2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

【北海道電力】 泊原発で事故が起きた際の避難計画 半径30キロ圏に住む7万9000人の避難手順など、具体的な対応まとめる 今後、訓練などを通じて実効性検証

1 :擬古牛φ ★:2018/01/13(土) 14:49:04.95 ID:???
★原発避難計画 津波に備え改定 01月12日 10時19分

国や道は、北海道電力泊原子力発電所で事故が起きた際の避難計画について、
事故と同時に津波災害が起きた場合の避難の手順を新たに盛り込み、
今後、訓練などを通じて実効性を検証することにしています。

国や道はおととし、泊原発から半径30キロ圏に住む約7万9000人の避難手順など、
具体的な対応についての避難計画をまとめました。

しかし、この計画に基づいて行った避難訓練では、原発事故と同時に津波が押し寄せた場合、
どのように避難すべきかが明確になっていなかったため、国と道はこのほど計画を改めました。

改定された計画では、大津波警報や津波警報が出た場合には高台に逃げるなど津波からの避難を優先し、
危険が及ばない状況だと確認されれば、より広域な原発からの避難に切り替えるとしています。

このほか計画には、5キロ圏内に住んでいる介護が必要な高齢者がバスで避難する場合の経路を定めるなど、
10の項目について具体的な手順を盛り込んでいます。
国や道は、来月、地元の泊村などとともに行う避難訓練を通じて、
改定した計画の手順を確認するとともに実効性を検証することにしています。

NHK https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20180112/4109271.html

2 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★