2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

【歴史修正主義】 「南京事件はなかった」とする講演会で自民・希望の現職4議員(原田義昭・松原仁・山田宏・渡辺周)が演説へ 歴史捏造のトップ安倍晋三を批判か?

1 :擬古牛φ ★:2017/11/15(水) 06:17:14.57 ID:???
★「南京事件はなかった」とする講演会で自民・希望の現職4議員が演説へ


安倍首相も認める南京大虐殺を否定する講演会で、自民党と希望の党の国会議員4人が演説をすることが分かりました。詳細は以下から。

◆南京大虐殺否定の講演会で自民・希望議員4人が演説へ
12月13日に開催される「外務省 目覚めよ! 南京事件はなかった」などとする大講演会において、
原田義昭(衆議院議員・自民党)、松原仁(衆議院議員・希望の党)、山田宏(参議院議員・自民党)、渡辺周(衆議院議員・希望の党)の
4人の現職国会議員が演説を行う事が新しい歴史教科書をつくる会のツイッター公式アカウントによって発表されました。

開催1か月前!
本年12月13日は南京陥落80周年。
下記4人の国会議員による演説会が開催されます。是非ご参加下さい。
原田義昭(衆議院議員・自民党)
松原仁(衆議院議員・希望の党)
山田宏(参議院議員・自民党)
渡辺周(衆議院議員・希望の党)
 
12/13(水)18時50分開演
会場:文京シビック小ホール pic.twitter.com/GhM9oTDhvq
―新しい歴史教科書をつくる会【公式】 (@Tsukurukai) 2017年11月13日


(魚拓)
このツイートに添付された講演会のフライヤーでは南京大虐殺を「中華民国の戦時宣伝」であると断じ、「歴史捏造」だと非難します。
そして南京大虐殺を認めたのが外務省であるとして「ホームページから南京事件の項目を消せ」と迫るという
歴史修正主義のお手本のような内容となっています。

◆日中共同歴史研究は安倍首相のプロジェクト

しかし、外務省を批判する中で示される日中共同歴史研究は2006年に安倍首相と胡錦濤国家主席(当時)が立ち上げたもの。
2006年に就任したばかりの安倍首相は中国を訪問して胡錦濤国家主席(当時)と会談し、
両国は相手側の「平和的発展」を評価するとともに、両国の責任は「アジア及び世界の平和、安定及び発展に対して共に建設的な貢献を行うこと」だと主張しました。
そしてその一環として日中両国の研究者が未来志向の日中関係の枠組みの下で歴史共同研究を実施することになり、
日中からそれぞれ10名の研究者を選出、共同研究委員会を組織して古代・中近世史と近現代史の研究テーマを決定して論文が執筆されたのです。

つまりこの日中共同歴史研究は安倍首相肝いりのプロジェクトであり、南京大虐殺はその研究の内容として両国が正式に認めたもの。
決して外務省が独断で記載しているものではありません。長くなりますが研究論文から当該部分を引用します。

中支那方面軍は、上海戦以来の不軍紀行為の頻発から、南京陥落後における城内進入部隊を想定して、
「軍紀風紀を特に厳粛にし」という厳格な規制策(「南京攻略要領」)を通達していた。
しかし、日本軍による捕虜、敗残兵、便衣兵、及び一部の市民に対して集団的、個別的な虐殺事件が発生し、強姦、略奪や放火も頻発した。
日本軍による虐殺行為の犠牲者数は、極東国際軍事裁判における判決では20万人以上(松井司令官に対する判決文では10万人以上)、
1947年の南京戦犯裁判軍事法廷では30万人以上とされ、中国の見解は後者の判決に依拠している。
一方、日本側の研究では20万人を上限として、4万人、2万人など様々な推計がなされている。
このように犠牲者数に諸説がある背景には、「虐殺」(不法殺害)の定義、対象とする地域・期間、
埋葬記録、人口統計など資料に対する検証の相違が存在している。

