2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【国際】科学者の9割が「神を信じている」…国連調査 アインシュタイン、マックス・プランクなど著名科学者はなぜ神を信じるのか★6

207 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:12:06.74 ID:9ZP5pUpSO.net
科学者の場合はスピノザの神っぽい方向だよね、

208 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:17:48.00 ID:YKqgjLC50.net
>>207
お前スピノザスピノザってうるさいよw
スピノザを黙って信じておけよ。

209 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:18:54.55 ID:NYL3ROiJ0.net
>>203 続き
それで旧約聖書時代も神とはこんなものである、あんなものであると人間は
右往左往して混沌としていたわけだ。そんななかイエズス様が人間の肉体に宿って
人間の頭や心の限界の立場から、神をこのように捉えなさいと教えられたわけだ。
宇宙を創ったような神が人格神?そりゃあもっともっと偉大だろうよ。
しかし、人間が神を考えるときには、人間の限界でしか捉えることができないのだから
しょうがない。未だにイエズス様を越えて神を垣間見せてくれる者は出てきて
いないということ。人間にとっての生きた神ね。

210 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:19:52.01 ID:EZiildT20.net
>>201
じゃあ人間という形での意識や知性や思考が宇宙の中で地球に発生して、
それが人工知能や遺伝子操作などで新しい生命を生み出そうとしている、
「生命が別の生命を生み出そう」という行為は、これはあくまで特異的で
他には起こりえない事なのか?

宇宙の、自然の法則の中に、それが普遍的に起こりえる性質として組み込まれているから
そういうことが起こってるんじゃないの?

そうだとするならフラクタル構造のように、生命にも無限に上位階層と下位階層があっても
それほど不思議ということも絶対にありえないということもないだろ

上から下は完全にみえるけれども、下から上は一部しか見えない

それとも人間だけが特別?地球という星の人間の意識にだけに万物の法則による祝福があって奇跡が起こった?
人間にだけそんな奇跡が起こったのなら、そっちの方が「神」だわ

211 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:22:41.87 ID:ooHphfl10.net
>>1
> 8〜9割の科学者たちが神を信じていることが分かりました

> 物事を理解できるということを超越した力への畏敬の念こそが私の宗教だ。この意味において、私は実に宗教信仰があるのだ

やっぱり一神教の意味ではないね
国連としてはキリスト教にしたいんだろうけど
中東に居座る根拠にして人をあやめているんだからね

212 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:22:42.82 ID:NcY0ZIzC0.net
俺も身近で色んなことを見聞きしてるからそういう世界があるってことは信じるも信じないももう認めざるを得ない

神はいると思えばいる いないと思えばいない てのはある意味で真理だと思う
脳も電気信号で動いてるんだから極度に集中した思考や祈りは形として現れることは可能性として十分に考えられる
だからいないと思う人には見えないのは当然だし無神論者でも生きてはいけるものの、
氏んだあとに行く場所が本人にも分かってないんだから、浮遊霊として極楽にも地獄にも行けずに、
永遠に浮遊霊として彷徨い続けるんじゃないかって気もする

たとえば神仏を信じない人ってのは、天動説を信じるようなもので、
実際に自分が地球が太陽の周りを回ってるところを見たことが無いから地動説なんであり得ないと思うんだろうけど、
信じようが信じまいが宇宙はその人達が考えるよりずっと広大で深淵で複雑な世界だったりする
神仏の世界もそれとまったく同じなんだろうね
科学を突き詰めていくとそういう未知の部分に触れるわけで、神や仏の存在を信じるようになるのは自然の流れとも言える

213 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:23:12.49 ID:9ZP5pUpSO.net
>>181
確かにしがらみはあるが、内心はというと、
曖昧で自覚の薄い信仰心はあっても、従属的な契約状態に無いってところが無宗教と言えるかもね。
特に一神教の人には理解の枠外だろうし、

214 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:24:38.31 ID:EZXDRvf/0.net
>>210
>>そうだとするならフラクタル構造のように、生命にも無限に上位階層と下位階層があっても
>>それほど不思議ということも絶対にありえないということもないだろ
>>上から下は完全にみえるけれども、下から上は一部しか見えない

このあたりが妄想
そんなもの持ち出さなくても説明ができるのに勝手に導入すんなよ

215 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:30:20.30 ID:9ZP5pUpSO.net
>>198
擬人化して無理やり人間のキャパにおさめるような愚は犯さずに、彼らはそのほんの一部を式で表すのよ。
数学は神と対話する言語だっていうやつね。

216 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:30:52.97 ID:EZiildT20.net
>>214
じゃあ人間の「意識」について説明してよ。
人間の脳がただの化学反応でしかないのに、痛いだとか苦しいだとか消えてしまいたいだとか、
物質以上の感じ方をしてしまう理由とその本質を。
単なる物質の化学反応なのだからそんなものどうだっていいはずなのに、痛みや苦しみでどうにもできない理由を。

217 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:32:20.84 ID:ooHphfl10.net
>>212
> たとえば神仏を信じない人ってのは、天動説を信じるようなもので

逆っしょ
よくもまあ他の生命を食らってのうのうと生きられるものだ

> 脳も電気信号で動いてるんだから極度に集中した思考や祈りは形として現れることは可能性として十分に考えられる

形には現れないです〜w
人間が形にしてあらわ(表)しているだけです〜w

218 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:32:44.80 ID:NcY0ZIzC0.net
あれ、また日本語がおかしくなった・・・申し訳ないorz

219 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:32:50.92 ID:9ZP5pUpSO.net
>>208
誰と勘違いしてるのか知らんが、それは俺の1レスめだw

220 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:35:11.20 ID:wJdcMME80.net
普通に考えて欧米人はみんななにがしかの信仰があるのが普通じゃんか。
無神論者とか日本人くらいじゃねえのか?

221 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:35:39.45 ID:hIffFL6u0.net
鏡を見てみな
神は一番上にいるだろ
え…禿て…?

222 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:36:31.94 ID:FJerpCJl0.net
そもそも近代科学は神学の産物だし当然
世界に「摂理」が存在するって信念は信仰があって初めて共有できる

223 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:37:32.74 ID:8EgTicVY0.net
創造神ドムンペルグ様!
ドームンベルグ!
ドームンベルグ!

224 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:38:36.63 ID:ooHphfl10.net
>>220
信仰は誰でもあるんじゃね?
でも国連が欲しいのはイスラエルが存在していい根拠だろ
つまり一神教の神や聖書だろ

225 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:40:50.09 ID:EZXDRvf/0.net
>>216
>>物質以上の感じ方をしてしまう理由とその本質を。
君の思い込み、妄想
君が勝手にそれを物質以上だと感じているだけ

226 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:41:19.60 ID:HHT9dCBf0.net
説明できない事なんてゴマンとあるからな
そういう部分は神様ってことにしておかないと自身の自我が保てない

227 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:42:52.66 ID:FJerpCJl0.net
>>220
無神論ってのは西洋哲学の思想系統だぞ
東洋思想はそもそも世界の中心に神を据えないから
無神論自体が意味をなさない

228 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:42:55.15 ID:eQXW86nT0.net
神はいる
いなかったら
突然の腹痛で便所が見当たらないとき
誰に祈ればいいというのだ

229 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:43:19.15 ID:ooHphfl10.net
>>226
だからそれと聖書は切り離してくれないと

科学者が「俺なりの信仰がある」と言ったら聖書を信じる=聖地は誰それの物〜
って持っていこうとしているのが気に入らない

230 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:45:23.66 ID:EZiildT20.net
>>225
じゃあ物質以上でもなんでもなく、壊してもなにをしてもかまわないもの?

231 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:47:25.95 ID:t/X0NRmw0.net
違うんだよ。
あの世が存在することよりも
この世が存在することの方が
不思議であることを知ってる
人間が科学者だからだ。

物質世界の存在が精神世界の
存在より遥かに不思議である
ということが理解できる知能
がなければ科学には向かない。

232 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:47:39.28 ID:ooHphfl10.net
>>228
それ必ず言うけど漫画で半ば神をバカにする形でそういうシーンは良く見るが
本当に神に祈るか?改めて思い返してみたが俺の場合は自分の腹が下ったら

「血よめぐれ、水分を分散してうんこを干からびさせよ」
「俺が息を止めたら全身の血は腸の屁を吸収せよ」とかかなり現実的な命令をするぞ
そして「肛門頑張れ」と、刺激を避けできる限り〆る

本当に神に祈るか?これっぽっちも効果ないわ

233 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:47:52.78 ID:EZXDRvf/0.net
>>230
なんでそこで”壊していい”に結び付くわけ?

神様が介在するものは壊してはいけない
神様が介在しないものは壊してよい
とでも教えられてるの?

234 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:48:31.08 ID:FJerpCJl0.net
>>225
意識が妄想なのか
意識を妄想だと思う事が妄想なのか
その答えをいかにして「観察」するのか

235 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:50:32.02 ID:8EgTicVY0.net
神を信じている奴と、魔王を崇拝している奴ってどう違うんだろう。
魔王の力を借りればドラグ・スレイブが使えるよ。

236 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:50:39.73 ID:EZiildT20.net
>>229
でも、それを気に入らないからと言って、引用されている科学者たちの言葉にいちゃもんをつけるのは矛先が違うだろ
科学者たちの言葉とは切り離して国連を責めるべき

237 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:53:32.80 ID:G9zav5he0.net
>現在から過去に遡って300年の間、世界における素晴らしい科学者300人を対象に、神を信じる人が
>何人いるのかについて調査しました。すると、8〜9割の科学者たちが神を信じていることが分かりまし
>た。


「素晴らしい科学者」の定義が不明だけど
過去300年ならそんなもんだろうね
20世紀前半以前に神を信じないなんて広言したら偉いことになったし

238 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:54:34.71 ID:EZiildT20.net
>>233
それは、多分君が「意識なんて単に物質の化学反応」とうそぶきつつ、
そのくせ簡単に壊せない「畏怖」に縛られてるだろうと思うからだよ。

その「畏怖」はどこからくるの?

239 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:56:28.24 ID:EZXDRvf/0.net
>>238
私が聞いているのは”なぜ壊していい”に結び付くのか?だ

240 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:58:12.37 ID:ooHphfl10.net
>>233
>>148とか>>158とかおかしいよな

これだから信者は嫌だよ
生命より神が大事であの世があるといいなと思って妄想しているのかな
死んだら驚くことすらないと思うけど

241 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:58:16.54 ID:t/X0NRmw0.net
>>234
ポイントは認識出来ないものは存在しないと
言えるかどうかという命題なんだよね。
生者はこの世を認識してるがあの世は認識を
出来ない。
では、死者はこの世を認識できるのかという
話なんだよね。
認識出来なければ存在しないならばこの世は
死者にとって存在しないことになるw
でも、生者はこの世を認識してるわけだ。

認識というのは時間の経過とともに思考して
初めて生じる概念なので、一瞬一瞬では誰も
世界を認識してないことになる。
では、一瞬一瞬の世界は存在してないことに
なるのかという命題。

242 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:58:36.03 ID:vl4jSn9GO.net
神などいやしない
あの世なんてありはしない

243 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 06:59:22.72 ID:t/X0NRmw0.net
>>237
それは君の勘違い。
神と言っても彼らが言ってるのはキリスト
とか仏とかそんな次元の話じゃない。

244 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:00:08.65 ID:ooHphfl10.net
>>236
そうしてるんだが
科学者にもその言葉にもいちゃもんつけてないだろ
あんた本当にアスペじゃないか?

245 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:00:46.14 ID:EZiildT20.net
>>239
目の前に石があって、それを割ることに躊躇することはないだろ?
人間の意識もそれと同じようにぐしゃぐしゃに潰してしまうことに抵抗はある?抵抗がない?
潰してしまう人に対して抵抗がある?抵抗がない?

「意識」に対して君が「畏怖」を持っているか持っていないか、それが知りたいんだよ

246 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:01:07.33 ID:8l/t2AaL0.net
仏教に傾倒している哲学者とか科学者ってわりといるよね

247 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:01:09.60 ID:G9zav5he0.net
>>243
なんでそんなこと分かるの?
19世紀にキリスト教でないと公言した西洋の科学者がいた?

248 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:01:44.92 ID:8l/t2AaL0.net
でも仏教って神いないし

249 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:02:16.78 ID:ooHphfl10.net
>>241
> 死者にとって存在しないことになるw
はいパラドックス
死者に何かを認識できる意識はない

死者と生者は対等ではない
死者は物体だ

250 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:02:32.61 ID:ODpJVW840.net
iPSの山中教授を見て髪など無いと思ったぜ

251 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:03:09.86 ID:t/X0NRmw0.net
>>242
知能が低い人間はそう思う。
何故なら自分の自我を離れた思考が
出来ないから自分が見れないものは
存在してないと考えるからだ。

しかし、科学者たちは見えないもの
が存在してないとは考えない。

昔は細菌の存在は誰も知らなかった。
しかし、細菌は昔から存在していた。
そして、細菌を発見してもその存在
を頑なに信じなかった者は霊の存在
のような見えないものの存在を全然
信じてない無神論者だったわけだw

252 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:03:39.09 ID:8l/t2AaL0.net
髪は死んだな

253 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:06:04.21 ID:t/X0NRmw0.net
>>249
だから、お前はバカなんだよ。
死者にあの世が認識できるか
どうかなど誰も知らない。
生者は生者のことしか理解を
出来ない。

これがわからないものは科学
は向かないから諦めろ。

254 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:06:25.17 ID:EZXDRvf/0.net
>>245
私が聞きたいのはなぜ”物質だったら壊してよい”という発想に至ったかだ
まずそれを答えてくれないか

まあついでに先に君の質問に答えておこうか
私は目の前に石があって、それを割ることに躊躇する。
私は目の前の意識に対してそれを阻害することを躊躇する。
なぜならそれを尊重しようとし、自らも尊重されたいと思うからだ
それは”畏怖”からくるものではない
これでよいかな?

255 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:06:55.33 ID:EZiildT20.net
>>244
あ、そう。それならいいよ。
俺がアスペだとして、それがウザいかどうかは君の脳内の化学反応の都合だから、
科学的に適当に処理しなさい。
単なる物質の化学反応で、ウザいという君の意識や感情に意味はないから。

256 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:07:26.18 ID:vl4jSn9GO.net
>>251
あの世があるの?

257 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:09:59.38 ID:FJerpCJl0.net
>>253
死者と生者という区別は科学の範疇では無いな

258 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:10:40.43 ID:hIffFL6u0.net
>>256
完全な無が存在するのかという仮定から入らないとな
無が存在しないのならあの世がある
無が存在するのならあの世はないことになる

259 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:11:09.87 ID:ooHphfl10.net
>>255
お前ができていないものを人にさせようとするな

260 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:11:45.86 ID:t/X0NRmw0.net
>>256
この世がある限りあの世があっても
おかしくはないということ。
認識出来ないものは存在しないなら
君が生まれる前にこの世はなかった
ということになる。
つまり、君が宇宙の創造主のわけだw

君がいないと宇宙は存在しないなら
確かにあの世は存在しないのだろう。
自分の認識するこの世だけになるね。
しかし、自分が認識してるから宇宙
は存在するという自分を創造主だと
考える発想は科学的と言えるかな?

261 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:13:53.21 ID:EZiildT20.net
>>254
答えると、物質なら壊すことに躊躇ないだろうなと俺が想像したから喩えに使ったんだよ。
別に「壊す」である必要はない。単なる物質と、人間の意識との間で線引きしている「何か」であれば
それでいい。

じゃあ、質問を元に戻すけど、その「尊重」というのは「畏怖」と同じだね。
「尊重しない事」に対する畏怖。その畏怖はどこから来るの?

262 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:13:59.80 ID:ooHphfl10.net
>>258
因果関係がない件

263 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:15:20.04 ID:MrLnEPY40.net
ほとんどがしんじているんだ

http://gojyukyu.zombie.jp/f/q91wjysb

264 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:15:23.43 ID:RFt1WfFq0.net
キリスト教に屈するなよお前ら
キリスト教に屈すればユダヤに屈することになる

265 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:15:48.38 ID:ooHphfl10.net
とりあえずあの世があることは否定できないとか曖昧なこと言ってるやつも
壊す云々言ってる物騒なやつも死ねてない件w
自分で確かめたらええやんけ

266 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:15:54.32 ID:t/X0NRmw0.net
>>257
科学の範疇だよ。
範疇というよりど真ん中だよ。

見えるもの認識してるものが
自分の理解で正しいのか本質
を考えるのが科学なんだから。

宇宙の大きさ光の速さが判明
して初めて見ている星が現在
の星ではなく過去の星である
と人々は正しく認識が出来た。

地球が丸いというのもそうだ。
引力を理解しないと昔の人は
信じられなかっただろう。

267 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:16:49.64 ID:EZXDRvf/0.net
>>261
そうか、私は単なる物質でも壊すことに躊躇する。君は間違っていたな
そして単なる物質と人間の意識との間に明確な線引きはない。君は間違っていたな

さらにその”尊重”と”畏怖”は別物である
私は私を尊重してもらいたいとは思うが、畏怖してもらいたいとは思わない
君は間違っていたな

268 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:18:05.12 ID:RFt1WfFq0.net
ニーチェは本当に偉大だ
ニーチェだけが真実を言った。。。

269 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:18:12.68 ID:hIffFL6u0.net
>>262
ゼロからイチは生まれない
君が存在すると今君が思う限り未来永劫君の思いはゼロには戻らない
つまりあの世はあるんじゃね?
それが宗教の云うあの世かどうかは知らんが

270 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:18:26.15 ID:ooHphfl10.net
>>264
信仰だけなら勝手にやって死の恐怖から目を反らそうが自由だけど
それを侵略戦争の根拠にしたり、供養と言ってばったくりを行うのはどうかと思うね
そういう時代じゃないって思う

丹波哲郎ってあれから何してんの?
驚くこともできなかったんじゃね?生命活動が停止しちゃってさ

271 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:18:35.95 ID:EZiildT20.net
>>259
俺は逆説的にいってるんだよ。
生命や意識が単に化学反応とも思いきれないし、ともすれば神という言葉で、半ば人格を帯びた自然法則で世界を捉えてしまう人間だから。

272 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:20:38.80 ID:EZiildT20.net
>>267
で、君は割り箸を割ったこともないのか?

273 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:20:39.29 ID:EZXDRvf/0.net
>>271
>>生命や意識が単に化学反応とも思いきれないし、ともすれば神という言葉で、
>>半ば人格を帯びた自然法則で世界を捉えてしまう人間だから。
全て君の妄想だな

274 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:23:36.49 ID:EZiildT20.net
>>272
で、そういう妄想を持っている俺が自分の感情からいろいろ君に絡んだりするのは自然であるとして、
そうでない君が自分の感情を完全に脳の化学反応と割り切って処理できないのはおかしいだろう

275 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:23:49.83 ID:EZXDRvf/0.net
>>272
割り箸を割ったことはあるよ。
もちろん割る時には躊躇する、それは必要なのだろうかと
目の前にコーヒーカップがあるがそれを割ろうとは思わない。
その存在を尊重し、破棄するときは躊躇するだろう
庭に石があり苔が生えていても、その存在を尊重し壊そうとは思わない

276 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:24:05.44 ID:vl4jSn9GO.net
>>258
あの世があることと完全な無とどう関係あるのかよくわからないよ

死んでからどうなるというの?

277 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:24:24.54 ID:EZiildT20.net
間違えた
>>273
で、そういう妄想を持っている俺が自分の感情からいろいろ君に絡んだりするのは自然であるとして、
そうでない君が自分の感情を完全に脳の化学反応と割り切って処理できないのはおかしいだろう

278 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:25:07.82 ID:EZXDRvf/0.net
>>274
つまり、俺の妄想を受け入れろと?
知ったことかよ

ところで物質なら”壊してよい”という発想はどこから来たの?
質問に答えてくれないか

279 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:26:21.43 ID:ooHphfl10.net
>>275
アホにあわせてレスすることないぞ
割り箸は割り箸だから割るだけだ
はじめから二本になってりゃ割らないし、そもそも削りだされている
道具として

280 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:26:34.66 ID:NYL3ROiJ0.net
数学者のノイマンですら晩年はカトリックの洗礼を受けたからね。
イエズス様に躓(つまず)いた。

281 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:27:14.60 ID:vl4jSn9GO.net
>>260
体が死んでからの世界があるならどうやって自分のままでいられるの?

282 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:27:31.03 ID:hIffFL6u0.net
>>276
個人的に思うことは
精神がここにある以上生まれる前からこの精神の元はどこかにあり命が消えたあともどこかに残るはず
物質が1とするなら精神は0.0001ぐらいの数値かもしれないが

283 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:28:17.53 ID:EZiildT20.net
じゃあその「尊重」という感情はどこからくるの?
物質の化学反応には「尊重」という現象が科学的に立証されてるの?

意識と石ころが自分にとって同じだと強弁することで、逆に袋小路に向かっていると自分で感じない?

284 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:30:38.50 ID:ooHphfl10.net
>>282
なにがはずだよ
お前の希望でしかないから精神を残したければ書物でも残すんだな

285 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:30:45.74 ID:RFt1WfFq0.net
>>189
ニーチェをわかっていない
「神は死んだ」は「ユダヤに屈するな」という意味だよ

286 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:31:09.95 ID:vl4jSn9GO.net
>>282
精神とか心とかってただ脳が感じてるだけじゃないの?

287 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:32:48.18 ID:hIffFL6u0.net
>>284
そんなことしなくともお前の黒歴史も未来永劫ここに残るよw

288 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:32:50.01 ID:EZiildT20.net
>>278
大方の人の行動を見て、そこらに落ちている木や石を潰すのと、人間の意識を潰すのに
明確な線引きがあると感じるからだよ
キャンプファイヤーでご飯を炊くとき、木切れは平気で燃やすけど、木切れがないからと言って
嫌がる人間をかわりに燃やしたりはしないだろう?

289 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:32:52.05 ID:nKQUZ/8R0.net
>>285
全然違う
バカか

290 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:32:58.99 ID:EZXDRvf/0.net
>>283
ところでなぜ物質なら”壊してよい”という発想になったか答えてくれないか

まあ、先に君の質問に答えてあげよう
尊重は私の意識から来ている。
>>物質の化学反応には「尊重」という現象が科学的に立証されてるの?
この質問は意味が分からないな。”尊重”は減少じゃないし科学関係ないし
立証されるものでもない。
何をわけのわからないことを言っているんだ

それはともかく私の質問に答えてくれ
なぜ物質なら”壊してよい”という発想になったかだ

291 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:33:25.83 ID:t/X0NRmw0.net
>>281
自分のままってなんのこと?
時間とは何かから考えてみ?

死者に時間はある?

この一瞬と次の一瞬の間に
君は死んで生まれ変わった
として君は自分のままか?

君を構成する物質はすでに
最初の君とは入れ替わって
いるということわかってる?

292 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:36:17.50 ID:EZXDRvf/0.net
>>288
それは人の意識を潰すことに躊躇しているというだけで
物質なら”壊してよい”というわけではないな

なぜ物質なら”壊してよい”のだ?そこを答えてくれ

293 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:36:53.05 ID:RFt1WfFq0.net
>>289
いやいや深く読めば読むほどそういうことになるんだよ
ニーチェは盛んに反ユダヤ主義を攻撃し、ユダヤを防衛する
なぜ突然そういうことをするのか
それは彼が攻撃したからだよ
ニーチェは自分が言ったことを「正確に」理解してほしかったんだよ

294 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:38:50.61 ID:cQ9bgx8i0.net
自然科学って、神と対話してるようなものだからな

295 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:39:01.70 ID:AWxW8CSg0.net
神も信じない、霊も信じない、墓石を蹴り倒す世代になってきてるのは事実
目に見えるものしか信じない

296 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:40:35.46 ID:vl4jSn9GO.net
>>291
Aさんが死んだら体をつくってたものがそれぞれ土や空気とかに返るでしょ?

そうするとAさんが自分と感じられるものがなくなるんじゃないの?

バラバラになったもうが地球に返ることがあの世っていうならそれはあるんだろうけど

297 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:40:47.82 ID:EZiildT20.net
>>290
何度も答えてるじゃない?
「俺が物質ならば潰していい」から「潰していい」とかいたのではなく、
大方の人間がそういう行動をとるからそれを例にしたって。

で、じゃあ君は科学的でもなんでもないのに石を尊重してるんだね。
それって宗教みたいだね。尊重する根拠も君にはないはずなのに、まるで人々が神を尊重するように
石を尊重するんだ?

298 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:42:47.17 ID:RFt1WfFq0.net
ある意味でニーチェほど分かりやすい思想家はいない
それは彼がつねに一貫しているから
だから彼の正体をつかんだ者は、人によっては離れていくかもしれない

299 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:43:33.39 ID:EZXDRvf/0.net
>>297
なるほどつまり君は周りの行動を観察して
物質ならば壊しても良いと学習したんだね
よくわかったよ

さてでは一つ質問をする。
なぜ神は居るという発想になったんだい?

300 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:43:58.38 ID:irpslcEX0.net
信仰するものじゃなくて共存する存在

301 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:44:07.05 ID:rKmGIAuF0.net
人間みたいな猿と大差ないゴミが超常的な存在についてキィキィ議論する意味あんの

302 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:44:42.24 ID:EZiildT20.net
>>299
お互いに答えっこしてるんだから、次は君が答えてよ

303 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:44:52.79 ID:ooHphfl10.net
>>285
その頃から陰謀があったのか
なんか興味持ったわ

304 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:45:28.93 ID:EZXDRvf/0.net
>>302
私の方が何度も先に答えているよね
まだ君の番だよ

なぜ神は居るという発想になったんだい?

305 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:46:12.17 ID:hIffFL6u0.net
>>286
ただ脳が感じてるだけと思うならそれまでの装置ではあるな
それでも君が死んだあと土に還って木が生えたりするし生まれる前も死んだあともゼロにはならない
君が関わった人の中にも君に言われて行動を変えただろうしそれが君が関わった証拠だと云うのなら
四次元的なバタフライエフェクトの一つや二つ起こしてるのかもしれない
意識がただ脳が感じてるだけとするには容量が謎過ぎる気もするがね

306 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:52:58.55 ID:9WxbdgWa0.net
>>1
優れた科学者を調べれば、神を信じていると答える人が多いのは当たり前
ほとんどが日本人以外なんだから
アホな調査すんな

307 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:54:05.53 ID:ooHphfl10.net
>>305
アホすぎない?

とりあえず俺は死んだ後まで自己顕示欲なんかもってたくないし
なるべくなら人類に貢献できたらいいけど凡人なので永続的な何かを残すこともないけど
身近な人間の人生をお互いに少々彩って生きてる間にありがたく天才の発展させた文明を満喫するわ

308 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:54:40.63 ID:EZiildT20.net
>>304
俺が神という名前で例えているのは科学で解明できている領域の向こう側の総称で、
それを単に「未知」というのでは表現しきれない、まだ知らないけれども何かがある、
と強く感じるからだよ。
それを表現する言葉として、歴史的に「神」という言葉がそのイメージを一番喚起するから、
それ以外によりよい言葉がそう簡単にみつからないからその言葉を使ってるんだよ。

シニフィアンとシニフィエの問題。

309 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:54:55.34 ID:NYL3ROiJ0.net
>>295
>神も信じない、霊も信じない、墓石を蹴り倒す世代になってきてるのは事実

日本はG7先進国の中で自殺率はトップ。しかも若者の自殺率においては世界で堂々の
1位。神が直接下した神罰ではないと思うけれども、人間の心は、信仰心を持たない
と折れやすくなる、壊れやすくできあがっているんじゃないかな。

310 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:56:00.51 ID:RFt1WfFq0.net
>>303
ニーチェの『道徳の系譜』という本を読むといいよ
まあ、あの本ほど誤読されている本もないと思うけどw

311 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:56:36.90 ID:HCJhclwN0.net
そう言っとけばうるせーこと言われねえからw

312 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:56:50.23 ID:EZiildT20.net
>>307
せっかくなら生きている間も自己顕示欲を捨ててみたら?

