2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

母の泣ける話ください

1 :癒されたい名無しさん:2008/04/07(月) 12:27:24 ID:ulMXzlSe.net
昨年暮れに母を亡くしました
当時は辛い日々をおくっていましたが
今では普通の生活に戻れました

母親の泣ける話をください、時には泣いてすっきりしたいです
コピペでも創作でも実話でもかまいません
よろしくお願いします。

2 :癒されたい名無しさん:2008/04/07(月) 13:36:51 ID:6ibtWwQP.net
2

3 :癒されたい名無しさん:2008/04/07(月) 15:40:50 ID:zPttUDzo.net
手が震えて玉子焼きが上手く作れないコピペあったな
あのお母さんも亡くなってたような、、、

4 :癒されたい名無しさん:2008/04/07(月) 16:02:10 ID:zPttUDzo.net
探したらあった


私の母は昔から体が弱くて、それが理由かは知らないが、
母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えないほど質素で見映えの悪い物ばかりだった。
友達に見られるのが恥ずかしくて、毎日食堂へ行き、お弁当はゴミ箱へ捨てていた。
ある朝母が嬉しそうに「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ」と私に言ってきた。
私は生返事でそのまま学校へ行き、こっそり中身を確認した。
すると確かに海老が入っていたが殻剥きもめちゃくちゃだし、彩りも悪いし、
とても食べられなかった。
家に帰ると母は私に「今日の弁当美味しかった?」としつこく尋ねてきた。
私はその時イライラしていたし、いつもの母の弁当に対する鬱憤も溜っていたので
「うるさいな!あんな汚い弁当捨てたよ!もう作らなくていいから」とついきつく言ってしまった。
母は悲しそうに「気付かなくてごめんね…」と言いそれから弁当を作らなくなった。

それから半年後、母は死んだ。私の知らない病気だった。
母の遺品を整理していたら、日記が出てきた。
中を見ると弁当のことばかり書いていた。
「手の震えが止まらず上手く卵が焼けない」 日記はあの日で終わっていた。
後悔で涙がこぼれた

5 :癒されたい名無しさん:2008/04/07(月) 16:11:15 ID:gojvfHfl.net
>>4 ゚。(p>∧<q)。゚゚

6 :癒されたい名無しさん:2008/04/07(月) 18:44:50 ID:hIZwDocC.net
STEELHEARTっていうアメリカのHR/HMバンドがあるんだけど、彼等の2枚目のアルバムに入っている「Mama don't you cry」という曲を騙されたと思って、是非一度聴いてみてごらん。

7 :アキ:2008/04/07(月) 22:09:06 ID:9I4vUdnc.net
母のことを文にするのは人生で2回目だ。
一回目は・・小学校6年生の時の参観日の『家族について』で母のことについて書いた。
今日で2回目だ。私が小さい頃から母は精神的な病気で入退院を繰り返している。
『育児ノイローゼ』だとか『精神分裂症』だとか聞かされていた。
自分のことを『私はマリーアントワネット』だ。とも言っていた。
小学生の頃、『今日からこの家に帰ってこなくていい。』と捨てられた。
でも帰る所のない私は家へ帰った。
ドアを叩いても出てくれない。小さなボロいアパートだ。中に居るのはわかる。
夜遅くになり、電気が点いた時にドアを叩くと何もなかったように中に入れてくれた。
その月に入院が決まった。
入院する直前には、家族のこともわからなくなり、敵視されていた。
『どこか知らない場所に連れて行かれてたまるもんか!!』と・・。
収拾がつかないので、救急車で母を病院に連れて行った。
暴れていた。『殺されるっっ!!』とも叫んでいた。
小さいながらにも痛々しくて、涙が出た。
もう母に会えないんではないかと・・。
救急車に運ばれて行ってからの部屋はガランとしていた。
家はとても貧乏で父が家に帰って来なかったら食費すらなかった。
週に1,2度しか帰って来ない父。食事も貧相なものだった。
でも、病気の症状が出るまでの母はとても明るく振る舞い、『今日はお母さんお腹空いてないから、あんたらいっぱい食べ!!』と笑っていた。
家にお金がある時に見よう見まねで作らせてくれた、私の料理を残さず食べてくれた。
母がいなくては生きていけないとさえ思った。
なのに・・今、あなたのことを恥じている自分がいる。
なぜ、あなたの子に生まれたのだろう?
なぜ、自慢できる母じゃないのだろう?
なぜ、あなたは病気なの?
なぜ、自分は捨てられたのだろう・・と。
もう何年、喋ってないだろう。
今は社会復帰もできない母。
私の名前を覚えているだろうか?
顔を見て『あき』と呼んでくれるだろうか?
あの一番最初にあなたのことを書いた時には、あなたが居たかどうかは覚えてません。
でも、あなたへの手紙を書いていたのに泣いて読めなくて先生に読んでもらったことは覚えている。
本当に大好きだった母。私はまだ、あなたにかける言葉が見つかりません・・。
なんて呼べばいいのかもわかりません。
あなたは私のこと、覚えてますか?

8 :癒されたい名無しさん:2008/04/09(水) 05:00:36 ID:EgiCzkky.net
私の父は私が5歳のときに白血病で亡くなりました。
それからは母が働き、祖母が私と弟の面倒をみるようになりました。
母は、仕事を始めてからは料理はしないし、
洗濯もしないので、家事は全て祖母がやっていました。
だから私は母親の手料理の味を覚えていません。
母はそういう面では母親らしい人ではありませんでした。
でも私はそんな母が大好きでした。
身だしなみにすごく気を使っていたので友達のお母さんよりも綺麗でした。
音楽やファッションもわりと若々しく、友達のような感じでした。

そんな母が、乳癌だとわかったのは私が小学校6年生の時でした。
そのときは本当に驚いたのですが、手術をすれば大丈夫だと思っていたので
お母さんはすぐに元気になるんだ、と思っていました。
そのとおり、摘出手術をしてからは仕事にも無事復帰。
通院は続いていましたが、私は根拠のない大丈夫を信じていました。
私が中学1年生の夏ごろ、癌細胞が肝臓に転移しているのがわかりました。
私は癌に全然詳しくなかったので、また手術すればすぐに治る、と思っていました。
しかし、容態は良くなる気配を見せず、母は見る見るうちに衰えていきました。
仕事も辞め、家と病院を行き来する毎日が続きます。
抗がん剤の作用で髪が抜け落ちたり、吐き気がひどかったりすることもありました。
そして私が中学二年生の夏ごろから入院生活になりました。
それでも心のどこかでわたしのお母さんが死ぬわけない、と思っていました。
最初の頃はたくさんお見舞いも行きましたが、だんだんその回数も減っていきました。
冬のはじめのある日、母から電話がきました。
「ちゃんとおばあちゃんの言うこときいてね。お手伝いもちゃんとしなきゃだめだよ」
すごく疲れた声でした。
(つづく)

9 :癒されたい名無しさん:2008/04/09(水) 05:03:22 ID:EgiCzkky.net
(つづき)
それから一週間後の早朝に、母は亡くなりました。
母が亡くなる前日の夜、なぜか私はすごく不安になり、しばらく眠れなかったのを
覚えています。
祖母から電話がきて、早く弟と一緒にタクシーで来てといわれ、弟とタクシーで病院へ
向かいました。
そのときは全く実感がわかなく、そして弟を不安にさせちゃいけないと思い、
すごく冷静だったと思います。
母の病室のある階につき、祖母の震えた声で私たちを呼ぶ声が聞こえた瞬間、
糸が切れたように涙がでてきました。
あぁ、本当にお母さんは死んでしまったんだ、と。

亡くなる直前の母は、モルヒネによる副作用で、幻覚がみえたりして
とてもやつれていたそうです。
だから本当はあまり私や弟にお見舞いにきてほしくなかったそうです。
髪の毛がないこともたぶんとても気にしていたと思います。
最期の最期まで、母は私の母らしい人でした。

祖母から聞いた話ですが、母は亡くなる前、
○○(弟の名前)が高校卒業するぐらいまでは生きたいな、と言っていたそうです。
その話を聞いて、また涙がでました。

お母さんに会いたいです。
会ってたくさん話したいです。
学校のこと、部活のこと、音楽のこと、たくさんたくさんきいて欲しいです。
以前より成長した今の私なら、お母さんとたくさん語れる気がするよ。
これからはおばあちゃんの手伝いをしたりして、お母さんに心配かけないようにするね。
今でもたまにお母さんの夢をみて泣いてしまうことはあるけど、私は大丈夫です。
次に会うときは、たくさんわたしの話聞いてね。
おもしろい話たくさん用意しておくね。

長文・乱文すみませんでした。
読んでいただきありがとうございました。

10 :のん:2008/04/09(水) 20:30:41 ID:SkVL7fe2.net
これは私の実話です。
ママは中国人です。
日本人である父親と結婚するために、
国の家族と離れた日本でがんばッて暮らすことにしたそうでした。
父親は結婚して、ママに日本語を懸命に教えました。
それでママも日本語が上手になッたようでした。
そんな中、うちのお姉ちゃんが日本で生まれました。
そして、中国に帰国した時、私が生まれました。
でもね、うちが物心ついた頃には…
ママは毎日、ことあるごとに父親に殴られるようになってしまってた。
そして、あからさまに、父は不倫を続けてた。
父の暴力はウチ等に向けられることも度々あった。
でも、そのたびにママがかばってくれて、ウチ等の替わりに殴られてた。
ウチ等はいっつも、そんなママの腕の中で、ただただ泣いてることしかできんかった。
お母さんは一回だって、泣いたことがなかった。
いつも笑顔で、「大丈夫」としか言ってくれんかった。
その頃のうちは小学校低学年。
だから、ママがいくら殴られても、お父さんの恐怖は感じれるのに、
笑顔で大丈夫ってゆうお母さんの辛さを、全く気付いてあげれんかった。
本当に辛くないもんだと思ってしまってた。
どんなに辛くてもママが離婚せんかったのは、
多分極度の負けず嫌いだったからだと思う。
絶対大丈夫だって大見得切って、
猛反対された日本人との結婚を成功させて…
それなのに離婚しちゃったら、中国に置いて来た家族に顔向けできないじゃんね?
そんなちょっとしたプライドのために…
あんなに傷付かんでも、良いじゃんね。
うちには絶対真似できん。
お母さんが口うるさく怒るのは、
ウチ等に立派な大人になって欲しいから。
そんなこと、小学校低学年なウチには全く理解できとらんかった。
どんなにママがウチ等を愛してくれとったんか、
全く理解できとらんかった。
じゃけぇ度々、ママなんか大ッ嫌ぃッてゆっとったし、
ママなんか死んじゃえッて、めっちゃ言いまくっとった。


11 :のん:2008/04/09(水) 20:32:28 ID:SkVL7fe2.net
・続き・
ウチが小学校3年生の頃、
お姉ちゃんは小学校6年生で、受験シーズンだった。
お父さんの暴力をいっぱい見てきたお姉ちゃんは、
暴力の重さが分からんくなっとった。
受験のストレスをめいっぱいウチにブツけてきた。
酷い暴力をいっぱい受けた。
家族で1番小さくて無力なウチは、そのストレスのブツけどころがどこにもなくて…
いっつもママに当たってしまっていた。
自由帳の丸々一ページにでっかく、「ママなんか死んじゃえ」って書いた。
ママの悪口しかかけなかった。理由は簡単。
お姉ちゃんとか父の悪口書いてバレたら、後が怖いから。
でもウチは、ママが世界で一番大好きだった。
お姉ちゃんの受験結果を発表する日がやってきた。
女学院は補欠、安田は合格、といった結果だった。
安田に受かったお祝いに、家族皆でお祝いすることになった。
その日は、ママがウチのコップを落として壊しちゃった。
ウチは泣きながら、「ママなんか大っ嫌い!死んじゃえっ!!」って言った。
ママは「ごめんね」って言って、静かにコップの破片を拾った。
ウチは不機嫌なまま、タクシーに乗ってお姉ちゃんのお祝いをする中華料理店に向かった。
その頃にはもうお母さんは笑顔で、うちも笑顔で、
「かんぱーい」って言って、ビールを飲もうとした。
その時、ママは泡を吹いて、唸りながら自分の顔を机の上に押し付けた。
ウチとお姉ちゃん、おばあちゃんは大パニックで救急車を呼んだ。
ママは病院に運ばれた。
意識不明で、重体。
ママは病気だった。
病名は、脳梗塞。
ウチはママに死ねって言ったことを、酷く後悔した。
ママが看護婦の人にオムツを替えてもらってた。
オムツには排泄物がついてた。
うちはそれを「汚い」って思ってしまった。
ママに家族全員で手紙を書いた。
父はママが倒れたことで、本当に反省して、手紙を書いてた。
ウチ等は家族全員で書いた手紙を泣きながら読み上げた。
お母さんの心電図が、父の手紙を読んだ時、大きく動いた。
・続く・


12 :のん:2008/04/09(水) 20:33:21 ID:SkVL7fe2.net
・続き・
もしかして、父の手紙に反応してる!?
ウチは悔しかった。
家族で一番ママを好きな自信があった。
父よりママを大切にしてる自信があった。
でも、これを読み続けたらもしかしたら…
ママが目を覚ましてくれるんじゃないかな?
そんな淡い期待を抱いて、何回も父の手紙を声に出し読み返した。
でも、ママの心電図は元に戻っちゃって…
それ以降動くことはなかった。
ママが意識不明の重体で、病院で寝込んでる。
なのにウチは、小学校に行かされた。
2日後、ウチが小学校に行ってるうちに、ママが死んじゃった。
病院にお見舞いに行く度にウチは涙を流してた。
なのに、ウチは泣けなかった。
皆泣いてた。父も泣いてた。
なのに、ウチだけ、泣けなかった。
ママが死んだことを、自分は悲しんでないのかな?
そんなことを考えちゃって、悲しくなった。
でも絶対に、涙は流れなかった。
骨を拾った。
ママの頭蓋骨の一部が、赤く染まってた。
これはママの血?ってきいたら、そうではないらしかった。
喉仏の紹介とかされた。
別にどーでも良かった。実感なんて、沸かなかった。
それが人の骨である、ということさえ、忘れていたかんじ。
通夜が終わって家に帰って自由帳を取り出した。
「ママなんか死んじゃえ」って言う文字を
「ママ、がんばって、生きぬいて」に変えてた。
もうママは死んじゃってるのに。
今更書き換えたって、ママが帰ってくるわけじゃないのにね。
無意識にした行動だった。
・続く・

13 :のん:2008/04/09(水) 20:33:56 ID:SkVL7fe2.net
・続き・
ママが居ないことが悔しくて、両親が離婚してる男友達を馬鹿にした。
そしたら、「お前の母ちゃんなんて死んでるくせに」って言われた。
なのにウチは、笑ってた。
「お前バカだろ」って言ってた。
これも無意識だった。
今、うちは中学2年生。
絶対に「死ね」と「殺す」は言えんくなった。
絶対に、暴力だけはふるえんくなった。
今でもドアのノックが聞えると、
ふと「お母さん?」って思ってしまう。
解約したママの携帯番号に、電話をかける。
まだ繋がってる気がするから。
「ママ、死んじゃった」
簡単に言えるのに。
まだママが帰ってくるって、心のどこかで信じてる自分が居る。
きっとウチはまだ、
ママが死んだことを
認めきれずにいるんだと、思う…。
認めなきゃ、いけないね。
頭は分かってるんだけど
もしかしてって…
心がついていけないの。
もっと、大事にしてればよかった。
死ねなんて言わなければ良かった。
ママの笑顔、大好きです。
ママの笑顔、忘れられません。
のんは、ママが、世界で一番大好きです。
長文な上、乱文で、お目汚し失礼いたしました。
読んでくれて、ありがとうございました。
がんばって、認めたいと思います。
これに書いたことで、お母さんの死を、認められた気がします。
本当に、ありがとうございました。


14 :癒されたい名無しさん:2008/04/10(木) 11:55:15 ID:gYuIsZaw.net
良スレ発見
もっとください

15 :のん:2008/04/10(木) 20:27:55 ID:FSgHebp6.net
お母さんの体は手術に耐えられない状況にあるって言われて、
手術もできんかったし。
結局女学院にお姉ちゃんが受かれたことも(補欠受かり)、
お母さんは知ることできんかった。
それがスゴク、今でも悔しいです…。
↑文章に入れてませんでした;;
感情のまま書き綴ったので、抜けてることに気付かず、
付け加えることになりました;;
すみません;;
本当に、ありがとうございました。


16 :癒されたい名無しさん:2008/04/11(金) 00:35:40 ID:T9msUUnT.net
本当に大切なモノは、失ってみて初めてそれに気付かされる…悲しいことだけれど、誰もがそうなんだよな…。

こちらこそ、良文を有難う。

17 :癒されたい名無しさん:2008/04/14(月) 13:03:17 ID:oFKy2x7k.net
死んだばあちゃんが言ってた。
「特攻隊の兵隊さんたちは敵艦に突っ込む時、怖くて叫ぶんだよ。
でも、テレビみたいに天皇陛下バンザイ!何て誰も言わない。
みんな『おかあさーん!』って叫びながら死んでいくんだよ」
男が最期に帰る場所は、やっぱり母親かな・・。

18 :のん:2008/04/14(月) 19:40:48 ID:4HYWnIz3.net
「お腹を痛めて生んでくれた」っていうのはその場面を見たわけじゃないから
中々実感わかなくて、ありがたみ感じるのは難しぃけど…
一生懸命家事して、世話して、辛いの堪えて…
一生懸命自分を育ててくれた記憶はあるから…
やっぱり、お母さんは大事にしたいって思うんだよね。
男がお母さん好きってさ、皆にバカにされちゃうけど…
本当はすっごく大事ですっごく良いことなんだょね。
カッコイイね。お母さんって叫びながら死ねるって。
とっても良ぃ話、ありがとぉござぃます♪♪

19 :癒されたい名無しさん:2008/04/26(土) 12:26:04 ID:JHNFfHFa.net
京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、
認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。
事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。
片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。
片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。
母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。
片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。
生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。
介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、
06年1月31日に心中を決意した。

「最後の親孝行に」
片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で
「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、母は
「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。片桐被告が
「すまんな」と謝ると、母は
「こっちに来い」と呼び、片桐被告が母の額にくっつけると、母は
「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。
この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。母の首を絞めて殺し、
自分も包丁で首を切って自殺を図った。
冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。肩を震わせ、
眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。
裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。
殺害時の2人のやりとりや、
「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という供述も紹介。
目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。


20 :癒されたい名無しさん:2008/04/26(土) 12:31:51 ID:JHNFfHFa.net
の母は病気がちで、私が小さいころから入退院を繰り返していました。
私が高校2年生だったその時も、いつものように入院。
1ヶ月ほどたったある日(曜日は火曜日)、母から
「今週の土曜日退院できるよ。
 ちらし寿司作るから、焼きノリとかんぴょう買っておいて。」
と告げられて、私は
『ちらし寿司あんまり好きじゃないのにな〜』
とか思いながらも、退院が嬉しくてすぐに買いに走りました。

でも、次の日母は病院のベッドの上で吐血し、意識がなくなり
数日後息を引き取りました。
それは、まさしく退院できると言っていた土曜日の早朝でした。
お通夜からお葬式、納骨と慌ただしく時間が過ぎ
自宅でようやく周りを見渡す余裕ができた時に目に入ったのは、
スーパーの袋に入ったままの焼きノリとかんぴょう…。

…ちらし寿司、作ってくれるって言ってたのに…

忙しさにまぎらわせていた悲しみや悔しさや怒りがすべてこみあげて
思い切り泣き続けました…。

まぁ月並みな言葉ですが、両親は大切に。
孝行のしたい時には親は無し、ですから。。。



21 :癒されたい名無しさん:2008/05/03(土) 14:35:29 ID:S9gITTGF.net
私が吉原で体験したこと。
入店して待合室に通されると、オバサンが数人の客と話をしていた。
スポーツ新聞を読みつつ聞き耳をたてていると、全盲の息子が筆下ろしをしたいと言うので
付き添いで来たらしい。
オバサン(以下母)は色々心配事を口にしていたが、話し相手の客数人は「大丈夫」「心配しなくていいよ」
となだめていた。
暫くたって奥から白杖持った青年と姫が待合室にやってきた。
革靴はピカピカで結構いい服をきている。この日のために揃えてあげたのだろう。
母はソファから飛び出して姫と軽く会釈したあと、「どうだった?いいこと出来た?」
青年「うん。よかったよ。このお姉さんのおかげで」
実は姫を指差すつもりが別の方向だったので、姫が素早く指した方向に移動。
母は顔をくしゃくしゃにして泣きながら「あんたよかったね〜!!」と背中を何度もさすっていた。
客も拍手したり「よかったなあ」と激励していて、今まで無口だった893風の客まで立ち上がって
青年の肩をポンポン叩きながら「あんたも一人前の男になったぞ」と祝福していた。
姫も感動して泣いていた。実に素晴らしい光景。
涙腺の弱い私は新聞で顔を隠しながら泣いた 。

22 :癒されたい名無しさん:2008/05/06(火) 04:00:11 ID:cYLaSJwo.net
仕事帰りに乗ったタクシーの運転手から聞いた話です。

ある夜、駅ロータリーでいつものように客待ちをしていると血相を変えたリーマン風の男性が「〇〇病院まで急ぎで!」とタクシーに飛び乗ってきた。

男はどこかに電話をかけているようだが、相手が受け取らないようだ。
ヒーヒー言いながら男は平静を保っていた。しばらくすると男の携帯が鳴った。

男「もしもし!母ちゃんの様子は?…。
そうか、頼みがあるんだけど受話器を母ちゃんの耳にあててあげて!…。」

優しいが芯のある声で男が勇気づけるように語りだした。

男「おいおいいつまで寝てる気だよ、
朝散々人のこと叩き起こしてたくせによ。

今せっかく働いて、美味いもん食わしてやろうと毎日頑張ってんのに、」

「おれまだなんもしてねーよ!死ぬんじゃねーよ!おれが手握るまで息してろよな」と言って切った後、男は黙りこくっていた



23 :癒されたい名無しさん:2008/05/06(火) 04:00:41 ID:cYLaSJwo.net
しかし病院までの道のりはかなり遠い、男の苛立ちを背中でヒシヒシと運転手は感じ、信号を避けるため裏道など利用し最善を尽くした。

しばらく走ると再び男の携帯がなった

男「もしもし…そうか…わかった…もう着くよ」そう言い電話を切ると男は黙りこくった

そうこうしているうちに病院に着き、男は運転手にお詫びを言い病院の中に消えた


私はタクシーから降りる間際、お金を渡し、涙ぐんでこう言った「覚えていてくれたんですね。これはあの時払えなかった運賃です。ありがとうございました。」



24 :癒されたい名無しさん:2008/05/07(水) 22:47:15 ID:IQT3NJKe.net
幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。学もなく、技術もなかった
母は、個人商店の手伝いみたいな仕事で生計を立てていた。それでも当時住んでいた
土地は、まだ人情が残っていたので、何とか母子二人で質素に暮らしていけた。

娯楽をする余裕なんてなく、日曜日は母の手作りの弁当を持って、近所の河原とかに
遊びに行っていた。給料をもらった次の日曜日には、クリームパンとコーラを買ってくれた。

ある日、母が勤め先からプロ野球のチケットを2枚もらってきた。俺は生まれて初めての
プロ野球観戦に興奮し、母はいつもより少しだけ豪華な弁当を作ってくれた。

野球場に着き、チケットを見せて入ろうとすると、係員に止められた。母がもらったのは
招待券ではなく優待券だった。チケット売り場で一人1000円ずつ払ってチケットを買わ
なければいけないと言われ、帰りの電車賃くらいしか持っていなかった俺たちは、外の
ベンチで弁当を食べて帰った。電車の中で無言の母に「楽しかったよ」と言ったら、
母は「母ちゃん、バカでごめんね」と言って涙を少しこぼした。

俺は母につらい思いをさせた貧乏と無学がとことん嫌になって、一生懸命に勉強した。
新聞奨学生として大学まで進み、いっぱしの社会人になった。結婚もして、母に孫を見せて
やることもできた。

そんな母が去年の暮れに亡くなった。死ぬ前に一度だけ目を覚まし、思い出したように
「野球、ごめんね」と言った。俺は「楽しかったよ」と言おうとしたが、最後まで声にならなかった。

25 :癒されたい名無しさん:2008/05/11(日) 12:45:39 ID:iz0p/FeI.net
[PV] FUNKY MONKEY BABYS - 旅立ち
http://jp.youtube.com/watch?v=U_U_QOrQjbA

今 旅立ちの日 君が強く
Oh oh 残してきた足跡が 闇の中の光となり
Oh oh 果てしなき道を照らす
さぁ行こう 僕らの未来へ
さぁ行こう もう迷わないで

どこに当たって転んでも 間違いだらけじゃないだろう
歩くその先に 新しい道が開けるんだ

今 旅立つ時 君が何かを 見失いかけた時は
耳をすませ あの日のように 大きな声で僕が歌うから
http://lirama.net/song/238595

26 :癒されたい名無しさん:2008/05/13(火) 14:13:35 ID:VylCOKk7.net
少しずれるかも
俺が小五の時おかんが死んだ。
まあ病死で名前が混合性結合組織病ってやつで。
そいつはいわゆる不治の病だっだ。おかんが生きてたときは
真剣に医者になって治してやるって思ってた時期もあり(ry
おかんは何回か入院して何度も生き返ってきた。
だけど、小五の二学期始まってすぐの台風の日におばあちゃんから
電話があった。
病院にいくとおかんが死んでた。先生が必死に蘇生させてた。
俺はおかんに「俺が治すって言ったさ」ってずっと言ってた。
告別式もおかんが好きな家でやった。
葬式なんてどうせ生きてるやつの自己満足だなって感じた。
その後からずっと家族が暗かった。
おかんの姉(以下おばさん)にそれからずっと今まで励まされてた。
クリスマスも誕生日もいとこの行事も俺たち兄弟が寂しくないように
誘ってくれて、本当のお母さんみたいになってた。
時間がたって俺のおとんが再婚して引越ししなきゃいけなくなって
俺がおかんが好きな家を売るのを渋ってたら、おばさんが慰めてくれた。
そのおばさんがおととい自殺した。
俺は今でも頭がパニックしてて、こうやってちょうどいいスレを見つけて
書き込んでる。
おかんもおばさんも天国で姉妹仲良くしてるといいな。

場違いかも
泣けなくてすまない

27 :癒されたい名無しさん:2008/05/16(金) 14:38:05 ID:06vqJamn.net
全然場違ぃなんかじゃなぃですょ!!
スレ書くことでちょっとでも悲しみでパニックした頭整理できたなら…
嬉しぃです。
や!私が言ぅのもなんですが…;;
全然謝ることなぃと思ぃます!!

