2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【歴史】「卑弥呼の鏡」再現…成分まで分析し忠実に [6/9]

1 :かじりむし ★@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:38:43.64 ID:???0.net
「卑弥呼の鏡」再現…成分まで分析し忠実に
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20140606-OYT1T50240.html
読売新聞 2014年06月09日 17時22分


 「卑弥呼の鏡」ともいわれる三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)
が埼玉県内で唯一出土している同県東松山市が、復元鏡を作製した。実物か
ら採取した試料の成分を分析し、忠実に再現した。

 11日まで市埋蔵文化財センターで公開しており、市の担当者は「1700
年以上前の人々が見た輝きを、ぜひ感じてほしい」と話す。

 同市の三角縁神獣鏡は2011年、高坂古墳群から出土し、古墳時代初めの
250〜260年頃に鋳造されたものと判明した。陳氏が作ったと刻まれ、4
体の神像と2匹の獣像が描かれているため、「三角縁陳氏作四神二獣鏡」と名
付けられた。文様のある側が裏で、表側は鏡としての役割を果たす。大和王権
と関わりのある人物がこの地域にいたことを示す貴重な史料としても注目され
る。

 復元鏡は通常、鏡の表面の成分を分析して作られるが、同市は12年5月、
国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)の協力で三角縁神獣鏡の内部から0・0
5グラムの試料を採取し、より精度が高い成分分析を行った。その結果、青銅
を構成する金属の比率が、銅74%、スズ21%、鉛5%と判明した。

 実物の型を取って作った樹脂製のレプリカから鋳型を作り、成分比と同じ比
率の金属を流し込んで復元鏡を作った。出土した実物のように緑青(ろくしょ
う)に覆われた緑色ではなく、銀色に近い。問い合わせは同センター(電話番
号はソースにて)へ。


http://www.yomiuri.co.jp/photo/20140606/20140606-OYT1I50042-L.jpg
写真:高坂古墳群から出土した三角縁神獣鏡(左)と、銀色の輝きを放つ復元鏡

2 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:41:26.99 ID:YXWeAKI20.net
鹿男が一言 ↓

3 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:42:22.48 ID:brGLEzyD0.net
ヒヒーン

4 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:43:05.33 ID:b7nOYRSg0.net
鹿せんべい、そんなにうまいか

5 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:44:37.54 ID:jAQxYBiH0.net
あをによし

6 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:44:45.13 ID:H91G3moB0.net
まだ言ってるよヲイwwwwwwwwwwwwwwww

小保方擁護並みだなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


 

7 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:44:56.11 ID:FjtuIGEO0.net
さすがに埼玉には邪馬台国はなかったろう

8 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:45:50.98 ID:HJf00aHc0.net
そもそも三角縁は卑弥呼の鏡なのか?

9 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:46:54.65 ID:eeTGpHDi0.net
銅鐸は黄金色で銅鏡は白金色か古代人の色彩感覚あなどれず。

10 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:47:11.11 ID:P08mMfV+0.net
埼玉に邪馬台国があったなんてどこにも書いてないでしょう
こんなきれいだったんだな

11 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:48:36.01 ID:KClG/l/g0.net
大昔にこんな精巧なモノどうやって作ったんだよ?魔法か?

12 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:52:02.75 ID:skKAa/m20.net
あー、ちんぽ丸出しでドングリ食ってる原始人にこれ見せたら神様だと思われるのも納得だわ

13 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:53:24.10 ID:avG4z5eg0.net
ガチャガチャでなかなか出てこないやつな

14 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:53:51.01 ID:ETzATGdt0.net
10円玉みたいな色じゃなくて、ホントにもっと銀だな

15 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:54:20.53 ID:dpnHZd040.net
反射する側のほうも見てみたいな

16 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:54:43.20 ID:A7WDFIBu0.net
鏡って言うけど
これで顔とか見てたの?

17 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:56:29.09 ID:gvddxD8C0.net
隠密剣士も使ってたな。

18 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:57:27.85 ID:Zi9m1XRi0.net
歴史改変タイムか

19 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:57:33.55 ID:5x/u5RkG0.net
裏面の厚みが違うことで表面に僅かな歪みが出来て
光を反射させるとどーたらこーたら。

20 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:58:00.63 ID:P08mMfV+0.net
>>16
>>1>>文様のある側が裏で、表側は鏡としての役割を果たす

21 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:58:04.82 ID:L6XeotV50.net
鏡面はどうなってるんだろうか
ぴっかぴかなんだろうけど

22 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:58:13.94 ID:wHcphffa0.net
( ̄(工) ̄)C■~~~

23 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 00:59:28.77 ID:5sknzyga0.net
スイス銀行オールゼロに裏金突っ込んだのか

24 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:00:04.08 ID:eqFov0JG0.net
魔境現象も再現?

25 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:00:12.95 ID:mKICR9NC0.net
岸田今日子は卑弥呼の生まれ変わりだよ。

これ豆な。

26 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:00:53.23 ID:sUr5/W0zO.net
いやだから光る方を見せろよ
意味ねーだろ

27 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:02:29.29 ID:nw43ncT50.net
ぶっちゃけ古代の鏡とか曇りガラス並みにしか映らなかったろ
水面の方が大分マシだったんじゃね

28 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:05:19.99 ID:uNZfnbMq0.net
>>25
岸田今日子の母親の実家は竹島に渡海していた米子の村岡家。

これ豆な

29 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:05:36.46 ID:E0h7WN+L0.net
だっからー
歴オタとかじゃない俺らパンピーは
裏の模様とかじゃなくて、卑弥呼タンが眺めていた鏡面のほうを見てみたいんだてことに
いい加減気づけトンマが

30 :名無しさん@13周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:06:21.68 ID:jqNAXF080.net
NHKの{歴史秘話ヒストリア}でもあったが福岡県糸島市の平原古墳が卑弥呼か
その母親の墓に最も似合っているらしい。墓から出土した直径46.5cmの八咫の
鏡は日本最大の鏡で、伊勢神宮にもあるらしい。
詳細は{平原(ひらばる)古墳」でググってくれ。

31 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:08:55.27 ID:1JA+93+N0.net
結構、チャラチャラしたものだな。

32 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:09:38.15 ID:BPqkUODI0.net
さwぃwwたwwまwww

33 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:10:52.63 ID:PYaIQS6Q0.net
埼玉で出土w

34 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:11:27.23 ID:E0h7WN+L0.net
>>30
糸島は、在野と学府の研究者が50年以上も
旧石器研究会ばりのモメモメを続けているので
もうおなか一杯です。

35 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:11:54.57 ID:HGqDpfZV0.net
>>25
天草四郎→美輪明宏より壮大だな

36 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:12:35.07 ID:5w70edaS0.net
魔鏡仕様にしたんだろうな?

37 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:12:57.15 ID:Mi1EmYfx0.net
これはちょっと欲しい8(o・v・o)8

38 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:25:15.65 ID:Zi9m1XRi0.net
鏡を見ると自分の中にキリストが投影されるんだっけ

39 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:25:24.09 ID:/NSKnt+W0.net
>>16
顔も見るかもしれないけど

儀式とかに使ったんだよ
これで太陽の光を反射させる
とても神秘的だろ?

40 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:25:37.28 ID:ne/oScOe0.net
>>25
>>28

    , - 、  
  ヽ/ 'A`)ノ イオナ。私は美しい
   {  /  
   ヽj  

41 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:26:57.20 ID:ON+MWUYz0.net
>>9
違う!誓って違う! 全部日本製だよ

42 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:26:58.20 ID:04XlSIs70.net
既に近畿の大和王権の勢力が関東のド田舎にまで及んでた ってことかな?

43 :ありのままに@札幌太陽太陰暦 ◆tj7xjfW1kk @\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:28:37.40 ID:j9s+f2G/O.net
邪馬台国の卑弥呼は、天照大神大御神と違います。べつの時代に別の地方で住まわれた実在の女性(帝王・女帝)です。
天照大神大御神は、おそらく紀元前3世紀ごろに朝鮮半島南部から北九州、山陰、山陽、四国、京都に到来したツングース系の女性の女帝でしょう。
その末裔が、出雲の国を作る。

44 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:32:16.97 ID:RvhdHQfL0.net
中国の一つの古文書にしか出てこないディスられネームの女王を何故そこまで信じるのかねぇ?

