2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【国際】科学者の9割が「神を信じている」…国連調査 アインシュタイン、マックス・プランクなど著名科学者はなぜ神を信じるのか★6

1 :経理の智子 ★:2016/10/22(土) 00:04:42.84 ID:CAP_USER9.net
国連がある面白い統計を発表しました。現在から過去に遡って300年の間、世界における素晴らしい科学者300人を対象に、神を信じる人が何人いるのかについて調査しました。すると、8〜9割の科学者たちが神を信じていることが分かりました。

300人の内、神を信じないと示した人は僅か20人でした。一方、神を信じると明確に示した人は242人で、世界的に著名なニュートン、エジソン、X線を発見したヴィルヘルム・レントゲン、電池を発明したアレッサンドロ・ボルタ、アンドレ・マリ・アンペール(電流のSI単位のアンペアはアンペールの名にちなんでいる)、ゲオルク・オーム(電圧と電流と電気抵抗の基本的な関係を定義付けた)、キュリー夫人、アインシュタイン等々がその中に名を連ねています。

また、20世紀におけるイギリス、アメリカ、フランスの科学者の中で9割以上が神を信じることも明らかになっています。ここで、6人の現代の著名な科学者をご紹介しましょう。

*ハーバード大学神経科学者、アイベン・アレクサンダー(Eben Alexander)博士

アレクサンダー博士は個人のブログで自らの観点を述べています。「我々が宗教と科学の教条に束縛されなくなった時、人類は初めて認識において突破できる。何故なら、これらの教条は我々に対して、精神領域が真の物質的存在であることを理解する能力を拘束しているからだ」

博士は30年近く神経外科医として務めており、ハーバード医学院にも勤務していました。瀕死体験(NDE)は大脳が圧迫を受けたために生じた幻想だと主張していました。しかし、自ら体験したことで懐疑論者から有神論者に転じました。

博士は実際、瀕死状態から生き返ったことを体験しており、医療における奇跡とされました。ニューヨーク・タイムズが2012年に出版した彼の著書「天国の証明(Proof of Heaven)」の中で、深刻な昏睡状態になった自分が未来の世界に行ったことを書いています。博士は来世の存在に対して以前と違って、否定的ではなくなりました。

著書の紹介に、「このことは誰の身に起きても尋常ではないことだが、アレクサンダー博士の身に起きたことは革命的なことである。科学者であろうが信仰を持つ者であろうが、このことを無視することはできないのだ」と記されています。(中略)

*アインシュタイン(Albert Einstein)

アインシュタインの著作「相対論:狭義と広義相対論(Relativity: The Special and General Theory)の中で、彼は次のことを述べています。

「我々はまさにたくさんの多言語書籍を詰め込まれた図書館に入った子どものようだ。たくさんの本を書いた人がいると子どもたちは知っているが、どのように書かれたかは知らない。何故なら、これらの本に書かれた言葉を知らないからだ」

「しかし、子どもたちはこれらの本に何か神秘のベールに包まれたルールがあると感じている、ただ実際は何であるかはわからない。私からしてみれば、仮に最も賢い人類でも神に対する理解はこの程度しかないのだ。我々が目にした宇宙は人類が驚嘆するほど秩序良く組織されており、一定の法則に沿っていると知りながらも、ぼやけていて、はっきりとした理解ではないのだ」

アインシュタインが1927年のある晩餐会で、ドイツ人評論家で無神論者のアルフレド・カール(Alfred Kerr) に対して、「我々が持っている限られた手段で自然の奥深い神秘に潜入しようと試みれば、背後には微妙で無形な、表現し難い明らかな関連が存在していることに気づくのだ。物事を理解できるということを超越した力への畏敬の念こそが私の宗教だ。この意味において、私は実に宗教信仰があるのだ」と答えました。

H・Gケスラー(H・G・Kessler)が1971年に発表した「大都会日記(The Diary of a Cosmopolitan)」より抜粋しました。

*量子力学創始者の1人、ノーベル物理学賞受賞者マックス・プランク(Max Planck)

マックス・プランクの著作「科学は何処へ行く?(Where Is Science Going?)」の中で、「科学は大自然の究極な神秘を解釈できない。なぜならば、最終的に、我々も自然の一部分であり、我々自身が解決しようとする神秘の一部分であるからだ」と述べています。