日本軍による暴行は、外国のメディアによって報道されるとともに、南京国際安全区委員会の日本大使館に対する抗議を通して
外務省にもたらされ、さらに陸軍中央部にも伝えられていた。その結果、38年1月4日には、閑院宮参謀総長名で、
松井司令官宛に「軍紀・風紀ノ振作ニ関シテ切ニ要望ス」との異例の要望が発せられたのであった。(続く)

BUZZAP! 2017年11月14日 11時17分 (2017年11月14日 23時30分 更新) https://www.excite.co.jp/News/it_g/20171114/Buzzap_45963.html

続きは>>2-4

2 :擬古牛φ ★:2017/11/15(水) 06:17:31.09 ID:???
>>1の続き

虐殺などが生起した原因について、宣戦布告がなされず「事変」にとどまっていたため、
日本側に、俘虜(捕虜)の取扱いに関する指針や占領後の住民保護を含む軍政計画が欠けており、
また軍紀を取り締まる憲兵の数が少なかった点、食糧や物資補給を無視して南京攻略を敢行した結果、
略奪行為が生起し、それが軍紀弛緩をもたらし不法行為を誘発した点などが指摘されている。
戦後、極東国際軍事裁判で松井司令官が、南京戦犯軍事法廷で谷寿夫第6師団長が、それぞれ責任を問われ、死刑に処せられた。

(第2章 日中戦争―日本軍の侵略と中国の抗戦 より引用)

南京大虐殺を「歴史捏造」だと否定することは、安倍首相がこの「歴史捏造」のトップにいることを認めて
非難することになりますが、演説を行う4議員はそのことを理解できているのでしょうか?

【11/14 15:40訂正・追記】
当該講演会の主催者は「新しい歴史教科書をつくる会」ではなく、「南京戦の真実を追求する会(会長 阿羅健一)」であると
「新しい歴史教科書をつくる会」から指摘がありましたので記事内容を訂正致しました。
公式アカウントで「外務省 目覚めよ! 南京事件はなかった」に対して「是非ご参加下さい」と呼びかけていた理由については
現在問い合わせ中であり、返答を頂き次第さらに追記致します。
なお、南京戦の真実を追求する会の会長である阿羅健一氏はつくる会の「ユネスコ「南京」登録に反撃する国際シンポジウム」の
開催呼びかけ人や「「河村発言」支持・「南京虐殺」の虚構を撃つ緊急国民集会」の登壇者であり、
つくる会の会報誌「史」97号には「いま起こっている「展転社裁判」の意味するもの」という文章も寄稿している人物です。

また、「外務省 目覚めよ! 南京事件はなかった」の共催に名前を連ねる「南京の真実国民運動」は上記の
「ユネスコ「南京」登録に反撃する国際シンポジウム」をつくる会と共催しており、
連絡先・署名送付先も「歴史教科書をつくる会気付 南京の真実国民運動」とされています。

【11/14 18:20追記】
「新しい歴史教科書をつくる会」から「外務省 目覚めよ! 南京事件はなかった」講演会に対して
「是非ご参加下さい」と呼びかけていた理由について問い合わせたところ、同会事務局より丁寧な回答を得ることができました。
それによると、講演会の告知は阿羅健一氏からの依頼を受けたもの。阿羅健一氏が以前からつくる会のの教科書改善運動、
さらにつくる会も加盟している「南京の真実国民運動」にも協力している縁から依頼を受けたということ。
また、「南京戦の真実を追求する会」に限らず、関係者から依頼があったり当会役員が登壇の予定があれば、
主催でなくともSNSでのイベントの告知はこれまでも行ってきたということです。

以上

3 :名無しさん@15周年:2017/11/15(水) 07:49:13.91 ID:L/WdOLlMD
別にそういう人がいてもいいと思うよ。反対派が「大虐殺はあった」とする講演会をして、中国政府幹部を招待したらいいんじゃないかなぁ?

