2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【国際】ベトナムの日本傾斜加速 中国の海上覇権強化に危機感 [07/12]

1 :ちゅら猫φ ★:2016/07/12(火) 22:00:15.00 ID:???
★【永田町・霞が関インサイド】ベトナムの日本傾斜加速 中国の海上覇権強化に危機感
2016.07.12

参院選(10日投開票)の最中、駆け足でベトナムの首都ハノイに行ってきた。

主たる目的は、レ・クイ・ドン工科大学(LQDTU)のレ・キ・ナム副学長ら幹部との意見交換のためだ。
「工科大学」と名乗っているが、国防部直轄の事実上の“軍事技術学院”である。

旧チェコスロバキア留学中に博士号を取得した陸軍少将のナム氏は、流暢(りゅうちょう)な英語を話す。

同氏の父は共産党機関紙「ニャンザン」副編集長を務めたエリートである。ベトナム和平が実現した
1973年1月の「パリ協定」では、北ベトナム代表団のレ・ドゥク・ト特使の随行員でもあった。

ベトナム社会主義共和国は共産党1党支配体制下ではあるが、同国有数のインテリ階層なのだ。

さすがに現役軍人である。ともにした酒席ではよく飲んで食べて、話した。
話題は「おしん」から安倍晋三首相論に及んだ。

では、なぜベトナムなのか。人口は九州を除いた日本とほぼ同じ面積に約9500万人。
だが、30歳以下が約60%。繁華街に限らず、どこでも若者と子供の姿が目立つ。

1人当たりGDP(国民総生産)が2200ドル。同成長率が約6%。政治が安定し治安も良く、
東南アジア第3位の人口は有望な市場である。

ハノイでは夫婦共働きで平均月収が10万〜15万円。ところが、有名なバイク喧騒の街を走るクルマは、
なぜかレクサスなど高級車が目立つ。しかも若者が運転している。

党官僚・政府幹部の子弟だという。やはり中国と同じ既得権益享受者なのか、と聞いてみた。

中国と違いベトナム共産党は下からの積み上げによる支配なので国民あってのものだ、
と深田博史駐越大使は説明する。

1月の党大会で政治局員が16人から19人に増員された。出身内訳は同国南部4人、中部2人、北部13人。
国の中心は商業都市ホーチミンではなく政治都市ハノイ。「北高南低」なのだ。

中国の南シナ海における海上覇権強化に危機感を持つベトナムの日本傾斜は急ピッチで進む。

件のナム氏は、電力安定供給には原発建設が不可欠であり、事前の緊急対策庁設置で日本の協力を求めたいと語っていた。

防衛大学で修士、博士号を取得した日本留学組の教授たちとも懇談した。

異口同音にさらなる高みを求めて日本企業への出向と共同研究の機会を口にした。
それは、一にかかってLQDTUの「政治力」と、日本側の理解と協力次第である。 (ジャーナリスト・歳川隆雄)

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160712/plt1607121550004-n1.htm

2 :名無しさん@13周年:2016/07/12(火) 23:43:03.92 ID:+hf2Kn5Zm
2げとニダ

3 :名無しさん@13周年:2016/07/13(水) 07:53:54.37 ID:wGJ5xOD7r
日本におけるベトナム人の犯罪や事件も多いが、はたして民度はいかがなものか。
中国人や朝鮮人よりもましな程度なのか。
企業はいま中国からベトナムへとシフトしているが政権の安定感は大丈夫なのかな。

4 :名無しさん@13周年:2016/07/13(水) 08:20:05.65 ID:BMmCLFrt3
ベトコ根性だから
日本よりというより使えるものはなんでも使うという精神なんでは

5 :名無しさん@13周年:2016/07/13(水) 12:25:34.43 ID:+MiM+cuVC
ベトナム人に知り合いがいるが、男性が女性に暴力をふるうのは日常茶飯事らしい
特にベトナム戦争経験世代で
戦争の傷跡(PTSD)なのかもしれないけど、そういう意味では民度はまだまだ低いと思う。
それでも若い世代の一部には、そういう風潮を嫌い暴力を否定しているらしい。

6 :名無しさん@13周年:2016/07/13(水) 12:41:41.82 ID:m2+3GxZ6D
>>2〜5
ばか。 そういう風にアジアを見下げることが日本の敗北に至ったのだろう。
日本とは違う、それが許せないなどということ小人の態度ではなく、大人の目で見てやれや。
ベトナムはとにもかくにもアメリカに勝った国だぞ。
日本人は何だよ、アメリカ人にペコペコしてるくせに、弱小後進国を見下す、そのみっともない根性にウンザリ。

総レス数 6
4 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★