あ、君に絡んでるのは君が思ってるのとは違って、君が好きだからだよw

313 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:59:06.24 ID:EZXDRvf/0.net
>>308
>>それを単に「未知」というのでは表現しきれない、
>>まだ知らないけれども何かがあると強く感じるからだよ。

それが存在する必要も証拠も無いのに勝手に君が導入したんだよね
それを妄想っていうんじゃないかな

314 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 07:59:35.75 ID:ooHphfl10.net
>>309
亡くなった人の人生に対してやっているのと同じだからそんなことはないと思うけど
なにしろ先祖代々の墓でも寺でも天災で破壊され流されてしまっては
ほんと地球の表面のチリみたいな人間が宇宙代表みたいなツラして
神がこの世を云々だのほざいて他の生命を欲望のままに頃して食ってるかと思うとほんと
俺の1レス目に戻るんだわ

315 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:00:31.83 ID:EZiildT20.net
>>313
きみの「尊重」という感情も科学に立脚しない、妄想だよね?

316 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:01:24.88 ID:LnkLbV/p0.net
神は偉大なり

317 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:02:22.57 ID:vl4jSn9GO.net
>>305
小さなSDカードとかにもびっくりするぐらいデータが入るんだから
こんな大きな脳味噌ならすごい容量だよきっと
全然使いこなせてないけど…

318 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:02:54.80 ID:EZXDRvf/0.net
>>315
いやそれは私の意思が生み出した感情
われ思うゆえにわれあり、よって意思は妄想ではない

319 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:04:56.20 ID:EZiildT20.net
>>314
でも何もかもきれいな状態からスタートできるわけではないからな
ノンストップで自分が他を食べながら出ないと、よりよいあり方を考える時間すら与えられないし

320 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:06:28.16 ID:hIffFL6u0.net
>>317
大脳は新しい脳、人間はその部分が肥大してるだけであって
大脳の小さい動物に意識がないかといったらそうでもないような気もする
これ以上は牛さんが食えなくなるから止めておこう

321 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:07:55.40 ID:FJerpCJl0.net
>>266
死者は認識も思考もできず
生者は可能である

という想定は科学の範疇ではないな

322 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:09:31.84 ID:eW2uDovj0.net
このスレ見て改めて思った

神を信じる者は愚か者である


詐欺とかに遭う人多そう

323 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:09:49.78 ID:EZiildT20.net
>>318
お前はずいぶん非科学的な存在だなw
非科学的な存在が科学を語る、これぞパラドックス

ちなみにコギトエルゴスム(われ思うゆえにわれあり)は科学法則でも定理でも公理でもないからなw

324 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:12:15.27 ID:EgEodSyz0.net
意識を作り出す脳の複雑なシステムとか、人智の及ばない大災害とか。
いろんな意味で神さんってすげえなと謙虚な気持ちになるわ

325 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:13:19.32 ID:vl4jSn9GO.net
>>320
網戸の隙間からも入ってくるような小さな虫だって自分で食べ物や交尾する相手を探したり
敵から逃げたりしてるんだからすごいよね

あんなのつくろうったって無理だよきっと

ああいう虫も脳があるんだよね?

死んだらあの世に行くのかな

それはないような気がする

326 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:14:31.56 ID:EZiildT20.net
>>324
そういう謙虚な気持ちを引き起こしてくれるだけでも「神様はいます」と強引に言い切ってしまう
社会科学的意味はまだまだあると思うわ

327 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:14:35.11 ID:EZXDRvf/0.net
>>323
自身の存在の証明に対する回答だな

で?それが何で非科学的になるんだ?

328 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:15:20.05 ID:RFt1WfFq0.net
デカルトは神を信じているユダヤの傀儡

329 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:21:43.90 ID:hIffFL6u0.net
>>325
宗教は科学で証明できてないまだ未知な物を今ある言葉で分かりやすく表現した物と仮定する
仏教でもキリスト教でも天国がある
たまに死にかけた人も三途の川とかお花畑とかそう表現してるし(何故か地獄に行きかけた人はいないが)
詳細は多分嘘だろうけど感覚的にだいたいあんな感じなんだろ

330 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:22:10.47 ID:EZiildT20.net
>>327
科学科学といいながら、そういった人の行動や実際の生活のほとんどが科学と全然関係のない基盤に立脚して行われてるからだよ
科学的にそうである理由もないのに「尊重」したりなw
それをする自分を認めるなら、神という概念で自分の行動を形作る人たちのことも単に否定する気にはなれないだろ
立脚しているところが生まれや文化でたまたまちがっただけでやっていることは本質的に同じ
山に登るスタート地点と使う言葉が違うだけ

331 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:22:19.89 ID:xH8kXUwZ0.net
まあいるんだろうけど信用はしません

332 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:23:26.17 ID:ooHphfl10.net
>>329
いいかげん未知と人間の妄想を分離しないとな
まとめて神にするからおかしくなる

死後の世界?人間の執着から生まれた妄想でしかない

333 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:24:50.25 ID:hIffFL6u0.net
>>332
この世に完全な無が存在しない限り完全な無を主張する方が妄想なんだな

334 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:27:35.59 ID:EZiildT20.net
>>332
妄想ってなんだろうな
妄想に知覚が与えられたら、人間の意識がどう変化していくんだろうな
妄想に知覚を与えるのに、脳の中だけで完結できる人もいるし、舞台やスクリーンといった装置を使えばできる人もいるし、
いまでは電子的な装置で訓練なしにできるようになりつつもあるしな

335 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:27:46.22 ID:0QviXDEZ0.net
アインシュタインは人格神信じてないし
存命中は不信心で糾弾されてたくらいなのに
国連はずさんな調査してる暇あったら仕事しろ

336 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:31:32.90 ID:EZXDRvf/0.net
>>330
私は意思や感情に基づいて行動するが、意思や感情に基づいた理論は展開しない
感情を取り入れた思考はしても、感情を取り入れた証明はしない
これは科学的思考から外れたものではないと思うが

また君が神を信仰していることは否定しないが、神の存在そのものは否定する
君が君の内側で神を信仰することは否定しないが君の外側まで布教しようとするなら
科学的論拠によって否定する

簡単に言えば、私は神様の存在は否定したうえで
お前は教会の中だけでやってろ外に出てくんなってこと

337 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:31:43.41 ID:RFt1WfFq0.net
このスレ読んでると絶望してくるね
だれかが科学だとかキリスト教だとかをケチョンケチョンに貶してゴミ箱に投げ込んで足で踏みつぶしてやらんといかんね
科学と宗教を対立させる、それこそユダヤの陰謀だろうと

338 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:31:49.70 ID:wMER5lh00.net
神を信じないといおうものならテロリスト扱いされるという社会的圧力が有るってだけだろ

339 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:35:29.37 ID:EZiildT20.net
>>336
>お前は教会の中だけでやってろ外に出てくんなってこと

あーん?
うちの家は真言宗なのでw
法事もお坊さんがお経を読んでくれるよw

340 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:36:42.68 ID:ooHphfl10.net
>>338
これ
日曜に教会に行かなきゃならない圧力とか恐怖やんけ
信仰の自由なんかありゃしない

341 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:38:12.66 ID:vl4jSn9GO.net
>>329
宗教は人をコントロールするために生まれたんじゃないかと自分は思うようになった

死にかけた人の話に出てくる世界は人間が死にかけたら見る夢なんじゃないかなとか思う

完全に死んだ人に聞いた話じゃないから

342 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:39:01.40 ID:EZiildT20.net
>>340
日本の法事や慶弔ごとだって一緒やんけ

343 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:39:21.38 ID:EZXDRvf/0.net
>>339
神様神様言いながら真言宗かよ
仏教徒のくせに非仏教的存在信じてるんじゃねえよ
解脱できねえぞ

344 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:41:14.72 ID:hIffFL6u0.net
>>341
コントロール、宗教はそれもあるな
どこからがコントロールでどこからが真理を表現したものか
科学の発展を待つ間妄想で埋めてみるのが人生のひつまぶし

345 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:41:45.90 ID:lHSypyV70.net
>>22
アホ過ぎて見て損した。
何の科学的根拠も示さず、猿から神が進化したとか言われてもwwww

346 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:42:36.17 ID:RFt1WfFq0.net
ニーチェに比べたら他の哲学者は価値がない
ニーチェだけは読むべき

347 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:43:21.25 ID:2acmbl5y0.net
あなたは〜神を〜信じマスカ〜
フレーズは知ってるけど誰が言ったかは知らない

348 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:43:44.43 ID:YP8SWNsA0.net
>>13
うむ

349 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:43:49.62 ID:EZiildT20.net
>>343
神父や牧師なんて知り合いにすらおらんわ
聖書も図書館にあるのを眺めたことしかない、いや、眺めたことがあったかどうか

でも神様はいるから

350 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:44:21.40 ID:vl4jSn9GO.net
>>344
暇つぶしとか時間つぶしって言葉はあまり好きじゃないよ
自分の命のかけらをつぶしてるみたいだから…

351 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:45:37.00 ID:ygLRYUny0.net
>>344
ひつまぶしきたこれ
そもそも人は真理を真理だと認識できないからな
それが真理であることをどうやっても証明できない
ゆえに人が真理にたどり着くことは永遠にないだろう

352 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:49:13.95 ID:vl4jSn9GO.net
かわいい

http://nekomononet.up.seesaa.net/book/b_110921_noir02.jpg

353 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:51:22.50 ID:2teRXJiL0.net
こういう人たちが神とよんでる神は常人が考えてる神さまとはまったく別物だよ

354 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:52:25.83 ID:EZiildT20.net
人類が真理に辿り着いたとして、天変地異や核戦争でも起こればあっさり消えてしまうような紙の上の真理って、
宇宙から見たらいったいどういう存在なんだろう?

大宇宙の出来事が、しがない銀河のちっぽけな太陽系の塵みたいな惑星である地球に短期間生存した種族の残した
ケイ素の中に大宇宙の構造が記されているなんて…

それこそファンタジーだわ
もしかしたらそこいらの犬っころの細胞の中をさぐったら、そこにも大宇宙の構造が密かに残されていたりしないのだろうか

355 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:52:32.08 ID:q5den2BD0.net
絶対正しいことがないとする
正しいとき絶対正しいことがないという
絶対正しいことがあるから間違い
よって絶対正しいことはある
ただし不完全性定理で絶対はない
のでさあ意味がわかるかな

356 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:55:45.24 ID:KCR5RNaG0.net
>>346
ニーチェなんて女にストーキングしていた変態でしょ
それにヨーロッパでは哲学では相手にされていない。日本でもてはやされてるだけ
単なる主観で物事考える夢想家

357 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:57:06.46 ID:EZiildT20.net
神=Google

358 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:58:08.16 ID:RFt1WfFq0.net
>>353
鋭い指摘だなあ
神にはいろんな種類がある
どの神を信仰しているかでその人間のことがだいたいわかる
ニーチェはディオニュソス神に仕えていた
ニーチェが「神は死んだ」といった意味がこれでもっと明らかになる
ユダヤ人たちはユダヤの神を信じている
キリスト教徒もイスラム教徒もそうだ

359 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:58:45.42 ID:lpGi5I0u0.net
ホーキングは?

360 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:59:09.27 ID:ygLRYUny0.net
>>353
アインシュタインは自然法則なんかを神と呼んでいそうだが
マックスプランクは意識や心という言葉を使っているので(訳が正しければ)
万物を司る神のような存在を信じていそうではあるが

361 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 08:59:22.78 ID:bTv4bIBP0.net
>>48
逆だってば。
アブラム、セム・ハム・ヤペテが八百万の神様の一柱でしかない。

362 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:00:51.86 ID:RFt1WfFq0.net
>>356
君は教養がないねえ、論外

363 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:03:31.11 ID:2acmbl5y0.net
>>360
自然法則が美しい数式で表せた時は神の存在を信じるみたいな感じか

364 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:05:21.91 ID:EZiildT20.net
でさ、でさ、>>354って人類が宇宙の構造を小さな小さなシリコンチップに焼き付けていってるんだから、
これってなんか無茶苦茶高性能なレンズみたいなものじゃね?

じゃあ、カメラや望遠鏡のレンズの中にも、そういう人類みたいな何かが一生懸命頑張っていたりして
レンズの中の人がんばれ!超がんばれ!って気持ちになるよね

365 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:06:35.56 ID:KCR5RNaG0.net
>>362
哲学ってのはこの世界の自然現象などの事実を根拠にしてそこから論理によって演繹して第一の原理、原因である神を証明する学問
ニーチェなんて根拠なしに神は死んだだの自分の感情、主観で物事語ってるだけ
それこそ単なるそこら辺にいる小説家と同じ

366 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:07:13.31 ID:RFt1WfFq0.net
>>356
そもそも主観客観などデカルト・カントで終わった話だろ
科学が客観的だとかバカもいいところだ
少しは内容のある話をしているのにこういうバカがしゃしゃりでる
ヨーロッパでは日本より哲学は尊重されているだろ
哲学とはヨーロッパのものだ

367 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:08:03.51 ID:hIffFL6u0.net
>>350
じゃあ浪漫に変える

368 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:08:43.95 ID:C53W62vt0.net
戦前の人ならしょうがないんじゃない?
今ほど宇宙知られてなかったんだし

369 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:09:24.61 ID:RFt1WfFq0.net
>>365
だからその哲学が主観だとニーチェは言ってるわけじゃんw
主観に別の主観をぶつけて何が問題なの?

370 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:10:00.87 ID:az8fBlnF0.net
ニーチェは梅毒の進行性脳症に侵されてたからな。

371 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:10:53.93 ID:EZiildT20.net
>>364
よし、俺はこれを大宇宙のレンズ効果と名付けよう

自然の中でたまたま発生した構造が大宇宙をすっかり写し取り、ちいさなものにその情報をすっかり刻み込む現象
人類は、たまたま発生したレンズの一つの形態にすぎない

探せばもっといたるところに、より性能の良いレンズと、それによって焼き付けられたフィルムがあるはず

372 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:11:07.60 ID:hIffFL6u0.net
>>367
あ、間違ったマロンね
マロンに変える

373 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:11:15.75 ID:zKXnl1OM0.net
物理法則の数式なんて、ある断片を近似的に表してるに過ぎない。
決して神の言葉ではない。
そんなおもちゃより自分は東洋的思想の方がよほど優れてると思うわ

374 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:11:58.75 ID:la+sPFj+0.net
化学者が自然の摂理に髪を見ると思ってるだろうけど、それは間違いかもしれないよな。
だったら神を調べて理解をしようと努力なんかしないしな。それは冒涜にあたる。
キリストは飛び降りなかったろう。神を試さない言って

375 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:12:30.53 ID:KCR5RNaG0.net
>>366
主観客観が終わりってどういう意味?
むしろデカルトから客観から主観に変わってカントやヒュームで観念論哲学が形作られ近代は主観主義の哲学だろ
哲学どころか科学などの学問は全て客観でなければならないだろ

376 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:12:48.83 ID:Zy+RhTLb0.net
。。


† ルカによる福音書11.43-46

わざわいだ。パリサイ人。おまえたちは会堂の上席や、市場であいさつされることが好きです。
わざわいだ。おまえたちは人目につかぬ墓のようで、その上を歩く人々も気がつかない。」
すると、ある律法の専門家が、答えて言った。「先生。そのようなことを言われることは、私たちをも侮辱することです。」
しかし、イエスは言われた。「おまえたちもわざわいだ。律法の専門家たち。人々には負いきれない荷物を負わせるが、
自分は、その荷物に指一本さわろうとはしない。


原発は日本を不幸にするだけです。地震大国なのです。次はないのです。


† マタイ23.13

しかし、忌まわしいものだ。偽善の律法学者、パリサイ人たち。
あなたがたは、人々から天の御国をさえぎっているのです。
自分もはいらず、はいろうとしている人々をもはいらせないのです。


。。

377 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:12:54.37 ID:ygLRYUny0.net
>>363
アインシュタインならおそらく神の存在を信じていないんじゃないか

>物事を理解できるということを超越した力への畏敬の念こそが私の宗教だ。
>この意味において、私は実に宗教信仰があるのだ

この言い回しから察するに。神という存在に対してではなく
純粋に力に対して畏敬の念を抱いている

378 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:13:57.26 ID:RFt1WfFq0.net
>>373
同意
科学なんてひとつの遠近法にすぎないんだよ
主観と客観の分離などくそくらえだよ

379 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:14:49.38 ID:P3ZucmmS0.net
神様はありまぁす

380 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:14:54.89 ID:la+sPFj+0.net
とにかく科学的知識やらを信心に利用してないんじゃないかと思うがな。
分けて考えてるだろう。
ダーウインあたりは大変だったろうな。

381 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:15:59.72 ID:sUDxgwO90.net
>>371
残念ながら、そこは仏教が遥か昔に通過している。
曼荼羅だな。

382 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:16:31.17 ID:EZiildT20.net
>>372
俺はメロン、いやペロン、いやポロリやポヨヨンに変えるわ

383 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:16:45.60 ID:la+sPFj+0.net
科学ってのはガリレオが火あぶりになりかけたくらいで
神がどうだらという話とは相当親和性が低い。

384 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:17:23.72 ID:la+sPFj+0.net
曼荼羅はむしろヒンズー教だわ。

385 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:17:32.31 ID:sUDxgwO90.net
>>380
当時は新聞やらでも散々言われたらしいなぁ、
人間は猿から進化した訳ではないと言うのが一般論だったあの時代では。

386 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:18:58.25 ID:9CaT3F6V0.net
そう思わないとやってらんねーから

387 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:19:22.96 ID:RFt1WfFq0.net
>>375
ヒュームはよくしらんがカントは主観主義とは言えない
物自体を認めているからね
またカント的には科学は主観と客観の合作なので、科学が客観的だとは言えない
主観客観図式は近代哲学で終わりでしょ
科学が客観的だとか言ってるのは哲学を知らない証拠

388 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:19:53.58 ID:az8fBlnF0.net
ダーウインは奥さんがキリスト教徒で、自分は無神論者だったから
死んでも妻と一緒にところには行けないと嘆いていたな。

389 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:20:31.67 ID:EZiildT20.net
>>381
そこを「レンズ」という科学的装置をメタファーにすることでだな…ラノベを書こうというのだよ

390 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:21:54.10 ID:la+sPFj+0.net
>>385
そういうことで叩かれるのイヤだから信じたフリしてたんじゃないかね。
だから、このような髪を信じたフリをしてる化学者発の言葉が多く残ってる。
アダムの肋骨からエバがうまれたとか熱弁ふるうキチガイを鼻で笑ってたと思うよ。
だれがダーウインの立場になったってそうするだろ。

391 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:21:56.05 ID:i+y96pn20.net
>科学者の9割が「神を信じている」

「9割の科学者が信ずる」その神は、とりあえず人格神ではないわけです。
 
 
 

392 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:22:08.60 ID:UMCp6juU0.net
・神の存在を信じる
・宗教に関心を持つ
・何かの宗教を信仰する

この3つは微妙に違うとおもう

393 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:23:17.02 ID:la+sPFj+0.net
まーでどころも国連調査だしな。敬虔ななんとかが結構多い。

394 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:23:30.65 ID:ATbhFAoL0.net
未解明の領域には神を設定するのが合理的であり科学的

395 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:23:42.10 ID:lt+gmI3O0.net
時代背景の違う人たちを集めて統計とるとか
頭おかしい

396 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:23:55.57 ID:9ZN5oVLJ0.net
アナタハーカミヲーシンジマスカ

397 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:24:14.83 ID:sUDxgwO90.net
>>384
そ、それくらい知ってるわよ!
分かりやすく言ってあげただけなんだからねっ!


つーかもし「神」とやらが発見されたとして、
それが白衣を着て眼鏡を掛けた科学者だったら大笑いだ。
「シャーレの中の微生物に文明を持たせる事に成功した」なんて新聞で取り上げられてたりしてな。

398 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:24:42.44 ID:la+sPFj+0.net
しかしわしら日本人はこういう話冷静に話せていいな。
他国じゃめんどくさいのが必ず因縁つけてくる

399 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:25:03.59 ID:LnkLbV/p0.net
神は死んだ ニーチェ

400 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:25:12.30 ID:sUDxgwO90.net
>>390
「それでも地球は回っている」な。
そりゃ誰だって気違いに殺されたくはない。

401 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:25:21.36 ID:la+sPFj+0.net
>>397
個人的にはJK姿が良い

402 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:26:57.89 ID:EZiildT20.net
>>391
一流科学者の持つ豊かなイメージ構築力、仮説構築力からすれば
その科学法則の中に人格と類似する構造や性質が紛れ込んでいることを
多分に感じ取っている科学者も多い気がするな

人間に人格が存在するのは、自然法則の中にそういう性質が
確固たる形でもともと含まれているからなのかもしれない

403 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:27:36.15 ID:sUDxgwO90.net
>>389
残念ながらそれも…ラリイ・ニーヴン御大が。

404 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:31:56.74 ID:Wu3z1ztL0.net
日本でも科学時術の粋を集めて作ったイージス艦に神棚が祭られてるとかあるじゃない

405 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:32:03.95 ID:EZiildT20.net
>>403
でも俺のレンズはスカートの中も拡大して写し取れるんだぜ!

406 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:33:29.54 ID:zKXnl1OM0.net
>>391
神は人格者ではなく全格者です

407 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:34:46.12 ID:sUDxgwO90.net
>>401
それどころか、幼児の粘土遊びの結果がこの地球だったりしてな。

始めに言葉ありき「ママ、お部屋の電気付けて!」

「じゃあボクは一日千五百人の人間を作るもんね!」


嫌過ぎる。

408 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:36:19.84 ID:wMER5lh00.net
欧米の自然科学系の専門書を読んでいると、「ここから先は私の担当範囲では有りませんので最終責任者である神に聞いてください」って感じでたまに神が登場するけどな。

409 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:36:38.39 ID:KCR5RNaG0.net
>>387
主観とか客観の意味分かってる?
客観性がなければ科学はもとより学問自体成り立たないでしょ
なんで根拠がなくてその人の主張していることが正しいって分かるんだ?

410 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:40:56.36 ID:KCR5RNaG0.net
>>387
あと主観客観に物は関係ない
この世の事象や形而上の法則に立脚しているかどうかだからな
それを土台にして論理を展開するんだよ。論理学を駆使して
他者としての神が道徳を要求するからそれを守るってのがカトリックの教えだが
カントはそうじゃなく自分に都合がいいから道徳を守る、自分の中の神を信仰するって考えだから完全に主観主義じゃん

411 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:45:40.69 ID:EZiildT20.net
この世界の特異点として「レンズ効果」を持って生まれてきた少年が、
学園の美少女のスカートの中の構造を次々と正確に写し取っていくストーリー

412 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:45:48.75 ID:ygLRYUny0.net
>>409
横だが、おそらく主観から独立した真の客観はありえないと言いたいんだろう
しかし科学で言うところの客観性とは、これは再現性とも結び付くと思うが
誰が見てもそうだと言えるようなものという意味合いだろうし
主観から完全に独立した客観はありえないとしても、認識の上での客観はあるわけだから
やはり科学には客観性があると言えるんだよな

413 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:49:39.03 ID:EZiildT20.net
>>412
でも、客観だと思っている人たちがすべて催眠術にかかっていて、客観だと信じ込んでいるだけだという
外部からのメタな介入が

414 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:52:33.58 ID:w/EnFXzs0.net
>>256
あのよ〜

苦楽が無い世界

よって他人を羨む事も無い

腹上死=極楽

415 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 09:59:28.74 ID:NYL3ROiJ0.net
科学者をあんまり奉らない方がいいよ。科学者も80年くらいで死ぬわけだろ。
連中が「死んだ神」を信じていたとしても、それを横目でチラ見して己の所作を決める
のではなく、己の心が正しいと思う「生きた神」「信仰に値する神」を模索した
方がいいぜ。

416 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:00:47.33 ID:EZiildT20.net
「それ、科学的に証明されてるから」とみんなが言いながら、みんながそういってるからそう思っているだけで、
後から「あっ!」となる白痴的状況

誰かが伝聞ではなく完全に論理体系を一人でトレースできなければこの状況は防げないし、
もし誰かがそれをやり遂げたとして、「自分はそれをやり遂げた」といっても信じてもらえる根拠がない

精々、人間の精神よりは安定に思える機械を使って、それを通すことで信頼性を高めることができるだけ
それにしても意図的なバグや故障の可能性の疑いからは逃れられない

417 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:03:05.04 ID:eUhblbM40.net
神を信じてるんならお賽銭箱に一万円位はいれるよな

418 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:03:32.34 ID:ygLRYUny0.net
>>413
全人類が催眠術のようなものにかかっていて認知を歪められているとしても
認識を共有できるなら客観性があると言えるだろう

419 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:09:22.63 ID:EZiildT20.net
>>418
知的障害児との認識の共有とか考えるとどういうことになるんだろ
彼らとの間に科学は築けるんだろうか

これは程度の差であって、他の人間からすれば自分が知的障害児でありえるわけで
それをかんがえると、客観性の担保なんてもう何が何やら

420 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:09:24.34 ID:NYL3ROiJ0.net
聖書を読むと、イエズス様にしてみれば、科学者も盲人であってお前ら盲人(俺も含む)
の「盲人の案内人」でしかないわけよね。科学者がお前らが幸せになるような教えを一つ
でも言った?アインシュタインや大槻教授が何か教えてくれて、それを
日々考えると幸せになる、勇気づけてくれる、癒されるような教えなんて、何一つ
教えてくれてないだろ。そんな視点で。そうすると科学者を奉り過ぎるのはよくないよ。

421 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:16:23.37 ID:8+QzpgTK0.net
夫が素粒子やってるけど、全く神様信じてないよ。
夫によると素粒子って、そんなに秩序立って綺麗でなく、行き当たりばったり的なので
「大いなる存在」が計画したとはとても思えないそうな。

422 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:19:24.27 ID:EZiildT20.net
宇宙の法則の謎をもし誰かが完ぺきに数式で書き下したとして、
その数式を自分と同じ認識力で理解できる能力を持った他者が存在しなければ、
その人はこの世界に、「解き明かすべき余計な謎」を新たに作りだしたに
過ぎない。

そうやって世の中は謎がどんどん増殖して、現在の宇宙の姿になったのかもしれない。

423 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:21:38.56 ID:NYL3ROiJ0.net
>>421
そもそも、行き当たりばったり的になるように、神が創造していただけじゃない?
旦那さんの思考停止が解放されるかもよ。

424 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:24:21.97 ID:EZiildT20.net
>>421
やはり自然の法則という巨大な力の神様もそういう気まぐれを兼ね備えた人間的なものなんだな。
そんな神様なら気まぐれで人間に罰を与えたりするかもしれないし、やはり神様はいるのかな。