45 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:33:23.35 ID:E0h7WN+L0.net
>>39
いやいやそれはないだろう
反射で光るだけなら、ハゲが神になっていた筈だ。

卑弥呼だって角栓は気になっていた筈

46 :ありのままに@札幌太陽太陰暦 ◆tj7xjfW1kk @\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:34:54.69 ID:j9s+f2G/O.net
古事記、日本書紀の基準から日蝕の記述があります。
それを見れば、古文書や天文学的な年代は解読出来ます。

47 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:47:31.73 ID:mKICR9NC0.net
>>28
岸田今日子の旦那は、何度も中村主水に殺されている。

これ豆な。

48 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 01:53:09.35 ID:RvhdHQfL0.net
>>43
天照大御神は高天原の存在で、葦原の中つ国には降りてきてないっつーの、
何言っちゃってんだか、とんだ知ったかやろーだぜw

49 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 02:05:44.97 ID:pvgm2nN/0.net
再生品はあくまで再生品だよな

50 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 02:07:06.18 ID:09NmZ2Qu0.net
卑弥呼が鏡を使ったのは占い道具としてで占う対象を映す道具
宗教的に使い始めたのは他の文化

51 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 02:07:43.73 ID:vnkOuJs90.net
NHKは大河で卑弥呼やればいい。天海祐希あたりで

52 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 02:15:13.88 ID:E0h7WN+L0.net
>>48
そいつ、創価学会の電波だから触っちゃ駄目

53 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 02:19:12.35 ID:LXx7RHUz0.net
大仏とかも、最初は黄金色に輝いてたらしいからな
青銅ってのは10円玉と同じ成分だから、イメージして貰えれば分かるが
ちなみに自由の女神も青銅なので最初は金ぴかに光っていたと思われる

54 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 02:23:35.80 ID:XRxdJ62v0.net
シェンショウジン……愛が重い

55 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 02:24:34.10 ID:xuYrb7RY0.net
>>28
村川だよ。

56 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 03:10:40.09 ID:AgUb1Hw60.net
量産して販売してくれよ玄関に飾りたい

57 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 03:13:41.81 ID:/NSKnt+W0.net
何で、金ピカに光っていたのが
発見されたら青い?くすんだ色になるんだ?
この鏡も銅鐸とかも同じ色してるよね
長い年月が経つと色素が落ちるの?

58 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 03:16:04.72 ID:Ow419HTB0.net
>>45


           |
            |  彡⌒ミ
           \ (´・ω・`)また禿の話してる
             (|   |)::::
              (γ /:::::::
               し \:::
                  \

59 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 03:18:40.17 ID:b8nrDjuIO.net
>>52
どうりでいつもアレだと思った

60 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 03:34:50.32 ID:Ka/TNUL/0.net
>>7
じゃ・・邪馬台国?

61 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 03:37:40.97 ID:bgANFqtV0.net
>>57
緑青でググれ

62 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 03:39:59.75 ID:yRGSsw3y0.net
み・・・緑青

63 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 03:41:31.49 ID:3YrqHY4I0.net
卑弥呼の鏡ってのは当時の量産品なんだな。日本製だ。

64 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 03:44:22.54 ID:g5TsVnrG0.net
>>57
空気にふれてると表面が酸化するんじゃね?
銀もほっておくとすぐくすんだ色になるよ。特殊な布で拭けばすぐピカピカになるけど
そのてん金やプラチナはすごいよなほとんど変色しない

65 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 03:47:52.97 ID:fNPTiw4a0.net
大量に日本だけにあるし、日本製は確実だわな。

豪華なもんだな〜

66 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 03:55:20.58 ID:jxT/eX/e0.net
卑弥呼が封印された本物の鏡がまだどこかで眠ってるんだよ

67 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 03:55:31.87 ID:vreOQ6VK0.net
阿波=アワ
フトマニ見ろ
中心部分がアウワ
アワは始まりと終わり、陰陽、そういった二元論を表してる
日本で唯一イザナミ神社があるのが阿波国
さらに天照大御神の葬儀が記録されてる神社もある
知れば知るほど阿波国=徳島が日本の原初に深く関与してることがわかる
記紀にしても四国がごっそり抜けおちてることに違和感を覚えないか?

68 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 03:57:27.78 ID:/0dMTPSm0.net
フトマニってパスタ?

69 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:07:51.51 ID:0PB8JMU50.net
>>26
だよな
銅鏡の画像が出るといつもこっちの面だ

70 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:09:33.37 ID:vreOQ6VK0.net
淡路島もアワへの道の島という意味だからな
その淡路島にイザナギの神社がある
タカミムスビもオオクニヌシもオオモノヌシもヒミコも役職名だ

71 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:12:23.72 ID:ft7cuCJH0.net
>>三角縁神獣鏡
これ卑弥呼の鏡じゃないよ。

72 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:14:06.56 ID:/0dMTPSm0.net
卑弥呼って固有名詞じゃなくて複数いたとかじゃね?

73 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:16:09.59 ID:3YrqHY4I0.net
>>三角縁神獣鏡
大和政権が全国にばらまいた鏡だ。
中国鏡だけに価値があるとかいう馬鹿話はよせ。

74 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:16:54.76 ID:IIi4ZUwK0.net
>>1
>  同市の三角縁神獣鏡は2011年、高坂古墳群から出土し、古墳時代初めの
> 250〜260年頃に鋳造されたものと判明した。

いろいろといい加減すぎる。
こんな正確に鋳造年代は分からないし、
その年代なら卑弥呼の鏡じゃないだろw
すでに死んでるやん。

75 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:20:28.75 ID:PxfGI02FO.net
(-_-;)y-~
青銅器って錆びるからもてはやされたんやと思うねん。
日本の神霊の源泉はこれや。
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-0a-2d/kawakatu_1205/folder/1607456/12/52384712/img_0

76 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:21:10.45 ID:K3ogaoKU0.net
緑色って経年劣化だったのかよ
小学生の頃先生に質問して緑色だったと断言されたのに・・・
「こんな緑で顔映るんですか」ときいても断言されたのに・・・

77 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:23:34.32 ID:e6voWHZz0.net
>>76
ウルトラマンは中に人が入ってるって知ってた?

78 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:23:56.44 ID:vreOQ6VK0.net
ヒミコとは現代で言う斎王とほぼ同義

79 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:27:18.16 ID:937q5xWNI.net
>>76 ゆとり恐るべし。。

80 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:27:52.05 ID:p1wcc1rI0.net
こういうのの写真って裏側しか見たこと無いんだけど鏡面はどうなってんだよ。
昔から気になって仕方ない

81 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:28:38.63 ID:PxfGI02FO.net
(-_-;)y-~
天武天皇は、九州王朝の心臓部大宰府から、
日本書紀言うところの三本脚の雀、つまり三種の神器を贈られて、
「死ねや!ごる゛う゛あ゛!」と言われたも同然なのに、
これは天皇位の三種神器とごり押しして勝手に神聖な宝器としちまったんだよ。
まあ、だから、天武天皇は革命家なんだよね。
長続きしない革命家血統だったけど、一応天智天皇系が三種神器を引き継いだ。

82 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:32:46.43 ID:e6voWHZz0.net
鏡を撮影するとカメラとカメラマンが写るんだが。。。知ってた?

83 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:33:45.13 ID:p1wcc1rI0.net
>>82
別に正面じゃなくて斜めでもいいよ(´・ω・`)

84 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:36:37.33 ID:vreOQ6VK0.net
>>81
はくすきのえの戦いの後
天武天皇が初めて天皇号を使い
それまで存在していた歴史書の焚書と日本書紀の編纂を命じた
壬申の乱とはそういう戦いだったんだよね
本来は十種の神器

85 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:38:58.46 ID:jrOJ/BV90.net
10円玉と100円玉みたいな違いか(´・ω・`)

86 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:40:31.92 ID:PxfGI02FO.net
(-_-;)y-~
九州王朝家と緩やかな穏健路線だった天智天皇を、
天武天皇が山科でぶっ殺したから、
「死ねや!ごる゛ヴあ゛!」三種神器を貰えたんだと思うよ。
要するに、旧勢力や九州の実情を無視した、革命家。

87 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:42:39.47 ID:jrOJ/BV90.net
>>83
普通に平らな鉄板(´・ω・`)

88 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:44:48.41 ID:vreOQ6VK0.net
>>86
その筑紫王朝も中つ国王朝も東国王朝も根国王朝も東北(ヒタカミ)王朝も辿れば同祖やけどな

89 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:48:19.23 ID:e6voWHZz0.net
青銅 (ブロンズ、砲金) 錫と銅
錫の量が少ないと赤銅色 一定量以上の添加では白銀色

黄銅 (真鍮) 亜鉛と銅

白銅  ニッケルと銅

ちなみにこういう関係だお。
 

90 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:48:48.31 ID:h6DM0rKC0.net
>>84
>それまで存在していた歴史書の焚書と日本書紀の編纂を命じた

日本書紀の編纂はともかく焚書は初耳。
それまでの歴史書が消失したのって散逸や、
蘇我蝦夷宅が消失した時の巻き添えじゃなかったっけ。

91 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:48:52.44 ID:PxfGI02FO.net
(-_-;)y-~
拳王様の時代で良かったのに、ケンシロウが勝ってもうたから、
ケンシロウ中心の歴史が書かれ、
拳王様の家臣たちはモヒカンバギーで書かれちまった。

92 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:49:17.77 ID:Fs3YeymP0.net
表はどんな感じの鏡なのかもみせろよ。

93 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:50:55.67 ID:h6DM0rKC0.net
>>86
壬申の乱で死んだのって天智天皇の息子の大友皇子の方じゃ?

