2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【社会】カワサキのバイクが若者にバカ売れ Ninja250の魅力とは何なのか?★2

1 :シャチ ★@\(^o^)/:2014/08/27(水) 00:09:46.10 ID:???0.net
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140826-00034527-playboyz-soci
★1の時間 2014/08/26(火) 20:15:49.89
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1409051749/
カワサキが発売した50万円以上もするスポーツバイクがバカ売れ中だ。しかも、“若者のバイク離れ”がいわれて久しいなか、
購入者には20、30代の若者や初心者が中心だという。いったい、既存のバイクと何が違うのか?

2013年に大きな躍進を遂げたカワサキ。すべてのカテゴリーを合わせた国内のバイク販売シェアでは長年、
ホンダ、ヤマハ、スズキの後塵を拝する「万年4位」の座に甘んじていたが、
同年の軽二輪車販売数では、なんと前年比205.4%増。同カテゴリーに限っては、ホンダに次ぐ国内シェア2位に躍り出たのである。

この快挙の主役となったのが、昨年リリースされたNinja250だ。2月からの発売開始にもかかわらず、
12月末までに5923台を売り上げ、2013年に日本国内で発売された各社の全バイク(原付二輪を除く)の中のベストセラー・モデルとなった。

1980年代に大流行したレーサーレプリカ(レースで活躍する車両を外見・メカニズムの両面でイメージさせる高性能市販バイク。
1980年代に日本の各社がこぞって発売した)を髣髴(ほうふつ)とさせる、やる気満々のフルカウルスタイル。
ぱっと見、とても万人受けするモデルとは思えないが、なぜ日本のライダーの心をわしづかみにしたのか?

400cc以下のカテゴリーのみを扱う異色のバイク雑誌『Under400』の谷田貝洋暁編集長が理由を解き明かしてくれた。

「いや、むしろデザインこそが、Ninja250最大の魅力なのです。世代的にレーサーレプリカを知らない今の若い層は、
フルカウルのスタイリングに新鮮なカッコよさを感じているんですよ。ウチの編集部にも、
『あの見た目にホレて購入しました』という声が多く寄せられています」

しかも同車は、かつてのレーサーレプリカのような行きすぎたハイスペックとは無縁だった。

「ライディングポジションは自然だし、馬力だってほどほどなので、初心者でも無理なく操れる。それでいて街乗りからツーリング、
果てはサーキット走行までこなせる懐の深さを持ち合わせています」(谷田貝氏)そんな現代の名車が開発された
経緯とはいかなるものか。カワサキのモーターサイクル&エンジンカンパニー・営業一課の山田康弘氏に、
Ninja250の大ブレイクへと至る土台を築いた先代モデル、Ninja250R(以下、250R)誕生のいきさつから語ってもらった。
(以下略 全文はリンク先で)
画像 Ninja250
http://img.response.jp/imgs/thumb_h/730393.jpg

総レス数 1001
229 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★