2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【話題】動物の骨で魚は釣れるか 京都で縄文時代の漁法に挑戦

1 :あずささん ★:2015/09/25(金) 17:55:13.28 ID:???*.net
海洋高(京都府宮津市上司)の2年生17人が24日、若狭湾の冠島(舞鶴市)周辺で、古代の
漁法で釣りに挑んだ。動物の骨角器を釣り針にして、実際に魚が釣れるかを確かめた。

同高は本年度から、京都大総合博物館と連携し、縄文時代の漁法の解明に取り組んでいる。
同博物館の大野照文教授(古生物学)の研究グループが、シカなどの骨を加工して、遺跡から
出土したものと同じ骨角器を再現。大野教授は「生徒さんには、現代の漁法とも照らし合わせ
ながら、どうすれば魚が釣れるか知恵を出してほしい」と話す。

これまで3回の釣りで釣果はなく、この日が4回目の挑戦。サビキ釣りで使う釣りざおを使い、
糸に7〜8センチの骨角器を結び、イソメをエサにして釣りをした。1時間ほど続けたが、魚が
エサに食いつく「当たり」はあったものの、残念ながら釣り上げることはできなかった。

藤井詢也君(16)は「この針で魚を捕っていた縄文人はすごいと思う」、渋沢誓也君(17)は
「釣り針が大きいので釣れないのかもしれない」とそれぞれに再挑戦を誓った。

指導した中島幸一教諭(39)は「縄文人に釣れて現代人の私たちに釣れないのはなぜか。
ロマンも追求したい」と話した。

ソース/京都新聞社
http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20150925000053

2 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 17:56:41.01 ID:YPskjDSE0.net
ちんぼ

3 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 17:57:08.06 ID:yDbLiLFz0.net
糸を作る方が難しそうだ

4 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 17:57:28.81 ID:inhCykyv0.net
ホントに釣りしてたのかね

5 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 17:58:24.64 ID:4hqlLSV60.net
結論: 昔の魚はバカだった

6 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 17:59:07.53 ID:wqpIG9wN0.net
白のままだとアレだし、せめて墨でも塗って色を変えてみるのは?

7 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 17:59:43.71 ID:906iqSky0.net
つまり釣り針じゃなかったんだろ。

8 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:00:36.20 ID:syz/suAc0.net
イヤリングじゃね

9 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:01:48.29 ID:jCR6DYV+0.net
古代なら魚影濃かっただろうしいくらでも掛かっただろ

10 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:02:19.11 ID:82iszQQM0.net
烏賊とか蛸は釣れそうだが

11 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:03:01.72 ID:zU96KI1t0.net
動物捕まえてたんじゃね

12 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:04:04.96 ID:HF/b3q4u0.net
釣り針じゃなくて、首飾りだった可能性がるんじゃね?

13 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:04:26.82 ID:FpbhNWu10.net
>>10
烏賊じゃなくてイイダコなら

14 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:04:44.31 ID:3LGz1euZ0.net
そんなのベアさんがやってたし、今更感である

15 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:06:22.43 ID:k5LlGvKl0.net
無理に上手く口にかけようとせずに針を飲ませれば釣れると思う

16 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:06:28.74 ID:jCR6DYV+0.net
成人の儀式で鼻グリ通してたとかな

17 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:06:33.42 ID:jenI5tHc0.net
魚も古代の魚にしろよ。
エンドリケリイとかシーラカンスでいいじゃん。

18 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:07:42.72 ID:9J9H1WvP0.net
エサより糸用意するほうが大変だろ

19 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:08:16.08 ID:2DT5gZmE0.net
縄文時代の釣り糸は植物繊維麻糸

20 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:09:01.00 ID:zsFhUGuG0.net
古事記では金属製の釣り針を使って魚釣りをしているぞ。
縄文時代より古い時代だ。
動物の骨で作った釣り針など左翼が考えた
なんちゃって歴史だろ。

21 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:11:20.22 ID:KnAAg3mE0.net
潜って突いたほうが早いと思うの

22 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:11:46.07 ID:HtRCX08o0.net
魚の数さえいりゃ骨でもなんでも釣れるわ

23 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:12:45.90 ID:3wtVq0RZ0.net
>>1
テグス
 現在、釣り糸はナイロンなどの合成繊維であるが、
合成繊維が使われる以前にはテグスが用いられた。
テグスは水中で透明であり、針と道糸の間に使われていた。
絹糸昆虫の幼虫の絹糸腺からテグスを作成できる。
 樟蚕の絹糸腺を用いると2〜3mのテグスを作ることができる。
このため樟蚕はテグス蚕とも呼ばれる。
http://www.tuat.ac.jp/~kaiko/03/dissect/Yylar.jpg
http://www.tuat.ac.jp/~kaiko/03/dissect/003silkg02.jpg
http://www.tuat.ac.jp/~kaiko/03/dissect/abIMGP5427.jpg
http://www.tuat.ac.jp/~kaiko/03/dissect/SilkenGut.html

24 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:13:03.70 ID:hidTfPoI0.net
>>5
これ

25 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:13:18.56 ID:aCWmcY1S0.net
海彦山彦

26 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:14:01.93 ID:IOw/nthL0.net
>>20
サヨクガーとか言ってるならネトウヨだろうが・・・・マジでやめとけw

27 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:17:08.44 ID:VsPVhIyM0.net
>>23
矢口高雄が子供の頃に作って釣ってたらしい

28 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:19:21.35 ID:Jq89so+T0.net
そりゃ大昔だもん
効率が悪いのは仕方ない

29 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:19:42.38 ID:YdfnBnPc0.net
釣れる魚がもういないんじゃないの?