94 :名無しさん@13周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:51:16.47 ID:jqNAXF080.net
卑弥呼が日本を支配していなかったのは事実だな。日本の中のほんの
一握りの連合国家の女王だったに過ぎないと言う事だ、従って一番遺跡の
多い奈良県に卑弥呼が居る必要も無い。
俺の推測では卑弥呼が居たのは北部九州だ

95 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:55:36.56 ID:PxfGI02FO.net
(-_-;)y-~
んで、政戦史の面白いところは、倒す相手が強く強大でないといかんのやな。
雑魚相手にかっちょええことを政戦史に記しても、
雑魚相手にそんなに苦労したの?プギャーとなる。
よって、ケンシロウ王朝が作り上げる政戦史は、拳王様強すぎワロタ&悪逆非道モヒカンバギーという、
おもろいのが仕上がってくるんだね。

96 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:56:33.94 ID:vreOQ6VK0.net
>>90
天武天皇が日本書紀編纂を命じた理由が
「今存在してる系図(歴史)は嘘が多いから偽りを正すべし」であり
よって帝紀、旧辞等の焚書も編纂命令から出来あがるまでにこなしてる

>>91
そのとおり

97 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:57:34.62 ID:3YrqHY4I0.net
卑弥呼は祭主だよ。政治権力は男弟というのが握っていた。
その規模も後の大和政権とほとんど違わない。だって大和政権になったんだから。

北方面、朝鮮半島にはまだ進出してないし、東方面は濃尾平野あたりまでだが。

98 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:58:10.86 ID:pfBgK9Aj0.net
三種の神器もレプリ・・・・ふがふが

99 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 04:59:18.07 ID:PxfGI02FO.net
(-_-;)y-~
天智天皇はぶっ殺されたと書いているのは、扶桑略記。
俺はほんまやと思うねんけどな。
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%89%B6%E6%A1%91%E7%95%A5%E8%A8%98

100 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:01:15.66 ID:K3ogaoKU0.net
鏡の紹介してるのにイボイボの面ばっか見せんなよ
小学生の頃、このイボイボ模様のどこに顔が映るのか心底不思議だったわ

101 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:04:09.33 ID:ohGTKJUR0.net
鏡が日本からしか出てこないから日本製って馬鹿なの?
秦の兵馬俑が出てきたのいつだと思ってんだよ
普通に中国はだだっ広いから出てきてないだけ

102 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:04:43.98 ID:pzKdn1l40.net
この鏡で写したら真実の姿が顕になるんだろ。
 

103 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:05:10.31 ID:dqif3G130.net
卑弥呼直系がナガスネヒコらのプレ大和政権で、それを天皇祖先の宮崎の
豪族が転覆したってことでいいのかね?

104 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:05:48.96 ID:3YrqHY4I0.net
兵馬俑がどうしたの?
卑弥呼鏡は出てないよ。

105 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:09:35.81 ID:12stt2LZ0.net
卑弥呼の成分・・・・クンカクンカ・・・はぁはぁ

106 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:09:50.44 ID:vreOQ6VK0.net
>>103
ナガスネヒコのお上がニギハヤヒ
天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊
天火明はニニギの兄
イワレヒコはニニギの孫
籠神社の宮司である海部氏は天火明の直系

107 :名無しさん@13周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:16:27.54 ID:jqNAXF080.net
三角縁神獣鏡が出土したから卑弥呼の墓だと断定するのは早計だろう
あの鏡は日本全国で出土しているからな。明日(水曜日)の0時40分
からNHKの歴史ヒストリアで卑弥呼についての放送がある。

108 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:22:02.14 ID:cbViYXuc0.net
陽を集める鏡は重要なアイテムだったと考えられている

ヒミコ
陽(ヒ)を見(み)るという意味だろう
(同じ由来をもつヒミ神社がある)

ヒミコ=アマテラスと考えるのは短絡的か
古代は女王が統治していたというのは興味があっていろいろ調べているのだが

山口県は佐賀の古墳より女王(美人)の骨が出ている
もっともこれはヒミコと年代が違うが、女王制度の存在がヤマタイコクの文化を継承
していただろうことを伺わせる
そうなるとヤマタイコクは山口県かと推察される
ちなみにヒミコと同じ由来であろう上記ヒミ(陽を見る)神社は山口県にある

卑弥呼の使節団が当時の中国より鏡を下賜された
同じ年代のものと思われる鏡が山口県新南陽より出土している

超能力者が邪馬台国=山口県と霊視したらしくそのせいでトンデモ説のように
思われているが…
携わる考古学者の方々にはゼヒ山口県邪馬台国を今一度一考して頂きたい

109 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:24:33.95 ID:CegtxGIW0.net
思ってたより綺麗そうだ
文様より鏡面に興味がある
どんな風に映るんだろ

110 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:25:31.97 ID:vreOQ6VK0.net
ちなみに
シナ正史に書かれる壬申の乱の結果は
「日本は小国だったので倭に併合され、倭がその名を踏襲し日本となった」
ってあるからな
魏志の卑弥呼を頑なに信じて唐書を信じないってのもねw

111 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:28:54.41 ID:LXx7RHUz0.net
魏志倭人伝は色々面白いよね
倭国の人々は人が死んだらその遺体を汚れとして海に流してたというような記述もある

日本の神道とか、邪馬台国倭国の関係とかヤマト朝廷とかが
どう併合していったのかはうかがい知れるところはある
まぁでも研究されてもおおっぴらにならんよね結構タブーなところがあるから

112 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:29:15.31 ID:3YrqHY4I0.net
鏡は日本でひたすら巨大化した。儀式で太陽光を反射させるためとかいうことらしい。

113 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:34:43.47 ID:agQzDlFR0.net
               _ .. - .. _
             /:::::::::::::::::::::::`ヽ、
               /;::::::::::i:::::ト、::::::i::::i::ヽ
            ,l::::::::ハj ヽ! ∨l::',i::i:i  _
    ((  ,ヘ,   l::∨○   ○ l:::l::i:|l / 」 ))  キーボードのVとBとNを
        '、/\.i_L""r-‐¬""イi::i|√ ̄\     よく見てみるのじゃ
.         /   .ハルゝヽ、__,ノ_ノ/Li/     〉
       /     .ソヘl i:__.」:i::iノ      /
       |      ./ハ!、∞ノハ     丿
         \____丿(__ _i」_)丶_/
              ル;i=====ミvレ
                  /::::::::::::::::::::::::コ
                ノ::::::::::::::::::::::::::::ヽ

114 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:41:07.89 ID:vreOQ6VK0.net
>>112
日本刀も鉄剣が日本でひたすら鋭利化し量産
鉄砲も伝来から100年で世界一の保有数で鎖国可能の軍事力
黒船来航から軍艦、空母量産
直近では、イプシロンタイプのロケットやミサイルがこれから量産か
古代の鏡も同じ流れで日本で+α(この場合巨大化)の量産があってもおかしくない

115 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:42:42.80 ID:Wy1jRUW50.net
鏡は当時の文明国中国では単なる日用品だったが
後進国日本では不思議で神聖なものとされ崇められたんだってね

116 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:44:08.00 ID:9zROLosy0.net
銅鏡の鏡の部分見せてよ
どんだけ写るもんなのかわからん

117 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:46:10.57 ID:e6voWHZz0.net
キモブタは鏡は苦手なんじゃないのw

118 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:49:52.43 ID:3YrqHY4I0.net
>>115
日常品じゃ詰まらねえだろ。磨き上げる技術が伴わない。
ニコンやキャノンが先端いくようなものだ。卑弥呼の鏡は。

ま、信仰もともないが。

119 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:51:35.26 ID:Wy1jRUW50.net
>>118
当時は中国の日用品が日本じゃ先端技術だったんだね

120 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:51:50.06 ID:9x7/0UYT0.net
見てきたけどこれ、最薄部が1ミリとかで
9回試して、ちゃんと出来たのが展示品の1枚だけだとか

121 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:53:13.42 ID:3YrqHY4I0.net
>>119
だから、日常品になったらそこでどん詰まりなんだよ。分かる?

122 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:53:17.67 ID:t766KxPVO.net
>>11
古代シナの技術だよ。殷周時代が最高潮で、以降はだんだん腕前が堕ちていったんだそうな。
 で、シナの土は鋳造にはたいへん良質なんだそうな

123 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:56:06.11 ID:5NhjO2SyO.net
古代の中国や日本にはオーパーツじみた代物がちらほらあるからなぁ

124 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:58:14.89 ID:OwDc403lO.net
>>119
中国は最先端だったからね

当時の日本の様子も中国の史料から分かるわけだから

中国は凄いなぁ

と多くの日本人は思ってますよ

在日の方

125 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 05:59:15.21 ID:e6voWHZz0.net
中国では何千枚でたん?

