2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【マニラ発】中国主導のAIIBと日本主導のADBを比べてわかること [10/23]

1 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2015/10/23(金) 18:25:41.88 ID:???
★【マニラ発】中国主導のAIIBと日本主導のADBを比べてわかること
ニューズウィーク日本版 10月23日(金)16時25分配信

フィリピンの首都マニラ――。SMメガモールというアジア最大級のショッピングセンターから少し大通りを進むと、
背の高い柵の中に巨大で重厚な薄い褐色の建物が見えてくる。セキュリティーチェックを終え中に入ると、
そこには木材を基調とした落ち着いた空間が広がっており、まるで西洋の城にやって来たかのような印象をうける。

ここがアジア開発銀行(以下、ADB)の本部だ。1966年の設立以来、ADBは融資、グラント(無償支援)や
技術協力などを通して、アジアにおける貧困の削減に取り組んできたほか、アジア地域の経済協力を推進してきた。
67カ国・地域で構成され、職員3000人を擁し、アジア屈指の規模を誇る国際機関である。

2年前に中国の習近平国家主席がアジアインフラ投資銀行(以下、AIIB)設立を提唱して以来、
ADBが再び話題に上るようになってきた。ある日本の全国紙記者は「今まで、ADB総裁へのインタビューは
紙面に載るようなネタにならなかった。これほど注目されるのは設立の時以来ではないか」と語る。

今年3月に英・独・仏といったG7の一部が日本の事前の予想に反してAIIBへの参加を決め、
世界を驚かせたのは記憶に新しい。中国主導のこの多国間開発銀行が年内に正式発足しようとするなか、
ADBの歴史や現状をいま一度振り返ってみる必要があるだろう。

■本部が日本に置かれなかったからこそ、ADBは国際的な銀行に

ADBの軌跡は、戦後日本のありかたと密接に関係している。1963年、大蔵官僚であった渡辺武氏が
私的な会合の中でADBの私案を作り上げた。だが、戦争の傷跡がアジアで生々しく残っていた時期
だったからであろう、彼は結局、「このような話は日本がイニシアチブをとることは好ましくない」(『私の履歴書』より)
と考えるにいたった。その頃は、米州開発銀行をはじめとして、他の地域でも多国間開発銀行が誕生しており、
「アジアでも」という機運が高まりつつあった。

ちょうどAIIBを提唱した中国が2008年に北京オリンピックを開催、2010年にGDPで世界2位になったのと
同じように、日本は1964年に東京でアジア初のオリンピックを開催し、経済規模はその4年後に世界2位に
躍り出ていた。そうしたなか、アジア唯一の先進工業国として日本がADBという国際機関を主導することに
なったのは自然な流れだった。

後にADBの初代総裁に就任する渡辺氏は、その設立の過程で主に二つのことにこだわった。
安定的な資金を確保するために域外の先進国をメンバーに迎えること、そしてADBを援助機関に
するのではなく、あくまで銀行主義を貫くことだった。これらの努力は後々ADBの持続可能性に
貢献することになった。

当初、日本側は日本人の総裁就任に加えて、東京に本部を置くことを当然視していた。
しかし、18の域内メンバーによる民主的な投票の結果、ADB本部の設置場所はマニラに決まった。
1回目で東京選出を決めるという目論見とは裏腹に、1回目の投票で東京は過半数を得ることができず、
テヘラン、マニラとともに2回目の投票へ。その結果、テヘランが脱落、3回目の決選投票でフィリピン9票、
日本8票という大逆転が起きた。フィリピンはこれに遡ること2年前から水面下で誘致に向けて動き出しており、
投票間近には、当時のマルコス次期大統領が活発にロビー活動を繰り広げていた。

だが、本部が東京に置かれなかったことは、日本政府のADBへの影響を制限するという意味で、
ADBが真に国際的な銀行になることに貢献した。一方、AIIBの本部は中国・北京の金融街に位置する
ことがすでに決まっているが、どこまで中国政府の意向に影響されず運営できるかは未知数だ。
>>2へ続く

舛友雄大(シンガポール国立大学アジア・グローバリゼーション研究所研究員)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151023-00158408-newsweek-int

2 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2015/10/23(金) 18:26:18.82 ID:???
>>1より

■ADBには「野党」アメリカがいるが、AIIBはどうか

日本がADBに大きな影響力を及ぼしていることは言を待たないが、ADBが全くもって「日本の銀行」である
というわけではない。朝日新聞の報道によると、ADBが資金協力した工事などの契約を日本企業が
受注した割合は、0.21%(2013年)にすぎず、中国企業の受注率20.9%に遠く及ばない。

日本とアメリカがそれぞれ出資比率15.7%と15.6%を占め(2014年末現在)、ADBの二大出資国となっている
(得票権はそれぞれ12.8%と12.7%)。前アジア開発銀行研究所長、現・東大教授の河合正弘氏によると、
アメリカはADBの組織的非効率性を指摘したりと、組織内で長年「野党の役割」を果たしてきたという。
さらに、日本はADBを使って独自の目的を達成するというよりは、アジアの国際公共財
(筆者注:国際的に利用可能な財やサービスを意味する)を提供してきた、と河合氏は分析している。

それに対し、中国のAIIBに対する出資比率は30.34%に上り、現時点で一定の拒否権を確保しているため、
「中国の銀行」になるおそれが拭いきれていない。また、途上国・新興国の出資比率はADBで40%以下
である一方、AIIBでは70%に達し、ヨーロッパ各国の意見が単独では反映されないため、AIIBの成否を
懸念する見方がある。例えば、アフリカ開発銀行は当初、地域内メンバー、つまり途上国にしか開かれて
いなかったが、運営がうまくいかず、結局多くの先進国を受け入れることになった。