28 :癒されたい名無しさん:2008/05/21(水) 21:33:18 ID:lcQ9RFqT.net
>>26
母が亡くなったこと。家族が自殺したこと。
わたしは、最近のことなのでまだ助言はできません。
共感だけ。

なぜか死ぬとは思わなかった。考えたくなかった。
だからこそ、最初は皆、後悔するみたい。

わたしの場合、今は別世界に移った感じ。
亡くなった人はもう痛みや苦しみが無い。
安らかな眠り。この言葉を実感しています。

29 :癒されたい名無しさん:2008/05/21(水) 22:00:31 ID:ifXGhl2i.net
こんなスレあったのか。
俺もつい最近めっちゃ好きだった母がなくなった。
急すぎて心の準備もなかったから最初は夢みたいな感じ。
俺には父もいないし、病院での手続きにはじまり葬儀の手続きなど
忙しく時間がすぎていくな。ふとした時に涙がでてくるわ。
泣いてたら心配されるかもしれんけどいきなり涙でるし許してな。
涙でるのは優しすぎたからかな。
悲しさもあるけど母さん一人でここまで育ててくれた事の感謝の気持ち
でいっぱいです。ありがとう母さん。


30 :癒されたい名無しさん:2008/05/23(金) 19:49:09 ID:g2c5B/AC.net
>>24
俺の母は、「サッカー靴、買えなくてゴメン」だった。
急に思い出したように言い出した。
俺は、「結果的にバスケできて良かった」と言ったが、
それでも月日が経つと、急に思い出したように言った。

母親の、子供に対する愛情の質は、俺の、母親に対する愛情
の質を、遥かに上回るってか深いわ。

31 :癒されたい名無しさん:2008/05/25(日) 20:19:58 ID:eyuywSlK.net
おかあさん…。
戻ってきてよ。
親孝行さして。
もっかい抱きしめて。
愛してるって言って。
おやすみってほっべにチューして。
手ぇ握って。
髪触りながら一緒に寝よ。
愛をちょーだぃ。
まだ認めらんないの。
お母さんが死んだこと。
お母さんがあんなにいっぱぃ愛してくれたせいで…
お母さんが居なくなった今、愛が全然足りないの。
いっつも心に穴が空いてて、寂しいよ。
戻ってきてよ。
もう死ねなんて言わない。
嫌いだなんて言わないよ。
生きてて欲しい。
ホントはね、嫌いな時なんてなかった。
何があっても、世界で一番、お母さんのことが
めちゃめちゃ大好きだよ。
愛してるって言わせて
愛してるって聞かせて
大好きだよ…おかーさん。

32 :癒されたい名無しさん:2008/05/26(月) 10:43:49 ID:pldJE1a3.net
落ちる前に見られるように関連スレのせとくね

母親の死がこんなにもつらいとは
ttp://life9.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1206100700/
母親との死別
ttp://life9.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1176427602/
母の泣ける話
ttp://life9.2ch.net/test/read.cgi/healing/1207538844/

33 :癒されたい名無しさん:2008/05/28(水) 22:51:56 ID:SltY7G2F.net
あげ

34 :癒されたい名無しさん:2008/05/29(木) 23:35:03 ID:rZkqVRAH.net
15年前の話です。

今でもそうだが人付き合いの苦手なオレは、会社を辞め一人で仕事を始めた。
車に工具を積み、出張で電気製品の修理や取付の仕事。

当時まだ携帯電話は高価で 俺は仕事の電話をポケベルに転送し、留守電を聞いて
お客さんに連絡するという方法しか取れなかった。生活さえギリギリだった。

ある日 母親が九州の実家から関東の俺の家まで訪ねてきた。遠くから来た親を
いたわることもせず、無愛想な俺、ホントにバカだ。俺を心配し、掃除、洗濯 料理を
作り山ほど食糧を置いて母は帰郷した。バカ息子は見送りもしない。

仕事から帰宅した俺は母の手紙を見つけた。「仕事頑張って下さい、少しですがこれで
携帯電話でも買って声を聞かせて下さい。」手紙にはお金が同封されていた。
手紙を手に俺は、わあわあ泣いた。 

カメラやメールなんて出来ない。メモリーも50件しか入らない初期の電話。
でもこの電話にどれだけ助けられただろう。俺には最高の宝物。

母の日に電話を送った。ちゃんとお礼をいわなければ。
「おかあさん どうもありがとう」と。


35 :癒されたい名無しさん:2008/05/29(木) 23:40:34 ID:fmIUFYhy.net
四つ足になりクルクルと自分の尻を追う全裸の少女、
犬顔の鬼に虐げられる小人たちの地獄絵図、
日本刀を咥えガス室内を徘徊する見たことのない獣、
大写しになった女性器、室内の壁や床から生える無数の豚の足、
上下運動を繰りかえす無人のギロチン、
駄々広い座敷の中央に置かれた泥だらけの掘削機、
ソファーに横たわる胴が異様に長い女、
暖を取るかのように寄りそい群れるエメラルドグリーンの小さな龍たち、
どこかの国の戦争の風景、天井から吊るされた位牌、
血肉と骨でできた万華鏡、雲の上から覗き込むように顔を出す子供の姿……。


36 :癒されたい名無しさん:2008/05/30(金) 18:59:42 ID:4clX33My.net
35は、
「国語辞典を開いて、初めて見る単語に逐一興奮するリアル厨房」
そのまんまなので笑ってしまう

37 :癒されたい名無しさん:2008/05/31(土) 23:32:46 ID:6ZcRaWLT.net
>>35
人工的な景色は、飾りばかりが多くて、そのくせ深みがなく味気ない。
まるで、高層マンションに囲まれた街で暮らしている様。

38 :癒されたい名無しさん:2008/06/01(日) 00:40:08 ID:qqBsFDWn.net
J( 'ー`)し
    自分が多少つらくても、腰痛くても頭痛くても、子供が元気にしてくれてるのがすごく嬉しいの。
    元気そうな子供の姿見たり声聞いてるとね、本当に嬉しいの。
    別に感謝してくれたり、無理に気にかけてくれたりしなくていいの。
    苦労して育てた自分の子供が、自分の足で立って人生歩んでくれることが、何より嬉しい。

    悩んでる、行き詰ってる子供を見るのは本当につらい。
    何とかしてあげたい、どうにかしてあげたいんだけど、私じゃ何もしてあげられない。
    余計な口出ししちゃって、後悔する事もある。
    アナタにはアナタの考えがちゃんとあるのにね。
    でも、見守るだけしかできないのはつらい。苦しんでる姿見ると、心が張り裂けそうになる。
    親なのに、何でこんなにも、何もしてあげられないんだろうって、情けなくなるよ。


    今楽しいアナタへ。アナタが楽しく生きているという事実が、お母さんの生きがいです。

    今苦しいアナタへ。何もしてあげられなくてご免なさい。頼りなくて本当にごめんなさい。
    でも、つらくても生き抜いてください。
    お願いだから、自暴自棄になったり、自分を卑下したりしないでください。
    生きる場所は必ずあります。生きる道は必ずあります。
    アナタが、もがいて、もがいて。そこに辿り着くことを毎日祈っています。
    私にできることが何かあるなら、どうか言ってください。
    誇大表現でも何でもありません。アナタが強く生きてくれることが、お母さんは自分の命よりも大事です。


上のコピペ見ると泣けてくる…

かーちゃんにもらったたくさんのやさしさを誰かにあげるのが
満足に親孝行できなかった僕のせめてもの償い。

ガキの頃に悪さばかりしてかーちゃん泣かせた分、
1000倍返しにして笑ってもらおうと決めたのに…

かーちゃん、僕は元気でやってるよ、心配しないで。
貴女が一生懸命育てた息子だもん、自信持ってよ、安心してよ。

胸を張って生きていくよ、僕のかーちゃんは世界一だ、僕は世界一のかーちゃんの息子だ!って。


でも願いが一つだけ叶うならもう一度だけかーちゃんの作った料理が食べたいな。

僕が年取ってそっちに逝ったら色んな話を聞かせてやるから、のんびりしながら待ってろや!

もう一度言う、僕のかーちゃんは世界一だ!



39 :癒されたい名無しさん:2008/06/02(月) 09:35:39 ID:3wq76auR.net
母は 俺を待っていてくれる
10年でも 20年でも…
ttp://life9.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1206100700/564

好きな小説「愛はさだめ、さだめは死」
ttp://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4150107300.html

40 :癒されたい名無しさん:2008/06/06(金) 21:27:24 ID:lY3b+7ln.net
ほしゅ

41 :癒されたい名無しさん:2008/06/07(土) 14:13:44 ID:TMbbcuyz.net
>>40
sageでは保守にはならない

42 :癒されたい名無しさん:2008/06/11(水) 16:19:47 ID:ttkiza6d.net
age

43 :癒されたい名無しさん:2008/06/11(水) 16:20:15 ID:ttkiza6d.net
age

44 :癒されたい名無しさん:2008/06/11(水) 18:08:52 ID:GRbyR4Qj.net
俺の話、書いても良いですか?
俺は2年程前にうつ病にかかりました。服薬もしたし、会社も休んだ。
でも全然良くならないんだよ。
食事も摂れないし眠れない。苦しくて苦しくて仕方が無かったんだ。

ある夜、「もう無理だ」って思って自殺をしようと決意した。
両親が寝静まってから持ってる限りの眠剤と酒、それと包丁。
眠剤飲んで、酒飲んで、首を切ってしまおうと思ったんだ。
2月の深夜3時頃だったと思う。

家族で過ごしたリビングで最後のタバコで1服して、「さぁ、やるか」と思って。
遺書と預金通帳も用意した。暗証番号のメモも置いといた。
少ないけれど貯金があるから。葬儀費用とかはこれでまかなってもらおうと。

その時、母親の勘かなぁ トイレでも無いのに母親が起きてきたんだよね。何故か。

俺の居たテーブルの前に座って。置いてある眠剤とかを一瞥して。

何も言わなかったよね。二人して。それからどれ位経ったかなぁ・・・
母親が自分の着てたハンテンを「寒いだろ」って俺に着せようとするんだよね。

「もう子供じゃないんだから」って言ったら一言。

「年がいくつになろうと、アンタはアタシの子供だよ。
        世界にひとりしか居ない、アタシだけの子供だよ・・・」

年甲斐も無く号泣したよ。
絶対うつ病、治そうと思ったよ。


45 :癒されたい名無しさん:2008/06/11(水) 21:57:14 ID:FYM9T4KJ.net
赤桃黄緑青

46 :癒されたい名無しさん:2008/06/11(水) 22:29:31 ID:xN4IHSLb.net
>>41
なるわボケ

47 :癒されたい名無しさん:2008/06/12(木) 22:22:49 ID:Fci7/q5V.net
40ですぅ。結局どっち?

48 :癒されたい名無しさん:2008/06/14(土) 04:58:16 ID:VEvXCVMz.net
ttp://www.geocities.jp/tomoro0206/ka-chan.html

49 :癒されたい名無しさん:2008/06/14(土) 22:00:00 ID:gAYYKtEU.net
>>48
ありがとう 保存しました

50 :癒されたい名無しさん:2008/06/16(月) 17:38:04 ID:+vqVm7zL.net
age

51 :癒されたい名無しさん:2008/06/20(金) 12:29:08 ID:9frfCmqy.net
age

52 :癒されたい名無しさん:2008/06/23(月) 14:16:49 ID:Q6MaCQih.net
なげだお!野球の話ぃ。。
お互いを思いやってなんちゅういい親子じゃ

53 :癒されたい名無しさん:2008/06/25(水) 23:57:28 ID:3ncOIXhF.net
あげ

54 :癒されたい名無しさん:2008/07/02(水) 17:00:53 ID:kSRLM/6/.net
age

55 :癒されたい名無しさん:2008/07/10(木) 22:32:52 ID:y1NTRxYV.net
age

56 :癒されたい名無しさん:2008/07/17(木) 14:22:48 ID:a3D/kDsE.net
リアルタイム進行中
http://ameblo.jp/mirai-ni/

57 :名無しの遺書:2008/07/18(金) 00:06:53 ID:1MlFtJkr.net
長くなるけど書かせてもらいます
 
私は産まれた時から心臓がよくなくて ずっと入院していました
 
自宅に帰っても在宅酸素は欠かせず 障害者1級を持つことになりました
 
元々明るい性格でひょうきん者だった私は小、中学校 たくさんの友達に囲まれ楽しく過ごす事ができました 
 
高校の時に教室が2階になってから階段を登るのが苦しくなったりして心臓の痛みが耐えきれなくなり頻繁に休むようになりました
 
そんな時でした 友達が 『障害者』と言っていたそうです
 
耳にした時は本当に悲しくなりました
 
やっぱり自分は他の人と違うんだと
 
生きていちゃいけないんだと
 


58 :癒されたい名無しさん:2008/07/18(金) 00:39:47 ID:1MlFtJkr.net
>57
続きです
 
数ヶ月引きこもり 何回も首を吊り死ぬため『私は生きてても迷惑だよね、本当にごめんなさい』と遺書を残しました
 
でも勇気が出なかったんです
 
母が泣いてる姿が何度も何度も浮かんできたから
 
そして何とか悲しい事を忘れようとキャバに働きにでました
 
タバコを吸っては両親に心配かけ『何時に帰って来るの?』母からのメールも無視して元気なみんなに紛れ込んで障害者じゃないふりをしていました
 
それから現在仕事を辞めお母さんをしています
 
出産を終えて母を何度も恨んだ事、あの時殺してくれればよかったと思った事
 
今はそんな事思ってないよ
 
私を大切にしてくれて本当に本当にありがとう
 
本当に幸せです
 
 
出産まで詳しく書きたいけど苦情が来そうなのでここまでにします
 
挫けても頑張って生きていればいいことがあります
 
長々とすいません
 
ありがとうございました
 





59 :癒されたい名無しさん:2008/07/18(金) 02:21:28 ID:gQMDXPLg.net
>>58
それから現在仕事を辞めお母さんをしています
出産を終えて母を何度も恨んだ事、あの時殺してくれればよかったと思った事
今はそんな事思ってないよ
私を大切にしてくれて本当に本当にありがとう
本当に幸せです
↑の部分を手紙でもいいから直接伝えてあげたら?
それともお母さん逝去しちゃったの?

60 :癒されたい名無しさん:2008/07/18(金) 06:28:47 ID:VsYsSDVX.net
>>44
「@泣 」ってメルマガでそのレス読んで泣いちゃったよ〜
母親の勘って所が凄いね。

61 :癒されたい名無しさん:2008/07/18(金) 09:48:37 ID:jveu72Z4.net
>>60さん、44を書いた者です。
私の駄文を読んでいただいてありがとうございました。
うつ病の方は良くなったり悪くなったりしてますが、以前よりはかなり良くなりました。

あの時の事を母親に聞いたんですね。
何で起きてきたんだ、って。

そうしたら夢を見たんだそうです。3歳の時の私が「痛いよ、痛いよ」と
泣き叫んでる夢を見て起きたんだそうです。

母親の勘って凄いな、と思いました。


62 :名無しの遺書:2008/07/18(金) 10:16:30 ID:1MlFtJkr.net
>59
母は亡くなってないです
 
まだ伝えられません
 
まだ私は弱く勇気がないです
 
もしかしたら母を傷つけてしまうのかもしれない
 
だから秘密にしておきたいです

63 :癒されたい名無しさん:2008/07/18(金) 18:29:07 ID:gQMDXPLg.net
>>62
そうですか。
それぞれのタイミングってあると思うけど、
是非形にして伝えて上げてくださいね。行動は100の言葉よりも
雄弁ですよ。お母さんはあなたから孝行なんて望んでいないでしょうけど、
返ってきたら、きっと娘から勇気をもらったって喜ぶと思います。

64 :癒されたい名無しさん:2008/07/20(日) 00:02:18 ID:vCfXtTj/.net
自分で読み返して見て釣りっぽいなあと思ったけど一応実話。

九州の田舎に生まれた。母子家庭だった。
歯科技工士だった父は私が4歳の頃、くも膜下出血で他界。
自営業だったので厚生遺族年金も労災も下りず、仕事関係の機械や車のローンも有り
生活はかなり苦しかったwww

母は介護施設の職員で、土日祝関係なく働き、残業は当たり前。
夜勤も月8回ほど有り、休みは少なく、祖母が面倒を見てくれた。

その後激務で体を悪くした母は、独学で資格を取り、民間病院の医療事務に転職。
勤務時間は短くなり、身体的な負担も減ったが、正社員なのに手取りは11万。
頼りにしていた祖父母も立て続けに他界し、学校に秘密で青果店でアルバイトもした。

それなりに偏差値の高い公立高校に通っていた私は看護師を志願していたんだけど
寮のある県立看護学校ですら通える経済状況ではなかった。今思えば通えないことはなかった気もするが。
その時自衛隊の看護学生の募集を知った。採用されれば学生でも自衛官扱いで給料をもらえる。学費も寮費も無料。
もうこれしかないと思って必死に勉強した。倍率は60倍を超えていた。

合格したのは奇跡だったと思う。
もちろん合格できなくても、働いてお金を貯めて県立看護学校に奨学金借りてでも看護師になってたと思う。
これは後で思ったことだけど、この時落ちてたら良かった。

看護学生になったと同時に自衛官として採用され、東京にある自衛隊の全寮制看護学校に進むことになった。

新幹線に乗り九州から上京する朝、母は駅まで迎えに来てくれた。
私はまたいつでも会えるだろうと思っていたが、母は最期の別れのような顔をしていた。私はそれを笑い飛ばした。
ただただ希望で胸がいっぱいだった。



つづく

65 :癒されたい名無しさん:2008/07/20(日) 00:04:39 ID:utWOo3zZ.net

自衛隊での看護の勉強は厳しかった。採用されたからには必ず3年後の国家試験に合格しなければならない。
1限目から7限目までぎっしり授業が入っていて、沢山の課題やレポートや試験勉強に追われた。
自衛隊だけあり礼儀に厳しく、門限もあり、自由に外出もできなかった。
自衛隊中央病院での実習もハードで、同じ部屋のルームメートは2人とも辞めてしまった。

忙しくて母と連絡を取る余裕もなかったが、実家に毎日8万の送金は必ずしていた。
無事に国家試験に合格した私は2等陸曹に昇格した。
休む暇もなく自衛隊病院での勤務と幹部候補生試験の勉強に追われた。
その試験に受かって尉官になれたら故郷に帰ろうと思っていた。
毎月に一度の送金すら面倒になり、半年に1度60万送金するようになった。

陸官になれた時には、九州を出てからもう8年が経っていた。
8年と考えると長いが、勉強と仕事に追われた自分にとってはあっという間だった。
もう8年も母に会ってないんだと思うと不思議な感じがした。
あの駅で別れた母がもう8歳も歳をとったのかと思うと想像がつかなかった。

だが、東京と九州は決して短い距離ではない。
なんだかんだで結局故郷に帰れず、いつの間にか30を迎えようとしていた頃、叔父から電話が来た。

母が他界した。胸部大動脈瘤。享年63歳。

新幹線に乗り九州から上京する朝、母は最期の別れのような顔をしていた。私はその意味がようやく分かった。

10年ぶりに母と再会した。当たり前だが、母は10歳も年をとっていた。
こんなに老けたのか、と思った。私の記憶の中の母とのギャップに落胆した。

どうしていつでも会えると思っていたんだろう。どうして東京になんて出たんだろう。
10年も、母に会えなかった。最期の10年を一緒に過ごせなかった。母は一人寂しく10年を過ごした。
苦労して育てた一人娘に死ぬまで10年会えず、娘の結婚相手にも会えず、孫の顔も見れずに死んだ。10年前に戻りたいと思った。
ただ10年間お金を送金し続けただけだ。その金額は1000万を軽く超えていた。親孝行ができなかった。
時間を取り戻したいと思った。

私は退職した。実家から一番近い民間病院に就職した。母が事務をしていた病院ね。
師長に「あなたみたいな立派な経歴の人がなぜこの病院を?」と聞かれたとき
自分の10年が無駄なものだったことを再確認した。

母がよく私を話をしていたと、事務の女性から聞いた。
私を東京に出した時点で、簡単に会えなくなるだろうということは分かっていたらしい。
私に会えなくて寂しいと何度も零していたらしい。それを聞いてまた泣いた。後悔ばかりだった。

それから4年たった。私は結婚した。働き者で真面目で優しい人。
母に会わせたかった。悩みといえば義母とかなり仲が悪い事と、子宝に恵まれないことくらい。結構重大な悩みだよね。
いまだに後悔は続いているが、母のためにもこれからの人生を精一杯生きて行くことしかできないと

66 :癒されたい名無しさん:2008/07/20(日) 03:34:44 ID:gowqCqev.net
>>65
早く子宝を授かるといいですね。最近は不妊治療にも保険が適用されるので
行ってみてはいかがでしょう。子供を産んで、お母さんのためではなく、
自分と子供と旦那さん、家族のために生きていきましょうよ。子供にはあなたの
お母さんがしてくれたことにTURBOかけて尽くして、母親として立派にやってるよって
報告してあげるのが一番の孝行だと思います。忌の際もあなたのことを考えていたと
思います。送金以外で直接孝行できなかったことは悔やまずに。俺なんか送金すら
できずに逝かれて、もう10年になるけど引きずりっぱなしですよ。あなたは立派ですよ。

67 :癒されたい名無しさん:2008/07/20(日) 23:05:51 ID:cc52/v7r.net
「一郎、おまえは“天は人の上に人を乗せて人を作る”ってゆー福沢諭吉先生の有名な名言を知ってるかい? 一万円札にもなった福沢諭吉先生は故郷・大分県が排出した立派な教育者なんだよ」   
──┐「僕も福沢諭吉先生みたいな立派な教育者になって、いっぱい給料と年金をもらって母ちゃんを楽にするよ」
 軽 │             
 王 │   J( ;'A`)し    
   │     (  )\( 'A`) 
   │     ||  (_ _)ヾ  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そして10年後、母子家庭の苦しい家計の中で俺を大学に行かせてくれた母は亡くなった。
しかし、俺は教師になれなかった。貧乏な俺の家では「就職浪人」も「ニート」も許されなかったからだ。

死の床で、母ちゃんは「貧乏でごめんね」と、繰り返し謝ってくれた。
                 ('A` )
         J('A`)し    (  )
      /⌒⌒⌒⌒⌒ヽ  ||
     // ̄ ̄ ̄フ /
   / (___/ /
   (______ノ



__  先日、派遣先の会社のテレビニュースで、偶然、大分県庁の偉い公務員が逮捕されたことを知った。      
 母 |  逮捕された人は、教員採用試験の時に俺と面接した知っている顔だった。
 の |  容疑者の男は面接試験の時、不思議と俺に視線を合わそうとしない、おかしな奴だった。
 墓 |  ∴  ('A`)カーチャン..........
──┐ ∀  << )

大分県の教育 大切なことは福澤諭吉さんに教わった
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/edu/1215695386/

68 :癒されたい名無しさん:2008/07/24(木) 19:28:50 ID:ij/utx0j.net
http://ame-ir-can.jp/mamabk/category_20/subcategory_9/?ktr_sid=748c610d6d569d9497900655a7340c10&ktr_ref=http%3A%2F%2Fame-ir-can.jp%2Fmama&ktr_ln=2

69 :癒されたい名無しさん:2008/07/26(土) 16:21:27 ID:BrKAupCg.net
保守

70 :癒されたい名無しさん:2008/07/28(月) 19:35:28 ID:aN3T+u/K.net
まだ高校1年生の時の話です。
私は演劇部に入ってました。
強豪校だったので、練習はきつくて、毎日のように先輩方に怒られて、先生にも
散々に言われて。
でも絶対にこの人たちの前では泣くまい、泣いて堪るもんかって思ってました。
自転車を漕ぎながら、声を殺して泣いていました。

そんな中で一度調子を崩して、3日ぐらい休んだんです。部活を。
でも本番前なんだから出なきゃいけないのにって思い詰めてしまって、逆に悪化
してしまったんです。厳しい部活だったもので。
どうしようどうしよう、先輩とか先生に何て言われるか分からない、孤立したら
どうしようって母に泣きながら聞きました。
そうしたら、母は私の手を握って言ったんです。

「大丈夫、ママはちゃんと○○(私の名前)の味方だよ」

その一言で涙腺が崩壊してしまって、夜中ずっと泣いてしまいました。
結局その後、本番はちゃんとやってから転部して、今は何とかやってます。
母の言葉って凄いですね。
今、思い返してこれを書きながら、また涙が出てきてます。


私が6歳の時離婚して以来、女手ひとつで育て上げてくれた母。
今度は「私はママの味方だからね」って言ってあげたいです。
釣りみたいだけど、実話です。


71 :癒されたい名無しさん:2008/07/29(火) 01:59:42 ID:nBDvHpr1.net
私の家は母子家庭です。物心ついた頃母は夜の仕事をしていたので大体夜は一人か
親戚の家をたらいまわし。家に帰っても一人なので帰りたくない、泣いて駄々をこねた事もあります。
あの時の迎えに来た母の切なそうな顔忘れられません。
「なぜ父親がいないのだろう?」そんな疑問もありました。


中学生の頃、反抗期に入り母との喧嘩が多くなりました。
私「テメーなんか母親じゃねー」母「あんだとクソがき」私「おめーなんか死ね」母「ふざけんなよ」
売り言葉に買い言葉。
ただ今思い返すと母は私を否定する言葉は何一つ言わなかった。
十代後半まで反抗期は続き、母が嫌で嫌でしょうがなかった。


数年が経った頃、ある日母と飲みに行く事になりました。
場所は家の近くにある居酒屋。
そこのマスターと母が古い知人で私も良くお世話になっていました。
マスターと話していくうちに母の苦労が見えてきました。


自分が生まれたばっかりの頃、食べていくため血反吐を吐きながら昼も夜も仕事をしていた事、
預けたくはないのに子供を預けながら仕事をしていた事、自分が母親と父親、
両方の役割を担っていかなければいけないと考えていた事。
胸が苦しくなり、こらえていた感情が涙となりました。

母は泣いている私に「○○(私の名前)がいるから頑張れたんだよ、○○からパワーもらって」
と言ってくれました。

父親の事も話してくれました。母と父は結婚はしていないらしく、父の方には
家庭があったらしいのです。母は慰謝料ももらわずにさよならしたそうです。
なぜ慰謝料もらわなかったの?と聞いたら自分一人の力で育てたかったからと言っていました。

経過はどうあれ、それでも私を産んでくれた母に今では感謝しています。






72 :癒されたい名無しさん:2008/07/30(水) 00:11:42 ID:zAfOPp9a.net
<<23
<<24
ありがとう!
とってもいい話だ!