425 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:24:24.36 ID:NYL3ROiJ0.net
>>422
人間が観ることがない、山奥やジャングルの奥地で咲いて枯れる美しい花のような
ものか。

426 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:29:20.79 ID:AEGT+eAV0.net
国連と言う組織はパンギムンなどという珍獣がいる時点で信用していない。

今の国連が神について語る事自体が不適切であり、

旧約聖書や新約聖書の解釈に従って”悪魔”の話を語るべきだ。

そう、今の国連はどちらかというと悪魔の組織だよ。

427 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:31:22.28 ID:NYL3ROiJ0.net
死んだ神ではないのか?そんな神なら信仰に値しない神などをぼけーっとしたまま
一生を終えるのではなくて、今生の人生で、自分にとって「生きた神」となる
神はどんな神ですか?となって、それでイエズス様に辿り着く人が多いわけよね。
どうして神の子とまで言われるのか。聖書は読んでおきたい。

428 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:35:01.33 ID:NYL3ROiJ0.net
>>427 訂正
自分が想定している神は死んだ神ではないのか?
そんな信仰に値しない死んだ神をぼけーっと考えて一生を終えるのではなく
今生の人生で、自分にとって「生きた神」とはどんな神だろう。
このように考えて、イエズス様に辿り着く人が多いわけよね。
どうして神の子とまで言われるのか。聖書は読んでおきたい。

429 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:37:53.95 ID:6FjOdAXo0.net
神がいるかいないかなんて雑に聞かれたらそりゃいるかもしれないねと答えるに決まってるわ
その神はおまえらの崇めるヤハウェ、イエスキリストですかと聞けよ
それでイエスと言ったらそんなオカルト宣う科学者今すぐ看板下せと言える

430 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:43:28.71 ID:ygLRYUny0.net
>>419
混乱するのは完全なる客観にこだわるからじゃないかな
真の客観ではないかもしれないが、とりあえず、今の段階で、この範囲において
客観性のある事柄だと認められる、と言うことは可能なわけで

431 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:46:12.32 ID:F3ewX9O40.net
科学者こそが一番神に迫る仕事だからなのかな

432 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:49:14.85 ID:42tSCa6ZO.net
人付き合いの建前上言ってるだけだって
バカじゃねえの

433 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:50:36.00 ID:ZLWSbCiS0.net
>>408
それ書き方からして明らかに欧米ジョークでしょw

昨晩から神の存在を前提にして話してる人と
全ての現象は科学的なものであることを前提に話してる人のバトルを眺めてきたが
おれが昨晩「神は猿から派生した一個体の生物である」というやつと平行線だったように
こりゃ何年話しあっても理解し合えないだろ

ただひとつ引っかかったのが、話が痛みや苦しみという精神活動になったときに、それを電気信号と化学反応の結果であることを認めようとしないところかな
ただの電気信号がどうやって感情になるのかといいたいみたいだし、そこに「科学でははかりしれない何か」を見いだそうとしてるようだが
味が舌の表面のレセプターに接触することで電気信号が起こり、それが苦いや甘いになるというのを科学として理解できるなら精神活動もそれと同じだと思うよ
現象という原子の物理的な移動の結果が存在するならば、そこには必ずその原因や発端になる刺激が存在するわけで
もし完全な無から何かを生み出すことができたなら、神様扱い(もしくは悪魔扱い)されるだろーな
ただ、昔は完全な真空と思われてた宇宙空間も、実はダークマターで満たされているということが証明され始めているので
仮にその時完全な無から何かが生まれたように見えても
そこにはまだ俺らが認識できてない物質が存在するのかもしれない…と俺なら神を信じるよりそっちの方に頭がまわる

434 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:55:40.80 ID:kbFqOT6p0.net
科学に神を持ち込まなければいいのであって、
私生活で神を信じてても何も問題ないよ。

科学者が全てにおいて論理的だとするのは、大きな間違い。
そういう人は精神のバランスが狂って、精神病になったりします。
全てを論理的に構成して、論理的に常に正しく振る舞うというのは、人間には不可能なのだ。これは本当です。

435 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:55:43.74 ID:bNsRp02M0.net
神は存在しないと主張する人に聞きたいんだけど、今目の前にある様々な物質
もっと言えばこの地球、太陽、銀河系、宇宙、空間、時間
これらはどこから来たの
元を辿ればそれらが発生した出発点があると思うんだけど違うの?
何もない所から物質が発生するなんてあり得ないよね?
神以外でこれらの物質を生じさせることが可能な何かって何ですか?

436 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:59:17.24 ID:xXx/EldN0.net
神の定義が明確でないのに、よく議論できるなw

437 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 10:59:18.27 ID:wKuCEZOc0.net
試験管の神様どーかお願い

438 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:01:43.25 ID:EZiildT20.net
結局みんな、科学だ客観的論理的な検証だ、といいつつ自分で検証を行っているのはごくわずかで(わずかでも本当にいるのかどうか)、
実態は「○○という科学的機関が検証を行った」という「権威」をよりどころにしてるんだからな。

「検証」ではなく「権威」。多くの人にとっての科学は緻密に作り上げられた検証の上に成り立っているのではなく
緻密に作り上げられた権威の上に成り立っている。

439 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:04:04.16 ID:bd/uoJdo0.net
神話ってこの宇宙を作ったのは誰かって明言していないよな。
キリスト教はしているけど。
一つの宇宙の先という概念がないんだろうね、たぶん。

440 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:04:46.21 ID:kbFqOT6p0.net
>>435 科学はそれらを、「神なし」で説明しようとしてるんだよ。
それで宇宙の全てが解明されてるわけではないので、科学的「仮説」というものを積み重ねながら前進している。

その最後の解が「神」であっても、それが真実だと科学的に分かれば、それで問題ない。
しかし先にその最終解答を「神」だと断定してしまうのは、早計過ぎて科学者は納得しないのだ。

究極の「正解」というのを、「神」と名付けて、そこで「思考停止」してたら
科学者のする事はなくなってしまうからね。

441 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:05:20.90 ID:NYL3ROiJ0.net
世界が、世界の科学者が考える「神」は>>48の図の一番左側の神なんだよね。
この神を人間が把握したり説明するのは、人間の言葉や能力では無理であるというのが
大前提です。日本人がふだん考える神々は太陽どまりなので、もっと神のスケール
を大きくして考えないといけない。聖書では「父である神」が一番左側の「神」
にあたります。

442 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:05:36.79 ID:L91cmzar0.net
マイ・ゴッド → マイ・ガッド → マイガッ

443 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:09:33.38 ID:ZLWSbCiS0.net
>>435
それはまだ科学で解明できてないから説明できないし あなたのその考えは「全てを生み出すことのできる万能の神が存在する」ことが前提なので
神とはいまだ解明されていない(いずれ解明され得る)物理現象であるってなことを考えてるこちら側の人間とはどうやっても相容れないのよ

たとえば昨日のお地蔵さんの頭を割って遊びに使えるかって話も
神を信じる人にとっては「それは罰当たりな行為だからやらない」という
おれとかこちら側の人間は「その行為の結果、多くの人に利益をもたらすものであればやる」わけで
しないのは神仏を信じてるからじゃなく、誰も得をしないし人によっては気分を害するだけの行為だからやらないだけなの

444 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:11:01.80 ID:ygLRYUny0.net
>>435
これは逆に聞きたい
神はある日突然、無からポンと生まれたの?w

445 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:17:24.50 ID:xXx/EldN0.net
神は時間と空間の外にいますw
無限の過去、無限の未来、無限の数の宇宙、それらを常に同時に観察してますw

446 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:18:24.75 ID:EZiildT20.net
>>440
>究極の「正解」というのを、「神」と名付けて、そこで「思考停止」してたら
>科学者のする事はなくなってしまうからね。

超一流の科学者はそこをさらに突き抜けて、「科学の一般論」という思考停止を超える原動力として
「神」という超越した力のイメージを自分の精神に対して利用している気もするけどね。
それを使ってすべてをバラバラにし、別の法則や視点で事象を再統合する。
そうやって自分の精神の障壁を超えて新たな科学法則に辿り着いたとき、そこに神を感じるのは当然といえば当然。

447 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:18:51.63 ID:bkHSZ3wO0.net
自然を観察すれば、全てが偶然の産物というのは、無理があるからね。
何かしらの知的プログラムが存在すると考えるのが普通だろうね。

448 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:19:18.30 ID:8+QzpgTK0.net
少なくとも、もしこの宇宙の大元を造った神様がいたとしても、
その神様って「地球規模」な発言するような人(?)ではないと思うw
ワザと林檎食わせて逆ギレして追い出して、挙句のはてにお前ら生まれた時から罪びと!!
私が罪被って死んでやるから未来永劫感謝せいよ、みたいな毒親的発言もしないだろうし、
セックスは汚い!罪!普段考えるな!とか、人間に性器つくっといて矛盾したこといわんだろうし、
やれ、豚は食うな、にくは食うな、とか、そんな精神的虐待はしないと思う。

多分ほんとの創造主って、どこかの科学者みたいなひとで、宇宙の生き物が何しようが構わず、
観察してるだけか、そうでなきゃさっさと別のとこいって、こちらを見てもいないようなきがする。
居たらだけどw

449 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:21:55.68 ID:fE56pwxp0.net
神様ってMMOの運営みたいなもんだろ
もちろんこの世はMMO

450 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:26:59.73 ID:9yFEmczu0.net
全米科学アカデミーの93%が無神論者、不可知論者
これが現実

451 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:27:45.93 ID:jDX638rf0.net
要するに先進国とか科学者の間で科学に権威があって宗教に権威がないのが気にくわないんだろうな

452 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:30:07.56 ID:dw6bgsC/0.net
神つーても、なんでこの宇宙があるの?ってだけで、
神のような意思のある存在が作ったんだとしても、
人間なんて宇宙から見れば極小すぎる存在なんて見てないよな
人間から見た微生物にも満たないよ

453 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:30:58.13 ID:cXW7WQQt0.net
ジーザス
マイガッ
ガッデム
シット
ファックユー

454 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:31:25.79 ID:EQsF2uG00.net
科学は知れば知るほど秩序のありようを知ることになるので
絶対的な真理という存在をより身近に感じながらも
明確に、あらわせないもどかしさの中に神を見るのだろ。

455 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:31:26.07 ID:NYL3ROiJ0.net
>>448
お前さんの考える神観が正しいならば信者も集まるだろうけどね。
どうやら、その考え方では、人々は集まらないし認められないと思う。

456 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:31:44.45 ID:xXx/EldN0.net
早く地球も神の存在証明に成功して、土人文明から卒業しないとなw

457 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:33:10.05 ID:9yFEmczu0.net
既存の宗教の妄想作り話なんぞ
1ミクロンも信じてねーだろ

458 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:35:45.68 ID:EZiildT20.net
科学つったって円周率の計算みたいなもんでさ、延々計算をつみかさねながら10兆桁目まで計算してから
「あ、5145桁目で計算間違えてたかも…その後の桁は全部間違いかも」みたいなさ

459 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:35:55.04 ID:9yFEmczu0.net
>>456
1度として存在を証明できないからな
根拠、論拠のないものを盲信するバカ
少しは疑って自分で思考しろっての
もうろく爺さんじゃあるまいし

460 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:35:56.80 ID:EZXDRvf/0.net
>>435
最近の物理学では、どうやら何もない所から生まれたらしいって話がある

>>何もない所から物質が発生するなんてあり得ないよね?
この考え方って結構科学的だよね。
にもかかわらず、もしかしたら無から有が生まれるのかもしれないではなく
神様がいるのかもしれないという非科学的な考え方に飛躍するんだろう

461 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:37:08.65 ID:ZLWSbCiS0.net
>>444
おれもききたいわ
神は最初からそこにいた存在で、何かから生まれたとか考えるのは意味がないとか言い出しそうだけど

まあ神の有用性を考えるとすれば
自分の力じゃどうにもできないことに直面したときに、人智をこえた何かのせいやおかげにしないとパニックを起こすタイプの人にとっての精神安定剤にはなってると思う

462 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:37:47.52 ID:8+QzpgTK0.net
>>451
私は 父が物理学者で、夫も物理学者なんだけどw
父が存命の頃、心霊番組みてたら割とマジに怒っていた。
何でかというとその頃の心霊番組の常套句は「科学では解明できない世界」だったから。
父はこの言葉に対して、「こんなこと言うから日本人は思考停止するんや、科学の心が育たんのや」
と。そのくせ胡散臭い商品を売り出すときには「科学的に証明された!」
って言うんだよね。

463 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:38:13.08 ID:qH+iIQhd0.net
そもそもブラックホールの中心がどうなってるかわかってないから。
なぜ今の宇宙が存在するのか人間にわかる日が来るのだろうか。

464 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:39:27.68 ID:9yFEmczu0.net
経理の智子、コイツは早く剥奪しろよ
こういうカルトがまかり通ると
カルト宗教にハマって、コントロールされて
しゃぶり尽くされるアホが出てくる
疑って思考できないアホはカモにされる

465 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:40:28.16 ID:qH+iIQhd0.net
>>462
O教授のように頭ごなしに否定するんじゃなくていないならいないと証明するのも科学だと思うんだが。

466 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:46:18.61 ID:9yFEmczu0.net
悪魔の証明も知らないアホが語ってんのか
アホの妄想なんぞ相手してくれる科学者なんぞいない
そんな暇はない
大槻が害悪性を理解して批判してくれるがな
日本人は劣化しつつあるな
科学の分野でも中国にどんどん抜かれるわ
小保方レベルのアホばかり

467 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:46:18.99 ID:EZiildT20.net
自然法則が矛盾を生み出さない完全なものであるのであれば、
自然法則によって生み出され進行していくこの世界にも
憂う事なんて何一つない。
それはそうあるべくしてそうなっていて、それ以外にはありえないのだから。
だから>>462の父親や旦那が
「こんなこと言うから日本人は思考停止するんや、科学の心が育たんのや」
と嘆くことがそもそもおかしい。それは科学が求める自然の法則によってそうなるべくしてなっているのだから。

468 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:48:10.62 ID:j/Hx/aRP0.net
>>461 >まあ神の有用性を考えるとすれば
>自分の力じゃどうにもできないことに直面したときに

それは殆どすべての科学者が、私生活ではそういった「神頼み」的なことを
やった経験があると思うね。
一瞬、事故りそうになったときとかね。

「運命」というのは、意外に科学じゃないんだよなぁ。
統計と確率論である程度論じられるのだが、数値や指標済む話ではなく、
当人の「人生」がかかってるわけだからね。
そのどこかで意図せず、神に祈ってしまうんだろう。

469 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:48:35.94 ID:DW4rarXp0.net
教会に媚売っとかんとガリレオみたいに迫害されるからやん

470 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:48:44.93 ID:xXx/EldN0.net
科学者が、知らない事が無い、出来ない事も無いというレベルに達しているのなら、
科学者のいう事は何でも正しいと信じてやるよw

471 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:48:48.38 ID:oa1vbxZR0.net
あー
なんか突き詰めていくと神を信じざるを得ない領域に入るとか聞いた事あるな

472 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:49:25.39 ID:JRdBfYeg0.net
aaな

473 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:51:44.00 ID:EZiildT20.net
まあな、科学者が、自分じゃなく同僚の業績が世に出て評価された時に、
神と自分の運命を心の中で激しく呪うんだよなw

474 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:54:14.10 ID:BgchzOtq0.net
最先端をいく人ほど壁にぶつかるだろうし、科学の限界を意識せざるを得ないだろうし、そうなんだろうな

475 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:54:23.84 ID:j/Hx/aRP0.net
>>467 >自然法則によって生み出され進行していくこの世界にも
>憂う事なんて何一つない。
>それはそうあるべくしてそうなっていて、それ以外にはありえないのだから。

「決定論」的な話ですか?
それちょっと違うかもしれないなんて言われてきてますね。
「カオス理論」が、そういう「決定論」に異を唱えてます。

必要とされるデータの現在数値を使って、論理的に完全予測したつもりでも、
必ず結果がその通りになるかというと、そんな事はないのだそうです。
未来は「決定不能」に満ちているという事らしいですね。

476 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:57:24.01 ID:FiOwO5HV0.net
>>436
もうDNA的に神を定義できる時代なんですよ
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

477 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:59:06.66 ID:EZiildT20.net
>>475
科学的な思考を選択しない方が科学的な思考をするより「思考停止するんや」というのは
「決定」しているの?

478 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 11:59:51.87 ID:KQVPOVhI0.net
>>434
そう
現代のほぼ全ての科学者に支持されている「反証主義」を提唱したカール・ポパーが
その主著でこう述べている

>私の見解は次のようにいいあらわせよう。すなわち,すべての発見は
>「非合理的要素」あるいはベルグソン的意味での「創造的直観」を含んでいる,と。
>同じようにアインシュタインも「純粋な演繹によって世界の画像を獲得しうるような
>高度に普遍的な法則の探求」について語っている。
>「このような法則へと導いていく論理的通路というものはない。それらの法則には,
>経験の対象への知的愛情といったようなものにもとづく直観によって到達しうるだけである」。
(恒星社厚生閣刊 カール・ライムント・ポパー著『科学的発見の論理 上』 P36)

数学でさえ非ユークリッド幾何学の発見やゲーデルの不完全性定理などによって
深刻な破綻を内包していることが判っているのに
ソシュールをはじめとするほぼ全ての言語学者が同意しているように
単に恣意的なものでしかない人間の言語によって展開される
「論理」に拘泥していては科学など到底不可能
ポパーも指摘しているように非合理的な直観的飛躍が必要になる
だから科学者が合理的でありかつ不合理であることを疑問視すること自体が的外れ

479 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:01:15.59 ID:FiOwO5HV0.net
いやいや思考停止せずに神の存在を科学的に考えまっしょい(^^
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

480 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:02:28.93 ID:8+QzpgTK0.net
科学者でない人に限って小難しいこと言うです。
素粒子ってのは梅干しみたいなもの。そして加速器は梅干しと梅干しを高速で
ぶつけて割って、中を調べるのが素粒子物理だって言ってた。
割るとまた何か違うものが出てくる。そしてそれをさらにぶつけるために
もっと大掛かりな加速器が必要になってくるんだと。
知的好奇心とは子供のころに梅干しの種の中に何が入っているんんだろうと思う気持ちと
素粒子は何かと追い求めていく気持ちと何らかわらないとw

481 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:03:19.75 ID:CaCEgT9G0.net
>>478
非ユークリッド幾何学やゲーデルの不完全性定理は、
数学の破綻でもなんでもないだろ。

482 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:05:09.33 ID:EZXDRvf/0.net
>>481
どんな状況でも別の宇宙でも常に成立する唯一の学問である数学に失礼だぞ

483 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:05:19.55 ID:bkHSZ3wO0.net
>>462
素粒子とかって観測者の意識に反応するんでしょ
観測者によって観測結果が変わるなら、科学は成り立たない
科学の限界じゃん
科学は、この世でしか成り立たないよ

484 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:05:39.09 ID:FiOwO5HV0.net
>>480
めっちゃええ話ですね涙出ました(>_<。

485 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:06:16.26 ID:EZXDRvf/0.net
アンカ間違ったあ
>>482>>480あてだ
ごめん>>481

486 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:06:39.13 ID:KCR5RNaG0.net
>>444
神が何かから生まれる存在ではないよ。神は永遠で始めも終わりもない存在だから
始めがあればまたその始まりの原因があり、第一原因ではなくなり神ではないしな
この世の物は全て原因と結果がありその原因と結果の連鎖を辿れば最終的には第一の原因である神に行き着く

487 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:06:39.58 ID:vw6cfvZP0.net
ハゲ「髪よ、光あれ!」

488 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:07:10.26 ID:EZXDRvf/0.net
違う>>480あてじゃなくて>>478
なんだかもうめちゃくちゃだw

489 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:09:27.15 ID:FiOwO5HV0.net
>>486
いいえ神は一個の生命体だったのでさすがに寿命はありました
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

490 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:10:45.39 ID:8+QzpgTK0.net
>>488
まずはお前が落ち着け
と言ってペットボトルを渡したくなりました。

シンゴジラみて興奮冷めやらぬものでw

491 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:10:52.69 ID:EZiildT20.net
>>482
人類が滅んで数学の書物が消えたら、宇宙から数学はなくなるの?
数学を記述する人がいなくなるだけで数学は存在し続けるの?
それとも何か別に数学を記述し続ける存在が宇宙のそこかしこにあるの?
それとも宇宙の存在こそが数学なの?
数学を記述する側と記述される側の関係と存在はなにがどうでどうなってなんなの?

492 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:10:53.84 ID:nnGN373l0.net
>>477 それ結局、人間の活動である、選択と行動の結果でしょう。
しかも文脈からいくと、ある集団(日本国民)の社会の未来がどうなるか?
みたいな話のようだ。
そう言う場合は、やはり実際には予測しがたいとなるように思えます。
人間行動と社会は、かなり複雑系になると思いますからね。

被験者を一人や各個別に扱って、算数の問題を解かせ、
その正解率によって、3か月以内に「釣銭を間違える」可能性を予想するなどにまで
「単純化」してしまえば、その予想は余り「決定不能」にはならないと思います。
(最近はレジが機械化されてるので、釣銭間違いはあり得ないというような入力「項目」が生じてしいまいますが、
すいません、良い例がすぐには思いつきませんでした)

493 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:11:02.55 ID:xUp89gkF0.net
「人は理想が無ければ生きていけない」からな

494 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:11:31.72 ID:9yFEmczu0.net
神がー神がー
こう熱心に言ってる奴が
何かを成した事もなければ
宇宙の真理に近づいたことすらない
むしろキリスト教は科学の発展を阻害してきた
そりゃあそうだ
非科学的な奴の妄想が真理とか、無理に決まってる
宗教裁判でもして黙らせるしかないわな

495 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:12:16.59 ID:eQbyToLg0.net
神的な存在を信じない奴でも、どうやって生命体が発生したのか?とか
重力や磁力がなぜ発生し、どこからそのエネルギーが出ているのか?
という根源的な理由を説明できない。

神的な存在がそうデザインしたという理由が最も説得力がある。

496 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:13:46.39 ID:CaCEgT9G0.net
>>494
キリスト教自体は科学を後押ししてるよ。
それはスコラ学なんかを見れば分かる。

universeについて考えなかった非キリスト教地域から科学が出ないのは尤もなこと。

497 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:14:20.87 ID:EZXDRvf/0.net
>>491
すべて間違い

数学という学問はまったく自然科学に依ってないので
その論理は常に成立するというだけ

498 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:14:56.91 ID:eQXW86nT0.net
>>232
ばっか
おめーそんな理性的にいられるわけねーだろー

499 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:15:17.95 ID:9yFEmczu0.net
>>495
小保方より馬鹿だと自覚あるのか
小学生でもお前よりまともに頭を働かせてるぞ
それが正しいか、疑って思考してみろ低脳

500 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:15:42.46 ID:ELYqyN370.net
>>483
意識に反応してるかどうかはともかく
そこら辺の矛盾を何とか成り立たせようとしてるのが今の物理学なんじゃないのかな?
物理法則が実は偶然に偶然を重ねてそういう法則があるように見えてるだけってのは
さすがに科学者としては受け入れられないだろうし

501 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:16:41.77 ID:9yFEmczu0.net
>>496
キリスト中世暗黒時代も知らんアホか
ガリレオを宗教裁判にかけてなかったか
思考停止したカルト馬鹿

502 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:17:40.38 ID:EZXDRvf/0.net
>>483
意識なんぞに反応しない
観測可能か不可能かで反応する
実際に観測しているかどうかは関係ない

503 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:17:53.55 ID:+QWL7r+D0.net
そういや余り関係ないかもしれないが、
「賭け事」をする人は、どんな不道徳な人であっても、
「神に祈る」という行為をよくするようになるのではないだろうか?

たとえ、それが賭け事の最中のみであったとしてもね。
神の起源は、太古の不埒なギャンブラーが始めた習慣なのかもしれないぞ。

504 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:17:57.85 ID:lAasPTks0.net
俺らも女神は信じている

505 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:18:35.67 ID:FiOwO5HV0.net
そうそう、宗教ってのは神を政治利用する悪の組織なんで
科学的生物学的に神を説明して、勝手なこと言えなくしてやりまっしょい
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

506 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:18:40.24 ID:ZLWSbCiS0.net
>>474
最先端なら壁しかない
でも科学の限界を感じたら科学者としてはそこで終わり
その壁を仮説と実験と再現で他人に説明可能な言語に落とし込んで乗り越えていくのが科学だよ

507 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:19:14.47 ID:ydQH7dqJ0.net
俺なんか神の正体を知っている

508 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:19:22.12 ID:cO6UcQZOO.net
七日間で急造されたから問題が絶えないんだろうなこの世界は
オ・ラ・イ・ナ・エ♪

509 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:19:25.36 ID:xXx/EldN0.net
アインシュタイン、マックス・プランクとか、ビッグネームだよな。
科学者にも二種類いるということだろう。
科学識を振りかざす科学教の狂信者と、その経典を作った真の科学者。

前者はオウムと同じレベルの取るに足らない連中で、
後者はこの宇宙の持つ深淵な謎に対して常に謙虚で、その結果として、
神の存在を意識せざるを得なかったのだろう。

510 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:19:27.99 ID:EZiildT20.net
>>497
犬は犬です。
猫は猫です。
AはAです。
※は※です。

みたいなものか。でもその数学を持って世界の現象を記述しようというのも不思議と言えば不思議だよな。

511 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:19:37.48 ID:ELYqyN370.net
>>501
世俗化した今のキリスト教と聖書は大分違うよ

512 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:19:56.49 ID:KQVPOVhI0.net
>>440
>科学はそれらを、「神なし」で説明しようとしてるんだよ。
それは約束主義だ
現代の科学者たちからはほとんど支持を得られない前時代的な立場

>私は約束主義を,まったく受容れがたいものと判定する。
>約束主義がふまえている科学の観念,目的は,私のそれとはまったく異なる。
>私が科学にたいして究極的確実性といったことをなんら要求しない
>(したがってそれを追求しない)のに反し,
>約束主義者たちは,ディングラーの言葉でいうと,
>「究極的に根拠づけられた認識の体系」たることを科学に求める。
(恒星社厚生閣刊 カール・ライムント・ポパー著『科学的発見の論理 上』 P97)

>「神なし」で説明しようとしてる
というのはある特定の(無神論の)教義に基づいて
客観的でなければならない科学に主観的な方向付けをすることだ
老ホーキングやドーキンスのような悪ノリがすぎる一部の不良しか認めない
非主流的な科学観だよ

513 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:20:25.46 ID:8+QzpgTK0.net
>>496
キリスト教は害悪だと思う。
聖書に書いてあることそのまんま信じて進化論信じないアメリカ人が
聖書ベルト地帯に結構いる。いくら法王が頑張っても
キリスト教と科学は親和しえない。無理。

アメリカではどんどんキリスト教離れが起こっている。
神父の組織的な性的虐待の隠蔽がバレてから
同性愛に対する柔軟でない教会の姿勢とか
現代社会と乖離がどんどん進んでいるからこその現状なんだけど、
だからといって宗教をアップデートもできない。
ジレンマだよね、教会としては。

514 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:20:26.17 ID:CaCEgT9G0.net
>>501
ひとつ聞くが、重力を発見できてない時代に、地動説をどう合理的に擁護するのだ?
教会は合理的に思考して、地球の運動が生じた場合に遠心力が発生するから、
人間は地球上に住めないと考えた。
ガリレオはこれを説明できなかった。

515 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:21:22.05 ID:2nhanAOP0.net
まあ、欧米だと神様信じてるって言わないと研究妨害されたり研究費が出なかったりしそうではあるが

516 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:22:08.87 ID:bkHSZ3wO0.net
>>502
>観測可能か不可能かで反応する

どう言う事?

