2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【論説】朝日新聞と集団的自衛権批判者が戦争を引き起こす 「抑止力」無視の無気力平和主義こそ武力行使を招く…森 清勇氏

1 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2014/09/29(月) 13:32:24.97 ID:???
★朝日新聞と集団的自衛権批判者が戦争を引き起こす
「抑止力」無視の無気力平和主義こそ武力行使を招く
2014.09.29(月) 森 清勇

カーナビは、米軍が世界に展開する部隊を指揮するために開発したGPS(全地球位置システム)が民間に開放され、
活用されるようになった結果である。

車いすや杖を持った高齢者の乗り降りを容易にするために、バスはほとんどがノン・ステップになり、
同時に油圧で乗降口を下げるニーリング・システム(ニールは膝まずくこと)を採用している。

これは戦車が移動中も地形の凹凸に関わりなく命中精度を維持するために開発された技術の応用である。

■「想定外」の次は「抑止力」だ
軍事技術ばかりでなく、今日では軍事用語が一般社会、就中スポーツ界に浸透している。
ストライク(一撃を食らわす)やシュート(矢を射る・弾丸を撃つ)などは野球やサッカーに特化され、
本来軍事用語であることなど念頭にもない。

東日本大震災では「想定外」という言葉が多用された。国民には馴染みの薄い用語であったが、
国家の安全に関わっている軍事関係者には日常茶飯事的に使われてきたものである。

「想定外」も今では完全に一般用語となり、市民も「想定外であってはいけませんよね」などと容易に使うようになった。
先日の豪雨による広島の災害は想定外であったが、極力想定内にすることで、こうした災害にも事前の対策がとれるようになる。

先の国会では「集団的自衛権の行使容認」が最大の論点であった。しかし、朝日新聞を筆頭に度外れの
反対キャンペーンが繰り広げられ、野党の一部も悪乗りして論戦はかみ合わなかった。

その要因は「抑止力」の問題でありながら、ほとんど抑止力が議論にならなかったからである。
国家の存続よりも政党の存在を意識することが先にあり、「抑止力」を議論の中心に据えることができなかった。

与党協議の座長を務めた高村正彦自民党副総裁は「そもそもの原点は、日本が戦争に巻きこまれないための
『抑止力強化』だ」と語り、「抑止力って『伝家の宝刀』なんですよ。あの家に宝刀があると思えば、ならず者は寄りつかない。
『あるぞ』と思わせ、実際は抜かずに済ませるところが妙味」(「産経新聞」26.8.18)であると説明する。

北朝鮮に拉致された蓮池薫氏は『拉致と決断』で、協同農地と違って貴重な食糧をもたらしてくれる個人農地を
盗難から防止する農民の涙ぐましい努力について、鉄条網、鳴子式警報、番犬などで守る方法が一般的であるが、
「極めつきは鉄条網の最上部に被覆なしの電線を張り巡らせ、触ったら感電するように作った装置だった。
(中略)停電の多い農村でどれくらいの抑止力になるのか、大いに疑問だった」と書いている。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41781

抑止力とは何も安全保障だけではなく、個々人の生き方にも関係している用語である。
次の臨時国会でも議論になりそうな軍事用語がいくつかある。

軍事抜きの戦後が続いたために、自国が危急存亡の淵に立ちつつある緊迫した国際情勢の中にありながら、
我関せずの人が多過ぎる。せめて、以下の用語は理解してほしい。

■集団的自衛権と集団安全保障
高学歴高所得の購読者が多いこともあってクリティペーパーと称されてきた朝日新聞であるが、
虚偽であった吉田清治証言を引用して従軍慰安婦の強制連行を主張してきたことや、福島第一原子力発電所の
事故に絡む吉田調書の誤報に見るように、日本の名誉を傷つけ失墜した。

スポーツ紙と違わない煽動紙であったわけで、日本の政治をも左右する知識人たちが洗脳されていた現実を見ると、
ぞっとするというのが本音である。

政府は集団的自衛権の行使容認の必要性を3分類して15の事例で示した。グレーゾーン事態(3事例)、
PKO(平和維持活動)や多国籍軍として行動する事態(4事例)(集団安全保障)、そして集団的自衛権の行使事態(8事例)である。