73 :癒されたい名無しさん:2008/08/04(月) 00:46:07 ID:X56OPCoJ.net
やばい涙腺が…

74 :癒されたい名無しさん:2008/08/12(火) 12:17:19 ID:10trM4zP.net
……?……

75 :癒されたい名無しさん:2008/08/15(金) 00:16:13 ID:1INQlAvd.net
……♥……

76 :癒されたい名無しさん:2008/08/19(火) 12:28:41 ID:Qs6WYmRy.net
これ良い話だ。ブログ見て初めて泣いた(;_;)
http://ameblo.jp/macaroni-drop/

77 :ありがとう:2008/08/19(火) 18:23:02 ID:0KAaE+7V.net
子供の時はお母さんをただのケチだと思ってた。
高校生になった私はウザいとしか思わなかった。

一人暮らしを始めて、三食の食事や掃除に洗濯、なんて恵まれてたかわかった。
私が挑戦したい事はとてもお金が掛かる事だった。お母さんは少しだけ悩んですぐに私を応援してくれた。

お母さんは成人した私と姉のおさがりを「お母さんはこれで十分」と、着ていた。化粧品も親戚からもらう試供品がほとんど。

でもいつも私を助けてくれるお母さん。

お母さんは自分のものは買わないでバカな私を助けてばかり。

お母さんお母さんお母さんどうして私をそこまで信じてくれるんですか。

私はもう24才なのにあなたにまだ甘えたいです。

お母さんお母さん本当にいつもありがとう。私が強気なのはあなたがいてくれるからです。

どうか神様、私のお母さんをまだまだ元気に生かして下さい。

どうか私に時間を下さい。

大好きなお母さん、お願いだからもう少し待ってて下さい。



78 :癒されたい名無しさん:2008/08/19(火) 19:37:16 ID:ZmBMKece.net
>>76
自演乙

79 :癒されたい名無しさん:2008/08/23(土) 03:33:54 ID:MiFbLpul.net
>>76
何かと思ったら8/18の記事か
確かに感動した

80 :癒されたい名無しさん:2008/08/27(水) 14:49:25 ID:RAvl9eZv.net
>>68

これの14編、ひどくないか?

本気で捨てたいって・・

81 :癒されたい名無しさん:2008/08/27(水) 23:45:37 ID:Bv/dp1Z6.net
良スレ発見! オイラも去年の10月7日に母ちゃんを亡くしました享年86でした、母ちゃんは大正10年生まれで東京の出身でした
関東震災も経験し記憶にハッキリ残っているそうでした、其の後 空襲などで福島の いわき に疎開して常磐炭鉱で働いていたそうです
炭鉱夫だったオヤジと一緒になり、4男を儲け貧乏ながら楽しく一家を支えてきました
なんと言っても貧乏な家のことで食べる物には不自由をしていたそうで、母ちゃんは一計を案じ弁当会社に就職してくれ、そこで売れ残った
オカズを弁当箱に入れて家に運んでくれるようになりました。
その日から我が家の食卓は凄まじく豊かなものとなり、4人の食べ盛りの我々兄弟の胃袋は常に満腹状態となりました、しかしながらクチサガナイ
会社の同僚たちからは「残飯整理のケチンボ」などと悪口を言われていたそうです、後でオイラが大人になってから知ることになりったのですが・・
親の心 子知らず で今となってはお礼を言いたくても言えなくなってしまいましたが
母ちゃんの恥を忍んだ弁当の御蔭で兄弟4人は健康に育つことが出来たのでした

82 :癒されたい名無しさん:2008/08/27(水) 23:56:43 ID:2qTE/pOH.net
>>24
ふざけんなバカ
電車ん中でずっと上向いちゃって変な奴に思われたじゃねーか!氏ね

83 :癒されたい名無しさん:2008/08/28(木) 00:18:14 ID:rhjya9FS.net
>>82
素直じゃね〜な  結局、感動したんだろ! オイラもだよ

84 :癒されたい名無しさん:2008/08/28(木) 13:41:24 ID:J4sH41V1.net
母の・・・というか、母も私たちも泣いた話。

今年6月に、父が1年の闘病生活の末他界。
1年前に倒れてからは明瞭な意識が戻ることはなく、
特に最後の1ヶ月は意識がありませんでした。
小さいときから親の愛に恵まれなかった父は
母をものすごく束縛し、母もそれに応えて
お互いが、配偶者・友人・父親(母親)役をしあって
近所づきあいや友人との付き合いもほとんどありませんでした。
「誰にも迷惑をかけないで夫婦で生きている」というのが
父なりの美学のようでした。
しかし、あんなに親を嫌がっていた父が
お骨は自宅から遠く離れた先祖代々の墓に、とのことで
元気なときから菩提寺の和尚さんに戒名を付けてもらったり
礼服を着たときに、自分の遺影用の写真を撮り置いていたりと
準備万端整えていたようです。
当然、母はいつでもお参りできるように、
自宅のそばのお寺に墓地を買って埋葬するつもりでいたので
父の遺言に落胆していました。

父の希望通り、49日の納骨を親類縁者で終え
先祖代々のお墓で永遠の眠りにつきました。

家族みんな、日本国中バラバラに住んでいるので
100か日は、母一人で参ることになりました。
一人で旅行などしたことのない母が
家にあった時刻表(しかも3年前の)をめくると
懐かしい父の文字で「○○(母の名前)へ」と書いた封筒がはさんであったそうです。
中には、自宅からお墓のある町までの道順と時刻表が記してあり
「手間をかけるが、気をつけて来なさい」と父のメッセージが…。

最後の最後まで母のこと、心配してくれていたんだね。

85 :癒されたい名無しさん:2008/08/28(木) 21:44:12 ID:m5+vWP0S.net
>>24
いい話だ。

86 :癒されたい名無しさん:2008/08/29(金) 05:39:20 ID:HPs1IvWK.net
>>84
弘兼氏に送ってやんなよ。
黄昏流星群的なイイ話だ。

87 :癒されたい名無しさん:2008/08/29(金) 18:00:50 ID:3UX5T+N1.net
>>86 さん

読んでくださって有難うございます。

父は、母を一人で旅館などに泊まらせるのが嫌だったとみえて、
早朝発の、キツキツの日帰りの時間割が組んであったみたいですヽ(;▽;)ノ

88 :癒されたい名無しさん:2008/09/01(月) 02:14:51 ID:DXSIgNnC.net
ズルイな>>24は…

89 :癒されたい名無しさん:2008/09/02(火) 00:18:49 ID:/zMnFfLE.net
泣けるコピペメルマガです
http://mini.mag2.com/m/M0085629.html

90 :癒されたい名無しさん:2008/09/07(日) 11:18:34 ID:kO4/8ZnV.net
ほしゅ

91 :名無しの歌:2008/09/07(日) 11:43:28 ID:4xj0mp0V.net
http://players.music-eclub.com/?action=user_song_detail&song_id=211046
聴くと涙でる

92 :癒されたい名無しさん:2008/09/10(水) 13:20:44 ID:swn0yqap.net
http://ime.nu/jp.youtube.com/watch?v=7GBlVsBDmWc&fmt=18
号泣した

ニコニコ版
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3122046

93 :癒されたい名無しさん:2008/09/10(水) 15:29:25 ID:twcAUxg8.net
>>92
美智子妃の若い頃と紀子様って似てるね。

94 :癒されたい名無しさん:2008/09/10(水) 17:17:38 ID:TJuc3/0x.net
俺にとっての母の話ではないのですが、俺の息子にとっての母の愛情の
話をさせてください。

俺は10年前に離婚しました。二人の間には当時4歳の一人息子がおり、
俺は息子を引き取りたかったが、4歳の子供には父親よりも母親の愛情
のほうが必要ということで妻が引き取った。俺は養育費を送ることとな
った。妻は仕事を持っており、普通の男性サラリーマンと同じぐらいの
十分な収入があったが、俺も息子への愛情のつもりで十分な金額の養育
費を毎月送金していました。
息子が小学校4年生になったとき、元妻がやや重い病気を患い、手術す
るために入院することになった。そして元妻の入院中、俺が息子の世話
することになった。その間の生活は、子供の通学など生活環境を優先し
て、元妻が息子と暮らす家で、俺は息子と1ヶ月一緒に暮らした。

95 :癒されたい名無しさん:2008/09/10(水) 17:19:58 ID:TJuc3/0x.net
元妻の家に行って驚いたのは、とにかく家の中が散らかし放題に散らか
っており、そしてキッチンも汚れ放題汚れていたこと。さすがにゴミや
洗いものを溜めているというような状態ではなかったが、明らかに掃除
が行き届いていない様子だった。そんな家の様子を見て、そもそも離婚
した原因もこのだらしなさにあったということを思い出した。とにかく
妻のだらしなさが嫌で、家から遠ざかるようになり、そのうち外に彼女
ができてしまい、それが原因で離婚することになった。
また気になったのは、息子の着ている服がかなり着古してヨレヨレで、
破れている箇所に、今時ありえない継ぎ当てなどしてあったり、「もう
ちょっときれいな服を着させてやれよ」と思うのと同時に、「いったい
何のために養育費を送ってやっているんだ」と少し腹がたった。そうい
えば、確かに元妻は倹約家というかセコかったことも思い出した。そし
てそれもこの女との結婚生活にウンザリした要因の一つだった。

96 :癒されたい名無しさん:2008/09/10(水) 17:22:38 ID:TJuc3/0x.net
息子と一時的な同居を始めた当初、息子は「ママはすぐに部屋を散らか
す」とか「ママはご飯を作り置きするから、ご飯はいつも冷めてまずく
なっている」など、ママに対する不満を言っていた。
それを聞いて俺は、「ああ、やっぱり息子も俺と同じ意見なんだな」と
思った。そして俺は息子に喜んでもらおうと良い食材をふんだんに使っ
て料理を作ったり、散らかった部屋を少しづつ片付けたりした。息子は
「パパの作るご飯はおいしい」と言ってくれた。そして「パパはとても
きれい好きだったって、いつもママが言ってる」という話もしてくれて、
(へぇ、あいつは息子に俺の話をしたりするんだ)と変な感心をした。
また、俺は会社帰りに、子供服の専門店に立ち寄り、息子のために新し
い服を買って帰った。息子はとても喜んでくれて「パパありがとう、
明日この服着て学校にいくよ!」と言ってくれて俺はすごく満足した。
そして着古してぼろぼろになってた服は後で捨てるために袋まとめてお
いた。

97 :癒されたい名無しさん:2008/09/10(水) 17:26:25 ID:TJuc3/0x.net
息子と同居を始めて二週間目の週末、息子は、通っている学童保育のお
泊りキャンプにいった。俺はその間に汚いこの家の中を一気に片付けて
しまおうと、押入れを開けた。すると、袋にまとめて捨てたはずの、ぼ
ろぼろになって継ぎ当てだらけの息子の服がでてきた。出勤時に、たし
かにゴミ置き場に捨てていったはずなのだが、おそらく、俺がゴミ捨て
場に持っていったあと、息子がとり戻してきたのだろう。そして、俺に
見つからないように袋ごと押入れの奥に隠したのだろう。俺は無神経だ
った。息子は、ママが継ぎ当てをしてくれたお気に入りの服が大好きだ
ったのだ。悪いことをした。俺は気付かなかったふりをして、継ぎ当て
だらけの服が入った袋を戻しておいた。
そして、そのあと、俺はクローゼットの中を片付けていると、息子名義
の通帳を見つけた。息子が生まれた年に「将来、息子が一人暮らしをす
るようになったときに渡してやろう」という目的で作った息子名義の預
金通帳で、親戚にいただいたお年玉などをその口座に貯めていた。もう
俺は息子の通帳を見ちゃいけないのかな、と思いつつも、息子名義のそ
の通帳の中を見た。俺が毎月送っていた養育費と同額が毎月入金され、
一円も引き出されずに貯金されていた。残高は一千万円近くになってい
た。元妻は息子のために、全額溜めていた。あいつはセコいんじゃない。
母の愛情、それ以外に何もない。セコいとか言って馬鹿にしていた俺は
なんて了見の狭い男なんだと思い知らされた気分だった。

98 :癒されたい名無しさん:2008/09/10(水) 17:29:18 ID:TJuc3/0x.net
息子がキャンプから帰ってきた日、「あしたママのお見舞いに行こうか」
と息子を誘った。「うん!いきたい!」と、息子は、これまでの同居中、
俺には見せなかった顔いっぱいの笑顔だった。
それ以来、母の愛情の偉大さを知った俺は元妻を悪く言うことはなくな
った。その後、復縁はしていないけど、息子と元妻とは良い関係が続い
ています。

99 :癒されたい名無しさん:2008/09/12(金) 11:48:31 ID:UHmGd4C+.net
>>92
日本人みんなの2人目の母。
優しい母。
長生きして欲しいなぁ。

100 :癒されたい名無しさん:2008/09/12(金) 19:47:11 ID:YnlT/3f2.net
35歳無職、こづかいは祖母から、毎月貰ってます。
趣味は公園で女の子をとの会話。
母が泣ける話でした。


父は怒ってます。

101 :さっき:2008/09/14(日) 17:12:10 ID:bd0ljylO.net
おかんとばあちゃんと駅で別れた。
連休を利用して関東まで観光をするついでに俺に会いにきた。
一緒にはとバス乗って、あとは本当に何も特別な事はしなかった。
でもずっと有難うと何回も言われた。
ホテルとかパック物でとって凄く安く済んだって自慢げに話してた。
飯も普通のとこ行って豪華なものとか食べてないけど、何かしらおいしいって褒めてた。
横浜とか車でぐるっとしただけなのに最高の思い出とかいってた。


帰り際にガソリン代かかったやろって金渡してきた。
何回も断ったけど必死に渡してくるからありがとうって受け取った。

後で中身みたら、ホテルのパック料金余裕で越してる額入ってた。
俺の実家なんてぜんぜん裕福じゃないのに。ケチって旅行してんのに。

連休前にちょっとめんどくさいとか考えてた。

もっと観光コースとか考えれば良かった。旨い店調べておけばよかった。
なんかびっくりさせるような事すれば良かった。
なんで敬老の日に金もらっとんねん。
親孝行者やわ〜って言ってたけどどこがやねん

今度大阪帰ったらめちゃめちゃ親孝行する
ばあちゃん家も絶対いくわ

ほんま何もせんくてごめん
来てくれてありがとう。金は使わんととっとく
まじで大事な感情思い出した
ありがとう

102 :癒されたい名無しさん:2008/09/16(火) 03:17:52 ID:Y07cnsWg.net
母の話と聞いてやってきましたよ

母のおなかを殴った記憶がある

小学校5年生のときの、確か授業参観日だったかな
体育の授業で、親も参加してのドッジボールで、
ルールは
 親に当たっても退場しない
 子に当たったら親と一緒に退場
 外からボール投げるのは子だけ
 復活なし‥
ってかんじだったかな?よく覚えてないや

今考えると俺の母は太った体で俺のことを守ってくれてたんだな
でも当時の俺には邪魔してるようにしか思えなくて、
ゆるいボールがきて俺がキャッチしようとしてるのに立ちふさがる母
そんでね、取れなくて、悔しくて握ったコブシをね
母の腹に叩き込んだ。
そのとき母はわずかに顔を歪ませながらにっこり笑って
「ごめんね」って、言ったのよ

その日以来、母に親孝行は、してきたつもりだった

んで先月なんだけど
小4の息子に八つ当たりのようにハラ殴られたのが
ゲロ痛かったのね
肉体労働のこの俺が。
でも本当に痛かったのは、あの思い出の方で。
それと「親孝行してきました」なんてツラ下げて生きてきた俺の姿を思い返して
ホント吐いた。嗚咽したよ

息子びびってたね。
でも思春期になったらコイツ俺のことナメて来るんだろうな
そのとき俺はどうするかわからんが

あの時母は にっこりわらったんだったな


母はまだ元気だ
でも、過ぎた日を取り戻す親孝行なんて できない
母生きてんのに 生きててくれてんのに

だからこの辛さを一生胸に刺したまま
母と、
この体に流れてる血と、
そしてこの血脈を継いでくれた妻と息子の幸せを
一生懸命考えるよ
ってなことを丁度思ってたところでしたよ

長文駄文でごめん

103 :癒されたい名無しさん:2008/09/18(木) 02:11:26 ID:xJzTDH+D.net
最近、動画共有サイトのコンテンツを削除するのは反公共的で反倫理的な
悪いことのように思えてきた。論拠が「違法だから」じゃ弱すぎる。悪法に加担する国賊だ。
行政だって本気で取り締まってないだろう。警察だって各省庁だって
現状認識くらい出来ているはずだ。だけど無意識的に彼らは現状を見逃している。

著作権の話をするときに拝金主義に偏りすぎているから、ビジネスの話ばかりになる。
「みんなが作品を享受できる」という共産主義の夢を、ネットは蘇らせてくれた。
だからもっと声高に「万人が情報にアクセスできる事はいいことだ!!」
「削除するのは平等を妨害する悪い行為だ!!」と社会に訴えるべきだと思う。
そして削除要請するような金の亡者となった企業には、「コンテンツをコピーレフトにしろ!」
と圧力をかけ続けるのが、社会正義なのである。

すでに経済も社会もそうなっている。あとは一人一人の考え方を変えるだけなんだ。
情報社会のニュータイプになれるかなれないかは、君の考え方次第なのである。

104 :癒されたい名無しさん:2008/09/21(日) 22:17:13 ID:DSiaxswX.net
>>102

いい話dクス!
「北風と太陽」の、太陽みたいなお母さんだね〜。

そして深い意味を持って受け止めて
生きていこうとしてるあなたにも感動してます。
いい息子、いいお父さんだね!
どんなときでも、息子さんの味方でいてあげてください。


105 :癒されたい名無しさん:2008/09/24(水) 13:54:46 ID:S+rBjjpF.net
ぼくのいえは、ぼしかていです。
ままは、まいにちゆうがたからあさまでちかくのこうじょうで
ぼくたちをそだてるためにはたらいています。
ままがかえるといつもせっけんのいいにおいがします。
ままはわかくてきれいです。
ぴーてーえーのときはじまんです。
たまにしらないおじさんとゆうえんちにつれていってくれます。
ぼくはままがだいすきです。
まいにちこわいおじさんたちがくるようになってどなってままをいじめます。
ぼくはおおきくなったらつよくなってあいつらをやっつけたいです。



ままがかえってきません。
あいすくりいむをかいにいったまま。
ままぼくはいつまでまってればいいの?

106 :癒されたい名無しさん:2008/09/24(水) 20:05:58 ID:fSAnAo8m.net
>>24のオリジナルメッセージってどのスレですか?
文章の一部を検索すると大量に出てきますが。


107 :癒されたい名無しさん:2008/10/05(日) 18:22:33 ID:7OQWa5B3.net
保守

108 :癒されたい名無しさん:2008/10/29(水) 22:34:00 ID:iWflb3x4.net
俺、小さい頃に母親を亡くしてるんだ。
それで中学生の頃、恥ずかしいくらいにぐれた。
親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探しているとビデオテープがあったんだ。
俺、親父のエロビデオとかかな?なんて思って見てみた。
そしたら・・・

病室のベットの上にお母さんがうつってた。
『〇〇ちゃん二十歳のお誕生日おめでと。なにも買ってあげれなくてゴメンね。
お母さんがいなくても、〇〇ちゃんは強い子になってるでしょうね。
今頃、大学生になってるのかな?もしかして結婚してたりしてね・・・』
10分くらいのビデオテープだった。
俺、泣いた、本気で泣いた。
次ぎの瞬間、親父の髭剃りでパンチパーマ全部剃った。
みんなにバカにされるくらい勉強した。
俺が一浪だけどマーチに合格した時、
親父、まるで俺が東大にでも受かったかのように泣きながら親戚に電話してた。
そんで、二十歳の誕生日に、案の定、親父が俺にテープを渡してきた。
また、よく見てみたら。
ビデオを撮ってる親父の泣き声が聞こえてた。
お母さんは、笑いながら『情けないわねぇ』なんて言ってるんだ。
俺また泣いちゃったよ。
父親も辛かったんだろうな、
親父にそのこと言ったら、知らねーよなんて言ってたけど、
就職決まった時、
親父が『これでお母さんに怒られなくて済むよ』なんていってた。

109 :癒されたい名無しさん:2008/10/30(木) 00:17:03 ID:EPzTr0kc.net
>>108
いい話d

110 :癒されたい名無しさん:2008/10/31(金) 22:32:12 ID:1MDULyGB.net
サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。
その時、サキちゃんはまだ2歳。
「あなた、サキのためにビデオを3本残します。
 このビデオの1本目は、サキの3歳の誕生日に。2本目は小学校の入学式に。
 そして3本目は…○○○の日に見せてあげてください」
まもなく、サキちゃんのママは天国へと旅立った。

そして、サキちゃんの3歳の誕生日。1本目のビデオがかけられた。
(ビデオからつないだテレビ画面に、病室のママが映し出される)
「サキちゃん、お誕生日おめでとう。ママ、うれしいなぁ。
 でもママはね、テレビの中に引っ越したの。だから、こうやってしか会えない。
 パパの言うことをよく聞いて、おりこうさんでいてね。だったら、ママ、また会いに来ます」

サキちゃんの小学校入学の日。2本目のビデオ。
「サキちゃん、大きくなったネ。おめでとう……。ママ、うれしいな。どんなにこの日を待っていたか。
 サキちゃん、ちゃんと聞いてね。
 ママが今住んでいるところは、天国なの。だから、もう会えない。
 でもね、パパのお手伝いがちゃんとできたら、ママ、もう一回だけ、会いに来ます。
 じゃあ、魔法をかけるよ。 エイッ!
 ほうら、サキちゃんは料理や洗濯ができるようになりました」

そして3本目のビデオ。そのタイトルは、こう書いてあった。

新しいママが来た日のサキちゃんに

そしてサキちゃんが10歳の時、パパは再婚し、新しいママが来た。
3人いっしょに、3本目のビデオを見つめた。
なつかしいママの顔が映し出された。
「サキちゃん、おうちの仕事、がんばったね。えらかったね。
 でも、もう大丈夫。新しいママが来たんだから。
 ……
 サキちゃん。今日で本当にお別れです。
 ……
 サキちゃん、今、身長はどれくらい?ママには見えない。
 (泣き崩れ、カメラを抱え込む姿が映る)
 ママ、もっと生きたい…。
 あなたのために、おいしいものいっぱいつくってあげたい…。
 あなたの成長を見つめていたい…。
 じゃあ、サキちゃん、これがママの最後の魔法です。
 それは、『ママを忘れる魔法』です。
 ママを忘れて、パパと、新しいママと、楽しい暮らしをつくってください。
 では、魔法をかけます。1、2、3、ハイッ!」
そこでビデオは終わった。

しかし、サキちゃんに、この魔法は効かなかった。
パパと、新しいママにも効かなかった。
ママは、みんなの心の中に、ちゃんと残っていた。

そして今度は、サキちゃんが主役の、4本目のビデオがつくられたのだった。
天国のママに見てもらうために

111 :癒されたい名無しさん:2008/10/31(金) 23:41:07 ID:1MDULyGB.net
1 :Mr.名無しさん :04/07/27 04:28
    ♪もーしもー、もう一度アナタに会えるなら
     たった一言伝えたい
     「ありがとう」
     「ありがとう」
     時には〜、傷つけーあっても、アナタを感じてーたーいー♪
俺はこの曲で、後悔の念で泣ける。
誰が歌ってんだろ。
某フラッシュのBGMなんだが。

まあそんなわけでオマエラ。
ありがとうって言いそびれた毒男いるか。
生きてはもう二度と会えないんだから、ここで言っとけ。

61 :Mr.名無しさん :04/07/27 04:28

俺に言わせてください。
ありがとうって言いたいです。
いつも毒男板に来ては煽ってばかりいた性格の悪さを省みています。
きっと俺に罰が当たったんだ。悪性リンパ腫って…手遅れって…

母さん、マジでありがとう。
ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう。
ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう。
ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう。
ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう。

生んでくれてありがとう。こんな俺でも生んでくれてありがとう。
愛情を注いでくれてありがとう。沢山笑ってくれてありがとう。
一緒にへこんでくれてありがとう。一緒に泣いてくれてありがとう。

あなたは最高の母親です。オヤジも鼻が高いさ。
いっぱい泣きたい。あと一ヵ月後にはあなたのいない暮らし。
俺が芋ようかん買ってきたくらいで、病院のベッドではしゃがないでよ。
顔をくしゃくしゃにして喜ばないで。そして食べながら泣かないで…

母さんが喜ぶなら、芋ようかんずっとずっと買ってくるよ。
母さんがいなくなっても、ずっとずっと母さんの為に喜ぶ事をするよ。
母さん、ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう。

112 :癒されたい名無しさん:2008/10/31(金) 23:41:44 ID:1MDULyGB.net
79 :61 :04/07/27 05:37

すいません。今まで泣いてました…
厚かましいけど、書かせてくれ。お願いします、書かせて下さい…

最近はずっと起きてる。なるべく寝ないようにしてる。
寝ても二、三時間くらい。
後、俺の家族に残された一ヶ月って時間を、出来るだけ記憶に留めておきたかったんだ。寝てしまうその時間すらも惜しいんだよ。

俺に何か出来ないか、俺に何か出来ないか、そればっか考えてる。
残念な事に、俺には何も出来ないんだよ。病気の進行は容赦ない。
母さんをすぐに蝕んでいくんだ。薬の副作用で母さんの顔がむくんで、髪がボロボロ抜け落ちていった時に、
「アハハ、お母さんブサイクになっちゃったわねぇ〜!!」
って、母さんは元気いっぱいに俺に言ったんだ。

俺が病室を出ると、母さんの泣き声が漏れてきた。
俺は病院の廊下で恥ずかしながら泣いたよ。
俺の前では元気いっぱいに振舞っていたのは
親心なんだって気付いたよ。母さん、俺バカでごめん。

だから、俺が出来る事って稚拙だけど、母さんの好きな芋ようかんを買っていってやったんだよ。俺はたまに買って行ってやるんだ。
母さんが病気になる前から、給料入ったらお土産で買ってくのね。
はしゃいで、顔をくしゃくしゃにして喜んで…食べながら泣いて…

日常ってとても素晴らしいものだね。些細なことでもキラキラしている。
芋ようかんですら愛しくて、ありがたくて、
涙が出てしまうくらいのものだよ。

俺はきっとこれから、いつもの芋ようかんを買う和菓子屋を通る度に その日常を思い出して、泣いて、「ありがとう」って感謝するんだろうね。本当は眩しいくらいのものなんだよ、日常って。絶対に家族ってとてもとても眩しいものなんだよ。

だから、恥ずかしくても自分の家族にありがとうって言ってやってくれ。
暖かくてキラキラしててかけがえのないもの。
俺の中では永遠に生き続けるもの。

母さんありがとう。

…もうだめぽ。スクリーン半分涙で見えねぇよ。。。

113 :癒されたい名無しさん:2008/10/31(金) 23:42:44 ID:1MDULyGB.net
97 :61 :04/07/27 08:08

今は家に取りに来なきゃいけないものがあって帰ってきた。
急いでるのにウケるよね。
2chに書き込んでる暇があるならさっさと病院行けって感じだろうね。
病院行きたくないんです。



母さん、死んじゃった。


朝死ぬことねぇだろ…本当に母さんらしいね。
ほんっと、人騒がせな親だよなァ。
ねぇ、母さん。死んだら芋ようかん食えないよ?
死んだら、買って行ってあげないよ?
死んだら食べれないんだよ?