126 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:03:23.57 ID:3YrqHY4I0.net
>>119
早い話が剣だ、中国では日常に作られていたがあまり発展はない。
3種の神器とかいって信仰した日本では、ついに日本刀となって完成した。

日本刀は芸術品でもあってね、中世では世界中に輸出され賞賛された。

127 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:04:46.10 ID:vreOQ6VK0.net
秦の時代にクロムメッキやっちゃってるからな
古代のシナは誰が見ても凄いだろ

128 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:05:00.51 ID:t766KxPVO.net
>>75
これCGじゃなくて本物? 着色じゃないならすごいとしか


 因みには元々金色で、青銅は

・固くしたい:錫の割合を多くする→白っぽくなっていく
・加工し易くしたい:鉛の割合を増やす→軟らかくなる

という按配

129 :Himiko is Empress Jigu, Norinaga Motoori@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:06:45.66 ID:cbw95OlQ0.net
馭戎慨言 - 日本外交史 本居宣長 (著), 山口志義夫 (翻訳)
Gyojugaigen, Norinaga Motoori
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/933887
http://www.amazon.co.jp/dp/4990361717

卑弥呼は神功皇后(じんぐうこうごう)の不正確な伝聞
Himiko is the incorrect hearsay of the Empress Jingu

Empress Jingu 神功皇后 tenure AD 192-200
http://en.wikipedia.org/wiki/Empress_Jingu
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f0/EmpressJinguInKorea.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%8A%9F%E7%9A%87%E5%90%8E
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/17/Jingu.jpg


『後漢書』にある「一女子がいた。名を卑弥呼と言った」とは、息長帯姫尊
(おきながたらしひめのみこと)=神功皇后の御事を、三韓などから誤り
混じりに伝え聞き申し上げて書いたものである。「卑弥呼」は姫児(ひめご)
と申すことで、神代の巻に「火之戸幡姫児千々姫命」(ひのとばたひめご
ちぢひめのみこと)、また「万幡姫児玉依姫命」(よろずはたひめごたまより
ひめのみこと)などと書かれている姫児と同じである。
姫を比弥(ひみ)と言っている用例も古い書物に見られる。だからこれは、
御国人(日本人)が常日頃尊んでこのように申し上げていたのを、韓人などが
聞いて伝えたものを御名と思い込んだのであろう。
 「妖気で大勢の人を惑わすことが出来た」
などと言っているのは、戎人(からびと)が大御国の神の道を知らないために、
このような妄言を言うのである。
Because Chinese people and Koreans did not know Japan well, they recorded
the Empress Jingu as Himiko by mistake.

130 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:07:24.59 ID:e6voWHZz0.net
クロムメッキだっけ。
アルミも出なかったか。

131 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:10:20.08 ID:zKzbAyZq0.net
>>42
四道将軍だな

>>110
日本が韓国を吸収したら国名を韓国に改名するか普通?

132 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:10:21.77 ID:Wy1jRUW50.net
>>126
>中世では世界中に輸出され賞賛された

どこのパラレルワールドに住んでる人w

133 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:11:47.91 ID:3YrqHY4I0.net
>>132
知らないの?ニートくんww

134 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:12:02.28 ID:t/VmmKMJ0.net
金属製品がほとんどないときに、こんな金ピカでつるつるの鏡見たら、ビックリしちゃうよなぁ。

135 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:15:36.46 ID:K3ogaoKU0.net
しかも光反射させて投影させると絵が浮かび上がるからな

136 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:17:35.71 ID:TYrXuODW0.net
http://www.youtube.com/watch?v=a8YneoqdTTw

137 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:18:35.42 ID:X9YANtfX0.net
ダンダダダダン ダダンダン ダダン
ダンダダダダン ダダンダン

138 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:21:06.92 ID:3YrqHY4I0.net
とにかく中国の物まねに価値があると思われていたのなら、鏡はひたすら小さくならなければ
いけない。日常品として。
だが、日本では逆に巨大化した。

139 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:22:06.17 ID:t766KxPVO.net
>>115>>118
 どちらも認識に齟齬がある。先にも書いた通り、シナでは神権政治時代の殷と周で祭器として多種多様な青銅細工が使われた。
 古代では尊卑を問わず、日常生活でもに神々と密着していたことを念頭に置くように。間違っても百円ショップみたいなところで入手できはしない宝物さ

140 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:25:34.44 ID:vreOQ6VK0.net
>>131
普通はしない
だから唐書でも何故か分からないと書かれてる
真相は、倭と日本はもともと同祖から分かれた州のようなものだったから
それが可能だった
この時の日本とは近畿(中つ国)
日本という名はニギハヤヒの「虚空見つ日本の国」からきてる

141 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:27:46.71 ID:zKzbAyZq0.net
日本のは魔鏡といって光を反射した先に特定の影が浮かび上がるもので一種の認め印
日常生活用のただの鏡ではない

142 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:32:26.12 ID:vreOQ6VK0.net
一方で倭(和)の国は筑紫(九州)であり
もっと遡れば半島を越え遼東半島あたりまで勢力圏があった
山海経にはこう書かれてる
「東(遼東半島以東)には太陽神の女神が率いる義和の国がある」

143 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:36:49.03 ID:wcQxVpK80.net
鏡の映る面を見たいという書き込みが想像以上に多くて笑った。
鳥取の神社に行って神社から出土したという鏡を見せて貰った
時に、同じ事を神社の人に言った。
その鏡は、キッチンのシンクに顔が映る位の反射率だったように
記憶してます。
只の磨いた鉄板(銅鏡だから銅板か)のつるつるした板でした。

144 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:38:48.61 ID:zKzbAyZq0.net
>>140
ああ、なるほど

白村江の敗北から都を奈良から近江に遷都して遣唐使を復活させた媚中の天智(日本)と
それに反発した保守派の天武(倭)に分かれて後継者争いをして
勝利した天武が遣唐使停止して日本と名乗ったんだっけ

天智が日本を名乗ったのは任那日本府の後継者を主張して半島支配の正統性を主張するため
天武が日本を名乗ったのはそれを含めて中華圏からの独立を宣言するため
ってところだな

145 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:42:39.91 ID:vreOQ6VK0.net
>>144
だいたいそんなかんじ
だから天武天皇がシナに強い対抗心を以って
天皇号や中央集権システムを取り入れたわけだ

146 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:43:06.66 ID:ifpUBWEq0.net
これで何度目だ

147 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:47:42.82 ID:OwDc403lO.net
>>144
そっから

中国に天皇の地位を認めさせ、日本の号も使わさせる

どちらも文書に明記させんだから

凄いよな

昔の役人は優秀すぎる

148 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:50:01.67 ID:GfTAIiFL0.net
なんで鏡面を映させないの?

149 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:50:23.05 ID:ifpUBWEq0.net
鏡の映る面を見たい?

銅鏡なんて絶えず磨いてないとこんなになる
http://www.yourcollect.net/products/20088672951.htm
http://blogs.yahoo.co.jp/koreajkgallery1/34648550.html
http://item.rakuten.co.jp/kobijutu/10003376/
http://kotto.webstdio.com/kinzokukougei/004doukyou.html
ピカールで磨け

150 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:52:10.55 ID:OwDc403lO.net
>>148
もちろん

神罰対策だろ

151 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:52:23.03 ID:ifpUBWEq0.net
茨城県には静御前の所持していた懐中鏡が保存してある
直径5センチの銅鏡だ。

152 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:53:31.85 ID:zKzbAyZq0.net
>>110
>シナ正史に書かれる壬申の乱の結果は
>「日本は小国だったので倭に併合され、倭がその名を踏襲し日本となった」
これは聖徳太子が遣隋使の「日の出る〜」で朝貢止めようとして隋を激怒させたから、
「これまで大陸国家に朝貢していた倭が正統な国家だ!」と唐が史書で主張したいが為に、変な流れになった可能性もあるな

153 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 06:58:33.85 ID:aBDnEWFi0.net
どの位写るのかがみたいんだが気がきかねーなw

154 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:00:16.58 ID:a0sItUnz0.net
>>90
「続日本記」に愉快な記述がある
708(和銅元)年1月11日
 山沢に逃げ、禁書をしまい隠して、百日経っても自首しない ものは、本来のように罪する。

焚書の後ろめたさ0%

155 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:00:43.86 ID:aBDnEWFi0.net
>>153
写る→映る

156 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:01:42.61 ID:DlzavFyU0.net
鏡の全般が主に、三角縁神獣鏡ため
誰々の鏡と特定することが困難であり、卑弥呼が愛用していたかどうかが判っていない
とすれば、卑弥呼が三角縁神獣鏡を愛用していたとする今までの見解が飛ぶ

157 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:07:46.39 ID:D/Qszepg0.net
数ヶ月前に何処かの研究室が3Dプリンターで作ってただろう
光を通すと模様が浮かび上がるところまで再現してたぞ

158 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:10:42.67 ID:vreOQ6VK0.net
>>152
シナ正史における倭と日本の記述をまとめてるページ
ttp://www.ne.jp/asahi/isshun/original/page8.html

>>154
めちゃくちゃやってんだよなぁ

159 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:10:50.09 ID:mMdL6NB60.net
>>140
>日本という名はニギハヤヒの「虚空見つ日本の国」からきてる
これさ、神武の話だから明治政府の主張とも云えるけど、
個人的には虚空=古事記の空国や虚国嶽=からくに=韓国のことで、
虚空見つ日本の国とは、日本という国は韓国を視野に入れてる(取り込んでる)と領土を主張しているメッセージかな?と思った


