2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【国際】科学者の9割が「神を信じている」…国連調査 アインシュタイン、マックス・プランクなど著名科学者はなぜ神を信じるのか★6

1 :経理の智子 ★:2016/10/22(土) 00:04:42.84 ID:CAP_USER9.net
国連がある面白い統計を発表しました。現在から過去に遡って300年の間、世界における素晴らしい科学者300人を対象に、神を信じる人が何人いるのかについて調査しました。すると、8〜9割の科学者たちが神を信じていることが分かりました。

300人の内、神を信じないと示した人は僅か20人でした。一方、神を信じると明確に示した人は242人で、世界的に著名なニュートン、エジソン、X線を発見したヴィルヘルム・レントゲン、電池を発明したアレッサンドロ・ボルタ、アンドレ・マリ・アンペール(電流のSI単位のアンペアはアンペールの名にちなんでいる)、ゲオルク・オーム(電圧と電流と電気抵抗の基本的な関係を定義付けた)、キュリー夫人、アインシュタイン等々がその中に名を連ねています。

また、20世紀におけるイギリス、アメリカ、フランスの科学者の中で9割以上が神を信じることも明らかになっています。ここで、6人の現代の著名な科学者をご紹介しましょう。

*ハーバード大学神経科学者、アイベン・アレクサンダー(Eben Alexander)博士

アレクサンダー博士は個人のブログで自らの観点を述べています。「我々が宗教と科学の教条に束縛されなくなった時、人類は初めて認識において突破できる。何故なら、これらの教条は我々に対して、精神領域が真の物質的存在であることを理解する能力を拘束しているからだ」

博士は30年近く神経外科医として務めており、ハーバード医学院にも勤務していました。瀕死体験(NDE)は大脳が圧迫を受けたために生じた幻想だと主張していました。しかし、自ら体験したことで懐疑論者から有神論者に転じました。

博士は実際、瀕死状態から生き返ったことを体験しており、医療における奇跡とされました。ニューヨーク・タイムズが2012年に出版した彼の著書「天国の証明(Proof of Heaven)」の中で、深刻な昏睡状態になった自分が未来の世界に行ったことを書いています。博士は来世の存在に対して以前と違って、否定的ではなくなりました。

著書の紹介に、「このことは誰の身に起きても尋常ではないことだが、アレクサンダー博士の身に起きたことは革命的なことである。科学者であろうが信仰を持つ者であろうが、このことを無視することはできないのだ」と記されています。(中略)

*アインシュタイン(Albert Einstein)

アインシュタインの著作「相対論:狭義と広義相対論(Relativity: The Special and General Theory)の中で、彼は次のことを述べています。

「我々はまさにたくさんの多言語書籍を詰め込まれた図書館に入った子どものようだ。たくさんの本を書いた人がいると子どもたちは知っているが、どのように書かれたかは知らない。何故なら、これらの本に書かれた言葉を知らないからだ」

「しかし、子どもたちはこれらの本に何か神秘のベールに包まれたルールがあると感じている、ただ実際は何であるかはわからない。私からしてみれば、仮に最も賢い人類でも神に対する理解はこの程度しかないのだ。我々が目にした宇宙は人類が驚嘆するほど秩序良く組織されており、一定の法則に沿っていると知りながらも、ぼやけていて、はっきりとした理解ではないのだ」

アインシュタインが1927年のある晩餐会で、ドイツ人評論家で無神論者のアルフレド・カール(Alfred Kerr) に対して、「我々が持っている限られた手段で自然の奥深い神秘に潜入しようと試みれば、背後には微妙で無形な、表現し難い明らかな関連が存在していることに気づくのだ。物事を理解できるということを超越した力への畏敬の念こそが私の宗教だ。この意味において、私は実に宗教信仰があるのだ」と答えました。

H・Gケスラー(H・G・Kessler)が1971年に発表した「大都会日記(The Diary of a Cosmopolitan)」より抜粋しました。

*量子力学創始者の1人、ノーベル物理学賞受賞者マックス・プランク(Max Planck)

マックス・プランクの著作「科学は何処へ行く?(Where Is Science Going?)」の中で、「科学は大自然の究極な神秘を解釈できない。なぜならば、最終的に、我々も自然の一部分であり、我々自身が解決しようとする神秘の一部分であるからだ」と述べています。

「すべての物質はある種の力の影響下にのみ創造と存在ができる。この力は一つの原子粒子を振動させ、最も微小な「原子太陽系」を支えている。この力の背後には意識を持つ、知恵の心が存在することを仮設しなければならない。この心こそが全ての物質の母体であるのだ」

(以下省略)

http://www.epochtimes.jp/2016/10/26258.html

★1の立った日時:2016/10/20(木) 11:44:31.46
前スレ http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1477003659/

955 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:11:25.63 ID:+sPpsSuR0.net
>>954
11,13
59,61
ってこと?