本当に急すぎて、ネタだと思われるだろ?
人騒がせだなァ…

母さん、ムカついてるでしょ?
医者にはあと一ヶ月って言われてたのにね。
一ヶ月、芋ようかん食べれたのにね。俺も買って行ってあげたのにね。

何でだよ、棺おけに芋ようかん入れたくないよ。

買って行くから、また食べてよ。
また笑ってよ。
また俺の名前呼んでよ。

114 :癒されたい名無しさん:2008/10/31(金) 23:43:14 ID:1MDULyGB.net
142 :61 ◆1Z4mF1mWnQ :04/07/27 20:34

最初って涙なんか出なかった。
親戚や友達に連絡して、それはもう事務的にお通夜とかの準備をしなければいけなくて。
涙を流す暇がないっていうのかな。オヤジも姉ちゃんも、同じように忙しくて悲しみにひたる余裕はないって感じでした。
忙しさに追われたから、俺は今日の一日を冷静でいれたのかも。

一度、家に帰ってくる時に三人で夕飯食べたんだ。ハンバーグ食べた。
オヤジが、「うまくないなぁ…か…」
って、言葉詰まらせてイキナリ泣き出したんだ。子供みたいに。

俺はすぐ分かった。
その、「か…」の後に続けようとした言葉がすぐに分かった。
オヤジと母さんはよく食べ歩きが好きで、うまい店があると家族サービスとかいってはよく連れて行ってくれてたんだよ、俺と姉ちゃんを。

オヤジは「うまくないなぁ、母さん」って
いつもの癖でついつい言ってしまうところだったんだろうね。
俺は黙ってた。姉ちゃんも黙ってた。
俺は泣かなかった。泣けなかった。黙って食べてた。
何かしゃべったら俺も崩れてた。

今日の夕方もむしむしと暑くて、地元のスーパーはいつも通りにぎわっててさ… 思わず寄ったよ。
特売のトウモロコシと枝豆売り場には主婦が沢山いてね
その中に母さんいるんじゃないかって、バカげた子供みたいな考えに変な期待持っちゃって。
「アツシ、トウモロコシ買ってきたから茹でてあげるからね〜ッ!」
って、 一昨年の夏みたいに、笑う母さんの顔が見たかった。
こんなクソ暑い夏に、リビングで寝っ転がりながらトウモロコシを食う俺の行儀悪さをうるさく言う母さんの声が聞きたかった。

ああいうのを本当は小さな幸せって言うんだろうね。
けど、小さすぎて当たり前すぎて見えないんだよ。
いなくなってしまってから初めて分かるんだ。
それがビー球みたいにいろんな色があって綺麗で素朴でキラキラしてるって分かるんだよ、きっと。

115 :癒されたい名無しさん:2008/10/31(金) 23:43:54 ID:1MDULyGB.net
152 :61 ◆1Z4mF1mWnQ :04/07/27 23:57

もう今日でここに書き込むのは最後にします。
みんな色々と辛いことを乗り越えての今があるのだと思いました。

だから俺だけ弱くてうじうじしていてはいけない。みんなが通る道なんだよね。けど、今だけ俺の弱さをどうか許してください。昨日の今日では強くなれない…

悲しすぎる。

オヤジが俺に封筒を渡してきました。
葬式までに必ず読んでおけって。オヤジはその中身を知らなかったらしい。姉ちゃんの分もあるって言っていたから、母さんからのものだってすぐに分かった。

俺は本当に弱い。もっと強いものかと思っていたら全然違った。弱すぎだ。
その封筒の中身を読んで、泣きじゃくった。今も涙が止まらない。どうして2chに書き込んでいるのかもよくわからない。誰かに聞いて欲しいからかな。誰かに何か言って欲しいからかな。


「アツシへ
お母さんがこんな手紙を書くことなんてなかったからさぞかしビックリしているでしょう。
アツシも知っている通り、お母さんは後三ヶ月くらいなんだってね。今のお医者さんはすごいね、余命をすぐに言ってくるなんてね。時代は変わりましたね。お母さんがお婆ちゃんを亡くした時は、ひた隠しにされたのにね。こっちの方がスッキリしていいかもね。
お母さんね、もっとアツシとナミを見ていたかったんだけどね。ごめんね。
あと三ヶ月しか見れないのか、うーん、残念だよ。
アツシ、旅行に連れて行ってくれるって言ってたしね。お母さん、北海道がいいな。美味しいものを家族で食べに行きたいじゃない。それで小樽にも行ってみたいんだ。アツシ、お母さん頑張って元気になるから、その時は北海道旅行をよろしくね。

116 :癒されたい名無しさん:2008/10/31(金) 23:45:23 ID:1MDULyGB.net
153 :61 ◆1Z4mF1mWnQ :04/07/27 23:58

あなたは家族思いの良い子です。言葉遣いは汚いけど、それが照れ隠しなんてお母さんはちゃんと知っているんだからね。
だてにあなたを23年間も育ててきた訳じゃないんだから。あなたとナミは私達の自慢の子供です。
あなたもいずれ親になって分かると思います。自分の子供がどんなにかわいくて仕方ないか、絶対に分かる日が来ます。
お父さんが頑張って働くのも、お母さんがご飯を一生懸命に作るのも、
あなたたちがかわいいから。あなたたちを愛しているから。あなたたちと幸せを創り上げたいから。
それが親心だよ。アツシも絶対に分かるはずだよ。
けど、お母さん、子供孝行出来てないよね。あと三ヶ月の間に出来る事って何かを考えたんだけど、お母さんバカだから分からないや。ごめんね。
だから、この手紙はあなたたちに謝りたくて、今こうして書いているの。
無責任な親だね、無責任なお母さんだね。ごめんね、お母さん無責任で。

アツシ、お母さんの子供で幸せでしたか?
お母さん、自信がないな。お母さんなりに頑張ってきたつもりだけど、自信ないよ。
だから、この手紙を読んだら、素直にお母さんに言って。
お母さんの息子で幸せだったか、素直に言って。
もし、幸せだったなら、お母さんもっと頑張っちゃう。
もし、幸せじゃなかったんなら、お母さんもっともっと頑張っちゃう。
大好きなあなたたちの為に、お母さんは頑張るよ。エイエイオーって頑張るよ。
あなたたちを授かって良かった。本当に良かった。
お母さんは幸せ者だね。幸せすぎるね。

あ、しつこいけど、お母さんは夏くらいに北海道行きたいな。
家族で行こうよ、北海道。きっといいところだよ。美味しいものたくさん食べようね。
アツシの運転する車で、北海道をぐるぐる家族四人でまわるの。ステキでしょう。期待してるよ、アツシ。
ナミには別のものを頼んであるから一人だけの手柄なんかにしないこと!
夏に家族四人で北海道行こうね、お母さん頑張るよ!!

字が汚くてゴメンね。
お父さんも、ナミもアツシも、お母さんはみんな愛してるよ。幸せだよ。

                        アツシのお母さんより 」


って。書いてあった。

117 :癒されたい名無しさん:2008/10/31(金) 23:45:57 ID:1MDULyGB.net
160 :61 ◆1Z4mF1mWnQ :04/07/28 00:52

これで最後です。
俺は忘れてはいけないことがあります。
俺が自己満足で書き込んで、それに対しての温かい言葉、煽り、
全てにありがとうと言いたいです。
みんな、ありがとう。

母さんを北海道に連れて行けなかったことが残念でなりません。
そして、弱い俺はいまだに涙を流しっぱなしです。

家族を大切にして下さい。愛情を素直に受け取って下さい。
小さな幸せを大切にして下さい。
恥ずかしがらずに「ありがとう」と言って下さい。

俺はみんなに感謝しています。みんなの優しさにひたすら感謝です。
夏が過ぎて秋になって、冬になって、どんどん季節が廻ります。
その中での「ありがとう」って、誰にでもあるはずです。
素直にありがとうと言える事は素晴らしいことです。
涙が流せるくらい、美しいものです。
みんなありがとう。

母さんありがとう。
         ・
         ・
         ・






193 :Mr.名無しさん : 04/07/28 23:30

今日はろうそくを絶やさぬように、寝ずの番です。
遺影の母さんは笑っています。

118 :癒されたい名無しさん:2008/11/14(金) 08:12:32 ID:sMeUXxYG.net
俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。

なので料理は基本的に父が作っていた。
でも遠足などで弁当がいる時は、母さんががんばって作ってくれていた。

でも、小学校6年の時の遠足で、見た目が悪い、母さんの弁当、を友達に見られるのが嫌でとうとう「弁当はコンビニで買っていくから、この弁当はいらない!!」と言ってしまった。
母さんはそんな馬鹿な俺に、ただ、うまく作れなくてごめんねとしか言わなかった・・・・。

時は過ぎ、小・中は給食だったのだが、高校になってからは給食はないのでいつも昼は購買のパンですませていた。しかし、高校2年になったある日、母さんが弁当を作ると言い出した。遠足の時に作ってくれたものとは味も見た目もよくなっていた。
不自由な手で、一生懸命作ってくれたのだ。

と、思ったのもつかの間。肺炎で入院したかと思うとぽっくり逝ってしまった。
弁当を作り始めてから3ヶ月しかたたぬうちに・・・。母さんが死んだ後、親父から聞いたのだが、どうやら母さんは俺のために、定食屋をやっている知り合いの所に一年間料理を習いに行っていたらしい。

そして後日、その定食屋に行ってみた。定食屋のおばちゃんと俺は直接のかかわりはないけど、やさしそうな人だった。
そして母がよく弁当に入れていたメニュー、ハンバーグ。それの定食を頼んだ。そして、それを口にしたとたん、ぼろぼろと涙がこぼれてきた。
たった3ヶ月しか食べられなかったけど、たしかに母さんのハンバーグの味にそっくりなのだ。腕がまともに動かせないのに、がんばって作ってくれた、あのハンバーグの味。
形は少し不細工だったけど、とてもおいしかったあのハンバーグの味。

119 :癒されたい名無しさん:2008/11/16(日) 05:12:48 ID:SbrkaI/G.net
>>112
> 79 :61 :04/07/27 05:37

> すいません。今まで泣いてました…
> 厚かましいけど、書かせてくれ。お願いします、書かせて下さい…

> 最近はずっと起きてる。なるべく寝ないようにしてる。
> 寝ても二、三時間くらい。
> 後、俺の家族に残された一ヶ月って時間を、出来るだけ記憶に留めておきたかったんだ。寝てしまうその時間すらも惜しいんだよ。

> 俺に何か出来ないか、俺に何か出来ないか、そればっか考えてる。
> 残念な事に、俺には何も出来ないんだよ。病気の進行は容赦ない。
> 母さんをすぐに蝕んでいくんだ。薬の副作用で母さんの顔がむくんで、髪がボロボロ抜け落ちていった時に、
> 「アハハ、お母さんブサイクになっちゃったわねぇ〜!!」
> って、母さんは元気いっぱいに俺に言ったんだ。

> 俺が病室を出ると、母さんの泣き声が漏れてきた。
> 俺は病院の廊下で恥ずかしながら泣いたよ。
> 俺の前では元気いっぱいに振舞っていたのは
> 親心なんだって気付いたよ。母さん、俺バカでごめん。

> だから、俺が出来る事って稚拙だけど、母さんの好きな芋ようかんを買っていってやったんだよ。俺はたまに買って

120 :癒されたい名無しさん:2008/12/01(月) 01:17:17 ID:6k2kj9IE.net
保守

121 :無情男:2008/12/02(火) 15:33:08 ID:W0s8u+Zq.net
東京で単身赴任してたとき、連休とかにはいつも嫁が来て、家のことなどしてくれていた。
母にも、たまには東京来いよと言ってたんだけど、人混みが苦手だと決して来なかった。

そんな母が脳梗塞で突然死んじゃって、呆然としたまま遺品を整理していたら、東京のガイドブックが出てきた。
皇居とか、浅草とかベタなところに一杯赤鉛筆で線引いてあって、何度も読み返したらしくボロボロになってた。

親父に聞いたら、行きたかったんだけど嫁の方ががいいだろうって我慢してたんだそうだ。
自分は肉が嫌いなくせに、俺の好きそうな焼肉屋とかにも一杯線引いてあって、俺と一緒に回るのを夢見てたみたい。

俺は、お義理で誘っただけなんだけど、誘われた後は何回も何回も息子が来いと言ってくれたと喜んでいたらしい。
一緒に行きたかった場所には、俺の名前が書いてあって、それがたくさんたくさん書いてあって…

死に顔を見たときよりも、葬式の時よりもすっごく泣いた。
田舎に戻った今でも、生きてる間に呼ばなかったこと後悔している。

122 :癒されたい名無しさん:2008/12/06(土) 04:02:19 ID:LAducHWl.net
俺のかーちゃんは拡張型心筋症であと五年くらいしか生きられません。
余命宣告を受けた時は真っ暗になりました。
かーちゃんも最初は落ち込んで精神不安定になりましたがどうせ死ぬなら楽しいことしようと思ったらしく今は好き勝手遊んでます。悔いのない余生を送ることに決めたそうです。
ある時かーちゃんが突然喪服を作りに行こうと言い出して店に行かされました。
採寸を計ってる時見えた値段にびっくり!
「かーちゃんこんなの買えないよ」と言うとかーちゃんは「この喪服はかーちゃんの時に着るのやから」とか「かーちゃんのへそくりでだすから気にするな」と言った後で
「自分の葬式の時にかっこいい息子を見せてやりたいんよ」と泣きながら言った。


123 :癒されたい名無しさん:2008/12/06(土) 04:03:27 ID:LAducHWl.net
いつも明るく気の強いうるさいかーちゃんだっただけにびっくり。
俺が「まだ死ぬと決まってないやん」と言うと帰ってきた答えは余命三年と医者に言われたとの事。
確実に心臓は悪くなってるから準備と覚悟して起きましょうと言われたから喪服を作りに連れてきたらしい。
それを聞いた俺は喪服作りながら号泣。
心臓移植は莫大な金がかかるから無理だし死を受け入れるしかない。
みんなに聞きたいんだが体に負担をかけない親孝行ってどうするんだ?
旅行とかは心臓に負担がかかるから無理だし、もう少し歩くと動悸が激しくなる。
誰か教えてください…


124 :癒されたい名無しさん:2008/12/06(土) 13:57:23 ID:jOvsZpbc.net
>>123
あなたが頑張って生き抜くこと

125 :いやされたい名無しさん:2008/12/06(土) 19:12:09 ID:WXnDSQzp.net
http://www.myspace.com/cantaofficial

126 :癒されたい名無しさん:2008/12/13(土) 01:27:49 ID:atxhwVyG.net
小学4年生のとき
友達とちょっと遠くの公園までチャリで遊びに行く事に
なのでおこづかい頂戴って親に言ったら300円しかもらえなかった
皆1000円持ってきてるから1000円頂戴よ!って言ったら
だめって言われて、あとから親の財布から1000円くすねた。
財布に1000円しか入って無かったのに・・・
その当日の朝、靴はいてたらお母さんがきて
もう行くの?しょうがないから1000円あげるね
って言ってきた
でも当然そのその財布には何も入って無くて・・・
ごめんね。お財布に1000円なかったからあげられない。気をつけてねいってらっしゃい
って笑顔で言われた
10年以上経った今でも罪悪感で泣きそうになる

今も描きながら涙出てきた。
お母さんごめんなさい

127 :癒されたい名無しさん:2008/12/13(土) 11:18:52 ID:D91Kz5tC.net
夢をみた
映画のように感じる夢だった


自分が何故かはわからないけど死んでしまった
そして霊になった
霊になって家にいき、兄や母が普段と生活している姿を見ていた
別に葬式とかしているのはなくて、ただ自分がいないということだけだった
霊になったから何か出来ないかなーと思って飛ぼうと頑張ったりした
しかし30cmくらい宙に浮くだけだった
つまらなくなったからやめて、そこらへんに寝転がったりしてた
すると母親が歩いてきた
そして自分を大またで越えて通りすぎてしまった
あれ、自分のことが見えてるの?それともなんとなくそうなるようになってるの?
と不思議に思っていた

場面が変わり、母親と自分は別の場所にいた
母親は銃を持ってた
しかし特に何をするというわけでもなかった
自分は適当に母親を眺めていた
しかし、途中でどっかにいってしまった

そこでまた場面が変わり、自分は母親がいた場所に戻って母親は別の場所にいた
自分は辺りをみわたして母親を探した
見つけると、またその場所に歩いていった
途中で銃がおちてた
母親が持っていた銃だ
自分の目の前で3人組の子供たちがそれを拾った
自分は危ないと思い、それを奪ってふところにしまった
すると子供たちは自分のほうを不思議そうに見ていた
何だ?と思っていると子供たちは「銃が浮いてるよ!すげー」
みたいなことを言いながら近づいてきた
自分がもつと、そのものも見えなくなるものと思っていた
家の中のときにも自分が物をもって立っていたことがあるからだ
しかし、周りの人たちもこっちを不思議そうな目で見ている
そこで自分はどうやら家族にしか見えてないというのがわかった
自分は逃げるように非常階段のような螺旋階段のかなり広いもののような階段を昇った
そして母親のもとに向かった
母親の肩を叩き銃を持っているのをみせて、銃を返さずに床におとし蹴った
銃は階段からおちてとれなくなってしまった
母親は驚いた目でみていた
自分は母親を抱きしめた
母親も自分も泣いていた
顔を歪めて、止まらないくらい泣いていた
こんな泣き方をしたのは小学生以来だ
そして
「大好きだよ。今まで育ててくれてほんとにありがとう。銃で死んだりなんかは絶対にしないで。」
といった
母親はうなずき、しばらくその後抱きしめ合っていた
その後お互いに離して、うなずきあった

場面が変わり、自分は父親の前にいた
父親にも「ほんとに今までありがとう。」といって自分はその場にあお向けてねた
父親はそのうえに馬乗りになり、自分の首を絞めていた
この世界から本当に離れるにはこうすることだと頭の中でわかっていた
やがて自分の意識は遠のいていった

128 :癒されたい名無しさん:2008/12/13(土) 11:20:02 ID:D91Kz5tC.net
そこでちょうど目が覚めた
自分は泣いていた
文では夢のうろ覚えなので省略されている場所があるが、長くて本当に映画のように感じる夢だった
枕がすごい濡れていて、夢と同じくらい泣いていたみたいだった
そして起きてからも本当に悲しくて、夢と同じように顔を歪めて止まらないくらい泣いた
自分は母親を邪険に扱ってきた
そういう自分が本当に嫌になった
本当に自分が死んだときには、もうお礼など言えないだろう
母親が死んだときも同じ
すごい恥ずかしいが、近いうちに母親を抱きしめて同じことを言おうと思った
本当に言えなくなってからでは遅いから
そしてこれからは母親を大切にしようと思った

涙を拭きながら書いていたので誤字があるかもしれません
長文失礼しました


129 :癒されたい名無しさん:2008/12/16(火) 15:57:55 ID:ERzQmimJ.net
一度大学受験に失敗して
普段泣かない自分だけどなんか泣いた
母もそれは知ってて
期待してないとかいいながら
実際同じくらいショックだったとおもう

次に受けた大学は偏差値も数段低いし
受かること前提で前からほしかったゲームねだった
そんときはお金ないからって
買ってくれそうなそぶりもないし諦めてた

受験終わって三日経って
家に帰ると
母宛てに小包が届いてたから
なんかの好奇心で勝手にあけちゃったら
前ねだったゲームが入ってた
そんときに合格祝いにって渡す母が想像できて
泣けてきた

いい大学はいれなくてごめん
いつまでもなんもしてあげれなくてごめん

いつか自分もこんなサプライズするから
それまで元気でいてください

130 :癒されたい名無しさん:2008/12/18(木) 11:07:04 ID:CZP8ezMU.net
中三の頃、母が死んだ
俺が殺したも同然だった・・・

あの日、俺が楽しみにとってあったアイスクリームを、母が弟に食べさせてしまった
学校から帰り、冷凍庫を開け、アイスを探したが見つからなかった
母親に問い詰めると、弟が欲しがったのであげたと言った
その時楽しみにしていた俺は、すごく怒った
母親に怒鳴り散らし、最後に「死ね!」と叫び、夕飯も食べずに部屋に篭った
それから何時間か経った
俺は寝てしまっていたようだ、が、父親が部屋に飛び込んできたので目が覚めた
「母さんが轢かれた・・・!」
あの時の親父の顔と言葉を、俺は一生忘れないだろう
俺達が病院に着いたとき、母親はどうしようもない状態だと言われた
医者は最後に傍にいてあげてくださいと言い、部屋を出た
それから少しして、母親は息を引き取った
その後、母親があの時間に外にいた事を父から聞いた
買い物に行くと言って出て行き、その帰りに車に轢かれた事
現場のビニール袋の中には、アイスが一つだけ入っていた事
救急車の中でずっとごめんねと呟いていた事
その時、俺のために母はアイスを買いに行って事故にあったとわかった

通夜と葬式の間中、俺はずっと泣いた
そして、今でもこの時期になると自然に涙が出てくることもある
母さん、ごめんな
俺が最後に死ねなんて言わなかったらと、今でも悔やみ続けている


131 :癒されたい名無しさん:2009/01/06(火) 16:04:55 ID:I4rHd7Mw.net
どこに書いていいかわからんので

母が逝った
ホントあっと言う間だった。
風邪は万病の元? 皆そう言うよね。思い知ったよ。
確かに風邪はひいてたよ。
だが1月1日朝洗濯物干してたのに3日の朝には冷たくなってた。
救急車呼んだよ。乗せるまでもねぇとよ。死後7時間くらいたってるかもだと
バカ言ってんじゃねぇ! その時間は覗いて呼吸音確認してんだよ!