>>156
卑弥呼の同盟国に配られた認め印的な鏡の可能性はあるよ
金印より魔鏡の方が神秘性を強調出来るしな

160 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:11:06.41 ID:ifpUBWEq0.net
黄銅 (真鍮) 亜鉛と銅  5円玉
青銅 銅と亜鉛と錫     10円玉
白銅 銅とニッケル      50円玉100円玉

161 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:15:28.02 ID:ifpUBWEq0.net
1円玉以外にすべて銅が使われている理由は
http://allabout.co.jp/gm/gc/324475/
ちなみにヨーロッパなどの給水管は70〜80%は銅管です。日本はほとんどが塩ビ管です。
では、ヨーロッパではなぜ銅が使われているかというと、
銅にはさまざまな雑菌を退治する金属作用があるからです。

またほとんどの硬貨に銅や銅合金が使用されています。硬貨が多くの人の手に触れているにも関わらず
衛生的に保たれているのは、この微量金属作用のおかげなのです。ヨーロッパの一流ホテルなどのドアノブを見ても、
ほとんどが銅でつくられています。これも同じ理由です。日本ではアルミやステンレスのドアノブを多く使っていますが
かつては銅のドアノブを使っていました。

162 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:16:58.98 ID:x8WdSs7B0.net
中国鏡とくらべて粗末でいい加減な鏡をいつまで卑弥呼の鏡とか
言ってるんだよ馬鹿古代史学者って

ほんと古代史学者って科学が無いわ
ただのキチガイ
おぼちゃんと一緒

163 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:17:17.53 ID:vreOQ6VK0.net
>>159
>神武の話だから明治政府の主張とも云えるけど、

ニギハヤヒは神武天皇(イワレヒコ)では無い
日本(ヒノモト)の概念は明治より前から在る
あと日本書紀は明治期だけの主張では無く
天武時代から現在に至るまで踏襲されてる

164 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:21:07.00 ID:e6voWHZz0.net
>>159
だろなあ。卑弥呼と同格の奴が数百ってのはありえん。
豪族クラスだろな。時代ももう少し後だろうし。

165 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:23:08.02 ID:jiU/hmLI0.net
ヒミコミコミコヒミコミコ

166 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:25:28.00 ID:1y+GZjK+0.net
>>151
卑弥呼より静御前の鏡の方がありがたいわw
展示しても客が呼べそう

167 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:33:25.34 ID:mMdL6NB60.net
>>158
ありがとう

>>163
明治政府がニギハヤヒを利用したのかな?と。
欠史八代は明治政府の国策により歪んでると考えているので。

168 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:35:36.35 ID:p0O4TTI20.net
どんな残念鏡かと思ったら
気合い入りすぎだろ・・

169 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:46:09.25 ID:DlzavFyU0.net
>>159
逆に使い勝手が良い鏡として商人が販売目的で所持していたとも考えられる訳でw

170 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:47:38.68 ID:cnP+W54Z0.net
三角物珍獣鏡=卑弥呼
箸墓=卑弥呼
巻向=卑弥呼
穴ぽこ=卑弥呼
桃種=卑弥呼

考古学って洗脳狂の集まりですか?

171 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:48:13.99 ID:ZYOh+/ON0.net
>>110
その頃その小国は「日本」と名乗ってたの?
「日本」と名乗ったは天武朝からじゃないの?

172 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:49:01.41 ID:e6voWHZz0.net
考古学は学問じゃないから仕方ない。

173 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:50:27.46 ID:DlzavFyU0.net
古墳の年代測定に用いられるツールは記紀ですよと、市町村の歴史課が語りました
文系歴史学者の妄想です

174 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:53:34.15 ID:pdwHuouw0.net
>>1
いくつでも作れるんだろうから、お土産で売ってくれないかなぁ。

175 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:54:17.76 ID:jqJuHNt50.net
うん?そもそも三角縁神獣鏡は卑弥呼の鏡なのか?

絶対に違うだろう。

176 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:54:38.57 ID:e6voWHZz0.net
学研の付録に銅鐸の鋳型
あったなあ。まだ残ってるかも。

177 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:55:10.00 ID:mMdL6NB60.net
>>170
無名の王の発掘調査より卑弥呼の方が予算が下りやすそう

178 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:56:04.24 ID:oH230UnC0.net
時間経過であんな色になるのか

179 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:58:29.58 ID:z6Bqt/OA0.net
ドラクエ2思い出した

180 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 07:58:59.09 ID:NQiuAmgG0.net
ヒストリーChだかの
「古代宇宙人飛行士説では!!」
でネタにされそう

181 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 08:02:08.01 ID:cnP+W54Z0.net
景初4年というシナに存在しない年号が入った三角縁神獣鏡が出土している。
これで何処製か明明白白なのに、考古学者の往生際の悪さは異常=カルトです。

182 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 08:10:20.43 ID:ZYOh+/ON0.net
>>152
「日の出る〜」
それ聖徳太子じゃないよぅ
九州方面の(阿蘇山出てくる)天子「多利思北[比]孤たりしほ[ひ]こ」
ソース:隋書卷八十一列傳第四十六東夷倭國
http://www.geocities.jp/intelljp/cn-history/zui/wa.htm
だからもう日本史の教科書では外してる
あの笏持った聖徳太子像も載ってない
(鎌足とか)

183 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 08:10:34.51 ID:adgs+TiiO.net
こりゃすげえ
まさにお宝ってかんじじゃん
ほしいわ

184 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 08:31:07.76 ID:osn44Nn/0.net
 
●実力派天皇一覧

・015代応神天皇 朝鮮半島全域及び満州南部を制圧(391年。いわゆる"八幡様")
・016代仁徳天皇 ピラミッドより大きい世界最大の墓に埋葬されている
・021代雄略天皇 百済を復興させて高句麗に対抗させる(476年)
            万葉集最初の句でも有名
・033代推古天皇 「天皇(天の皇帝)」を始めて大々的に使い隋の皇帝を
            「日没する所の皇帝」と小馬鹿にする。聖徳太子を使って
            憲法(604年)等設定
・034代舒明天皇 高句麗百済等の属国に朝貢させる。遣唐使送る。
・122代明治天皇 日清戦争、日露戦争に勝ち国運を上げる

185 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 08:50:24.62 ID:ZYOh+/ON0.net
>>184
> ・033代推古天皇 「天皇(天の皇帝)」を始めて大々的に使い隋の皇帝を「日没する所の皇帝」と小馬鹿にする。

だからそれ違うって>>182

186 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 09:13:28.73 ID:AfY7K7FM0.net
ttp://www.history.museum.city.fukui.fukui.jp/gakko/for_students/kofun/replica_sankakubuchi.html

187 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 09:19:17.90 ID:tSpSiHZo0.net
鏡が発明されるまでは、太陽の光を反射してそれでもって、
陽の光以外で照らすということはできなかったからね。
水面の反射はあっても、それは水平面にしかできなかったし。
おそらく、剣の刃面で光が反射することを発見して、
磨かれた金属の面を作れば光を反射することをしった。
それが発展して鏡になったのだろうか?
剣の光り輝きが正邪を分かち魔を祓う力と。

188 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 09:21:55.35 ID:mRhJmy7F0.net
>実物の型を取って作った樹脂製のレプリカから鋳型を作り

ええっ。今の時代に、こんな恐ろしいことしたの?
3Dで計測して3Dプリンターで型を作ったり出来ないの?

189 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 09:22:47.04 ID:UdYPnigK0.net
小学校で神獣鏡について習ってからずっと、真ん中の丸い部分が鏡だと思ってた。
そういう奴多いんじゃないかな

190 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 09:26:38.73 ID:mRhJmy7F0.net
>>189
いや、そんなことないと思うw

191 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 09:43:08.46 ID:Dj9+ISkT0.net
まぁ見えてる方が表と思っても不思議はない

192 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 10:02:04.58 ID:tSpSiHZo0.net
まあ、有毒だが、金属水銀をすり込んで表面をアマルガム合金にすれば、
錆びにくくなるわな。

193 :名無しさん@13周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 10:10:26.67 ID:jqNAXF080.net
卑弥呼の国が何処にあるかと言う事は専門家でもいろんな意見があるのに
俺たちが分かるはずは無いだろう。どうせ自分の知っている限りの
知識をひけらかし自分と異なる考えの者を批判するだけに終始する
だけだよ。正解は絶対に出てこない。

194 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 11:06:22.50 ID:3LNsBtCI0.net
>>181
逆にじゃあなんでそういう鏡を日本で作ったかを考えると
卑弥呼が魏に使いを送って鏡をもらってきた、という事実がしっかり記憶されてたからでしょう
コピーするに値するものじゃなきゃわざわざコピー作らないですよ

195 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 11:46:49.24 ID:mOwcnQt90.net
>>193 卑弥呼の国が何処にあるかと言う事は専門家でもいろんな意見があるのに俺たちが分かるはずは無いだろう。

実は、素人が見ても明々白々なんだよ
何で専門家の間で意見が分かれるか?  「立場」なんだよ!  「立場」!  
先輩の敷いたは路線は、何が何でも守らなければならない 「白を黒」といってまで