現在進行形で、日本の存続や浮沈にも関わる集団的自衛権に関しても、朝日新聞は戦争準備であるかのような
報道に注力した。挙句、政治記者かデスクか、はたまた編集部か知らないが、集団安全保障の悪例を引っ張り出して
集団的自衛権であるかのごとく報道していたことが検証(『正論』2014年9月号、佐瀬昌盛氏論文参照)されている。 >>2へ続く

2 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2014/09/29(月) 13:32:55.68 ID:???
>>1より 

自助、共助、公助というカテゴリー区分から言えば、自分の国は自分で守るという考えが自助であり
「個別的自衛権」の行使である。敵性国家が我が主権を侵略した場合、自助で対処し頑張れば、
同盟関係にある米国が「集団的自衛権」を発動して共助してくれるだろう。

前後して、国連の安全保障理事会が協議して公助の「集団安全保障」を発動するかどうかを決めることになる。

先の国会における集団的自衛権の行使容認論議の過程で、一部与党や野党は「個別的自衛権の拡大で対応できる」
ということを盛んに言ってきた。

しかし、自助と共助は全く異なるカテゴリーであり、机上でカバーできるかのごとく見せかけても、
現実の修羅場に直面した時に動きが取れなくなるのが関の山であろう。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41781?page=2

同様に、集団的自衛権と集団安全保障は全く異なり、
利害を異にする安保理での協議はすんなりと行かないことを念頭に置く必要がある。

■「武力の行使」と「武器の使用」

また、非常に重要な用語に「武力の行使」と「武器の使用」がある。
一見区別が難しいが、厳とした法律用語で大きな違いがあり、その理解は重要である。

「武力の行使」は自衛隊法88条に基づき、防衛出動を命ぜられた自衛隊がわが国を防衛するために行う行動を指している。
その中には指揮官の命令による武器の使用が常在的に存在する。

他方、「武器の使用」は、自衛官が公共の秩序の維持や人命・財産の保護などに際し、法律で認められている。より具体的に言うと、

(1)治安出動、警護出動、海上における警備行動
(2)武器などの防護
(3)自衛隊の施設の警護
(4)自己の保存 (自然権的権利)

などである。国連の要請に基づくPKOなどが増えるにつけ、日本が異常に制約してきた
(4)項が逐次見直され、国際基準に少しづつ近づいている。

換言すれば、「武力の行使」(武力行使)は自衛隊法に基づく国家の安全に関わる事象に適用され、
自衛隊という集団が行動すること自体を指すが、「武器の使用」は警察官職務執行法に基づく行為で、
個々人に適用されるとみていいだろう。

集団的自衛権の行使容認は「武力の行使」を基本とするものであり、「わが国の存立が脅かされ、国民の生命、
自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」「他に適当な手段がない」「必要最小限」など、
新三要件として見直されたことは記憶に新しい。

「武力の行使」と「武器の使用」は、一般国民に馴染みが薄く混同されやすいが、用語が含む比重の置かれ方は
国家の安全と個人の安全という、別次元にある。

新聞社などの世論調査などで著しい差が時折見られる。これは意図的なひっかけ質問もあろうが、
武器の使用と武力行使や、集団的自衛権と集団安全保障のような類似語の混同も影響しているようである。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41781?page=3

正しい世論を反映するためには、こうした軍事用語の普段からの理解が不可欠である。

■ネガリストとポジリスト
軍隊は国家の最終的な拠り所である。戦争においては相手の意表を突く戦略・戦術・戦闘で勝利を目指す。
そのため想定外のことも多く、ありとあらゆる手段を駆使して対処する以外にない。

そこで、軍隊にはやってはいけない最小限の縛りだけを示し、任務を完遂することが期待されている。
これはネガティブ・リスト方式、略してネガリストと呼ばれ、世界のほとんどの軍隊が採用している。

ところが軍隊でない自衛隊では、やっていいことだけ(これをポジティブ・リスト、略してポジリストという)が示される。

先の東日本大震災では死者が多数出たが、自衛隊のポジリストに死者の取り扱いはない。
現場の指揮官は多数の死者を前にして素通りするわけにもいかず、当初は命令違反となるために
処罰覚悟で対処せざるを得なかったと仄聞した。

