2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【社会】戦艦大和の「いま」、呉市が新映像公開 菊の紋章も鮮明

1 :リサとギャスパール ★:2016/06/22(水) 17:56:42.69 ID:CAP_USER9.net
 太平洋戦争末期、東シナ海の海底約350メートルに沈んだ戦艦「大和(やまと)」の潜水調査に、広島県呉市が行政機関として初めて成功した。
22日、そのデジタル映像や写真を報道機関に公開。艦首にある菊の紋章も鮮明に浮かび上がった。

 呉市は先月、鹿児島県枕崎市沖約200キロの海域で調査。71年前、米軍の攻撃を受けて沈み、海底に横たわる大和の船体を無人の潜水探査機で10日間撮影した。
公開されたのは、波の抵抗を減らす球状艦首(バルバスバウ)や3枚翼で直径5メートルのスクリューなどが映る約3分半の映像だ。

 1985年と99年の民間調査はアナログ映像で撮影。デジタルの今回は、より鮮明にとらえた。
呉市は映像の解析を進めて大和の構造や沈没時の状況を詳しく調べ、呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)の展示の充実をはかる。

 この映像は7月23日から大和ミュージアムで一般公開する。解説を加えた新たな映像も9月に公開予定。
調査船で現地へ行った大和ミュージアムの新谷博・学芸課長は「海に沈む大和の鮮明な姿を多くの人に見てもらい、平和を考えるきっかけになれば」と話す。

戦艦大和の菊の紋章
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160622003591_comm.jpg
戦艦大和の球状艦首(バルバスバウ)
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160622003614_comm.jpg
戦艦大和のプロペラ
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160622003606_comm.jpg

http://www.asahi.com/articles/ASJ6J4K6XJ6JPITB009.html
(2016年6月22日17時00分)

344 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:15:22.20 ID:eL4UDu/E0.net
>>19
プロペラントで推進
スクリュってスクリューってだけだよな

345 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:15:30.20 ID:kv0LgCHn0.net
>>342
数が足りてないのよね。
ミッドウェー攻略部隊(主力空母1、護衛空母1、戦艦4隻)が別途必要だった。

346 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:15:47.71 ID:ITmgbWdV0.net
>チャーチル
「極東の貧乏帝国猿が何だって?

347 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:15:57.12 ID:737Ox1Hh0.net
>>292
図上演習の結果が軽視されたのには相応の理由もある
MI作戦は本来日本側の先制奇襲で開始されるはずのもの、だが図演は図演であるがゆえに
「敵が来る」ことはもちろん、その陣容も目的も対抗部隊指揮官には丸わかりであり、
その前提と予備知識でもって日本側の裏をかく邀撃作戦を立てられるわけで、
実際はそんな事あるわけ無いのだから・・・という思いは確実にあったろう
暗号漏れ機密漏れを前提に作戦立案などするはずもなかろうしね

で、当初の構想通り日本側の先制奇襲によって作戦が開始されていたと仮定した場合、
史実の大和以下主力戦艦部隊の配置は別に変でもなんでもない事が理解できる
機動部隊と主力部隊の間隔は約350海里
ハワイからミッドウェーまでの距離は1200海里弱
つまりミッドウェー奇襲後に、ハワイの米艦隊が全速力で救援に駆けつけてきた時には
ミッドウェー基地戦力は壊滅し、機動部隊と主力部隊は決戦想定海域において合流を完了して、
万全の布陣で米艦隊に当たることができる・・・というもの

要するに「米艦隊が待ち伏せている」という知識があるせいで、後世の人間には当時の日本軍の陣立てが理解できなくなってるのだね

348 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:16:31.90 ID:efqlqkUQ0.net
(-_-;)y-~
ホームページSファイルぽちぽちします。

349 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:16:32.12 ID:+rrKRLkL0.net
>>284
> >>281
> 戦争しないで、独・ソ戦をイギリスと注視してれば、負けはなかったな。

ドイツに勝利したソ連に殺されることになる
干渉戦争だけでもソ連の怒り買ってるのに
ドイツの条約破りを日本は支持した
そこで明確にソ連の敵になった
同時に卑劣な条約破りの一員になったのが日本

350 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:18:27.58 ID:+rrKRLkL0.net
>>347
先制奇襲が前提の作戦w
あり得ないだろw

351 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:20:19.80 ID:kv0LgCHn0.net
>>347
それは論理的に無理筋。敵空母が大西洋かなんかにいないと成り立たない。

作戦の前提として
  敵空母の位置は不明。
  ミッドウェー攻略でおびき出す。
  
どう見ても、米主力空母5-6分の航空戦力と対峙する前提よ。
敵空母の位置が不明で、しかも「おびき寄せ&せん滅」が目的で
来るのが前提なのだから。ミッドウェーを攻撃する日だけ、
「敵空母は全部大西洋にいます」とかおかしでしょ?
考えた連中は池沼じゃないの?

