2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

【政治】 首相主催の「桜を見る会」はまさにブラックボックス 毎年、予算を大幅超過する3倍の支出が常態化 招待客の選考過程も不明瞭 推薦人数も非開示

1 :擬古牛φ ★:2019/06/09(日) 05:40:18.63 ID:???
★推薦人数も非開示「桜を見る会」はまさにブラックボックス

 毎年4月に開催される首相主催の「桜を見る会」。1万人前後だった招待客は、安倍政権発足後は膨れ上がり、今年は約1万8200人。
昨年の経費は予算の3倍にあたる5229万円が支出された。毎年、予算を大幅超過する支出が常態化し、招待客の選考過程も不明瞭。
まさにブラックボックスである。


 この問題を国会で追及している宮本徹衆院議員(共産)の質問主意書に対して、きのう(7日)、内閣から答弁書が示された。

 予算オーバーについては<時々の情勢を踏まえ、必要な支出を行っており、結果的に予算額を上回る経費がかかったものである>と開き直った。
「予算」で規律する意味を知らないようだ。

 各府省庁の招待者の推薦人数は<これを明らかにすることは、内閣官房及び内閣府の事務の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがある>として、回答拒否。
他の質問も正面からマトモに答えなかった。

 外交や防衛上の機密ならいざ知らず、たかが「桜を見る会」の推薦人数を開示して、何の支障があるというのか。
よっぽど都合の悪い情報なのだろう――。隠されるとますますブラックボックスをこじ開けたくなる。

●質問第197号 安倍総理主催「桜を見る会」に関する質問主意書 提出者 宮本徹
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon_pdf_s.nsf/html/shitsumon/pdfS/a198197.pdf/$File/a198197.pdf
●答弁第197号 (掲載予定) http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/menu_m.htm

日刊ゲンダイDIGITAL https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/255727

2 :名無しさん@15周年:2019/06/09(日) 07:34:49.83 ID:36+qLnsjt
民主党政権では、法的根拠のない本部・会議が乱立、
ただの世間話、に終わり、「人災」を引き起こした。


【法的根拠のない本部・会議の例】
・国家戦略室(H21.9 総理大臣決定)
・新成長戦略実現会議(H22.9 閣議決定)
・国家戦略会議(H23.10 閣議決定)
・行政刷新会議(H21.9 閣議決定)
・行政改革実行本部(H24.1 閣議決定)
・行政改革に関する懇談会(H24.5 内閣府特命担当大臣(行政刷新)決定)
・震災・原発事故対応で設置された各種本部・会議
・福島原子力発電所事故対策統合本部(東電内に設置)(H23.3 設置

なにも意味を持たなかった本部・会議。

3 :名無しさん@15周年:2019/06/09(日) 11:31:15.45 ID:uf/0TPp0d
『タイタニック号』沈没。

http://timeline.sakura.ne.jp/02/n/x/jupdate.html

http://timeline.sakura.ne.jp/02/n/1/9/1/2/n1912.html#4_14

http://consp.skr.jp/cc/02/d/04/0414.html#1912

( 個人的意見 )

http://consp.skr.jp/jc/02/index.html
日本の陰謀

4 :擬古牛φ ★:2019/06/16(日) 07:59:51.67 ID:???
●答弁第197号 衆議院議員宮本徹君提出安倍総理主催「桜を見る会」に関する質問に対する答弁書
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon_pdf_t.nsf/html/shitsumon/pdfT/b198197.pdf/$File/b198197.pdf

一について
お尋ねの「各府省庁毎の推薦人数(内閣府への回答人数)」及び「内閣官房からの推薦人数」については、
内閣官房及び内閣府における「桜を見る会」の招待者の取りまとめのための検討過程における情報であって、
これらを明らかにすることは、当該取りまとめに係る内閣官房及び内閣府の事務の適正な遂行に支障を及ぼす
おそれがあること等から、それぞれの推薦人数に係るお尋ねについて、お答えすることは差し控えたい。

二について
御指摘の令和元年五月二十一日の衆議院財務金融委員会における政府参考人の答弁は、
内閣官房及び内閣府において取りまとめた「桜を見る会」の招待者の名簿についてお答えしたものであって、
各府省庁等から内閣府に対して提出された招待者の推薦名簿についてお答えしたものではない。

三について
「桜を見る会」の個別の招待者の推薦元については、当該招待者の個人に関する情報が明らかになる
おそれがあることから、お答えすることは差し控えたい。

四について
お尋ねの「予算上並びに決算上の決裁権者」の意味するところが明らかではないため、お答えすることは困難である。

五について
「桜を見る会」については、その準備や設営に最低限必要となる経費を前提に予算を計上しているところ、
実際の開催に当たっては、その時々の情勢を踏まえ、必要な支出を行っており、結果的に予算額を上回る
経費がかかったものであるが、当該経費は、会計法(昭和二十二年法律第三十五号)等に基づき
適法に支出されたものである。

5 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★