昔、京都大学の直木とか言う先生が、近畿で出土した三角縁神獣鏡を「卑弥呼の鏡」と思い込み、「大発見」としてw「邪馬台国は近畿」と言ってしまった  
ところが、その後、その三角縁神獣鏡は全国から続々と出土w  

ほかにも、いろんなことがわかってきたけど、京都大学の面子というものがある
いったん言い出したことは言い続けなくてはならない

日本の考古学の世界は京都大学が支配している(東大に考古学教室はない)
みな、生活がかかっている   みな、それぞれの世界で出世したいと思っている

最初の間違いを守るために嘘 その嘘を守るためにさらに嘘・・・
袴田事件・・・といっしょなんだよ

196 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 12:02:08.83 ID:Dj9+ISkT0.net
>>195
やっぱり邪馬台国ジジィって安保闘争世代のサヨク臭がプンプンするなw
巣から出てこなければいいのに


ww

197 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 12:05:37.17 ID:cnP+W54Z0.net
>>194
三角縁は古墳から大量に出土するけど、その扱いは雑なんだよね。
棺桶の中に有っても足元の方に雑に置いてある。

有難がってる様子は無いですよ。鏡の中でも普通品あつかいだったんでしょうね。

198 :195@\(^o^)/:2014/06/10(火) 12:26:30.96 ID:mOwcnQt90.net
>>195実は、素人が見ても明々白々なんだよ

        近畿説    近畿説   北九州説
(直木教授の頃)(今)
三角縁神獣鏡   ◎            
鉄の出土                  ◎
絹の出土                  ◎
中国製鏡の出土               ◎
吉野・・・の発掘                ○
 ・・・                  ・・・

 ・・・                  ・・・
今、京大側は、北九州勢力が東遷した先の「マキムクからの出土を卑弥呼の出土」と言い張っているようだがww  
まあ、無理ありすぎ  袴田事件のあとから味噌ダルから見つかった犯人の衣類と同じ、とでもいえばいいのかw

199 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 12:47:12.96 ID:GIzi6+1w0.net
忠実に再現したのなら後は魂入れるだけだねぇ

200 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 12:50:01.53 ID:V7BuEc4p0.net
2枚作って合わせ鏡にすると何か召喚できそうだ

201 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 12:51:07.58 ID:X3KZxjC90.net
この前の歴史ヒストリアでやってたけど旧女王と新女王の廻りで
巫女が秘密宗教みたいに騒いとった

202 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 12:54:49.84 ID:DlzavFyU0.net
正しく測定した古墳の年代が不明
記紀をベースに出土した代物を鑑定、考古学者の知識に基づき算出したのが今現在のデータベース
今の測定は、そのデータベースを利用していると説明しておりました
しかし、最初に「記紀」を用いて作った年代測定表 ←矛盾
その精度は、いかに?wwwwwwwwwwwwwww

203 :三河農士 ◆R2srkOAYfTmd @\(^o^)/:2014/06/10(火) 13:03:49.77 ID:KlOX1NrD0.net
西暦250年代頃の埼玉に大和王権の関係者が、か。
卑弥呼より四道将軍の方が関係ありそうだな。

204 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 13:12:16.83 ID:mOwcnQt90.net
>>196

嫌韓、嫌中 そして古代史・・・かw  現実逃避したい気持ちは十分わかる
そりゃあ、おまえらの30年後、すさまじい野垂れ死にしかないもんな

今、俺たちの世代、5000万円の蓄えぐらいで入れる養老院は職員の暴力…で地獄らしい

まして、おまえら・・・
蓄え100万円もなし
働き口は移民でつまっている
生活保護費も、その頃、財源なし(安部ちゃんがオリンピック・・・で使いまくってる・・・)
年金も政権浮上のための株価上げで溶かしきっているだろうし
TPPで医療は盲腸手術で何100万円  虫歯一本でも何10万円・・・

周りは完全に、今のニューヨーク  凶悪犯罪の頻発

ただ、ニューヨークとちがい、日本はどこも冷たい
たとえば、石原都政の方針で公園で野宿もさせてもらえない

街での野宿、浮浪は、疑われやすい
刑事事件の手続きが守られているニューヨークと違い、
おまえら、いったん疑われたら、1年でも2年でも出してもらえない
 ・・・  ・・・

205 :三河農士 ◆R2srkOAYfTmd @\(^o^)/:2014/06/10(火) 13:18:53.51 ID:KlOX1NrD0.net
>>171
少なくとも「にっぽん」または「にほん」と音読みはしてないな。
奈良時代以前は現代では珍しい熟語の訓読みが多数あり、「日本」と書いて「やまと」と読ませる用法もあった。
一番解りやすい例が「日本武尊・やまとたけるのみこと」だ。
もともと「やまと」と呼んでいた国名に「日本」の字を充て、漢音読みが流行ってから「にほん」と読むようになったんじゃないかな。

206 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 13:20:43.02 ID:UdYPnigK0.net
>>190
同意してくれる人いるかと思ったけど、そうでもないな。
学校では、裏側が鏡なんて教えてくれなかったから
写真に写ってる面が全てだと思い込んでた。

207 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 13:24:17.96 ID:8a7XWxDe0.net
>>197
いや、鏡を雑に扱ったというより、わざと割って埋めたんだよ。
こなごなに割られているケースが多い。初期古墳では。

なにかの儀式だろう。

208 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 13:29:41.22 ID:+oee4nEO0.net
日の皇女=天照大御神=神功皇后

209 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 13:31:03.68 ID:+hkauJbM0.net
美しいのう

210 :三河農士 ◆R2srkOAYfTmd @\(^o^)/:2014/06/10(火) 13:33:38.68 ID:KlOX1NrD0.net
>>204
嫁もらって子供作って親孝行するようにしっかり躾けな。
現金なんて、元は紙切れ、ちょいとインフレが進めばその価値なんてどうなってるかわからん。
役所を頼るなんて論外で、役人なんて結局他人事だ。
老後に頼れるのは家族であり、家族を大切にしてこなかった人間は野垂れ死ぬ事になる。

一方でオリンピックで使った金は、オリンピックの興行収入や大会後のインフラ料金収入で返ってくるから、使いきって終わりというものでもない。
昭和の東京オリンピックで国家財政が破綻したかね?好況の起爆剤になったのではなかったか。
スレ違いだったが、経済音痴が安倍政権を批判してるのを見ると文句の一つも言いたくなる。

211 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 14:10:36.74 ID:ZYOh+/ON0.net
>>205
ありがとう (~っ~)/
思いっ切り思いつきなんだけど (;´Д`)
@ヤマト=山都・山戸・山嶋
Aわ=倭→だいわ=大倭(倭の連合)→大和(意味上の当て字)
Bひのもと=日本→にほん・にっぽん
対象がほぼ同一で@ABがゴッチャになって定着したということはないのかな

212 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 14:17:48.63 ID:ZYOh+/ON0.net
>>195>>198
京大といっても一枚岩じゃないよ
梅棹忠夫さんとかは九州説でしょ

213 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 14:29:52.04 ID:mOwcnQt90.net
>>210 老後に頼れるのは家族であり、家族を大切にしてこなかった人間は野垂れ死ぬ事になる。

自分と家族は日本の惨状とは関係ないというか、自分だけ逃げ切ったという臭いプンプンだなw
今の若い世代何1000万人は、所得300万以下で結婚もできないんだが…

そのころ、オマエの息子もオマエを養える余裕があるかどうかw

>東京オリンピックで・・・好況の起爆剤になったのではなかったか

昭和の高度成長期とは時代状況がちがう
至近のアテネ、オリンピックの後、今、どうなっている?ww

>大会後のインフラ料金収入で返ってくるから

こうなると、詐欺師だなw
国立競技場のオリンピック後の収入見込みの惨状は公知過ぎるぐらい公知だぞw
オマエは、楽しみつつも正偽を論じるこのスレには似合わない

214 :名無しさん@13周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 14:32:38.74 ID:s0ESWVW/0.net
>>211
新井白石や本居宣長はヤマトは大和では無く山門と理解しているぞ。
福岡県みやま市(旧山門郡)の事だ、その南は熊本県が近いので魏志倭人伝
にある狗奴国に比定した。

215 :名無しさん@13周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 14:44:49.11 ID:s0ESWVW/0.net
三角縁神獣鏡では卑弥呼の存在を断定出来ないのならば歴史ヒストリアで
あった糸島市の平原古墳の八咫の鏡はどうかな直径46.5cmの日本最大の
大きい鏡で同じものが伊勢神宮に奉納されているんだが、この古墳からは
武器はほとんど出ずに鏡や首飾りなど被葬者が女性であるのが分かる埋葬
品が多数出ている。

216 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 14:48:48.22 ID:dNr+O4W20.net
なーぜかー埼玉〜♪

217 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 14:53:14.53 ID:IwnT9nTT0.net
そもそも本当に「鏡」なのか?
ダッジオーブンの蓋とか、フリスビーのようなものとか、他に用途は無かったのかな。

218 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 15:00:39.86 ID:ZYOh+/ON0.net
>>214
「山門」かぁ
新井白石と本居宣長には興味があったけど
まだ読んだことがないのでこの機会に
図書館で調べて読めそうなものから読んでみる
またまた(*ゝω・)ノ ありがとう♪

219 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 15:18:07.44 ID:cnP+W54Z0.net
>>207
わざわざ割るような勿体ないことしないよ。
自然に割れたんだろうね、粗悪品だから。

220 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 15:19:44.22 ID:yW1CZqr+0.net
>>7

埼玉を逆から読んでみ
アマティアス=アマテラス=神

221 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 15:20:11.24 ID:JDe5XLUU0.net
銀色やったんかw
めっちゃ綺麗じゃねーか

ということは刀とか鎧もこんな銀色ピカピカだったのかよ
そりゃすごいな

222 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 15:22:51.01 ID:2joOTSmq0.net
>>220
サイタマ
マタイサじゃね?