「すべての物質はある種の力の影響下にのみ創造と存在ができる。この力は一つの原子粒子を振動させ、最も微小な「原子太陽系」を支えている。この力の背後には意識を持つ、知恵の心が存在することを仮設しなければならない。この心こそが全ての物質の母体であるのだ」

(以下省略)

http://www.epochtimes.jp/2016/10/26258.html

★1の立った日時:2016/10/20(木) 11:44:31.46
前スレ http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1477003659/

271 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:18:35.95 ID:EZiildT20.net
>>259
俺は逆説的にいってるんだよ。
生命や意識が単に化学反応とも思いきれないし、ともすれば神という言葉で、半ば人格を帯びた自然法則で世界を捉えてしまう人間だから。

272 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:20:38.80 ID:EZiildT20.net
>>267
で、君は割り箸を割ったこともないのか?

273 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:20:39.29 ID:EZXDRvf/0.net
>>271
>>生命や意識が単に化学反応とも思いきれないし、ともすれば神という言葉で、
>>半ば人格を帯びた自然法則で世界を捉えてしまう人間だから。
全て君の妄想だな

274 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:23:36.49 ID:EZiildT20.net
>>272
で、そういう妄想を持っている俺が自分の感情からいろいろ君に絡んだりするのは自然であるとして、
そうでない君が自分の感情を完全に脳の化学反応と割り切って処理できないのはおかしいだろう

275 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:23:49.83 ID:EZXDRvf/0.net
>>272
割り箸を割ったことはあるよ。
もちろん割る時には躊躇する、それは必要なのだろうかと
目の前にコーヒーカップがあるがそれを割ろうとは思わない。
その存在を尊重し、破棄するときは躊躇するだろう
庭に石があり苔が生えていても、その存在を尊重し壊そうとは思わない

276 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:24:05.44 ID:vl4jSn9GO.net
>>258
あの世があることと完全な無とどう関係あるのかよくわからないよ

死んでからどうなるというの?

277 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:24:24.54 ID:EZiildT20.net
間違えた
>>273
で、そういう妄想を持っている俺が自分の感情からいろいろ君に絡んだりするのは自然であるとして、
そうでない君が自分の感情を完全に脳の化学反応と割り切って処理できないのはおかしいだろう

278 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:25:07.82 ID:EZXDRvf/0.net
>>274
つまり、俺の妄想を受け入れろと?
知ったことかよ

ところで物質なら”壊してよい”という発想はどこから来たの?
質問に答えてくれないか

279 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:26:21.43 ID:ooHphfl10.net
>>275
アホにあわせてレスすることないぞ
割り箸は割り箸だから割るだけだ
はじめから二本になってりゃ割らないし、そもそも削りだされている
道具として

280 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:26:34.66 ID:NYL3ROiJ0.net
数学者のノイマンですら晩年はカトリックの洗礼を受けたからね。
イエズス様に躓(つまず)いた。

281 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:27:14.60 ID:vl4jSn9GO.net
>>260
体が死んでからの世界があるならどうやって自分のままでいられるの?

282 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:27:31.03 ID:hIffFL6u0.net
>>276
個人的に思うことは
精神がここにある以上生まれる前からこの精神の元はどこかにあり命が消えたあともどこかに残るはず
物質が1とするなら精神は0.0001ぐらいの数値かもしれないが

283 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:28:17.53 ID:EZiildT20.net
じゃあその「尊重」という感情はどこからくるの?
物質の化学反応には「尊重」という現象が科学的に立証されてるの?

意識と石ころが自分にとって同じだと強弁することで、逆に袋小路に向かっていると自分で感じない?

284 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:30:38.50 ID:ooHphfl10.net
>>282
なにがはずだよ
お前の希望でしかないから精神を残したければ書物でも残すんだな

285 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:30:45.74 ID:RFt1WfFq0.net
>>189
ニーチェをわかっていない
「神は死んだ」は「ユダヤに屈するな」という意味だよ

286 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:31:09.95 ID:vl4jSn9GO.net
>>282
精神とか心とかってただ脳が感じてるだけじゃないの?