同様に、これまで派遣されたPKOにおいても、派遣された指揮官たちはポジリストのゆえに派遣部隊の安全や
日本の名誉に関わる事象であるにもかかわらず、適切に対処ができなかったことをしばしば告白している。 >>3

3 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2014/09/29(月) 13:33:11.41 ID:???
>>2より

ましていわんや何が起こるか分からない戦場において、生存して対処する原点に立つならば、
人道に悖るようなことだけを禁止するネガリストでなければ、有効な対処ができないことを戦史が示している。
日本のポジリストは有効な対処を制約し、任務の完遂を阻害する。

■デユアル・ユース
従来の武器輸出三原則では、信頼性の高い日本の防衛技術などが輸出できず、開発・生産した武器・装備品や
防衛技術の得意先は防衛省だけで、防衛装備品は高価となり、調達数は減少の一途をたどった。

その結果、自衛隊の装備更新は遅々として進まず老朽化し、防衛企業の開発・生産意欲は萎えて防衛産業の存続、
即ち日本の安全保障が危惧されるまでになってきた。

また、日本が次世代戦闘機として導入する「F-35」の製造にかかる国際的な後方支援システムへの国内企業の
参画を図ろうとした際や、南スーダンPKOで活躍中の陸自部隊が保有する弾薬を国連に提供した際も武器輸出
三原則が阻害要因となるために、内閣官房長官談話を新たに発出して同原則等によらない措置を取らなければならなかった。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41781?page=4

このような障害を排除して、新たな国家安全保障戦略(平成25年12月制定)で規定した「国際協調主義に基づく
積極的平和主義」の観点から、防衛装備品の活用などによる平和貢献・国際協力に一層積極的に関与し、
併せて防衛装備品などの共同開発・生産などに参加が求められている状況などから、武器輸出三原則に代る
「防衛装備移転三原則」が閣議決定された。

これまではGPSや戦車の車高昇降装置に見られたような、軍用に開発された技術が民間に開放されて
インターネットやバスなどに利用 (これをスピンオフと言った) されることが多かった。

しかし、今日は進歩の著しい民間技術が逆に軍用に利用 (これをスピンオンという) されることも多くなってきた。
こうして、軍用と民間で共用可能な技術開発が目指されることも多くなり、これをデュアル・ユースと呼ぶ。

安全保障と国益の双方に資する観点から産官学を結集させるように注力されている。

■おわりに
日本人の言霊信仰もあり、戦争に関わる用語は特殊なもの、自分には関係ないものとしたいのが山々の様である。
しかし、不確定性を増している近未来を生き抜くためには、国民にも軍事問題に関心を持ち、かつ参画してもらう必要がある。

とは言っても、難しいことではなく、自分で自分を守るのが個別的自衛権であり、
家族あるいは親しい友人と力を合わせるのが集団的自衛権と言えよう。

同時に、個人はより大きな地域社会に所属している。最終的には、その地域社会が守ってくれるのが
集団安全保障とでも言えばいいかもしれない。

自衛権論議は国や国際社会という大きな器よりも、家庭や地域社会という身近なところで考える方が
さらに理解しやすいのではないだろうか。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41781?page=5

4 :名無しさん@13周年:2014/09/29(月) 14:15:01.43 ID:ede8MMWxP
インドは中国に敵対行動を取ったから国境侵略を受けたのかどうか
中国がチベット他へ進行を行い、更に中国に警戒を持ってなかった段階で侵攻したのではなかったか

5 :名無しさん@13周年:2014/09/29(月) 19:25:30.03 ID:cgbclCsO0
ベトナムも中国の侵略に耐えに耐えた末に、
今は一歩も引かぬ覚悟を決めている
フィリピン然り

6 :名無しさん@13周年:2014/09/29(月) 19:30:39.64 ID:9ODzPYZT/
抑止力という平和ボケ

7 :名無しさん@13周年:2014/09/29(月) 19:38:34.04 ID:+PBToYSI1
今の日本国憲法があって日本が法治国家である以上徴兵なんで出来ないぞ!
ちなみに徴兵に関することを解釈変更で対応なんてことも他の憲法に抵触して出来ないから
徴兵になるとか徴兵できるとか言ってるのは
アカヒ系列と創価と日教組と日弁連の人権屋弁護士共の情報操作だからな