223 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 15:26:44.71 ID:8ToKwaUI0.net
>>113
VとNとBって言わなきゃ

224 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 15:34:33.28 ID:zLehFq400.net
http://www.nara-u.ac.jp/cms/news/?m=201308

奈良大学とかオープンキャンパスでミニ青銅鏡作成体験とかやってるぞ
この前は明日香のイベントでもやってるのをみたし、卑弥呼の本番奈良では今でも身近な存在なのか?

225 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 15:47:11.68 ID:v3IHhBTe0.net
鏡作ったのはわかったが、その鏡に向かって塗ったくっていた化粧品の方はどうしたよ?
資生堂やカネボウで再現しないのか?
「古代紅」とか「ヒミコ・ピンク」とか命名したら売れるんでないの?

226 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 15:52:48.75 ID:yRGSsw3y0.net
そうかw
鏡がないとろくに化粧も出来ないんだなw
これは目からうろこ

227 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 15:54:07.25 ID:0rIfCob80.net
大陸輸入説ー日本で見つかってるのは軍の偽物よ

228 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 15:55:11.90 ID:UdYPnigK0.net
>>222
saitamaってことだと思う

229 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 17:46:17.05 ID:fzgiy7050.net
>>165
ワタルか

230 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 17:53:38.38 ID:C6smUFDd0.net
>>166
確かに興味あるな
見てみたい

231 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 18:17:46.43 ID:cnP+W54Z0.net
そもそも鏡の縁を三角にする意味はなんだろう?
溶けた銅の周りを良くするための、
技術の未熟さ故に考えだされた形なんでしょうね。

232 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 18:20:28.40 ID:ZWZVKuHl0.net
>>215
卑弥呼がもらったのは魏の鏡。

魏の鏡は小さいのが特徴。
三国志の当時、大きいのは呉の鏡。

三角縁神獣鏡は、
年号以外はほぼ呉鏡。
http://www.geocities.jp/taru638/page040.html
http://home.b06.itscom.net/kodaishi/page029.html

233 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 18:41:52.79 ID:O/9Q8UVi0.net
 
【社会】「卑弥呼の鏡」は「魔鏡」 3Dプリンターで復元し確認
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1390986489/

「卑弥呼の鏡」、魔鏡の特性を持つと判明 京都国立博物館が復元し実験 光を当てると…
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1391005654/

【歴史】天皇の起源は卑弥呼だった!? 「卑弥呼=天照大神」説が浮上[13/05/15]
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1368589600/

【社会】卑弥呼の祭祀用建物跡?奈良・纒向遺跡で柱穴100個超出土★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1359844004/

【奈良】卑弥呼の後継者、台与の墓説がある西殿塚古墳に巨大な石積み方形壇 天理市 ★2
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1397082220/

【社会】天皇陵立ち入り調査、卑弥呼の墓、応神天皇陵…メジャー級次々
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1361010811/

【社会】「卑弥呼の鏡」、割れていた…あと古墳の一部も破壊されていた…町の担当者が重機で?
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1343833108/

【歴史】卑弥呼の死亡時期と合致「奈良の箸墓古墳」 邪馬台国畿内説と九州説に一石を投じる結果に…国立歴史民俗博物館★4
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1243658002/

234 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 18:44:52.45 ID:tAbpysDF0.net
卑弥呼
邪馬台国

これらの当て字を見るたびに支那の低俗さが・・・

235 :(´-`).。o山中狂人 ◆Ojin.714P. @\(^o^)/:2014/06/10(火) 18:48:44.55 ID:5bTi53WO0.net
>>1
>三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)

呉の贋作職人が「卑弥呼の鏡」と称して、豪族たちに売りまくった複製鏡(笑)

236 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 18:49:22.25 ID:J8DMWwid0.net
それを卑字と言って
周辺民族を蛮族とみなす
中華の文化風習。

237 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 18:51:08.72 ID:O/9Q8UVi0.net
>>234

【言語】“罵る言葉”が非常に少ない日本語は物足りない(笑) 「我孫子」や「操」の中国語の意味は…宋文洲
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1219410036/

三角縁神獣鏡よりも
ウィーンのホーフブルグ宮殿で展示されているロンギヌスの槍を
忠実に再現して週刊雑誌のオマケにしてほしい

238 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 18:51:33.86 ID:Cwr80zH20.net
>>188

実物からシリコンで転写できるんだったら、その方が枯れた技術で値段もこなれてるから
安いし簡単。
スキャナで読み取って3Dデータ化するのは結構手間とコストが掛かる。

ただし、同じものをたくさん作りたいような用途なら、最初にコスト掛けてデータ化して
おけば、後からなんとでも利用できるってメリットはあるけどな。

239 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 18:51:54.52 ID:wfvykSJO0.net
なにせこの当時シナでは
食人が堂々と謳歌されてたんだからな。
「日本の海女が旨い」とか記述があるらしい。

240 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 18:53:33.23 ID:J8DMWwid0.net
三角縁神獣鏡は、年号以外はほぼ呉鏡。
呉の職人が魏で作ったと言い出す奴がいそうだが、


三角縁神獣鏡の銘文(中国鏡との比較)
http://www.eonet.ne.jp/~temb/9/Sinzyukyou/Sinzyukyo.htm
>三角縁神獣鏡も呉鏡も陳という人物が同時代に作っているが、
>名前の書き方が異なる。「陳氏、陳是」と「陳世、師陳世」である。
>同姓の鏡師の一族が魏と呉に分裂したことがうかがえ ...


銘文が、魏で普通だった韻を踏んでおらず、魏皇帝の命で造られた鏡では有り得ない。


三角縁神獣鏡の銘文
http://yamatai.cside.com/tousennsetu/innritu.htm
第235回活動記録 魏志倭人伝を読む 三角縁神獣鏡を考える
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku235.htm
>魏の時代は曹操父子を中心として詩壇が形成され、
>詩文隆盛の時代であった。三角縁神獣鏡が魏の鏡ならば、
>その銘文が韻を踏まないことは考えられない。


列島側で、漢文は「まあ読み書きできる」程度の者が銘文を書いている。

241 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 18:54:44.73 ID:O/9Q8UVi0.net
 
生口 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E5%8F%A3

242 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 18:57:04.74 ID:0rIfCob80.net
権威をでっち上げるために密造した

243 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 18:58:37.60 ID:J8DMWwid0.net
http://sound.jp/sodaigomi/ch/syokujin/syokujin.htm
食人宴席

244 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 19:02:05.65 ID:JteNXoyH0.net
三角縁(えん)と読む学者もいる

245 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 19:17:59.59 ID:pxscOdRk0.net
法王に渡した魔鏡がこれ?

246 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 19:19:50.08 ID:4QUW8ZjOO.net
>>219
NHKヒストリア式「甦りの儀式」だとすると
「古い姿(死んだ卑弥呼)を鏡に封印、また出てこれない様に鏡を割った」
って考え方はどうかな?

247 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 19:21:40.45 ID:Mc/HQQmA0.net
>>166
静御前のお墓って栗橋駅前にあるんだよね

248 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 19:23:03.65 ID:J8DMWwid0.net
魔鏡を割っても祟られない姿を示すのが
宗教的権威を高めると考えての行動だろ。

祟られずに済んだかどうかは知らんが。

249 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 19:24:08.95 ID:2joOTSmq0.net
>>247
消息不明なのにあるんだ

250 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 19:33:58.09 ID:5Sl+QCHJO.net
当時、日本海を船で渡って中国までいく技術があったのに、、文書が何も残せてないっていうのが不思議だ
何か残ってても良さそうなのになぁ

251 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 19:37:49.93 ID:cnP+W54Z0.net
>>246
古墳は墓の被葬者が生前に作ったものだから、
生きてる間に鏡を割るなんて縁起の悪いことしないよね。
死んだ後に家族か家来が割って入れたとしたら、
最後に写った姿は被葬者じゃないってことになってしまう。

だから敢えて割ったなんて話は世迷言だと思いますよ。

252 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 19:37:52.16 ID:J8DMWwid0.net
焚書されたんだよ

http://beaverland.web.fc2.com/oldhist/rikutou3.html
古事記より古い書物がどうして残っていないの?

