2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【教科書問題】育鵬社を外すためなら被災者感情も利用 自分たちの意に沿わないと「独裁や!」と怒号を飛ばす市民団体 [09/14]

2 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2015/09/14(月) 18:17:56.19 ID:???
>>1より

議事録では匿名になっているが、学校サイドとみられる委員も「大人が見ても『何だ、これは』
というように取られかねない。私も委員長が言われた部分は気になっていました」と反応。
植田次長は「そうすると、もうこれで外す一冊が決まった」と結論づけた。「釜石の奇跡」
という言葉を記載していたために、A社は答申からはじかれることになったのだ。

■争点は「釜石の奇跡」

確かに釜石市という行政機関は「奇跡」という表記を使用していないし、
その理由の一つである遺族感情への気遣いも、実に細やかで理解できるものだ。

だが「何だ、これは」と目をむくほどの表現かというと違和感がある。
教員が授業で補足すればいいのではないかという気もする。

文部科学省の担当者も「釜石の奇跡」という表現が「人権上の配慮を欠くとは考えていない」とし、
検定基準には抵触しないとの見解だ。

保護者代表として出席したある委員は「地理の協議では、どんどん議論が進められてしまった。
今考えれば、後の公民への伏線だったと分かる」と明かす。

そう、育鵬社の公民教科書にも「釜石の奇跡」の記述があるのだ。

地理の後、歴史を挟んで公民の議論が始まった。

現行教科書は育鵬社だが委員の話題にはあまり上らない。「育鵬社は、現政権の写真が多いが、
政治の中立性がどうなのか」といういちゃもん≠ェ入ったくらいだった(政治的中立性は検定教科書の基本的条件)。

他の出版社の特徴についてひとしきり話した後、植田次長が「まとめ」の中でこう言及した。

「育鵬社の部分で言うと、先ほど、A社でも言っていた『釜石の奇跡』が大きく載せられているのです。
大きな活字になっているので、これも外したほうがいいなと思っています」

■保護者退席で決裂

こうして育鵬社は答申の3社から漏れたが、6月26日の第3回会合で、保護者代表の委員ら
4人が議事運営に反発。「保護者の意見を聞こうという意識が感じられず、公平に反している」と訴えたのだ。

保護者側委員「答えてください。なぜ(育鵬社を)排除したのか」

植田次長「前の議事録を全部起こしていけば分かると思いますが」

保護者側委員「『釜石の奇跡』だけのことでしょ」

植田次長「『釜石の奇跡』は配慮が足りない」「東大阪の教科書としてはふさわしくない」

議論は平行線をたどり、保護者側の委員4人は途中退席した。事実上、決裂したのは明らかだった。

東大阪市の教育関係者は選定委について「育鵬社を毛嫌いする学校現場の影響下にあったとしか思えない」と話す。
保護者側の先の委員も「役所主導で、開催日程も一方的に通知してきた。保護者の話を聞こうという
雰囲気はまったくなく、ばからしくなった」とあきれた。

一方、植田次長は取材に対し「育鵬社排除のために、釜石の話を持ち出すなどあり得ない」と否定。
「犠牲者の遺族が『奇跡』という言葉を聞くと、亡くなった人の存在を打ち消されたような気持ちになる。
被災者に寄り添っていない言葉だ」と強調した。

■民意≠ヘどちらに…

中学校教科書の採択が行われた7月27日の教育委員会には、12人の傍聴席に約80人が列をなした。
大半が育鵬社版の中学校教科書に反対する市民団体のメンバーとみられる。

委員会では、「現代社会への力点が大事」などとして現行の育鵬社を推すことで一致した。
採択後、乾公昨(こうさく)教育委員長は「保護者の意見、各教育委員の意見に基づき、判断した」
と述べた。各委員の耳にはおそらく、選定委のごたごたも届いていただろう。
この日採択が行われた科目のうち、答申にない教科書が選ばれたのは公民だけだ。

採択直後、傍聴者の男性1人が突然立ち上がり、「選定委員会の答申はどうなるんや」と大声を上げた。
他の傍聴者からも「茶番」「こんなことは許されへん」と怒号が飛んだ。乾教育委員長らの制止を聞かず、
怒声を上げ続けた男性は退席させられた。その後もヤジは続く。女性が乾委員長に向かって
「あんたは東大阪の教育を殺すんや!」と叫び、また退席に。閉会間際にも傍聴者が
「ファッショ! 独裁や!」と不規則発言を連発。乾委員長に激しく詰め寄る場面もみられた。
>>3

総レス数 8
10 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★