2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【国際】南シナ海裁定「無力化」の恐れ、原因はアメリカの腰砕け外交 [08/01]

1 :ちゅら猫 ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2016/08/01(月) 11:40:12.87 ID:???
★南シナ海裁定「無力化」の恐れ、原因はアメリカの腰砕け外交
2016年8月1日(月)10時18分

南シナ海の領有権をめぐる中国の主張に関して仲裁裁判所が今月裁定を下すまでの間、
米当局者らは、もし裁定を中国が無視するなら、同国の国際的評価に「ひどい」損失を与えるべく、
各国と共同戦線を組むことを検討していた。

しかし、7月12日にオランダ・ハーグの常設仲裁裁判所が、少なくとも文面上は中国にとって
屈辱的敗北と見られる判断を発表してからわずか2週間後、米国のそうした戦略は白紙となった
と思われる。仲裁裁判所による裁定は、その重要性を失う危険にさらされている。

米当局者らは今月に入り、アジア太平洋諸国や欧州連合(EU)を含む他の地域の国々に対し、
仲裁裁判所の裁定は拘束力を持つべきであることを明確にする重要性を繰り返し語ってきた。

「これは国際法で、非常に重要であり、全ての当事者に拘束力があると、われわれは協調し声を
大にして訴える必要がある」と、2月当時、米国防総省の副次官補(南・東南アジア担当)だった
エイミー・シーライト氏は語っていた。

4月には、アントニー・ブリンケン米国務副長官が、ハーグ裁定を無視するなら、中国は自国の
評価に「ひどい」ダメージを被るリスクを冒すことになると語った。

仲裁裁判所に異議申し立てを行ったフィリピンの弁護団を率いた弁護士は、仲裁裁判所による
裁定を拒否することは、中国が法の支配を尊重しない「無法国家と宣言しているようなもの」
との見方を示した。

世界で最も交通量の激しい通商ルートの1つである南シナ海の大半に主権が及ぶとする
中国の主張は、航行の自由と国際法にとって脅威であるとするフィリピンの提訴を米国は支持した。

だが、仲裁裁判所が中国の主張を受け入れない裁定を下した後、共同戦線を求める米国の
呼びかけは頓挫したように見える。裁定は拘束力を持つべきとの米国の主張に呼応したのは、
わずか6カ国だった。

そのなかにはフィリピンも含まれるが、中国が裁定を受け入れた場合に自国も利益を得る
可能性がある他の当事国らは入っていない。

一方、中国は今週、外交的大勝利を得た。東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議は
25日発表した共同声明で、米国が要求していた南シナ海の領有権問題における仲裁裁判所の
裁定について言及しなかった。言及するよう求めていたフィリピンが、中国の盟友カンボジアからの
反対を受けて、自らの要求を取り下げたのだ。

また、英国の離脱に揺れるEUは15日、仲裁裁判所の裁定に関する声明を発表したが、
中国に直接言及したり、裁定には拘束力があると主張したりすることは避けた。

<「脚注」程度の重要性>

ケリー米国務長官は27日、ASEANが法の支配を支持する共同声明を発表したことに満足の意を表し、
仲裁裁判所の裁定に全く言及しなかったことで、同裁定の重要性が損なわれるわけではないと述べた。

ケリー氏はまた、裁定には法的拘束力があるため、その重要性を失わせることは「不可能」だと強調した。

しかし専門家によれば、米国が友好国や同盟国と協調してこの問題を効果的に推し進めることに
失敗したせいで、なおさら裁定が無意味になるリスクに現在直面しているという。

「裁定が脚注程度にすぎないと見られるようになることを懸念すべきだ。なぜなら、裁定の影響力は
国際社会によってつくられるものであるからだ」と、米戦略国際問題研究所(CSIS)の南シナ海
専門家、グレッグ・ポーリング氏は指摘。

「国際社会は何も言わない、ということを表明した。『われ関せず。中国をこうした基準に保たなくていい』
というのが、コンセンサスのようだ」

米シンクタンク、ヘリテージ財団の中国専門家であるディーン・チェン氏は、オバマ大統領の任期も
残すところあとわずかで、11月に大統領選を控える米国は、戦略的ライバルであり不可欠な経済
パートナーである中国に対し、これ以上の強硬路線は取りたくないように思われると語った。

「われわれが目にしているのは、物理的に、政治的に、違法に、外交的に、南シナ海へ猛進している
中国に対し、ほとんど何もしない米国の姿だ」と、チェン氏は述べた。(以下リンク先で読んでください)

[ワシントン 27日 ロイター]
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/08/post-5573.php

