2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【国際】アサドを利する「シリア停戦」という虚構 停戦以来、報道も減ったシリアでは今日もアサド政府軍が着々と支配地域を奪回 [05/07]

1 :ちゅら猫φ ★:2016/05/07(土) 11:35:56.73 ID:???
★アサドを利する「シリア停戦」という虚構
停戦以来、報道も減ったシリアでは今日もアサド政府軍が着々と支配地域を奪回している
2016年5月6日(金)20時00分
フェイサル・イタニ(米大西洋評議会中東センター研究員)、ホッサム・ アボウザハル(同「シリアソース」編集者)

米ロ主導のシリア停戦が発効して最初の数週間は、広範にわたり戦闘が止んだ。
そのため一時は、内戦当事者とそれを支援する外国勢は、様々な障害にも関わらず実際に長期的な
停戦合意に達したのかもしれない、という印象を与えた。

だが現実は違った。当初から予期されていた散発的な停戦違反とは程遠く、戦略的要衝での戦闘は
停戦発効後もほとんど絶えることなく続いていたのだ。最近は北部アレッポや北西部イドリブ、
首都ダマスカスなどで戦闘が激しさを増し、停戦崩壊への懸念が高まる一方だ。

一部での戦闘再燃の背景には、アルカイダ系のヌスラ戦線やISIS(自称「イスラム国、別名ISIL」)
など停戦対象外となった過激派に対して、シリアのアサド大統領が政府軍を率いて猛攻をかけている
ことがある。停戦対象外の敵への攻撃は停戦違反に当たらないとされる。問題は、ヌスラ戦線を狙った
空爆や戦闘の巻き添えで民間人や停戦当事者の反政府武装勢力に犠牲が出ている場合だ。
これが停戦違反に当たらないのかどうかはグレーゾーンになっている。今回の停戦の深刻な欠陥だ。

アサド政権側は明らかに市民や停戦対象の反体制派も攻撃対象にしているうえ、いくつもの居住区を
包囲して住民への人道支援を妨害している。軍事的にも政治的にも、停戦の実効性は地に落ちたに等しい。

停戦開始当初から、複数の監視団体がシリアのいたるところで停戦違反があったと報告している。
停戦違反は主にシリア政府軍によるものだ。

シリア国内の援助団体などからは、停戦で戦闘が小康状態になったのを境に、国際メディアがシリア
内戦を取り上げなくなったという不満の声も聞こえる。まるでシリア内戦は終結したかのような扱いだが、
現実世界では決して終わっていないのだと。

アレッポを拠点にする反政府武装勢力は、停戦など存在しないのと同じ状況が続いてきたと証言する。
停戦後は政府軍のISISに対する攻勢が強まったことから、ISIS掃討を最大の戦略目標とする欧米諸国は
アサド政権の停戦違反を見逃していると、多くのシリア国民は考えているという。それは、正しい。

シリア内戦は終結の兆しもなく、深刻な政治的リスクが高まっている。現在の停戦の枠組みの上に政権
移行プロセスを築こうとすれば、有利になるのは停戦に乗じて勢力を挽回したアサド政権であり、
欧米諸国が支援してきた一部反政府勢力を締め出すことになる。

政権移行について不毛の交渉を続けている間にも、シリアでは軍事力を拠り所にした新たな「既成事実」
が積み上げられ、戦闘の前線に沿うようにして事実上の支配地域の分割が加速している。他の軍事勢力の
犠牲の上にいっそう優位な地位を築いているのはアサド政権と一部のイスラム過激派だ。

4月中旬には、シリア国内に拠点を置く10の武装グループがアサド政権打倒を目指した
「Operation Radd al-Nizam」を設立、政府軍による市民を狙った軍事攻撃に対抗する必要性を訴えた。

興味深いのは、設立に参加したグループの中に、米軍の支援を受けて停戦にも参加している
「ジャイシュ・アル・イーザ」や、自由シリア軍とつながりがある「First Coastal Division」が
名を連ねている点だ。双方の動きには米政府の後ろ盾があるのか、あるいは停戦合意に基づく政権移行に
固執する米国に反旗を翻しての動きなのかは定かでない。