4 :名無しさん@15周年:2017/11/15(水) 10:54:28.46 ID:nVr7wdlk/
安倍総理激怒?? 俺、南京大虐殺はなかったとは言っているが南京で小規模な
人民解放軍や国民党軍の日本人虐殺はあつたと認めている

問題は南京日本人虐殺を中国人虐殺にすり替えて総数を3億人とか言い切る習近平に
問題があると言うことらしい??? 本当だろうか・・・・・???

歴史は習近平の深い眠りの中で造られているようだ???

5 :名無しさん@15周年:2017/11/15(水) 14:34:34.20 ID:Zs4cbvBiK
南京大虐殺はなかったが
なぜ南京事件はなかったとなるのか
ねつ造プロパガンダですね

6 :名無しさん@15周年:2017/11/15(水) 19:11:45.26 ID:aFz0m2HLa
大虐殺ちゃうんかこら
すりかえやがってシナチクが

7 :名無しさん@15周年:2017/11/15(水) 19:49:13.60 ID:ruciCLLHF
タイトルと記事の中身と
単語の使い方がぐちゃぐちゃ
歴史捏造などどうということない
と思っている記者,会社,人種,国家には
生命で分からせてやるよ

8 :名無しさん@15周年:2017/11/17(金) 14:44:20.47 ID:neTjjEB+T
国立国会図書館で戦時中に三笠宮崇仁が書いた軍部批判の論文
「支那事変に対する日本人としての内省(幕僚用)」が見つかったことにより、
「THIS IS 読売」(1994年4月号)において、崇仁へのロングインタビュー、
論文の全文掲載、研究者による解説など崇仁の特集が組まれた。

◆南京事件に対する質問に対し昭和天皇の弟、三笠宮殿下は次のように答えている。

 「(質問者) 最近また南京大虐殺について、閣僚の発言が問題になりましたが、
同じような問題が何回も繰り返し問題になるのは困ったことだと思います。
三笠宮殿下はこの問題についてどのように受け止めておられますか。

三笠宮  最近の新聞などで議論されているのを見ますと、なんだか人数のことが問題になっているような気がします。
辞典には、虐殺とはむごたらしく殺すことと書いてあります。つまり、人数は関係ありません。

私が戦地で強いショックを受けたのは、ある青年将校から
「新兵教育には、生きている捕虜を目標にして銃剣術の練習をするのがいちばんよい。それで根性ができる」という話を聞いた時でした。
それ以来、陸軍士官学校で受けた教育とは一体何だったのかという懐疑に駆られました。

また、南京の総司令部では、満州にいた日本の部隊の実写映画を見ました。
それには、広い野原に中国人の捕虜が、たぶん杭にくくりつけられており、そこに毒ガスが放射されたり、毒ガス弾が発射されたりしていました。
ほんとうに目を覆いたくなる場面でした。これこそ虐殺以外の何ものでもないでしょう。」(54-56頁)
として、人数の問題にとらわれず南京事件そのものを認める発言をしている。 

 また、ロングインタビューでは15年戦争期全般についても語っており、軍紀風紀の乱れ、
捕虜の虐待・虐殺、占領地での虐殺などの原因について国際連盟脱退を指摘している。
 
「そして全世界を敵に回すことになったのです。それから日本軍(人?)の心の中から
「国際法」を守らなければならないという気持ちが消え失せたのではないでしょうか。」(57-58頁)

9 :名無しさん@15周年:2017/11/18(土) 06:54:30.37 ID:oBOaXmQPj
通州大虐殺
中国人が日本人居留者を強姦、虐殺を行った事件ですが
南京より前に起きた大虐殺ですが
このときの写真をねつ造し南京大虐殺として
使っていたことが明らかになっています

中国人による通州大虐殺も問題化しなければおかしいですね

10 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★