352 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:21:07.74 ID:NnbxmSHs0.net
>>156
あれ、船体そのままかと思ってたら
一旦バラした部材を再利用しただけみたいだな

353 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:21:15.86 ID:kv0LgCHn0.net
つーか、宇垣ってのはとにかく、おかしい。

354 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:22:44.58 ID:akX0PeM40.net
>>27
罪も功もおしえるべきなんだよ 馬鹿が。

355 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:23:33.07 ID:ITmgbWdV0.net
マレー沖海戦って、大英帝国海軍が日本の
ゼロ戦にボッコボコにぼこられるのんよね

356 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:24:34.15 ID:nkacb2Ab0.net
>>347
驚いたことに、機動部隊の参謀以上の誰も、奇襲が不発に終わるとは露程も思わず
完全な奇襲が成功すると確信していたらしいこと。
まあ、底までのアメリカ軍の拙劣な動きを見ていたら舐めてしまうのも仕方ないが
暗号解読も含めて情けないくらい甘い。

大和以下を前衛に置かなかったのも、そんなことをしてアメリカ軍に察知されたら
出てくる空母も引っ込んでしまうだろう。むしろ少しくらい機密を漏らしてアメリカ軍を
誘い出すくらいの大胆な作戦がよい(白石参謀長)的な考えだったから、さらに驚く。

呉の床屋でも「次はミッドウェーですなあ」と公然と言われていたし、もはや・・・。

357 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:25:25.57 ID:B+JywFof0.net
一色陸校だっぺ

358 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:27:19.23 ID:kv0LgCHn0.net
>>356
だよね。暗号解読以前に、その辺の呑み屋のねーちゃんや、床屋のおっちゃん
が「次はミッドウェーとかいう島でしょ」って知ってたしな。
暗号にするような話でもなんでもなく、日本海軍側で米空母釣るために
漏らしてるたのではないかと・・・とにかく作戦の前提と投入戦力がおかしい。

359 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:28:55.58 ID:SMuOLPCv0.net
やっぱミッドウェー海戦での敗北だよね、痛かったのは
真珠湾攻撃が成功したから、その勢いでやっちゃたーーーーーー

360 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:30:02.37 ID:kv0LgCHn0.net
>>355
英国は敵に回しちゃいけないよな。

361 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:30:43.89 ID:WJpK7GSp0.net
地球の諸君元気かな

362 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:31:09.02 ID:QoJgdSAA0.net
宇宙戦艦ヤマトって、何十年か何百年も水に浸かってた材料を元に
新たに宇宙へ旅立てる空母に作り変えるって、だいたい無理があるわな
それも海用のデザインで、宇宙へ飛ぶ立つように作るのも無理がある
宇宙戦艦ヤマトって下から攻撃されたら、脆いんじゃないの?
上からの攻撃には強いかもしれんが
ガミラスももうちょっと頭使えよ!凄い科学が発展してるはずなのに
戦術とかは源平合戦レベルじゃないの?

363 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:33:11.97 ID:PNS7R2fF0.net
>>353
甲事件のときもこういうのにかぎって助かったりするんだよなあ
あそこで死んでれば終戦後に多くの若者がこいつの道連れで無駄死にすることもなかったのに
あと乙事件福留繁とかも

364 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:33:13.69 ID:OhvSdUti0.net
日本人は古い物や過去に固執し過ぎだ。

365 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:35:45.65 ID:redF6gBS0.net
>>153
軍人だけじゃねえぞ、民間人もだぞ

366 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:40:48.37 ID:kv0LgCHn0.net
>>363
ホント、そう思う。

367 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:41:05.46 ID:L53D24FB0.net
>>355
それは一式陸攻である。

368 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:48:06.11 ID:737Ox1Hh0.net
>>350
君がどう思おうと史実の南雲部隊の予定行動は、敵陸上機の哨戒圏を夜間に高速突破して攻撃可能距離まで接近し、
夜明けとともに攻撃隊発進という、まんま真珠湾攻撃そのままの奇襲を主眼とした組み立てなのだな
米側が暗号解読でこれを読んで哨戒機の数を増やすと共に、哨戒半径も大幅に拡大させていた事により日本側の目論見は阻止された

>>351
冷静になって時間と距離を計算し直すことをおすすめする
先も言ったとおり、例え米空母群が直近の根拠地ハワイに全て在泊していたとしても、
「日本側の構想通りなら」時間は日本側に味方する
さっきも言ったとおり350海里vs1200海里なんだよ、日本の主力部隊と機動部隊が合流するほうが絶対に早い
これでもし米空母が分散していたり、南太平洋や本土西海岸付近などにいようものなら、
ミッドウェー近海に駆けつけて決戦を挑む体勢を整えるのに何日掛かると思う?

