2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【憲法改正】白洲次郎氏の弔問で「残した書類はありませんか」と絶叫した中曽根康弘氏〜燃やせなかった改正草案に白洲次郎の無念

1 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2015/05/18(月) 12:56:45.31 ID:???
★【憲法特集 番外編】「敗戦最露出の憲法。今に見ていろ、ひそかに涙す」改正草案に白洲次郎の無念
2015.5.18 09:00

憲法制定時に外相を務めた吉田茂の懐刀として、GHQ(連合国軍総司令部)との折衝にあたった白洲次郎。
長女の夫、牧山圭男(よしお)氏(76)が、東京都町田市の旧白洲邸「武相荘」(見学可)でその思い出を語った。

「白洲は生前、『残しておくと皆が迷惑する』と言って、昔の資料を燃していた。本当にきれいさっぱり燃しちゃったんだ。
(庭を指しながら)その辺だよ。ドラム缶で…。だけど死んだ後、金庫の奥の方に寂しげにこれ(憲法改正草案要綱)が
捨てきれないで置いてあった。燃しちゃったから、何もないと思っていたら、金庫の奥の方にひっそりと、くるくると包んだ
油紙の中にあったのを発見した」

−−資料を焼却処分していた人があえて…

「残したということは、よほど悔しかったのだろう。GHQ原案をもとに要綱ができた際、
『敗戦最露出の憲法案は生る。今に見ていろという気持ち抑えきれずひそかに涙す』と何かに書いてある。
僕の解説だが、白洲は若い頃から大きかったし、強かったらしい。たぶん一生で一度、格好良く言えば負け戦だったのだと思う」

−−後世に残したかった?

「負け戦の証であるこれはいろいろな思いがあって捨てきれなかった感じがする。嫌な思い出だろうね。
『畜生、これだけは俺の命をかけた結果だ』と思ったんじゃないか」

−−GHQと交渉していたときの様子は

「私の家内に言わせると白洲は当時、『アメ公だから殺しはしないと思うが、もしかしたら…』と言って
毎日ここから出ていった。ある種、命を懸けて。後々の日本のためには言うべきことは言っておかなければ
しようがないと。そういう意味では侍だったんだろうね」

−−白洲氏として占領軍に憲法の方向性を決められるのは忸怩(じくじ)たる思い?

「忸怩たる思いもあるし、どこかに書いてあると思うが、国際法違反だ。有無を言わさずという感じはあったと思う。
だから『涙す』だったと思う」

−−「涙す」の心情を解説すると…

「戦争には負けたが、奴隷になったわけではない。『なんでここまで押しつけられてやらなければいけないんだ』と
屈辱だったんじゃない?」

−−憲法に対して批判一辺倒でもなかった

「『押しつけられたから腹は立つが、良いところもあるじゃないか。どこが良い、どこが悪いという部分的な
改正ではなくて、今の日本国にふさわしい憲法を自分たちで最初からつくり直すつもりでやったらどうだ』とは
言っていた。酒を飲んで話すたびにそこに話がいく」

−−白洲氏が死去したときの思い出は

「中曽根康弘さん(元首相)が弔問に来た。(次郎の妻)正子に対して『白洲さんが残した書類はありませんか』
と絶叫していた。中曽根さんは憲法を変えたいと思ったんだろうね。資料があれば手がかりにしたいと思ったの
かもしれない。(正子に)『燃しちゃって何もないわよ』といわれて終わりだったけど…」

http://www.sankei.com/premium/news/150518/prm1505180003-n1.html

3 :名無しさん@13周年:2015/05/18(月) 13:24:30.16 ID:SR16zzGFm
白洲って知らん間に、兄貴分の松本重治より著名人になってしまったな。

4 :名無しさん@13周年:2015/05/18(月) 17:21:46.99 ID:9IGcCWs0Z
いつまで生きてんだよ風見鶏ジジイ
議員年金1年で800万も貰ってよ
日本の為にはよ死んでくださいよお

5 :名無しさん@13周年:2015/05/19(火) 03:49:05.46 ID:so3Ew2D0J
>>2
卑しい民族だよな

6 :名無しさん@13周年:2015/05/19(火) 04:02:47.68 ID:MOf6I2IFA
>>2
>>5
 ↑
○国依存症 今は良い病院がありますよ。

総レス数 6
4 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★