人事の観点からはどうだろうか。ADBは設立から現在に至るまで、9代とも日本の財務(大蔵)や日銀の
幹部経験者が独占してきた。日本人がこのポストを握り続けてきたことに対して一部に不満や批判はあるが、
日本が低所得国向けのアジア開発基金(ADF)に圧倒的な貢献をしてきたことが考慮され、
加盟国の間で日本人総裁に対するノーの声は大きくならなかった。同様に、今でも予算・人事を
統括するような鍵となる幹部ポストには日本人がついている。

AIIBは今、世界中で専門の人材をリクルートしており、ADBからAIIBに移る職員もいるようだ。
しかし、ADBの人事担当者は「大規模な移動は起きておらず、心配していない」と話す。

■運営方法が「20年前と変わらない」ADBの問題点

1966年の設立後、ADBは最初のプロジェクトを選ぶにあたって1年以上の時間を費やし、
タイの産業金融公社に融資することを決定した。この公社は2004年に商業銀行と合併するまで
単独で運営を続けており、ADB の融資は少なくとも短期的で利益を度外視したものでなかったことが分かる。
対照的に、AIIBは2016年の第二四半期にも融資を開始するという報道があり、そのスピードの速さが際立っている。

AIIBの初代総裁に選出されている金立群氏は今年9月、最初のプロジェクトが道路や電力セクター等になる
可能性を初めて示唆した。中国では、ADBなど既存の多国間開発銀行はプロジェクト実行までのスピードが
遅いという批判が根強い。多くのADB職員は自分達の組織が非常に官僚的であることを認めている。
あるADBの人事担当者は、「運営の仕方は20年前と変わっていない」と言った。
ADBで副総裁として働いたこともある金立群氏は今年4月、シンガポールでフォーラムに出席した際、
「AIIBで21世紀型のマネジメントを目指す」と意気込んだ。

ただし、AIIBの規約をADBのそれと比べると、AIIBがADBを参考にしていることがよく分かる。
フォーマットがそっくりで、いくつかの条項にいたっては一言一句同じだ。

AIIBはその目的として「コネクティビティ=連結性」を掲げている。これは中国外交が近年周辺諸国で強調
しているキーワードであり、この国の地域戦略が見え隠れする。すでに動き出そうとしているプロジェクトには、
中国−パキスタン経済回廊、スリランカの港湾支援、雲南省昆明を起点とする東南アジアでの高速鉄道
網構想などが挙げられる。

>>3

3 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2015/10/23(金) 18:26:35.74 ID:???
>>2より

ADBの中尾武彦総裁はすでに、AIIBとの共同融資やADBが各国にもつ現地事務所を通じた協力について
表明している。しかし、中尾総裁は一方で、AIIBについて「理解はするが歓迎しない」とコメントするなど、
一定の距離を保っている。中尾氏を個人的に知る開発業界のある管理職によると、中尾氏は
「ADBの独自色を出すのに苦労している」という。実際、中尾総裁が今年5月にアゼルバイジャンの首都
バクーで投資家に向けて放った新しいスローガン「より強く、よりよく、より速いADB」はAIIBの影響を受けた
ものだと、あるADB職員は解説する。

2013年に中尾氏が総裁について以降、ADBはアジア開発基金(ADF)と通常資本財源(OCR)の
バランスシートを統合したり、PPP(官民パートナーシップ)オフィスを立ち上げたり、2017年に年間融資枠を
今の約1.5倍の200億ドルに拡大する方針を発表するなどの改革を実施してきた。

■アジアでのインフラ開発で日中両国の競争は激化するか

ADBとAIIBが似たミッションを掲げ、競争することになると、別の懸念がでてくるかもしれない。
マニラを拠点に活動している「NGO フォーラム」のライアン・ハッサン事務局長は、過去10数年にわたって、
ADBがプロジェクトで影響を受ける地元住民を対象に人権・環境・労働といった領域でセーフガード
強化に取り組んできたことを評価しつつ、AIIBの登場でADBのベストプラクティスが緩み、
両開発銀行が共に悪い方向へ向かう「底辺への競争」が始まるのでは、と懸念している。

アジアでのインフラ開発を巡る日中のアプローチは、重要な局面を迎えている。日本政府は差し当たって
AIIBに参加しない方向をすでに示した。さらに、安倍首相は今年5月、アジアのインフラ整備に
今後5年間で1100億ドルを投資することを明らかにした。これについては、新たに増額した真水の
部分は少ないとか、急ごしらえ感があるとして、開発業界でも違和感を唱える声が聞かれる。
そのため、この発表は一般的にAIIBへの対抗心の現れと解釈されている。

先日、日中両国のデットヒートの末、中国がインドネシアでの高速鉄道案件を獲得し、
日本政府の反発を招いたように、これからはアジアで交通インフラや発電所建設をめぐって、
ますます激しい競争が繰り広げられるだろう。

戦後日本の努力によって、フィリピン人の心の奥底に潜む戦争の傷跡は随分と癒えたかもしれない。
しかし、ADBのお膝元であるマニラにはスラム街が点在し、深刻な貧富の格差が目に見える上、
一向に進まないインフラ計画のせいで、大渋滞が日常会話の最大の話題の一つになっている。

まもなく発足するAIIBに対して、日本やADBがどのような新しいインフラ開発の可能性を提示できるのかが問われている。(了)

4 :名無しさん@13周年:2015/10/23(金) 23:49:18.39 ID:nLT8jAaid
アメリカの本誌には載らない記事で
日本人記者が書いたんだろうけど
ひでぇ日本語だな

いきなり
> 巨大で重厚な薄い
ときたもんだ

そこは 巨大で重厚な淡い だ
得票権 → 投票権 だろ

総レス数 4
10 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★