287 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:32:48.18 ID:hIffFL6u0.net
>>284
そんなことしなくともお前の黒歴史も未来永劫ここに残るよw

288 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:32:50.01 ID:EZiildT20.net
>>278
大方の人の行動を見て、そこらに落ちている木や石を潰すのと、人間の意識を潰すのに
明確な線引きがあると感じるからだよ
キャンプファイヤーでご飯を炊くとき、木切れは平気で燃やすけど、木切れがないからと言って
嫌がる人間をかわりに燃やしたりはしないだろう?

289 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:32:52.05 ID:nKQUZ/8R0.net
>>285
全然違う
バカか

290 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:32:58.99 ID:EZXDRvf/0.net
>>283
ところでなぜ物質なら”壊してよい”という発想になったか答えてくれないか

まあ、先に君の質問に答えてあげよう
尊重は私の意識から来ている。
>>物質の化学反応には「尊重」という現象が科学的に立証されてるの?
この質問は意味が分からないな。”尊重”は減少じゃないし科学関係ないし
立証されるものでもない。
何をわけのわからないことを言っているんだ

それはともかく私の質問に答えてくれ
なぜ物質なら”壊してよい”という発想になったかだ

291 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:33:25.83 ID:t/X0NRmw0.net
>>281
自分のままってなんのこと?
時間とは何かから考えてみ?

死者に時間はある?

この一瞬と次の一瞬の間に
君は死んで生まれ変わった
として君は自分のままか?

君を構成する物質はすでに
最初の君とは入れ替わって
いるということわかってる?

292 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:36:17.50 ID:EZXDRvf/0.net
>>288
それは人の意識を潰すことに躊躇しているというだけで
物質なら”壊してよい”というわけではないな

なぜ物質なら”壊してよい”のだ?そこを答えてくれ

293 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:36:53.05 ID:RFt1WfFq0.net
>>289
いやいや深く読めば読むほどそういうことになるんだよ
ニーチェは盛んに反ユダヤ主義を攻撃し、ユダヤを防衛する
なぜ突然そういうことをするのか
それは彼が攻撃したからだよ
ニーチェは自分が言ったことを「正確に」理解してほしかったんだよ

294 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:38:50.61 ID:cQ9bgx8i0.net
自然科学って、神と対話してるようなものだからな

295 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:39:01.70 ID:AWxW8CSg0.net
神も信じない、霊も信じない、墓石を蹴り倒す世代になってきてるのは事実
目に見えるものしか信じない

296 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:40:35.46 ID:vl4jSn9GO.net
>>291
Aさんが死んだら体をつくってたものがそれぞれ土や空気とかに返るでしょ?

そうするとAさんが自分と感じられるものがなくなるんじゃないの?

バラバラになったもうが地球に返ることがあの世っていうならそれはあるんだろうけど

297 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:40:47.82 ID:EZiildT20.net
>>290
何度も答えてるじゃない?
「俺が物質ならば潰していい」から「潰していい」とかいたのではなく、
大方の人間がそういう行動をとるからそれを例にしたって。

で、じゃあ君は科学的でもなんでもないのに石を尊重してるんだね。
それって宗教みたいだね。尊重する根拠も君にはないはずなのに、まるで人々が神を尊重するように
石を尊重するんだ?

298 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:42:47.17 ID:RFt1WfFq0.net
ある意味でニーチェほど分かりやすい思想家はいない
それは彼がつねに一貫しているから
だから彼の正体をつかんだ者は、人によっては離れていくかもしれない

299 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:43:33.39 ID:EZXDRvf/0.net
>>297
なるほどつまり君は周りの行動を観察して
物質ならば壊しても良いと学習したんだね
よくわかったよ

さてでは一つ質問をする。
なぜ神は居るという発想になったんだい?

300 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:43:58.38 ID:irpslcEX0.net
信仰するものじゃなくて共存する存在

301 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:44:07.05 ID:rKmGIAuF0.net
人間みたいな猿と大差ないゴミが超常的な存在についてキィキィ議論する意味あんの

302 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:44:42.24 ID:EZiildT20.net
>>299
お互いに答えっこしてるんだから、次は君が答えてよ

303 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:44:52.79 ID:ooHphfl10.net
>>285
その頃から陰謀があったのか
なんか興味持ったわ

304 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:45:28.93 ID:EZXDRvf/0.net
>>302
私の方が何度も先に答えているよね
まだ君の番だよ

なぜ神は居るという発想になったんだい?