30 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:19:55.47 ID:G+0C4tE/0.net
実は性具でした

31 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:20:02.13 ID:JflWFBov0.net
大きさから考えれば、引っ掛け釣り用途だったんじゃないのか。

32 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:20:32.44 ID:lQRVbHXtO.net
釣り針型の装飾品だろ
実際に釣っていたわけじゃない

33 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:20:59.23 ID:nkWfa52J0.net
魚も進化してるからなw

34 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:21:30.94 ID:DPfuxSjm0.net
縄文時代でも網くらいあっただろ
腐って残ってないだけで

針で一匹づつ捕まえるなんて効率の悪い方法だっただろうか?

35 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:22:38.15 ID:jCR6DYV+0.net
縄文時代の磯でチヌ釣りとかキスの投げ釣りとかやってみてえな

36 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:23:22.92 ID:bTJhkzA70.net
直良信夫著の「釣針」という古い本を読んだことがあるが釣針が発掘される遺跡からは今では信じられないくらい巨大な魚の骨が見つかるそうだ。
めったに獲られないから魚影が濃かったと推論していた。

37 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:23:33.67 ID:EmXduhJd0.net
縄文人はドングリを食べていたと教わった
しかし
実際にドングリを食べた事があるが
渋くて食べらなかった

38 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:25:00.69 ID:WiE0yOBV0.net
楠本政助 『縄文人の知恵にいどむ』

多分これを読めば終わるんじゃないかな
随分前ちょっと流行った本だけど
考古学やってて知らんはずはないだろう

39 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:25:58.29 ID:tCTN0cIZ0.net
原始人の象狩りも最近の学会だと否定的。原始時代感も時代とともに変わっていくのか。

40 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:28:56.60 ID:a4uQ4Jh70.net
おれ、オナホール釣ったときは、ナマコかとおもたよ。

41 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:29:34.07 ID:jCR6DYV+0.net
縄文人の主食は山手ならどんぐり、海辺はあさりだ
それらを煮炊きするために土器が発明されたらしいな
諸外国の土器文明に先駆けて一万年も前に

42 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:30:23.82 ID:pE/2EPvi0.net
ムツゴロウの引っ掛け釣りと同じ要領で投げて引けば胴体に針が掛かって釣れるシステムだったんだろ
今のように針を咥えさせるなんて先入観でいたら間違いだろ

43 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:30:36.01 ID:IOw/nthL0.net
まずエサだな
撒き餌を効かせて魚を狂わせる、昔はカツオの群れなんかも
岸近くまで回遊してたんだろう
追い込みで採った小魚なんかを撒きながら狂ってボイルするカツオや小型のマグロや
フィッシュイーターを釣り上げたんじゃないかな

44 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:33:47.95 ID:nYp7drMx0.net
>>37
人類にとって重要な食べ物であったにも関わらず
21世紀の現代に至るまで、栽培化に成功していない穀物がある。

それがドングリ

ドングリは成長が非常に遅い上、苦味を出すのに影響する遺伝子が
複数あるため、品種改良が困難で栽培できない。

45 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:35:00.46 ID:jCR6DYV+0.net
ギャング釣りの針かあるいはルアーと考えたほうがいいかもね

46 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:35:30.21 ID:gJ7j3b+O0.net
>>1
釣れますか?

47 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:36:36.04 ID:IOw/nthL0.net
どんぐりと言っても色いろある
ハシバミとかマテバシイだったかはそのままでも食べられるはず

48 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:36:50.62 ID:5EkHdl0N0.net
魚も学習してるのでは?

49 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:36:51.88 ID:jCR6DYV+0.net
ギャング釣りの目的なら乗っ込みのボラだな

50 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:37:02.55 ID:XcwxrE5z0.net
>>44
ドングリは穀物じゃねーよ

51 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:37:07.84 ID:3KwuMtnE0.net
日本は平和だなぁ

52 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:39:07.40 ID:ZOD4Rxht0.net
さきいかでザリガニが釣れます

53 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:39:58.18 ID:XBmSIW7p0.net
ここで不思議なのは、マグロのような回遊魚を、縄文時代の人たちが、どうやって獲っていたかということです。

色々な縄文時代の遺跡から、動物の骨を加工して作った釣り針が発見されていて、マグロも、その多くは釣りによって漁獲されていたものと思われます。
しかし、遺跡の中には、大型のマグロやクジラなど、いわゆるフィッシングでは捕獲できそうもない大きな海産生物の骨も見つかっていて、
こういった大型の生物をどうやって縄文時代の人々が捕獲していたのかと考えてしまいます。

これに対する答えのひとつとして、北海道や東北地方の縄文時代の遺跡から発見された、回転式離頭銛という、銛(もり)に似た道具があります。
この回転式離頭銛は、動物の骨を加工して作られている銛で、獲物に刺さると、先端の鋭利な部分と、柄(え)の部分が分離する構造になっています。
そして、先端の銛先(もりさき)部分に結び付けた縄か紐(ひも)を引っ張ると、銛先が獲物の中で垂
直な角度から直角に交差する角度に回転して、獲物から抜けなくなる仕組みになっているそうです。
縄文時代の人々は、こうした道具を作って、船(・・・もちろん、当時は、現代のような船ではなかったのでしょうが・・・)の上から獲物に銛を突き刺して、捕獲していたようです。