253 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 20:00:56.90 ID:4QUW8ZjOO.net
>>249
消息不明じゃないよ
源義経と共に極秘で北へ逃げたが利根川ふちで体調悪化
そして義経と別れ、その後に死去だよ
「消息不明」にしたのは源頼朝(鎌倉幕府)からの追及を避ける為だったんだろうね

254 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 20:24:22.85 ID:b2/a/Zmp0.net
古墳だと思わず重機で掘り起こしたらしいじゃん。
そりゃ金属鏡だって割れるわな。

255 :◆w/0enBmaYM @\(^o^)/:2014/06/10(火) 20:25:46.81 ID:u7dvoWkk0.net
>>187
極端な話、鏡を持った者は、太陽の分身になれるんだよね。
つまり鏡を持った首長は南面して、民衆に向かい合って照らす。

銅鐸文化では、銅鐸を打ち鳴らす首長は民の代表として神に祈る立場だけど、
銅鏡文化では、首長は民から拝まれる神になると。

256 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 20:33:23.89 ID:TJVi8PRk0.net
これ、魔鏡なの?

257 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 20:36:00.59 ID:b2/a/Zmp0.net
どうだろう?

258 :◆w/0enBmaYM @\(^o^)/:2014/06/10(火) 20:42:29.08 ID:u7dvoWkk0.net
>>256
この時代は、魔境はまだ知られてなかったんじゃないかな。
像がちゃんと見えるためには、前提として歪みのない鏡面を作る技術がいるし、
そもそも映すための平面の壁がないw

259 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 20:46:50.20 ID:5NhjO2SyO.net
>>239
さすがにそれは不勉強にも程がある
王忠や程イクのエピソードを知ってれば少なくとも一般的には忌避される行為なのは誰でもすぐ分かる

260 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 20:53:47.20 ID:VUXzDTHh0.net
かなり前にNHKでこれの番組やってなかった?

261 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 20:58:47.19 ID:3LNsBtCI0.net
不勉強っつーか悪質なデマの類だな

262 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 21:29:18.07 ID:nHZIJWCq0.net
wiki - カニバリズム

>
>唐代以降は人肉食へのハードルが下がったという議論があり、例として引かれるのは
>『資治通鑑』の人肉の市場価格が二十年で数十分の一に暴落した記録である。
>

>
>明の時代の李時珍による『本草綱目』人部[37]には、人肉をはじめ人間由来の漢方薬が記されている。
>

263 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 21:40:51.37 ID:tnJj6hw40.net
2個つくって表と裏を見せるのが商売上手

264 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 21:51:45.69 ID:sS4GS+oq0.net
この手の神話信じてる事が馬鹿らしくねーのか?
邪馬台国だー、卑弥呼だー下らん話。

265 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 22:10:10.01 ID:nHZIJWCq0.net
>>258



>技術がいる

>>1
>陳氏が作ったと刻まれ

渡来人の技術者が作ってるんだから技術は高い。



>映すための平面の壁

卑弥呼は絹を贈っているのだから、絹の布を張って幕にすれば済む。

266 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 22:11:39.89 ID:x8WdSs7B0.net
神話つってもヤマト王権自体は神話持たないんだけどな

筑紫神話は京大の狂信カルトが逆立ちしても九州
人代=神武になってようやくヤマトが始まるわけ
物部も蘇我も本貫は九州
そもそも「九州」なる称号自体が「皇帝の領土」であって、皇帝の
地理的極限あるいは本拠が九州島と言うこと

267 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 22:23:05.55 ID:fQHBIP3jO.net
ヽ< `∀´>お宝ニダ!!

268 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 22:31:41.87 ID:7V5fdmBF0.net
>>228
因みにいつから埼玉と呼ばれてたんだ?それによるな

269 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 23:19:23.57 ID:nHZIJWCq0.net
埼玉県 - 地名由来辞典
http://chimei-allguide.com/11/000.html
多摩郡の奥にある土地の意味で「さきたま(前多摩・先多摩)」が転じたとする説。

270 :◆w/0enBmaYM @\(^o^)/:2014/06/10(火) 23:33:21.69 ID:u7dvoWkk0.net
>>265
ううむ、たしかに、もしかしたら技術的には可能だったかも知れんが、
でかい奴でも直径30cmくらいのもんだし、大人数を相手に見せる
出し物じゃないよね。

271 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 23:37:53.84 ID:JlzfdsjU0.net
昔の手工芸の技術って目の当たりにすると恐怖を感じるレベルだよ、しかも古い物程凄まじい傾向にある。

272 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 23:45:39.40 ID:7V5fdmBF0.net
>>269
さんくす。
amatikasになると流石に厳しいな。

273 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/10(火) 23:49:51.91 ID:7UaA/bcl0.net
そもそも卑弥呼なんて居ないだろ。

274 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/11(水) 00:27:56.81 ID:GKFued7O0.net
STAP卑弥呼はありまーーーす!!!

275 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/11(水) 00:29:30.62 ID:8ywJXzJEO.net
さあヒストリア(再放送)でおさらいだ

276 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/11(水) 00:32:21.91 ID:jJZoqc+II.net
ぜってー違う
もっと不純物だらけだったはずだ

277 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/11(水) 00:36:16.91 ID:/4QjvjFC0.net
>>269
そっか、最果ての多摩だったんだ・・・ 納得

278 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/11(水) 00:38:39.58 ID:GKFued7O0.net
前期と後期で成分比が大きく変わるんだよ。

http://www.let.osaka-u.ac.jp/kouko/nishinihon.htm
三角縁神獣鏡の成分分析

279 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/11(水) 00:39:52.07 ID:DDAOnAzs0.net
卑弥呼って魏の人たちに変な字をあてられちゃったけど、
漢字をあてるとしたら本来は日巫女だろ

280 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/11(水) 00:42:07.12 ID:GKFued7O0.net
筑紫国風土記にいた卑弥呼
「甕依姫」説の新展開」一〜五
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/himiko/himiko1.html


・・・・筑後国風土記の一節とされてきたものに、次の一文がある。

昔 此堺上 有二鹿猛神一 往来之人 半生半死 
其数極多 因曰二人命尽神一 干レ時 筑紫君肥君等占之 
令(8)二筑紫君等之祖甕依姫 為レ祝祭一之 自レ爾以降 
行レ路之人 不レ被二神害一 是以曰二筑紫神一


・・・・「卑弥呼」と「甕依姫」との二者は、固有名詞(人名)部分の「みか」の一致

・・・・「少なくとも卑弥呼と同類の性格をもつ、同世代の女王」の顔をもつ存在、
それがこの「甕依姫」に他ならぬ、と。

・・・・要するに、九州の北・中部を中心とする、大争乱だったのである。
 第六。そこで筑紫君等は、占いによって甕依姫をえらび出し、彼女にその解決を
まかせた。彼女は「祝(はふり)」(司祭者)となって、「麁猛神」を祭り、この
大争乱を鎮めることに成功した(おそらく、軍事・政治・宗教にわたる各面での
施策の成功をふくむものであろう)。
 第七。そして注目すべきものは、次の点である。この大成功によって、以後、
甕依姫の子孫が筑紫君となり、現在(六〜七世紀後述)に至っているのである。


・・・・ここまで一致すれば、卑弥呼と甕依姫、この両者の一致度はきわめて高い、
と称して過言ではないであろう。

281 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/11(水) 00:45:15.73 ID:TgYTs6Pd0.net
鏡というのに写真は裏側だけかよ

282 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/11(水) 01:21:26.90 ID:xKwJvjUU0.net
キモヲタは鏡を恐れるから写さないのだよ。

283 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/11(水) 05:04:48.92 ID:06SAwVft0.net
そういや教科書で挿絵のキャラが模様の側に顔映してたなあ・・・勘違いしてる奴多そう

284 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/11(水) 05:27:51.55 ID:pYPvI90P0.net
>>282
DSに映る自分の顔ですら怖がるもんな。

285 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/11(水) 17:41:16.06 ID:N5Nrdil90.net
鬼道と鏡の関係説明キボンヌ

286 :◆w/0enBmaYM @\(^o^)/:2014/06/12(木) 01:05:24.87 ID:JD3xE6xm0.net
>>285
卑弥呼の鬼道がどういうものかわかってないから、あくまでも想像だけども、
俺は方角への意識だと思うな。
道教では天子を北極星とみなして、宮殿を南向きに建てる(つまり民衆は北を向く)。
これはもともと、平原で遊牧をしていた人たちにとって方角を教えてくれる
北極星が重要だったことによる。
これと鏡の機能がうまくマッチングしたんじゃないかと。
もともと南を向いて座っていたから、そのまま鏡を持てば民衆に反射光を浴びせる
ことができる。つまり、星々を統べる王は、太陽をも従えたと。
これが「天子ハ南面ス」の理由だと思うのよ。で、そう考えると、天子の顔を言う「玉顔」
なんてのも、「日に照らされて輝く顔」ってことでわかりやすいよね。

総レス数 286
77 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★