305 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:46:12.17 ID:hIffFL6u0.net
>>286
ただ脳が感じてるだけと思うならそれまでの装置ではあるな
それでも君が死んだあと土に還って木が生えたりするし生まれる前も死んだあともゼロにはならない
君が関わった人の中にも君に言われて行動を変えただろうしそれが君が関わった証拠だと云うのなら
四次元的なバタフライエフェクトの一つや二つ起こしてるのかもしれない
意識がただ脳が感じてるだけとするには容量が謎過ぎる気もするがね

306 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:52:58.55 ID:9WxbdgWa0.net
>>1
優れた科学者を調べれば、神を信じていると答える人が多いのは当たり前
ほとんどが日本人以外なんだから
アホな調査すんな

307 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:54:05.53 ID:ooHphfl10.net
>>305
アホすぎない?

とりあえず俺は死んだ後まで自己顕示欲なんかもってたくないし
なるべくなら人類に貢献できたらいいけど凡人なので永続的な何かを残すこともないけど
身近な人間の人生をお互いに少々彩って生きてる間にありがたく天才の発展させた文明を満喫するわ

308 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:54:40.63 ID:EZiildT20.net
>>304
俺が神という名前で例えているのは科学で解明できている領域の向こう側の総称で、
それを単に「未知」というのでは表現しきれない、まだ知らないけれども何かがある、
と強く感じるからだよ。
それを表現する言葉として、歴史的に「神」という言葉がそのイメージを一番喚起するから、
それ以外によりよい言葉がそう簡単にみつからないからその言葉を使ってるんだよ。

シニフィアンとシニフィエの問題。

309 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:54:55.34 ID:NYL3ROiJ0.net
>>295
>神も信じない、霊も信じない、墓石を蹴り倒す世代になってきてるのは事実

日本はG7先進国の中で自殺率はトップ。しかも若者の自殺率においては世界で堂々の
1位。神が直接下した神罰ではないと思うけれども、人間の心は、信仰心を持たない
と折れやすくなる、壊れやすくできあがっているんじゃないかな。

310 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:56:00.51 ID:RFt1WfFq0.net
>>303
ニーチェの『道徳の系譜』という本を読むといいよ
まあ、あの本ほど誤読されている本もないと思うけどw

311 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:56:36.90 ID:HCJhclwN0.net
そう言っとけばうるせーこと言われねえからw

312 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:56:50.23 ID:EZiildT20.net
>>307
せっかくなら生きている間も自己顕示欲を捨ててみたら?

あ、君に絡んでるのは君が思ってるのとは違って、君が好きだからだよw

313 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:59:06.24 ID:EZXDRvf/0.net
>>308
>>それを単に「未知」というのでは表現しきれない、
>>まだ知らないけれども何かがあると強く感じるからだよ。

それが存在する必要も証拠も無いのに勝手に君が導入したんだよね
それを妄想っていうんじゃないかな

314 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:59:35.75 ID:ooHphfl10.net
>>309
亡くなった人の人生に対してやっているのと同じだからそんなことはないと思うけど
なにしろ先祖代々の墓でも寺でも天災で破壊され流されてしまっては
ほんと地球の表面のチリみたいな人間が宇宙代表みたいなツラして
神がこの世を云々だのほざいて他の生命を欲望のままに頃して食ってるかと思うとほんと
俺の1レス目に戻るんだわ

315 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:00:31.83 ID:EZiildT20.net
>>313
きみの「尊重」という感情も科学に立脚しない、妄想だよね?

