2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

【ノーベル賞】 日本人のノーベル賞が「急減する」絶対的理由 2040年、日本は5年に1人、中国は受賞ラッシュに!?

2 :擬古牛φ ★:2019/10/10(木) 15:28:05.43 ID:???
>>1の続き

●主要国で唯一、論文数が減少

次に論文数です。世界の自然科学系論文数の推移のデータを見ると、全世界の論文数は増加し続けています。
1981年の約40万件から2015年には約140万件に増えました。3.5倍です。

日本を除く主要国も論文数を増やし続けています。
ここでいう主要国とは研究開発費総額上位のアメリカ、中国、日本、ドイツ、韓国、フランス、イギリスの7カ国のことです。

そのような趨勢の中で、唯一日本だけが近年、論文数を減らしています。
1990年代後半に横ばいの時代を迎え、2000年代に入ると論文数世界2位の座から陥落、2013年以降は論文数が減少し始めています。

かつてアメリカに次ぐ論文数を誇った日本の現在の位置は、アメリカ、中国、イギリス、ドイツに次ぐ5位です。

論文数は研究者の実績となるため、よいポストを得るためにとにかく論文の数を稼ごうとする研究者は少なくありません。
が、粗製乱造ではいくら数が多くても意味はありません。
反対に言うと、全体の数は少なくなっても、優れた論文の数が増えていたり維持されていたりするのであればそれほど大きな問題ではないともいえます。

ところが、「優れた論文」の数も日本は減らし続けています。
「優れた論文」とは随分、主観的な表現に聞こえるかもしれませんが、ちゃんと客観的な指標があります。

自然科学の世界では、ほかの研究者の論文に引用される回数が多ければ多いほど優れた論文とみなされます。
ほかの研究者の研究の役に立ったり影響を与えたりした証しだからです。
引用数が上位10%に入る論文の数も、上位1%の数も日本は下げ続けています。

毎年、ノーベル賞の発表が近づくと、世界の各メディアはノーベル賞受賞者を予想します。当たるも八卦当たらぬも八卦です。
が、自然科学部門では、論文数やその被引用数による予想がある程度当たっています。

2018年の本庶佑さんの生理学・医学賞受賞は多くのメディアが予想していました。
つまり、研究者の論文数や被引用論文数の多寡とノーベル賞受賞には関連性があるということです。
優秀な研究者の論文は多く引用される、あるいは被引用数の多い論文を発表した研究者が優秀と認められることを考えれば、当然のことです。

そこで、ある国の論文数や被引用論文数と、その国のノーベル賞受賞者数に相関が見られるのかどうか、ちょっと調べてみました。
前提は、論文数や引用されることが多い論文の数は、その国の学術の活性や優位性の指標となるはずで、
その象徴であるノーベル賞受賞とも相関しているのではないか、という仮説です。

ノーベル賞受賞の時期と、授賞理由となった研究の時期には大きなタイムラグがあります。
受賞者すべてのタイムラグの平均はとても算出できませんでしたが、日本人受賞者の平均は25年です。

●25年前の論文が重要

日本人受賞者の受賞年齢と、授賞理由となった研究を発表したときの年齢から簡単に計算できます。
ほかのデータから全受賞者の平均タイムラグにも大きな違いはないと推察できます。

ある年の各国のノーベル賞受賞者数シェアと、その25年前の論文数や高被引用論文数に有意な関係が認められるかどうかを調べてみました。

といっても、ある1年だけを抽出するとノーベル賞受賞者がいない国も多いので、
2001年から2010年と2011年から2018年の2つの期間を設定し、その期間の各国のノーベル賞受賞者の合計と、
25年前の期間の論文数シェアと高被引用論文数シェアの平均値を比較してみました。

2001年から2010年の25年前は1976年から1985年、2011年から2018年の25年前は1986年から1993年です。
残念なことに、1976年からの10年間の論文数シェアのデータのすべては古すぎて見つからなかったので、
見つけられた一番古いデータの1981年から1985年の平均値で代用しました。

1976年から1985年の平均値ではありませんが、重なる時期もあり、
シェアは数年では大きくは変動しないのでさほど大きな違いはないと思われます。

続く

11 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★