紀元前2世紀頃になると、当時、「倭国」と呼ばれていた日本にも青銅器と鉄器が伝わり、漁労で使われる釣り針も、
それまでの動物の骨を材料にしたものから、鉄や銅で作られたものに代わります。
なお、弥生時代の日本へは、青銅器と鉄器が、ほぼ同時期に伝わったため、世界の他の地域の歴史にはある青銅器時代が日本にはありません。

広島県の長う子(ながうね)遺跡(1900年前−弥生時代)で発見された弥生時代の鉄製の釣り針には、
すでに、「かえし」や、釣り針の根元の部分を釣り糸と結びつけるための「チモト」と呼ばれる部分が作られていて、
この時代には、現在の釣り針の基本形ができていたことが伺えます。

また、同じく弥生時代の遺跡からは、現在の網漁業のさきがけとなるような道具も発見されています。
これは、一枚の平らな網か、または袋状になった網を、木や竹、あるいは金属で作られた円形の枠に取り付けたもので、今でいう「たも網」のはしりになります。
弥生時代の網を使った漁労は、あくまで、こうした道具で、魚をすくい取る方法で、とても漁「業」といえるようなものではありませんが、
日本の網漁業は、弥生時代に始まったと言えるかも知れません。

弥生時代の遺跡からは、鉄製の釣り針や、たも網のほか、網につける錘(おもり)や、タコを捕獲するために使われたと思われる壷(つぼ)なども発見されていて、
この時代に、現代の漁業の基本的な方法が考え出されたようです。
http://www.japantuna.net/press52


調査の結果、波怒棄館遺跡は縄文時代早期から晩期にかけての集落跡で、中でも前期末葉に最盛期を迎えたことが分かりました。
沿岸部の遺跡だけあって出土遺物には魚貝類も目立ち、この地の縄文文化が豊かな海の恵みに支えられていたことが実感できます。
特に、前期後葉(約5,500年前)の包含層から大量に出土した「マグロの骨」は、この集落でマグロ漁が盛んに行われたことを物語る証拠として大きな注目を集めました。
http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kodai/touhokukara4.html

54 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:40:33.88 ID:NJRzK6dd0.net
針が大きいんじゃなくて魚が昔に比べて小さくなったんだな
大きい個体ばかり狩猟していると小さい個体が生き残っていって小型化化する
魚は確か化石や骨から証明されてたでしょ

55 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:40:50.58 ID:xg3WItK70.net
>>40
(´・ω・`)

56 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:41:55.37 ID:UwHic8OS0.net
>>1
まあ、当時の海と現在の海では、湧いてる魚の量が違う。

大昔は、海面に絶えず魚が跳ね飛び、入れ食い同然だったろう。

57 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:42:16.80 ID:Gt1aa+mN0.net
70年代に岩手の大学の先生がやって釣れるって実証してたはずなんだが
今でも牛の角使ったカグラや弓角って漁具はある

58 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:43:16.19 ID:20EGg3ys0.net
あれはルアーだったんだよ。

餌付けて小魚狙っても釣れないよそりゃ。

59 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:43:20.48 ID:ahX2hEpv0.net
>>5
多分これが正解
人が釣り具を改良すれば魚もまた対応して今日に至る

60 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:43:35.28 ID:oNTYwwjR0.net
古代人に「針に餌をつけて、魚に銜えさせて釣る」って発想があったのか?
銛と同じ発想で引っ掛け釣りしてたんじゃないん?

61 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:45:11.00 ID:ccxy6tjb0.net
魚の数が当時と今とで違うのかもしれないが
1時間の実験じゃなくて1日中真剣に取り組んでたんだろう
朝から晩までやって一匹とか二匹とか
それだけに獲物が捕れたときに自然に感謝する気持ちが信仰につながってったんじゃないだろうか

62 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:45:16.67 ID:GlxkmH6p0.net
魚の骨で釣り針作る方が効率的じゃね?

加工しやすいし釣りするような土地だったら材料多いし

63 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:47:15.05 ID:7DDO1vwl0.net
>>37   チャレンジGJ!!
縄文式どんぐり餅の料理方法を説明しよう!

・ドングリを麻袋に入れて、湧水に1週間ぐらいさらそう  アクが抜ける
・これを乾燥させる
・石の板で丁寧に粉にする
・耳たぶぐらいの固さに練って真ん中を凹ませ、焚火の灰の中で焼こう

これで出来上がり!
食べかけのままで遺跡になったどんぐり餅は、出土品まとめて国宝になってるよ

64 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:48:11.51 ID:+COp0uuw0.net
こんなあやしいでっかい釣り針に食いついてくることはないのだろうから
あたりを待って釣るんじゃなくて
銛のように積極的に狙って引っ掛ける方法で釣ったんじゃなかろうか?