316 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:01:24.88 ID:LnkLbV/p0.net
神は偉大なり

317 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:02:22.57 ID:vl4jSn9GO.net
>>305
小さなSDカードとかにもびっくりするぐらいデータが入るんだから
こんな大きな脳味噌ならすごい容量だよきっと
全然使いこなせてないけど…

318 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:02:54.80 ID:EZXDRvf/0.net
>>315
いやそれは私の意思が生み出した感情
われ思うゆえにわれあり、よって意思は妄想ではない

319 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:04:56.20 ID:EZiildT20.net
>>314
でも何もかもきれいな状態からスタートできるわけではないからな
ノンストップで自分が他を食べながら出ないと、よりよいあり方を考える時間すら与えられないし

320 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:06:28.16 ID:hIffFL6u0.net
>>317
大脳は新しい脳、人間はその部分が肥大してるだけであって
大脳の小さい動物に意識がないかといったらそうでもないような気もする
これ以上は牛さんが食えなくなるから止めておこう

321 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:07:55.40 ID:FJerpCJl0.net
>>266
死者は認識も思考もできず
生者は可能である

という想定は科学の範疇ではないな

322 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:09:31.84 ID:eW2uDovj0.net
このスレ見て改めて思った

神を信じる者は愚か者である


詐欺とかに遭う人多そう

323 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:09:49.78 ID:EZiildT20.net
>>318
お前はずいぶん非科学的な存在だなw
非科学的な存在が科学を語る、これぞパラドックス

ちなみにコギトエルゴスム(われ思うゆえにわれあり)は科学法則でも定理でも公理でもないからなw

324 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:12:15.27 ID:EgEodSyz0.net
意識を作り出す脳の複雑なシステムとか、人智の及ばない大災害とか。
いろんな意味で神さんってすげえなと謙虚な気持ちになるわ

325 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:13:19.32 ID:vl4jSn9GO.net
>>320
網戸の隙間からも入ってくるような小さな虫だって自分で食べ物や交尾する相手を探したり
敵から逃げたりしてるんだからすごいよね

あんなのつくろうったって無理だよきっと

ああいう虫も脳があるんだよね?

死んだらあの世に行くのかな

それはないような気がする

326 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:14:31.56 ID:EZiildT20.net
>>324
そういう謙虚な気持ちを引き起こしてくれるだけでも「神様はいます」と強引に言い切ってしまう
社会科学的意味はまだまだあると思うわ

327 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:14:35.11 ID:EZXDRvf/0.net
>>323
自身の存在の証明に対する回答だな

で?それが何で非科学的になるんだ?

328 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:15:20.05 ID:RFt1WfFq0.net
デカルトは神を信じているユダヤの傀儡

329 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:21:43.90 ID:hIffFL6u0.net
>>325
宗教は科学で証明できてないまだ未知な物を今ある言葉で分かりやすく表現した物と仮定する
仏教でもキリスト教でも天国がある
たまに死にかけた人も三途の川とかお花畑とかそう表現してるし(何故か地獄に行きかけた人はいないが)
詳細は多分嘘だろうけど感覚的にだいたいあんな感じなんだろ

330 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:22:10.47 ID:EZiildT20.net
>>327
科学科学といいながら、そういった人の行動や実際の生活のほとんどが科学と全然関係のない基盤に立脚して行われてるからだよ
科学的にそうである理由もないのに「尊重」したりなw
それをする自分を認めるなら、神という概念で自分の行動を形作る人たちのことも単に否定する気にはなれないだろ
立脚しているところが生まれや文化でたまたまちがっただけでやっていることは本質的に同じ
山に登るスタート地点と使う言葉が違うだけ

331 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:22:19.89 ID:xH8kXUwZ0.net
まあいるんだろうけど信用はしません

332 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:23:26.17 ID:ooHphfl10.net
>>329
いいかげん未知と人間の妄想を分離しないとな
まとめて神にするからおかしくなる

死後の世界?人間の執着から生まれた妄想でしかない

333 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:24:50.25 ID:hIffFL6u0.net
>>332
この世に完全な無が存在しない限り完全な無を主張する方が妄想なんだな

334 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:27:35.59 ID:EZiildT20.net
>>332
妄想ってなんだろうな
妄想に知覚が与えられたら、人間の意識がどう変化していくんだろうな
妄想に知覚を与えるのに、脳の中だけで完結できる人もいるし、舞台やスクリーンといった装置を使えばできる人もいるし、
いまでは電子的な装置で訓練なしにできるようになりつつもあるしな

335 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:27:46.22 ID:0QviXDEZ0.net
アインシュタインは人格神信じてないし
存命中は不信心で糾弾されてたくらいなのに
国連はずさんな調査してる暇あったら仕事しろ

336 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:31:32.90 ID:EZXDRvf/0.net
>>330
私は意思や感情に基づいて行動するが、意思や感情に基づいた理論は展開しない
感情を取り入れた思考はしても、感情を取り入れた証明はしない
これは科学的思考から外れたものではないと思うが