369 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:52:25.03 ID:nkacb2Ab0.net
>>367 >>355
わしら搭乗員は「中攻」と読んどりました。双発の割と優秀な機でしたな。
ライターと悪口を言われたりもしましたが、極端に発火しやすいと言うほどじゃなかった。
雷撃やるときは高度20mですよ。波頭にペラがぶつかりましてな、そりゃあ
勇壮な攻撃振りでした。あれの雷撃には英戦艦と言えど逃げられんでしょう。
回避不能なくらい肉薄攻撃をやりましたから。
陸攻と言いましてもな、海上でもようけ使われたんですよ。だから「中型攻撃機」中攻です。

370 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:53:28.34 ID:XdEHvTTn0.net
戦艦大和
正に、負の遺産

371 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:55:30.87 ID:PNS7R2fF0.net
>>369
中型陸上攻撃機だね
略称は中攻または陸攻
マレー沖のころはまだ96式のほうが多いかも

372 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:57:13.40 ID:eZeulDOiO.net
>>362
大和のガワの中で作ったんだから大和よりチは小さくなりそうなもんだが大和よりデカいんだぜ

373 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:58:35.39 ID:LvK0vMUQ0.net
現実問題として海岸に乗り上げたら変な姿勢になりそうだし、まともに照準取れるんだろうか

374 :名無しさん@1周年:2016/06/22(水) 23:59:52.96 ID:737Ox1Hh0.net
>>356
真珠湾での成功体験が強烈で、同じようにやれば、また同じように上手くいくはずと考える
思考の陥穽に陥っていた感があるよね
「あの大根拠地ハワイをやれたんだから、ちっぽけなミッドウェーを奇襲するくらい余裕」と
そう考えてしまうのも無理は無いけれど、一つの大成功が次の成功をも保証するわけではないのだからねえ

375 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:01:32.09 ID:R3icKy950.net
大和のレーダーとヤマトのレーダーじゃ形が違いすぎてなあ。。。

376 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:02:23.55 ID:RIUJsFH00.net
>>368
>例え米空母群が直近の根拠地ハワイに全て在泊していたとしても、

これはこれは前提をご都合主義で買えちゃってますよねぇw。
「敵空母がハワイに拘束される」って、どういう根拠ですか。
それも「居場所不明」が前提だったのに・・・

論理的には米空母が当日ミッドウェーに来ても来なくても、日本側は
「最初から2倍近い艦船を注いだ方がいい」って結論にしかなりませんよ。
来ないなら、ミッドウェー攻略は成功して、当初の予定通り。
近海にいたなら、ミッドウェー攻略部隊と敵空母せん滅部隊で
同等損害出しても敵空母とミッドウェーせん滅で制空権を得る。

どうです?

377 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:04:31.10 ID:RIUJsFH00.net
>>374
冷静に論理的に、考えれば、敵空母が来ても来なくても
戦力集中の方がリスクないのな。論理的に考えれば。
宇垣は、三国同盟に寝返ったり、とにかく日本を敗戦まで
一直線に導いた一人。

378 :奈良さん:2016/06/23(木) 00:05:17.16 ID:UkcXsAnB0.net
戦艦大和
カッコいい。すいません。

379 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:06:46.87 ID:RIUJsFH00.net
>>374
真珠湾も、米老朽艦の一部ひっくり返しただけで、基地としての機能を
せん滅したわけではないんだよな。成功というには冷静にみて
「中途半端」。戦局から言えば失敗してるんだよね。

380 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:08:20.41 ID:RIUJsFH00.net
>>368
>例え米空母群が直近の根拠地ハワイに全て在泊していたとしても、

これはこれは前提をご都合主義で変えちゃってますよねぇw。

381 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:08:22.82 ID:tsDCvoeZ0.net
>>374
南雲にしてみれば米空母に関する敵情通報はない。午前4時半に進発した偵察機も
そろそろ300海里の限界点に達する頃だが敵空母発見の報は届かない。
五月雨に襲撃してくるミッドウェー島からの攻撃機による被害は幸い出ていないが
第一次攻撃隊の成果は思わしくない。
ええい、ここは陸用爆弾に転換してきっちり島の飛行場を叩くのが最善の策だろうし
まだ米機動部隊の登場はしばらく先だろう。島だ!島を攻撃する。
ああ、裸の攻撃隊を出すわけにはいかない。ちゃんと戦闘機をつけろ。

そう考えて雷爆転換の命令をしたとたんに利根4号機から「敵見ゆ」の報告。
あちゃー、出てきたか。偵察機遅いぞ! ・・・以下敗戦へ一直線

382 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:08:29.09 ID:gmMTvzmR0.net
ミッドウェー島を獲得したいわけじゃないし、
つなぎの作戦に過ぎないから戦力はあれでいい
本命はマリアナ沖である

383 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:11:51.70 ID:9CsXWm0vO.net
呉市は頑張っているね。
それに比べて東京都と来たら…
戦艦大和の技術と面影を残す、南極観測船宗谷を都知事が…(T^T)

呉市、大和繋がりで宗谷を助けて!