517 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:22:16.43 ID:FiOwO5HV0.net
>>508
7日なわけないやん
神はすごく長い時間をかけて全知全能マンに進化したのよ

↓神の所業

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
〜城塞都市エリコは城門を閉ざした。主なる神に命じられた通り、
イスラエルの民は契約の箱を担ぎ、7人の祭司が、7つの角笛をもって、主の箱の前を行き、
6日間町の周囲を一回まわり、7日目だけは7回まわった。
民がときの声をあげ、角笛を吹き鳴らすと、城壁が崩れ落ちた〜

その現場、モヘンジョ・ダロ
http://mato me.naver.jp/odai/2133812678463973001
〜遺跡で見つかった白骨遺体46体は突如、死がやってきたような状態であった。
そのうちの9体には高温で加熱された跡が残っていた。〜

518 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:22:21.45 ID:8+QzpgTK0.net
>>515
そんなことぜったいありません。

519 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:22:57.44 ID:fUpdU31a0.net
西洋ってのはほんとに神を作りたがるよな
脳みその作りの違いかな


東洋は、「空」という世界観のみが存在し、本来、仏教の世界においても
神など存在しない。シャカは一言も「神の存在」を認めてはいない。
あれは後の弟子たちが勝手に神を作ったに過ぎない

520 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:23:52.48 ID:9yFEmczu0.net
>>509
アインシュタインは神の存在をきちんと否定してる
プランクは昔の人間だ
キリスト的風習に従って生きてきたが
その内容が真理で正しいとは思っちゃいないだろ

521 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:24:57.38 ID:ZLWSbCiS0.net
>>495
それは現在説明できないものを「万能な何か」で無理矢理納得させてるだけで、説得力もくそもない
何らかの疑問に対して「そりゃ神様のしわざだ」と言って納得してしまったら
「そうか神様のしわざか、そりゃ理解できねえはずだ、しかたねえ」と、他のレスにもあるように思考が停止する

522 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:25:03.83 ID:ELYqyN370.net
>>516
これを見たら分かった気になれるんじゃないかな?
http://www.youtube.com/watch?v=vnJre6NzlOQ

523 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:25:14.60 ID:fUpdU31a0.net
だいたいアダムやイブ、エデンの園など、
キリスト教の世界観がウソでたらめのおとぎ話くらい幼稚園児でもわかるわ
それを大の大人が信じる。アホか。
人間は考えすぎて頭がショートしそうになると、思考が2歳児に戻るってことか

524 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:25:33.77 ID:i8Eg0rSt0.net
天才の自分でさえ解明できない事は神様のせいにしたい自尊心から

525 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:25:36.14 ID:I46uITLv0.net
不可知論者なんだろ

実際に宇宙全部を見回して確認した訳じゃないんだから、いるかもしれないだろう

526 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:26:42.01 ID:+QWL7r+D0.net
>>512 何を言ってるのか、さっぱり分からない。
例えば、間違った業績も少なからずあったが、無神論=共産主義であったソ連で、
多くの科学的功績が生まれていた。それをどう説明するのだ?
ロシア正教を実は黙認してたから、その神の御加護によって、ソ連の科学的功績は生まれたとでも言うのか?

527 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:27:32.53 ID:8+QzpgTK0.net
>>519
脳みその作りというより、
住んでいた国土が敵と陸続きだったりして
常に戦う必要があったからじゃないかな。
そう言う土地柄では民の団結のために神様は1つ出なければならず、
その神の元に心を合わせて信念をもって敵を打ち破る必要があった。
敵だけでなく、自然に対しても。

かたや日本とか東南アジアなんかどれーっとしてても食うには困らんしw
異国の敵なんかこないからあんまり緊張せんでいいし、
そう言うとこだと自然みーーーーーーーんな神様♪
みたいな極めて平和的でちょいといい加減な神様になるんでないかい

528 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:27:33.75 ID:EZiildT20.net
>>508
実は納期遅れに遅れてたかも
伝票だけは担当者がごり押しで七日で検収印押してもらってさ

529 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:27:46.77 ID:7lBX+LK40.net
>>1
>しかし、自ら体験したことで懐疑論者から有神論者に転じました。
オウムに行った連中と同じ。
自分の判断力に自信を持っているから騙され易い。

530 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:28:03.78 ID:ywJJ2aXv0.net
傲慢な人間ども…神を信じなくなったら終わりだよ

531 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:28:53.99 ID:I46uITLv0.net
>>527
ならない

侵略戦争しまくりのローマ帝国は多神教

532 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:29:43.77 ID:FiOwO5HV0.net
>>519
八百万の「神」というのはしょせん
日本に来た数ある民族のご先祖の象徴に過ぎないんですよ
アマテラスもタカミムスビもオモイカネも。

ただし、それらは全て唯一神GODの子孫なので
キリスト教やらの「神=GOD」の定義と矛盾しないのです。

・アマテラスは ヤペテ+ハム
・タカミムスビは ハム+セム
・オモイカネは ヤペテ+セム
の系統からGODのDNAを受け継いでいる。

533 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:29:50.36 ID:EZXDRvf/0.net
>>516
実際に観測したかどうかにかかわらず
観測可能な状況であったというだけで観測したのと同じ状態になるってこと

ふたを開けるまで生きているか死んでるかわからない猫が詰まった箱があるとする
それは上手く箱ごと観測すれば生と死が干渉した波形が得られるけど
もしふたの閉め方が甘く鳴き声や足音が聞けるようなら
実際に観測者が聞いたか聞いていないかにかかわらず生か死かどちらかに固定される

534 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:30:42.64 ID:9yFEmczu0.net
経理の智子
このスレ立てて見てんだろ
オカルト雑誌やオカルトサイトの
収益がかんばしくないんだろ?
馬鹿は2chの板汚しになるから
チョロチョロ出てくんなよ
臭いから
オカルト板から出てくるな

535 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:30:55.63 ID:FiOwO5HV0.net
>>523
エデンはパミール高原あたりですよ

536 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:31:23.12 ID:LUrmUsCe0.net
蓄積された先祖の記憶

537 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:32:19.40 ID:EZiildT20.net
>>521
神様の仕業だからこそ、神様の本当の声を自分の力で正しく聞きたい、という形だってあるんでないの?
むしろその方が思考を前に進める原動力として強力なエネルギーになりえる気もするんだけど

君のその考え方こそステロタイプの思考停止かもよ

538 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:33:43.15 ID:8+QzpgTK0.net
>>531
そして皆やがてキリスト教を受け入れた。
臣民一体になれた。

539 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:36:00.32 ID:L5ifRRA00.net
GODはパチンコ屋で見たことがある

540 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:36:58.94 ID:ygLRYUny0.net
>>486
>この世の物は全て原因と結果があり

この因果は神には当てはまらないんだな
因果の法則を作ったのは神であり因果の外ってところか
まあどうとでも言えますわな。愚かな質問だった
神の設定はいくらでも作り出せる

541 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:37:41.23 ID:bkHSZ3wO0.net
>>522
なるほど
観測者の観測するという行為、観測者の観測対象に向けた意識が、量子の在り方に影響を与えたとも解釈できますよね

542 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:37:43.67 ID:EZXDRvf/0.net
>>537
>>521は自身の考えを言っているのに対して
>>537は科学者の考えをお前が勝手に代弁してるんだよな
それお前の妄想だから

543 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:38:11.83 ID:9yFEmczu0.net
>>514
そんな内容まで知らんわ
宗教裁判自体が狂ってんだよ
今のイスラムとそっくりじゃないか

544 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:38:57.01 ID:+QWL7r+D0.net
>>537 それはいわゆる精神的な原動力であったり、精神的営為という事で、
どんな人にも一般的に存在しておかしくない特質である。
心情的に神を信じてても特に問題はないわけだよ。

理性を優先させ仮説を積み上げていく科学研究においては、神を持ち出さない。
科学論文の中に神という項目での論理を入れず、そのように表にさえ出さなければ、
その研究を続けた精神を支えてたのが、神への信仰心であったとしても、何も問題はない。

545 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:39:59.56 ID:FiOwO5HV0.net
>>523
ちなみに、なんでエデン=パミールかというと

神のDNAが入ったY-DNAハプログループは
Gーアブラム、Qーセム、DEーハム、Nーヤペテ なんだけど
不思議なことに、パミール高原付近でこの4つの型が見つかるらしいねんな

546 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:40:35.51 ID:EZiildT20.net
>>542
少なくとも「神を信じることが思考停止につながる」ということを証明するものはないよな
そうあって欲しいというのがむしろ妄想

547 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:42:45.32 ID:vldzTQR/0.net
アリストテレスが悪いんだよ

絶対零度が不動とかエーテルとかさ
第一動者なんてキャラ設定するから
第一動者死んじゃうよ?、死んでるけど

量子論との論争のなかで相対性理論
更にその中からビックバン仮説が生まれ

「ビックバンの最初の一撃こそアリストテレスの言う第一動者(神)や!」
と落ち着くかと思ったが、「CP対称性の破れ」が出てきて、また死亡

何度死んでるんだ神は・・・

まあ悪いのはアリストテレスなんだけどね
アリストテレスさえ居なけりゃ、結局神は死ぬ事はなかった
第一動者ってキャラ設定がねえ・・・

科学を進化させるのに決して無駄ではなかったけどさ

でも神を殺した理論「対称性の破れ」で
日本人がノーベル賞貰う始末だし

神は死んだ、ニーチェが言うまでも無く
神が全てを創造したというキャラ設定止めれば
神は死なずに済みます、実に簡単なことです

アリストテレスが悪いんだよ

548 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:43:07.36 ID:CaCEgT9G0.net
>>543
そもそもガリレオ裁判は、あったって証拠ないんだぞ?

549 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:43:24.69 ID:ZLWSbCiS0.net
>>529
自分の判断を絶対と信じてるというのはある意味神を信じてるみたいなもんだよね
信奉する対象が自分の判断から神に変わっただけで、態度は同じだと思う
まともな科学者は「現時点で最も適切な説明」を選択しているだけで
常に「いつか否定される可能性」を念頭に置いて、時には自らそれを行なったりもする

550 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:44:48.79 ID:2NXsW6gf0.net
そもそも中国人は劣等だの韓国人は劣等だののトンデモ優生学が流行る2ちゃんだって、
一種の宗教的土壌があるわけだろう。
神道それ自体が出自優位の考えに近いからな。

551 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:46:09.86 ID:EZiildT20.net
>>544
そうそう。
だから「神を信じれば信じるほど、素晴らしい科学的業績に辿り着ける。そしてそのことでさらに神を信じるようになる。」
という循環も当然考えられるんだよな。
「科学者として業績を残したければ、強く神を信じることができる資質が必要である」という考え方が
一般論として認知される矛盾のない世界も構造としてあり得る。

552 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:47:33.51 ID:8+QzpgTK0.net
キリスト教ってなんでああも罪悪感煽るんだろう。
キリスト教の教えがある父親1人の子供に対する態度だったとしたら
確実に児童虐待で親権取り上げられてるよw

ジーザスの発言って、例をあげると、
「おれ、神の子供だけど大丈夫、お前らと同じ肉体もってるから兄弟兄弟一緒だよ♪
あ、でも言っとくけどおれのかーちゃんは処女で汚くないし。お前のかーちゃんとは違うから
そこ重要だよ!」
とか、「お前ら生まれながらに罪人だけど悔い改めたら大丈夫。許してやっから。」
とか、最後に心の弱いユダに「お前おれのこと裏切るし。でも許してやる」とか
言ってもなんの意味のないことわざわざ言うし。

本当に気持ち悪すぎる。

553 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:48:39.54 ID:FiOwO5HV0.net
>>545つづき
で、神と交配してないヒトのハプログループの原始的な型はインドで見つかる。

ので、多分、
神とヒトは長い間別に進化したのだが
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

神はカラコルム山脈当たりの山奥にいて
インドにいた無印のヒトを拾って子どもを産ませ
新しく出来た人種をパミール高原あたりのエデンに住まわせた。

神は最後の一個体になってしまってたので
ヒトに子を産ませることでDNAを残そうとしたのよね

554 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:48:55.92 ID:ZLWSbCiS0.net
>>537
そういうモチベーションの人がいても否定しないよ
ただ、なんでそこに神様を持ってくるの?神の仕業を正しく聞きたいじゃなく、現象を正しく認識したいじゃダメなん? と思うだけ

555 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:50:03.02 ID:+QWL7r+D0.net
>>551 でもそれは、それですぐに「神の存在」の証明とはなりませんね。
単に考え方として、その「神への信仰というような思考方式が有利に働く場合がある」といった現象への説明とはなるでしょうけど。

556 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:50:11.67 ID:YP8SWNsA0.net
世界というかこの宇宙には何らかの法則があって
それを解き明かすことを一生の仕事にしてる人らが
この世界の構造そのものが決まったプロセスを神の御技と呼びたい気持ちはわかる

557 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:50:33.49 ID:EZiildT20.net
>>549
そうそう。
だからこそ「現在の自分や自分の考えがちっぽけなもの」としてより思考を前進させるためのツールとして、
自分よりはるかに大きな存在=神のイメージ利用することはものすごく理にかなってるんだよな。

558 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:50:41.15 ID:FiOwO5HV0.net
>>554
だよね。神という生命現象を生物学的に平熱で語ろう。
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

559 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:51:15.04 ID:YP8SWNsA0.net
科学者のいう神様は、ムカつくやつを懲らしめてくれる正義漢みたいな
しょぼい存在ではない

560 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:51:19.45 ID:2NXsW6gf0.net
>>554
横だが、現象を正しく認識するっていうのは、「背後に法則が在る」ってことだろう。
で、現象の背後には必ず法則があるというのは別に実証されてることでもないし、
昔ならなおさら「世界は秩序立って創造されている」と考えるほうが尤もらしいし、
モチベも上がる。

561 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:52:53.81 ID:FiOwO5HV0.net
まーたゲーム脳の法則野郎か

562 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:53:12.31 ID:PY1Tv9FA0.net
著名なほど周りにすぐには理解されないことやってたわけだし
何らかの信条がないとそんなことやってらんなくね

563 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:54:24.81 ID:mVaF0G/o0.net
>>562
それありそうだよな。

564 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:55:25.93 ID:FiOwO5HV0.net
>>562
そう思う。
どれだけの人に無視されようが石投げられようが
「それでも神は見ている、知っている」って

565 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:55:39.36 ID:LUrmUsCe0.net
先祖の記憶が我を導く

566 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:56:50.07 ID:HUWyejmS0.net
単に現象を理解する、っていうだけなら、殺されてまでやる必要ないんだよね。
東洋思想が現世利益に拘って、科学を発展させなかったのもこのへんに理由がありそう。

567 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:57:19.50 ID:ZLWSbCiS0.net
>>557
自分より遥かに大きな存在とかいう時点で神有りきの考え方だよね
物理的に長さや質量が大きいというだけならわざわざ神を持ってくる必要はないし
物理的じゃないんなら何がどう大きいの?

568 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:57:21.34 ID:EZiildT20.net
>>555
でも、「神だ神だ」と言ってる人たちが神の存在証明をしたがってるとは限らないでしょ?
神というイメージが人間に与えるエネルギーが強力すぎて、悪用する人間が多いから嫌悪感を示す人が多いだけで
なら神が人間の社会に満ち溢れているのも当然だし、神抜きに思考するのはエネルギー効率が悪いのでは?

569 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:58:06.89 ID:ygLRYUny0.net
>>551
神の存在を信じてやまない科学者なら神の証明に一生を費やすと思うんだがなあ
神はあくまでモチベーションを上げるためのツールだと割りきれるものなのか
割りきれるなら、それは神を信じていると言えるのか甚だ疑問ですなあ

570 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:58:15.71 ID:8+QzpgTK0.net
>>562
そうは思わない。
周りに理解されないことをしている人は
それをやっているとむっちゃくちゃ楽しいの。
神様なんて意味不明なもんに頼る必要なんか全く感じないほど没頭できるの。
他人がどう思うかなんてことが頭によぎらないほどに。

571 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:58:21.42 ID:8a4wDE5r0.net
日本人科学者の場合は、優秀な人も多いがクリスチャン比率は低いので、
優秀さと神への信仰というのは、必ず関係性を持つとは限らないと言えそうかな。
おそらくこの記事で言ってる神は、キリスト教などの一神教の神だと思えるのでね。

572 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:59:49.88 ID:bkHSZ3wO0.net
>>533
すんません、意味がわからん。
例えは、シュレディンガーの猫というやつでしょ。
観測可能な状況である事と、実際に観測する事はイコールではないと思うけど。
まぁ、人間の観測するという行為が、ニャンコの生死に影響を与えないと言いたい事は分かった。

573 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:00:23.94 ID:FJerpCJl0.net
>>554
それは順番が逆なんだよ
現象を支える不変で普遍的な法則が存在するという科学の大前提自体が
宗教的な信念を出処にしてる

574 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:00:34.71 ID:FiOwO5HV0.net
>>565
まあ、現代では、
その「先祖の記憶」ってのはDNAに刻まれてる事が判明してるわけで。

カインとアベルの話で、アベルは子羊を育てていたけど
このアベルはヤペテと同一民族で
>>532で書いた通りアマテラスはヤペテ(アベル)の子孫で
アマテラスの子孫すなわちアベルの子孫である天皇陛下は今も動物大好きだ

575 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:01:36.26 ID:9yFEmczu0.net
>>546
アホか
信じる時点で思考停止してんだよ
信じてんじゃないよ、疑って思考してみろよ
宗教的迷信から現代科学へ進めた、その入り口は
全てを疑う精神
今でも科学理論は、疑われ思考され議論され、実証を求める
誰でも何時でも、その科学理論を疑える
宗教はどうだ
疑って本当に正しいか、議論されているのか

576 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:01:47.29 ID:HUWyejmS0.net
>>569
神の存在証明なら昔から出てるし、かなり緻密に考えられてるからムダなんじゃないか。
デカルトもライプニッツもやってるし。

ちなみに神の存在証明って「宇宙が科学的であることの証明」に近いから、
近代科学の夜明けなんだよね。

577 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:02:04.83 ID:FiOwO5HV0.net
>>570 やってから言えな???

それからついでに生物学的に神を理解してちょ
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

578 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:02:44.17 ID:YP8SWNsA0.net
世界には幾つかの力があって
それがどう結びついてるかの統一理論を目指して過去100年ずっと研究してる

たまにすげー発見もあるらしいから勉強するがいい

579 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:02:57.17 ID:jkeBcnh40.net
自分より上の存在をとりあえず作っとかないとと言う考え

580 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:03:03.77 ID:EZiildT20.net
ご飯を食べるように神を信じて、そのエネルギーで思考をフル回転させて科学的業績を積み上げていけばいい
そのテクニックを使いこなす技術的優劣が科学者としての資質の優劣だよ

581 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:03:27.37 ID:KQVPOVhI0.net
個人の信念の段階においては
神の存在を証明したがっている科学者もいるし
神の非存在を証明したがっている科学者もいる
だが分別ある科学者は私的な信念と公的な科学観を別に考えている

>反証主義は、「科学がどのように実行されるべきか」を示すものであって、
>「科学がどのように実行されているか」を示すものではありません。
(高橋昌一郎著『知性の限界――不可測性・不確実性・不可知性』 P139)

科学者が合意しているのは「科学がどのように実行されるべきか」という問題についてであって
「何を目的として科学を実行するか」ではない
後者は問題にすらならない
それは個人の信念にすぎないからだ
ゆえに>>440が主張している
>科学はそれらを、「神なし」で説明しようとしてる
ということはあり得ない
「何を目的として科学を実行するか」という問題は科学とは何の関係もないからだ
それは“科学”ではなく“科学者(個人)”に属する問題だ
科学者も人間であるから憶測に基づく信念を持つ
だがよい学者は公私混同などしないものだ
私は公私混同する学者を“不良”と呼称する

582 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:03:31.68 ID:FJerpCJl0.net
>>569
神(の摂理)の証明に一生を費やしているのが科学者だ

583 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:03:41.37 ID:j8OnKCGP0.net
神なんていないんだすべて科学で説明できるんだと深く研究すればするほど
神の見えざる手のような科学ではどうしても説明できない不思議なものの存在を感じるようになるとか?

584 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:04:28.03 ID:FiOwO5HV0.net
考えて見つけるまではそれは楽しいけれど
どう考えたって全人類に関係ある真実なのに
聞こうとしない人、せっせと隠そうとするおカルトには
むっかついてむっかついて仕方ないわ
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

585 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:05:37.03 ID:YP8SWNsA0.net
いわゆる神様って

エネルギー保存則とか色んなもの無視して
時間も運命も全て意のままにできるような法則無視のチート的存在
を想定してるんだろうね

そういう存在が箱庭的に宇宙の法則を定めた
見たいな考えはわからんでもない

586 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:05:58.01 ID:9yFEmczu0.net
>>582
下らん言葉遊びだな
「宇宙の真理」
「宇宙の始まり」
で充分だよね

587 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:07:18.03 ID:YP8SWNsA0.net
僧侶が信じる神と科学者が信じる神は別やで

588 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:07:53.07 ID:EZiildT20.net
>>575
その科学的思考の様式が神よりすぐれているということ自体を1週間のうち3日ぐらいは疑ってみなよ。
そしてさらに3日ぐらい、神が存在するとして思考してみなよ。
思考停止させないでやってみな。

589 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:08:35.66 ID:8+QzpgTK0.net
>>577
やってから言えって言うけど
本当に心から打ち込めるものに没頭してるときって
他の何もいらないよ。ものすごく幸せな状態だよ。
研究に打ち込んでるひとならまわりにいくらでもいるけど
「おお神よ」なんて言う人いませんw
「科研費当ててくれー」って喚く人ならいくらでもいるけどwww

590 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:09:51.70 ID:5PZedJpg0.net
>>568>>569

神への信仰心  →  精神性や心情面を担当
理性優先の知的活動  →  客観的考察の科学探求を担当


人格の全てが、完全に矛盾なく論理的構築できてるという人間は皆無なので、
それで全く問題ない。
人格そのものを無矛盾にしてからしか科学者になれないのなら、千万人に1人も適格者はいないだろう。
そしてもしその無矛盾を達成できた人物がいるとしたら、もう「発狂」してしまってるだろうね。

591 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:09:58.11 ID:YP8SWNsA0.net
>>588
お前のような科学の基本ルールを無視して感情で処理する馬鹿が
暗黒の中世を生み出したわけで

592 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:10:02.76 ID:HUWyejmS0.net
>>589
べつに科研費がどうこういうレベルなら要らないんじゃないか。
問題は社会から問題視されるようなレベルの思考ができるのか、って話だし。
歴史的に科学革命をしてるひとは、なにかしらの信仰にすがってるね。

593 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:10:45.28 ID:FiOwO5HV0.net
どんな宗教も、元は唯一の生物「GOD」を語り継ぐための仕組み。
でも今は政治利用されるだけのものに成り果ててるのだから

もう神を説明するのは生物学に任せて
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

宗教はもう過去の遺物として葬ればいいよ

594 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:11:38.08 ID:9yFEmczu0.net
>>588
神がいることを実証してみようか?
一度として存在を確かめられない物を
有るって言うんじゃ無理がある
単なる妄想、迷信だよね
とりあえず、神の存在について、考えてみたけど?

595 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:12:18.21 ID:YP8SWNsA0.net
発狂してるアホが何人かおるけど
黒魔法でも食らったのか?

596 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:13:47.91 ID:EZiildT20.net
>>591
現代のブラック社会は暗黒ではないと?

597 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:15:03.30 ID:EZiildT20.net
神様を信じてみなよ♪
いいことがいっぱい起こるよ♪

598 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:16:08.33 ID:8+QzpgTK0.net
>>592
コツコツ小さな研究をすることによって
やがて大きな成果を生み出すために科研費は必要不可欠ですよw
そして小さな研究は科学革命かなんかしらんけど
あなたの思う大掛かりな研究と相反するものではないよ

599 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:16:51.62 ID:FiOwO5HV0.net
>>596
デーモンの子孫のゲルマンや鮮卑(ゾンビ)が
まともな種に戦争をさせ殺して自分たちの子どもを増やしているのが原因
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

600 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:17:17.77 ID:8+QzpgTK0.net
CERNで神様の話なんかしても鼻で笑われると思う。

601 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:17:58.41 ID:ygLRYUny0.net
>>576
神の存在証明を否定する反論も他の哲学者から出てますよ

602 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:19:06.94 ID:9yFEmczu0.net
>>597
小保方のSTAP細胞はありまーす
以下の思考能力だと
自覚してんの?
無いものを信じて
頭、大丈夫?

603 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:19:25.79 ID:FiOwO5HV0.net
>>600
うん、神様の話は生物学の領域だもん。

604 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:19:50.77 ID:HUWyejmS0.net
>>598
うえで出てるのは、こつこつした研究じゃなくて、
社会的に孤立するような場合にすがるものが必要なんじゃないか、って話なわけで、
あなたのレスは文脈に合ってないよ。

605 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:19:53.44 ID:EZiildT20.net
科学者としての名声を一身に受けるような人たちは「あれ、俺って神様に愛されてるのかも♪」なんて思っちゃうだろうし、
業績の出ない人達や、誰かに先をこされて名声を手に入れそこなった人は心の中で神を呪うだろうし

そういうことじゃね?

606 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:20:16.82 ID:X8G5SHZ30.net
国連暇そうだな

607 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:20:32.28 ID:7B9kbwjm0.net
このスレまだあったのか。
もう6スレって、宗教ネタってみんな関心ありすぎ。

608 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:20:43.24 ID:kYLjsZRa0.net
CERNこそおかしな話出てきてるじゃないか

609 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:20:51.50 ID:5PZedJpg0.net
>>600 その二つを無理やり結び付けたのが、
「ダヴィンチ・コード」の次回作のやつ。「天使と悪魔」だったっけ。
映画でしか見てないのだが、よく考えてはいるんだろうけど、あんまし面白くなかった。
原作本はもっと蘊蓄多くて、そこら楽しめるなら、そっちの方がよかったかもね。

610 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:21:28.39 ID:wpgHJNF5O.net
>>593
もうビックリするほど見当違いなんだけど
多分バカには何を言っても無駄だから言わない

611 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:22:05.16 ID:ZLWSbCiS0.net
>>568
>神というイメージが人間に与えるエネルギーが強力すぎて
あなたはそうかもしれないがおれは感じたことがない
だからいくらすごいパワーを持ってるんだよ!と言われてもピンとこない
前も書いたが神の存在を実験や観察のモチベーションにする人がいるかもしれないことを否定はしない
でもそれは論文には必要ないし人類の共通言語にはなり得ない
万能な何かを神としてイメージすることが共通言語になり得るならば、現在起こってる戦争のいくつかは終わるんじゃね?

>なら神が人間の社会に満ち溢れているのも当然だし、神抜きに思考するのはエネルギー効率が悪いのでは?
ここに飛躍する意味がわからない
悪用する人は神を都合よく利用して金に変えてるだけで信じちゃいないだろ
もしそうなら社会に満ち溢れてる神は悪魔じゃね?
確かに他人を蹴落としてのし上がるには悪魔的思考をした方が効率いいかもな!