8 :森 清勇 ww:2014/09/29(月) 19:42:00.85 ID:H9Ivhypc3
>>1 >>6
イラク帰還の陸上自衛隊員の自殺率は日本平均の18倍という集団的自衛権利権の闇。
http://esashib.com/poor01.htm
http://ameblo.jp/kokkoippan/entry-11832215311.html
2012-2月24日の閣議決定答弁書で、「西部航空方面隊司令官」「呉地方総監」「陸上幕僚長」「航空集団司令官」「第一師団長」などそうそうたる自衛隊幹部が三菱(軍事・原子力)財閥の「顧問」として天下りしていることが分かった。
ひとりアタマ数百億円の国民の血税を軍事財閥に持参して天下る、信じられない腐敗である。
国民や貧乏若者をコケにした他では有り得ない腐敗の極みの税金泥棒構造なのだ。
改憲とか集団的自衛権とか尖閣竹島問題とはつまり、国民に対する税金泥棒犯罪のことだ、
「中朝の脅威」とか「米艦の護衛」だとかはフザけた寝言に過ぎない。
極右ゴロツキの安倍晋三一派は、極右日本会議の面子を見れば一目瞭然、言うまでもなく
戦前から靖国にとぐろを巻く小汚い軍事財閥の使い走り軍事利権屋集団である。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-19/2012031915_01_1.html

中国は勿論、ロシアも北朝鮮も日本にとって軍事的脅威はゼロ以下だ。
何一つ脅威などない。
国民同士はまったく敵ではない、恐れる要素もゼロである。
http://esashib.com/syudantekizieiken01.htm
日中朝の国民の共通の敵は、自国に巣食う軍事財界と、
軍事財界に飼育された軍部という甘ったれた平和ボケの腐敗集団である。
軍事危機を捏造し、国家間憎悪を煽り、国民の税金を盗み出す泥棒どもだ。
泥棒どもを排除すれば、
中国・ロシアと朝鮮・日本の国民は共に豊かで明るい未来を手に入れることが出来る。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-19/2012031915_01_1.html
http://news.livedoor.com/article/detail/9149814/
イージス艦というインチキ艦船は1隻1500億円年間維持費40億円である。
腐り切った日米財界と自衛隊は、こんなものを日本国民の税金で6隻も売付け買い込まされて、世界の笑い者になっている。
一方、
今回の生活保護費8%引き下げによる弱者の切り捨てでむしり取られる額はたった1000億円である。
生活保護者を苦しめ自殺者を生む支給費切り下げはイージス艦というインチキ艦船1隻にも満たないのだ。
これが日本国民を苦しめ続ける腐り切った日米軍事財界と自衛隊の詐欺構造である。
戦前から続いている詐欺構造である。

9 :名無しさん@13周年:2014/09/29(月) 19:55:36.33 ID:wZ6Pa7uvQ
 バカサヨの狙いは、日本が中国と戦争できないように、
日本人の意思と武力を削ぐことだ。
中国が無血で日本が降伏するように仕向けることが目的だ。
だから、戦争にならないと思っている。
脳天気な9条を信じている。
 自分達の家族は助かると勝手に思い込んでいる。
んなわけないだろう。
日本人が抵抗しないとわかったら、一気に攻め込んでくる。
少数民族がやられたように殲滅される。 当然、
朝鮮人が虐殺の先頭に立つだろう。

10 :名無しさん@13周年:2014/09/29(月) 20:00:04.36 ID:9ODzPYZT/
右翼はなんで日本から遠く離れた外国に自衛隊を派遣すると
中国の脅威をなんとかできると考えるのですか?

11 :名無しさん@13周年:2014/09/29(月) 20:17:03.01 ID:H9Ivhypc3
>>10
一部の人間と軍事財閥が税金を盗んで大儲けするための天下りのためだ。
中国や北朝鮮なんか何の関係もない。

2012-2月24日の閣議決定答弁書で、「西部航空方面隊司令官」「呉地方総監」「陸上幕僚長」「航空集団司令官」「第一師団長」などそうそうたる自衛隊幹部が三菱(軍事・原子力)財閥の「顧問」として天下りしていることが分かった。
ひとりアタマ数百億円の国民の血税を軍事財閥に持参して天下る、信じられない腐敗である。
国民や貧乏若者をコケにした他では有り得ない腐敗の極みの税金泥棒構造なのだ。
改憲とか集団的自衛権とか尖閣竹島問題とはつまり、国民に対する税金泥棒犯罪のことだ、
「中朝の脅威」とか「米艦の護衛」だとかはフザけた寝言に過ぎない。