384 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:13:40.78 ID:UkcXsAnB0.net
無能ヤマトホテル

385 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:13:52.42 ID:RIUJsFH00.net
>>382
ミッドウェーより引き延ばすと、半年でアメリカとの物量耐久戦になるから
それをしたくないはずだった。マリアナあたりじゃ、既に日本の領海
だったから、敵空母が来てくれないのよ。

386 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:14:07.99 ID:n+HWvHs/0.net
>>376-377
真珠湾スタイルの航空奇襲を行うには、日没中の殆どを25ノット以上で高速航行することが求められる
すなわち大和型以外の中速戦艦群は参加できない
これが機動部隊と主力部隊に分けられた実際的理由
大和だけは速力的に機動部隊に加わることもできたろうが、作戦内容的に殆ど意味は無いね
ミツドウェーへの航空奇襲に大和型の威力を見せる機会は無いし、艦隊決戦時にはどのみち合流してる予定だしね

387 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:14:59.65 ID:RIUJsFH00.net
>>381
南雲部隊は可哀そうだったよね。「通信も不利だから戦艦増やしてくれ」
ってのも受け入れてもらえず、空母は3隻足りず・・・。

388 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:15:18.54 ID:UkcXsAnB0.net
カッコいいなぁ、戦艦長門

389 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:15:40.72 ID:hfotQLlB0.net
懺悔の時間だ!

390 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:17:26.61 ID:UkcXsAnB0.net
可愛いなぁ、駆逐艦《雪風》

391 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:17:31.56 ID:A6sAx5g00.net
>>386-387
大和はアメリカ空母の無線を傍受できた。
それを空母艦隊に連絡できなかった。
もしも大和が加賀の護衛に専念していれば発光信号で通信できた。

392 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:17:33.00 ID:R3icKy950.net
長門は俺の嫁

393 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:18:38.94 ID:tsDCvoeZ0.net
「飛龍から信号。現装備(陸上攻撃爆弾)にてただちに発進の要ありと認む」

394 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:22:34.32 ID:9CsXWm0vO.net
>>392
宇宙人が好みなのか?

395 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:22:38.08 ID:RIUJsFH00.net
>>386
大和はともかく、長門・陸奥・伊勢・日向と
一割先に、速度が一緒の加賀+護衛空母2隻と一緒に出てりゃいいのよ。
敵機動部隊に襲われたなら、囮として機能してくれるわけだし。

とにかく、「敵空母は絶対にハワイに拘束」という、あなたの
トンデモ論理はご都合主義すぎて、ついていけんわ。
まあ当時の司令部も変らんオツムで大敗北したわけだが・・・

396 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:24:08.37 ID:UkcXsAnB0.net
痺れるななぁ、高雄級高速重巡洋艦《愛宕》
《麻耶》

397 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:24:52.59 ID:BPuQSF0O0.net
 ∧__∧
 (´∀`) 菊の紋章
  (⊃⌒*⌒⊂)
  /_ノωヽ_)

398 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:25:15.83 ID:R3icKy950.net
鳥海「」

399 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:25:40.70 ID:tsDCvoeZ0.net
空母ホーネット艦上 戦闘前夜
ウォルドロン少佐「おまえ達は初陣だ。今夜は私物をまとめて遺書を書いておけ。全員だ。
         それは、残る兵の仕事を減らすためだ。気にしないで書いておけ。
         明日は俺がおまえ達をきっちり日本空母の前に連れて行ってやる。俺を信じろ。
         いいか、訓練通り、落ち着いて魚雷を放て。以上だ」

   出撃15機全機がウォルドロン少佐の卓越した航法術で日本空母まで到達。
   しかし零戦の激しい邀撃にあい、全機が射点にに入る前に撃墜され、
   搭乗員30人中、ジョージ・ゲイ少尉1人(後に海上で救助)を除く29人が戦死する。

400 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:29:32.56 ID:/PSoVHWqO.net
>>397
だよな
菊の紋章=肛門

401 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:30:39.63 ID:EPuvL5rS0.net
>>373
左右の傾斜角五度で主砲は発砲不能になる。仮に水平で座礁出来ても
海岸の上では主砲発砲時の巨大な反動は駐退機だけでは吸収し切れない
ので早期に故障したと思われる。