956 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:14:59.97 ID:K4sL68XM0.net
>>952 なるほどねえ。
逆に、倍数などを自然の中に見つけるのはもっと簡単だよね。
割るってのも、分数倍ってことだし。

>あらゆる数は数の素の合成(×÷)から出来てるってことだから
だから倍数を先に見つけて、何か分かった気分になってる人は、
その素地である「素数」というものの「存在」に、まだよく気づいてないって事か。

でもその本物の素材たる「素数」にはなかなか気づかないと思うよ。
まあこっちが完全に鈍いからなのかもしれないが。
とにかく自然界の事象に「素数」あって当たり前に見えるくらいの鋭敏な科学的感性があるようでしたら、
是非とも科学の最先端を推し進めてください。新書で概論出してくれたら買います。金がないので高い専門書は勘弁。

957 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:18:28.93 ID:TudDdet10.net
ビッグバン宇宙理論は嘘で
今はプラズマ宇宙論が主流でしょ

958 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:20:46.59 ID:FiOwO5HV0.net
>>955
素数がありがたいという発想がさっぱり分からないってこと
円周率を延々計算するのはまあ分かる

でも
「全桁それぞれの数を足して3の倍数にならなければ、
その数自体が3の倍数ではない」
みたいのってなんでだっけって証明してみたくはなった

959 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:21:41.24 ID:+G2by0eu0.net
頭悪い考え方だろうけど 物が存在する理由を突き詰めて遡っていくと最終的には理屈じゃ説明できない領域に入るはずだから
そういう意味で逆に頭良いと神様の存在を感じるのかなって思う

960 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:23:23.12 ID:LrY/CnwI0.net
神様側からのプッシュがなければ感じられなくて
偉人は天啓を下されて実感できるのかもな

961 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:23:37.51 ID:FiOwO5HV0.net
>>957
神がいるかいないかってのはそんなムズカシイ話じゃないよw

ただ、サルから進化したヒトの近縁種で、
たまたますっごく知能が発達してただけなんだ
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

962 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:24:33.05 ID:n3q18kdQ0.net
神の定義


https://youtu.be/yP36Dr7J0Zo

963 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:26:20.99 ID:+sPpsSuR0.net
>>958
あぁ、そういうことか。
俺はてっきり双子素数のまんなかの数が高度合成数となっている4とか6とかが好きって話かとおもった。

>素数がありがたいという発想
温泉のロッカーの番号を探すときべんりだよ。
みんな切り番を優先的に選んで行くから、
逆に素数はだいたいあいている。

964 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:26:40.26 ID:FiOwO5HV0.net
>>962
「山田」って立正佼成会(漢民族)系の苗字だよね

965 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:29:13.65 ID:hIffFL6u0.net
魂はどの状態で宿るのか
受精して分裂してからか
脳が形成された時点でか
それまで魂はどこにあるのか
多分種子みたいなもので遺伝子の中にずっとずっと存在するのかもしれない
とすれば死んでも細胞が全て死に絶えるまで虫レベルくらいの魂は存在するのかもしれない
謎は多い

966 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:30:12.71 ID:K4sL68XM0.net
>>959 微細な方向に本当に突き詰めていくと、
「実はデジタルになってるよね。この世界は。」ってのがあってねえ。
そこらが何となく、イヤ〜な気分になったりするわけ。
別にイヤになる必要もないのかもしれないけど、いわゆるこの世界は誰かが趣味でやってるシミュレーションではないか?とかね。
別にそれでも何も問題ないかもしれないが、やはり妙に違和感を感じてしまうわけよ。あくまでも個人的感想だけどね。

967 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:30:49.39 ID:ztNus4b80.net
>>956
ただの理系男です。。。
なんか大層なこと書いてしまったみたいで
本とか変な誤解させてごめんなさい

968 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:33:15.43 ID:G9zav5he0.net
>>964
山田は清和源氏の直系氏族の一つだから漢民族じゃなく朝鮮人だよ
戦国時代以前に山田郡と呼ばれていた地域(今の名古屋市北部)も伝統的な朝鮮人の支配域だし

969 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:33:15.68 ID:ztNus4b80.net
>>966
その感覚わかります
量子力学のことですよね?たぶん

