2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【マスコミ】総力を挙げ、財務省の「消費税マイナンバー紐付け還付案」を潰した読売新聞 朝日は「自公了承」と誤報 [09/19]

1 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2015/09/19(土) 11:48:16.13 ID:???
★読売新聞が「対財務省戦争」に完全勝利!
〜総力上げて還付金案つぶし
2015年09月19日(土) 歳川 隆雄

読売新聞本社グループの渡邉恒雄会長兼主筆の号令により火蓋が切って落とされた
“対財務省戦争”は、読売新聞社側の圧勝に終わった。

共通番号(マイナンバー)の利用範囲を拡大する改正共通番号制度関連法案
(改正マイナンバー法)が衆院本会議で可決・成立したのは9月3日。『読売新聞』は
その2日後から、財務省が密かに準備していた消費税率を10%に引き上げる際の
負担軽減策「消費増税分給付案」反対キャンペーンを大々的に始めた。

以下、同紙一面に掲げられた大見出しである(※印は一面トップ記事)。

「消費税10%時、食料品増税分を給付―財務省案、所得に応じ配分」(5日付朝刊・※)
「軽減税率見送り意向―財務相、与党合意に背反」(6日付朝刊・※)、
「消費増税分給付、財務省案実現性欠く―カード全員携帯困難、マイナンバー情報漏えい恐れ」(7日付朝刊・※)

「消費税10%時、給付額に一律上限―財務省案、2%全額戻らず」(8日付朝刊)
「消費税10%時、給付年4000円上限―財務省案正式提示、基盤整備3000億円」(9日付朝刊)
「財務省案に疑問続々―端末・カード普及、買い物データ流出、初期投資3000億円」(9日付夕刊・※)

さらに続く。

「消費税10%時、給付『上限5000円』懐柔案―財務省、与党反発で修正」(10日付朝刊・※)
「首相財務省案こだわらず―消費増税給付、与党協議に委ねる」(11日付朝刊)
「公明税調で批判噴出―消費増税給付、『白紙撤回すべきだ』」(11日付夕刊)、

「公明 撤回論が大勢―消費増税給付案、与党了承困難」(12日付朝刊)
「公明『参院選戦えぬ』―消費増税時給付、地方組織も批判」(13日付朝刊)
「検証 財務省給付案、極秘検討今春から―財務省崩れたシナリオ、主税局『暴走』次官容認」(同日付朝刊「スキャナー」欄)

「財務省給付案、消費増税分賄えず―大半の家庭『1人年4000円』超す」(15日付朝刊)「消費税10%時、軽減税率導入を検討―与党、今秋取りまとめ」(16日付朝刊・※)
「前自民党税調会長津島雄二氏、軽減税率導入『当然だ』」(17日付朝刊)
「軽減税率公明が独自案―近く提示、インボイスより簡易」(18日付朝刊)――

と、前代未聞の大キャンペーンを展開した。

興味深いことは、ライバル紙の『朝日新聞』(8日付朝刊)は一面トップに「飲食料品2%分
『還付』―消費税10%時自公了承」と縦大見出しを掲げ、二面の「時々刻々」欄の横見出しに
「増税分還付 公明乗る」と断じたことである。

『読売』が6日付朝刊二面に「国民に説明つかぬ、参院選戦えない―公明が反発」と
報じていたにも拘わらず、である。

『読売』は翌日の朝刊でダメ押しの「消費増税分給付案、自公税調幹部に批判も―財務省と
水面下交渉」と報じた上で、財務省案を「第2のキールアーチだ」と断じたのだ。

明らかに『朝日』の誤報であった。

なぜミスリードしたのか。そもそも、この財務省案は一貫して軽減税率導入を求めてきた
公明党(山口那津男代表)が固いため、北側一雄同党副代表の要請を受けた旧大蔵省OBの
野田毅自民党税調会長が公明党取り込みの「妙案」を捻り出せと財務省に指示したことに
端を発している。

ところが、安全保障関連法案の調整・策定→衆参両院へ提出・成立で自民党の高村正彦
副総裁とタッグを組み、「成果」を上げた北側副代表が消費増税分還付案についても
党内調整できると思い込んでいたフシが濃厚だ。裏取りできないが、恐らく『朝日』
はその北側氏からの情報を基に報じたのではないか。

それにしても『読売』の独壇場であった。と言うよりも、同紙が財務省案潰しを仕掛けて、
他紙を巻き込んで流れを作り、さらに落としどころを渡邉会長兼主筆の年来の主張である
軽減税率導入に仕向けたということではないか。

普段は『読売』報道に厳しい出版界も、この点では同紙に楯突くどころか、拍手喝采である。
事実、出版関連4団体は17日、財務省案に反対する表明を発表した日本新聞協会に呼応して
軽減税率適用を求める緊急声明を発表した。 >>2へ続く

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/45414

2 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2015/09/19(土) 11:48:22.35 ID:???
>>1より

しかし、と筆者は考える。あの財務省がそう簡単に屈したとはとても思えない。
実は、端から大反発を受け、潰されることを織り込んでいて最後は軽減税率・インボイス
(税額票)導入にソフトランディングさせる腹積もりではなかったのか。肉を斬らせて
骨を絶つ、負けて勝つ、の類ということである。

主税畑のプロである田中一穂事務次官―佐藤慎一主税局長―太田充総括審議官であれば、
そのぐらいの「プロット」は平気の平座であろう。だとすれば、恐るべし財務省である。(了)

3 :名無しさん@13周年:2015/09/19(土) 12:48:58.79 ID:81Ky51+TZ
脱税しにくいのは事実だし、割と良い案だったと思うけどな。
ま、冷静に判断できるのは100年後ぐらいか。

4 :名無しさん@13周年:2015/09/19(土) 13:08:09.79 ID:OZVRTocHS
嘘と捏造の朝日への情報遮断が続いてるのかな
いいことだ
事実も捻じ曲げ報道の朝日に事実は不要だし

5 :名無しさん@13周年:2015/09/19(土) 13:09:45.66 ID:lrBGI8U5I
悪意を持った人間に金の流れを常時把握されれば
その金の出所を攻められる危険性が常につきまとう
資本主義において最も驚異だろう

6 :名無しさん@13周年:2015/09/19(土) 15:35:12.20 ID:EB18qcAJt
新聞が財務省案と大きく報道した意図ということなんですか?

7 :名無しさん@13周年:2015/09/20(日) 00:24:50.16 ID:0TVohMAjK
ただ、経済的弱者により恩恵が大きい方法だとは思う

8 :名無しさん@13周年:2015/09/20(日) 02:21:02.95 ID:ziFvJRzHi
【ドイツ旅行の定番】
ドイツのミュヘンの旧市庁舎前広場とフラウエン教会

https://www.youtube.com/watch?v=NFACx107TUY

……………………

総レス数 8
6 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★