402 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:31:09.56 ID:9CsXWm0vO.net
>>395
加賀はベニヤ板付けた…じゃなかった。
水深浅い真珠湾用の短水深安定板付けた新型魚雷を積み込んで後追い合流だったから、この役目をする別の空母がないからなぁ。
大量の魚雷を積み込めて、もしものときに安心の頑丈で速い艦だと大和型くらいか。

それに大和はまだ実戦に出れるまで仕上がってなかったから無理だったかも。

403 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:31:39.56 ID:n+HWvHs/0.net
>>380
そう、日本軍視点ではかなり米軍側の都合に配慮してる前提だよ
迎撃に出てこれるハワイにいてくれなければ困るという願望に近い
実際は、複数の米空母が近所のハワイ一箇所にまとまっている可能性も、
広い太平洋に散らばっている可能性も、同じくらいに考えられる
仮に偶然ミッドウェー近海にいたとしても可動空母2隻のうちの1隻、1個TF程度であろう
そんな遭遇戦ならば鎧袖一触、圧倒的戦力差で各個撃破するまで、そんな計算外はむしろご褒美だ、と
そう応えるだろうね

404 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:32:44.70 ID:UkcXsAnB0.net
>戦艦大和

なんかカッコいい
戦艦アキバラとか、戦艦日本橋とかは良くない

405 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:36:58.80 ID:tsDCvoeZ0.net
ハワイからの米機動部隊出撃を捕捉するための潜水艦による哨戒線が
築かれたが、ニミッツは5月中の機動部隊の出動を命令して哨戒線が
機能する前にミッドウェー島北方のいわゆる「ラッキーポイント」に到達。

飛行艇を環礁で潜水艦から給油を受けつつハワイ真珠湾の偵察を行って
米機動部隊の存在を確認する作戦(第二次K作戦)は給油予定環礁に
米軍が出張っていて中止。

南雲には敵情が全くと言って良いほど入らなかった。

406 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:38:02.65 ID:9V96vhv20.net
>>391
連絡してれば陸用爆弾への付け替えも無く、敵空母発見後直ちに
攻撃隊を発艦出来たはずで
結局大和は巨額の予算を使って建造したのに、日本に何の貢献もしてない

407 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:39:50.60 ID:RIUJsFH00.net
>>403
同意。ご都合主義なんだよな。
ちなみに米可動主力空母は当時の日本側見積もりが3隻(エンタープライズ・ホーネット・ワスプ)
1隻修理中(ヨークタウン)

作戦は、そこらの民間人に知れ渡るほど漏れていたので、「3隻+αで挟み撃ちに来るだろう」と
考えるのが、本来の司令部だわな。日本側は空母7隻、戦艦8隻、以下数十隻でやらないと
勝てない。

408 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:43:17.84 ID:tsDCvoeZ0.net
6月4日(現地時間)早朝の南雲機動部隊の敵情分析(各艦の指揮者に伝達)
第一航空艦隊航空乙参謀 吉岡少佐作成

「本日、敵機動部隊出動ノ算ナシ」

409 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:44:24.80 ID:LfnYRGoU0.net
日本の漢の船、誇っていいと思います。 (´・ω・`)

410 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:45:41.00 ID:RIUJsFH00.net
>>408
当時の索敵も、索敵範囲図を見ると、数を2倍にしないと
漏らしまくる粗雑さなのな。時間差で死角だらけ。

411 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:46:06.78 ID:n+HWvHs/0.net
>>391
それは確かに何かを期待させるIFだなぁ
まあ普通に無線封止解いて後ろから連絡してやればよかっただけなんよ、と思わなくもないけれど

>>395
何度も繰り返す通り、当時の日本側の陣立ては真珠湾式の航空奇襲を目的にしたものなので
低速の囮とか前衛艦隊などというものは、奇襲の可能性を低下させるものでしか無い
敵空母の待ち伏せが絶対にあるという後知恵が付いている現代人ゆえの発想なんだよ、君のは

あともう一つ付け加えるなら、米軍は暗号解読で日本側の艦隊編成まで看破しているから
後知恵で陣立てを変えれば、それに対応して米軍側も迎撃シフトを変えてくるよ
米軍側にもまだ戦艦7隻、護衛空母1隻という予備のカード(パイ中将のTF1)が残っているし、
どうにもならぬとなれば決戦自体を回避するだろう
貴重な決戦用燃料を浪費して終わる、それこそが日本側が一番恐れていることなのだから

412 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:47:27.89 ID:RIUJsFH00.net
>>411
冷静になれ。俺のは敵空母が出てこようと出てこまいと
機能する作戦だから。