612 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:22:46.57 ID:p36Mt0Bj0.net
>>607
宗教は日本人の心の穴
宗教教育を受けてないからなんだかんだでコンプレックスと興味がある

613 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:22:53.94 ID:5PZedJpg0.net
>>603 
神を「生身」と考えてるわけ?

それはちょっと違うんじゃないの?神を信じる派でも、神を「生身」とは考えてないのでは?

  

614 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:22:58.78 ID:FiOwO5HV0.net
>>610
ぐうの音もでないくせに負け犬が吠えんな(^^)

神はいたんだよ、ただ一個体のヒト科の生物として
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

615 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:24:06.65 ID:FiOwO5HV0.net
>>613
そうね。だからむしろ
「神は生きていた」という真実は、宗教側にとって不都合だろうね

616 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:24:10.45 ID:0CUKkvV70.net
悪魔教教祖

デーモン小暮閣下

617 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:24:57.15 ID:/v7Qq5wf0.net
万物は創造主が作った
創造主は完璧なのでこの世には完璧には法則みたいなものがあるはずだ
神に近づきたいのでその法則を見つけよう

科学は強烈な信仰から始まっている

618 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:26:09.94 ID:EZiildT20.net
科学者のほとんどは科学者じゃなく、論文を書くためにネタを探し回るライターにすぎないからな

619 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:26:15.59 ID:9yFEmczu0.net
>>617
これが現実
全米科学アカデミーの93%が無神論者、不可知論者

620 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:26:21.57 ID:8+QzpgTK0.net
生き神様はすべからく壺売りつけたり
変な健康器具(科学的に証明されたと言う触れ込み付きw)
売れつけたりするので注意しましょう。

621 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:27:24.66 ID:FiOwO5HV0.net
>>615
あっ「生きていた」って今も生存してるみたいじゃん
「神はかつて生きていた」ね

622 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:29:06.16 ID:FiOwO5HV0.net
>>620
ID:8+QzpgTK0、あなたもうやめたら?
おカルトな馬脚見え始めてるよ
原子核が梅干しの種の話は面白かったけど

623 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:29:21.73 ID:EZiildT20.net
>>619
アカデミーは科学者じゃなく論文を書くことを生業とするライターで構成されてるからな

624 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:30:58.54 ID:ygLRYUny0.net
>>590
なぜ、そのように完全に切り離せるのか疑問なんですよね
言い換えると、なぜ信仰に留めておけるのか
俺は神の存在を信じていないので、神を単なるモチベーションアップのツールだと
割りきる考えをすんなり受け入れることができる。まあいないだろうと思っているから
これが仮に神の存在を信じているならば、証明したくてたまらないだろうと思うが
信じるということは、何らかの確証を得ているわけだろう?

625 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:31:51.85 ID:8+QzpgTK0.net
貧しくて、頭の悪い人には神様はうってつけの存在だよ。
「おお神さま、私をお護りください」って教会で祈りさえすれば
堂々と現状を維持できる。
そう言う人々にとって1番嫌なのは
自分で考えて現状を変えること。それが1番しんどい。
それが嫌な人には信仰はもっとも高級な言い訳になる。思考停止のための。
怠惰でいつづけるための。

626 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:32:13.71 ID:ZLWSbCiS0.net
>>621
じゃあ神の化石でも出てきてんのか
神の遺伝子は途絶えたのか
途絶えてないなら神の子孫は今どこで何をしてんのか

627 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:33:07.15 ID:EZiildT20.net
だからね、歴史のある時点までは信仰が強力な社会が思考の足かせとなって、
足枷を外すために神を否定する強力な反動が必要だったんだよ
今はむしろその逆で、神をイメージしてその視点から世界を捉えてみるぐらいでないと思考が停滞してしまう

628 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:33:13.54 ID:p36Mt0Bj0.net
>>625
神様にお願いするというのが典型的な日本人のキリスト教イメージだけど
全然違うぞ

629 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:33:24.39 ID:eoqajwqT0.net
アインシュタインとか
不倫しまくった癖に信心深いの?

まあ、モルモン教的にはOKか

630 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:36:23.63 ID:EZiildT20.net
>>624
>何らかの確証を得ているわけだろう?

それは内省と直観だろ?新しい、何も頼るものがまだない世界に踏み出す時に個々人がもつ唯一のツールだよ

631 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:36:46.25 ID:8+QzpgTK0.net
>>628
facebook見てると面白いよ
アンチキリスト教のページなんかが「祈ってなんになるんだよ。
かわいそうな人に神のご加護をって、言うのはタダだけど、何にもならんで?」
って最近よくシェアされてきてる。こんな発言がよく聞かれるようになるって90年代には
考えられなかったんじゃないかな。

632 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:36:53.04 ID:9yFEmczu0.net
>>623
中世のままの脳みそじゃヤバいから
疑って思考できるように、ならないとな
突き放して客観視して語れるようにならないと
学問の分野においては
あんたは、おそらく一歩も歩めていない
だから発展途上国では、今でも迷信によって思考停止し
発展せず、何も生み出せない

633 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:37:16.51 ID:FiOwO5HV0.net
>>626
だからさ、神は繁殖力弱くてオス一人になってしまったので
ヒトとの間の子を作ってDNAを残したの
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

それがアブラム、セム、ハム、ヤペテ。
でその子孫が全世界に広がった。
今生きている人類には、まあ全員少しは神の遺伝子が入ってるよ

パプワニューギニアの原住民みたいなのでさえね
あれはデビル(ホモ・エレクトス)の血も多いから人喰い人種なだけで

634 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:39:01.82 ID:EZiildT20.net
>>632
そして日本は少子化で高齢化が進み、破綻しようとしている

635 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:39:16.85 ID:8+QzpgTK0.net
>>633
え、人間の祖先はアフリカにいた1人の女性からだってきいてるんですけど。

636 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:40:05.03 ID:9yFEmczu0.net
>>634
あんたは何教なんだ?

637 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:41:01.51 ID:52vk+C200.net
UFOっぽいのならみた
光が超スピードで上下して消えた

638 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:41:12.25 ID:8+QzpgTK0.net
話は違うが
真如苑信じてる女性ってなぜか美人が多いな。
あれなんでなんだろうなwww

639 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:41:20.89 ID:EZiildT20.net
>>636
うーんと、実家は真言宗

640 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:42:32.43 ID:KQVPOVhI0.net
そもそも「いつか科学が全てを解明してくれるんだ」と素朴に考えておられる方々の多くは
多分に現代科学のレベルを勘違いしている
それは初期天下一武道会のレベルとセルゲームのレベルの違いが理解できていないようなものだ
例えば、この板でもしばしば話題になるホログラフィック原理という有力宇宙論がある

>マルダセナの結果は、特定の仮説のもとでホログラフィック原理をはっきりした形にし、
>そうするなかで〈ホログラフィック多宇宙〉を初めて数学的に例証した。〔中略〕
>そのような研究結果が、
>それまでホログラフィック原理に疑いの目を向けていた大勢の物理学者を口説き落としたおかげで、
>そのあと続々と研究が行われ、何千という論文が書かれ、かなり深い理解が生まれた。
(ブライアン・グリーン著『隠れていた宇宙(下)』 P170)
>ホログラフィーの概念は、数多くの厳しい数学的検証を受け、それを無傷で切り抜けてきたため、
>自然法則の深い根源を探し求めている物理学者のあいだで主流になりつつある。
(同上 P180)
>ホログラフィック原理が正しいという話は、どれくらい信頼すべきなのだろうか?〔中略〕
>これらの考えのどれにも実験のメスが入っていないので、将来の進展によっては、
>このようなきわめて重要な中間段階が間違っているという指摘を受け入れざるをえない可能性が
>(私の意見ではほとんどありえないが)あることも確かだ。
(同上 P167,168)
>〈ホログラフィック多宇宙〉は、
>実証済みの理論−−一般相対性理論と量子力学−−の検討から現われたものであり、
>ひも理論による最強の理論的裏付けがある。
>ホログラフィーにもとづく計算はすでに、重イオン衝突型加速器の実験結果と暫定的に合致していて、
>あらゆる兆候が、そのような実験とのつながりは将来的にもっと確実になることを示している。
(同上 P263,264)

>ホログラムでは物体について三次元情報をまるごと二次元のフィルムに保存できる。
>どうやらブラックホールはホログラムと同じく、
>三次元分の情報−−事象の地平を越えた(三次元の)物質すべて−−を二次元の媒体
>−−ブラックホールの事象の地平面−−に記録しているように思われる。
>一九九三年にオランダの物理学者ヘラルデュス・トホーフトが
>(この人は一九九九年に別の仕事でノーベル賞を与えられることになる)、
>ホログラフィー原理と呼ばれるものを唱えた。
>かなりしっかりした理論上の根拠をもってブラックホールの物理を宇宙全体に広げるものだ。
>この原理が正しければ、ある意味で私たち自身もホログラムかもしれない。
>自分は三次元の存在であると錯覚して悩んでいる、二次元の生物にすぎないのかもしれないのだ。
(チャールズ・サイフェ著『宇宙を復号(デコード)する―量子情報理論が解読する、宇宙という驚くべき暗号』 P305,306)

>プリンストン大学の物理学者でトホーフトの元学生だったフェアリンデは言う。
>「時空は0と1の集まりから生まれてくる」。
>物理学者は、2次元面上の情報がこの世界のすべての情報を担うというホログラフィック原理が
>おおむね正しいと思っている。しかし、すべてが解決したわけではない。
>この世界の情報がどのようにコード化されているのか、
>自然界がどのように0と1のビットを処理しているのか、
>どのような処理の結果この世界が現れるのかといった問題は謎のままだ。
>宇宙はコンピューターのようなもので、その内部の情報が、
>私たちが物理的実体と考えているものを作り出しているのではないかと物理学者は考えている。
(別冊日経サイエンス『実在とは何か?』 P106)

我々は全ての謎を解明できるどころか、レンダリングされた単なるデータ(二次元人)かもしれない
我々はセルを倒せると信じこんでいるミスター・サタンかもしれないのだ

641 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:43:16.01 ID:5PZedJpg0.net
>>624 >これが仮に神の存在を信じているならば、証明したくてたまらないだろう

科学として通用する「仮説」にまで持っていけるという要素が揃わないからだろう。
だからそれらが揃えば、「神の実在」研究というのを「科学的」に行なうという者も出て来るだろう。
すくなくとも21世紀現在では、科学的研究テーマを「神の実在証明」とした場合は、
大学機関や研究費が降りてこないはずなので、不可能となってるという極めて現実的な壁がある。

ちなみにちょっと面白いと思うのは、旧約聖書の記述を基に「進化論否定」をやってる信者が多いが、
旧約聖書のみを聖典とし、そして敬虔なユダヤ教徒でありながら、優秀な生物学者は多数存在する。
ダーウィンの進化論についても当然認めてるはずだ。そこらはどう上手に脳内で区分け出来てるのかな?って。

642 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:43:17.57 ID:FiOwO5HV0.net
ヨソのヒトと姦淫するなと神が禁じたのは
せっかく神が分け与えた遺伝子が薄まってしまうからで

聖書によく出てくる「堕落」と言う言葉は
どうやら英語では「back slide」、後退、なんだよね
堕落するなかれ、って、つまり退化するなと言ってる

643 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:43:18.25 ID:ygLRYUny0.net
>>630
ごめん確証じゃなくて確信だな
直感的でも確信するに至るきっかけはあるわけだろ?
何らかのヒントを得たのに、それをそのまま放置して
別の仕事に取りかかる神の存在を信じてやまない科学者の存在が俺はどうも信じられないw
まあどうでもいい話ですがね

644 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:44:19.93 ID:ByZj1rBn0.net
90% 神を信じる
 9% 神を信じない
 1% 私が神だ

という普通の世界

645 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:46:54.79 ID:OJHPRkBR0.net
>>600
>>112でCERNの敷地に神様を祀ってあるとか言ってるけど、本当なの? 科学者が本当にこんなの信仰してるんだろか

646 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:47:30.08 ID:8/CklJBl0.net
例えば空間がスカスカじゃなくてみっしりと詰まっていたとしたら?
全てのものが繋がっていたとしたら?
念波が空間物質を伝って物に影響を与えられるだろうし
音も影響を与えるとしたら、音の組み合わせで作用が変わってくるだろうし
つまり呪文とかもアリと言う事になる

未開の地には不思議な力を持った人が多く居る
昔のエジプト人は頭の中に声が聞こえたが、文字が出来、科学的思考が始まると
聞こえなくなったという言い伝えがある
実は人間は想像以上の潜在能力があり、それを封じ込めてるのが科学的思考や論理的思考だとしたら?
ちなみにこれ神とは無関係の話題ですスンマセン

647 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:47:42.14 ID:EZiildT20.net
>>641
それは、パイプの下に「これはパイプではない」という文字が記されたマグリットの絵のようなものだな。
記号(言葉)と実体と絵は別々のものだから、それらは矛盾なく世界の中で共存できる。

648 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:47:57.66 ID:LdKO4I7t0.net
理化学研究所の建物を建てる時に
地鎮祭をやってたぞ。

649 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:49:07.31 ID:FiOwO5HV0.net
>>639
おや真言宗の御仁
それはアラハバキまたはアマテラスの子孫、
すなわちアベルの子孫でらっしゃる可能性大ですね

やせの大食いだったりしません?
動物好きで視力はあまりよくない。どうですかね?

650 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:49:17.72 ID:qH+iIQhd0.net
90% 髪を信じる
 9% 髪を信じない
 1% 私はハゲてない

という普通の世界

651 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:50:35.50 ID:8+QzpgTK0.net
>>645
敷地内のビルの1つの前にインドのシヴァ神の踊ってる像があるよ。
でもそれは祀ってるんじゃなくてインテリアというか、インターナショナルさを
出しているというかwそんな目的。おまけに夜その像がスポットライトに照らされて
後ろのビルに大きく踊ってる姿が影絵で映し出されて綺麗なんだ。

652 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:50:46.68 ID:FiOwO5HV0.net
>>639
あ、あと虫がすごく嫌い。寒いのは平気。とか。

653 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:51:22.01 ID:ygLRYUny0.net
>>641
通用する仮説というのは、科学的な手法で証明した仮説のことでしょ
研究はその前の段階だろう。これすら取り組まないってのはね
神の存在を信じていますが神について研究しようとは思いません
神はあくまでモチベーションを上げるツールだと認識していますって
本当に神の存在を信じてるの?って言いたくならないかな
まあ俺の感覚だからどうでもいいけどね

654 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:52:27.55 ID:EZiildT20.net
>>643
その道筋で思考をすることが、遠回りに見えて実は近道であると神から直観を通じて啓示をうけた、
という設定で脳細胞がフル回転して科学的業績をあげつづけてるのかも

周りからはおかしく見えても、その道が啓示をうけた神への最短経路だと思ってるから必死なんだよ

655 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:53:09.04 ID:FiOwO5HV0.net
>>651
シヴァ神とかアシュラとか、アマテラスやスサノオにしても
そのへんは神のDNAが濃くてほぼ神だったご先祖をキャラクター化してんのよね

656 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:54:26.24 ID:EZiildT20.net
>>649
おお、当たってる!
いくらお布施をすればもっとお話を伺えますか?

657 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:55:03.91 ID:OJHPRkBR0.net
>>651
そうなんだ。でもこんなのがある事は本当だったんだ。、

658 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:55:18.80 ID:8+QzpgTK0.net
>>655
神のDNAってハプログループはなんなんすかw
私のmtDNAはb4だすw

659 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:56:20.92 ID:FiOwO5HV0.net
方法論とか精神論はもうええから
実践的な科学的思考に移りましょうぜ〜

神は一個体の生物としてかつて生きていた
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

てか土曜の昼なんておカルトしかいないか、やっぱ

660 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:57:46.40 ID:FiOwO5HV0.net
>>658
Y-DNAは調べてないんすか?Y染色体持ってない人?

661 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:57:57.92 ID:5PZedJpg0.net
>>643 露骨なことを言うと、「信仰心」というのは、「性的嗜好」みたいなものなんだよ。
子供の頃から刷り込まれてしまってて、それをよく自覚できないし、完全改訂もほぼ不可能。

それでそればっかりに拘って、自己分析とその究明と改善ばかりやってたら、
科学者なんかに成れる暇はなくなるよ。
だからその幼少からの自我に組み込まれ、取り外しにくい「信仰心」と共に
科学者としての研究活動を続けてるというのが実際の姿だろう。

そしてキリスト教信仰などの心性は、科学探究においても割とすり合わせが上手くいき、
成功してる活用例も多いというような話だろうと思える。
本人が完全に対象化できてない方が、何かを進める原動力としては強くなりやすいので、
信仰心を自己批判し尽すなどせず、無自覚な方がモチベーションとしては高まるだろうしね。
下世話にいうとそういう話でもある。(と思う)

662 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 13:58:00.89 ID:8+QzpgTK0.net
>>657
あるけど宗教的な意味皆無だよ。花なんか備えられてないし。
ちなみにキリスト教像はマリア像含めて一切ありません。
そして、そこら中にある黒板には必ず数式がいっぱいチョークでかいてあります。
その前で舌出して写真たくさん撮りましたw

663 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:00:17.24 ID:FiOwO5HV0.net
>>656
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk
この動画を開いて、「高評価」を押してたもれ〜

664 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:00:19.35 ID:8/CklJBl0.net
>>645
神の像か悪魔の像か……
科学技術は手法に過ぎない
ショッカーだって悪魔を崇拝して、人体改造してた

665 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:03:50.88 ID:8+QzpgTK0.net
ちなみにCERNの敷地内の通りはすべて物理学者の名前がつけられている。
日本人はyukawa と tomonagaがあったと思う

666 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:04:26.86 ID:KNxp69gF0.net
科学者の9割は宗教組織から金貰って研究してんだから「神はいない」なんて言う訳ないだろ
スポンサー全否定することになるからな

667 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:05:14.72 ID:8+QzpgTK0.net
>>666
どこの誰が、どこの宗教団体から金もらってるの?

668 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:06:06.77 ID:qIv1vlUo0.net
>>1
言っとくけど神を信じている、存在を。であって宗教として信じてる訳じゃないからね?
神の定義は様々あれど、ここまで世界中で同じ概念的存在の信仰があれば何かある。と思うのが科学者って者で。
その結果神の存在を信じている。であって、宗教的な信仰は大多数が否定してると言う事は忘れちゃだめだからね?

669 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:06:22.37 ID:OJHPRkBR0.net
>>662>>664
そうなんだ。ありがとう

670 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:08:01.24 ID:ZLWSbCiS0.net
>>633
なんで神ともあろうものが繁殖力が弱いという生物として致命的な欠陥を持っているかはおいといて
オス一人になるまではたくさんいたんだろ?
化石なり墓なり死体なりは現存しないの?

671 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:09:40.69 ID:52GfAMtW0.net
人工知能が進化したら神になると思う

672 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:09:45.73 ID:2bRdJ+gr0.net
お客様は神様です。

673 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:10:23.01 ID:EZiildT20.net
神様はじめました

674 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:11:57.25 ID:EZiildT20.net
神様で中学生

675 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:12:45.47 ID:FiOwO5HV0.net
>>658
1.神のハプログループ母系(mtDNA)
現在はもう残っていない(はず)
かつてはデーモン(ネアンデルタール人)が神族のmtDNAを持っていた。
たぶん神から人さらいして子どもを産ませたんでしょう

2.神のハプログループ父系(Y-DNA)
これは世に認められる道のりは果てしなく遠いねんけど、
神の父系ハプログループはDE=ハム系
つまりアフリカやアジア特に日本・チベットで優勢な型。
だからといって
DE=ハム系民族が特にエライとか神の資質を多く受け継いでるわけではない
が、
ただ単に事実として、Y-DNA DEは神の父系ハプログループ

676 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:13:33.44 ID:FvC5j6yL0.net
>>662 >ちなみにキリスト教像はマリア像含めて一切ありません。

だから西欧的意味で、「神をも恐れぬ」というイメージがあって、
それとバチカンを結び付けた、「天使と悪魔」とかいう小説作品が書かれたわけか。

そこから盗まれた反物質が、巨大な破壊力を持つ爆弾として、バチカンの政争に使われる。
しかし実際にはそんなに反物質は地球が吹っ飛ぶ程の威力はない。と公式に発表されてたけどね。

677 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:13:55.81 ID:bd/uoJdo0.net
煽っているだけで何の議論も出来ていないな。
本当に頭が悪いやつらばかりなんだな。

678 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:14:08.69 ID:8+QzpgTK0.net
>>670
多分だけど、「処女じゃない女は中古!肉便器氏ね!」とかいって
結局結婚できなかったからじゃないの?

679 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:17:17.20 ID:8+QzpgTK0.net
>>675
ソースは?

680 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:20:50.04 ID:FiOwO5HV0.net
>>679
ソース?既知の論文とかそういうの?
新しい発見にはソースなどないよ。

論拠はときかれると説明めんどいな
だいたいあなた物理の人でしょう?
基礎知識がある生物・考古の知識がある人相手でもむずかしいのに

681 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:23:04.28 ID:xXx/EldN0.net
宇宙の96%を占めるという、謎の物質の正体すら突き止められない程度の科学的知識を根拠に、
科学者が神の存在を否定したとしても、
それはオウムの連中が神の存在を説くのと同じくらい信用できないw

現時点では、神が存在するのかしないのかは、
結局よく分からないというのが正解なんだろう。

682 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:23:14.91 ID:qH+iIQhd0.net
とんでもないあたしゃ神様だよ

683 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:23:30.30 ID:FiOwO5HV0.net
>>670
・すごい寿命長かった
・かしこくて共食いとかしない
ので、じゃんじゃか増える必要がなかった
また、オスは精子が少ない代わりに、メスが多産体質だった。

デビル・デーモンに狙われて女性をさらわれたらアウト

684 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:23:52.66 ID:8+QzpgTK0.net
>>680
神のDNAについての論文のリンク貼ってください。

685 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:24:04.94 ID:2bRdJ+gr0.net
FC2の無料でまむこ見せるヤツとか

686 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:26:50.58 ID:FiOwO5HV0.net
>>681
宇宙の謎の物質よりも、地球に生きてた生物の正体のほうが突き止めるのはたやすいに決まってるw

神はヒト科の生物ですよー、たしかにその能力は超人的だっただろうけど
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

687 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:27:33.27 ID:8+QzpgTK0.net
>>676
因みにCERNに虹彩認証システムなんかない。
映画でそれがあったし、人が無意味に白衣着てたけど
CERN歩いてる人で白衣きてるひとめったいにいないぞ。
みんなスティーブ・ジョブズみたいな格好。

688 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:27:38.24 ID:2bRdJ+gr0.net
科学で説明できない事象を否定するのは科学者の態度ではない。

689 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:27:42.52 ID:FiOwO5HV0.net
>>684 あなた研究畑の人じゃなかったの?w

690 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:29:14.54 ID:8+QzpgTK0.net
>>689
ソースを貼ってくださいw

691 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:30:10.29 ID:FiOwO5HV0.net
>>684
神のDNAについての論文なんかないよ
あなたはとりあえずハプログループの分布の知識をつけて来てね
そしたらなぜY-DEが「神」のハプログループか説明できるから

692 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:31:37.96 ID:QRMTndfO0.net
彼らは賢いから、信じておけば協力者が増え敵が減る事を知っている。

693 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:32:18.22 ID:8+QzpgTK0.net
>>691
賢い人は説明も上手なのよ。
ここで皆にわかるように「神のハプログループ」とやらについて
説明してみて?そうでなきゃリンクをはってくださいな。
英文のものでも一向にかまいません。

694 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:33:48.52 ID:FiOwO5HV0.net
>>693
もちろん見たんだよね??
https://www.youtube.com/watch?v=TLY4yJFlBDk

695 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:35:09.18 ID:FiOwO5HV0.net
>>693
で、あんたのY-DNAハプログループがDではないのもよく分かりましたよwww

696 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:35:43.10 ID:8/CklJBl0.net
逆に考えるんだ
ある宗教団体の団員じゃないと有名な科学者になれないとしたら?
オウムは目的を達するために科学を使ったが、それの大掛かりなものだとしたら?
科学者と探究者は別で、真の探究者は表に出てこれないとしたら?
そいつらが信じてる神と俺らがイメージしてる神が別物だとしたら?

697 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:36:00.33 ID:rPAzob+E0.net
闇よりもなお昏きもの 夜よりもなお深きもの 
混沌の海よ たゆたいしもの 金色なりし闇の王 
我ここに汝に願う 我ここに汝に誓う 
我が前に立ち塞がりし すべての愚かなるものに 
我と汝が力もて等しく滅びを与えんことを

698 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:36:40.40 ID:qH+iIQhd0.net
児ポ法ができる前はけっこういたんだけどね

699 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:37:32.57 ID:FiOwO5HV0.net
>>696
>ある宗教団体の団員じゃないと有名な科学者になれない

ああ、韓国のライバル研究者をチョンマスゴミにつぶさせ
弟子の発見をかっぱらってノーベル賞をもぎ取った山中さんとか??

700 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:37:41.15 ID:K+rGYvlo0.net
神の存在を知りたかったら、科学を突き詰めるか、瞑想するかしかないだろう
もしかすると超天才科学者は瞑想的な脳の使い方をしてるのかもしれん

701 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:38:07.59 ID:DxwRDtHk0.net
>>692 そうそう♪  政府の予算とらにゃならんから、無駄な喧嘩はしないんだよw

702 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:40:19.30 ID:8f5azjSi0.net
神が善だとか悪だとかと言っている
のは笑える話だ 副王は全て
ゆえに無知無能にして全知全能
絶対悪にして絶対善なのだから
何にも関われない時空の外
に追放されつつ関われる存在でもある
そんなものだ

703 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:41:32.92 ID:FiOwO5HV0.net
>>701
ええ、こういう談合おカルトが大学にはびこってんのよね

704 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:42:35.93 ID:uOcUbkKA0.net
まあ、宗教というより生き方の規範として生活した方が楽だからな。無宗教といっていても文明人はなんらかの宗教的な生活を余儀なくされてる。支配体系としては優れたシステムだよ。

705 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:43:28.83 ID:ZLWSbCiS0.net
>>683
いや、繁殖力については置いとくってば

そんなにかしこかったんならなおさら墓でもありそうなもんだが
化石なり墓なり死体はどこにもないの?

また、これが新しい発見というなら、論文はないにしても何かを発見したからそういうことが言えるんでしょ?
誰がいつ何を発見したの?

706 :妖輝緋 ◆nI1XtBVN/k :2016/10/22(土) 14:43:36.74 ID:73R+7Quj0.net
能力者のあたしから言わせて貰うと、一言で言えば

消去法

です。
科学的に突き止めようとしたゆえに、
不整合に突き当たってるんですよ。
科学者よりも医者の方が多いかもしれないですよねぇ。

上級者ならそれを逆手に取って活用している人間もいるんですよ。

そのジャンル(系統)の“部類”にまつわる一つとしては、
民事訴訟・刑事訴訟で裁かれること無くして
簡単に人を殺せる人間がこの世に普通に存在しているということかな。

707 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:45:07.82 ID:8/CklJBl0.net
>>699
その話は知らないが
真にノーベル賞をもらうべき日本人は
「ありまぁ〜す」の娘なんだよね
今年の受賞者なんか、ロックフェラー大を出てる…

708 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:46:06.13 ID:qc8cO9HCO.net
まぁ神がいなければ、きっかけが掴めない事が多い。

709 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:49:34.02 ID:EZiildT20.net
神はサイコロステーキを食べない

710 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:51:12.70 ID:FiOwO5HV0.net
>>707
小保方詐欺師の姉が創価大学勤務とかじゃなかったっけ?

