2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【杉田水脈】東京都知事選は外国人地方参政権の是非こそが重要な争点ではないでしょうか [07/19]

1 :ちゅら猫 ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2016/07/19(火) 12:52:31.02 ID:???
2016.7.19 01:00
★【杉田水脈のなでしこリポート(9)】東京都知事選は外国人地方参政権の是非こそが重要な争点ではないでしょうか 

東京都知事選挙が始まりました。自民、公明両党、そして日本のこころを大切にする党が
元岩手県知事で元総務相の増田寛也氏を推薦しましたが、これに伴うゴタゴタが続いています。

私は東京都民ではないので「この人を支持します」という必要はないと思っていましたが、
ブログに「増田寛也氏を支持しないし、支持できない」と書いたところ、「なぜ?」という
ご質問が多くの方からあったので、お答えしたいと思います。

増田氏は元建設官僚であり、知事や総務相の経験もあるだけに、他の候補と比べて
実務経験に長けているというのはその通りでしょう。ですが、私が懸念しているのは
外国人への地方参政権付与をめぐる問題なのです。

日本のこころを大切にする党は、彼に推薦を出すにあたりこの件を確認したとfacebookに
発表しています。以下はその引用です。

≪増田寛也氏が過去に外国人地方参政権について認める考えを持っていたことはあるが、
東京都知事としてこの件を持ち出すことはないということを確認している。当然、我が党は
参政権は国民固有の権利であり、外国人地方参政権については認めない立場である≫

増田氏が外国人参政権を認めない立場に変わったのは、一体なぜなのでしょうか。

(1)時系列的な問題=過去はそう思っていたのが、現在は違う

(2)地域的な問題=岩手県ではよいが、東京都ではダメ

(3)外圧要件によるもの=要望があったので認めるべきと言ったが、要望がなかったらやらない

大きく分けると、この3つのパターンが考えられます。

政治家といえども、勉強していく中で考えが変わることはあります。また、時流の変化に対応
して前言を撤回をすることもあります。それが(1)のケースであり、増田氏が「色々と勉強して
考えが変わった」というならば、まだ話は分かります。

(3)のケースならば論外です。首長は要望の声の大きさに応じて行政を進めるべきでは
ありません。そうでなければ、ノイジーマイノリティに惑わされて、サイレントマジョリティーの
権利や利益を損ねかねません。このような外圧でコロコロと考えや政策を変えるような方は
首長失格だと言えるでしょう。

問題は(2)のケースです。これは地方分権の議論の中でとても重要な問題だと考えているからです。

(中略)

地方分権の時代だからといって「うちの県は国歌を君が代と違う別の歌にします」
「我が市では来月から共用語を中国語にします」などというのを認めるわけにはいきません。

外国人の地方参政権は、後者の事例に属します。自治体によって認める自治体と認めない
自治体が混在するような状態を作ってはなりません。国がはっきりと「外国人参政権は認めない」
と決め、地方にこの決定権限を譲るべきではありません。

ですから、増田寛也氏が外国人地方参政権について、もし都道府県の判断に委ねればよい
という考えをお持ちならば、到底支持することはできません。というよりも、そんな考え方の
持ち主が元官僚で総務相を務めていたかと思うとゾッとします。

私は衆院議員だった当時、「何を中央集権とし、何を地方分権とすべきか」という線引きの
議論をぜひ始めたいと思っていました。国会議員には、霞ヶ関の官僚出身の議員は
たくさんいますが、私のような地方自治体職員出身の議員はほとんどいません。
それだけに、私の経験を生かせるのではないかと思っていましたが、残念ながら議論は
緒に就きませんでした。