413 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:51:08.03 ID:RIUJsFH00.net
>>411
>敵空母の待ち伏せが絶対にあるという後知恵が付いている現代人ゆえの発想なんだよ、君のは

俺は、待ち伏せがない場合にも言及しているよ。その場合は4空母4高速戦艦
とは別のミッドウェー攻略専用部隊が機能する。

414 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:52:44.75 ID:tsDCvoeZ0.net
航空乙参謀 吉岡少佐立案の索敵計画

第一索敵線 赤城担当 方位180度 300海里左60海里帰投
第二索敵線 加賀担当 方位157度 同上
第三索敵線 利根担当 方位123度 同上
第四索敵線 利根担当 方位100度 同上          ←敵機動部隊発見
第五索敵線 筑摩担当 方位 77度 同上
第六索敵線 筑摩担当 方位 54度 同上
第七索敵線 榛名担当 方位 31度150海里左40海里帰投

415 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:53:20.71 ID:UkcXsAnB0.net
>>398
申し訳なかった
大日本帝國海軍が誇る高速重巡洋艦高雄級
《鳥海》《愛宕》《麻耶》

因みにね、麻耶は神戸の()
女神。
マヤノ馬主は阪神タイガース専属医者
今は知らないが。

416 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:53:22.72 ID:RIUJsFH00.net
>>411
それよりも米空母の位置が不明にも関わらず「絶対に来ない」
という意味と司令部の一部のお花畑脳には失笑を禁じえないし、
当時の図上演習の宇垣見てても言動が「キ○ガイ」じゃないか。

だから負けるんだよ。負けた側が「正しかった」と主張する
これいかに。あんな宇垣の血縁かなんかなの?

417 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:54:44.97 ID:RIUJsFH00.net
>>414
米空母発見に四号機発進遅れの偶然が重なったのは奇跡だな。

418 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:57:24.13 ID:HUDMYkaH0.net
>>153
しかし大和建造代金で空母作っていれば・・

419 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:58:25.70 ID:/4MeW3bv0.net
>>40
当時それ見て、朽ち果てた鉄の内部でわざわざ新造作業したの?と突っ込みたくなってた

420 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 00:59:31.32 ID:9CsXWm0vO.net
>>410
日本は特化専用があったら、それを何が何でも使わないといけないみたいなバカ真面目な性格のところがあるからなぁ。
皮肉なことに高性能偵察機を開発したから、余計にそれで偵察しいといけないみたいな。
重巡のカタパルトが故障して、修理待ちも平たくその部類。
アメリカは逆に使える機体で偵察するしかなく、攻撃機などを投入して濃い索敵。

まあ、これに付いては考え方だから結果論でしかないけどね。

421 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 01:05:16.39 ID:tsDCvoeZ0.net
機動部隊はミッドウェー島を真っ直ぐ目指していたので進路は135度
従って艦隊の右へは索敵線2本。(赤城機と加賀機)
進路の左側へは5本。うち4本は第八艦隊割り当てとなり三座偵察機が発進。
内訳は利根1号機、利根4号機、筑摩1号機、筑摩4号機。このうち筑摩4号機は
天候悪化のため偵察断念。筑摩1号機はあろう事か雲の上を飛んで敵艦隊を見落とす。
発艦が遅れたとね4号機が、これも有り得ない途中で打ち切って左旋回したことにより
偶然米艦隊を発見するという珍事。
なお、利根4号機の機長甘利一飛曹はこの日3回偵察行に赴くが生還。
ただ、敵艦発見の位置報告が実際よりかなり遠く誤ったため、南雲の判断を狂わす一因となる。

422 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 01:07:17.53 ID:n+HWvHs/0.net
>>412
敵空母が出てこないと、ミッドウェーをどうしようが実質的に敗北なんだよ
米軍は日本艦隊が無駄足踏んで引き上げた頃合いを見計らって、温存していた艦隊を繰り出して
防御準備も整っていない日本軍守備隊を皆殺しにして島を奪還すればいいだけ
史実で「中止された」MI作戦でも、50万トンだか60万トンだかいう膨大な艦隊用燃料を消費してる
これは開戦時にハワイ基地に備蓄されていた米艦隊用燃料の総量に匹敵するものであり、
もし作戦を完遂していたら、この数字が更に膨れ上がるのは確実
燃料不足に喘ぐ日本側にもう一度同規模の作戦を実施する余裕は無いので再奪取は不可能
つまり負けだ

暗号解読フラグをまずなんとかしないことには、陣立てを幾ら弄くり回しても意味が無いと思うよ?