そのまま警察呼んで、検死してもらったよ。
死因不明?ホントそう書いてあんだぜ、会社への連絡表に死因記入する際なんて書くか途方にくれたよ。
連絡する人する人皆絶句、親戚連中も飛んできた。皆同じ事を言う。「信じられない」と
一番信じられないのは俺達家族だ。あと本人もかも、多分絶対分かってねえと思う。


指にケガして絆創膏貼ってる。これ貼った時はまだ元気だった・・・
正月連休今日で終わり。連休入った時には考えもしなかった・・・
紅白見てた、除夜の鐘聞いた。まだ元気だった・・・

でも今いない

告別式も終わって、家ん中ちょっと片付けてこれ書いてる
親父はボーゼンとしてる。姉はまだ泣けないでいる。

2009年 なんて年の始まりだ。


132 :癒されたい名無しさん:2009/01/24(土) 00:37:57 ID:iX/SnxjN.net


133 :癒されたい名無しさん:2009/01/24(土) 15:24:42 ID:56ePYq/V.net
文へたくそだけどよかったら読んでくれ
 俺が中3の時の話
 
 元々母さんは精神病を患ってた。 
でも俺が生まれる何年も前に、ほとんど完治してたらしくて、俺は全然病気の心配何かしてなかった。

 そんなある日、母さんが事故にあった。 どうやら曲がり角のところで車に跳ねられたらしい。
幸い命に別状はなかったが右腕と右足がほとんど動かなくなり、さらに動くと首にも激痛が走るらしかった。
元々活発だった母は、動いたり外に出ることができなくなって、段々うつ状態になっていった。
 
 そして、治っていたはずの病魔がだんだんと動き始めた。

 そん時は地獄のようだったよ。 俺が今まで見たこと無い母さんが現れるんだ。
毎日毎日、その日によって性格が変わるんだ、 暴れだしたり、かと思えば泣きだしたり、俺に暴言をはいたり…
帰ってきたら母さんが首に縄巻いてんだぜ? 包丁持ってたり、俺に包丁つきつけて
 「一緒に死のうか…まさ君…」って言ったこともあった。
 ホントに辛かった。
 
 親父は親父で仕事が忙しくて、ほとんど海外にいた。 頼れる親戚も兄弟もいなかった。
おまけに俺は受験だった。 いろんな不安で心が押しつぶされそうになった。
 
 これはさすがに家族には手に負えないってなって、精神病院に入院することになった。
入院先は閉鎖病棟。 面会に行った時、閉鎖病棟の隅っこで小さくなって俺の名前を泣きながら叫んでる母さん見たときはホントに泣きそうになった。

 すこしだけど良くなって、母さんが家に戻ってきた。 
叫んだりはしなくなったけど、こんどは記憶の感覚がごちゃまぜになった。
中3の俺が2歳になったり、8歳になったり、時には死んだ母さんの弟になったり…
 
 それでも行動的なところだけは昔のままで、歩けないのに歩こうとして転んで血を流すなんてしょっちゅうだっ
た。
普通なら俺がどうにかしなきゃいけないんだけど、どうしても勉強で忙しくて、見て見ぬふりしちまってた…
  
 入試前日、俺が学校から帰ってくると、母さんがいろんなところに擦り傷作って台所になっていた。
足もとには大きな買い物袋…
どうやら買い物行って来て、そこらじゅうで転んで擦り傷作ったらしい。
 
 そしたらさ、色んなとこから血出しながらサンドイッチ作ってんだよ。 俺が小さい頃一番好きだった母さんのサンドイッチ
 「まさ君喜ぶかな? まさ君…まさ君…」 って泣きながら俺の名前呼んでんだ…
 「明日は一緒に、お出かけしようね」 とか、「明日は運動会だね」とか色々言ってんだよ。
なぜか知らないけど明日は特別な日ってことだけは知ってんだな… とか思いながらさ、
 そしたら急に泣き出してこう言うんだ。 
 「まさ君… お母さんはどうなっちゃうんだろ… まさ君…まさ君…」 
ず〜っと俺の名前を呼ぶんだよ。 立ってるのも辛いはずなのに、泣きながら…
 ホントに切なかった。 

 次の日、母さんのサンドイッチを持って入試に行ったよ。 昼飯食った後の5時間目の社会。
なんでかわかんないけど眠くなっちまって、一問もとかずに眠っちまったよ。
 
 そん時見た夢はいまでも覚えてる。 俺が母さんに抱きしめられてた夢だった。

134 :癒されたい名無しさん:2009/01/26(月) 03:16:09 ID:EfrIPvm8.net
>>133泣いた。俺の母さんの話もしたくなったけど誰か見てくれたら嬉しい。

母が死んで今日で一年とちょっと。高齢出産だったこともあって、
俺の同年代の友達の親と比べると明らかに年くってた。
俺が「なんでもっと若く生んでくれなかったの!?」と責めたこともあった。
俺が思春期のころとにかく心配性な母がうざいのと、親父には恐くて
何も言えなかったから何でもかんでも
母に当たってた。たくさん文句言って寝ようと自分の部屋に入ったとき
母のすすり泣く声が聞こえたときは自分の不甲斐なさに気付き俺も泣いた。


お母さんが死ぬ時っていつか来るってわかってた。
でも気付いてからは遅いんだよね。そんな俺も今年で23才になる。
20才を迎えたくらいから親孝行したいなって思って
高齢出産だった母に孫の顔を見せてあげたいなって思ってた。
それで、先月生理来ない彼女が病院行ったら子供が出来てたよ。お母さん。
無事に生まれてくれたらいいな。
俺を生んでくれてありがとう。高齢出産だったから辛かったろう。
でも孫の顔見せてあげたかったな。抱かせてあげたかったな。
でももうお母さんの笑顔見れないんだよね。あの笑い声ももう聞けないんだよね。
でも俺少しは一人前の大人になったよ。学歴も無いし給料安いけど
ついに家庭を持つよ。こんな幸せなことってなかなか無いよね。

俺の子供にはお母さんからもらった優しさを少しでも分けてあげたい。
休みの日は子供といっぱい遊ぶ。俺が小さい頃のお母さんよりは
動けると思うよ。なんたってまだ俺若いからね。

お母さんが死ぬ前日に俺に言った言葉。
「今日はお風呂入ってもう寝なさい」
あの時寝なきゃ良かったな。今でも思うよ。一晩中話しとけば良かったよ。
なんで死んじゃうんだよ。お母さん。もっといっぱい甘えとけば良かった。
もっといっぱい話したかった。旅行に連れて行ってあげたかった。
それで美味しい物いっぱい食べさせてあげたかった。
次の日冷たい体に抱きしめても、声かけても何も返って来なかったよ。
お母さん、天国から俺の事見える?
俺の事もう心配しなくていいからね。子供の名前何にしようかな。
お母さんだったらどうする?明日仕事休みだから彼女とお墓参り行くよ。

最後に生きてるとき言いたかったけど言えなかった言葉。
「お母さん、生んでくれてありがとう」

135 :尾賀ちゃん:2009/01/26(月) 11:53:05 ID:gmhjCMqe.net
無職になり
大不況の中次の仕事にもありつけない・・・
お金も住む場所もなくなり・・・
日ごろから母親に・・・
「生活を楽にしてあげる」
「老後のしなくても大丈夫」と
大口たたいていた私・・・
とうとう・・・
母親のいる実家にまで
後退してしまった・・・
戻ってきても・・・
何も言わない母親
「そりゃそうだよね・・・」┐( ̄ヘ ̄)┌ ←oga
「こんな不景気に住みつかれたらいい迷惑だよね・・・」
その日の夕飯は
(私の新しい)
箸が用意してありました
見た瞬間・・・
涙をこらえるので精一杯で・・・
「いただきます」も
「ご馳走様」も
言えなかったけど・・・
母親のありがたみを一つ一つかみしめて食べました
「ここにいていいよ」と
言われたみたいで・・・

その日初めて泣いた・・・

136 :癒されたい名無しさん:2009/01/28(水) 05:04:00 ID:FUIms6nq.net
年末年始を実家ですごし、
また夜行列車に(18きっぷでムーンライト)のって帰る日が来た。

母の作ったあたたかい夕食を食べ、それから車で駅に送ってもらった。
寒いのでいっぱい着込んでたっけ。


駅のロータリーで母が

「お茶とか買いなさいね。」

と言っていたのが忘れられない。


おれは「行ってきます!」と少しでも精悍な表情をつくろうとした。




その後、途中の駅で深夜に10分間の停車があった。
普段は絶対に買わないが、その夜は自販機でミルクティーを買った。


じんわりとあたたかさがつたわってきた。

137 :癒されたい名無しさん:2009/01/28(水) 14:59:43 ID:Jm/qcM2G.net
http://ameblo.jp/toyboy17/entry-10198650770.html
さっきこれで泣けた。

138 :癒されたい名無しさん:2009/02/01(日) 06:22:59 ID:aQE0i9/L.net
もっと下さい

139 :癒されたい名無しさん:2009/02/16(月) 20:57:16 ID:oZOiDyaj.net
母が死んで呆然としていたころにころのスレを見てとても癒されました。
すみません、ここに吐き出させてください。
つたない文章ですがどうぞよろしくお願いします。

140 :癒されたい名無しさん:2009/02/16(月) 21:05:45 ID:oZOiDyaj.net
こういう場所に書き込むのは初めてなんですが私の名前は仮に一郎とします。
私の母はとても病弱と言っていいのかはわかりませんが、1度病気にかかると
なかなか治らず、まぁ体が弱いといってもよかったのでしょう。
残された私は今でも母の病気の時の弱った背中を弟の二郎(仮)と見ていたのおぼえてます
母のことを昔は嫌っていました。
母のことで思い出は多いのですが、そうですね一番印象に残っているのは中学の頃でしょうか?


141 :癒されたい名無しさん:2009/02/16(月) 21:17:42 ID:oZOiDyaj.net
連日雨が酷かった日のことです、私は中学3年でそうクラスは四階にありました。
その日は3者面談だったが、母が急に来れなくなり仕事を休んで父が来てくれるようになった。
「急に来れなくなってすまんな、急に具合が悪くなってな」
そういって謝る父さんのかおは今でも印象に残ってる。
お袋は勝手な人間だ・・・と当時はとても憤りました。


142 :癒されたい名無しさん:2009/02/16(月) 21:26:23 ID:oZOiDyaj.net
すぐに帰りましたその日は、三者面談が終わるなり。
家に帰ったんですが病院に行っていたようで母は家にいませんでした。
そして家族4人がそろったのは、夕飯のときでした。
元気そうにしゃべる母を見て当時の私はとても不快になりました。
ですが…今は心配をさせないように元気にふるまってくれていたんだなぁと
その時は言えなかった母への感謝の言葉を思うととても自分が嫌になり
発狂してしまいそうになるほどです。

143 :癒されたい名無しさん:2009/02/16(月) 21:34:32 ID:oZOiDyaj.net
あまり文章を書くことがないものでお見苦しいならすみません。
文章変になってませんかね?
続けさしてもらいます。
「いつもいつも父さんに迷惑をかけて恥ずかしくないのか?
 さっさと死んでくれクソババア!」
当時の父は結構の割合で家事をやってくれていました。
日常の家事は小学五年に上がった時から私も分担していましたが、仕事
と家事を両方やっている父はとても疲れているように見えました。


144 :癒されたい名無しさん:2009/02/16(月) 21:47:13 ID:oZOiDyaj.net
「ごめんね、こんなおかあさんでごめんね」
海苔を掴んだ箸が濡れ始め六回ほど謝罪の言葉を吐きながら俯いていました。
当時の私には母の泣いている姿はとても印象に残っています。
気まずくなった私はそのまま自分の部屋に戻り、やるせない気持ちになりながら
幾分ましになったところで好物の八ツ橋を食べながら、受験勉強に取り組みました。



145 :癒されたい名無しさん:2009/02/16(月) 22:08:40 ID:oZOiDyaj.net
当時の日記を見ながら書いています。
受験のストレスで当時いらいらしていたのでしょう。
とても母に謝りたい気分です、皆さんも両親が大事ならちゃんと孝行してあげてください
荒れていたんでしょう当時の私は九州を出たかったのです。
なぜ出たかったんでしょうね・・・今ではわかりません日記を見ても。
最後に母に会ったのは母の誕生日に気まぐれに誕生日プレゼントを渡しにいったの時です。
母は花が好きでした。
蓮華が特に好きでしたが十月だったので渡せませんでした。


146 :癒されたい名無しさん:2009/02/16(月) 22:16:32 ID:oZOiDyaj.net
その時のことはよく覚えています。
廊下を歩いてエレベータで母のいる七階までいきました。
そのときは元気そうだったんだ・・・
花のにおいをかいで笑っていたお袋。
「調子が戻ったらみんなでなんかおいしいもん食べようね」
何で死んだんだ

147 :癒されたい名無しさん:2009/02/16(月) 22:23:36 ID:oZOiDyaj.net
それでまた疑いもなく会えると思っていたのにね。
父さんのメールで本当に驚いてたよ。
メールがたくさん来ててさ、携帯の電源切っとく派なんだけどさ。
なんで電源がいれてなかったんだよ・・・
これから孝行していこうと思ったのに・・・
ごめん、ごめん・・・ありがとう

この年になるまで気づかんかったよ・・・・・
お袋ありがとう、ありがとうありがとう
弁当美味しかったよ、あまり作ってくれなかったけど
見守ってくれてありがとう。
生んでくれてありがとう
何で今頃気づくんだろうか?遅すぎるよ

148 :癒されたい名無しさん:2009/02/16(月) 22:27:15 ID:oZOiDyaj.net
最後にお袋有難うそして本当に今までおつかれ様でした。
お袋なら絶対天国いけるよ。
お見苦しく失礼しました。
皆さんの話で本当に助けられましたありがとうございます
このスレ主に本当に感謝します。


149 :癒されたい名無しさん:2009/02/19(木) 22:39:54 ID:ixaGuJ+n.net
嗚呼

150 :癒されたい名無しさん:2009/02/28(土) 16:44:18 ID:DwE7hn3Y.net
私は、2歳のとき父を亡くし、以来、私をひとりで育ててくれた母も私が中学二年生の時
突然の心臓病でなくなりました。その日のことです。
 近所のスーパーに勤めていた母ですが、学校から帰ると
勤めを早退した母は床に臥していました。
「お母さん、どうしたの?」と聞くと「心配しないでもいいよ、ちょっと風邪をこじらせただけだから」とか細い声で答えました。
 昨日からなにも食べてない様子だったので「なにか買ってこようか」と聞くと
「おまえも今、期末試験中で大変なのに、いいの?」「もしよかったらリンゴが食べたい」「じゃあ、すぐ買ってくる」
 リンゴを買って家に着いたとき、母はもう死んでいました。
 枕元に、ほんのわずかな時間に、苦しみながら書いた母の言葉の走り書きがありました。
「哲、ひとりになってもお母さんお父さんはいつもおまえを守っているよ ありがとう」
とありました。
 私は、それ以来リンゴを見ることもむろん食べることもできなくなりました。
 あれから九度目の桜を見る季節がもうすぐやってきます。
 私にとっての桜の季節は、ただリンゴをにぎりしめながら泣きつづけた日々の思い出なのです。


151 :癒されたい名無しさん:2009/03/01(日) 12:37:37 ID:wkljQebG.net
癒されない悲しみの日々を経て
人は悟り、強くなる。

152 :癒されたい名無しさん:2009/03/01(日) 12:47:32 ID:wkljQebG.net
>>150
哀切で、心にいつまでも残り続ける話。
涙が止まりません。
みんなにこの話を伝えたい。
150さん、ありがとう。
こんなにも胸をうつ話、感動しました。

153 :癒されたい名無しさん:2009/03/01(日) 12:49:40 ID:wkljQebG.net
>>150
哲さん、今は幸せですか?
哲さんの幸せをお祈りします。

154 :癒されたい名無しさん:2009/03/02(月) 11:56:53 ID:cm09v/x8.net
>>150で感動を与えてくださった哲さん、その後のことを聞かせていただけませんか。

>>私は、2歳のとき父を亡くし、以来、私をひとりで育ててくれた母も私が中学二年生の時
突然の心臓病でなくなりました。その日のことです。
 近所のスーパーに勤めていた母ですが、学校から帰ると
勤めを早退した母は床に臥していました。
「お母さん、どうしたの?」と聞くと「心配しないでもいいよ、ちょっと風邪をこじらせただけだから」とか細い声で答えました。
 昨日からなにも食べてない様子だったので「なにか買ってこようか」と聞くと
「おまえも今、期末試験中で大変なのに、いいの?」「もしよかったらリンゴが食べたい」「じゃあ、すぐ買ってくる」
 リンゴを買って家に着いたとき、母はもう死んでいました。
 枕元に、ほんのわずかな時間に、苦しみながら書いた母の言葉の走り書きがありました。
「哲、ひとりになってもお母さんお父さんはいつもおまえを守っているよ ありがとう」
とありました。
 私は、それ以来リンゴを見ることもむろん食べることもできなくなりました。
 あれから九度目の桜を見る季節がもうすぐやってきます。
 私にとっての桜の季節は、ただリンゴをにぎりしめながら泣きつづけた日々の思い出なのです。


155 :癒されたい名無しさん:2009/03/04(水) 18:31:34 ID:LxKw37N7.net

こんな悲しく胸を打つ話。
涙で目が腫れました。
なくなった母が恋しい。

156 :癒されたい名無しさん:2009/03/05(木) 19:00:28 ID:J+tvPAcV.net
150の話、おいらも涙ウルウルンだべ。
母ちゃん死んだらおいらどうすべっか、
教えてくんさい。


157 :癒されたい名無しさん:2009/03/06(金) 13:08:00 ID:pn6zToZR.net
きゃーーーかなしい さびしい せつない
>>150

158 :癒されたい名無しさん:2009/03/07(土) 14:10:05 ID:Mv7q6ia/.net
>>148
長い

159 :癒されたい名無しさん:2009/03/07(土) 18:36:22 ID:G6PuZTHU.net
>>150で感動を与えてくださった哲さん、その後のことを聞かせていただけませんか。

>>私は、2歳のとき父を亡くし、以来、私をひとりで育ててくれた母も私が中学二年生の時
突然の心臓病でなくなりました。その日のことです。
 近所のスーパーに勤めていた母ですが、学校から帰ると
勤めを早退した母は床に臥していました。
「お母さん、どうしたの?」と聞くと「心配しないでもいいよ、ちょっと風邪をこじらせただけだから」とか細い声で答えました。
 昨日からなにも食べてない様子だったので「なにか買ってこようか」と聞くと
「おまえも今、期末試験中で大変なのに、いいの?」「もしよかったらリンゴが食べたい」「じゃあ、すぐ買ってくる」
 リンゴを買って家に着いたとき、母はもう死んでいました。
 枕元に、ほんのわずかな時間に、苦しみながら書いた母の言葉の走り書きがありました。
「哲、ひとりになってもお母さんお父さんはいつもおまえを守っているよ ありがとう」
とありました。
 私は、それ以来リンゴを見ることもむろん食べることもできなくなりました。
 あれから九度目の桜を見る季節がもうすぐやってきます。
 私にとっての桜の季節は、ただリンゴをにぎりしめながら泣きつづけた日々の思い出なのです。


160 :癒されたい名無しさん:2009/03/11(水) 00:03:48 ID:gzaEKn5y.net
↑すごい悲しい話

161 :癒されたい名無しさん:2009/03/12(木) 06:08:26 ID:0LEUmGUU.net
長いけど実話です。

ちょっとした事で母とケンカした。

3月に高校を卒業し、晴れて4月から専門学生となる私は、
一人暮らしになる不安からかここ最近ずっとピリピリしていた。
「そんなんで本当に一人暮らしなんて出来るの?あんたいっつも寝てばっかで‥ゴミ出す曜日は確認した?朝は起きられるの?火事だけには気をつけてよね?」
事あるごとに聞かされる母の言葉にうんざりして、
ついに今日
「あぁー!もぉーうるさいなあ!!自分で決めたことなんだから大丈夫だって!!わざわざ不安を煽るような事は言わないでよ!!すこしは私の気持ちも考えて!最初っから上手くいくわけないでしょお!?自分の娘ならちょっとくらい応援してくれたっていいじゃん!!!」

と自分でもビックリするぐらい大声で母に怒鳴ってしまった。
はっとして
「やばい!怒られる」と思ったが母は何も言わず、悲しいような怒っているようなどこか複雑な顔をしてそのまま車に乗って行ってしまった。

いつもと違う母の様子に少し戸惑ったが、特に止めもせず、イライラしながらもテレビや携帯を見て一人で適当に時間を潰した。



162 :続きです:2009/03/12(木) 06:11:14 ID:0LEUmGUU.net
夕方をすぎても夜になっても母は帰って来なかった。遅い。遅すぎる。
まさか事故にでもあったのか‥?冗談じゃない。それだったら病院から電話があるはず‥
なんて考えていたら外で母の車のエンジンの音が聞こえた。

「ただいまー。」

いつも通りの母の声にほっとした反面、なんでこんな帰りが遅いのか問いただそうとした瞬間、
目の前にやたらと大きな薬局の袋が置かれた。

「何これ?」と母に聞くと、

重たそうなその袋を見ながら
「あんたの薬。一人暮らしするとき薬がなかったら大変でしょう。とりあえず一通りあったもの買ってきたから。あんたはすぐ体調崩すからねぇ。」

頭痛薬、咳止め、湿布や包帯、口内炎の薬、のど飴など袋の中にはありとあらゆる種類の薬が入っていた。

「こんなにたくさん‥」驚いてもうそれしか言えなかった。こんな時間まで私のために母は‥

「一人暮らしかぁー。見送ってやらなきゃいけないのにねぇ。お母さん心配でね、すごく寂しいのよ。
風邪引いた時とか本当はお母さんがそばにいてあげたいんだけどねぇ。」

もうそれ聞いて涙が溢れて溢れて、自分の不甲斐なさと母への申し訳なさで顔あげられなかった。薬だって決して安いもんじゃないのに。
自分の娘を応援しない母親なんて居るはずないのに、なんで気づいてあげられなかったんだろう。もっと応援しろだなんて‥
一番私のことを思ってくれて支えてくれたのは他でもなくお母さんなんだよね。
分からず屋でゴメン。いつもいつもいつもいつもありがとう。

その後、遅めの晩御飯を母と一緒に食べました。
残り少ない母の味をもっと大切にして行こうと思います。

読み辛い長文失礼致しました。

163 :癒されたい名無しさん:2009/03/14(土) 23:28:19 ID:ncEywid0.net
>>162
いい文章ですね。感動しました。
150に続いて感動の嵐。
このトピはほんとにいい。

164 :癒されたい名無しさん:2009/03/14(土) 23:30:25 ID:ncEywid0.net
すばらしい

165 :癒されたい名無しさん:2009/04/05(日) 03:20:58 ID:boUSSx8p.net
私は去年、大学入学と共に上京し現在も一人暮らしをしています。
親の大反対のもとの一人暮らしでした。

うちの母はとにかく元気で、よく笑い、よく泣く人です。
一人暮らしを始めてから、毎日のように母はくだらない理由をつけては私に電話してきました。
「ちゃんとご飯食べてるの?」
「電気つけっぱなしで寝てない?」
「ちゃんと暖かくして寝てる?」
「事故には気をつけてね」
母からの電話の最後にはいつもこんなありきたりな言葉を言われ
耳タコだった私は、その言葉も母からの電話さえ煩わしく感じていました。
だから、母との電話ではいつもダルそうに、素っ気無く応対していると
「どうしたの?元気ないね。」
「何か嫌なことあった?」
と、母は毎度聞いてきました。
母が心配しているのは分かっていたつもりですが、返答するのも面倒に感じ、そう思う自分に対してまたイライラしていました。


そのうち大学生活に追われ、忙しくも充実した日々を送っていた私は、口うるさい母からの電話を無視するようになり時々しか出なくなりました。
6月に入った頃からか母からの電話の回数が減りました。
やっと、子離れできたか。
私は呑気にそんな風に捉えていました。
また、たまにかける自分から母への電話が繋がらなくなり、一方的に時々、決まった時間に母からの電話がくるようになりました。
今、思えば明らかにおかしいのに、特に母に変わった所が無いので当時の私は何の疑問にも持たず、ただ日々を過ごしていました。


6月の末にお金のことで母に連絡が取りたいのに、相変わらず母への電話は繋がらずしかも母からの電話も一切来ない日が続きました。




166 :癒されたい名無しさん:2009/04/05(日) 03:21:41 ID:boUSSx8p.net
7月に入り、翌日の試験の勉強に必死になっていると、また同じ時間に母からの電話がかかってきました。
試験期間中で余計にピリピリしていた私は、イライラを前面に出して電話に出ました。
母はいつも通りへらへらとしていて、それがまた私の感にさわりました。
「何でこの前連絡つかなかったのよ!すごく困ったんだから。」
いつもよりも口調を強くして母に言いました。

「あー・・・ごめんねぇ・・・」
そう一言謝ると、母は黙ってしまいました。
少し置いてから、ひっ・・・ひっ・・・と母がしゃくりあげる声が聞こえてきました。
「は?どうしたの?」としか言えない私に母は告げました。
「・・・おかーさん・・・、ガンなんだってぇ・・・」
突然のことに目眩がしました。
お腹のあまりの痛さに病院に行き、検査やら何やらで忙しかったこと。
そして、子宮ガンだと分かったこと。
手術準備の為に色々忙しくて、連絡できなかったこと。
そして、何より私に心配をかけたくなかったこと。
でも、明日が手術で自分が死んじゃったら・・・と思うと怖くて怖くて、私に思わず電話をかけてしまったこと。
最近の母の行動を思い返し、何も気づかずにいた自分に無性に腹が立ちました。
その夜は勉強も手につかず、ずっと泣いてしまいました。
急に母がいなくなってしまうかもしれないと考えると、怖くて仕方ありませんでした。


翌日、試験のことなど頭になく私は朝1番の電車で母の入院している病院に向かいました。
母は病室でお隣のベットの方と楽しそうにお喋りしていました。
病室のドアの所でたたずむ私を見つけた母のあの時のマヌケ顔は一生忘れません。
そして、「何であんたがここにいるのよぉー試験はどうしたのよぉー」と顔をしわくちゃにして泣き出してしまいました。
私も化粧が落ちるのも忘れて、「母親が手術だってのに、試験を普通に受けられる娘がいるかぁー」と言うと、余計に泣いて二人で一緒に泣きました。

手術室へ運ばれる母を見送り、私は母のベットの脇に置いてあったノートを見つけました。
中には、入院してからの母の日記が綴られていました。
自分がガンで何よりも不安だったはずなのに、その日記には自分のことよりも娘を心配する文章の方が多かったのです。
それを読みながら、母の深い私への愛情にまた泣きました。