>>705
目立つとこにいたら、おカルトデーモンに墓荒しされんでしょ

神の化石かなにか見つかるとしたらカラコルム山脈のK2の裏とかだよ
探しておいで

711 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:52:24.17 ID:FiOwO5HV0.net
>>709
たぶん神はコメ・麦などの穀物を食べなかった

712 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:52:37.13 ID:8/CklJBl0.net
>>700
そんな科学者が増えつつあるらしい
一般的な科学的方法論だけでは、真実に行き着けないからね
まあ出世はできないだろうけど

713 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:54:41.10 ID:LnkLbV/p0.net
量子力学な

714 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:56:57.04 ID:fw8huc+H0.net
>>698
そんな神なら八百万いてもいいんらよ

715 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:58:53.04 ID:KCR5RNaG0.net
>>540
設定も何も現実に原因と結果の法則があるからな
物事に原因があるにも関わらずこの世の全ての物、事象ではその原因を説明できない。原因にさらに原因がある
その連鎖を辿ると全ての原因の根元があるのは理屈だろ
物理法則では慣性の法則があって物質は他者に動かされなければ動くことはできない
その動かされる、動くの連鎖を辿れば最終的には自らは動かされず全てを動かす原因、不動の動者に行き着くのも理屈

716 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 14:59:59.95 ID:FiOwO5HV0.net
>>712
ちなみに私は独学+職業訓練講座でプログラマーをしていたので
ハプログループの分岐や分布のような、雑多なデータから元の形を探ったり
プログラムのバグを根気よく探ったりといった
そういう作業についてかなり鍛錬されてるんですわー

717 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:04:38.21 ID:38zU2XyA0.net
>>712 瞑想と妄想を取り違えてる?
瞑想ってそういうのじゃないぞ。
頭の中を綺麗さっぱり掃除して、思考や行動に集中させる技法のこと。
一日15分瞑想するといいと言われてるが、3分程度でも割と有効。

グーグルなどの先端企業でも取り入れられてますね。瞑想の習慣が。
でも瞑想にも、その技術や素質というのも必要で、個人的に合わないという人は
やっても余り効果ないかもしれません。

瞑想そのもので何か画期的アイディアがと期待するよりも、瞑想後くらいに
すっきりした頭で考えて上手く行く例が多いみたいな話だそうです。

718 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:06:44.64 ID:ZLWSbCiS0.net
>>710
じゃあ君は、墓はおろか化石も死体も見つかっていない過去の生物の存在に関して「新しい発見」と主張しているということでいいかな

で、その新しい発見は、いつ誰がどういう過程で見つけたの?
いや別に論文のソースを貼れとは言わないよ

719 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:08:24.14 ID:8+QzpgTK0.net
>>694
論文の1つも例に挙げられないってことは
それはあなたの脳内論ってことだよ。

720 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:10:58.81 ID:8HDflM4v0.net
>>89
ほんとこれ
うまく出来てない物はとっくに淘汰されてる

721 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:13:23.16 ID:LrY/CnwI0.net
神は物ではないのだろう

722 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:15:25.94 ID:38zU2XyA0.net
神は物質か生物か、それ以外か?

面白い疑問でもあるね。

それ以外に一票。ただし私は基本的に無神論者です。

723 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:17:09.68 ID:8+QzpgTK0.net
>>722
3次元じゃないからいても見えないとか。

724 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:21:28.85 ID:38zU2XyA0.net
>>723 次元数ではなくて、規律そのものかもしれないしね。
しかしその規律たる物理法則を決めてるのは、他の次元との関係かもしれないしね。

725 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:26:38.78 ID:FiOwO5HV0.net
>>718
何言ってんのよ
「神とはサルから進化した、ヒトの近縁種」って新しい発見じゃない?
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

たぶんこれ言ってるのは私が最初だと思うけどなあー
どういう過程で見つけたか??

Y-DEのうちEはアフリカで多いのでハム系って言われてる人種だな
Y-Dは日本とチベットで多くて、アフリカ人と同じく頭の前後が長い「長頭」の傾向がある
ので、Y-DEはまとめてハム系だな

じゃあセム系とはなんだ、
イエス・キリストはセム系らしいけどくっきり濃い顔で肌は黄色いらしい、
それってネイティブ・アメリカンとかチャンドンゴンっぽい感じか、
ネイティブ・アメリカンで優勢なハプログループはQで、、

じゃあヤペテってどんななんだ、そう言えば
Y-Nというハプログループはアジアで優勢なY-Oの兄弟型だけど
フィンランドなどに多い分布から類推するとなんかすごく背が高そう、
なんでこんなにNとOで急に差が出るのか、
単に代を重ねる中での進化や突然変異とは考えられない、
てことは、違う種が混じったんでは?違う種ってなんだ。

→あ、ハム・セム・ヤペテの先祖ってことは、それが神か

ネアンデルタールの遺伝子を多く受け継いでると知能が高いというウワサがあるけど
さすがにネアンデルタールが神そのものとは思えない、、
というところで、
ネアンデルタールと似た外形のスペインの古人骨が
ネアンデルタールと全く違うmtDNAを持っていた!
つまりそれぞれ混合しあってた可能性がある!というニュースを見て
じゃあ現在広く知られてるネアンデルタールとはどういう種なのか
ってそんな感じでいろいろ四方八方考えて考えて

こういう結論になりましてん。
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

726 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:26:53.34 ID:Sbqy/ra10.net
ビッグバン以前が解れば神はおらん

727 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:29:58.81 ID:8+QzpgTK0.net
>>725
通院してるか?薬ちゃんとのんでるんか?
ちょっと良くなったからって薬のまなくまると酷いことになるぞ。

728 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:32:21.51 ID:FiOwO5HV0.net
>>727
そんなお前の母ちゃんデベソレベルの事しか言えんのかいw
ちゃんと読んだ?動画見た?

729 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:33:40.32 ID:8+QzpgTK0.net
>>728
科学的な根拠のある話をしているつもりなら
youtubeでなく論文引用せいよ。。。
情けないわ。

730 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:41:09.49 ID:FiOwO5HV0.net
>>729
そんな研究機関とかでブイブイ論文書いてるような人間だったら
2ちゃんねるに動画貼って周知活動なんて涙ぐましいことするわけないでしょw

でも逆に言うと、そういう立場の人間じゃなくても理解できるような事なんだよ
神はかつて生きていたヒト科の生物だった。
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

731 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:44:27.68 ID:LrY/CnwI0.net
>>730
近縁種を犯しまくるヒト科の生物が人間の祖先にいたとして
なぜそれが神になるの?

732 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:45:47.48 ID:9vnSwJUr0.net
著名な中国人科学者が出てこないのも頷ける

人間の力や金の力でなんとでもなると思っている中国人は、人間の力が届かない畏怖すべきものがあると信じる人たちには及ばない

733 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:48:03.95 ID:P+daJA8p0.net
神以外が善悪の判断を規定したとしたら
それはおかしなことだよな
美醜の判断は各々でも問題ないが

734 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:49:02.23 ID:P+daJA8p0.net
>>732
コミュニストの原点は無神論者だからな

735 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:49:03.54 ID:EZXDRvf/0.net
>>ちゃんと読んだ?動画見た?

ひさしぶりに笑ったわw
勘弁してくれよ

736 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:50:24.88 ID:ZLWSbCiS0.net
>>725
百歩譲って君がそれを最初に言いだしたとしても
現時点では発見ではなく仮説だよ
だから君はこれからそれを実証しなくちゃならない
まずK2の裏側まで行って神と思われる生物の死体を発見するところからだな
それから神の遺伝子と現代人の遺伝子、猿の遺伝子を分析比較して
それらが進化の過程で分岐したと言えるだけの物的証拠が揃えて初めて
「猿からヒトへの進化の途中で分岐した別の生物が存在する」と主張できる
ただしそれはまだ、その別の生物が神であるという証明にはならない
なにせ神を見つけた人なんて歴史上いないんだからな
それはどうやって証明しようか?

737 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:50:49.72 ID:EmmiRNEB0.net
>>734 しかし同じ共産主義下のソ連は、それなりに科学的功績を上げてただろう。
 

738 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:52:35.68 ID:V/UQny/n0.net
たしかに
低脳ほど無神論者だわ

739 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:54:22.34 ID:K+rGYvlo0.net
堅い頭と浅い知識で神を理解するのは難しいだろう

740 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:54:39.01 ID:FiOwO5HV0.net
>>731
犯しまくってないよ。
未来を見据えた健全な家族計画のもとに「アダムを創造」したのよw

セム・ハム・ヤペテなどの人物像を、実際に生きている人々の先祖として推定すると
聖書に書いてあるのと符合するからね

Y-Nのヤペテはアベルと同一であり、また中国の神話の「黄帝」も同じ民族系統で
アベル・黄帝はともに動物の飼育に秀でていた。
とかね
そういった所までかっちりと辻褄が合う

741 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 15:58:26.07 ID:LwBbDGj30.net
>>737
ロシアはキリスト正教が浸透しとる。
ソ連時代を含むここ100年はよくわからんけど

742 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:00:55.68 ID:FiOwO5HV0.net
>>732
昨年のノーベル生理学・医学賞受賞者のト・ユウユウ博士を知らないとな?
この方はまさに漢方の神だった「炎帝」=カイン・セムの子孫でしょうね(^^

そんなふうに神のDNAは今も人間の中にちらばって生きている
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

743 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:01:48.84 ID:EmmiRNEB0.net
よく読んでないが、神が地球上の生物であったというのを唱えてるレスがあるようだね。
しかしそれは無理だよ。

そんな地球上の生物では、太陽も太陽系も銀河も作れないはずだから。
兆個単位の星雲がこの宇宙にはある。そしてその基盤たる宇宙空間も。
こんなのは、地球上の生物では作るのは絶対無理。

744 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:03:27.12 ID:kYLjsZRa0.net
中国は文化大革命とかやらかしてたから

745 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:03:37.74 ID:FiOwO5HV0.net
>>743
>地球上の生物では、太陽も太陽系も銀河も作れない

はあ?神が太陽系を作ったとかまだ信じてるのマジで?
頭おっかしいんじゃないの?ちゃんとお薬飲んでますか?(>_<)

746 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:04:51.81 ID:qH+iIQhd0.net
>>741
ソ連時代は宗教禁止

747 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:06:36.19 ID:EmmiRNEB0.net
>>745 一神教の神設定では、そうなってるね。神は地球も宇宙も創造している。
なお神を創造神としなくなれば、キリスト・イスラム教ともに、もう少しは軟化した態度を取りそうだ。
それが説得できるようなら、実際に彼ら信者に対して、それを教えてあげたらどう?

748 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:07:22.43 ID:LrY/CnwI0.net
>>740
人類としてのアダムにはセム・ハム・ヤペテの遺伝子がそろっているということ?
それともセム・ハム・ヤペテは別々に生まれてその総称をアダムと言っているの?

749 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:10:15.30 ID:ZGNaaM1V0.net
ネアンデルタール人も信仰や儀式を行っていたらしいね

750 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:12:20.49 ID:FiOwO5HV0.net
>>748
アダム=カイン=セム系。
だからアダムは全人類の祖先なんかじゃないんです。

ただ、セム系は神の体質を受け継いで女性がとても多産なので
地球上のかなりの人が母系からアダム(セム)系のDNAを受け継いでるとは言える

イブのほうはセト=ハムの系統。

751 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:12:44.69 ID:ZLWSbCiS0.net
>>740
それはアベルと黄帝の遺伝子分析をして初めて言えることだ
動物の飼育に秀でた人なんて腐るほどいるんだから、それだけだと単に偶然としか言われない
人に納得してもらいたかったら聞いてもらえる書き方しなきゃあ

ところで、セムハムヤペテの親父はノアじゃなかったたっけ?
君は神が人間との間に子どもを作って遺伝子を残したと言ってるが、神はノアの奥さんと密通したのか?

752 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:16:10.16 ID:nbqF2jZE0.net
.





神がいたら、こんな欠陥だらけの世界を創らんだろ。

753 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:17:33.85 ID:FiOwO5HV0.net
>>751
>セムハムヤペテの親父はノア
そう、そこんとこはウソよ。

ノアはアブラムの系統。
勝手に「お前らみんな自分らの手下だから!」って書き変えてんの。
アブラム系はそういう事するから、神にサタン化した堕天使呼ばわりされて
洪水で街を流されたりしたわけです(ー_ー;

754 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:20:26.34 ID:az8fBlnF0.net
神を信じるのが多かったのは
多分神を信じてる人なり民族なりが戦争に強かったからだろう。
結果として神を信じる事が広まったと思う。
これから平和な時代が続くと、神の代わりは法でも十分だから
神を信じることが広まらなくなる可能性が高い。
キリスト教国でも無神論者は増えてるしな。

755 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:21:22.18 ID:SvH2cFhT0.net
こんなの文字通り「信じてる」だけのこと。
あんまり頭悪いこというなよ哂われるぞ

756 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:21:47.41 ID:HQa2GUwZ0.net
哲学者「無神論の体系を完成させることができました。神様ありがとうございます」
だったりしてw

757 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:22:23.27 ID:rOMajWmK0.net
集団ストーカー末端加害者としてスカウトされるのは、・警察の実体を知らない世間知らず・低学歴
・低知能指数・知的障害者・犬中学生・外人労働者・底辺職業、ガテン系・単純労働・世の中に不満
を持っている・宗教などにすがるもの・遵法精神の無いもの・見栄っ張り・嫉妬深い・障害者・公務
員現業・精神性が中学生レベルの大人・テレビしか信用しないB層
教養の無い人たちは国家権力に疑いを持たず、 進んで自分は良い事をしていると誇りを持って集団ス
トーカーに加担してしまい ます。

集団ストーカー とは権力者が税金を使ってバカを操り、特定人物にいやがらせする工作です。

758 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:23:23.84 ID:IHC/cCok0.net
アーナタハ神を信じますか?

モルモン教かよ

759 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:24:48.48 ID:ZLWSbCiS0.net
>>753
え、でもノアは事前に箱舟指令を出されて生き残ったよね?
1人残った男の神はどういう理由で堕天使の奥さんと密通して3人も子を作って堕天使に託したの?
そもそも旧約聖書じゃノアは正しい行いをした人ってことで神に選ばれたんだろ?
なのに堕天使扱いされてるの?

760 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:25:50.50 ID:FiOwO5HV0.net
>>757
そもそもそういう民族なんだよ。
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

特にデーモンの子孫の鮮人(創価学会・幸福の科学)は、
デビルと神の無茶な交配の時点で遺伝性疾患をてんこ盛りに持ってる

761 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:27:10.24 ID:IHC/cCok0.net
日本には神の考古学者がいるぞ

ゴッドハンド藤村を忘れるなよ

762 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:30:00.08 ID:FiOwO5HV0.net
>>759
>残った男の神はどういう理由で堕天使の奥さんと密通して3人も子を作って
なに勝手に妄想してるんですか

ノアはアブラム族のうちの一人だって事。

ダメなアブラム族は「ソドムとゴモラの町」の流されたほう
選ばれた(?)アブラム族が「ノアの方舟」の御一行

763 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:32:44.45 ID:qH+iIQhd0.net
>>761
いやいや、エスパー伊藤のほうが

764 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:33:46.53 ID:d0fkQxC90.net
一神教的な神がいるかどうかは知らんがこの広い宇宙や世界に人間以上の存在がいないという方が無理がある
人類とはまったく異質なクトゥルフ神話に出てくるような存在だったらそれはそれで困るがw

765 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:36:24.62 ID:ZLWSbCiS0.net
>>762
じゃあ、たった1人残った男の神は、正しき人の奥さんと密通を重ねて、自分の子を託したってことか?

766 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:36:47.37 ID:QIL7gxEP0.net
オレは科学者ではないが、神様を信じている。
うまくはいえないけど、何か人知を超えたものがあると思う時があるから。

767 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:38:59.46 ID:FiOwO5HV0.net
>>765
なに言ってんの?
神が種付けしたのはアブラム・セム・ハム・ヤペテ族のそれぞれの始祖だけでしょ
それらの子孫がそれぞれ増えて民族集団となった

ノアはアブラム系民族のうちの一人

768 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:40:53.21 ID:GPgRihyl0.net
そりゃあ人間が自分でなんで生きてるのかわかんないんだから
ほかの何かの意図で生かされてるのは間違いないわな
それを神といえば神だわな

769 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:42:01.30 ID:CoxQ8R0z0.net
髪は死んだ。

どうあがいても、ハゲ地獄を髪は救ってくれない。

770 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:43:50.14 ID:qH+iIQhd0.net
>>766
同意。ヒエラルキー的な何かを感じる時があるが、それが神と言えるかどうか。

771 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:44:40.67 ID:FiOwO5HV0.net
>>762
あ、「ソドムとゴモラの町」は火で焼かれた?のかな?
水で流されたのは「バベルの塔」?

細かいエピソードは把握しきれてないんだよね

772 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:47:49.01 ID:D6v1iYU40.net
あいつら感嘆符がわりにオーマイガッって言うだろ
本気にしたらいかんよ

773 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:50:58.45 ID:8zLtm8gK0.net
科学と宗教は相反しないと

774 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:52:17.57 ID:n0fqdn7M0.net
>>768
君が殺虫剤をかけて殺したゴキブリが生かされていた意図は何か?

775 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:52:45.23 ID:B2UCrszM0.net
アルコンまみれの人造大宗教や思想支配の一神教などではなく
普通に自然への畏敬の先にある潜在的遍在的な造物意思
大いなるソースとしての神を信じているってことなんだろ

そりゃ本当に科学を追求してる人なら当たり前に信じることだよな

776 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:54:23.24 ID:lGRY77/V0.net
神を信じるなんてアホらしいと公言している有名どころは、物理系なら
ワインバーグ、生物系なら(学者と言っていいのか分からんが)ドーキンス。
彼らの本は面白い。

777 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:57:26.00 ID:1SHJZ5Fu0.net
>>770 精神の平穏と、科学的思考や実際の科学研究は別物であっておかしくないので、
そういうように普通程度の信仰心を持ってるのは、何も問題ないだろうね。
下手に不安定な精神では、継続的な化学探求などできなくなりそうだしね。
神を信じるから、神の存在を科学研究に導入しなくてはならないというのは、
一見論理的に見えて、実はそっちの方がレベルの混同を起こしてるのだと思うよ。

778 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 16:58:09.76 ID:qH+iIQhd0.net
>>774
殺虫剤メーカーを儲けさせるため

779 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:01:12.39 ID:FiOwO5HV0.net
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk
アダムとイブの神話は、つまり神の子孫のセム系とハム系が混合した話で

ハム系のY-DNAハプログループ、Eのうち欧州にも分布するE1bがイブ
セム系のmtDNAハプログループ、R系の枝のどれかがアダム。
えっとね、すごい残念なお知らせだけど、
イブの人が♂でアダムの人が♀だったんですww
エスエス製薬さんごめんなさい(>_<)

で、実は
このアダム&イブのセム♀+ハム♂の組み合わせは、
日本のイザナギ&イザナミ神話と同じです。
なので、両者はまったく異なる地にいるにも関わらず、外見もやや似ている。

こんな感じで
http://1093.up.seesaa.net/image/zac-99106.jpg
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-9e-58/prideofkansai/folder/1489519/02/60982402/img_0

日本とトスカーナ地方が長寿なのも、このセム+ハムのDNAによる。と思う。

780 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:04:24.18 ID:x7irasdN0.net
世の中は神に見放されたとしか思えない悲惨な死に方した人だらけだ
神は罰を与えるが何もしてくれない、祈っても意味はない

781 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:08:12.03 ID:1SHJZ5Fu0.net
>>780 でも、神は「人々を皆しあわせにする」なんていう約束はしてないかもしれないんだよね。
今までに「神の言葉」として書かれた文章は、すべて実際には「人の手によって」書かれてる。
どう考えても、「神の言葉」や「神の定義」というのは、人が勝手に考えたインチキ設定なわけよ。

782 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:08:53.57 ID:HZLsAgCp0.net
神はサイコロを振らないとか言って振ってたって話かw

783 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:11:44.59 ID:2ixHFHeR0.net
>>780
でもお前は神様のおかげでのん気に2chやってられるんだから神様に文句言うのおかしくね?

784 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:12:36.16 ID:G95cxGrs0.net
しかしツァラトゥストラは言った
神はしんだ

785 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:14:18.84 ID:FiOwO5HV0.net
>>782
まあ、異種交配してみたり、山の上で水せき止めて洪水起こしたり
神もわりとイチかバチかなことしてますよね

786 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:17:54.30 ID:2ixHFHeR0.net
しかし変な記事だな

なぜ神を信じるのかって、そういう地域に産まれたから意外の理由があるのか?

バリバリの仏教国なのに科学者の9割はキリスト教とか言うならミステリーだけど

787 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:19:54.25 ID:ZLWSbCiS0.net
>>767
だって自分、

神は繁殖力弱くてオス一人になってしまったので
>ヒトとの間の子を作ってDNAを残したの
>それがアブラム、セム、ハム、ヤペテ。
>でその子孫が全世界に広がった。

こんな書き方してたら、セムハムヤペテがノアの息子としか思ってないおれは「神がノアの奥さんと密通か?」としか思えんじゃん
しかも最初は名指しだったのに族が出てきたし、ノアの息子ってのは嘘だというし
このへんは何を参考文献にしてるんだ?

788 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:23:22.06 ID:xb8mmOuZ0.net
光速で到達できる宇宙の外にいても確認するすべがないからな

789 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:31:21.72 ID:Fe8L5hKx0.net
宇宙人の実験の一つだろ、神様w

790 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:31:35.59 ID:bS/Eu/Oj0.net
>>780
神が都合よく人間を救うほどお人好しだと思ってるのかよ
神がヒトを創るとき死をプログラミングしたのも人間は生まれながらに罪を背負っているから
罪人に優しくするほど神はお人好しではない

791 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:33:37.74 ID:FiOwO5HV0.net
>>787
文系はめんどくさいなーもう
このへんってどのへんだよ

セムハムヤペテが世界の各民族の始祖っていうのはメジャーな話じゃん
ノアはそれのさらに上位ってことにしたかったんでしょ
ウソつきはそんな感じでウソをつくんだよ

792 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:33:55.10 ID:gM+lLVQxO.net
夢は持ちたいからな

793 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:34:01.17 ID:oQhvVHyN0.net
ギルガメッシュ叙事詩とか旧約聖書とか読んだら、神は慈悲深い存在でもあり人知の及ばない理不尽な大災厄をもたらす存在でもあるとわかる。

794 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:34:42.18 ID:T4u/yBgC0.net
>>790 神も、やはり奴隷が欲しかったのかな?
でも単に労働力としての奴隷なら、永久に寿命があるほうが効率的ではあるんだよね。

795 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:38:34.86 ID:Js0Q11e8O.net
>>790
そういうもんだから>>780は神なんて信仰したり祈る意味も必要もないっていってんじゃないの

796 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:38:45.95 ID:ELYqyN370.net
神様は奴隷なんか必要ないだろ
シヴィライゼーションみたいに人間が右往左往してるのを見て楽しんでるんじゃないかな
ちょうど6も発売されたばっかりだしw

797 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:39:14.23 ID:cbJ4pqPW0.net
心臓はなんで動いてるの

798 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:39:38.96 ID:FiOwO5HV0.net
神はただのヒト科の生物ですよ
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

799 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:43:48.80 ID:e5lb6IGB0.net
宗教人口

・キリスト教  22億5400万人 33.4%
・イスラム教  15億0000万人 22.2%
・ヒンズー教  9億1360万人 13.5% 
・仏 教  3億8400万人  5.7%
・無宗教  7億6900万人 11.4%
・無神論  1億4830万人 2.2%
・心霊主義  1366万人 0.2%
・バハーイ教   786万人 0.1%
・中国伝統的宗教 3億8720万人  5.7%
・儒 教       641万人  0.1%
・道 教        337万人 0.1%
・神 道 278万人 0.0%
・その他 134万人 0.0%

合計:67億4960万人 (百科事典「ブリタニカ」年鑑2009年版)

800 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:45:40.40 ID:P+daJA8p0.net
>>797
この世に時間が存在するからだろうな

801 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:46:08.03 ID:x7irasdN0.net
https://www.youtube.com/watch?v=VmkgiGCiP0o

802 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:48:34.75 ID:ELYqyN370.net
>>797
あんま関係ないけどこの間テレビで心筋をIPS細胞?とか言うので培養してた
それをシート状にしたやつがピクピク動いて面白かったわ
そのシートを心臓が弱った患者の心臓に直接貼るんだと

803 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:55:03.35 ID:UvsD9fuV0.net
死を怖がったり人を愛したり、その死に方が悲惨だと思うこともすべて
この肉体と脳みそがないと感じることができないことなんだよ
今生きているこの世界がすべてだと思って物事を考えてはいけない

804 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:57:24.18 ID:8bnVQQ5j0.net
>>752
貴方の脳内で勝手に作った神はその程度なんだろうね。
馬鹿はそこで思考停止してきたな。

805 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 17:58:06.68 ID:FiOwO5HV0.net
神の子孫民族をざっくり整理しますよー
・アブラム系 (ハプログループ:Y-G,mt-W) ー ルシファー、ノア
・セム系 (ハプログループ:Y-Q,mt-R) ー ミカエル、カイン、アダム、炎帝(中国)
・ハム系 (ハプログループ:Y-DE,mt-M) ー セト、イブ
・ヤペテ系 (ハプログループ:Y-N,mt-A) ー アベル、黄帝(中国)、キリストの母マリア

806 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:01:19.74 ID:CfYCbSWF0.net
>>793
それは民衆を支配するためにチューニングされた宗教だから
中和剤としてギリシア神話でも読んでみると良い

807 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:07:27.13 ID:eFtJ8CELO.net
賢い人が宇宙の成り立ちとかを考えるとき

宇宙に神秘的で不思議な秩序みたいなものを感じるからじゃないの

その不思議な秩序は「神」とかでないと無理なスケールだし…

808 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:11:57.76 ID:QHqlVKtf0.net
>>806
ギリシア神話(多神教)の時代はさらに
ひどい支配と略奪、殺戮があったよ。

809 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:13:36.28 ID:GyUQbzrV0.net
あなたにも、神様、あげたい

チェルシー〜も一つ、チェルシー

810 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:13:38.64 ID:gM+lLVQxO.net
身体が朽ちていくのがこわいんじゃね

811 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:14:02.12 ID:CfYCbSWF0.net
>>808
それは知ってるけど宗教と関係なくね?
神道も多神教よ?