また君が神を信仰していることは否定しないが、神の存在そのものは否定する
君が君の内側で神を信仰することは否定しないが君の外側まで布教しようとするなら
科学的論拠によって否定する

簡単に言えば、私は神様の存在は否定したうえで
お前は教会の中だけでやってろ外に出てくんなってこと

337 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:31:43.41 ID:RFt1WfFq0.net
このスレ読んでると絶望してくるね
だれかが科学だとかキリスト教だとかをケチョンケチョンに貶してゴミ箱に投げ込んで足で踏みつぶしてやらんといかんね
科学と宗教を対立させる、それこそユダヤの陰謀だろうと

338 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:31:49.70 ID:wMER5lh00.net
神を信じないといおうものならテロリスト扱いされるという社会的圧力が有るってだけだろ

339 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:35:29.37 ID:EZiildT20.net
>>336
>お前は教会の中だけでやってろ外に出てくんなってこと

あーん?
うちの家は真言宗なのでw
法事もお坊さんがお経を読んでくれるよw

340 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:36:42.68 ID:ooHphfl10.net
>>338
これ
日曜に教会に行かなきゃならない圧力とか恐怖やんけ
信仰の自由なんかありゃしない

341 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:38:12.66 ID:vl4jSn9GO.net
>>329
宗教は人をコントロールするために生まれたんじゃないかと自分は思うようになった

死にかけた人の話に出てくる世界は人間が死にかけたら見る夢なんじゃないかなとか思う

完全に死んだ人に聞いた話じゃないから

342 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:39:01.40 ID:EZiildT20.net
>>340
日本の法事や慶弔ごとだって一緒やんけ

343 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:39:21.38 ID:EZXDRvf/0.net
>>339
神様神様言いながら真言宗かよ
仏教徒のくせに非仏教的存在信じてるんじゃねえよ
解脱できねえぞ

344 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:41:14.72 ID:hIffFL6u0.net
>>341
コントロール、宗教はそれもあるな
どこからがコントロールでどこからが真理を表現したものか
科学の発展を待つ間妄想で埋めてみるのが人生のひつまぶし

345 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:41:45.90 ID:lHSypyV70.net
>>22
アホ過ぎて見て損した。
何の科学的根拠も示さず、猿から神が進化したとか言われてもwwww

346 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:42:36.17 ID:RFt1WfFq0.net
ニーチェに比べたら他の哲学者は価値がない
ニーチェだけは読むべき

347 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:43:21.25 ID:2acmbl5y0.net
あなたは〜神を〜信じマスカ〜
フレーズは知ってるけど誰が言ったかは知らない

348 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:43:44.43 ID:YP8SWNsA0.net
>>13
うむ

349 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:43:49.62 ID:EZiildT20.net
>>343
神父や牧師なんて知り合いにすらおらんわ
聖書も図書館にあるのを眺めたことしかない、いや、眺めたことがあったかどうか

でも神様はいるから

350 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:44:21.40 ID:vl4jSn9GO.net
>>344
暇つぶしとか時間つぶしって言葉はあまり好きじゃないよ
自分の命のかけらをつぶしてるみたいだから…

351 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:45:37.00 ID:ygLRYUny0.net
>>344
ひつまぶしきたこれ
そもそも人は真理を真理だと認識できないからな
それが真理であることをどうやっても証明できない
ゆえに人が真理にたどり着くことは永遠にないだろう

352 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:49:13.95 ID:vl4jSn9GO.net
かわいい

http://nekomononet.up.seesaa.net/book/b_110921_noir02.jpg

353 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:51:22.50 ID:2teRXJiL0.net
こういう人たちが神とよんでる神は常人が考えてる神さまとはまったく別物だよ

354 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:52:25.83 ID:EZiildT20.net
人類が真理に辿り着いたとして、天変地異や核戦争でも起こればあっさり消えてしまうような紙の上の真理って、
宇宙から見たらいったいどういう存在なんだろう?