もし前者なら、米政府にとって停戦はもはや和平協議の進展に向けた唯一の有力な戦略ではなく、
更なる軍事的圧力が必要と判断していることが分かる。もし米国の支援を受けている反体制派が思惑から
外れて停戦から離脱しようとしているのなら、米国は戦闘が再燃する現状を打開するために対応を
加速させざるを得ない。 

問題の核心は、アサド政権側が反体制派との交渉で強硬姿勢を崩さず、停戦維持に必要な政治的譲歩を
一切見せない点だ。>>2へ続く

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/05/post-5037.php

2 :ちゅら猫φ ★:2016/05/07(土) 11:36:04.39 ID:???
>>1より

アサド政権側の戦略は二段階構造だ。まずは、政権移行に関する一切の実質的な協議を明確に拒否する。
そのうえで、表向きは歓迎されてもシリア国内の現状には何の変化ももたらさない和平協議を続け、
その間に政権側の軍事優位性を高めて、停戦を骨抜きにする。

つまり何らかの形で政権に軍事的圧力をかけない限り停戦実現は望めない。アサドの後ろ盾である
ロシアにも今のところ動きはない。違反に対する取り組みが決まっていない停戦は、
シリアでお決まりの外交的パフォーマンスに過ぎない。(了)

3 :名無しさん@13周年:2016/05/07(土) 11:45:06.28 ID:V2CmAQdHS
アサド政権軍が優勢で反体制派が負け戦のときはさんざん停戦を主張しておいて、
反体制派が停戦違反して攻勢にでてアサド政権軍の支配地域を奪い始めたらこれだよw

欧米メディアは本当に糞だな

4 :名無しさん@13周年:2016/05/08(日) 09:56:21.25 ID:01zlPGC54
貢米ポチ、降参の準備しろよ

【ヤバいんじゃ?】アメリカのエネルギー企業59社が破産申請
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/16696健康法.jp/archives/16696
原油安からの回復が望めない以上、分かり切った結論だった



            【新勢力】     生活と太郎となかまたち   対   自民/民進/維新/共産     【旧勢力】



         【道連れ?】安倍総理がロンドンの記者会見で「アベノミクスの3本の矢をもう一度世界レベルで展開させる」



日本から始まる世界的株式市場の大暴落

日本がアメリカ国債の25%を引き出すと世界経済が破綻し、マイト★レーヤは出現するでしょう。彼は「匿名」で働いております。
非常に間もなくマイト★レーヤを、テレビで見るでしょう。マイト★レーヤは毎日テレビに現れ、質問に答えるでしょう。
彼は日本人ではありませんが、日本語で話すでしょう。彼は、非常に物静かなやり方で話します。
彼の最初の控えめな態度に混乱してはなりません。マイト★レーヤが公に現れるにつれて、UFOが姿を表すでしょう。

国民を裏切ると、自殺につながります。
新しい政権は民意を反映し、先に食物と住宅、次に健康と教育、最後に防衛を、あるべき政策順位とするでしょう。

最初になくなるのは世界の株式市場でしょう。
差し迫る株式市場の暴落は、他の人々が飢えている間にお金を儲けることの結果です。かれらは自分の財産を隠し、犯罪的雰囲気さえも創出しています。

アメリカによる他国の虐待に反対の声を上げなければなりません。
世界平和の脅威は、イスラエル、イラン、アメリカです。イスラエルの役割は跪いて、パレスチナに許しを請うことです。
彼らは今世紀(21世紀)をこの帝国が出来上がるアメリカの世紀と呼ぶ。しかし、そうはならないでしょう。
1国あるいは1種類の政治形態が世界中を支配するということは、この惑星の計画ではありません。
彼らが世界中に‘民主的’制度を確立したいという衝動をコントロールするのは、マイト★レーヤの任務です。

総レス数 4
7 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★