2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【痛快!テキサス親父】俺は広島に2回行った 好戦的国家が核武装を進めることが心配だ [04/08]

1 :ちゅら猫φ ★:2016/04/08(金) 13:43:46.46 ID:???
★【痛快!テキサス親父】俺は広島に2回行った 好戦的国家が核武装を進めることが心配だ
2016.04.08

ハ〜イ! みなさん。

米ワシントンで先週、核安全保障サミットが開かれ、50以上の国や国際機関の代表が参加した。

オバマ大統領は1日の全体会合冒頭で演説し、日本について「500キロを超える高濃縮ウランや
プルトニウムの撤去計画を進めており、歴史上、最大規模の取り組みだ」と称賛したと報じられた。
俺は「ナイーブ過ぎないか」と、少し心配になったぜ。

北朝鮮は核実験やミサイル発射などを繰り返しており、中国は東アジアでの軍事的覇権を強めている。
日本の撤去計画が直接関係ないとしても、相手に“日米の抑止力低下”を感じさせるとすればマイナスだ。
軍事的挑発を続ける国家の野望を思いとどまらせるのは、日米同盟のような現実的で強力な抑止力だからだ。

米南部では、銃を保有する人々の多くは、玄関先に「われわれは警察に通報しない」という看板を掲げている。
泥棒や強盗への「侵入するなら自己責任で」というメッセージで、これが抑止力になるんだ。
市民レベルでも、国家間でも「手を出せば倍返しされる」という姿勢は効果がある。

一方で、G7(先進7カ国)外相会合が今月、日本の広島で開催されることは素晴らしいことだ。
オバマ氏も、伊勢志摩サミット(5月26、27日)に合わせた広島訪問の可能性を探っていると聞く。
彼らが広島を訪問することは、どんな言葉よりも「核兵器削減」に貢献するだろう。

俺は広島に2回行った。
最初に訪問したのは2011年5月だが、あの戦争で使用された2つの原子爆弾についての考えを改めた。

その日は平日で、広島平和記念公園にはたくさんの子供たちがいた。みんな公園を野外聖堂のように敬意を
持って接していた。その静謐な態度は今思い出しても感動的なものだった。日本人だからこそ、恐怖と戦慄に
満ちた場所を、慰霊と平和を祈る場所に変えることができたのだろう。

世界のリーダーにも、俺と同じような情景を見て、歴史と孤独を感じ取ってもらいたい。
そして、平和記念資料館にも足を運んでほしい。資料館では、原爆による過酷な被害の数々を目に
することになる。建物を出るころには、誰もが核兵器使用の拒絶をせずにはいられなくなるだろう。

俺は、現実的な問題として、日米などの民主主義国が核兵器を削減する一方で、好戦的国家が核武装を
進めることが心配だ。同時に、広島で感じたのは、核兵器使用の悲惨さであり、一部の国だけでなく、
全世界が核武装を完全に解除することが必要だという思いだ。

親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。
最後に、ローマ皇帝からロナルド・レーガン大統領に至るまで、広く使われた格言を紹介したい。

「汝平和を欲さば、戦への備えをせよ」

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160408/dms1604081140007-n1.htm

2 :名無しさん@13周年:2016/04/08(金) 17:00:08.01 ID:Zim3FCA7b
テロ国家の北朝鮮と韓国が核ミサイルを所有する事は絶対許されない。

総レス数 2
3 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★