2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

【自民党】 改憲論議、3歩後退からスタートする前途多難 (1)自民党の正式な改憲草案ではない(2)提出ではなく提示(3)与党協議見送りで単独

1 :擬古牛φ ★:2018/10/11(木) 12:55:09.11 ID:???
★合計三歩も後退したところから出発する改憲論議の前途多難

「読売新聞」10月5日付の1面トップは「改憲案、自民単独で提示/臨時国会/与党協議見送りへ」の大見出しだった。
一般の読者がこれを見れば、「おっ、安倍さんもいろいろ難題を抱えて大変だが、改憲に関しては頑張って突き進むつもりらしいな」と思うかもしれない。
しかし、それは誤解である。憲法族の野党議員が次のように解説する。

「安倍は本当は、事前に公明党と調整し、与党としての改憲原案を衆参両院の憲法審査会に提出したかった。
それでないと、とうてい来年の参院選前(すなわち改憲派が3分の2議席を失う前)に国民投票を発議することなどできない。
ところが公明党は、いま9条改正に手を染めたら学会組織が崩壊するから応じない。そこで一歩後退して“自民単独”になった。
そのうえ自民が出すのは、12年の野党時代に公表した党としての正式な改憲草案ではなくて、
安倍が昨年5月に個人的に読売新聞などに発表した4項目のメモみたいなものだから、内容面でも一歩後退になる。
そうなると、憲法審査会の審議に堪えうる草案として“提出”することは諦めざるを得ず、代わりに、
そのメモみたいなものを“提示”することになった。
提示というのはプリントを配布して説明するだけだから、さらにもう一歩の後退――というのが読売の見出しの意味です」と。

 つまり、改憲を総裁3選後の最大テーマとする安倍は、最初からすでに合計三歩も後退したところから出発せざるを得なくなっているというのである。
しかも、自民党のベテラン秘書に言わせると「その4項目自体も怪しい」。

 4項目とは、9条3項追加、緊急事態条項、参院選合区解消、教育の充実と、
「改憲のやりやすそうな箇所」のつまみ食い候補リストで、相互に何の脈絡もなく、
従って「あるべき国の姿」を示しているわけでもない。
そんな4項目を、12年草案との整合性も定かならぬまま党の正式の案として議決せよと言われても、総務会も困るだろう。

 こういう安倍流の拙速で粗雑な改憲論議のやり方に公然と反発した石破茂が、総裁選で地方党員票の45%を集めたのだから、
全党打って一丸となって「これで行くぞ!」という盛り上がりに達することはあり得ない。
それが不安なので、改憲推進本部長に下村博文、総務会長に加藤勝信を配置したのだが、
安倍の言うことを聞くお友達で要所を押さえたからといって、全党が言うことを聞くとは限らない。

日刊ゲンダイDIGITAL https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/239197/1

2 :擬古牛φ ★:2018/10/11(木) 16:37:04.05 ID:???
【自民党】 中谷元・元防衛相と小泉純一郎元首相ら会食 憲法改正は「野党との合意形成が重要」との認識で一致 小泉氏「来年の国会発議は無理だ」
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsalpha/1539236648/

3 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★