2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【野党】国民の敵・野党「働き方法案」でちぐはぐ対応 「18連休」不評で欠席戦術もとれず 相変わらずの責任転嫁&モリカケ作戦もなすすべなし

1 :モチモチの木φ ★:2018/06/14(木) 01:40:10.56 ID:???
■「働き方法案」野党ちぐはぐ “18連休”不評で欠席戦術もとれず…

安倍晋三首相(63)が今国会の最重要法案と位置付ける「働き方改革関連法案」は5月末に衆院を通過し、
参院の審議を経て、会期内に成立する見通しだ。立憲民主党など主要野党は反対姿勢を貫いているが、
衆院厚生労働委員会では自分たちが「18連休」したにもかかわらず「質疑時間が浪費された」と恨み節を口にし、
あげく学校法人「森友学園」や「加計学園」の問題を持ち出す場面もあった。
ちぐはぐな追及が目立ち、めぼしい成果は出せなかった。


■18連休も「質疑時間を浪費」

「今週から私たちも復帰しますけど、ぜひ今後はこのようなことが決してないように。私たちの大切な質問時間が削られてしまった」
「全委員会が止まっている中で、厚労委だけが単独開催され、本当におかしい。質疑時間がこんな形で浪費されることはあってはならない」

4月下旬から5月上旬の大型連休前後を含め18日間も国会審議を拒否していた野党が復帰した5月9日の衆院厚労委員会。
立憲民主党の西村智奈美氏(51)は、野党の委員がいない状態で質疑時間が消化される「空回し」が行われたことを問題視し、
高鳥修一委員長(自民)や与党の対応を批判した。

だが、そもそも麻生太郎副総理兼財務相(77)の辞任など、ハードルの高い条件を持ち出して、
審議拒否に入っていたのは立憲民主党などの野党だった。
結果的に、麻生氏の辞任などは勝ち取れないまま審議に復帰。
希望の党代表(当時)の玉木雄一郎氏(49)自ら「地元や親からも『そろそろ出た方がいい』といわれる」と漏らすなど、
国会戦術は完全に不発だった。

にもかかわらず、野党は質疑時間の「浪費」の責任はあくまでも与党にあると譲らなかった。
>>2へつづく)

ソース:http://www.sankei.com/politics/news/180612/plt1806120002-n1.html

総レス数 4
5 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★