65 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:48:26.28 ID:y1Lum5+30.net
魚が進化した証拠やな

66 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:51:27.77 ID:qTVkmEvE0.net
泳がせ釣り用の針だったかも知らんな。

67 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:52:36.98 ID:mkzz09K80.net
>>37
渋抜きしないからだよ…
あと栗もドングリの一種だ

68 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:52:48.32 ID:xvA4zasQ0.net
>>37
灰汁抜きも知らないのか…

69 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:53:30.05 ID:7DDO1vwl0.net
昔は天草なんか、潮流が通る海峡じゃマグロが入れ食いだったんだよ
それが普通だった    それで『昼寝が浦』なんて名前が残ってる

潮流に乗っているマグロを釣るには、イカなんかを餌に、あの大きな釣針でいいよ

70 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:53:57.87 ID:UwHic8OS0.net
>>65
まあ、魚のアタマは進化のしようがないけどなw 
化石も現在の魚も、脳の大きさに変化なし。

71 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:54:43.32 ID:21Tq+WPR0.net
確かに昔からこんなゴッツイもんで魚釣れんのかよと思ってた

72 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:56:44.78 ID:XXM6PfOPO.net
>>37
俺も小学生の頃に食った。
渋柿よりも渋くてびっくりしたわー

73 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:58:24.95 ID:q/b4ehmU0.net
タコなら釣れるんじゃね?

74 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 18:59:50.89 ID:TxD/9UGZ0.net
つか貝塚漁ればどんな魚食ってたわかるんじゃねーのか?

75 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:01:12.06 ID:TxD/9UGZ0.net
>>37
栗だって生で食ったらそんなもんだぞ

76 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:01:45.37 ID:czSEEDP00.net
引っ掛け釣りか、あるいはもっと大型の魚が近海まで来てたんじゃないか?

77 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:02:06.76 ID:ogIOfCSh0.net
あの骨にイソメをつけられただけでご立派。

78 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:02:33.67 ID:wIl3eSrQ0.net
縄文人に釣れて現代人の私たちに釣れないのはなぜか。
出来が悪いから。

79 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:03:03.67 ID:MPUMRi+o0.net
この釣り針は昔の人が俺たちを釣るために作って埋めたのかもしらんよ

80 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:04:13.73 ID:21Tq+WPR0.net
>>37
渋抜きしてたんじゃないの

81 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:04:18.98 ID:3vAQHFIY0.net
鶏の骨なんて鋭いからなー

82 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:04:35.81 ID:vRlRfn800.net
竹槍でぶっ刺してたんじゃねーの?

83 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:05:38.86 ID:7DDO1vwl0.net
ここまでで、『釣られないクマーー』なしw

84 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:07:56.00 ID:VF9HJ7o50.net
熊なら釣れるのにな

85 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:09:22.44 ID:aN96HiDq0.net
>>76
だよなぁ、ムツゴロウ釣りの達人呼んだ方がいい。

86 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:10:19.15 ID:l6/ubqGc0.net
動物の骨より魚の骨のほうが釣り針になるべ

87 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:12:09.21 ID:kj2zH8WA0.net
骨粗鬆症の婆さんの骨でつれないかい?

88 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:12:22.08 ID:9DfUyTct0.net
>>37みたいのが最初にドングリを食って
灰汁抜きの方法を誰かが見つけたのだろうな

しかし、その生活の知恵は納豆や鰹節のように偶然見つかるのか?

89 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:12:24.47 ID:aN96HiDq0.net
         i                  i l l
.          !               i | |
            !                 r¬| h
            i                `TY´ !
           i                   {  丿
          i              j /|
             !      _ _ _       / l!」
           !  /.::.::.::.::.::.`ヽ、 ハ ノ
          i /.::.::.::.::.::.::.::.::.::i:.:〉/   〉
              i i.::.;:.::.::.::.::.::.:::i::.:ト'/  /
            !|:.::i.::.::.::.::.::.::lリ:::j/   /   釣れたー!!
           !l::::l:::.:::.:::.:::;:;ルイ  /
           |'V:トNlVル'´ノ 丶 /
           L乂^〈、__/   〈
            {いゝ、       ' ヽ
            ト「`ヽハ.   ヽ   ! 丿
           ト! : : Vヘ    广´
             ,ハl : : 人∧、  /
.         / ハ/   (尢)、{
        入_,ル' -─−:八ヽl、
    r─‐'´ / {.: : : : : : : : ;ハ、 〉
     ´ ̄`ゾ  ヽ、: : : : :/  l`|
          ! ` ーイ    ヽl
              `、  │    |
                ヽ_」、__」
             ヽ::::l:::::::::::::|

90 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:12:58.25 ID:7qxnAxhM0.net
魚「その手は食わんよ」

91 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:13:17.39 ID:VoV7w65P0.net
クリとドングリだけで1年間過ごしてみやがれってんだ
(貝塚のアサリ貝だけでも許す)

92 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:15:11.22 ID:Kcg8IHZgO.net
>>78 釣るために必要な知識が失伝したからだ。その文化を保証するノウハウは名詞のラインナップをみればわかる。
文化は名詞ごと消え、名詞ごと誕生するんだ。

93 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:16:36.87 ID:8TxfSQqd0.net
道具を揃えただけで経験者と同じことができるのはオーディオの世界くらいしかないだろ?

94 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:17:59.06 ID:qJ6YSZhz0.net
>>37
既に散々言われているが
縄文人がドングリをそのまま食っていたわけじゃないぞ?
ドングリを灰汁抜きした後に磨り潰してパン状に焼いて食していた
お前は小学館・漫画日本の歴史すら読んでなかったのか?

