2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【中国】消される調査報道=記者の逮捕に波紋−「暗部」報道を警戒 [01/31]

1 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2016/01/31(日) 16:58:35.86 ID:???
★消される調査報道=記者の逮捕に波紋−「暗部」報道を警戒・中国

【北京時事】中国甘粛省で1月7〜8日、地元紙の調査報道記者3人が相次ぎ失踪、
うち1人が月末に「恐喝」容疑で逮捕されたことが分かり、大きな波紋を呼んでいる。
記者は拘束前に「社会の暗部」の取材・報道を続けており、当局から圧力や脅迫を受けていた。
言論統制を強める習近平体制は、社会に不公正や矛盾がまん延する中国で真実を伝える
調査報道への警戒を強めており、全国の新聞社から徐々に調査報道部門が消えつつある。

◇逮捕に疑問点
「蘭州晨報」「蘭州晩報」「西部商報」の記者が拘束されたのは甘粛省武威市。
25日、2人は保釈処分となったが、蘭州晨報の男性記者・張永生氏(41)は逮捕された。
28日には同紙が地元共産党委員会に宛てた公開書簡が明らかになり、拘束・逮捕の過程に
「多くの疑問点」(同紙)が浮上した。

警察当局は張氏をサウナでの買春行為で拘束したが、警察の「おとり捜査」の可能性が指摘される。
さらに警察は「記者の身分を利用し、何度も他人から金品をゆすり取った」として逮捕したが、
同紙側は「(取材対象の)当事者が報道をやめてもらおうと記者に金品を無理やり送った」と反論した。
張氏は同紙で15年間勤めるベテラン記者。近年も小中学生の売血問題や幹部の自殺の背景などを報道し、
当局は「社会にマイナス影響を与える」と捉えた。地元幹部の昇進にも響くことから、
張氏に「報道するな」と脅し続けた。張氏は同僚に「(当局の)宣伝部門は私を武威から
追い出したくてたまらない」と漏らしたという。

◇「社会の脈拍」測る
中国メディア関係者によると、北京青年報、京華時報(共に北京)、華商報(陝西省)などが最近、
調査報道部門を閉鎖した。元調査報道記者は「当局による圧力や、金と時間がかかることが原因。
また(中国版LINE)『微信』の普及で調査報道が読まれなくなった」と解説する。
元記者は「中国ではうわさの情報ばかりが飛び交い、報道がなくなっている」と嘆く。
「金がかかる」「読まれない」という理由で、記者が裏付けした真実の記事や鋭い解説が少なくなり、
社会の劣化を招く悪循環を生んでいるが、「政府批判を減らす『愚民政策』を進めたい当局に
とっては好都合だ」と元記者はみている。

高官の腐敗を暴いてきた北京の調査報道記者も「圧力は強くなっているが、調査報道記者は時代の
最前線に立ち、社会の『脈拍』を測る存在。一般のネット利用者による感情的意見ではなく、
長年の職業訓練を積んだ記者の報道は大きな意義がある」との見方を示した。(2016/01/31-14:17)

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2016013100083

関連スレ
【国際】中国人元記者がタイで失踪=当局が拉致・送還の可能性 [01/28]
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1453951295/

総レス数 1
3 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★