423 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 01:12:34.22 ID:gehFrDYt0.net
>>418
空母艦載機の前哨戦のウェイトが大きくなったとはいえ
戦艦は当時でも戦術的に必要だったし少なくとも艦隊決戦は朝鮮戦争あたりまではどこの国も念頭においてた

ただ、大和型みたいな国が傾くような戦艦作ったのはアホとしか言いようが無いけどね

大和型 1億5000万円(当初予算9800万円) 国家予算10億円
長門型 4000万円(当初予算1500万円) 国家予算6億円

424 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 01:16:02.62 ID:tsDCvoeZ0.net
>>423
大和は今の感覚では15兆円かな。そんなにはかからないんじゃなないの。
原子力空母と艦載機セットで+専属イージス艦4隻 とかでもない限り。

425 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 01:19:28.09 ID:tsDCvoeZ0.net
こりゃあアメポチに徹して、「はあ、中東派兵?いえいえ9条がありまして・・」とか
すっとぼけていた方が断然安上がりだな。思いやり予算なんてゴミみたいなもの。
アメ軍を傭兵代わりに経済大国一直線って、あながち間違ってないんじゃあ。

426 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 01:19:30.01 ID:EPuvL5rS0.net
>>424
東海道新幹線の建設費と大和・武蔵の建造費が等しかった。

427 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 01:21:14.51 ID:eA/XdCzP0.net
視聴者が求めてる映像は46cm砲なんだが、多分映ってないんだろうな

どこに吹っ飛んでんだよ主砲・・・

428 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 01:21:21.28 ID:tsDCvoeZ0.net
トランプも憤る安保忠則論

429 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 01:23:18.00 ID:n+HWvHs/0.net
>>416
「絶対にこない」とは言ってないよ
ただ広い太平洋に「偶然」で米空母と現場で鉢合わせる可能性の低さと、
また仮にその偶然が起きたとしても、それが単なる不期遭遇戦であるならば
日本側の勝率が極めて高いことは言えるよね
慢心し切っていた当時の日本海軍では尚更の事だったろう
「取るに足らぬ懸念である」と

なんというか俺が言っているのは、当時の視点、当時の作戦骨子だよ
そこを理解したうえで批評批判するのは全然いいんだが、「何であのとき戦艦部隊が後ろにいたのか理解できん!」とのたまう
御仁が相変わらず多いので、「どうしてそうなっていたのか」を、まず説明しなきゃならんなと思うわけだな

430 :渡辺清『戦艦武蔵の最期』朝日新聞社(1982年):2016/06/23(木) 01:27:31.27 ID:TbXyD8nV0.net
>>409 >>412

渡辺清『戦艦武蔵の最期』朝日新聞社(1982年)
自ら進んで海軍に入隊した渡辺は、戦艦武蔵に乗船し、1944年にレイテ沖海戦を体験することになった。
http://blogs.yahoo.co.jp/pongisayoku/27443348.html
「砕かれた頭蓋骨、どろどろの脳液、吹っとんだ首、縄のようにもつれた腹わた、ちぎれた手足、そして床一面の血だ。
血は折り重なった死骸の下をあらいながら、入り口のへしゃげた防水扉の隙間から通路がわへぴたぴたと流れ出た。
天井やまわりの壁もはねた血でずっくり濡れ、ところどころ肉片が平たくはりついていて、そこからも血の滴りが雨だれのように垂れていた。」(160-161頁)
こうした記述をとおして渡辺が伝えようとしているのは、
「その死は一様に醜く無残だった」(205頁)ということである。
戦場における死は「『勇ましい』ものでもなかった。
『立派なもの』でもなかった。
『美しい』ものでもなかった。
みんな踏みつぶされたボロ布か虫けらのように死んでいった」のであり、「おれはそれをこの眼で見たのだ」(同)。
渡辺は、「一様に醜く無残だった死」を、「ここで、こんなふうに死んでいかなければならないくやしさを、
哀しさを、そして空しさ」(266頁)を人々に伝えなければならないと思うようになる。
死んでいった者の悲痛な叫びを、誰かがかわって伝えなければならない、それこそが残された者の義務なのだ。
そこで書かれたのが『戦艦武蔵の最期』だったのである。
かれらが利害を持たない他人や他の民族の人々に冷淡・残虐であった事実(ときに父母兄弟にさえそうであったろう)は勿論、
<一様に醜く無残だった死>も、<ここで、こんなふうに死んでいかなければならないくやしさ、哀しさ、そして空しさ>も存在しない。
靖国神社は、『戦艦武蔵の最期』で描かれたこうしたリアリティーを排除したうえに成り立っているのである。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-09-15/2012091514_01_1.html
うす桃色の、妙に水っぽいてらてらした色だった。
少年兵は途方にくれながら、わなわなふるえる両手でそれをかきよせ、もう一度それをさけた下腹の中へ一生懸命押しこめようとしていたのだ。
そうすれば、またもと通りになると思ってでもいるように・・・・・・。」(197頁)
「砕かれた頭蓋骨、どろどろの脳液、吹っとんだ首、縄のようにもつれた腹わた、ちぎれた手足、そして床一面の血だ。