95 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:19:25.83 ID:V7XtWtaS0.net
>>88
偶然じゃないと思うなあ。
端から見ていると意味がないようなことに時間と労力を注ぎ込むやつは現代でもたくさんいるし、
古代にもそういう人はたくさんいて、いろいろやってみたのだと思う。
つまり偶然ではなく、人間の意志による成果じゃないだろうか。

96 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:19:49.73 ID:SSimOnNe0.net
>>37 そのまま食うんじゃない、しぶ抜きをするんだぞ。

97 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:23:36.31 ID:ogIOfCSh0.net
多分みんながみんな教科書通りの方法ではなく、どんぐりを渋いまま食べていた人達もいるはず。

98 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:24:49.79 ID:o4q/cMgA0.net
釣り針がでかすぎる

99 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:25:10.58 ID:pw9DMSdP0.net
同時に現代の釣具でも同じ釣りをしないと
骨の針が悪いのか場所、釣り人の腕が
悪いのかわからないのではないかな

100 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:25:35.56 ID:9DfUyTct0.net
>>95
渋抜きに一生を捧げた人がいたのかもしれんが、
たまたま川に落ちてたの食ったらあんまり渋くなかった
あたりが理由かもな

101 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:25:35.96 ID:j2ngTE5F0.net
骨針で釣れちゃうような、アホウ魚はとっくの昔に淘汰されていると思うのよ。

102 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:26:00.24 ID:Kcg8IHZgO.net
>>94 縄文人は毛皮着てるイメージあるけど
実際は亜麻布を織った服をきて縄帯をしてた。
縄もいろんな縒り方を知っていた。
だね。

103 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:26:05.79 ID:21Tq+WPR0.net
もしかして我々は>37に釣られたんだろうかwwww

104 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:30:22.82 ID:7DDO1vwl0.net
>>97
シブいドングリを我慢して食べてると、体こわすよ? (少量ならOK)
縄文人が泉を拠点に暮らしていたのは、清水が絶対に必要だったからさ

ちなみに、川の水は不可  湧水で流れているのが渋抜きする水の条件
あと、アク抜きする麻袋も織る必要があり、縄文人って思ってるほど原始人じゃない

105 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:32:20.48 ID:21Tq+WPR0.net
三内丸山遺跡とか見ると縄文人のイメージが全く変わるな
栗の栽培もしてるし、20mくらいある大型建造物も作ってるし、定住して集団生活してるし、遠く新潟とも交流してる
思ってるよりもずっと進歩的だな

106 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:35:26.80 ID:Uz9c1baU0.net
今の魚はスレてるから難しいだろうな
どんどん細糸になってるし

107 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 19:42:31.96 ID:Rhstsc28O.net
>>37
俺が小さいときにはじめて食べたドングリは凄く甘かった
あれは、中に虫の幼虫がいたんだって4年生くらいになって気がついた
なんの虫かな(´・ω・`)
おいちかったお

108 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 20:01:38.91 ID:AI4n7fkA0.net
骨を食べる魚なんかいないだろw

109 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 20:02:05.18 ID:YH2dosFT0.net
昔、俺は婆さんに灰汁抜きしたドングリを食わされたことがある。
婆さんが生まれた集落では年一度のお祭りに、
御摘みとして出される料理なんだが、
婆さんには食いすぎると腹壊すからなと言われた。
大人でもせいぜい大匙1杯ぐらいと言われたが、
それ以前に、渋くて子供には食えた物ではなかった。

婆さんに縄文人が食事として食ってたと日本史で習ったと言ったら、
「こんな物毎日食ってたら死ぬがな!!」って一笑にふされた。

110 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 20:15:30.54 ID:votyBX3i0.net
>>1
そんな大きな釣り針に俺が

111 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 20:19:26.31 ID:Ab7Hbppb0.net
                      , -ー,
釣れますか?            ,/ . |
..∧_∧          ∧_∧  ,/    |
( ´∀`)         <   #>,/     . |
(    )      (|    つ@     .  |
| | |   ___  (O   ノ         |
(__)_) |――|.  )_)_)          |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       |
/⌒\/⌒\/⌒\/⌒\|彡~゚ ゜~ ~ |゜ ~ ~ ~ ~~ ~ ~~ ~ ~~
⌒\/⌒\/⌒\/⌒\/⌒\彡 〜. | 〜〜 〜〜 〜〜 〜
                         │
                        ll||//
                        |三|
                      ゚    |三|  。
            ゚  。         | |  
                      。  .| |
                         .| |
                         | |
                /|        | | ゚
                | |    .  ノ ノ゚
                \\___/ /
                 \____/

112 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 20:32:32.29 ID:ylxw5rTl0.net
これ、中学・高校生の頃、絶対に釣り針じゃないって思ってた

113 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 20:33:36.86 ID:Kn2TzSR80.net
今だってアルミ缶の欠片でも食いつくよ

114 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 20:52:30.30 ID:zOdWXw180.net
現代の最先端の釣り針でも調子が悪ければぼうずのことがある
諦めずに挑戦を続けて欲しい

115 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 20:55:11.30 ID:zOdWXw180.net
>>38
読んだ読んだ
確か釣り系の作家(開高健?)が取材にもいったはず

116 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 20:57:29.23 ID:MAs/WKk50.net
>>111

うわぁぁぁ

117 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 21:01:46.71 ID:H1VTrlRv0.net
今の年齢なら言える
どうして釣り針だといえるんだ?

118 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 21:07:15.09 ID:6UOth+GO0.net
釣りキチ三平が成功させてたような?