812 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:20:47.83 ID:NYL3ROiJ0.net
>>780
>世の中は神に見放されたとしか思えない悲惨な死に方した人だらけだ
>神は罰を与えるが何もしてくれない、祈っても意味はない

現世御利益の意味は無いこともあるけどね。「無いこともある」と曖昧に
書いたのは、全知全能の神、であるから現世御利益が叶うこともあると信じるのが
道理でしょう。
ただキリスト者の祈りは「感謝の祈り」が中心であり、犬作信者がそればっかり
なのとはまったく違う。では祈りの意味はあるのか?
祈りというのは、あるのかどうかわからない己の霊魂、に作用すると考える
といいよ。これもまた信仰なんだけどね。
キャベジンは整腸作用。お祈りは霊魂を整えると覚えておいて損はない。

813 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:21:19.32 ID:QHqlVKtf0.net
>>811
神道は多神教というよりもっと薄い多霊教だな。
実態は限りなく無宗教無神論に近いし、
人を善い方向に導くレベルにまでいってないよね。
反省、懺悔の類はないし、そろそろ気づかないと。

814 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:24:48.62 ID:Kc7xHffA0.net
任天堂、新型ゲーム機「Nintendo Switch」発表
http://www.timepatroller.net/

グラフィックボードにかかわった人材は、500人以上らしいde

815 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:28:12.53 ID:CfYCbSWF0.net
>>813
人を善い方向に導く?

テロリスト御用達のアノ宗教のことかwww

816 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:30:02.90 ID:ZLWSbCiS0.net
>>791
いや、神が残した遺伝子を持つ子がセムハムヤペテなんでしょ?
どうやって残したの? とさっきから聞いてる
ノアの奥さんと密通したのか?と
それと、ノアが親父であるのが嘘ということの出典は何?と聞いてる
「したかったんでしょ」と人に説明して理解が得られるわけがないじゃないか

817 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:36:26.14 ID:4SQcG3NS0.net
>>815
先ずは神道が人を善い方向に導いてきたかを考えるべきだな。

テロリストは間違った信仰によるものだろ。
それは貴方が調べたらいいよ。

818 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:38:15.27 ID:7VDF3prq0.net
「パンは危険な食べ物だ。なぜなら調査の結果、米国の凶悪犯のうち88%が48時間以内にパンを食べていた」

と、同じくらい下らない調査結果を堂々と発表するなよ。

819 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:42:53.34 ID:CfYCbSWF0.net
>>817
神とやらに導かれないと善い方向に進めないのか?
まず貴方はまともな道徳を身につけるべきだよ土人君

820 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:48:12.13 ID:FiOwO5HV0.net
>>819
だあああああから!セムハムヤペテがノアの子っていうのはウソなの!
「全部韓国起源」みたいな話なの!!
ウソだという出典ってなんだよどうやって証明すんだよバカ

アブラム民族ははじめパキスタンはインダス川上流にいたんだけど
バベルの塔作ったりして神に疎まれて山から水流されて
一部はノアの方舟に乗ってイラクだかトルコだかコーカサスだかまで流された

だからハプログループmt-Wは
パキスタンとコーカサス付近に分かれて分布する

ノアの子と言うことにされている
・セム系 (ハプログループ:Y-Q,mt-R)
・ハム系 (ハプログループ:Y-DE,mt-M)
・ヤペテ系 (ハプログループ:Y-N,mt-A)
これらの分布は、イラク〜コーカサスから広がったと思しき分布にはなっていない

821 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:50:09.21 ID:CfYCbSWF0.net
>>820
え、ええと?、コワイから逃げるワ

822 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:55:03.79 ID:FiOwO5HV0.net
>>821
あ、間違いました。>>820>>816
ごめんなすって。

823 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:56:21.00 ID:zAyCApf90.net
神を信じてない奴とか馬鹿っぽいもんな

824 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:56:45.02 ID:oQhvVHyN0.net
人間は弱くて狡くて愚かな生き物だから一神教という強力な道徳を必要とする。
キリスト教とイスラム教が世界的に爆発的に信徒を得ているのもそのため。
日本の自殺率が高いのも「神と私」という確固たる関係を築けずに「世間と私」のように世間や世間体、他人という不安定で流動的なものにアイデンティティ形成の根拠を置く人間が多いから、
レールを外れたり失敗したら自我が崩壊して自殺してしまったりする。

825 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:57:05.37 ID:LrY/CnwI0.net
聖書をもとに主張しているのに
自分の気にいらないところは嘘というのはどうかと

826 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:58:25.23 ID:zAyCApf90.net
ビックバンは最近無い事にされただろ
宇宙が始まったのではなく、最初から存在してたらしい

827 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:58:39.28 ID:Dgm/U52b0.net
神を否定するのは科学の仕事ではない

828 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 18:59:10.25 ID:ZLWSbCiS0.net
>>820
どうやら複数の質問を同時にしたのが悪かったようだ

その3人(セムハムヤペテ)がノアの息子じゃないなら一体どこからきたのか聞いてんだ、さっきからな

829 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:00:59.18 ID:FiOwO5HV0.net
アブラム一味の中でも良い人々だからと逃されたノア御一行なのだが
流れ着いた先で、やっぱり俺達は神よりエライとか言い出したりして

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%99%E3%83%AB%E3%81%AE%E5%A1%94
〜グノーシス主義においては、「聖書の神=ヤハウェ」は「ヤルダバオート」と呼ばれる「偽りの神=悪魔」である。
〜逆に「聖書の悪魔=蛇」こそが、人類に「知恵(理性)」を授けた「真の神」である。
〜彼もまた、「偽りの神=悪魔」に反逆し、バベルの塔を建設しようとしたことから、
神に反逆して地に堕とされた「堕天使=悪魔」と同一視され、「真の神」とされる。

結局こんなことに。

830 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:02:20.09 ID:zAyCApf90.net
一つだけ言える事は、人を殺したもの、差別、イジメをしたものは死後、地獄に落とされると言う事だ
足掻いても遅い。地獄で一生苦しみなさい

831 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:02:29.12 ID:DxwRDtHk0.net
>>826
そういう説もあるのかい? 数学的にはビッグバンがあって辻褄が合うよ  天文学でも

832 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:03:02.83 ID:FiOwO5HV0.net
>>828 エデンでしょ。


545 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:39:59.56 ID:FiOwO5HV0
>>523
ちなみに、なんでエデン=パミールかというと

神のDNAが入ったY-DNAハプログループは
Gーアブラム、Qーセム、DEーハム、Nーヤペテ なんだけど
不思議なことに、パミール高原付近でこの4つの型が見つかるらしいねんな


553 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 12:48:39.54 ID:FiOwO5HV0
>>545つづき
で、神と交配してないヒトのハプログループの原始的な型はインドで見つかる。

ので、多分、
神とヒトは長い間別に進化したのだが
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

神はカラコルム山脈当たりの山奥にいて
インドにいた無印のヒトを拾って子どもを産ませ
新しく出来た人種をパミール高原あたりのエデンに住まわせた。

神は最後の一個体になってしまってたので
ヒトに子を産ませることでDNAを残そうとしたのよね

833 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:03:15.40 ID:DxwRDtHk0.net
>>830 妄想に逃げるな!  加害者には三倍返しが当たり前だ  お前が強くなって殴りに行け!!

834 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:05:02.63 ID:zAyCApf90.net
>>831
知らんけど、前にそんなスレが立ってて鵜呑みにしただけだよw

835 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:12:33.04 ID:DxwRDtHk0.net
>>834
ホーキングの虚数時間軸を使うと、ビッグバンの始まりが丸く収まるね
でも、丸く収めちゃうとWMAPで現実に描いた宇宙地図の『不均質な揺らぎ』が説明できない

やっぱりビッグバンはあり、しかも均質じゃなかったということだよ

836 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:16:24.17 ID:4lz+BLBN0.net
>>819
神道では道徳以前に、底意地の悪さ、陰湿さ、京都人の「いけず」と
いった意地悪さを、修正する術(すべ)がないだろ。心の中に。
だから貴方のように、底意地の悪さが放置されている。
人様に土人君と言っても良心の呵責すらないし、反省懺悔の類もないだろ?
それがこの国の精神年齢を土人レベルのままにしてきた元凶なんだよ。
俺に教えてもらったら感謝の気持ちも忘れるなよw

837 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:21:16.37 ID:ZLWSbCiS0.net
>>832
わかった、その3人はエデンからきたんだな
じゃあその3人がある日ノアの元にやってきたわけだ
もしかしたら神が赤ん坊を連れてきたのかもしれんが
「住まわせた」んならある程度成長するときまでいたと考えた方が良さそうだ
で、3人を神が連れてきて「この3人をおまえの息子として引き取れ」と。
つまり「ノアの息子というのはウソで、3人はエデンから来た神と人間のハーフである」ということだろ?
でも旧約聖書では息子として描かれている

じゃあこの旧約聖書のウソを指摘したのは、どこかの聖書研究家とかなの? もし誰かの研究を参考にしたのなら教えてくれ(←これが出典だ、わかったか)

838 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:22:03.98 ID:lUmmTt550.net
国連はもっとマシなことやっとけよ

839 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:22:30.61 ID:bS/Eu/Oj0.net
マッカーサーが日本人の精神年齢は小学生だと言ってたな。
確固たる道徳の基準や思想のない日本、論理的に考えて議論を戦わせずになあなあで済ませて問題を先送りする日本、
上に立つ人間ほど責任を取らない日本。
こりゃマッカーサーも呆れるわ。

840 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:27:05.40 ID:FiOwO5HV0.net
>>836
>底意地の悪さ、陰湿さ、京都人の「いけず」といった意地悪さ

藤原氏がデーモンの子孫の鮮卑族だからね

841 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:27:58.92 ID:4lz+BLBN0.net
キリスト教関連で虐殺のことをいう人がいるけど、
無宗教無神論者の虐殺(ホロコースト)はもっと酷いぞ。
反省の心、懺悔の気持ちなど全くない。古来、ギリシア神話時代の多神教や
無宗教者の侵略、虐殺、拷問などはあまりにも多くてカウントされていない。
今日、日本で起こる犯罪も無神論無宗教者によるものが大半だけど
それもカウントされていないだろ。

ホロコースト(これもカウントされてるぶんだけ)
 
■第1位 毛沢東 (中国) 7,800万人
毛沢東は良識ある人たちすべてを憎悪し、抹殺を指令した。
大躍進政策で、2、700万人以上餓死

■第2位 ヨシフ・スターリン (ソ連) 2,300万人
強制労働収容所と称して、シベリアなど、ロシア北西部に
数えきれない収容所をつくっていた。その数、百カ所以上・・・

■第3位 アドルフ・ヒトラー (ドイツ) 1,700万人
ポーランドではユダヤ人総人口の9割がホロコーストで死滅したとされている。

■第4位 レオポルド2世 (ベルギー) 1,500万人
19世紀後半、ベルギーの君主レオポルド二世はアフリカのコンゴを
「個人植民地」にし、暴虐の限りを尽くしました。強制労働により象牙や
ゴムを採集し、不平分子は有無を言わさず虐殺。

■第5位 ポル・ポト (カンボジア) 300万人
総人口800万足らずのカンボジアで、200万から300万近くの人間が虐殺された。
正確な死者数はわからない。この前代未聞の大量虐殺は、わずか4年間で達成された
のである。知識人と言われた人々にいたっては、実に6割以上が殺されたという。

■第6位 エンヴェル・パシャ (トルコ) 250万人
ロシア軍への協力を罰するためとしてアルメニア人のシリアへの強制移住が
行われ、200万人にのぼるアルメニア人がトルコ軍によって虐殺された。

■第7位 金日成 (北朝鮮) 160万人
1950年、朝鮮戦争が始まった。北朝鮮軍は侵攻した地域で民衆に対し虐殺・粛清などを行った。

■第8位 李 承晩 (韓国) 少なくとも120万人
日本と韓国では知名度の低い「保導連盟事件」などで虐殺。
軍や警察、共産主義からの脱却を目指す人間、
政治犯や民間人など、少なくとも120万人あまりを大量虐殺した。

■第○位 織田信長 (日本) 4万人以上
1000人をなで斬り・降伏した20000余人も砦に押し込めて人間バーベキュー。
12250人を捕縛のうえ、合わせて3〜4万を殺す。
山に逃げた人々も容赦なく探索し、残らず処刑。
直臣の家族510余人を人間バーベキュー。
その惨状に誰もがふた目と見ようとはしなかった。
朝倉義景、浅井親子を討取った時などは、彼は正月の祝いで、
三人の頭がい骨を金箔の盃にして、部下たちに酒を回し飲みさせたという。
また、浅井長政の母親を数日かけて指を一本一本切断していくという
何ともむごいこともしている。
  

842 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:30:32.25 ID:8owic3BZ0.net
重力があるってのと、地球は丸いって分かった時点でもうねえ
この世界って何?って普通思うよね
あっ、地球は球だね

843 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:31:24.54 ID:rPAzob+E0.net
結局、人間のすることでもっとも強力な影響力を持つのは、寡黙な思考である。                  

チャニング

844 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:32:26.88 ID:8owic3BZ0.net
利根川さんは今でも人間機械論なんだろうか?

845 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:33:08.84 ID:FiOwO5HV0.net
>>841
うん、織田信長はデーモンの子孫の鮮卑族だからね

846 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:34:47.25 ID:zH7aO2wl0.net
昔の神話がマジですとかやってるから
一神教はアホで有害なんだよ

847 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:37:27.28 ID:4lz+BLBN0.net
イエス様が生まれて約2000年だけど
それ以前の多神教、無神論、偶像崇拝が蔓延していた
何百万年の間の虐殺や残酷さは、北斗神拳のあちらの世界みたいなものだよ。
旧約聖書にその混沌として残虐な時代が延々と書かれてある。

多神教、無神論が蔓延していた頃の人たち。
http://file.nanbujuyukai.blog.shinobi.jp/20130913_01.jpg

848 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:38:49.70 ID:dcJGpoBL0.net
神を信じるよりは魔術や論理的思考
数学 科学などを学んだ方がよほど
得であろうな まあ副王は瞑想やら明晰夢
などの魔術的手法で知識を読み取る
ことや自分の局面の認識を変えて
現実を改変することができるから
有用かもしれんが

849 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:43:15.79 ID:8owic3BZ0.net
科学は貴族の道楽で
技術の最先端を模索するのは途上国のはしかみたいなもんだよね
結局、庶民は神の思し召すままに時の文明で適当に生きて行くんだよ

何かすげーいいこと言った俺?

850 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:47:49.02 ID:FiOwO5HV0.net
>>847
えーとね、まずイエス・キリストは何かというと

まず神はヒト科の生物だったんだけど雄が一人になって絶滅寸前だったのね
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

で、近縁種のヒトの雌に子どもを産ませました。
・アブラム系 (ハプログループ:Y-G,mt-W) ー ルシファー、ノア
・セム系 (ハプログループ:Y-Q,mt-R) ー ミカエル、カイン、アダム、炎帝(中国)
・ハム系 (ハプログループ:Y-DE,mt-M) ー セト、イブ
・ヤペテ系 (ハプログループ:Y-N,mt-A) ー アベル、黄帝(中国)、キリストの母マリア
それぞれの系統がそれぞれで増えたんだけど
また交じり合って、神のDNAを多く受け継いだ子も生まれたりする

アブラム・セム・ハムの三種の混合で、かなり神の遺伝子を復元してたのがヘブライ人。
で、あとはヤペテが受け継いだ神の遺伝子を加えると、さらに元の神の遺伝子に近づける。

だから、ヘブライ人ヨセフがヤペテ系のマリアを妻にもらって生まれた子が、
神に近い遺伝子を持った子、「神の復活」と見なされたわけ

851 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:56:11.93 ID:4lz+BLBN0.net
>>848
>魔術や論理的思考
>数学 科学などを学んだ方がよほど
>得であろうな 

それが、舛添、ホリエモン、橋下・・といった連中だよ。
貴方もあんなふうになりたいの?

852 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 19:59:24.92 ID:Eo7mlU/50.net
つまり仲間が死に絶えて一匹だけになってしまった絶滅寸前の日本狼が犬に子供を産ませて、
狼犬が日本犬となり、今の日本犬が大昔にいた狼のことを神様と呼んで信仰してるって感じか

853 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:02:38.06 ID:FiOwO5HV0.net
>>852
まあね。
その場合は、犬達はご先祖をカミ様じゃなくてオオカミ様と呼ぶんじゃないの?w

854 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:03:16.32 ID:vA2IPWqc0.net
アインシュタインたちが言っている「私は神の存在を信じる」というのは、
一般人が言うのと同じ意味合いでとらえてはいけない。

アインシュタインらが言う「神」とは、あえていうなら「物理法則の集合体」のような無機質的概念であり、
一般人が考える「人類を温かく見守ってくれる人格を持った存在」とはかけはなれている

855 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:04:02.89 ID:2Wkq/64A0.net
物理の法則が神だろ

856 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:19:01.06 ID:QU3Xyu/40.net
>>854
今回一連のスレでそれは本当に明確になったな
意識してるようでしてなかった部分だ
科学にとってのそれはいわば「語らない神」とでも言おうか

857 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:20:24.28 ID:iiZthNpq0.net
そりゃ、考えれば考えるほどわけわからんからな。
人間の知性なんてちっぽけなもんだよ。

858 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:20:44.14 ID:/FcFYBAn0.net
>>851
自分は我が主のようになりたく
なくて精一杯
全知全能と言う名の無知無能
で盲目白痴な我が主のように
やがて笛を奪う運命なれど
混沌なる我はそんなものに
従うものか あああの無力な
様を見よ 全知全能というのも
現実が我が主の妄想にすぎないから
だ 他の外なる神のように不変
でも結局は何もできない無力だ

859 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:22:27.95 ID:ELYqyN370.net
>>855
その物理の法則ってのがいろいろとあやふやな事になっているので
神様がどうのこうのって話まで出てきているんだと思うわ

860 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:23:20.61 ID:iiZthNpq0.net
俺らがシコシコするだろ?
そこで飛び出す精子ってのは超屈強な奴がいたり、超天才がいたりしたかもしれないんだ。

射精した瞬間「卵子をめざすぞー!うおーーー!!」って感じで威勢よく飛び出たけど、
そこは単なるおまえらの手のひら。

ようするに、この世界は無常なんだよ。

つまり、人類ってのはおそらく何も成し遂げられず絶滅する可能性が高い。

861 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:24:40.65 ID:iiZthNpq0.net
正直、物事突き詰めて考えてしまう人は、
量子力学とか哲学とか数学とかやらない方が良い。
頭おかしくなるよ。

862 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:25:34.84 ID:gM+lLVQxO.net
昔の人だから信じたんじゃね

863 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:27:10.94 ID:ELYqyN370.net
物理法則が絶対と思って勉強してきた人の多くは壁にぶち当たって砕け散ってしまうんだろうね
教え方変えるべきなんじゃないの?

864 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:27:25.76 ID:iiZthNpq0.net
なんで、何かがあるん?

「何か」ってのは時間でも空間でもおまえの意識でもまぁなんでもいいよ。
なんであるん?

絶対に答えられないだろ。
我々が見てる世界(実は俺の意識だけかも)ってのは、ムリゲーなんだよ。

865 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:34:26.28 ID:rPAzob+E0.net
初めに神は天と地を創造された。
地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、
神の霊が水の面を動いていた。
神は言われた。
「光あれ」
こうして光があった。
神は光を見て善しとされた。
神は光と闇を分け、光を昼と名づけ、
闇を夜とされた。
夕べがあり、朝があった。
第一日目のことである。
 (創世記1:1〜1:5 )

866 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:34:55.08 ID:iiZthNpq0.net
俺が認知してる世界がすべてであり、
おまえらは全員、俺の意識外の脳が映し出してる環境に過ぎない。
俺が死ねば、おまえらは瞬間的に消滅し、
俺はシミュレーションを終え、超高度文明の世界で目が覚める。

なんて事も充分ありえるんだよ。

867 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:35:10.43 ID:cXW7WQQt0.net
男「私アメリカから来ました、あなたは神を信じますかぁ」
俺「えっ、か、神と言いましても、自分、どちらかと言うと神より仏様の方が・・」

868 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:35:56.91 ID:BPDNm5Zw0.net
神の定義による
現人神みたいなのは誰も信じてなかったでしょ

869 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:38:49.41 ID:o7wo85J70.net
???「デンデだぞ」

870 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:43:42.73 ID:4lz+BLBN0.net
>>868
戦時中まで天皇陛下を本当に神と思ってた人が何十万人はいただろうね。
今も国家神道の人たちは天皇陛下を本当の神だと信じているみたいだし。
あと、犬作や大川みたいなのを神と奉ってる人たちがいるんじゃないの?
これ信じがたいけど本当の話だよね。

871 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:45:36.67 ID:iiZthNpq0.net
そういう神じゃないだろw
もっと人知を超えた超越的な何か

があるのは確かだよ。
でないと説明できない事があまりにも多すぎる。

872 :837:2016/10/22(土) 20:46:28.42 ID:zBbVgjMZ0.net
>>850
ほとんどおれしか相手してねーのに無視すんなよー
>>837に答えてくれよ

873 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:48:13.64 ID:hTQGZks70.net
そんなの神を信じるって言わないと
存在もろともハブられるってゆーか
学者どころか人間扱いされないからじゃねーか。

一神教の科学者の思考は不自由だね。

874 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:48:22.21 ID:QU3Xyu/40.net
「何のため」から抜けられないよな俺たちは
何でこんなどうでもいい「意味」なんてものに
とらわれてしまうのか
なんかこれにはトラップ的な仕組みがあるように思える

875 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:48:39.14 ID:iiZthNpq0.net
俺らって、ゲームのマリオかもしれないんだぞ。
TVゲームのマリオが、いきなりROMを書き換えたり
画面の外側に飛び出たり、まず無理だろ。

我々?が存在しているこの世界ってそういうもんなんだよ。
決して理解することは不可能。絶望的になるよな。

876 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:50:22.44 ID:eYTuBWGo0.net
バカなやつや低学歴な奴ほど信じないよな

877 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:50:38.69 ID:rPAzob+E0.net
デンデ「わたしである」

878 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:51:10.72 ID:iiZthNpq0.net
まぁムリゲーでももう少しいろいろ知りたいとは思ってる。
二重スリット実験、あれの原理くらいは俺がこの世界を生きてる間に解明して欲しいわ。
科学者頑張れ!

879 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:51:19.03 ID:4lz+BLBN0.net
イエズス様が現れて・・一神教(キリスト教)
2000年の間     信仰・希望・愛 間違いはあるが反省懺悔あり。
 
何百万年もの・・・・・無神論、無宗教、多神教、多霊教、いじめ
とてつもなく     アニミズム、言霊信仰、土人宗教、物忌み
長い間        底意地の悪さ、陰湿さ、暴力、虐殺、反省懺悔なし。
           やりっぱなし、殺しっぱなし、ホロコースト

880 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:51:40.82 ID:jatW2TXm0.net
>>141
神とはこのような存在であって完全なる傍観者でしかない

881 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:53:17.68 ID:Umb5gFI90.net
神がいるとしてもその神はなにもしない。悪いことも、いいことも。結果として、いてもいなくても同じなんだよ。

882 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:53:53.15 ID:FiOwO5HV0.net
>>870
ヤペテ系の民族をリーダーに据えなさいというのは神のお言葉でさ

「ヤペテを大いならしめ、セムの天幕に住まわせられるように。
 カナンはそのしもべとなれ」

天皇陛下はまさにヤペテ=アベルの血を引くアマテラスの末裔なわけです。

883 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:54:11.61 ID:7qg2VJ780.net
>>141
理神論ってやつな、それ。
インテリジェント・デザインとか言ってないで、理神論を信じればいいのになl.

884 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:56:52.58 ID:iiZthNpq0.net
あと、リーマン予想

885 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:58:07.71 ID:gM+lLVQxO.net
神信者のステマ記事

886 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:58:20.09 ID:zEydP0A70.net
>>873
一神教の神観が矮小だから「不自由」と勘違いして見てしまう。

887 :erisuMkII:2016/10/22(土) 20:58:43.67 ID:5bYXstYS0.net ?2BP(1000)

ヒッグス粒子が雑誌に取り上げられた時神の粒子とか言われたけどなんで?

遺伝子で神の存在が分かる言う人も

それは過去に神様が猿の遺伝子を改変したって事???

888 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:58:44.49 ID:iiZthNpq0.net
二重スリット実験の原理
リーマン予想の証明
ジェームズウェッブ望遠鏡の成果
シンエヴァンゲリオン
ワンピースとは何か

この辺を知る前に死ねないと思ってる。

889 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:59:14.66 ID:paVAM/l50.net
>>854 物理法則など「宇宙の秩序」を作った存在のことだな。
まあ「宇宙の秩序」そのものとってもいいが。
それなら科学者のほぼ全てが同意してもおかしくない。
でもそれは言い換えるなら、「科学的真理」ってことだよね。
そこまで言い換えると、とっても当たり前なお話。

890 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 20:59:40.07 ID:8yZy4dQX0.net
>>875
まあ、あらゆる可能性が考えられるから
この宇宙は実は巨大なハムスターの胃であるとか
この世界は宇宙人による箱庭シミュレーション実験の場なのだとか
否定できないでしょう。でもこれは神の存在と同じで
単に否定できないというだけで信憑性はまったくない

891 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:00:10.97 ID:DzRngSr60.net
科学者が信じている「神様」はスピノザ的な神なんでしょ?

892 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:00:52.56 ID:zEydP0A70.net
神を語るなら聖書を読んでからだろう。

893 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:02:08.53 ID:iiZthNpq0.net
>>887
別に神の粒子でもなんでもない。
ただ、力の統一において、なくてはならない仮想の粒子が
実際に見つかっただけ。

894 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:02:28.06 ID:zEydP0A70.net
>>891
スピノザ神厨乙w

895 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:02:57.68 ID:FiOwO5HV0.net
聖書を知るならこの本が激おすすめ!!
https://www.amazon.co.jp/dp/4791618033

で、神とはすでに絶滅したヒト科のある生物の最後の一個体ですよ
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

896 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:04:36.93 ID:iiZthNpq0.net
>>890
信憑性がまったくない、という信憑性もまったくないんだよな。

897 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:06:44.58 ID:DzRngSr60.net
プランクさんってプランク定数のプランクさん?