手術は成功し、幸いガンも良性だと判明し抗がん剤を打たずに済みました。
しばらく動けなかった母も今では元気に日常生活を送っています。
そして、最低でも1週間に1度は私から母に電話をかけるようにして、定期的に実家に帰るようにしています。

どうか、親の愛情を当たり前だと思わないでください。
いつだって親は子供のことを心配しています。
そして、子には心配をかけたくないと思っています。
何か少しでも様子が違うようなら、聞いてあげてください。

長文失礼しました。


167 :癒されたい名無しさん:2009/04/05(日) 12:20:28 ID:fFrHC06R.net
母の最後に一緒にいられなかった厨房の俺
ありがとうって言いたかった

168 :癒されたい名無しさん:2009/04/06(月) 00:07:11 ID:ikn+8PJ6.net
高校生活
家庭の事情で母の姉の家で3年間お世話になっていた

私の家は両親共働き、当時大学生の姉は遊びほうけて家に帰らず
高校生の姉は病気を患っていた

実家にいても両親は疲れており全く私と話してくれなかった
(話しかけても煩い、と叱られた。今思うと皆心に余裕がなかったんだと思う)
小学生のころから私は一人で晩御飯を作って食べていたし、
叔父、叔母がよく面倒を見てくれていた。
親が私に関心を持たなくても
叔母や叔父が本当の娘の様に接してくれていたから、それで良いと思った。

高校3年の冬
用事があり一時的に実家に帰った。
そうしたら、仕事でいるはずもない母がいた。
ストレスのはけ口にされる前に早く用事を済ませて帰ろうとしたら
母が「叔母ちゃん家まで車で送ってあげる」
と珍しく言った。内心、めっちゃ嫌だったけど
断って色々言われるのも嫌だったので用事を済ませ母と車で叔母の家に向かった。

車の中ではお互い無言だった。

叔母ちゃん家の前に着いたとき母は無言で私に紙袋を手渡した。
私は何も言わずにそれを受け取り、車から降りると
母は帰っていった。

叔母ちゃん家で紙袋の中身を見ると
お弁当が入っていた。
お弁当の中身はカツ弁当だった。

明日、第一志望の大学の受験
母は忙しい中お弁当を作ってくれていた。

久々に食べた母のお弁当は相変わらず美味しかった


後から聞いた話だが
母は毎日のように叔母にメールをして私の様子を聞いていたらしい。

あのときは言えなかったけど
本当にありがとう。

お母さんのカツ弁の味は一生忘れません。

169 :癒されたい名無しさん:2009/05/20(水) 08:41:17 ID:/tfgg7ta.net
最近書き込みない
寂しい

170 :癒されたい名無しさん:2009/05/21(木) 04:28:39 ID:YO1oOgpk.net
>>108
糞泣いた。お前えらいな…

171 :癒されたい名無しさん:2009/05/28(木) 21:06:23 ID:w5+1QbAf.net
家族へ

毎日毎日わがままばかり、何をするにも手がかかるし、私の自由な時間なんて全然ないじゃない。

美優はもう5歳、来年は小学生なんだから
もう少ししっかりしないとね。

加奈は、食べ方は汚いし、
いつもお姉ちゃんや弟をいじめてばかりで、
ホントに嫌になる。

太一は毎日泣いてばかり、
やらなきゃならない事は沢山あるのに
授乳やらオムツ換えやら、
いくら時間があっても足りやしない。

ホントに子供なんか産まなきゃよかった
もうすぐ会えなくなると思うとホント清々する
だから
母さんが逝ってもいつまでもクヨクヨしないで
こんな薄情な母親なんか早く忘れて
幸せに生きていきなさい。


172 :癒されたい名無しさん:2009/06/05(金) 02:24:11 ID:xfypJB27.net
涙が止まらない。

自分のこと・・・
チラ裏だけど書かせてください。

去年の年明け、高齢ながら初めての子供を産んだ。
間もなく、子育てに追われる中で病気が見つかり、
夏、手術を受けた。
摘出された腫瘍は病理検査の結果、悪性だった。
まさか自分がガンだなんて、信じられなかった。
今のところ再発も転移も無いし
余命宣告されたわけでもないけど
正直「あと何年生きられるだろう?」って、
目の前にいる1歳の子供が何歳になるまで
見ていることができるのだろう?って
頭をよぎることはしょっちゅう。
そんな自分には酷なくらい泣ける話がたくさんあって
ぐちゃぐちゃ泣きながら思った。
もっと毎日を大事に、家族と過ごす時間の有難さを
忘れないように日々を過ごそうって。
当たり前の事だけど出来てないかもなぁ・・・って。

イタズラ盛りの子供を怒鳴ったり
時には手をペチンと叩いてしまったり・・・
まだ1歳じゃ叩かれたって理解できるわけじゃないのに。
そんな日常を思い返して
もっとたくさん笑顔で向き合おうって心から思った。
そして、もっと前向きに強く生きようって、
なんだかモヤモヤが晴れたような気持ち。

今日、このスレを覗いて良かった。
明日は目が腫れるなぁ・・・

173 :癒されたい名無しさん:2009/06/14(日) 16:57:11 ID:N/+JI+9J.net
これ見な
http://www.youtube.com/watch?v=xuPJic32VrM&feature=related

174 :癒されたい名無しさん:2009/06/19(金) 11:44:56 ID:dv/GfS2t.net
>>173
京都の事件は泣けるね。ありがとう。


175 :癒されたい名無しさん:2009/06/19(金) 13:21:36 ID:dv/GfS2t.net
>>173
その事件の新聞記事、切り抜いているよ。

176 :癒されたい名無しさん:2009/06/20(土) 10:40:27 ID:CKlxFbeE.net
85歳の母、もうしぜんに任せるしかない。
今はソファにぐったり沈み込んでいる。何も考えられない・・・。

177 :癒されたい名無しさん:2009/06/23(火) 09:36:24 ID:jUNPn5rR.net
ガン治療中の母から来たメール
話じゃないけど
副作用と戦いつつ上京した娘を心配してくれる母です

父の日に父(ツンデレ)にメールしたけどお父さん見たかな?て送った返事です

絵文字もかわいかったからそのままコピペさせて下さい


>返事遅くなってごめんね!今週は副作用が強く出て、今日仕事休んじゃった!でも、今良くなっちゃったよフさぼりになってしまった
お父さんはちゃんとメール見たようですよy相変わらず素直じゃないけど、喜んでいたよ!まったくねーテ早く夏休みになればいいのね。
東京暑いから体調に気をつけてね。また、連絡くださいよ!はーちゃんを大好きなお母さんよりイ

泣いた
絶対田舎に就職したい

178 :癒されたい名無しさん:2009/06/24(水) 06:42:51 ID:VYJhq5D0.net
176です。
何か、アドバイスをください。
母は認知症ですが脳梗塞を起こし、左半身が麻痺しています。
入院して2週間になります。

179 :癒されたい名無しさん:2009/06/24(水) 10:10:44 ID:spLGZVX9.net
>>178

>>177です
お母さんはどういう状況なんですか?
意志の疎通は出来る?
お話は?
昔のことは思い出せますか?

何をしたらお母さんが喜ぶか考えるお手伝いがしたいです

180 :癒されたい名無しさん:2009/07/01(水) 11:12:14 ID:dYjrwz/K.net
海外の短編ものだけど・・

母が認知症になった。
施設には入れずに、自宅で介護を続けてきた。
施設の見学には行ったが、施設のことが詳しく分かれば分かるほど、
母をそこに入れることが不憫に思えた。

3年後。懸命な介護にもかかわらず、母の認知症は進んだ。
その頃には私も介護に疲れ、少しのことでイラつくようになっていた。

ある日、家の庭に野良猫がやってきた。
母は猫を指差し、「あれは何だい?」と訪ねてきた。
私は「あれは猫だよ。」と、少し冷たく答えた。
母は1分もしないうちに私に訪ねた。「あれは何だい?」
「母さん。さっき言ったろ?あれは猫だよ。」私は少しイライラしていた。
母はまたすぐに言った。「ねぇ、あれは何?」
私は感情にまかせて母を怒鳴った。「母さん!何度も言ってるだろ!あれは猫だよ!!分からないのかよ!!」
母は恐れるような眼で私を見つめ、それからは黙っていた。

それからすぐに、私は母を施設に入れることにした。

母の荷物をまとめるために部屋を整理していると、古いノートが何冊も出てきた。
パラパラとめくって中身を見ると、それは母の日記で、
私を産んでから数年間、毎日のように書かれたものであった。
私はハッとした。それを読んでも母を施設に入れる気持ちは変わらないと思ったが、
なんだか申し訳ない気持ちになって、なんとなく読み始めていた。

内容はありふれたもので、『私が初めて〇〇をした。』というようなことがほとんどであった。
私は大した感動をすることもなく1冊目を読み終えると、次に一番新しい日記を手に取り、読み始めた。

6月3日
もうすぐ4歳になる息子と公園に行くと、1羽のハクセキレイが目の前に飛んできた。
息子は「あれは何て言う鳥?」と、私に何回も何回も訊いてきた。
私はその度に「あれはセキレイって言うんだよ。」と、言って息子を抱きしめた。
私をこんなに穏やかにしてくれるなんて。この子が生まれてきてくれてよかった。
ありがとう。

読み終わった私の目には涙があふれ、
母のもとに駆け寄り、やさしく抱きしめながら泣きじゃくった。
母はそんな私をただやさしく撫でていた。

181 :癒されたい名無しさん:2009/07/03(金) 21:31:53 ID:YSFjqBif.net
>>34
自分でバカ息子だって言えるんだから大丈夫!
ちゃんと親思いだよ
カーチャンの手紙に泣けた
カーチャンは34さんの事をすごく気にかけてるんだお

182 :癒されたい名無しさん:2009/07/03(金) 21:33:27 ID:YSFjqBif.net
>>35
おぞましい感じですね

183 :癒されたい名無しさん:2009/07/03(金) 21:39:58 ID:YSFjqBif.net
>>38
カーチャンのAAいいね
親孝行できないのはつらいって思います
それでその親孝行をほかの人にも!っていう38さんの思いがとてもよくて・・・
お母さんを大事に思う気持ちを大事にね!

184 :癒されたい名無しさん:2009/07/03(金) 21:56:26 ID:YSFjqBif.net
>>44
死のうってそこまで思ったのにね
カーチャン・・・
44さん、もし死んでたらカーチャンがつらい思いだっただろうね
死ぬくらいの思いがあるんだから、覚悟があったんだから
たとえ思っただけとはいえ、それだけの覚悟はあったんだから
その思いは忘れないで、仕事をやってほしい
その心意気だ!”

185 :癒されたい名無しさん:2009/07/25(土) 12:43:38 ID:x4uh7VhD.net
体の水分が減るスレだな

186 :癒されたい名無しさん:2009/08/01(土) 05:57:30 ID:6k57Jc99.net
私の母はガンで死んだ。
発見した時はわたしがまだ母のおなかの中にいる時だった。
初期ガンだったため、ちゃんと治療すれば簡単に治るはずだった。
だが、治療するためには私をおろさなければならなかった。
母は私を産むことを優先した。
胎児に悪いからと抗がん剤も治療らしき物は何もしなかったらしい。
その事実を知ったのは小学4年生の時だった。
その頃にはもう母は寝たきりの状態になり、入退院を繰り返していた。
小さいながらも看病していた私は、くだらない事で母と喧嘩した。
その時、母も極限の精神状態だった為に「あなたを産んだから私はこんなになったのよ!!」と私に言った。
私はその言葉が心に刺さった。
母に存在を否定されたから?違う。
自分が母の命を奪う原因を作ってしまったのだと知ったからだ。
私は母に涙を流しながら謝った。
「ごめんなさい、ごめんなさい、わたしいなくなるから。だからお母さん治って」
私の言葉に母は涙で顔をくしゃくしゃにしながら大声で謝りながら私を抱きしめた。
二人でひたすら謝り続けた。
そこで私の記憶が途切れた。

私が中学3年の時、余命2年と言われた私の母はまだ生きていた。
だが母はもう一人では立ち上がれず、トイレも私が連れて行かなければならないほどに悪化していた。
母が入院した。
足を折ったのだ。
私が学校の間、家には誰もいなかったときにトイレに行こうと頑張った時に足を滑らせたらしい。
母の足は骨の代わりに太い鉄の棒が刺さっていた。
私はあまりの衝撃に泣いた。
母は「ドジっちゃた、心配かけてごめんね?」と笑って私の頭をなでてくれた。
一番ショックなのは母なのに笑っている母の強さにまた泣いた。

187 :癒されたい名無しさん:2009/08/01(土) 05:58:49 ID:6k57Jc99.net
その年の冬、私は冬休み中で母の病院に泊まっていた。
だが、母が痛みを訴えてきた。
看護婦さんを読んでも何もされず、母はずっと痛い・・・痛い・・・と唸っていた。
その日私は眠れず、そのイライラを母にぶつけてしまった。

次の日も母の痛みはおさまらなかった。
母は今日も泊まって欲しいと私に言ってきたが、一晩中寝ずに看病していた私は正直家に家に帰りたかった。

だから「宿題があるから」と母をおいて病室をでてしまった。
病室の扉が閉まって2、3歩あるくと、ものすごい勢いで後ろ髪を引かれた。
振り返って見たが何もない。
ただ体が病室に引っ張られている感覚だった。
私は残ろうか・・・と思ったが、また一晩中看護しなければならないと考えたら面倒くさくなって迎えの車に飛び乗った。

その二日後、私は友人とマックで夕飯を食べようとしていた。
ハンバーガーを買って席に着くと、父から電話があった。
「お母さんが危ないかもしれない」
私はその一言でハンバーガーを友人に私店を飛び出して病院に向かった。
病室には父と兄がいた。
母は心臓は動いているものの、しゃべれなくなっていた。
だが、どこかで私は母が死ぬわけないと考えていた。
今までもちゃんと回復した。今回だって・・・。
だから私は母に何も言わなかった。
だって言う必要がないと思っていたから。
だが1月10日。0時20分。
母が死んだ。
一番最初に父が泣いた。
そして兄が泣いた。
私は1分ぐらい状況が理解できなかった。
そんな私の手を父が引いて母に触れさせた。
そこには次第になくなっていく母の体温があった。
私はその時初めて母が死んだ事を理解して泣いた。
同時に後悔もした。
数日前のあの後ろ髪を引かれた時戻っていれば。
面倒くさがらずにそばについていてあげれば。
それよりも私は母に最後の最後まで「ありがとう」といっていない事に後悔した。
私はそれから丸一日中泣いた。
泣きつかれて丸一日中寝た。
目を覚ました時見たのは私を囲んでみている親戚と父の顔だった。
父曰く、私も「母の後を追ってしまったんじゃないかと思った」と言われた。

188 :癒されたい名無しさん:2009/08/01(土) 05:59:38 ID:6k57Jc99.net
それから葬式、通夜などでばたばたしていた事。学校の友達が私のために泣いていたこと以外覚えていない。

ある日、母の遺留品を整理していると、何十冊ものノートがでてきた。
その中はすべて私と兄の事が書かれていた。
「今日は美咲と喧嘩した。娘には感謝しても仕切れないのに、それをたまに忘れてたくさんの事を頼んでしまう。もっと自分でやるように努力しなければ」
「今日は美咲と外を散歩した。私は車いすだったけど久しぶりの外は楽しかった。いつか自分の足で歩きたい」

私はそれを涙を流しながらすべて読んだ。
母は自分の死期を感じていたのだろう。最後に私と兄にあてたメッセージが書かれていた。

美咲へ
まず、だめな母親でごめんね?
いつもあなたにばかり頼ってしまって、あなたの負担になってしまってごめんね?
本当はもっと一緒に買い物したり、おいしいもの食べたりしたかった。
何よりあなたの花嫁姿が見たかった。
欲をいうなら孫も見たかった。
あなたといられた時間は他の誰より短かったけど、私にはあなたが一番大事でした。
だってあなたは私が命をかけて産んだ子ですもの。
いつかあなたにこのことで酷い事を言ってしまったわね。
本当にごめんなさい。
本当はあんな事思っていなかったの。
何度誤っても足りないわ。
ごめんなさい。
私はあなたを産んだことを後悔した日なんて一日もありません。
美咲、こんな駄目な母親なのに一緒にいてくれてありがとう。
いつも私のそばでそのかわいい笑顔を見せてくれてありがとう。
何より、私のところに産まれてきてくれてありがとう。
愛しています。
                    母より

このページだけ私の涙と母の残した涙でよれよれになってしまいました。
今は高校にも進学して充実した毎日を送っています。
この1年ほどで夢に母が2回ほどでてきました。
夢の中の母は変わらず笑顔で私の頭をなでてくれました。
たとえそれが夢でも私には励みになりました。
最後ですが私もお母さんのところに産まれてきてよかったです。
産んでくれてありがとう。
長文すみません。ありがとうございました。



189 :癒されたい名無しさん:2009/08/02(日) 21:14:58 ID:x7el4+TD.net
私のくだらない話でいい?
私、3人兄弟の長女。女、男、女。
弟に若干学習障害があるし、妹は運動はできるけど、勉強は全然駄目。
私はまあ、勉強もスポーツもできるけど、人付き合いが苦手。あとオタ。
しかも三人とも、鼻と耳が弱い。機能は別になにもないけど、病気にかかりやすい。
で、これは私が高校2年生くらいのときに聞いたんだけど・・・。
兄弟の耳と鼻の病気とか、弟の学習障害が、母親の育て方が悪かったって、
父方の祖父母が総攻撃したことがあるらしい。親父はベタだけど、お母さんを助けないんだよ。
それだけじゃなくて、お母さん、三人目(妹)産むときに、誰も祝わなかったんだって。
つか、もうなんで産むの?て。金掛かるのにって言われたらしいんだよ。
親父? ああ、案の定お母さん助けてないよ。お前は助けろよって話だよね。
お母さん、悩んだらしい。産むか産まないかで。
でも、ある日歯医者におめでた伝えたときに「ふーん」くらいの反応だったから、
「あ、みんな他人事なんだ。だからあんなこと言えるんだ」って思ったら
なんか体から力抜けて、産む気持ちになれたらしい。
うちの妹さー、馬鹿だよ。
今年高校受験なのに、「尺度」が読めないんだよ?w 「しゃくたく」って、ちょwww
でも、好きだよ。腹が黒いし、わがままだけど、それでもやっぱり妹だから。
弟も大好きだよ、弟。自分ぶっちゃけブラコンwww
正直、弟のためなら死ぬのも恐くない。弟になら、臓器でもなんでもあげる。
どっちも産まれてきてくれて、ありがとうって言いたいくらい好き。
言ったことないけどーw
あ、ごめん。お母さんの話しなきゃいけないのにね。
私、今国立大の一年生。ちなみに後期で受かった。
前期落ちても、所謂難関大だったから、お母さんもそんなに落ち込まなかったし、
直ぐに次の大学だ! て励ましてくれた。
で、受かったのよ、後期に。
後期はその大学のホームページで発表だったから、時間きっかりに見てみた。
まあ、受かってたけど。
そのとき、お母さんさー、まあ流れで分かってるだろうけど、
もう、泣いちゃってるのよ。私より先に。
それでさ、泣きながらなんて言ったと思う?
「あたしが泣いちゃ駄目なのに〜。あんたが喜ばなきゃ駄目なのに〜」
自分はなんか先越されて泣けなかったから、母親の背中をずっとぽんぽんって叩いてた。
来週実家帰るんだ。
だから、このスレ見てて思ったことはっきり言おうと思う、お母さんに。
親父とはまだ話がこじれてるけど、まあ仲良くしてやってもいいかな。
ごめんなさい、色々とスレ違いで!

190 :癒されたい名無しさん:2009/08/03(月) 13:37:47 ID:QBUJU8oL.net
結局何なんだろう、と思ったが良い話。
ありがと

191 :癒されたい名無しさん:2009/09/08(火) 18:28:20 ID:H4LHEYnq.net
おかん、ごめん

私が、一時期引篭もってたとき
おかん、泣いてくれたよね
「そんなに、母さんが嫌いなの?」って
まだ、私は厨房だったから
「嫌いだ!おまえなんか、消えればいい!」
そう言って、背中を、何度も叩いてしまった
痛かったよね。つらかったよね
言ったあと、罪悪感が心を締め付けました
おかん、ごめんね
背中のアザ、まだ残ってるんだよね
あのあと、1人で泣いてたんだよね

ごめんね、こんな娘で

これからは、たくさん親孝行だってするよ
家事だって手伝うから

こんな暴力娘を、見捨てないでいてくれてありがとう


192 :癒されたい名無しさん:2009/10/04(日) 18:54:04 ID:w4oa27hf.net
くれ

193 :癒されたい名無しさん:2009/10/04(日) 19:48:06 ID:tv6AT9QV.net
来月、母の手術がある
仕事や距離を気遣ってか見舞いなんていいよと話してたけど
やっぱり仕事休んでいこうかな

194 :癒されたい名無しさん:2009/10/05(月) 05:54:14 ID:Eljg/jzH.net
母の泣ける話になるかどうかはわからないけど
誰かに聞いてもらいたい。

私は母親です。
出産後、まもなく子どもが小児がんだとわかり、入院生活が始まりました。
小児がんの中でも難しい症例で、1歳の誕生日を迎える事は難しいだろうと言われました。

厳しい闘病生活も、何も知らない赤ちゃんってすごいです。
普通に笑ってけろっとしてました。
でも、すごく頑張ったけれど病気は治らず
息子は、たった1年半でこの世を去りました。

最後の一ヶ月は痛みとの闘いでした。
わずか一才の息子にモルヒネを飲ませるなんて、、
亡くなる直前、腫瘍は全身に転移して昏睡状態になりました。
動けない息子の体を撫で、大丈夫だよ、大好きだよって
ばかみたいにそればっかり繰り返しました。

アンビューで自発呼吸が戻らなくなった頃、
「お母さん、最期に抱っこしますか?」
と聞かれました。
頷き息子の体を抱き上げました。
お腹は腹水でぱんぱんに膨れ上がり、腫瘍熱で体は40度を超すほど熱く
手足は氷のように冷たい、小さな体を抱いた。
よく頑張ったね、私をあなたのお母さんにしてくれてありがとう
あなたが生まれてきてくれた事は、私の人生で一番の幸せだったよ
大変な事もいっぱいあったけど、ほんとに楽しかった。
助けてあげられなくてごめんね。
偉かったね。ママの自慢の○○。

生まれてからたった1年半。
そのほとんどが闘病でした。
髪の毛もまゆげもまつげもつるつるになるほど治療したのに
結局治せなかった。
あんなに苦しい思いをさせてごめんね。
私があなたを産まなければ、あなたがこんなに苦しむ事はなかった。






 




195 :癒されたい名無しさん:2009/10/05(月) 05:57:16 ID:Eljg/jzH.net
だけど、勝手でごめんね。
きっと運命だったんだって思うんだ。
あなたに出会わない人生なんて絶対なかった。
私は本当に、本当にあなたの事が大好き。
あなたのママになれて、最高にハッピーです。

火葬の時、あなたの体を担いで逃げようと本気で思ったよ。
人の目ばっかり気にして生きてきたけど、
誰に何て言われてもいいって、初めて思った。
だけど、あなたの体を見て、あぁ、もうここには居ないって
すとんと何かがわかったの。
骨になったあなたと家に戻り、
骨壺を開けてひとかけら食べちゃった。
また一つになりたかったのかな。

母親の愛情ってすごいです。

親って、子供が思うよりも未熟で、みっともないくらい勝手だから
子供の立場から見ると腹が立つ事も多いと思う。
無事に生まれてくれればって思ってたのに、五体満足で生まれてしまえば
今度はどんどん欲が出てくるんだよね。

だけど、子供を生んだ時、その子を初めて抱いた時のことを
忘れる母親はいないと思う。
子供を置いて出てったとしても
認知症で記憶をなくしたとしても
きっと、いつか見た幸せな夢のように
ずっと体に染み付いてる。

どれだけその命が祝福されて生まれてきたか
生きていてくれる事がどれだけありがたいか

もし、ここをみてるあなたのお母さんがそのことを伝え忘れているのなら
私が代わりに言わせてもらいます。

生まれてきてくれてありがとうね。
私をあなたのお母さんにしてくれてありがとう。
かわいくてかわいくて仕方なかった。
あなたが笑ってくれたらそれだけで疲れなんてとんでったよ。
生きていてくれてありがとう。
あなたは、私に対して後悔なんてする事ないんだよ。
なんにも心配しなくて大丈夫。
幸せになる道を選んで生きてください。
あなたの幸せが、なにより私の幸せです。


長文&微妙にスレチすみません。
2ちゃん初カキコなためいろいろ問題あるかもですが
読んでくれてありがとう。
みんな幸せになってね。

196 :癒されたい名無しさん:2009/10/05(月) 13:09:39 ID:F76ADObH.net
食べるなよ

197 :癒されたい名無しさん:2009/10/06(火) 12:52:41 ID:wE/Yiqyq.net
うんこしろよ。


198 :癒されたい名無しさん:2009/11/15(日) 00:27:51 ID:AbuEn2Ho.net
母子家庭だった我が家はとても貧乏だった。
お金のかかるレジャーなんぞ勿論行けなかった。
そんな我が家の楽しみは、夏に行われる花火大会鑑賞。
母の手作り弁当を食べながら綺麗な花火を見てる時は至福の時間だった。
でも中学生になってからは、友達と行く事を選び、母とは全く行かなくなってしまい、母と外出する事が全くなくなってしまった。
そんな自分も無事に高校を卒業し、就職も決まり、少しは生活も楽になるなって明るい未来を想像してた。
初任給で何をプレゼントするか迷ったけど、浴衣と財布を買った。
その心は、一緒に花火を見に行きたかったのと、母にお小遣いをあげて自分のためのお金を持って欲しかったから。
だけど、今年の5月、心臓の血管にヒビが入り入院してしまった。
入院中は「花火大会が始まるまでには退院するからね」って言ってたのに。
入院して10日程たった頃、血管が破裂し、あっけなく逝ってしまった。
看護婦から「花火大会に行くのを本当に楽しみにされてたんですよ」って言われた。
そして、「いつも財布を握って眠ってたんですよ」って言われた。財布の中身を見ると、汚い薄汚れた「肩たたき券」「お掃除券」「お買い物券」が入っていた。
俺はそれを見た途端、涙腺が壊れたって位泣いた。誰の肩を叩けばいいんですか?誰のために掃除すればいいんですか?誰の代わりに買い物行けばいいんですか…
鍵っ子で、全くと言っていいほどおもちゃもなくて「寂しい思いをさせてゴメンね」って母からよく言われたけど、寂しいなんて一度も思いませんでした。
だけど、母ちゃんがいない今はとても寂しいです。女手ひとつで育ててくれてさぞかし大変だったでしょう。
一度もありがとうの言葉を言えなかったのが心残りです。

199 :癒されたい名無しさん:2009/11/15(日) 03:19:14 ID:la77ASNy.net
>>198
その文読んでたら涙が少し流れたよ。
君とお母さんは今年で幾つなの?

