2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【一色正春】韓国人が目を背ける「強制連行」と「強制労働」の真実 [05/02]

1 :ちゅら猫φ ★:2016/05/02(月) 12:12:19.49 ID:???
★韓国人が目を背ける「強制連行」と「強制労働」の真実
『一色正春』

前回の『韓国人こそ「歴史を直視せよ」と言いたい!』に、引き続き日韓双方の主張が大きく
異なる主な出来事のうち今回は「強制連行と強制労働」を取り上げます。

おそらく、多くの日本人は「戦前の日本政府は朝鮮人を日本に強制連行して強制労働に従事させた」
「だから日本には在日韓国人が多いのだ」という話を聞いたことがあるかと思います。強制連行や
強制労働と聞いて思い浮かべるのは、ある日突然、官憲が自宅に押しかけてきて、有無を言わさず
連れていかれた人たちが、暗い洞窟のようなところに集められ、現場監督に鞭を打たれながら
重労働を強いられているようなシーンではないでしょうか。

そのようなシーンを頭に思い浮かべ 「なんと昔の日本人はひどいことをしたのだ。」「だとすれば、
今は韓国人が多少無茶苦茶しても仕方がない」と思った( 思っている)人は少なくないと思われます。
ところが、実際は日本の官憲が組織的にそのような行為を行ったという記録はなく、本当はそれが
ただの作り話だったとしたら、日本人が抱く韓国や北朝鮮に対する印象が、かなり違ってくるだけではなく、
韓国人が日本を憎む理由が一つ減り、相互理解が多少なりとも深まるのではないでしょうか。

逆に言えば、この強制連行や強制労働に対する日韓両国の認識の違いが真の日韓友好の大きな妨げに
なっていると言えるのですが、そのような重大な問題にもかかわらず、私の知る限り日本政府が強制連行を
行ったという証拠は本人の証言しかなく、日韓双方ともに感情論が先行し、確たる証拠もなしに何となく
日本が悪いことをしたという結論で纏まっており、数年前までその結論に少しでも異論を挟もうものなら、
人種差別の大合唱で袋叩きにあい、議論すら許されなかったため、十分な検証や議論がなされてきたとは
言いがたいのが実情です。

記録がないと言うと「日本が都合の悪いものを破棄したからだ」と反論する人がいますが、役所が仕事を
指示する際には必ずと言って良いほど、指示するところから実際に仕事をする部署に命令書のような書類が
作成され、実際に仕事を行った際には、その部署が日報などの記録を残します。もし本当に彼らが主張する
ように日本の国家が何百万人の人間を強制的に日本に連れてきたのであれば、連れ出した部署、輸送した部署、
受け入れた部署などなど、いたるところに命令書や日報などの膨大な数の書類が作成されたはずで、
そのようなものを完璧に処分できるなどとは到底考えられません。そのようなことは第二次世界大戦終了後、
ソ連が行った国際法違反の非人道的行為であるシベリア抑留と比較してみれば容易にわかることです。

http://ironna.jp/article/3223

また韓国側にも記録がないことは、昨年、日本が軍艦島をユネスコの世界遺産登録に申請した際、
彼らが捏造した資料を世界遺産委員会の委員に配り、組織的に日本の登録を妨害していたことから
もわかります。本当にあったことであれば資料を捏造する必要などないわけで、私は韓国側が主張する
「強制連行」や「強制労働」は徴用や単なる出稼ぎを奴隷狩りのようなイメージの行為と混同させ
日本を非難するための政治的な道具として利用しているだけであると考えています。

それに、徴用といっても命令を受けた人間は徴兵と同じように、原則として拒否する自由はありません
でしたが、終戦のどさくさを除けば労働に対する賃金は支払われ、当時の一般労働者と同じ待遇であった
と記録されています(少なくとも奴隷のような待遇ではなかった)。当時の労働条件を今と比べて
「酷使していた」という人もいますが、当時の社会常識と国全体が総動員で戦争していることを勘案すれば、
良い悪いは別として過酷な生活環境での重労働になるのはやむを得ないことで、朝鮮系に限らず日本人全体が
過酷な環境に耐えていたのです。

だいたい、嫌がる人間を無理やり連れて行こうとすれば、連れて行こうとする人間の何倍もの人間が必要になり、
戦争中で人手の足りない日本が、そのような人員を朝鮮半島に送ることは物理的に不可能であり、百歩譲って
仮に力ずくの強制連行が行われたのであれば、当時朝鮮半島における警察官の半数以上を占めていた朝鮮系
日本人が行ったことになります。(以下リンク先で読んでください)

http://ironna.jp/article/3223?p=2

総レス数 16
12 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★