119 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 21:10:57.43 ID:pf7VMw0XO.net
針が見えなくなるくらいの団子を餌にする。

120 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 21:17:10.09 ID:8Ecdusi10.net
http://lithiccastinglab.com/gallery-pages/fishhooksgroupsmall.jpg
http://www.nma.gov.au/__data/assets/image/0006/339315/oz226.jpg
現代と違って魚の大きさや密度が違ったんだろ
同じ浜で潮干狩りしてるだけで数千年も世代交代しながら貝塚できるぐらい海は豊かだった

じつは釣り針じゃなかったりして
http://www.urbanscout.org/wordpress/wp-content/uploads/2013/11/fish-hook-earrings.jpg

121 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 21:58:35.79 ID:+bellDXW0.net
海幸山幸の神話の時代には鉄による釣り針があり、製鉄技術が既に到来していた

122 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 22:09:38.38 ID:TxD/9UGZ0.net
なるほど、つり針を模した装飾品か

123 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 22:11:44.93 ID:LY2qmWU80.net
ルアーか

124 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 22:18:49.06 ID:L1wEv6GTO.net
骨か角かで作った鉤を脂を塗って焼きを入れてたりね
光沢をもった鉤が疑似絵になってたり

125 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 22:20:09.30 ID:L1wEv6GTO.net
疑似絵じゃなくて疑似餌だ

126 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 22:21:21.60 ID:LY2qmWU80.net
まだ魚が利口じゃなければ疑似餌で余裕だろ

127 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 22:22:19.98 ID:XpoAzPzU0.net
NHKBS「風雲!大歴史実験」次回のネタは決まったな

128 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 22:24:09.97 ID:xkjFpdJk0.net
何故釣れないとか思ったんだろう。

129 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 22:29:38.28 ID:SqIWDfrl0.net
>>120
なるほど、装飾品の可能性も大だな。
てか、魚影が濃く簡単に獲れたのなら、網の方が先に開発されそうかな。
チマチマ一匹づつ釣るかな?

130 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 22:35:12.38 ID:4d3IwHr40.net
>>120
釣り針じゃないな。
焚き火料理の必需品。
鍋吊るすフックだ。

131 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 22:36:28.61 ID:IkjjDBPv0.net
動物の骨より魚の骨(鯛の骨)とかの方が良さそうだがな

132 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 22:36:38.11 ID:3+ARlKeU0.net
古代のSM7つ道具の1つだろ

133 :◆HKZsYRUkck :2015/09/25(金) 22:36:48.94 ID:xMN23Cky0.net
>>33>>65
それだ。
釣るものと釣られるものとが切磋琢磨して場のレベルを上げていく。
一方だけが急に進化してバランスが崩れると共倒れになるから、
見かけ上協調して進化するように見えるのだな。うんうん。

>>70
ハードウェアとしての脳は全く変化してなくても、
人間は産業革命を起こしたやん。

134 :◆HKZsYRUkck :2015/09/25(金) 22:50:16.46 ID:xMN23Cky0.net
道具を交換しようと言い出したのは山幸彦。
「なくさないでね」って言われたのに釣り針を失くしたのも山幸彦。
だけど悪者にされて滅ぼされたのは海幸彦。しかも子孫たちは
犬の鳴き声を真似させられている。

なんだろね、この違和感w

135 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 22:55:03.87 ID:YH2dosFT0.net
>>38
縄文人の知恵に挑むだろう?今になって読んでみると逃げ道いっぱいだし。
最新の研究では否定されていることも多々ある。
それに、著者がアイナメを釣った写真を見つけたけど不自然なかかりかただと思う。
http://img02.naturum.ne.jp/usr/ibu/DSC_0635.JPG
アイナメは敏感な魚で針を見切ってエサだけ取るくらいの魚。
しかも金属針でも、アイナメの下顎には硬い舌があるから、ささる確立はかなり低い。

俺の場合は、鹿角の針で再現実験したけど、釣ったためしがない。
しかも、鹿の角は水に入ると柔らかくなって強度がおちて折れやすく刺さりが悪くなる。
マグロやクエのような口が大きくてもパワーがある魚では
金属針でさえへし折られるくらいだから、骨角器では簡単に折れてしまうし、
太く作れば針として刺さる機能が落ちてしまう。
今まで俺が釣れたのが、エサを摘んであがってきたカニだけ。
多くの人が再現実験して再現できないと言うことは・・・

136 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:02:59.41 ID:kzZgjKkb0.net
>>135
おまえはまず釣りの腕をなんとかした方がいいんじゃねえのw
アイナメがエサ取りとかw普通笑うわ

137 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:10:38.04 ID:BngNPMzh0.net
TOKIOなら余裕

138 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:13:31.63 ID:YH2dosFT0.net
>>136
釣師や漁師のような真似はできんがな
アイナメも40cmならどうもうな肉食魚だしな

多くの人が再現して再現できないことは・・・

考古学畑ではかつて ゴッドハンド と言うものがあってな・・・

139 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:14:58.72 ID:XAUaWvbs0.net
縄文人より猿から人間の変化を知りたい
声の変化やら、いろんな名前(名詞、動詞)の発生やら、
恥ずかしさの発生とか、文化(装飾)やらの始まり、その知性やらを

140 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:16:04.51 ID:kzZgjKkb0.net
>>138
まだ言ってんのかボケ
開高健が興味持って訪ねて行って一緒に釣ってるわ

141 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:18:26.30 ID:XTdcx/uZ0.net
>>37

韓国ではよく食べる

142 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:18:48.04 ID:YH2dosFT0.net
>>140
文学と科学は違うがなw

じゃあ、同じことを多くの人がやっているのに何で同じ結果がでないんだ?
気に障ることでもあるのか?

