2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【政治】菅官房長官、「99年合意は生きていない」説に反論 辺野古移設「地元の意向を聞きながら進めてきた」

1 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2015/04/17(金) 21:34:09.70 ID:???
★菅官房長官、「99年合意は生きていない」説に反論 辺野古移設「地元の意向を聞きながら進めてきた」
2015/4/17 19:40

安倍晋三首相は2015年4月17日、沖縄県の翁長雄志と首相官邸で会談した。14年12月の翁長氏の
知事就任後、安倍首相と会談するのは初めて。会談に同席した菅義偉官房長官は会談後の
記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の辺野古沖(同県名護市)の移設問題について

「双方がそれぞれの考え方を説明し、率直な意見交換を行うことができた」
などと説明したが、「沖縄県側による受け入れ合意は、今でも生きているのか」
といった問題については、沖縄側と歩み寄った様子は見られない。

・2006年にV字滑走路に変更し、改めて閣議決定した

辺野古移設をめぐっては、1996年に日米が合意し、99年に稲嶺恵一知事、岸本建男名護市長が
受け入れた。これを受けて政府は辺野古案を閣議決定している。政府はこの合意を根拠に
移設作業を進めているが、沖縄県側からは「99年合意は生きていない」といった主張が
相次いでいる。この理由はこうだ。99年合意では「15年使用期限」「軍民共用化」と
いった条件がついていた。その後、政府は06年に工法をV字滑走路に変更し、改めて閣議決定。
99年に稲嶺氏や岸本氏がつけた条件のとは全く異なる案で、沖縄側からすれば「06年案には
合意していない」という訳だ。

こういった批判に対して、菅氏は
「まったくおかしくない。(平成)11年(1999年)の閣議決定をもとに18年(2006年)のさらなる
閣議決定をしたということ。これは地元の意向を聞きながら進めてきて、計画を変更した。
当初と(工法が)違ってきた」などと反論。「合意は生きている」という立場を強調した。
報道陣に公開されたのは会談の冒頭部分のみだったが、会談ではこういった論点についても
議論されたとみられる。

http://www.j-cast.com/2015/04/17233373.html

2 :名無しさん@13周年:2015/04/17(金) 21:44:37.93 ID:VHNVkctus
あのカツラの人のせいで今までの苦労が…

3 :名無しさん@13周年:2015/04/18(土) 12:02:03.28 ID:qaWGNaYFR
決まったことは決まったことだよ
それもわからないなら、小学生以下

総レス数 3
3 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★