そんな中、道州制推進の中心人物として頑張っていたのが、今回の都知事選候補の
一人である元防衛相の小池百合子氏でした。」

保守の方の中には、地方分権や道州制と聞くだけでアレルギー反応を起こす方もおられますが、
地方の活性化は待ったなしなのです。一刻も早く「誤った地方分権をさせない」という考え方を
鮮明にさせた上で国と地方の役割分担について議論を盛り上げてほしいと思っています。

http://www.sankei.com/premium/news/160717/prm1607170031-n1.html

2 :名無しさん@13周年:2016/07/19(火) 12:55:55.53 ID:wo53RuTJC
自民党都連はそんなにまでして自らの権益を守りたいのかな。
都民にたかる都連

3 :名無しさん@13周年:2016/07/19(火) 13:00:46.04 ID:JnnX77Nm0
少なくとも敵対関係にある人種に認める必要は微塵にもないわな
中国と南北朝鮮は。

4 :名無しさん@13周年:2016/07/19(火) 13:08:08.57 ID:JEfHOXqog
>>3
いや、少なくとも、と甘やかすのは危険だと思う。

文中の増田が賛成から反対に変わったのは、ただのプロパガンダで
実態は賛成派だと考えた方が良いと思う。

5 :名無しさん@13周年:2016/07/19(火) 14:41:05.12 ID:+Wz5anGCZ
そう思います

6 :名無しさん@13周年:2016/07/19(火) 16:07:13.25 ID:oF+GCU3YU
日本の心党は推薦でも、やはりこの人は支持しないんだね

7 :名無しさん@13周年:2016/07/19(火) 16:15:17.69 ID:oF+GCU3YU
地方活性待ったなし状態だから地方分権・道州制の議論を

そして外参権を国がハッキリ否定しないとその議論が出来ない
という事か

8 :名無しさん@13周年:2016/07/19(火) 20:23:51.58 ID:Y2l9tC/Va
国政であろうと地方であろうと憲法違反
憲法改悪の国民投票でもするつもりか

仮に1000万人移民が来たとして
その大半は悪性国家の支那族と朝鮮族になるだろう
日本国民の誰がそんな事を認めるか

9 :名無しさん@13周年:2016/07/24(日) 12:53:13.57 ID:wfpbC82fJ
経済移民・難民問題は、移民するという行為やグローバリゼーションという「システム」そのものです。
外国人が定住すると、必ず文化摩擦や権利の要求、治安の悪化といった問題が発生するのは他国を見ても明らかであり、
それは反日国と親日国といった分類をすることは不可能であるということです。稀有な自然国家である単一民族国家日本を守っていきましょう。
http://www.sakuranokai.org/article/429582783.html

「2011年ニューヨーク市の各種犯罪の人種別統計」を見ても移民政策を止める気がない日本政府と地方自治体
http://ameblo.jp/mamorinuku/entry-12182937927.html

経済移民(外国人労働者)・難民を受け入れた社会を具体的に想像してみて下さい!成功させる方法は皆無なのです!
外国人を受け入れると一体どうなっていくのか?具体例を挙げながら、なぜ外国人受け入れが文化を破壊し国力を低下させるか分かりやすく解説
http://ameblo.jp/evening--primrose/entry-12178497665.html

クリーン作戦は本当に効果あります!ぜひお住まいの町でいかがでしょうか。
「内輪だけで文句を言ったり、無力感で絶望する暇はない。できることから行動しよう!」
「外国人が住みやすい街は、日本人が住みにくい街。自分の街はそのようにはさせない!」
http://www.sakuranokai.org/article/429398334.html

【被害を受けるのは明日は我が身の体験談】外国人との共生はできない。ましてや災害などの有事においては、なおさらです。
外国人個人の人柄ではなく、外国人をめぐる社会、司法、行政などのシステムそのものに問題の本質が存在します。

これらは災害などの有事の際にはますます顕著になります。結局のところ、外国人との住民トラブルを本質的に解決するためには、
「そもそも外国人との共生などできないし、共存する必要もない。」外国人の受け入れ、日本に定住という仕組みそのものによって、
日本人が本来被らなくてもよいトラブルに巻き込まれている。今後も外国人受け入れに断固反対します。いつも泣きを見るのは日本人側です。
http://www.sakuranokai.org/article/435829264.html

総レス数 9
7 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★