>「肩たたき券」「お掃除券」「お買い物券」

それはお母さんが君に上げる為のものだったの?

母の日やお母さんの誕生日にも「ありがとう」も言わなかったの?

200 :癒されたい名無しさん:2009/11/21(土) 20:08:23 ID:NcJJ09rE.net
先日、母が死んだ・・・
何か病気だったらしい・・・何で俺に言わねーんだよ・・・・
親父が言うにわ母さんここ2年前くらいから癌だったんだ・・・黙っててごめん・・・]
とか言ってんのwwwww アフォか!!!  もうかれこれ2年くらい実家に帰ってなかったし
電話とかもご無沙汰だった。。。俺が小5の時だった、忘れ物がひどかった時とかよく学校に持ってきてくれた。「恥ずかしいからやめろよ!こんな所にまでくんな!」って言ったこともある。
それとか「はい、これ弁当!」俺「はぁ?んなもん恥ずかしくて食えるか!コンビニで弁当買うからお金ちょうだい!」とか言ったこともある。
他にもいろいろとあるけど・・・・・なんだかな・・・・・
いま言っても遅いんだけど・・・「ごめん・・・ホントにごめん・・・いつも心配かけて・・・ごめん・・・」

何で今まで目の前で言ってやれなかったんだろう・・・

おい母さん!!・・・天国でゆっくり休めや!!

産んでくれてありがとな。


201 :癒されたい名無しさん:2009/11/29(日) 05:26:27 ID:pWFEtQIl.net
全体を見て思ったんだけど…マジ泣いたわ…


思春期で加減もせずにオカンにひどい事言いまくってた自分をシバキあげてからボコボコにしたい…゚。(´□`)。゚ワーン!クソー!

202 :癒されたい名無しさん:2009/11/29(日) 08:16:34 ID:fkqlAbi4.net
母から、いらないと言われました

203 :癒されたい名無しさん:2009/12/03(木) 00:09:45 ID:dwC190Ji.net
そうですか

204 :癒されたい名無しさん:2009/12/04(金) 05:15:28 ID:336uFZkd.net
家は父の気性が荒く、蹴られたり引きずりまわされたり…なんてことがよくありました。
そんな父に嫌気がさして長女がグレてしまいました。
私が小3の時に父とは別居。しかし姉は全く更正しませんでした。


母は毎日働きながら警察に補導された姉を引き取りに行き、学校から呼び出され、しかし姉は結局中退。中退した後も家出、補導の繰り返し。
次女はそんな姉に嫌気がさしバイトに行くか、友達の家に泊まりに行くかであまり家に居ませんでした。
なので基本的に私は家で一人でした。誰か居てもほとんど喧嘩しているような状態で半分家庭崩壊してました。
でも歳と共に姉も落ち着いてきました。しかし恥ずかしいことに、今度は私が姉程ではないですが反抗期に…。


私も公立高校を中退(このことは全く後悔していませんが)、当時16歳だった私は本当に馬鹿でどうしようもなっかった。
夜中に遊び回るようになり、家族に対して壁を作るようになりました。
そんなある日、母と大喧嘩になり
「うるさい!ほっとけや!散々ほったらかしににとったのは誰や!好きにして何が悪いんど!今さら口出ししてくんなや!あんただって私の事なんかどうでもええんやろが!」
そう母に怒鳴ってしまいました。しかし母は何も言いませんでした。
でも後で居間で母が泣いていました…。その時の私は何も言うことができませんでした。


私も18歳になりもうすっかり落ち着きました。多分…。
そんな18歳の私から母へ…
お母さん。お母さん。あの時はほんまにごめんなさい。こんな娘でごめん。あほでごめん。
ほんまはお母さんのこと大好きや。ほんまに大好きや。ほんまに自慢の母親なんやで?
まだ恥ずかしくて面と向かっては言えんけど、ほんまにありがとう。
お母さんの娘に生まれてこれてほんまによかった。いろんな事があったけど、この家族に出会えてよかった。
今やったら私はほんまに幸せ者やって分かる。やからな?お母さん、心の底からありがとう。
これからは姉妹みんなで親孝行できるようにがんばるからね。


長女も今では主婦になって、次女は一児の母です。
姉の旦那様方と可愛い姪っ子、新しい家族も増えて私は今すごく幸せです。



長文駄文失礼しました。







205 :癒されたい名無しさん:2009/12/04(金) 16:32:30 ID:taJHno0R.net
親の躾ってホント大事だよな。
ミスると皆グレる

206 :癒されたい名無しさん:2009/12/11(金) 00:09:03 ID:SfwQ4Pr+.net
おれ、一年くらい自衛隊にいたんだけどさ、訓練で大ケガしちゃって、かなりたいへんだったんだ
そのあとの上官からもイビリがすごくて精神的にも参っててさ

もう死ぬしかないじゃんって考えたりして。

あんまりきつかったからさ休み時間隠れてオカンの携帯にかけたんだ

普段は仕事ででれないのにその日だけはすぐでてくれて

おれ、言葉にならなくてさ泣くしかできなくて

そしたら何も言ってないのにオカンが「…帰っといで」って。



それだけの言葉におれはどんだけ救われたか…

母ちゃんのおかげで、自殺なんかしなくて今があるよ


207 :癒されたい名無しさん:2009/12/11(金) 02:31:31 ID:fM43QCKD.net
まだ中学生とかの時代、馬鹿な事ばかりしていた。年中学校におかんが呼び出されていた。

同級生とも先輩とも喧嘩したり物壊したりサボったりで正直最低な子供だった。

勿論、おかんには年中怒られそれにたてつく毎日。何だかどこにも居場所が無い様な気がしていた。

ある時、一緒につるんでた奴がクラスの奴から結構な金額をかつあげしやがってそれが学校にばれた。
呼び出されて、事情聴取みたいな事を散々されたが自分は関わっていなかったし後から知ったのでその趣旨を話した。

もちろん全く信用されず。更になんと裏切られて全部の責任を擦り付けられた。それなりに仲も良かったし年中つるんでる連中だったから、驚いて言葉を無くした。



208 :癒されたい名無しさん:2009/12/11(金) 02:49:00 ID:fM43QCKD.net
続き

被害者の親と関係した加害者の親が学校に呼び出された。初めは個人ずつ呼び出しだったが何回目かに加害者とされる連中の親がいっぺんに呼び出しされた。

夜の8時位だった。おかんが今から学校に行ってくると準備していた。
自分は関係無い、何もしていないと話はしたがおかんが自分を信じてるとも思えなかった。仲間にも切り捨てられ日頃の行いの悪さから親にも見捨てられていると感じていた。

出掛けにおかんが真っ直ぐこっちを見て、本当にやっていないのか?と聞いてきた。自分は投げやりな感じでやってねーよと吐き捨てた。わかったと呟いておかんは学校にいった。

12時過ぎに帰って来たと聞いたのは翌日だった。ふて寝してたから分からなかったしおかんは何も言わなかった。

後日、先生に呼び出された。なんとかつあげした連中が罪を認めたから謝罪したいとの事だった。あまりの展開についていけずにいたら、先生が呼び出された夜の話を聞かせてくれた。

家の子供は悪くない、そんなわけないの一点張りで大騒ぎしまくる親の中でおかんは1人黙って話を聞いていたのだという。やれあの子供は昔から悪かっただの何だの言われても黙っていた。
先生が、何かお話はありませんかとふるとおかんは真っ直ぐ先生を見て言ったらしい。

家の子供が悪くないとは言いません。日頃も迷惑ばかりかけていますから、悪い所もたくさんあるのだと思います。誰に何を言われても信じて貰えないのも当然かもしれない。でも、それでもあの子がやっていないと言うのなら、私は信じてやりたい。私は母親ですから。

涙を堪えてはっきりした言葉でそう言って、深々と頭を下げた。君のお母さんの言葉があの場所にいた全員を変えたんだと思うと先生は言っていた。

我慢出来なくて先生の前で号泣した。

情けなくて恥ずかしくて、ごめんなさいを何回も言って泣きまくった。

あれから随分たつが、いまだにおんには頭が上がらない。



209 :癒されたい名無しさん:2009/12/11(金) 20:55:40 ID:bjtB9tFI.net
おん?

210 :癒されたい名無しさん:2009/12/11(金) 21:03:27 ID:R8OhYxnO.net
抜ける話をください。


211 :癒されたい名無しさん:2009/12/17(木) 23:19:17 ID:sfPyAVqd.net
このスレは神

212 :癒せ:2009/12/19(土) 23:40:34 ID:n+G28c09.net
今日、生まれて初めて母さんに電話でありがとうって言った。

213 :癒されたい名無しさん:2009/12/20(日) 00:30:01 ID:B7uSyQLf.net
よし

214 :癒されたい名無しさん:2009/12/20(日) 02:50:30 ID:If3rCru8.net
一人暮らし始めて間もない頃
部屋に電話設置する前
母とよく公衆電話で話してたんだけど
「心配してるんだなぁ〜」って肌で感じて
嗚咽して公衆電話の前で泣きじゃくった。
けど母にも周囲にも気づかれないよう努力した。

215 :癒されたい名無しさん:2009/12/21(月) 04:18:17 ID:nTj+Xqti.net
興奮して眠れないからちょいスレチだが一話

地元の個人経営のラーメン屋で働いて8年
2ヶ月前におやじ(うちの店では店主をそう呼ぶ)から暖簾分けを打診されて
やっと一人前と認められ、自分の店が今日9時からオープンするんだ
若くして結婚して子供もできて、少ない収入で生活も大変だったろうけど
これで嫁と子供に少しはマシな生活させてやれる
惜しむらくは、親を客第一号にするという目標だけが達成できなかったことか
あと2年だけガミガミと小言を言い続けてくれればな、とこのスレ発見して思った

7時に起きれるかなw

216 :癒されたい名無しさん:2010/01/11(月) 02:01:11 ID:m1DgbB44.net
母子家庭だったうちは貧乏極まりなかった。
高校になってから、毎日お弁当を作ってくれたんだけど、友達のほとんどは学食で食べていて、弁当持参がとても嫌だった。
ある日、いつものように弁当を作ってくれた母親に「お前の弁当なんていらねーんだよ!」と台所に捨ててしまった。
キョトンとした後に悲しそうなあの表情、今でも忘れられない。その後怒るどころか、「ごめんな、料理下手だから気に食わないんだね」って泣いてた。
結局その後お弁当は作らずに、毎日400円貰ってた。母親の稼ぎは相当低かったのに、やりくりして出してたんだろうな。
何度も謝ろうとしたんだけど、結局言い出せなかった。
そんな俺も社会人になったんだが、母親がガンで逝ってしまった。
家を片付けてると、学生の時に作ってくれていた弁当箱を発見した。
結局、弁当を捨ててしまった事は話題すらしなく謝れないままだった。
朝早起きしてくれて作ってくれてたお弁当、愛情がこもったお弁当、なんであんな事してしまったんだろう、なんで謝れなかったんだろうって今でも後悔しまくり。
自炊するたびに、母ちゃんは手間隙かけて作ってくれてたんだなぁって痛感するよ。
本当にごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、むしのいい話ですが、お母さんのお弁当が食べたいです!

217 :癒されたい名無しさん:2010/01/11(月) 13:29:44 ID:BMta6Foq.net
その「ごめんなさい」はお母さんにきっと届いていると思うよ。
人を思いやる気持ちを忘れずに頑張って!

218 :癒されたい名無しさん:2010/01/13(水) 17:22:27 ID:KaNFntAi.net
高校生の時、母親が死んだ。自殺だった。俺が厨房の3年くらいの時から母親は仕事場での人間関係が原因で鬱になっていた。
俺がその事実を知ったのは母親が死んだあと、なんで自殺したのか分らなかった俺に親父が「実はな、お母さんは鬱だったんだよ」と聞かされた時だった。
俺には他に3人兄弟が居るんだが、鬱の事を知らなかったのは俺だけだった。
母親は俺に心配をかけさせたくなかったらしく全員に口止めをしていた。
そんなことを知らない当時の俺は母親に「死ね」とか「クソババア」とか平気で言ってた。
それでもおかんは次の日には早起きして俺の為に弁当を作ってくれて、起きてきた俺に笑顔で「おはよう」って毎日言ってくれた。
俺がどれだけ無視しても毎日笑顔で言ってくれた。
俺はバカ息子だよ。なんで気付かなかったんだろうね。
葬式の日、尋常じゃないくらい泣いた。鼻水垂らして泣きまくった。
あの日ほど過去に戻りたいと思ったことはない。
気付けばもう7年が経った。今では俺は結婚して3歳児(男の子)の父親だ。
孫と戯れている親父が微笑ましい。だけどその近くで笑っている嫁を見ると母親を思い出して泣きたくなる。
神様なんて信じてないけど、もしいるのなら母親に俺の子どもを抱かしてやりたい。そして、「ありがとう」と「ごめんなさい」を伝えたい。
それだけを願うよ。

ベタだけどこれが俺の体験談。

219 :癒されたい名無しさん:2010/01/29(金) 20:51:34 ID:REWcJhvO.net
東京の大学に行きたいと言った時、母は何も言わず賛成してくた。
東京の大学に決めた理由はただ「東京に住みたい」それだけだった。
両親には金があると勝手に思っていた子供だった私。
そのまま東京の会社へ就職。人生はなんて楽しく楽なんだろうと思った。
だけど、会社は厳しく、がんばり過ぎてストレスから2年後摂食障害になった。
その時実家の父も癌で入院。母に電話すると、「宗教の集会に行ってきたよ」と。
誰にも頼ることができなくて、宗教にしか不安を打ち明けられなかった母。
父が病気だと知った知人が、いきなり大勢で家に来たらしい。
摂食障害で、毎日吐いていた私は、堪らなくなった。母を助けなければ。
一ヶ月後退職し、実家に帰った。
執拗に弱みに付け込む知人を追い払った。
だが摂食障害のことは母には黙っていた。実家に帰ったからといって、すぐに改善する
わけではなく、食べては吐いていた。
トイレで吐くとバレると思い、部屋で吐いた。母が父の病院へ行っている隙に
吐いた物をトイレへ捨てた。
ある日私が父の病院から帰ると、私の吐いた物が片付けられていた。
母は何も言わず、片付けてくれた。私は後ろめたさから何も言えなかった。
父は回復し、来週退院という時、母がトイレで倒れた。
末期の大腸癌だった。
たった7ヶ月、私に残された母への親孝行の時間。
抗がん剤を点滴しながら、母は
「自分の体をいじめんじゃないよ。あんたはいつか子供を産むんだから」
と言った。
何かわからないけれど、一気に感情が込み上げてきた。
点滴を替えに来た看護婦の前で、鼻水を垂らして号泣した。
この人はどんな思いで私の汚物を片付けたんだろう。
そうだ。いつだってどんな時だって、母は私の一番の味方だった。

以前親子3人で行った花火大会の時の写真が、美人に撮れてる!遺影に使って!
と笑って言っていた母。
約束通り、その写真を使った。

何にも親孝行できなかった。
楽しみにしてた孫を見せてやることもできなかった。
苦労をかけてばっかりだった。
でも、最期に、「産んでくれてありがとう」と言えてよかった。
私もいつか、母ような母親になりたい。

220 :癒されたい名無しさん:2010/01/29(金) 22:11:59 ID:JlduPzw+.net
涙がとまらない

221 :癒されたい名無しさん:2010/01/30(土) 07:19:28 ID:lU7mc5Eh.net
草刈 清掃 ちんげ頭

222 :癒されたい名無しさん:2010/01/30(土) 17:47:03 ID:Lgs9LuLf.net
トリプル2母の泣ける話

223 :癒されたい名無しさん:2010/02/01(月) 01:39:22 ID:dT7HHSub.net
うらうらあ! 母の泣ける話持って来いやあ!!

224 :癒されたい名無しさん:2010/02/03(水) 06:19:09 ID:TyB1rSGL.net
晒しage

225 :癒されたい名無しさん:2010/02/05(金) 02:55:25 ID:DGE4uLLS.net
数ケ月前アスペルガーと診断されました
今30代未婚女

母との関係はこの数年は特にヒドイものでした
母は私が脳障害を持っているとは気付きませんでしたが
しかたのないことです
30年前にこの病気はほぼ知られていませんでしたから
おそらく病院に連れていったとしても
医者も判断できなかったでしょう

それ故に母からの私への態度は度を越した事もありました
当時幼児虐待という言葉も一般的ではありませんでしたが
小学生の私は周囲の大人から親に愛されていない子供と思われ
大変屈辱的な思いもしました
中学に入ってからは母とはケンカの毎日
高校に入ってからは食事の時以外顔を合わせる事もありません
社会人となり数年は上手く仕事していましたが
倒産から転職に続く転職で精神科のお世話になりました



226 :癒されたい名無しさん:2010/02/05(金) 03:03:25 ID:DGE4uLLS.net
そこから私はアスペルガー症候群
いわゆる発達障害のない自閉症と診断され
一般の人とは違う性質の人間ということを知りました

色々ありますが
一人でいる事を好み常人とは違うこだわりやルールを
もっています
母は相当そんな性質の私に手を焼いていたんでしょう
今思えば悪戦苦闘の子育てだったと思います
このアスペルガーの性質の一つに記憶力の良さがあります
これはいいことに聞こえますが
実は反対に生きていく上で人は程よく忘れ過去を消し去る事が
できます
しかしアスペルガーはその調整すらできないほど覚えていて
しまいます

227 :癒されたい名無しさん:2010/02/05(金) 03:12:05 ID:DGE4uLLS.net
私は全て母からの良い思い出も悪い思い出も
消せないのです
今まで何度も母とのケンカは続きました
私は母に愛されない子供では決してありませんでしたが
母から受けた数々の言葉の暴力もありました
母だけでなくそれは家族からこの子はダメな子という烙印を
つけられました
私の中で家族は母だけで父や妹を家族と思った事は
幼い頃からありませんでした
幼い頃から私は家族の中の異物であると理解していましたから

日増しにひどくなる母とのケンカはいつしか
私が母を責め殺してしまうのではないかという程です
私は決心して何も言わず家をでました
失踪しました


228 :癒されたい名無しさん:2010/02/05(金) 03:22:32 ID:DGE4uLLS.net
私は母を憎んでいると同時に母は唯一の家族でとても好きです
それは事実です
だからこれ以上母を責める前に家をでました

今はただ一人でいます
母がどうしているかは知りません
でも知ってしまいました
母が興信所を使って私を探している事を
ついこの間興信所の人が来ました
母が会いたいととても心配していると告げられました
きっとものすごいお金がかかったと思います
その人に私は泣きながら行方を知らせないで欲しいと
事情を説明しました
興信所の方は黙って聞き入れてくれ
私は元気でいていつか連絡しますばどの短い手紙を渡してもらえる
様に頼みました

母には連絡をいれない覚悟です
でも母が私を忘れずにいてくれて
探してくれたそれだけで私は幸せです

229 :藍羅:2010/02/05(金) 18:23:40 ID:sli+H5b8.net
コピペてきなものですけどどうぞ。

小さい頃、母親と水族館に行った時に
母親に買って貰ったソフトクリームを転んで落とした。

号泣してる私に母親は

「痛かったね、ママのソフトクリームあげるからね」

といってなだめてくれてたけど、
私は本当は「母親が買ってくれた」ソフトクリームを落としたことが申し訳なくて泣いていた。

あれから13年経って、母親が死んだ。

私は、伝えることができなかった話を
死んだ母親の前で泣きながら話した。

ずっと前に「死ね」と言った事をずっと謝りたかった事。

彼氏が出来た事を報告しなかったこと。

お嫁さん姿を見たいって言ってたのに見せられなくてごめんね、など

たくさんの事を話した。

そんな時急にソフトクリームの話を思い出した。
そして死んだ母親に言った。

「あの時私が泣いたのは申し訳なかったからなんだよ」


するといつからいたのか、父親が後ろから、

「お母さん全部知ってたよ。
あの時、お母さんは”○○が私の為に泣いた”って言って
泣いてたから覚えてる。ホント親子揃って泣き虫だ」

と言って、泣いていた。


嬉しくて悲しくて涙が止まらなかった。

謝ってばかりいる事が情けなかった

もっとありがとうを言えばよかった。


お母さん、本当にありがとう。

こんなとこでしか言えなくてごめんなさい。

230 :癒されたい名無しさん:2010/02/06(土) 01:08:15 ID:i3eaL8Ik.net
エステ情報探していたのにこんなスレを読みふけるとは…。

231 :癒されたい名無しさん:2010/02/09(火) 15:49:24 ID:7hs8EzrU.net
あげ

232 :癒されたい名無しさん:2010/02/11(木) 20:38:11 ID:Nzlonv91.net
下手な文章ですが書かせてください

私が19歳のとき、母が末期ガンと診断されました
もう長くはないと

入院中、もうすぐ成人式だった私に
「振袖そろそろ見に行かないと」
「お母さん一緒に行けなくてごめんね」
「△△さん(母の親友)と一緒に見に行っておいで?」
など、すごく振袖を気にしていました
私は正直こんな状況なので成人式なんてどうでもよく、行く気もありませんでした

そしてどんどん病状が悪化していくある日、病院から帰ろうとする私に母は
「○○を産んで幸せだったよ。○○、幸せになってね」
と言った。涙が止まらなかった。

それからしばらくして、親戚が「これを着て病院に行きなさい」と振袖を借りてきてくれました。
美容院で着付け、ヘアセット、メイクをしてもらって病院に行った。

その頃の母は、もうほとんどしゃべれなくて意識も朦朧としていました。
振袖を着た私を見て何度も「可愛い」って言ってくれました
病室の中で撮った家族写真を見たら、母は私の方ばかり見ていました

その夜、なんとなく嫌な予感がした
もう会えない気がした

次の日の朝、家族の見守る中お母さんは逝きました

お母さん会いたいです
いっぱいありがとうって言いたい
まだまだいっしょにいたかった

233 :癒されたい名無しさん:2010/02/11(木) 22:14:13 ID:FCsBFPjb.net
>>232
振袖見せてあげれて本当に良かったね、お母さんも本当に、嬉しかったと思う。

234 :癒されたい名無しさん:2010/02/12(金) 21:23:09 ID:qb0xn4r4.net
目から汗が・・・;;

235 :sage:2010/02/12(金) 21:47:55 ID:Sw2OHlqZ.net
高校一年生のガキです。
私が今通っている高校は、普通よりは上で、
周りからは頭が良いと言われているけど、 実際特に上位レベルってわけでもない。

だけど、入学した次の日からすでに 学校が嫌になってしまった。
もともと穏やかで真面目な生徒が多い学校なので
誰かにいじめられたというわけでもない。
ただ実際に思い描いていた高校生活とのギャップ、
冬は真っ暗な上に一番冷え込む早朝に 家を出て、
何の目標もなく毎日同じことの繰り返しな毎日にウンザリして、
新入生テストの結果から特進に入れられてしまい、周りの方が秀でていることから劣等かんを感じ、
毎日のように「行きたくない」「もう嫌だ」を 母に浴びせている。

そんな母は、本当に辛抱強い性格。
母と父は、もう何年もまともな言葉を交わしていない。 女の自分から見て、明らかに悪いのは父。 それなのに「少なくともあんたたちが成人するまで離婚はしない」と、 私たちのために耐えている。
弁当だって、私と同じ5時半に起きてほぼ毎日作ってくれる。

私は母が大好きだ。母がいなくなったら・・・と考えると胸が痛くなり、涙が出てくる。
今までどれだけ助けられただろう。 どれだけその存在に救われただろう。

そんな大切な人なのに、私はまだ甘えている。
愚痴をこぼしては、母の体を叩いて訴えかける。 時には「死にたい」と言ったこともあった。
そんな時は、少し悲しそうな顔をして力一杯私を叩いた。

お金をかけないために必死で公立に行ったのに 奨学金にされてしまったことも、
将来を考えると嫌で仕方なかった。 そのことについて、何度も文句を言った。
母は、私達の学費や交通費にお金つぎ込むため、 自分のものはほとんど買わない。
もう何年も同じ服を着て、 大好きなアーティストのファンクラブも辞め、 欲しいものが買えないと時々嘆いている。 そこで私はずっと欲しがっていたDVDを買ってあげた。
今までしてきたことの、せめてもの償いだった。 通販で頼んだため商品がきたときには、 嬉しそうな顔で私に報告をしに来た。