12 :名無しさん@13周年:2014/09/29(月) 20:37:43.60 ID:wZ6Pa7uvQ
>>10
日本への原油ルートを守るときに、他国にも助けてもらうためだ。
>>11
のように、バカサヨが「国防を金の問題」にすり替える手法はもう古い。
国が滅びたら、予算もクソもない。 国防は全てに優先する。
中共が過去60年間毎年のように他国侵略、戦争をやってきた事実を
知らないか、その方向だけ見たくないかどちらかだ。

13 :名無しさん@13周年:2014/09/29(月) 21:53:32.87 ID:H9Ivhypc3
>>12 アホンダラ、中国も北朝鮮も自分のケツにとまった蚊さえ追い払えない、
戦争などする金も暇も気力もない。

中朝の脅威をわめくのは、靖国にとぐろを巻く税金泥棒どもだ。
 ↓
http://esashib.com/poor01.htm
http://ameblo.jp/kokkoippan/entry-11832215311.html
2012-2月24日の閣議決定答弁書で、「西部航空方面隊司令官」「呉地方総監」「陸上幕僚長」「航空集団司令官」「第一師団長」などそうそうたる自衛隊幹部が三菱(軍事・原子力)財閥の「顧問」として天下りしていることが分かった。
ひとりアタマ数百億円の国民の血税を軍事財閥に持参して天下る、信じられない腐敗である。
国民や貧乏若者をコケにした他では有り得ない腐敗の極みの税金泥棒構造なのだ。
改憲とか集団的自衛権とか尖閣竹島問題とはつまり、国民に対する税金泥棒犯罪のことだ、
「中朝の脅威」とか「米艦の護衛」だとかはフザけた寝言に過ぎない。
極右ゴロツキの安倍晋三一派は、極右日本会議の面子を見れば一目瞭然、言うまでもなく
戦前から靖国にとぐろを巻く小汚い軍事財閥の使い走り軍事利権屋集団である。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-19/2012031915_01_1.html

中国は勿論、ロシアも北朝鮮も日本にとって軍事的脅威はゼロ以下だ。

14 :名無しさん@13周年:2014/09/29(月) 22:14:39.36 ID:ede8MMWxP
空母を買い、南沙には基地化を進める島もあり、インドの国境線では更に侵攻を進め
それでも驚異が無いと宣う赤旗狂い

15 :名無しさん@13周年:2014/09/29(月) 22:29:07.69 ID:H9Ivhypc3
>>14
歴史も経済も、日米欧資本の凶暴な正体もその歴史も何も知らない只のガキなのか?
中国分割、中国植民地化は日米欧にとって戦前からの止む事のない野望なのだ、
日米欧はその分捕り合戦で大戦まで起こしたんだ。
中国人は2千万がぶち殺されて惨めな植民地にされていた、
フィリピンや日本や朝鮮のようにアメ公の奴隷国家にいつされるか分からない。

アメリカは戦後、アジア人だけでもどれだけの人間を虐殺したか知ってるのか?
http://esashib.com/kenpo05.htm
ベトナムと朝鮮だけで、650万以上のアジア人を虐殺しているんだぞ。
先の大戦でアメリカは日本人もむごい手段で300万人を焼き殺している。
ついこの前だ。
御人好し国家の中国や朝鮮が「こんな発狂国家アメリカには何をされるか分からない、何でもして対抗しなければ」と思うのは当たり前だよ。
http://www.jca.apc.org/~yyoffice/Son%20My/Part2.htm
http://blog.goo.ne.jp/fugimi63119/e/29ccca663b23645d9044876e57310274
今の中国や朝鮮にしてみれば日本は、ついこの前、家族を殺し回った犯人であり血の付いた刃物を振り回して今も家の庭をうろついているようなものだろう?