2 :名無しさん@13周年:2016/08/01(月) 11:51:53.28 ID:T5ZwmouzZ
手遅れになってから対処するんで、
荒くなるんと違うか。

3 :名無しさん@13周年:2016/08/01(月) 12:13:36.01 ID:PewUGTJCJ
アメリカだけのせいじゃないぞ。あちこちの国が寄ってたかって無法者で横暴を繰り返してる
中国様を王様のようにあげつらうからだ。馬鹿な王様は痛い目にあわせろ!こうしたらこうなるというのを
ちゃんと分からせる必要あり。

4 :名無しさん@13周年:2016/08/01(月) 12:32:38.70 ID:d8N74Ervp
選挙中だからこんなもん
その分、米軍が睨みを効かしてはいるがどうなるかな
問題はやはり選挙後だと思うが

5 :名無しさん@13周年:2016/08/01(月) 13:52:34.65 ID:G8kBeBqkH
大統領選直前だから、外交が弱まるのは定石

6 :名無しさん@13周年:2016/08/01(月) 16:28:55.55 ID:hlN6d9B9d
バラクのしたことはチンクのアジア支配と 米国内の白黒対立激化だけだったな


★最新ミリタリー記事/ Miletary & Mecanix
http://yamatotakeru999.jp/index.html

★韓国THAADを叩きまくる中国 ちゃっかり防衛ミサイル網開発してた
http://yamatotakeru999.jp/th1.html

 #韓国軍 #THAAD #missile #サード

7 :名無しさん@13周年:2016/08/01(月) 17:39:22.19 ID:Gu4G5sjjk
第二の満州国になって中国は破滅してほしいのだがなあ。
しかし中国は満州での日本自滅の教訓を学んでいるので無理か・・・。

8 :名無しさん@13周年:2016/08/01(月) 20:42:23.13 ID:LaSHYXctY
              【ゴミリカ撤退】       安倍のおかげでサヨクが勝つ       【ゲスヨク弾圧】


   ∧,,,∧
  (´・ω・`) < 近い将来、欧米で株式市場が破綻すれば、マイト レーヤは直ちに出て来られるでしょう。
  (|   |)
   し--J


最初になくなるのは世界の株式市場でしょう。

差し迫る株式市場の暴落は、他の人々が飢えている間にお金を儲けることの結果です。かれらは自分の財産を隠し、犯罪的雰囲気さえも創出しています。
彼らはただ座って待っているだけです。世界を餌にして生きており、何も還元しません。 来るべき株式市場の崩壊は必然的に多くの失業者を出すでしょう。


日本から始まる世界的株式市場の大暴落

ウォールストリートの大暴落(1997年)につながったプロセスが、いま日本におけるプロセスの中に写し出されており、再び株式市場の暴落につながるでしょう。
終いには政府にも支えることができなくなり、どん底に落ちていきます。日本がアメリカ国債の25%を引き出すと世界経済が破綻し、マイト レーヤは出現するでしょう。
マイト レーヤは何百万の人々に話しかけることのできるようなやり方で、まずアメリカに現れるのです。それから日本です。
彼は日本人ではありませんが、日本語で話すでしょう。彼は、非常に物静かなやり方で話します。彼の最初の控えめな態度に混乱してはなりません。
非常に間もなくマイト レーヤを、テレビで見るでしょう。マイト レーヤは毎日テレビに現れ、質問に答えるでしょう。彼は「匿名」で働いております。
マイト レーヤが公に現れるにつれてUFOが、とてつもない数で姿を表すでしょう。


史上初の世界演説は英国BBCが放送

それは非常にまもなくです。マイト レーヤが世界に向かって話をする準備は良好に進行しています。この時、初めての本当の身分を明らかにされます。
25分か35分くらいかもしれませんが、歴史上で初めて、世界的規模のテレパシーによる接触が起こるのです。14歳以上のすべての人々はマインドの中で、自国語で聞くでしょう。
https://www.youtube.com/watch?v=6cO vo6n7NOk


世界平和の脅威は、イスラエル、イラン、アメリカです。イスラエルの役割は跪いて、パレスチナに許しを請うことです。
アメリカによる他国の虐待に反対の声を上げなければなりません。彼らは今世紀(21世紀)をこの帝国が出来上がるアメリカの世紀と呼ぶ。しかし、そうはならないでしょう。
彼らが世界中に‘民主的’制度を確立したいという衝動(1種類の政治形態が世界中を支配する)をコントロールするのは、マイト レーヤの任務です。

総レス数 8
8 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★