970 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:33:54.38 ID:NYL3ROiJ0.net
「戦場のメリークリスマス」もおそらく上映当時意味が
わからなかった人が多いから見直さないといけないのは当然のこととして
もう一つ当時の日本人が理解でなかった映画にロバートデニーロの「ミッション」が
ある。日本ではイグアスの滝から人間が十字架につけられて落ちていくのを
あれは人形?本物の人間?で話題になっただけの映画。
今ならどういうことだったのか、イエズス様に目を見えるようにしてもらった
者ならわかるぞ。
 
The Mission Main Theme (Morricone Conducts), ENNIO MORRICONE.
https://www.youtube.com/watch?v=0sp2NNLCoGg

971 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:33:56.55 ID:xx/DFZnX0.net
たしか素数回で細胞分裂が終わることわない
とかなんとか

972 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:36:19.25 ID:6xVej23d0.net
このスレは伸びる

973 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:36:29.40 ID:FiOwO5HV0.net
>>968
>山田は清和源氏の直系氏族の一つだから漢民族じゃなく朝鮮人だよ

は?源氏と名乗ってる民族=漢民族だよ

974 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:37:59.21 ID:vl4jSn9GO.net
>>950
すごいねこれは

975 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:42:55.05 ID:NYL3ROiJ0.net
>>974
あの表一枚をじっと観ておくだけで
この国の田吾作の精神年齢は数歳は上がると思うよ。もう世界の神観を
学ばないとね。

976 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:43:12.32 ID:+sPpsSuR0.net
>>965
我々が現代にいるという事実は、現代が確率的にありふれた時空だから、という話もおもしろいよね。

これがどういうはなしかというと、
我々が南大東島や奥尻島の住民の確率より、東京や大阪といった人口密集地の住民である確率が高いだろう、ということは自明ならば、
同様にして我々が縄文時代の人間の確率より、現代といった人口の多い時代の人間である確率が高いだろう、ということも、結果論として否定し難い、
そこに魂と魂の媒体というような神学的な概念をもちいるまでもなく。

では、未来方向について検討するとどうなるか?
我々が現代にいるという事実は、過去や未来よりも現代の方が居場所として確率的にありふれている、ことを意味しているのだろうか?
言いかえると、我々人類の未来は確率的に暗い、ということなのだろうか?
というお話ですた。

977 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:45:25.61 ID:G9zav5he0.net
>>973
源姓は天皇が自分の子供に与えた姓
天皇の子孫は漢民族じゃなく朝鮮民族だよ
朝鮮民族である天皇の子供が漢民族として生まれるわけないじゃん

978 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:49:19.91 ID:9fQvu9yk0.net
【米大統領選】クリントン候補、TV討論で
「核発射命令から実際の発射までの時間が4分間」
という軍事機密を漏らしてしまい、批判される [無断転載禁止]©2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1477096571/l50

979 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:52:49.97 ID:9fQvu9yk0.net
0 - Wikipedia

「ゼロ」とは、「数」でしょうか?それとも「状態」でしょうか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1112594356

980 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:53:24.25 ID:xXx/EldN0.net
>>950 天之御中主が抜けてるぞw

981 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:54:52.70 ID:+sPpsSuR0.net
>>979
俺はゼロは状態だよ派。
あらゆるシミュレーションや理論が破たんするのはゼロをみとめたとき。
ゼロという数は数学上の概念であり、現実的には存在しない、というのが俺の持論。

982 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:57:31.17 ID:FiOwO5HV0.net
>>979
数ってそもそも単に状態の尺度じゃねっていう

まあそんなことより神の正体を片付けましょうぜ?
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

983 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:01:27.30 ID:ztNus4b80.net
0は数でしょ
いや普通に

984 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:01:30.76 ID:8bnVQQ5j0.net
>>981
そういった数学の視点は誰も幸せにしないもんな。
素数がどうだとか、この難問どうよ?とか
科学者、数学者がそういうの嬉々として話しても
我々の心に人への愛や思いやりは出てこないし
科学や数学を神として崇めても虚しいよね。

985 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:05:01.50 ID:+sPpsSuR0.net
>>984 の言う「我々」という集合に「科学者、数学者」が含まれないことは理解した。
どうやら >>984 は普遍的な言及を放棄しているらしい。

986 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:08:18.67 ID:G9zav5he0.net
>>985
一部の科学・数学が科学者・数学者以外には何の価値もない、単なる趣味であることは認めちゃうんだ?

