2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

CanCamモデル☆中条あやみ☆ポーちゃん #12

1 :無名モデル:2018/04/30(月) 20:55:35.80 ID:VnEN0LdD.net
☆基本データ
・生年月日: 1997年2月4日
・血液型: O型
・身長: 170cm

アンカー荒らしは出禁!

☆公式ページ
http://www.tencarat.co.jp/nakajoayami/

☆CanCamプロフィール
https://cancam.jp/archives/category/model/ayaminakajo

前スレ
STモデル☆中条あやみ☆ポーちゃん #11 http://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/model/1516535594/

176 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:08:18.11 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

177 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:08:33.35 ID:???.net
.

178 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:08:48.63 ID:???.net
.

179 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:09:03.81 ID:???.net
.

180 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:09:19.19 ID:???.net
.

181 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:09:34.44 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

182 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:09:49.73 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

183 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:10:05.09 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

184 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:10:20.51 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

185 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:10:35.67 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

186 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:10:50.92 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

187 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:11:06.14 ID:???.net
.

188 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:11:21.35 ID:???.net
.

189 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:11:36.58 ID:???.net
.

190 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:11:51.80 ID:???.net
.

191 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:12:07.07 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

192 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:12:22.42 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

193 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:12:38.05 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

194 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:12:52.93 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

195 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:13:08.16 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

196 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:13:23.47 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

197 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:13:38.78 ID:???.net
.

198 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:13:54.00 ID:???.net
.

199 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:14:09.35 ID:???.net
.

200 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:14:24.78 ID:???.net
.

201 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:14:39.94 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

202 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:14:55.24 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

203 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:15:10.48 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

204 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:15:25.75 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

205 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:15:40.92 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

206 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:15:56.13 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

207 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:16:11.38 ID:???.net
.

208 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:16:26.61 ID:???.net
.

209 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:16:41.84 ID:???.net
.

210 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:16:57.06 ID:???.net
.

211 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:17:12.33 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

212 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:17:27.46 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

213 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:17:42.69 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

214 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:17:57.90 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

215 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:18:13.12 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

216 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:19:13.84 ID:???.net
.

217 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:19:29.99 ID:???.net
.

218 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:19:45.20 ID:???.net
.

219 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:20:00.49 ID:???.net
.

220 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:20:15.82 ID:???.net
.

221 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:21:04.85 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

222 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:21:20.35 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

223 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:21:42.62 ID:???.net
.

224 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:21:58.08 ID:???.net
.

225 :無名モデル:2018/05/28(月) 19:22:13.35 ID:???.net
エンゼルス・大谷翔平選手とヤンキース・田中将大投手との直接対決が実現した。
「4番・指名打者」で先発した大谷は1回の第1打席に空振り三振、
するとその後は四球、空振り三振と田中の前に完敗に終わった。
先発した田中は6回を投げて3安打8奪三振で今季6勝目を挙げた。
昨オフの争奪戦では最有力と言われながら、最終面談からも外されたヤンキース。
逃した魚が今や全米注目の選手となっているだけに、地元ファンの悔しさも倍加される。
25日の初戦の第1打席から続く容赦ないブーイングは、
この日はそのまま地元のヒーロー、田中への声援でもあったはずだ。
「普段と変わらずに1打席1打席、自分ができる仕事ができればいいかな、
という気持ちで打席に入りました」
第1打席は1回2死一塁の場面だった。
初球は真っ直ぐではなく141キロのスプリット。
力任せに真っ直ぐで入らなかったところに、田中の大谷への警戒心が象徴されていた。
2球目の148キロフォーシームも外角にボールとなると、
3球目は外角のボールゾーンからストライクに入れてくるバックドアのスライダーが決まった。
そこからボール1つを挟んでの5球目、真ん中寄りのスライダーを大谷が空振りしてフルカウント。
そうして最後はスライダーがやや抜けて、
結果的にはそれが逆に大谷のタイミングを外すことになって空振りの三振となった。
メジャーは情報戦と言われる。
すでに打者・大谷は、このヤンキース戦で打席数が100を超え、
配球や打球方向の基本的なデータもほぼ揃ってきている。
ここのところの相手投手の攻略法を見ていると、外角中心の組み立てで
力のあるストレートを持つ投手は高めの真っ直ぐを活用するのが大谷攻略法の定番になってきている。
ただ、田中のようにフォーシームが140キロ後半の投手は、いかに配球を間違えずに、
そのフォーシームと同じところからスプリットやスライダーを使い分けていくかが勝負になるわけだ。
「やはり簡単に抑えられるバッターではない。
選球眼もいいですし、なかなか臭いところを振ってこなかったので、必死に抑えました」
試合後のテレビのインタビューで田中がこう語ったように、
どれだけボールゾーンとの境界線で勝負できるか。
そういう意味ではこの日の田中は、まさに教科書通りの大谷攻略法をマウンドで示した投球内容だ。
「最初の打席に関してはしっかり見られたし、結果的には三振になりましたが、
しっかり(ボールを)見られた」
逆にいえば第1打席の大谷には、打てるボールがほぼなかったので、
本人もある意味、納得の結果だったということだ。
初球の147キロのフォーシームが外角低めに外れ、
2球目もスライダーがインコース低めに微妙に外れた。
3球目のスプリットは空振りだったが、続く4球目はフォーシームが高めに抜けて、
最後のスプリットもボールとなっての四球だった。
日本時代の大谷と田中の直接対決は2013年の1シーズンだけある。
大谷がプロ入り1年目、田中が破竹の24連勝で楽天を日本一に導いたシーズンだ。
そのときの2人の対戦は田中が11打数無安打6三振2四球と圧倒した内容を残している。
「今日だけでは難しいですけど、全体的にみたら変化球の割合が多いんじゃないかなと思う。
良い悪いは別にして、そこが日本と少し違うのではないかなと思います。
(ボールが)微妙に動いたり、そういうところも違うのかなと思う」
5年の年月を経た田中の変化を問われた大谷の答えだ。
日本では力で圧倒するパワーピッチでねじ伏せられた。
しかし5年の時とメジャーというハードな環境の中で田中は技の投手へと変化していった。
その真骨頂を見せつけられたのが、2つ目の三振を奪われた6回1死からの第3打席だった。
この打席は初球のフォーシームが低めに外れたが、続くスライダーを大谷がファウルチップ、
3球目は149キロの外角低めに制球されたフォーシームを見送り。
最後はきっちり低めに落とされた142キロのスプリットに大谷のバットが空を切った。
「際どいところにしっかり制球されていたので、なかなか打てなかったという感じでした。
最後の打席は完全にあっちのペースで、自分が振らされたという感じでした」
試合後の大谷は、さすがに完敗を認めざるを得なかった。
試合後の田中も、5年での大谷の変化を確実に感じていた。
「今シーズンはここまですごく打っていて、それだけでも神経を使う。
加えて選球眼がいいので、臭いボールはなかなか振ってこなかった。
今日は抑えられましたけど、容易ではないです」
5年間のギャップの後に見た打者・大谷には、
確かにルーキーながらメジャーで結果を残している裏付けを見て取っていたのだ。

514 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★