2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

【忖度報道】 トランプ来日を褒めちぎるマスコミの劣化 ゴルフ接待からコイの餌やりまで 朝鮮半島有事のリスクを示せ

1 :擬古牛φ ★:2017/11/14(火) 23:30:22.87 ID:???
★トランプ来日を褒めちぎるマスコミの劣化 ゴルフ接待からコイの餌やりまで

トランプ米大統領の「初来日」が終わった。10月5日から7日までの3日間、メディアは日米首脳会談からコイの餌やりまで、
事細かに動静を報じた。だが、ジャーナリストの沙鴎一歩氏は「巧みなパフォーマンスにだまされるな」と警鐘を鳴らす――。

●どの新聞も批判の色合いが薄い

まるで「お祭り騒ぎ」だった。テレビ各局は朝から晩まで、ゴルフ接待やワーキングランチ、夕食会の様子などを事細かに報じつづけた。

トランプ米大統領と安倍晋三首相の日米首脳会談である。
前回(11月7日掲載)、沙鴎一歩はトランプ氏の巧みなパフォーマンスに「だまされてはならない」と書いた。

新聞各紙をつぶさに読んでいると、批判精神の衰えが気になる。各紙の社説は大丈夫だろうか。
そう心配しながら7日付の各紙を読むと、不安は的中した。どこも批判の色合いが薄いのだ。特に社説がこの内容では恥ずかしい。

●論説委員は現場を取材して社説を書け

なぜ社説の批判精神が衰えているのか。責任は社説を担当する論説委員にある。
新聞記者の大原則は、現場に足を運んで取材し、取材相手の話を理解したうえで、「果たしてそうだろうか」と疑うことだ。
だが、論説委員はそれをしない。だから批判力が失われていく。

沙鴎一歩も新聞社で論説委員を担当した経験がある。自戒を込めれば、論説委員を長くやればやるほど
「レッグワーク」がおざなりになり、新聞記事やテレビニュースを頼りに社説を書くようになる。

●東京新聞までがトランプ氏に好意的?

日米首脳会談について新聞社説がどう書いているか。読売、産経、毎日、東京、日経の冒頭部分を並べると、以下のようになる。

「北朝鮮情勢が緊迫の度合いを増す中、日米の強固な結束を内外に示した意義は大きい。アジア太平洋地域の安定と発展につなげたい」(読売社説)
「大統領の初来日の大きな成果といえよう。2日間にわたり、首脳会談やワーキングランチ、拉致被害者家族との面会、ゴルフなど長時間を共に過ごした成果だ」(産経社説)
「幅広い課題を率直に議論できる日米関係の現状は評価されよう」(毎日社説)
「トランプ米大統領のアジア歴訪だ。その姿勢は歓迎する。戦略的な外交を展開してほしい」(東京社説)
「異例のゴルフ接待には賛否両論あるが、緊密なシンゾー=ドナルド関係が日米同盟をより強固にしたといってよいだろう」(日経社説)

いずれもトランプ氏の来日と日本での言動を評価している。あの過激発言を繰り返したトランプ氏の異常さが、ここでは消えてしまっている。
特にトランプ政権を強く批判してきた東京新聞までが「歓迎する」と好意的なのには驚かされた。

●朝日だけが「半本」で扱いが小さい

5紙が大きな1本で社説を展開しているのに対し、全国紙では朝日だけが、社説の扱いは「半本」と小さくしている。
冒頭部分では、朝日らしくこう主張している。

「会談後の共同記者会見で首相は、日米が『北朝鮮への圧力を最大限まで高めていくことで完全に一致した』と強調した。
だが圧力は対話のための手段であり、そこに導く粘り強い外交努力が日米双方に求められる」

朝日社説は北朝鮮問題について、首尾一貫して「対話」を求めてきた。これは沙鴎一歩の考えと共通する。
「目には目を」「歯には歯を」では激突を招くだけだ。今後も朝日社説は「対話」重視を貫いてほしい。

問題はどうやって北朝鮮を対話のテーブルにつかせ、どう説得して核・ミサイル開発を止めさせるかだ。
朝日の論説委員たちは社外の専門家を交え、そこを真剣に議論すべきだ。
そして「圧力」ばかりを重視するトランプ氏や安倍首相の姿勢をただし、読者が身を乗り出すような論説を展開してほしい。
(続く)
プレジデントオンライン http://president.jp/articles/-/23588

続きは>>2-4

10 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★