大宇宙の出来事が、しがない銀河のちっぽけな太陽系の塵みたいな惑星である地球に短期間生存した種族の残した
ケイ素の中に大宇宙の構造が記されているなんて…

それこそファンタジーだわ
もしかしたらそこいらの犬っころの細胞の中をさぐったら、そこにも大宇宙の構造が密かに残されていたりしないのだろうか

355 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:52:32.08 ID:q5den2BD0.net
絶対正しいことがないとする
正しいとき絶対正しいことがないという
絶対正しいことがあるから間違い
よって絶対正しいことはある
ただし不完全性定理で絶対はない
のでさあ意味がわかるかな

356 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:55:45.24 ID:KCR5RNaG0.net
>>346
ニーチェなんて女にストーキングしていた変態でしょ
それにヨーロッパでは哲学では相手にされていない。日本でもてはやされてるだけ
単なる主観で物事考える夢想家

357 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:57:06.46 ID:EZiildT20.net
神=Google

358 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:58:08.16 ID:RFt1WfFq0.net
>>353
鋭い指摘だなあ
神にはいろんな種類がある
どの神を信仰しているかでその人間のことがだいたいわかる
ニーチェはディオニュソス神に仕えていた
ニーチェが「神は死んだ」といった意味がこれでもっと明らかになる
ユダヤ人たちはユダヤの神を信じている
キリスト教徒もイスラム教徒もそうだ

359 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:58:45.42 ID:lpGi5I0u0.net
ホーキングは?

360 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:59:09.27 ID:ygLRYUny0.net
>>353
アインシュタインは自然法則なんかを神と呼んでいそうだが
マックスプランクは意識や心という言葉を使っているので(訳が正しければ)
万物を司る神のような存在を信じていそうではあるが

361 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:59:22.78 ID:bTv4bIBP0.net
>>48
逆だってば。
アブラム、セム・ハム・ヤペテが八百万の神様の一柱でしかない。

362 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:00:51.86 ID:RFt1WfFq0.net
>>356
君は教養がないねえ、論外

363 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:03:31.11 ID:2acmbl5y0.net
>>360
自然法則が美しい数式で表せた時は神の存在を信じるみたいな感じか

364 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:05:21.91 ID:EZiildT20.net
でさ、でさ、>>354って人類が宇宙の構造を小さな小さなシリコンチップに焼き付けていってるんだから、
これってなんか無茶苦茶高性能なレンズみたいなものじゃね?

じゃあ、カメラや望遠鏡のレンズの中にも、そういう人類みたいな何かが一生懸命頑張っていたりして
レンズの中の人がんばれ!超がんばれ!って気持ちになるよね

365 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:06:35.56 ID:KCR5RNaG0.net
>>362
哲学ってのはこの世界の自然現象などの事実を根拠にしてそこから論理によって演繹して第一の原理、原因である神を証明する学問
ニーチェなんて根拠なしに神は死んだだの自分の感情、主観で物事語ってるだけ
それこそ単なるそこら辺にいる小説家と同じ

366 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:07:13.31 ID:RFt1WfFq0.net
>>356
そもそも主観客観などデカルト・カントで終わった話だろ
科学が客観的だとかバカもいいところだ
少しは内容のある話をしているのにこういうバカがしゃしゃりでる
ヨーロッパでは日本より哲学は尊重されているだろ
哲学とはヨーロッパのものだ

367 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:08:03.51 ID:hIffFL6u0.net
>>350
じゃあ浪漫に変える

368 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:08:43.95 ID:C53W62vt0.net
戦前の人ならしょうがないんじゃない?
今ほど宇宙知られてなかったんだし

369 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:09:24.61 ID:RFt1WfFq0.net
>>365
だからその哲学が主観だとニーチェは言ってるわけじゃんw
主観に別の主観をぶつけて何が問題なの?

370 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:10:00.87 ID:az8fBlnF0.net
ニーチェは梅毒の進行性脳症に侵されてたからな。

371 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:10:53.93 ID:EZiildT20.net
>>364
よし、俺はこれを大宇宙のレンズ効果と名付けよう

自然の中でたまたま発生した構造が大宇宙をすっかり写し取り、ちいさなものにその情報をすっかり刻み込む現象
人類は、たまたま発生したレンズの一つの形態にすぎない

探せばもっといたるところに、より性能の良いレンズと、それによって焼き付けられたフィルムがあるはず

総レス数 1000
326 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★