431 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 01:29:01.32 ID:tsDCvoeZ0.net
また朝日新聞か。

432 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 01:33:29.67 ID:9CsXWm0vO.net
>>424
それは算出する方法によって大分変わるから難しいんだよね。
国家予算規模に対して大和建造の締める割合からだと15兆みたいな感覚になるけど、現在もし大和を新造したらで考えると幅を持たせて1000億〜2000億円くらいと言われている。
前にお米のお値段から算出していた人がいたけど、お米も幅があるから難しいみたいだった。

433 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 01:34:47.19 ID:gehFrDYt0.net
>>424
この予算もあくまでも船体と予備抜きの艤装分だけで
消耗品とか建造支援艦だの専用の砲の研究とか色々入れてばんばん膨らんだから
正確にはもっと多い
本来は2億くらいの予算で2隻作る予定ではあったけど

大和建造決定された1936年の国家予算が22億で軍事費10億円というのもキチガイじみてる

434 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 01:37:03.72 ID:tsDCvoeZ0.net
日本軍攻撃機数一覧

ミッドウェー島第一次攻撃隊 友永丈市 6:30
艦戦 36  各艦 9機
艦爆 36  赤加 各18機
艦攻 36  飛蒼 各18機
計 108


飛龍第二次攻撃隊    小林道雄 12:08
艦戦 6
艦爆 18
計 24

飛龍第三次攻撃隊 友永丈市 14:40
艦戦 6
艦攻 10
計 16


第四次攻撃準備 薄暮攻撃   飛龍被弾のため発艦できず。
艦戦 10
艦爆 5
艦攻 4
計   19

435 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 02:09:24.13 ID:UkcXsAnB0.net
>>301
お前、バカのなの?

436 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 02:10:39.12 ID:FWm6yiUI0.net
>>427
俺の腕に刺さったガラス片と同じで、
垂直に海底に刺さって土砂に埋もれたのかもしれない

437 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 02:14:20.49 ID:FWm6yiUI0.net
>>359
真珠湾も成功とは言い難い
空母を逃したのは仕方ないにせよ、
重油タンクを徹底して破壊できなかったし

重油タンクを破壊できていれば、
米軍の進出を遅らせることができた

438 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 02:25:05.95 ID:rlLDqNqj0.net
>>124
いいんじゃない?
呉は大和ミュージアムで潤ってるんだ。俺も東京から年に数回行く。
十分元は取れるさ。

439 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 02:31:10.90 ID:EPuvL5rS0.net
>>437
重油タンクは地下化されていると推測していたから無理。
例え地上タンクに爆弾を落としても火は付かない。
珊瑚海のネオショーも25番を幾ら喰らってもボチャンボチャンと爆弾の
直径の穴を空けるだけで信管も作動しなかった。被弾して炎上した
艦攻が体当たりをして漸く火災を起こした

440 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 02:33:49.42 ID:FWm6yiUI0.net
>>439
推測が間違っているなら情報不足だが、
重油タンクの破壊が徹底されていなかったのは失敗とされていたはずだが

441 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 02:33:57.90 ID:qbUy8ZzV0.net
なんか涙が出てくるな

442 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 02:39:04.96 ID:rlLDqNqj0.net
>>433
弱者は強者が作ったルールに従うだけ。それが嫌なら力を持て。

以上は、ビッグコミック別冊にあるゴルゴ13のセリフだが、当時はそういう
時代だったんだろ。今もだけど、正論でも「力」には勝てない。

日清戦争だって日露戦争だって、どうせ勝てやしないって諦めて、だまって
植民地みたいになって、富も何も吸い上げられてれば良かった。

君の家を、ある日チンピラが乗っ取って、君を支配下に置き、今日から金も
パソコンも俺のものだ。って宣言されたらどうする?
金かけてでも武器買って物理的に無力化、とは言わないまでも、弁護士に相談するとか
、それぐらいは考えるだろ?弁護士費用だって数十万かかる。

当時の日本にとって軍事力は、それだけ大事と見做されてたって事だろう。

443 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 02:39:34.12 ID:BG4JEwJl0.net
菊紋は金無垢やで

444 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 02:42:57.80 ID:rlLDqNqj0.net
>>442
で一部訂正。

清戦争だって日露戦争だって、どうせ勝てやしないって諦めて、だまって
植民地みたいになって、富も何も吸い上げられてれば良かった?

総レス数 667
198 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★