143 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:20:31.28 ID:dYaQAL3/0.net
>糸に7〜8センチの骨角器を結び

とりあえずでか過ぎ

144 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:21:34.39 ID:kzZgjKkb0.net
>>142
>文学と科学は違うがなw

意味不明

145 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:22:55.41 ID:YH2dosFT0.net
>>144
ま、義務教育から勉強してから出直してきなw

146 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:25:02.66 ID:kzZgjKkb0.net
>>145
開高健が証人となって実際に釣り上げてる事実があるのをどう説明してくれるのかなw

147 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:27:33.86 ID:L1wEv6GTO.net
角鉤を脂で炒めるって開高センセだっけ?

148 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:29:10.59 ID:YH2dosFT0.net
>>146
だったらさ、同じ道具で同じ方法で他の人もやっているのに、
何で魚が釣れないのかな?
開高健以外の証人は?w

149 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:29:39.73 ID:BejijgBw0.net
京都でやるとか何のギャグ?

http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-18.html
>西日本の人々は渡来民の遺伝子を多く受け継いでおり、東日本の人々では縄文人の遺伝子がやや多くなっていることが、骨の形態から推定されています。

by国立科学博物館


http://web.joumon.jp.net/blog/wp-content/uploads/%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E5%AF%86%E5%BA%A6.gif
縄文時代の人口

東日本 25万1800人
西日本    9500人

150 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:30:16.60 ID:kzZgjKkb0.net
>>148
コイツ開高健に釣りのことで喧嘩売ってるよw
アイナメをエサ取りって言うバカがw

151 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:30:25.92 ID:Fse+DRIH0.net
これは興味深いなあ。

成功したとして、
縄文人の最初にやった奴、
 「お前天才w」
 「なんでそんな技術思いついたんだ!神?」
 「うわ、魚とれすぎ!」
って、ほとんど、アインシュタイン・エジソン・中村修二扱いだったんだろうなw

152 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:30:34.38 ID:/P4yo9in0.net
>釣り針が大きいので釣れないのかもしれない

2chの言い回しみたいだな

153 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:31:32.38 ID:4DFs5QMEO.net
>>37
アクヌキしてなきゃ食べられないんじゃゃ?
日本のどっかの地方で食べてなかったな

154 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:31:45.21 ID:fSJjJCNY0.net
アウストラロピテクスとか類人猿は何で絶滅してるのか?
チンパンジーとかオランウータンより環境適応力優れているだろうから
チンパンが生き残ってる現在も類人猿が生きているはずだろ
だからオレはサルの遺伝子操作で人間ができたと思ってる

155 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:34:59.15 ID:8YPdeem40.net
縄文時代ってずっと同じことの繰り返しやったんやろか
なんか不思議やなぁ
生活の革新が特に起きず、数千年も同じことやってたなんて信じられんわ
もっと効率よく狩りが出来ないものか?
もっと効率よく漁が出来ないものか?
もっと頑丈な住居は作れないものか?
もっといい土器は作れないものか?
って誰か思いついて発展しそうなもんだがなぁ

156 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:37:23.79 ID:K5eX3Uya0.net
釣り針の大きさと釣る対象が合っていないんだろ
そんな無骨な大きい釣り針でも、食用ガエル釣りには使えるから無駄ではない

157 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:37:38.67 ID:YH2dosFT0.net
>>150
喧嘩と検証は違うんですw

158 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:40:18.55 ID:5v/uKZx90.net
釣り名人の自慢話ってのは話半分に聞くもの

159 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:44:56.58 ID:N+7cxZ7B0.net
昔は魚はゴマンといたんだろ。だから骨でも釣られるようなウッカリ者もいたんだろう。

160 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:50:57.05 ID:fK7CXnbj0.net
なつかしい。
子供の頃、堤防釣りで糸の太さ10号にして
そんなでっかい針つけて釣りして何も釣れずによく帰ってた。

161 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:54:11.37 ID:ngD682Ws0.net
釣り吉三平でこんな話あった気がする

162 :名無しさん@1周年:2015/09/25(金) 23:55:45.21 ID:dP+xMkge0.net
昔の魚はスレてなかったんだな

163 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 00:08:54.51 ID:JTz8uuSb0.net
針は金属製でなくても形がちゃんとしてればなんとかなると思うが、糸はどうしてたんだろう

164 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 00:11:45.34 ID:adtrY4Bc0.net
>>163
バスプロショップスとかで買ってたんじゃね?

165 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 00:16:22.84 ID:Y/bf9SD/0.net
餌を吊るした糸の脇に骨針を吊るしておいて
アタリがあったらエラに引っ掛けるというのはどうだろう

166 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 00:56:50.24 ID:SEXhrDWTO.net
お隣の中国は古代…商、周の時代とか釣りの文化はあったのだろうか
太公望が釣りしてて周の文王が待っていたのは作り話だとしても
もしあったのなら鉤はやはり青銅製だったのだろうか
それとも骨や角や石だったのかね

167 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 01:00:14.69 ID:L2e1NlGv0.net
魚も進化してんだよ

168 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 01:18:33.47 ID:SEXhrDWTO.net
だから?

169 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 03:48:54.99 ID:3n8hAuMQO.net
うーん…
大型の鳥を釣ったのかも。

170 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 05:47:55.88 ID:r75Cmz0Y0.net
>>165
韓国には日本の縄文時代にステンレスの魔法瓶が有ったらしい。
ソースは韓国式茶の湯をやってるエラが張ってる人から聞いた。

171 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 05:51:01.19 ID:l/FCrgdf0.net
>>1
これのどこがニュースですか?>あずささん ★

172 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 05:59:15.16 ID:/zQwjTZh0.net
何故、陸釣りをしているのかね?