898 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:06:47.05 ID:26YRAtqK0.net
>いてもいなくても同じなんだよ
謙虚になる

899 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:07:05.96 ID:26YRAtqK0.net
主は不遜な者を嘲り
へりくだる人に恵みを賜る。

箴言、3章 34節

900 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:07:32.88 ID:26YRAtqK0.net
神に逆らう者は自分の欲望を誇る。貪欲であり、主をたたえながら、侮っている
神に逆らう者は高慢で神を求めず
何事も神を無視してたくらむ。

詩編、10編 3節、4節

901 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:10:06.34 ID:FiOwO5HV0.net
>>900
>神に逆らう者は自分の欲望を誇る。
>主をたたえながら、侮っている
すごいよね、大昔の言葉

902 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:11:31.13 ID:Xa7aaPzT0.net
マジレスすると俺が神

903 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:13:27.30 ID:8yZy4dQX0.net
>>896
で、その信憑性もないとw言葉遊びは嫌いじゃないけどね
要するにそうである可能性もあれば当然ながらそうでない可能性もあるということ
可能性だけを挙げるのは何も言っていないに等しい。神の存在にも同じことが言えるな
科学を否定したところで神の存在を明らかにしなければ神は永久に行方不明のままである
宗教的にはそっちのほうが都合がいいのだろうけど

904 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:15:11.86 ID:DzRngSr60.net
一神教が不徹底過ぎる。
偶像崇拝を否定するとしながら偶像崇拝を捨てきれずにいるし、
もちろんイスラム教でさえもね。

偶像崇拝を棄てて真の一神教になったのが近代科学。

905 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:15:22.51 ID:FiOwO5HV0.net
>>900
>神に逆らう者は自分の欲望を誇る。
>主をたたえながら、侮っている

現代日本で言うとこんな感じ?
 神に逆らう者は爆買いを誇る。
 日本をたたえながら、侮っている

906 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:16:03.37 ID:pQetLsIA0.net
神がいるかいないかと信じる信じないは
まったく別のものだからな好きにすればいい

907 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:17:51.16 ID:FiOwO5HV0.net
いるかいないかは好きにしちゃだめよー
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk
あ、今はいないよー

908 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:20:18.58 ID:rPAzob+E0.net
「主よ,息子を憐れんでください。
てんかんでひどく苦しんでいます。度々火の中や水の中に倒れるのです。
お弟子たちのところに連れて来ましたが,治すことができませんでした。」
イエスはお答えになった。「なんと信仰のない,よこしまな時代なのか。
いつまでわたしはあなたがたと共にいられようか。いつまで,あなたがた
に我慢しなければならないのか。その子をここに,わたしのところに連れ
て来なさい。」 そして,イエスがお叱りになると,悪霊は出て行き,そ
のとき子供はいやされた。弟子たちはひそかにイエスのところに来て,
「なぜ,わたしたちは悪霊を追い出せなかったのでしょうか」と言った。
イエスは言われた。「信仰が薄いからだ。はっきり言っておく。」
マタイ 17:15-20

909 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:21:01.20 ID:K4sL68XM0.net
>>890 
「この宇宙の全ては人類の活動も含めて何かのシミュレーション」説というのは、
科学者も含めて、じわじわ広まってるようだね。
なおその確証となりそうな科学的証拠はないんだけどね。
しかし科学者が直感で、何だかそういうシミュレーションなのではないかと思い始めてる。
だからそれが「正しい」と言いたいのではないのだが、その方向へと科学が発展する事もあり得るのかな?
科学者を中心とした、新しい「信仰」が芽生える程度で、科学的発展はあり得ない?

910 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:22:37.57 ID:YUljAeQ30.net
>>908
馬鹿っぽい逸話だなぁ
新約聖書はこういうのがあるから違和感ある
上に出てた格言の方が説得力ある

911 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:25:21.17 ID:FiOwO5HV0.net
>>908 >>910
新約聖書はだいたい神の名を騙ったウソっぱちやと思うわ

912 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:25:52.67 ID:3Ebl1S9h0.net
万物の始まりをビッグバンとしたのも
人間の想像の限界からだもん
じゃあそのビッグバンを起こしたのは神ということにすれば
それ以前のことは考えなくても済むから

913 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:27:54.62 ID:K4sL68XM0.net
>>910 ていうか、
その後の時代にもキリスト教者の中に、てんかん患者はずっと存在していたし、
そしてその比率も、特別低いってこともなかったようだしね。
だから統計数字で見ても、恐らくキリストを信じたから、てんかんが治ったという例証ははできないであろう。

914 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:31:56.05 ID:8yZy4dQX0.net
>>909
シミュレーション仮説かな、面白いよね
その場合における科学の発展というものが何を指すのかわからないが
もし仮説を裏付ける証拠のようなものが発見されれば
世界中の国も科学者も放っておかないんじゃないかな

915 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:32:44.66 ID:FiOwO5HV0.net
>>913
てんかんというのはそもそも、デビルと神の無理な混血による障害なのよね
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

916 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:33:22.34 ID:AHOSVaNp0.net
昔の人ばかりじゃないかw

917 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:33:29.72 ID:ELYqyN370.net
スレがスレなので敢えて言うが現代医学でもてんかんは根治できんのでは

918 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:37:08.53 ID:FiOwO5HV0.net
>>917
DNA的に自己免疫疾患を引き起こしている箇所を突き止めて
生まれる前に選別するしかないよ

もしくはそんな種族は子ども産まないこと

919 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:37:36.65 ID:LrY/CnwI0.net
>>971
ウェアラブル端末の性能が向上すれば発作後の対処ができるようになる

920 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:38:40.50 ID:LrY/CnwI0.net
レスが未来すぎた

921 :837:2016/10/22(土) 21:42:49.82 ID:zBbVgjMZ0.net
>>907
自分がみんなに無視されてるくせに、一生懸命レスしてるおれをどうにも無視してくれるようだから最後にまとめて消えるとしよう

「神とは昔存在した生物の一種」
そう主張するのは自由ですが、それを人に認めさせるのであれば物的証拠が必要です
なので「K2裏にでもあるんじゃないの?」という神の死体を探してきて遺伝子分析して
猿から人間への進化の過程で分岐したものだという証拠をそろえてください
あ、でもそれには「それが神の死体である」ということを証明せねばなりませんが
そんなことがどうやったらできるのか私には皆目見当がつきません
でもそれをせずして「神は生物だよー」と何十回言っても誰も聞いてはくれないでしょう
このスレでほとんど相手にしてもらえないのがその証拠です

「これは自分が為しえた新たな発見である」
もちろんこれも主張するのは自由ですが、実証されていなければ発見ではありません
それはただの思いつきです。優しい気持ちを持って仮説と言いましたが実際は仮説ですらありません
なぜならその仮説の前提となるものが「神は存在する」という、いまのところ実証されていないものだからです
実証されていないものを前提として仮説をたてても誰も聞いてもくれないでしょう
このスレでほとんど相手にしてもらえないのがその証拠です

まあこういうことを言ってもあなたはきっと
「なにいってんの、神は存在してたよ」としか返さないでしょうが、それはもういいです
きっと「なぜ皆に理解してもらえないのか」永遠に理解できないと思いますから
それでは

922 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:42:52.28 ID:GrzVIURR0.net
>>1
あたしが神様だよ

923 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:42:59.17 ID:K4sL68XM0.net
>>914 例えばさぁ。
単に空っぽだと思われてた「真空」が実はみっしり詰まってたみたいな話に科学的になってきてるだろう。
しかも物質・反物質が打ち消し合って、その均衡が「真空」となってるんだとかね。
それは3次元ディスプレイが、オン・オフで均衡して表示消えてるとか明滅してる状態にそっくりだとは思わない?
何だかそう思えて仕方ないのだが・・・・。
われわれ人類が生物進化のシミュレーションの素朴なモデルを、計算機上で走らせた事があったが、
もっと超絶性能の超スーパーコンピューターで三次元的にそんなシミュを大規模展開すれば、この宇宙そのものになりはしないか?

924 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:45:56.42 ID:LrY/CnwI0.net
ではそのシミュを作った生物がどうなって生まれたか
という問題にならないか

925 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:48:04.65 ID:EZXDRvf/0.net
>>887
研究予算を獲得するため派手な文言で宣伝しただけ

926 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:50:28.70 ID:K4sL68XM0.net
>>924 それが知れないからという理由のみで、「そうではない」という結論は導けないよ。

927 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:50:51.59 ID:+sPpsSuR0.net
>>888
2重スリットは15年待ってろ。俺がなんとかする。

928 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:51:40.56 ID:YUljAeQ30.net
>>927
リーマン予想どれくらい掛かりそうか分かる?

929 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:53:18.09 ID:FiOwO5HV0.net
>>921
>「神とは昔存在した生物の一種」
>そう主張するのは自由ですが、それを人に認めさせるのであれば物的証拠が必要です

Y染色体ハプログループが証拠になるかもと思うんだけど
これが生物学の学者はプログラマーじゃないからさー
Y-DNAハプログループの分岐(ツリー構造)もほんとどうとでもこじつけられる状況なんだよね

>「これは自分が為しえた新たな発見である」
>もちろんこれも主張するのは自由ですが、実証されていなければ発見ではありません
>それはただの思いつきです。優しい気持ちを持って仮説と言いましたが...

あ、うん。
呼称は「思いつき」でも「アイデア」でもなんでもいいよ、「発見」でなくてもいい


もうレスせず消えるんだよね?サヨナラー

930 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:53:37.44 ID:+sPpsSuR0.net
>>928
おれ、リーマン予想、触れたことないから知らん。
いまから着手しても絶対に無理だとおもうw

931 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:54:08.71 ID:ztNus4b80.net
宇宙や物理の真理や法則を知れば知るほど神を信じざるをえないのは物凄く分かる
ただここで言う神は宗教の○○神というのとは全然違うもの

932 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:54:15.16 ID:G9zav5he0.net
>>926
「そうである」という結論も導けないよね
君の書いてる事はサイエンスじゃなくサイエンスフィクションの話だ

933 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:54:32.33 ID:8yZy4dQX0.net
>>923
なるかもしれないね
その場合はまず高次の存在の尻尾を掴まないといけないだろうけど
まあロマンですわなあ

934 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:55:11.93 ID:YUljAeQ30.net
>>930
研究うまくいくといいですね

935 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:55:52.81 ID:+sPpsSuR0.net
>>934
ありがとー。きっと成果だしてみせるよ!

936 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:56:59.44 ID:K4sL68XM0.net
素数の謎というか、
素数が関連して支配する法則などが何故全く無関係なところに登場したりするんだ?

素数って割り切れないっていう数字なわけだが、
割り切れるかどうかなんてのを計算するのは人間くらいなものであって、
自然そのものがそんな割り算をいちいちしてるとは思えないのだが。

この宇宙は本当に神の数学が作ったものなのか?
だから素数という存在が、自然現象の中にでも、浮き立ってくるのか?

937 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:57:43.91 ID:xx/DFZnX0.net
まず、この世なんて存在してない

938 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:58:29.32 ID:EZXDRvf/0.net
シミュレーションかどうかは絶対にわからないことがわかっているから
考えるだけ無駄

939 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:58:39.53 ID:yjyiQXCa0.net
ジョディ・フォスターの映画 コンタクト
科学者が神を信じるかの問が明暗を分ける映画があった

940 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:59:05.92 ID:vl4jSn9GO.net
神の解釈が国や人や思想によっても違うから話が噛み合わないような気がする

941 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:59:07.91 ID:9MCel1a40.net
そりゃ簡単だろ
科学の法則も神が作ったからだろ

942 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:59:14.10 ID:xx/DFZnX0.net
割り切れないかどうか
生物に影響するよ
細胞分裂の回数

943 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 21:59:14.64 ID:FiOwO5HV0.net
はいはい、科学的に考えましょうねー

神とはすでに絶滅したヒト科の或る生物の最後の一個体ですよ
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

944 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:00:29.25 ID:EZXDRvf/0.net
>>936
少なくともセミの発生の周期には影響を及ぼしているな

945 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:01:04.81 ID:G9zav5he0.net
>>938
仮に証拠が出ても「それも物理法則」or「それもシミュレーションの一部」と言えばいいだけだもんね
シミュレーション仮説なんてまるで学説であるかのような自称してるけど
実際は幽霊とか波動エネルギーとか創価学会とかと全く変わらない

946 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:01:10.79 ID:8yZy4dQX0.net
>>936
自然現象に数学的解釈を当てはめているだけでは?

947 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:02:43.33 ID:K4sL68XM0.net
>>932 いや、よくある否定の
「神と言う創造主を仮定したとしても、その更に創造主はどうなるのか?よって、神という創造主は居ない」
というような推論は、とりあえず間違いだろうと言いたかったのである。
なお、私が「創造主=神」を信じてるわけではない。

それから上記の命題を否定する場合は、「その更に上がどうなるか?」などではなくて
「そもそもその創造主とされる神自体が、実在の証明ができず、その可能性としての存在確率も現在の科学的認識であり得ない」
という事になるはずだ。そういう事を言いたかったまで。

948 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:04:48.25 ID:G9zav5he0.net
>>947
形而上学を科学と呼ぶのかどうかは難しいものがあるけど
広義では科学なのかねえ?

949 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:05:08.49 ID:EZXDRvf/0.net
すべての自然現象が科学的に説明が出来そうなのに
わざわざ人間程度が作った神様なんてものを持ち出す必要はない

950 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:07:07.99 ID:NYL3ROiJ0.net
>>940
神の解釈の図を貼っておくよ。
一神教の一神と、多神教の多神を並べて、一より多(た)の方が多いからいいに決まっている
だとか、一より多の方が寛容である、包括しているというのは誤りですよ。

◎世界標準(キリスト教)の神の概念
 
クリスマス               初日の出
↓                   ↓
神>>宇宙・空間・時間・次元>天照大神(太陽)>八百万の神々(多霊)>怨霊・精霊・妖精
↑                          ↑
世界のカトリック(一神教)          島国・村社会の神道(多「霊」教)
切支丹(信仰・希望・愛)           田吾作(陰険・不寛容・閉鎖的・隠蔽体質)
自浄力・反省がある。             自浄力が弱い。愚の和で暴走。虐めの増長。
内側からの浄化。霊魂の救い。         大幣(おおぬさ)で表面を清める。現世御利益。
人間に働きかける生きた神           人間に働きかけることのない死んだ神々
人間を善い方向へ               人間の足を引っぱる。数々の奇習・悪習。
お上の上に神を置く。             八百万の神々よりお上を優先。奴隷化に好都合。
キリスト教が「戦後の日本」をつくった     八百万の愚の花咲く「戦前の日本」
明るい                    暗い 
老人(人間)の尊重 老人の顔が明るい     老人蔑視 姥捨て山 老人の顔が暗い
神の細胞のひとつがイエズス様。        八百万の神々はイザナミの糞尿から。
(G7)仏 米 英 独 伊 加        日本(G7自殺率1位)若者自殺率世界1位
 

951 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:07:18.88 ID:FiOwO5HV0.net
>>949
そーです。
「神」もただの考古学・遺伝学の一部として解釈すればいいんですよ
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

952 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:07:33.21 ID:ztNus4b80.net
>>936
素数って数の素って意味で
あらゆる数は数の素の合成(×÷)から出来てるってことだから
自然の中に数の素が出てくるのは、個人的には不思議じゃないんだよなぁ

953 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:08:11.90 ID:+sPpsSuR0.net
>>936
どうなんだろうな?
不完全性定理の証明に素数は使われているけど、>>944 の素数蝉くらいかなぁ。

954 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:10:06.40 ID:FiOwO5HV0.net
個人的には無意味にでかい素数より
12 や 60 が断然好きだ

955 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:11:25.63 ID:+sPpsSuR0.net
>>954
11,13
59,61
ってこと?

956 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:14:59.97 ID:K4sL68XM0.net
>>952 なるほどねえ。
逆に、倍数などを自然の中に見つけるのはもっと簡単だよね。
割るってのも、分数倍ってことだし。

>あらゆる数は数の素の合成(×÷)から出来てるってことだから
だから倍数を先に見つけて、何か分かった気分になってる人は、
その素地である「素数」というものの「存在」に、まだよく気づいてないって事か。

でもその本物の素材たる「素数」にはなかなか気づかないと思うよ。
まあこっちが完全に鈍いからなのかもしれないが。
とにかく自然界の事象に「素数」あって当たり前に見えるくらいの鋭敏な科学的感性があるようでしたら、
是非とも科学の最先端を推し進めてください。新書で概論出してくれたら買います。金がないので高い専門書は勘弁。

957 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:18:28.93 ID:TudDdet10.net
ビッグバン宇宙理論は嘘で
今はプラズマ宇宙論が主流でしょ

958 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:20:46.59 ID:FiOwO5HV0.net
>>955
素数がありがたいという発想がさっぱり分からないってこと
円周率を延々計算するのはまあ分かる

でも
「全桁それぞれの数を足して3の倍数にならなければ、
その数自体が3の倍数ではない」
みたいのってなんでだっけって証明してみたくはなった

959 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:21:41.24 ID:+G2by0eu0.net
頭悪い考え方だろうけど 物が存在する理由を突き詰めて遡っていくと最終的には理屈じゃ説明できない領域に入るはずだから
そういう意味で逆に頭良いと神様の存在を感じるのかなって思う

960 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:23:23.12 ID:LrY/CnwI0.net
神様側からのプッシュがなければ感じられなくて
偉人は天啓を下されて実感できるのかもな

961 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:23:37.51 ID:FiOwO5HV0.net
>>957
神がいるかいないかってのはそんなムズカシイ話じゃないよw

ただ、サルから進化したヒトの近縁種で、
たまたますっごく知能が発達してただけなんだ
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

962 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:24:33.05 ID:n3q18kdQ0.net
神の定義


https://youtu.be/yP36Dr7J0Zo

963 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:26:20.99 ID:+sPpsSuR0.net
>>958
あぁ、そういうことか。
俺はてっきり双子素数のまんなかの数が高度合成数となっている4とか6とかが好きって話かとおもった。

>素数がありがたいという発想
温泉のロッカーの番号を探すときべんりだよ。
みんな切り番を優先的に選んで行くから、
逆に素数はだいたいあいている。

964 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:26:40.26 ID:FiOwO5HV0.net
>>962
「山田」って立正佼成会(漢民族)系の苗字だよね

965 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:29:13.65 ID:hIffFL6u0.net
魂はどの状態で宿るのか
受精して分裂してからか
脳が形成された時点でか
それまで魂はどこにあるのか
多分種子みたいなもので遺伝子の中にずっとずっと存在するのかもしれない
とすれば死んでも細胞が全て死に絶えるまで虫レベルくらいの魂は存在するのかもしれない
謎は多い

966 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:30:12.71 ID:K4sL68XM0.net
>>959 微細な方向に本当に突き詰めていくと、
「実はデジタルになってるよね。この世界は。」ってのがあってねえ。
そこらが何となく、イヤ〜な気分になったりするわけ。
別にイヤになる必要もないのかもしれないけど、いわゆるこの世界は誰かが趣味でやってるシミュレーションではないか?とかね。
別にそれでも何も問題ないかもしれないが、やはり妙に違和感を感じてしまうわけよ。あくまでも個人的感想だけどね。

967 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:30:49.39 ID:ztNus4b80.net
>>956
ただの理系男です。。。
なんか大層なこと書いてしまったみたいで
本とか変な誤解させてごめんなさい

968 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:33:15.43 ID:G9zav5he0.net
>>964
山田は清和源氏の直系氏族の一つだから漢民族じゃなく朝鮮人だよ
戦国時代以前に山田郡と呼ばれていた地域(今の名古屋市北部)も伝統的な朝鮮人の支配域だし

969 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:33:15.68 ID:ztNus4b80.net
>>966
その感覚わかります
量子力学のことですよね?たぶん

970 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:33:54.38 ID:NYL3ROiJ0.net
「戦場のメリークリスマス」もおそらく上映当時意味が
わからなかった人が多いから見直さないといけないのは当然のこととして
もう一つ当時の日本人が理解でなかった映画にロバートデニーロの「ミッション」が
ある。日本ではイグアスの滝から人間が十字架につけられて落ちていくのを
あれは人形?本物の人間?で話題になっただけの映画。
今ならどういうことだったのか、イエズス様に目を見えるようにしてもらった
者ならわかるぞ。
 
The Mission Main Theme (Morricone Conducts), ENNIO MORRICONE.
https://www.youtube.com/watch?v=0sp2NNLCoGg

971 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:33:56.55 ID:xx/DFZnX0.net
たしか素数回で細胞分裂が終わることわない
とかなんとか

972 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:36:19.25 ID:6xVej23d0.net
このスレは伸びる

973 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:36:29.40 ID:FiOwO5HV0.net
>>968
>山田は清和源氏の直系氏族の一つだから漢民族じゃなく朝鮮人だよ

は?源氏と名乗ってる民族=漢民族だよ

974 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:37:59.21 ID:vl4jSn9GO.net
>>950
すごいねこれは

975 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:42:55.05 ID:NYL3ROiJ0.net
>>974
あの表一枚をじっと観ておくだけで
この国の田吾作の精神年齢は数歳は上がると思うよ。もう世界の神観を
学ばないとね。

976 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:43:12.32 ID:+sPpsSuR0.net
>>965
我々が現代にいるという事実は、現代が確率的にありふれた時空だから、という話もおもしろいよね。

これがどういうはなしかというと、
我々が南大東島や奥尻島の住民の確率より、東京や大阪といった人口密集地の住民である確率が高いだろう、ということは自明ならば、
同様にして我々が縄文時代の人間の確率より、現代といった人口の多い時代の人間である確率が高いだろう、ということも、結果論として否定し難い、
そこに魂と魂の媒体というような神学的な概念をもちいるまでもなく。

では、未来方向について検討するとどうなるか?
我々が現代にいるという事実は、過去や未来よりも現代の方が居場所として確率的にありふれている、ことを意味しているのだろうか?
言いかえると、我々人類の未来は確率的に暗い、ということなのだろうか?
というお話ですた。

977 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:45:25.61 ID:G9zav5he0.net
>>973
源姓は天皇が自分の子供に与えた姓
天皇の子孫は漢民族じゃなく朝鮮民族だよ
朝鮮民族である天皇の子供が漢民族として生まれるわけないじゃん

978 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:49:19.91 ID:9fQvu9yk0.net
【米大統領選】クリントン候補、TV討論で
「核発射命令から実際の発射までの時間が4分間」
という軍事機密を漏らしてしまい、批判される [無断転載禁止]©2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1477096571/l50

979 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:52:49.97 ID:9fQvu9yk0.net
0 - Wikipedia

「ゼロ」とは、「数」でしょうか?それとも「状態」でしょうか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1112594356

980 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:53:24.25 ID:xXx/EldN0.net
>>950 天之御中主が抜けてるぞw

981 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:54:52.70 ID:+sPpsSuR0.net
>>979
俺はゼロは状態だよ派。
あらゆるシミュレーションや理論が破たんするのはゼロをみとめたとき。
ゼロという数は数学上の概念であり、現実的には存在しない、というのが俺の持論。

982 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 22:57:31.17 ID:FiOwO5HV0.net
>>979
数ってそもそも単に状態の尺度じゃねっていう

まあそんなことより神の正体を片付けましょうぜ?
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

983 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:01:27.30 ID:ztNus4b80.net
0は数でしょ
いや普通に

984 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:01:30.76 ID:8bnVQQ5j0.net
>>981
そういった数学の視点は誰も幸せにしないもんな。
素数がどうだとか、この難問どうよ?とか
科学者、数学者がそういうの嬉々として話しても
我々の心に人への愛や思いやりは出てこないし
科学や数学を神として崇めても虚しいよね。

985 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:05:01.50 ID:+sPpsSuR0.net
>>984 の言う「我々」という集合に「科学者、数学者」が含まれないことは理解した。
どうやら >>984 は普遍的な言及を放棄しているらしい。

986 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:08:18.67 ID:G9zav5he0.net
>>985
一部の科学・数学が科学者・数学者以外には何の価値もない、単なる趣味であることは認めちゃうんだ?

987 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:10:02.72 ID:FiOwO5HV0.net
>>985
え。素数がどうこう言うとあなたの心には愛や思いやりが出て来んのか
どう考えても12や60の方が受容と寛容に満ちた愛の数だろう

988 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:10:10.02 ID:la+sPFj+0.net
ガリレオの話思い出せばわかるが
単にキチガイ狂信者に襲われるととを危惧して、信心深い振りしてただけと思うよ。
だから髪を信じるような言葉が多く残ってる。
腹の底じゃ鼻で笑ってるさ。

989 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:11:56.03 ID:8bnVQQ5j0.net
芥川龍之介の最期の言葉

芥川龍之介の最期は致死量以上の睡眠薬を飲んだ後、寝床で聖書をよみ、
聖書が顔に覆った状態で永眠しました。亡くなる寸前まで聖書を読んでいたのです。
また芥川の絶筆となった作品『続西方の人』の最後は
 
「我々はエマヲの旅びとたちのやうに我々の心を燃え上らせる
クリストを求めずにはゐられないであらう」

「我々はエマオの旅人たちのように我々の心を燃え上がらせる
イエス=キリストを求めずにはいられないであろう」
 
という言葉で結んでおり「これが芥川が地上に残した最後の言葉」であり遺言でもある。
とのことです。太宰治は裁きの神という概念が強く最後まで苦悶していました。
私からするとキリスト教の神を最後まで偏った形で理解されていたように思います。
芥川も太宰も時代が今で、カトリック(キリスト教)が正しく伝わるならば、信仰(祈り)
希望によって、絶望(空虚)から自死へとは向かわなかったのではないかなと。
これは私の勝手なおこがましい推論ですが。

990 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:11:57.26 ID:+sPpsSuR0.net
>>987
あいにくおれは2が好きなんでね。

991 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:12:12.30 ID:FiOwO5HV0.net
>>988
やあ神を科学的に説明する事こそ、科学の宗教に対する圧倒的勝利でしょ\(^o^)/
https://youtu.be/TLY4yJFlBDk

992 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:12:21.14 ID:O5OPJ+PY0.net
>>984 神を崇めても、実は「見返り」はないよ。
だから数学を崇めても、実は同じ程度しか利益ないかもしれない。
でも数学を崇める他によく理解すれば数学の点数取れて入学試験などでは有利になる。
もしかしたら数学の神の方が、御利益大きいかも。

皮肉はこの程度にしておくが、
神を崇めても実は「見返り」はない。といった問題については本気で真剣に検討したいところである。
現世利益を約束するものではないといった教義として対策はされてるのだが、
しかしそれでも信仰するとは一体何か?というような問題ね。

993 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:12:40.10 ID:la+sPFj+0.net
本音では科学そのものに神を見出そうとはしてないはずだ。
したら研究なんかできねえもんな。信心に合理的思考あっちゃなんねえもんな。
だから、ブラックホールとかに神を見出すみたいな話はそもそも間違いじゃないかと。

994 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:13:07.08 ID:FiOwO5HV0.net
>>990 占い結果:あなたは心が狭いでしょう

995 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:14:11.16 ID:+sPpsSuR0.net
>>986
おまえのその目の前にある端末は科学者と数学者の成果物だ。
そこに価値をみとめないなら、おまえは大うそつきか、もしくはただのバカだ。

996 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:15:21.18 ID:la+sPFj+0.net
小難しい哲学とか、相対性理論とか漁師がくとか宇宙に関することとか
神をもちだしたくなっちゃうとおもうが、化学者ならばそれはないはずと
いうのがこのスレでいろいろ語った挙句の結論になりましたよ。

んじゃおやすみ

997 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:15:39.32 ID:+sPpsSuR0.net
>>993
もし、マハーカーラがブラックホールをあらわしているとしたら、どう思う?

マハーカーラ(Mahākāla) は、ヒンドゥー教の神の一柱で、
シヴァの別名のひとつとされる。マハーは「大いなる」、
カーラは「黒、暗黒、時間」を意味し、世界を破壊するときに
恐ろしい黒い姿で現れる。シャマシャナという森林に住み、
不老長寿の薬をもつ。力ずくでも人を救済するとされる。

ブラックホールとかに神を見出すみたいな話はそもそも間違なのか?

998 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:15:43.56 ID:YUljAeQ30.net
>>992
苫米地英人のブログにイエスキリストと仏陀について語った記事あるよ
それ読んでみなよ
ためになるよ

999 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:17:33.26 ID:FiOwO5HV0.net
>>995
>目の前にある端末
これは
>>986が言う
科学者・数学者以外には何の価値もない一部の科学・数学
とは全然違う。

12や60のようにちょー役に立つ科学・数学の成果物だよ☆

1000 :名無しさん@1周年:2016/10/22(土) 23:17:42.02 ID:LrY/CnwI0.net
信ずる者は救われる

総レス数 1000
326 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★