2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

【マスコミ】野党と一部メディアのフェイクニュースと印象操作は「倒閣」と「改憲潰し」を狙っている

2 :モチモチの木φ ★:2017/07/13(木) 23:02:39.11 ID:???
>>1から続き)

一部の新聞が連日、このような「空気」をつくる記事を書き立て、テレビのワイドショーが唱和する。
野党や一部メディアはこちらの方が政権にダメージを与えるのに効果的と判断したようだった。
この中での都議選に自民党が勝てるわけがない。

この動きは、安倍首相が5月3日(憲法記念日)の読売新聞紙上と民間改憲団体へのビデオメッセージで、
憲法9条1項、2項を維持したままで自衛隊を憲法に位置づけることを提案したことで、その本気度に火がついた。
さらに、首相が6月24日、神戸「正論」懇話会で、今秋に召集される臨時国会中に自民党としての改憲案をまとめ、
憲法審査会に提出したい意向を表明したことで過熱した。

安倍首相の改憲案は特別な内容ではない。
「戦力」の不保持を規定した9条2項の抜本的改正ではなく、公明党が従来唱えていた加憲案であり、
民進党の前原誠司元外相も昨年9月の代表選で提案している。
9条に条文を追加して自衛隊を位置づける案は、枝野幸男元官房長官も提唱している(文芸春秋、13年10月号)。

その程度の内容なのに、改憲が具体的に政治日程に載りそうなると、倒閣と「改憲潰し」の動きが本格化した。
都議選の惨敗を受けて、安倍首相は周囲に「護憲勢力の力を改めて思い知ったよ」と漏らしている(産経新聞、7月8日付)。

憲法改正をめぐって、政策論争とは別の次元で攻防戦が繰り広げられている。

(以上)

10 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★