釣り針の大きさからいって、大型魚
マグロ、カジキなど

縄文人はカヌーで爆走しながら、流し

173 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 06:00:29.81 ID:lH/UcI+L0.net
魚もだんだんスれてくるからな、より小さい釣り針、より細いテグスっていうのが釣り具業界の流れだし・・・。

174 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 06:02:49.74 ID:H77hW+gt0.net
>>172
遠洋漁業やってたんだよね?

175 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 06:04:11.73 ID:/5jWJ3j+0.net
カツオの一本釣りみたいなんだったんだろ

176 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 06:06:51.25 ID:Ii1Lp96Q0.net
>>70
簡単に釣られるような魚が淘汰されて 疑い深い魚だけが生き残ったのですね

177 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 06:08:15.82 ID:/zQwjTZh0.net
>>174
縄文人は高度な技術を持った海洋民族だ
類人猿のような原始人では無い

沖縄などで流し釣りなどの漁法がある
現代の漁法にも劣らぬ漁法を知っていた可能性
も考慮する

178 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 06:12:56.17 ID:h26noyTj0.net
昔は魚がとんでもなく沢山泳いでたんじゃないのかな
あるいは魚自体の大きさが今よりも大きくて大きな釣り針でも充分釣れたとも
近年の研究によれば魚の大きさは小さくなっていってるみたいだからね

179 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 06:13:27.92 ID:kG+as3ps0.net
木の棒の先に固定して引っ掛けて取る
魚影が濃ければできるだろ

180 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 06:17:24.30 ID:n4yO5FZsO.net
カルシウムの骨なんて脆くて大型魚には使い物ならんだろ
化石として残らないタンパク質系部位や植物性のもんじゃないか

181 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 06:19:31.34 ID:n4yO5FZsO.net
>>163
麻紐だと思う

182 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 06:43:36.77 ID:lH/UcI+L0.net
てんぐすでしょ、>釣り糸

183 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 06:49:02.23 ID:ZYrUGpAz0.net
現代でもアホウドリみたいな鳥がいるくらいだからなあ
大昔は取りやすい魚がいたのかもしれん・・・と思ったが発掘されたのって現代と同じ形の魚なんだろ?

184 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 06:51:08.03 ID:lH/UcI+L0.net
>>183
同じ魚でも同じ釣り場でキャッチアンドリリースしてるとだんだん釣れなくなってくるよ。

185 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 06:53:24.27 ID:Cpqd+IX90.net
>>182
馬(馬素・馬の尾)や蚕(天蚕糸・テグス)の伝来は弥生時代とされてる

186 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 07:04:23.50 ID:U7k/0G6a0.net
今みたいに網で根こそぎ取って仕舞いにゃ資源枯渇なんてこともなかったろうから、でかい魚もかなりいて、その中には阿呆なやつも結構いたんじゃないの

187 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 07:12:43.75 ID:o70Zx46g0.net
縄文人「ただボーっと待っててもヒットするわけねーだろ。フレーム単位で差し込むための読み合いが重要」

188 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 07:57:59.51 ID:g8BNi9P80.net
ええ土ーーっ!

189 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 10:43:15.18 ID:/7zKar0s0.net
>>139
全裸土人見てると裸の恥は発生したのが遅そうだね
というか、後天的に身に付くもんか

声っていうと黒人の発声が全然違う感じがする
日本語話してても英語話してても黒人の声って独特

190 :名無しさん@13周年:2015/09/26(土) 13:41:37.85 ID:BmLIQaNT0
>>23
>絹糸昆虫の幼虫の絹糸腺からテグスを作成できる。
カラムシの仲間の繊維紡げばもっと簡単だよ ヤニで透明化
季節問わず入手しやすいし
あとイカタコは骨片にちょっと返しを付けるとよく釣れる

191 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 13:43:12.23 ID:3n8hAuMQO.net
>>172 BC七千年を境に倭の漁労具は巨大化してる。
桜島が山体を吹き飛ばした大噴火があって南九州は壊滅的被害をうけ朝鮮半島に近いほうに難民が殺到した。
これでは採集経済はまかなえないから沿岸漁業が沖合漁業に変わっていったんだ。
効率よく釣れるかどうかではない。釣れなきゃ餓死。釣れれば大量の魚肉にありつける。
だから死活問題として釣らねばならなかった。
おそらくフグを食べ始めたのもこの頃だろうと私は密かに考えてる。

192 :名無しさん@1周年:2015/09/26(土) 20:16:55.99 ID:VQcKwWtL0.net
>>180
ググッタら遠洋漁業のマグロ針で縦4cm幅3cmくらいでステンレス製。
骨で出来た釣針と呼ばれている物体は全長7、8cmもあるし。

発掘された骨製の釣針の形をした物体は用途が違う別の何かかも。

193 :名無しさん@1周年:2015/09/27(日) 13:15:51.92 ID:Cu87SJ9O0.net
進化した今のタックルでも一時間じゃ釣れないだろ
古代と魚影の濃さも比べものにならないし

194 :名無しさん@1周年:2015/09/28(月) 01:19:12.33 ID:5o+2CyY10.net
裏にBWLって彫ってない?

総レス数 194
44 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★