2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【朝日誤報】朝日新聞のねらいは「慰安婦」ではなく「国家賠償」 高木健一、福島みずほなどの目的は「1兆円訴訟」の手数料…池田信夫氏

1 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2014/09/09(火) 15:46:22.83 ID:???
★朝日新聞のねらいは「慰安婦」ではなく「国家賠償」だった --- 池田 信夫
アゴラ 9月9日(火)9時30分配信

朝日新聞の誤報事件を解明する上で重要なのは、なぜ彼らがこんなマイナーな数十人の(真偽も疑わしい)
紛争に30年以上もこだわってきたのかという疑問だ。この口火を切ったのが、清田治史記者の書いた1982年9月
https://www.facebook.com/ikedanob/posts/10151962155372706 )の記事だ。

“朝鮮人男性の抵抗に備えるため、完全武装の日本兵十人が同行した。集落を見つけると、まず兵士が包囲する。
続いて吉田さんの部下九人が一斉に突入する。若い女性の手をねじあげ路地にひきずり出す。
こうして女性たちはつぎつぎにホロのついたトラックに押し込められた。連行の途中、
兵士たちがホロの中に飛び込んで集団暴行した。”

ところが清田記者の1983年の記事( https://www.facebook.com/ikedanob/posts/10151962161317706 )では、
慰安婦は消えている。彼の重点は、国家賠償にあった。当時は(男性の)強制連行が話題になり、
韓国政府が日本政府に個人補償を要求していた。戦時中に日本に渡ってきた朝鮮人は100万人以上いたので、
それにすべて個人補償すると巨額の費用が必要になる。

国際法的には、賠償の問題は日韓基本条約で解決ずみだが、韓国政府は強制連行に「超法規的」な国家賠償を
要求していた。その中では数十人の慰安婦はマイナーな問題だが、セックスがからむので男性の炭鉱労働より
興味を引く。朝日はそれを利用して、韓国の「強制連行に個人補償しろ」という主張を応援したのだろう。

高木健一・福島みずほなどの弁護士の目的も、個人補償の「1兆円訴訟」だった。法的には勝てる見込みはないが、
弁護士手数料さえ取れればいいので、話をなるべく大きくして原告を増やすことが彼らの戦術だった。
そのもくろみ通り、日本政府は1993年に河野談話を出し、アジア女性基金という「示談金」を出したが、
これがかえって問題を長期化した。

このころまでに、産経などの報道で吉田証言が嘘だということがはっきりし、
朝日は河野談話の記事では「強制連行」ではなく「強制」という言葉を使った。
検証記事( http://digital.asahi.com/articles/ASG7L71S2G7LUTIL05N.html )では、
「東京社会部の記者(53)は産経新聞の記事の掲載直後、デスクの指示で吉田氏に会い、
裏付けのための関係者の紹介やデータ提供を要請したが拒まれた」と書いている(この記者は市川速水報道局長だと思われる)。

強制連行がないことがわかっても、朝日だけは「強制性」を根拠に国家賠償を求め続けた。
彼らの目的は、政府から個人補償を取ろうとする梁順任( http://agora-web.jp/archives/1611635.html
などのたかり行為を応援することにあったからだ。もともと法的根拠はないのだから、強制連行だろうと強制だろうと、
政府に責任があればいい。

ところが、たかりの方便だった慰安婦問題だけがクローズアップされて韓国で「炎上」し、
本丸だった(男性の)強制連行が吹っ飛んでしまった。数十人の慰安婦だけ金を取ってもしょうがないので、
韓国側はアジア女性基金を拒否し、あくまでも国家賠償を求めた。この点で、日本政府が国家賠償を拒否
したのは正解だった。朝日も清田氏が退職してからからは、国家賠償の主張を取り下げた。

もともと国家賠償は国際法上も無理であり、日本は「示談」に応じたのだから、話は1993年で終わっている。
それなのに国家賠償にこだわって撤退しなかったことが、朝日の最大の失敗だった。これは第一報を出した
外報部の有力者、清田記者の利害がからんでいるものと思われる。
週刊文春( http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4339 )の取材にも彼は答えないようだから、
清田氏(もう朝日の社員ではない)を国会に喚問することが事態の解明に不可欠だ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140909-00010003-agora-soci

2 :名無しさん@13周年:2014/09/09(火) 16:03:08.54 ID:4mwOu9iy+
金だけでは、嘘と捏造でここまで日本と日本人に汚名を着せはしない
日本が憎くて憎くてしかたがないとしか思えない
国籍はどうあれ日本人ではないんだろうな

