2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【社会】サンゴ密漁中国人ベテラン∞ドジ船長≠燒@廷ではうつむくばかり

1 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2015/02/06(金) 15:44:40.11 ID:???
★サンゴ密漁中国人ベテラン∞ドジ船長≠燒@廷ではうつむくばかり
2015.2.6 11:53

昨年秋以降、小笠原諸島(東京都)などで問題になった中国漁船によるサンゴ密漁問題。
一時200隻を超えた中国漁船はその後、現場を所管する海上保安庁の第3管区海上保安本部
(横浜市)による摘発強化などでほとんど姿を消したが、依然として不安は残る。

そのような状況の下、外国人漁業規制法違反の罪で起訴された中国人船長らの公判が、
横浜地裁で次々と始まった。法廷では、謎に満ちていた密漁の実態や船長の人物像が明らかとなり、
カネ目当てで傍若無人に振る舞った彼らの姿に怒りを通り越し、あきれかえるばかりだ。

この問題で横浜地検が起訴した中国人は、今年1月までに計5人。最初に公判が始まったのは、
昨年10月に検挙された中国・福建省出身の許益忠被告(39)だった。法廷で検察側が
示した密漁の様子は、“ベテラン”の手際の良さを彷彿(ほうふつ)とさせた。
密漁したサンゴは逃走中に投棄したとされるが、それなりの収穫があったとみられている。

だが、すべての中国人が許被告のように順調だったわけではない。
1月21日に初公判を迎えた謝華文被告(52)は1400万円の借金返済をもくろみ、
初めてサンゴ密漁に臨んだが、途中で漁具を海に落としたり、網が海底に引っかかったりと
結果は散々。時価わずか4千円分しか収穫できずに捕まってしまった。

そんな対照的な2人に共通するのが、法廷内での頼りなさそうな姿だ。
終始うつむき加減で受け答えの声もか細く、海を荒らし回った「密漁者」のイメージからは
ほど遠い男たち。無論、世界遺産に登録された小笠原の自然を荒らし、村民らに不安を
抱かせた彼らの罪は重い。だが、得たいの知れない不気味な存在とも少し違うようだ。
他の被告も含め、今後も法廷での取材を続け、彼らの等身大の姿を伝えていきたい。(横浜総局 小野晋史)

http://www.sankei.com/world/news/150206/wor1502060024-n1.html

2 :名無しさん@13周年:2015/02/06(金) 15:59:49.91 ID:3PcwgmsWC
量刑目一杯つけてやれ
大した量刑じゃないけど…

3 :名無しさん@13周年:2015/02/06(金) 17:12:04.17 ID:MiRh/TPVk
中国政府にそそのかされたんだな。

総レス数 3
3 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★