かって凶暴な日本とアメリカに植民地奴隷にされたお人好しの中国・朝鮮が必死に国を挙げて対応するのは当たり前じゃないか。

日本に至ってはアメリカに原爆まで落とされて300万人を虐殺されているのに、自分はアジアで1千万以上を虐殺している、
その挙句ボロボロになり放心状態で無条件降伏したのに、いま自衛隊の軍事費は実質毎月5000億円である。
そうして靖国軍事利権屋の税金泥棒である安倍一派が軍事財閥によって政権にでっちあげられると途端に竹島や尖閣が日本の領土などとトンデモないことを喚き出して、自分に原爆まで投げつけた殺人国家アメリカとツルんで国中をアメリカ軍基地に占拠させてる。
何なんだニホンは?
誰が見てもキチ害国家にしか見えないだろう?
中国や朝鮮にしてみれば、最早経済が軍需経済でしか廻らなくなっている日米はアタマに覚せい剤を流し込みながら包丁を振り回す発狂国家に見えるんじゃなかろうか?
http://esashib.com/poor01.htm
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-19/2012031915_01_1.html

16 :名無しさん@13周年:2014/09/29(月) 23:54:04.82 ID:ede8MMWxP
全てこの「数年」の話なのに、その記憶が欠落し
遠い昔に終着するのが赤旗狂いの時系列らしい

17 :名無しさん@13周年:2014/09/29(月) 23:55:18.09 ID:ede8MMWxP
あ、そういえば過去完了という概念に乏しいとされる民族が近くにいた気がする

18 :名無しさん@13周年:2014/09/30(火) 01:23:35.70 ID:A7iNQFGpR
国家であるかぎり軍備は必要だが、
他国の戦争に参加する集団的自衛権容認は「危ないだけ」だ。
「抑止力」とは何の関係もない。

19 :名無しさん@13周年:2014/09/30(火) 01:37:33.45 ID:rNcqAxec/
集団で守る事に意味がないならそもそも同盟も必要なかったりする訳で

20 :名無しさん@13周年:2014/09/30(火) 01:46:46.06 ID:8rTD1AQOU
ここにいる工作員を公安に通報した。
有事の際には全員逮捕なw

21 :名無しさん@13周年:2014/09/30(火) 07:05:43.63 ID:C0WYFND7h
「朝日慰安婦問題」「朝日性奴隷問題」
貶日(へんにち)、媚中、媚韓の立場で記事を書いて報道する朝日新聞

朝日新聞の捏造報道が原因で、

「慰安婦と言ったら日本。日本といえば慰安婦。
世界中が日本だけが性的に特殊で変態である。
日本だけが慰安婦に対して人権を侵害している」

という誤ったイメージが国内外でついたままとなってしまいます。

その誤ったイメージを払拭するためには、
「朝日慰安婦問題」「朝日性奴隷問題」
という言葉を広めることも一つの方法です。

「朝日といえば慰安婦。慰安婦と言えば朝日。」
という言葉を広めるということです。

「慰安婦? あの朝日新聞が捏造した慰安婦ですね。
朝日新聞は中韓の手下として、中韓の利益を第一目的として、
貶日(へんにち)、媚中、媚韓の報道をし続けてきた。
日本国内外、朝日新聞もそれ以外の新聞・報道機関
に関しても、媚中媚韓かどうかを
充分気をつける必要が有る。」

と、全世界の人々が理解するようになるまで、
朝日慰安婦問題という言葉を広めるということです。

中韓は、あの手この手で「盗み、たかり、乗っ取り」を
試みています。日本国内に限った話ではありません。
(例、アメリカでの中国人によるマタニティーホテル問題)

そして、この朝日慰安婦問題では、韓国が日本に謝罪と賠償を
要求して日本にたかり続けています。

「朝日慰安婦問題」という言葉を広めることにより、
以下の効果を期待できます。

1.朝日新聞が、この捏造問題をうやむやにしてごまかしたままで
やり得、逃げ得をすることを防ぐ。
2.朝日新聞が、新たな捏造を行うことを防ぐ。牽制(けんせい)する。
(アクティブセーフティ。事故発生防止)
3.朝日新聞が、万が一新たな捏造を行なった場合でも、国内外の人が
「朝日新聞といえば、32年もの間、捏造をしてきて
さらにごまかし続けている新聞だ。朝日新聞の記事を
そのまま信用するのは危険だ。」
と考えるようになります。
(パッシブセーフティ。事故発生時の被害軽減)

総レス数 21
22 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★