987 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:10:02.72 ID:FiOwO5HV0.net
>>985
え。素数がどうこう言うとあなたの心には愛や思いやりが出て来んのか
どう考えても12や60の方が受容と寛容に満ちた愛の数だろう

988 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:10:10.02 ID:la+sPFj+0.net
ガリレオの話思い出せばわかるが
単にキチガイ狂信者に襲われるととを危惧して、信心深い振りしてただけと思うよ。
だから髪を信じるような言葉が多く残ってる。
腹の底じゃ鼻で笑ってるさ。

989 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:11:56.03 ID:8bnVQQ5j0.net
芥川龍之介の最期の言葉

芥川龍之介の最期は致死量以上の睡眠薬を飲んだ後、寝床で聖書をよみ、
聖書が顔に覆った状態で永眠しました。亡くなる寸前まで聖書を読んでいたのです。
また芥川の絶筆となった作品『続西方の人』の最後は
 
「我々はエマヲの旅びとたちのやうに我々の心を燃え上らせる
クリストを求めずにはゐられないであらう」

「我々はエマオの旅人たちのように我々の心を燃え上がらせる
イエス=キリストを求めずにはいられないであろう」
 
という言葉で結んでおり「これが芥川が地上に残した最後の言葉」であり遺言でもある。
とのことです。太宰治は裁きの神という概念が強く最後まで苦悶していました。
私からするとキリスト教の神を最後まで偏った形で理解されていたように思います。
芥川も太宰も時代が今で、カトリック(キリスト教)が正しく伝わるならば、信仰(祈り)
希望によって、絶望(空虚)から自死へとは向かわなかったのではないかなと。
これは私の勝手なおこがましい推論ですが。

990 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:11:57.26 ID:+sPpsSuR0.net
>>987
あいにくおれは2が好きなんでね。

991 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:12:12.30 ID:FiOwO5HV0.net
>>988
やあ神を科学的に説明する事こそ、科学の宗教に対する圧倒的勝利でしょ\(^o^)/
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

992 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:12:21.14 ID:O5OPJ+PY0.net
>>984 神を崇めても、実は「見返り」はないよ。
だから数学を崇めても、実は同じ程度しか利益ないかもしれない。
でも数学を崇める他によく理解すれば数学の点数取れて入学試験などでは有利になる。
もしかしたら数学の神の方が、御利益大きいかも。

皮肉はこの程度にしておくが、
神を崇めても実は「見返り」はない。といった問題については本気で真剣に検討したいところである。
現世利益を約束するものではないといった教義として対策はされてるのだが、
しかしそれでも信仰するとは一体何か?というような問題ね。

993 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:12:40.10 ID:la+sPFj+0.net
本音では科学そのものに神を見出そうとはしてないはずだ。
したら研究なんかできねえもんな。信心に合理的思考あっちゃなんねえもんな。
だから、ブラックホールとかに神を見出すみたいな話はそもそも間違いじゃないかと。

994 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:13:07.08 ID:FiOwO5HV0.net
>>990 占い結果:あなたは心が狭いでしょう

995 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:14:11.16 ID:+sPpsSuR0.net
>>986
おまえのその目の前にある端末は科学者と数学者の成果物だ。
そこに価値をみとめないなら、おまえは大うそつきか、もしくはただのバカだ。

996 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:15:21.18 ID:la+sPFj+0.net
小難しい哲学とか、相対性理論とか漁師がくとか宇宙に関することとか
神をもちだしたくなっちゃうとおもうが、化学者ならばそれはないはずと
いうのがこのスレでいろいろ語った挙句の結論になりましたよ。

んじゃおやすみ

997 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:15:39.32 ID:+sPpsSuR0.net
>>993
もし、マハーカーラがブラックホールをあらわしているとしたら、どう思う?

マハーカーラ(Mahākāla) は、ヒンドゥー教の神の一柱で、
シヴァの別名のひとつとされる。マハーは「大いなる」、
カーラは「黒、暗黒、時間」を意味し、世界を破壊するときに
恐ろしい黒い姿で現れる。シャマシャナという森林に住み、
不老長寿の薬をもつ。力ずくでも人を救済するとされる。

ブラックホールとかに神を見出すみたいな話はそもそも間違なのか?

998 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:15:43.56 ID:YUljAeQ30.net
>>992
苫米地英人のブログにイエスキリストと仏陀について語った記事あるよ
それ読んでみなよ
ためになるよ

999 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:17:33.26 ID:FiOwO5HV0.net
>>995
>目の前にある端末
これは
>>986が言う
科学者・数学者以外には何の価値もない一部の科学・数学
とは全然違う。

12や60のようにちょー役に立つ科学・数学の成果物だよ☆

1000 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:17:42.02 ID:LrY/CnwI0.net
信ずる者は救われる

総レス数 1000
326 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★