3 :名無しさん@13周年:2014/09/09(火) 16:29:51.12 ID:c785yXp32
最後は金目でしょ

4 :名無しさん@13周年:2014/09/09(火) 16:34:45.74 ID:3rPsjENWz
福島瑞穂、こんなインチキやっているのが弁護士かよ。
弁護士はありもしない慰安婦強制をでっち上げるような犯罪に加担していいのかよ。
裁判でひと儲けしようとするのはよく弁護士がやる手だ。
日本人を侮辱、おとしいれ、日本から金ふんだくるって感覚は、日本人にはできないわな。
どこの国の弁護士なんだ。
はらわたが煮えくり返るな、ほんとに。

5 :名無しさん@13周年:2014/09/09(火) 16:45:41.93 ID:4z4PNM7BF
いつか福島瑞穂が地獄行き

6 :名無しさん@13周年:2014/09/09(火) 16:49:59.81 ID:4mwOu9iy+
>>4
国会議員だよ
降りたが党首だよ
恐ろしい

7 :名無しさん@13周年:2014/09/09(火) 17:22:27.34 ID:nZT5a9H29
福島さんはすぐに池田を名誉棄損で訴えるべきw

8 :名無しさん@13周年:2014/09/09(火) 17:52:49.34 ID:zagPLlZQd
福島瑞穂と朝日新聞関係者の植村とか全員証人喚問しろ。

9 :まっとうな日本人:2014/09/10(水) 04:27:33.73 ID:dcfisxQRn
朝日新聞は、太平洋戦争を主導しました。
さらに戦後は国際問題を捏造し、国家間のさらなる緊張を誘発し、新たな戦争を画策しています。

朝日新聞の不買運動に参加してください
朝日新聞に広告出稿している企業の不買運動に参加してください

(主犯)
福島瑞穂(趙春花)、植村隆(北星学園大学)、木村伊量(朝日新聞社長)
、市川速水(朝日新聞記者)、戸塚悦朗(元弁護士) ← ★売国奴

(反日企業ランキング)
ライオン ↑★堂々の反日企業 
ANA 
カゴメ ↑★ランクUP BEST3入りおめでとう
富士通 ↑★ランクUP
ベルリッツ↑★ランクUP
JCB
楽天
JAL
アウディ
アキュビュー
スターフライヤー ↑★ランクUP
全農
ベネッセ ↑★ランクUP ... 個人情報漏洩事件を起こしても反省なし
アマノフーズ
docomo
Apple
OCN
東急ビズフォート
ルフトハンザ
ベルメゾン
BMW ↑★ランクUP
ジェットスター
ユニクロ
TOYOTA
三菱マテリアル
田中貴金属工業
サムスン ↑★ついに同胞の援軍来る
ブルガリ ↑★初登場
VAIO ↑★初登場
------------------

※出稿実績により、ランクは変動します
※出稿を一定期間取りやめた企業は、リストから削除します

10 :ニダさんのシバキ隊:2014/09/10(水) 10:02:23.84 ID:TX2qpZumz
>>1


朝日新聞を不審に思ったら・・・・・・・・・・・・・・・・・・?

どうする・・・・・・・・・・・・・・・?

私ならこうする・・・・・・http://www.asahi-tadasukai.jp








11 :名無しさん@13周年:2014/09/11(木) 21:03:56.28 ID:t+bIYkcSU
岐阜県美濃市富野の木材加工会社「ウッドテック」で昨年3月、社員3人が集じん機内で酸欠のため
死亡した労災事故で、関労働基準監督署は20日、アーバンフォレスト社長、田中康司(62)と最高顧問(67)の男2人と、
法人としての同社を労働安全衛生法違反容疑で岐阜地検に書類送検した。労基署によると容疑について、
社長は「酸欠状態になることを知らなかった」と一部を否認、最高顧問は認めているという。
送検容疑は、火災時は消火設備の作動で集じん機内が酸欠状態になることを知りながら、立ち入りを禁止せず、
危険性を知らせる看板の設置なども怠ったとしている。事故は昨年3月12日発生。工場と集じん機をつなぐ
ダクトから正午過ぎに出火、死亡した3人は鎮火確認のため同機内に入った。集じん機は、炭酸ガスを
充満させて消火する設備を備えていたという。事故を巡っては、岐阜県警も業務上過失致死容疑で捜査している。

12 :名無しさん@13周年:2014/09/11(木) 21:15:21.41 ID:DHhubUov4
福島みずほは金儲けが上手、
10億ぐらい貯め込んだかな?

総レス数 12
8 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★