よいのでしょうか」

■進歩的文化人のクセ
潮氏が調べたところ、高校の教科書でも、この傾向は変わらなかった。それどころか、
より「クセが強い」ものもある。たとえば実教出版の『高校政治・経済』では、

「憲法の平和主義は決してたんなる理想論ではない」と明記(宣言?)した上で、なんと次のように断定する。
「軍事力によって日本の安全を確保するという考え方のほうが、むしろ現実性に乏しいとさえいえるのである」

こうした教科書には、監修者と称して、有名大学の教授の名前が並んでおり、
その多くはかつて「進歩的文化人」と呼ばれた陣営の人々である、と潮氏は指摘している。

※全文はソースへ

3 :名無しさん@13周年:2017/07/21(金) 14:21:40.93 ID:nUoahcdck
>>1
語尾にアルが無いぞ!

総レス数 3
6 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★