書いている今思い出した。
私が私立に受かって、半泣きで家に帰ってきて 「受かったよ」と言ったとき、 「よかったね」と、優しい声で言ってくれたこと。

お母さん、一生懸命作ってくれるお弁当が 可愛くないからって少し恥ずかしくて、
友達の前でも、お母さんの前でも文句を言って ごめんなさい。

お母さん、これだけ私のことを思ってくれているのに、文句ばっかり言って、八つ当たりしてごめんなさい。

お母さん、ありがとうって、何度も言ってる割には 態度で示せなくてごめんなさい。 わかってるのに、疲れて手伝いも出来なくてごめんなさい。

お母さん、せっかく作ってくれてるご飯、 好き嫌いが多くて残してばっかりでごめんなさい。
家族の分まで、私がごめんなさいを言います。

お母さん、ありがとう。大好きです。
いちばんいちばん、信頼できる人。
この世でいちばん、愛しています。


236 :癒されたい名無しさん:2010/02/12(金) 23:47:30 ID:M8eo+Ter.net
DVDは元はと言えば誰の金で買ってあげたんだよw
つーか、何で奨学金いやがるの?
そんなに生活苦しいなら奨学金受けてあんたが卒業してから払ってやればいいのに。
でもなぜか私立に合格とか・・・・・奨学金のことも含めてこのあたりがよくワカンネ

237 :癒されたい名無しさん:2010/02/13(土) 01:22:11 ID:l1iJhxLd.net
確かに。

238 :癒されたい名無しさん:2010/02/13(土) 12:50:25 ID:d6Y8gidK.net
>>236 
説明不足ですみません。
DVDは私が中3のときに、神社で働いたお金を貯めてあったもので買いました。
家は生活が苦しくなるほど貧しいわけではありません。
ただ少し他の家とは違って、リッチな生活は出来ませんが、
何一つ不自由なく暮らしてきたと思います。
ですが通学費が莫大なので、授業料までは払えないということで奨学金を借りています。
奨学金が嫌なのは、あくまでも私のわがままです。
私はストレスがとても体にきやすい体質で、高校に入ってから毎日
偏頭痛に悩まされるようになりました。軟弱だと言われても反論できません。
まだ社会も全く知らないガキだし、今現在成績不振な上にこの体質で高校に通うことで精一杯な私が、大学に通いながら(もちろん受かればの話ですが)
奨学金を返すということに自信が持てずにいます。

私立について。
家のことを考えると私立に行く余裕なんてありません。
しかし母は「あんたの行ける高校に行きなさい」と言って私の背中をいつも押してくれていました。
自分からみて少々レベルが高い高校に挑もうとする私が「公立に落ちて私立になったらどうしよう」という不安を抱えないように言ってくれたものでした。
長文な上にあまり説明力がないので、補足をしてもわかりづらいことと思いますが、読んでくださってありがとうございます。

駄文、すみませんでした。


239 :癒されたい名無しさん:2010/02/13(土) 13:18:23 ID:l1iJhxLd.net
>>238
もちろん奨学金を返すのは大学をでてから、出世払いなんだよ

240 :癒されたい名無しさん:2010/02/16(火) 23:40:32 ID:CXzNJZrU.net
あげ

241 :癒されたい名無しさん:2010/02/22(月) 00:39:30 ID:pPHDeZhG.net
高校生の駄文ですみません。

私が中3になって間もなく、母が肺がんであるという診断を受けたことを聞きました。
当時の自分はそれこそ受験や部活のことで頭が一杯で、生活は大丈夫なんだろうか、
お金は大丈夫なんだろうかとかそんなことしか考えていませんでした。

5月、母は病院に入院しました。たまに家にも帰ってきていたので、治るものだと思っていました。
そして夏が終わり、私は部活でやっていた水泳を引退しました。部活がなくなったので当然時間も増えました。
それからほぼ毎日父に連れられてお見舞いにも行きましたが、早く帰りたい、勉強させろとばかり思っていました。

それから2ヶ月、入院してから半年で母は他界しました。
末期で手術を受ける体力もなかったそうです。
すぐそばで看取る事ができました。
その時は泣きましたが、ああ、こんなものかと思った自分がいました。
人が死ぬというのはなんて呆気ないものなのだろうと。


その後、元通りとは行かないものの、父と親族の支えでなんとか生活のリズムも取り戻して無事に目標としていた高校に入学することができました。
しかし県内でも割と進学校の部類だったので、すぐに落ちこぼれてしまいました。
中学では東北大会まで出場した水泳も受験休みでのスランプから抜け出せずにいました。


そして先日学年末のテストが終わり、家でPCをいじっていて、ふと昔使っていたフリーメールの受信ボックスにログインしてみようと思ったんです。
面白いスパムでも無いかと思って開いてみたら、案の定何百通というスパムメールが届いていました。

その中に見覚えのある母のメールアドレスがありました。

スパムメールにまぎれて何通も何通も。
開いてみると誕生日おめでとうとか、東北大会出場おめでとうと言ってくれているのもあれば、
ちゃんとご飯食べた?とか、父のことを手伝ってあげてねとかそんな内容のが何通もきていました。

泣きました。泣いて、そして後悔しました。なんで新しいメールアドレスを教えなかったのかと。
ありがとうって言えない。
母がいないっていうことと、母が死んだっていうことがイコールになったのはその時なんだと思います。


返信が一年以上も遅れてごめんなさい。
ありがとう。大好きです。

242 :癒されたい名無しさん:2010/02/22(月) 20:15:21 ID:k/nNr2u+.net
泣いた・・・
中学生や高校生の頃って親はどうしても口うるさくて疎ましく思ってしまうことが多いもの。
後になってから気づくんだよね・・・後悔してもしきれないかもしれないけど、
あなたが今の年齢(高校生?)でお母さんの思いに気づけたのはこれからのあなたの人生に
必ず生きてくると思います。
勉強も部活動も辛いでしょうが頑張って!辛くなった時はお母さんからもらった思い出とメールを
見て素敵な高校生活を送ってそして素敵な大人になって下さい。
お母さんもきっと喜んでくれると思うよ。

243 :癒されたい名無しさん:2010/02/24(水) 09:36:27 ID:X1/CHCdc.net
特に泣ける逸話はないんだけど
嫁が「シャツはちゃんと入れないとお腹冷えるよ」って良いながら
娘に着替えさせてるのを見て自分も母親に同じこと言われてたのを思い出した
それを里帰りした際に両親に言ったら照れくさそうにはにかんでたよ

親と嫁娘、死ぬまで大事にしたいと思う
もまいらこんな甲斐性なしを支えてくれてありがとう
今日も仕事行って来ますノシ

244 :癒されたい名無しさん:2010/02/24(水) 20:14:08 ID:u/+Rxsgj.net
本人たちに直接言えよ

245 :癒されたい名無しさん:2010/03/17(水) 00:52:42 ID:SJFZjm2e.net
ほす

246 :癒されたい名無しさん:2010/03/17(水) 22:17:53 ID:SyYgEM5S.net
私が小学校6年生の時に亡くなった母との話

母がガンで入院してたある日
私は近所で仲良くしてもらってた友達の家に1泊してて
その友達の家まで父が迎えに来てくれて母のお見舞いにいった

病院についたら、そんな長い間いなかったのに
母は体調がすぐれなかったのか もう帰ろうといった雰囲気になっていた
まだ母と居たかった私はなぜか素直になれず
「こんなすぐ帰るなら 友達の家にいればよかった」と言ってしまった。
本当はまだ母といたいと言えばよかったのに・・・
「そんな私といたくないの」と母は怒って、
家に帰っては「なぜあんなことを言ったか」と兄に責められた

これが母との最後の記憶 まだこの後も母には会ったはずだけど
その頃は幼くて母の死なんて考えなくて記憶に残ってない
誤解を解かずに亡くなってしまったこととこれが最後の記憶なことが今でも心残り


247 :癒されたい名無しさん:2010/03/17(水) 23:00:15 ID:6aQHqIpP.net
細川たかしに「心のこり」を歌ってもらえ

248 :癒されたい名無しさん:2010/03/18(木) 00:58:25 ID:Sfwdo97o.net
私バカよね おバカさんよね

249 :癒されたい名無しさん:2010/03/23(火) 00:58:04 ID:BrmDYyg8.net
親嫌い、だめだろうか

250 :癒されたい名無しさん:2010/03/24(水) 00:03:59 ID:vrYcM68b.net
どこに吐き出したらいいかわからないのでここに来ましたが完全チラ裏だし、
自分語りなのでスルーしてもらってもいいです。ちょっとスレチかも。
俺にできることって何なんだろう。
かーちゃんが入院した。何か大変な病気らしいがかーちゃんは心配かけまいとして俺に詳しい症状とかを隠すんだ。
ばーちゃんやじーちゃん、父ちゃんはもちろん知ってる。それだけじゃなくて俺が知らないような親戚の人も知ってる。
知らないのは俺と今地元離れてる姉ちゃんくらいだ。
かーちゃんが子供の俺たちに心配かけたくないって思ってるの痛いほどわかる。
だからってのもあるけど、俺自身怖くて誰にも聞けないんだ。かーちゃんの病気のことについて口を開こうと思っただけで涙が出るんだ。
一番つらいのはかーちゃんなのに、情けないけど何にも言えないんだ。
今日手術が終わった。やっぱりばーちゃんたちの話を聞いてると深刻みたいで、かなり時間のかかる手術だった。
終わった後のかーちゃんの顔見ても何も言えなかった。口を開こうとするとやっぱり涙が出そうになるから。
手術前にかーちゃんに「手術が終わったらかーちゃんの携帯から姉ちゃんとかーちゃんの友達に手術終わったってメールしてくれ」って頼まれてたから、
まずかーちゃんの友達にメールを送った。
かーちゃんの友達から「お疲れ様って伝えてね。○○君(俺)、お母さん支えてあげてね。手伝えることがあったら遠慮なく言って」みたいな返事が結構来た。
俺は何の言葉もかけてやれなかったのに何を支えたらいいんだろう?
明日も様子を見に病院に行くけどかーちゃんの顔を見てちゃんと笑えるだろうか。
「お疲れ様」って言えるだろうか。もう今も涙が止まらない。
姉ちゃんには俺の携帯から無事に手術が終わったことを伝えた。姉ちゃんも無事にすんだことを安心していた。
姉ちゃんなんかただでさえ地元離れて一人でいるんだから俺より心配で仕方ないはずだ。
本当は姉ちゃんには電話して伝えようかと思ったけど、姉ちゃんの声聞いても泣きそうだからやめた。
俺は男なのに何て情けないんだろう。
かーちゃんは手術が終わっても大変な治療を続けないといけないらしい。
俺はかーちゃんをどう支えたらいいんだろう。
マザコンと思われるかもしれないが俺はかーちゃんがめっちゃ大事なんだ。
かーちゃんだけじゃない。父ちゃんも姉ちゃんもじーちゃんばーちゃんも家族は皆大好きだ。
俺は何やってもトロくて冴えなくて、今もバイトで先輩に突っかかられる毎日。
でも家族はいつもそんな俺の味方でいてくれるんだ。
だから俺も家族の、かーちゃんの味方でいたい。
かーちゃんが退院しても、基本的な家のこととかは俺がやるつもりだ。
もうすぐ大学始まるから大変だと思うけどそんなのかーちゃんの苦しいのに比べたら何でもない。
今でこそ父ちゃんも帰ってきてくれてるけど、また仕事で遠くに行かなきゃならない。
姉ちゃんも都会の大学で色々忙しいから帰ってこれない。
俺しかかーちゃんのそばにいられない。でも俺は何をしたらいいんだろう。
今までかーちゃんとほぼ二人暮らしみたいな感じで、結構楽しかった。早くかーちゃんに笑って欲しい。
とりあえず明日は、かーちゃんの大好きな東方神起の新曲買って行こうと思う。
長文すいません。


251 :癒されたい名無しさん:2010/03/24(水) 00:04:54 ID:KaMeCI8t.net
産業で

252 :癒されたい名無しさん:2010/04/09(金) 20:10:20 ID:+hsv/YqE.net
かーちゃん
病気で
東方神起事実上解散

253 :癒されたい名無しさん:2010/04/09(金) 23:34:03 ID:cJXU+87y.net
>>250
大丈夫?
今、どうしてるかな。



254 :癒されたい名無しさん:2010/04/10(土) 01:37:37 ID:eGMqk8I+.net
子供まで出来た間柄の清治に捨てられた和子は、伊豆の辺ぴな温泉場へ女中として住みこんだ。
彼女はどうしてその子を捨てたか、どうして良太が茶店のかみさんナツに拾われているのを見届けたか、はっきり思い出すことは出来ない。
良太は今、茶店の子供として幸福に育てられている。六つになった。トラックに乗せてくれる健作が大好きだった。
清治は男勝りでしっかり者のケイ子と一緒に、その女の飲み屋で甲斐性のない暮しを続けていた。
和子が伊豆の温泉場にいることを聞いた清治は、ケイ子と一緒に伊豆へやって来た。彼はただ何となく和子と会ってみたかったのだ。
そうした清治を、和子はすでに思い切っていた。だが、今が両親顔を揃えて良太の所を訪れる良い機会だと思った。
ナツは恐しい剣幕で和子たちを罵った。東京に帰った清治は気持が変っていた。良太を育てようという気になったのだ。
ケイ子もナツにどなられた時、何にも増して子供が欲しいという気持を味わった。やがてナツも折れなければならないと思うようになった。
清治夫婦では信頼しきれない気持だったが、良太の将来を思うと東京へ出して勉強させてやる方が良いに違いなかった。
良太はやって来た。しかし清治たちがどんなに努めても、良太は彼等に馴じまなかった。
たまに出張のついでに立寄る健作にかじりついては、伊豆へ帰りたがった。その頃、健作に仕事の都合で四、五年大阪へ行く話があった。
健作はこの機会に、これまでに自然に生れた和子との愛情を正式のものにして、ひと思いに良太も引取ることにしたら、
円満にまとめることが出来るのではないかと思った。清治たちも自信がなくなっていたし、ナツも健作なら安心して良太を渡せる相手だった。
皆が沼津駅で最後の顔を合せた。列車は速度を増してホームを離れていったが、その車に良太は乗っていなかった。
ホームにナツが良太を腕に抱いて立っていた。とっさの出来事だった。ナツ自身も知らぬ間に起った出来事だった。
「お母ちゃん」−−ナツがこの声を一番良く知っていたのだ。

255 :癒されたい名無しさん:2010/04/15(木) 07:13:11 ID://ZOC5xZ.net
朝からやるべきこと忘れて見入っちゃった…涙

256 :癒されたい名無しさん:2010/05/05(水) 04:36:20 ID:REVwCUOT.net
長くで駄文でスマソ、だけど書かせてください。

俺の実家は自営業に失敗して、借金まみれ。両親は共働きでなんとか4人兄弟を育ててくれた。

そんな両親のお金で俺は卓球の部活動をさせてもらっていたんだが、高校2年生の時、県大会で万引きをして捕まった。

駅の中にある結構大きな店。
漫画を2冊バックに入れて店をでようとしたら、中年男性と若い男性二人に肩をつかまれて呼び止められた。
そのまま事務所に直行。すぐに警察に連絡、警察が来て近くの交番に連れていかれた。

小さい部屋に入れられて色々質問をされた。
警「いつからやってるの?」
俺「・・・今回が初めてです」
警「正直に言いなさい。いつから」
俺「・・・いえ、今回が初めてです。」
2,3回繰り返しても信じてもらえないようだった。
そこから書類に色々書かされた。
名前とか書いていくうちに、
(…このボールペンで胸刺して死のうかな…)
と思うまでに沈んでいた。
4時間。みっちりお叱りと質問を受けた。それのせいでちょっと精神がおかしくなっていたんだと思う。こんなドラマみたいに大事になるとは思ってなかったから。

警「学校の先生がくるまで待ってなさい」
といわれて待っていたんだが、警察との話が終わって落ち着く暇もなく、なぜか一番最初に教頭が現れた。(ちなみに場所が地元じゃないので両親はすぐにはこられなかった)
そのすぐあとに顧問の先生。
さっきと同じ部屋で、俺、教頭、顧問で話をした。
話というか警察としたこととなんら変わりなかった。
教「なんでこんなことした!?両親が悲しむとは思わなかったのか!?」
俺「…すいません…」
ここで俺限界、泣いた。

俺の親、悪いことには厳しい。兄貴がいるんだけど、昔、兄貴が高校の頃、タバコがバレて謹慎になったときめちゃくちゃ母親が怒ってた。
「信じられん!」
とか怒鳴り散らしてた。
だから俺、親に見捨てられるんじゃないかと思った。
そんなことを考えてしまって泣いた。

そこで教頭の追い打ち
教「泣いても許されないんだぞ!わかってるのか!」
俺「すいません・・・すいません」
この間顧問はなにもいわず立っていた。

257 :癒されたい名無しさん:2010/05/05(水) 04:38:13 ID:REVwCUOT.net
>>256続き

時間は21時前、外は暗くなっていた。
一通り教頭のお叱りを受けて、とりあえずその日はホテルに帰ることになった。
教頭はいつの間にかいなくなってた。
帰路で顧問の先生は、何もいわずとなりで歩いていたんだが、少し時間がたって、そっと俺に携帯を差し出して
顧「親に連絡しなさい。警察から連絡受けて、待ってるだろうから」
と言われた。
正直、親に電話をするのはすごく怖かった。
どんな罵声を浴びるんだろうとか、これからずっと無視されるんじゃないだろうかとか不安でいっぱいだった。
顧「んじゃ、俺は向こうで待ってるから」
顧問はそう言って少し距離をおいたところで待ってくれてた。
もう電話するしかないと思って、震える手で番号を押した。
呼び出し音が鳴ってすぐに母親が出た…。

母「はい、〇〇です。」
俺「……」
最初声が出なかった。何秒かたって、
俺「…も、もしもし」
多分声は震えてた
母「俺?俺なの?」
俺「うん…」
すぐに謝ろうと思ったが、母の方が早く口を開いた。


母「…そう、もう晩御飯は食べた?」



驚いた。怒鳴り散らすことなく、むしろ今まで聞いたことないような優しい声だった。
こんなことした俺なのに、母は心配してくれてた。涙が止まらなかった。
俺「………ごめんなさい…」
人生で初めて泣き崩れた。一通りが多い道で電話しながら泣き崩れた。
母「うん。それはもういいから、今日はちゃんとご飯食べてお風呂入ってゆっくり寝なさい」
と言われ、また一言謝って電話を切った。



258 :癒されたい名無しさん:2010/05/05(水) 04:41:04 ID:REVwCUOT.net
>>257続き


涙でグッシャグシャになった顔を袖で拭いてから顧問に携帯を返しにいった。
俺「ありがとうございました。…今日は本当にすみませんでした。」
顧「あぁ、俺はいいよ。それよりも明日ダブルスで、お前先輩と組んでただろう?一言言っておけよ」
俺は例によって、明日の試合は出れなくなった。つまり先輩の高校3年最後のダブルスの試合をダメにしてしまった…。

ホテルについて真っ先に先輩の部屋に向かった。部屋に入ると先輩はいつもの明るい声で
先「おー俺!おまwwアホだなぁww捕まるなよww」
と笑っていってきた。
俺「先輩、すいません。明日の試合…」
先「それはいいけど、もうやるなよ。3年でやったら人生終わるぞwwwまぁ元気出せw」
と優しく元気づけられた。
他の先輩も俺を責めることなく、笑いながら元気づけてくれた。

翌朝、両親が地元から大会がある県体育館まできた。場所は詳しくは言えないけど海を渡らなきゃこれない場所。だからお金もかかるし、時間もかかる。でも来ていた。
そのまま両親とタクシーで警察署に行って指紋やら写真やらを取って船に乗って地元の船着場まできた。ここまで全員ほぼ無言。
船着場から実家まで親の車に乗って帰っている途中に父が口を開いた。

父「父さんが悪かった。ろくな小遣いも持たせてやれずに父さんのせいだな…でも、でもな…他人に迷惑をかけちゃ駄目だ!」


父は泣いていた。


親を泣かせることがこんなにも辛いことだと初めて知った瞬間だった。
申し訳ない気持ちでいっぱいだったけど、俺は何も言えなかった。

俺は母には電話越しに謝れたが、今でも父さんにあの頃の事は謝れてない。
いつか絶対謝ろう思う。そして親孝行も絶対する。
父さん、母さん本当にごめんなさい。そしてこんな俺を見捨てずに育ててくれてありがとう。

------終------

259 :癒されたい名無しさん:2010/05/09(日) 01:41:21 ID:Ec9HLcfi.net
心の底から癒されるイスタンブルの愛らしい猫たち
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/dog/1273018637/l50

260 :癒されたい名無しさん:2010/05/11(火) 13:37:58 ID:tyiOZ5QW.net
このスレ読んで親孝行しなきゃなって思った
ありがとう

261 :癒されたい名無しさん:2010/05/18(火) 19:10:34 ID:L0U+govy.net
俺もひとつ。死んだりとかじゃないんけど
俺にとっては泣ける話なんだ。日頃から気をつけようって思わされた話

つい最近の事なんですが
俺には妹と母親がいる。父親はいない。
女手一つで俺をここまで育ててくれた。

母親は俺らの生活もかかっており、毎日仕事していた。
一昨年当たり、病を患い療養していたり、なかなか母親も
大変な苦労をしている。
今はヘルニアと戦いながら仕事してるんですがその日は
母親も夜遅くの帰宅で、俺も夜遅くの帰宅でした。

俺はいつものように、何も考えずに「飯は?」と尋ねたら
「今日はマック!」て言いだしたので、その時イライラしていた俺は
「夜飯にマックなんか食えるかよ!ふざけんな!」と言いながら
マックを開けたら完全に冷めたポテトとダブルチーズバーガーがあった。ここで俺はまた腹がたって
「こんな冷めてるポテトの何がうめーんだよ!何考えてんだよ!」
「昼飯とかなら分かるけど夜飯にマックはおかしいだろうが!」と怒鳴りつけてしまった。
うちの母親は気の強い性格をしていて
「何様だと思ってんだよ!嫌なら食うんじゃねーよ!」と返されてしまった。
俺は意地でも食うもんかと、電子レンジに入れて温めているマックをそのままにして部屋に籠った。
夜、みんな寝静まった頃、腹が減り台所に行くとき
妹が部屋から出てきて
「ママは、あれでもすごい考えてたんだよ」
「これだけじゃ足りないよね、ポテトもうひとつ買っとこう。
あれ、(俺)は何が好きなんだっけ?飲み物はどうしよう。
普通のだと氷とけてまずくなっちゃうから氷はいってないカフェオレにしよう。ママ頭いいね(笑)」って
一生懸命考えてたんだよーってさりげなく聞かされた。
それを聞いて妹には「そうだったのか。でも夜にマックはねーよ」とだけ言って部屋に戻った。
そのあとその時の母親の気持ちを考えたらちょっと泣いた。
母さんも働いてるのに当たり前かのように飯は?って毎日言ってごめん。
でも、母さんの飯が一番うまいんだよね。マジごめん。

母親にはマックよりすき屋とかのが絶対いいと思うよ。と伝えた。

次の日は母親が飯を作ってくれていたので母さんの飯が一番うまいって言いながら食べました。


262 :癒されたい名無しさん:2010/05/18(火) 21:50:31 ID:61d6PP7y.net
それは夜飯をマックで手抜きする親が悪いわ。

263 :癒されたい名無しさん:2010/05/20(木) 17:11:46 ID:LL6Rp9qL.net
/                   \  ____
ゴハンヨー   ('A`  )            | ̄|ヽ _\
\      ( ∪ ∪  _____        |  |= )   )
        と__)__) [_i(::)ェ]     |  | r   r
                  / | ̄ ̄i ̄ ̄ ̄|

「ちょっと!今カセットテープに吹き込んでるから音立てないでよ!」


・・・そしていつの日にか録音に混じった家族の声の方が大切になる。




264 :癒されたい名無しさん:2010/06/06(日) 02:31:47 ID:EooquS0y.net
今はまだ健在な母親に感謝をさせてください。

父親は俺が1歳になるかならないかの時に交通事故で亡くなりました。
詳しくはわからないけど、自損事故なので保険や補償の類いは一切なかったみたいです。
おとんの情報は少なく、写真ですら俺を抱いている2、3枚。
むしろ趣味だったクルマやモデルガンの写真の方が多いくらい(笑)

クルマの教習所に隠れてクルマで通っていたらしいおとん。
なんか今になってその破天荒なDNAは俺にも受け継がれている気がします。

典型的B型なおかん。

今でもふすま一枚隔てた隣の部屋でマイセンの1mgロングを吸いながらテレビを見ている。
つまらない親孝行だけど、おかんのために先日に契約したケーブルテレビ。
チャンネルはおかんお気に入りの韓流チャンネル。

何年か前に誕生日に買ってやったホットカーペットで寝そべりながらテレビを見ている。
カーペットや畳は寝タバコが原因で穴だらけ。

一度、タバコやめたら?と聞いたことがある。
俺の不在の時に火事でも起こったら・・・
心配からだけど、素直になれない俺は乱暴な言葉で聞いたと思う。

するとおかんは「おかあちゃん、これなくなったら死んだ方がマシや。」と言った。
技術も学歴もない、一般事務一本なおかん。
金銭的な面で俺を4年生の大学にまで行かせてくれた事はすごいことだと思う。
「大学には絶対に行っとき。」
おかんの口癖だった。

貧しい二人の生活、趣味なんて持てなかったよね。
死んだ方がマシ、って言葉がすごく深く聞こえた。

中学まで6畳1間で風呂もなかったけど苦痛じゃなかったよ。

小学校から塾にも行かせてくれていた。
今から20年ほど前は今みたいに誰でも塾に行っていた時代じゃなかった。

貧しいけど服装にも気を使ってくれていた。
でも、えてしておかんのセンスってずれてるんだよね。
「いいものあげるわ〜。高かったんやで。」
おかんがニコニコしながら、ある日買ってきてくれたGジャン。
おかんが気に入ってるもんやから塾にも毎日着ていったけど実はあれって嫌で仕方なかったんだ。
だって当時はケミカルウォッシュが馬鹿にされていたから(泣)
もちろん馬鹿にされたよ。あだなは「ケミカル」さ。
でもおかんを馬鹿にされているようで着るのをやめなかった。

俺が肥満気味になった時もスイミングに行かせてくれた。
正直、俺は泳ぐのが嫌いだった。
今でもカナヅチだ。

だからズル休みもよくした。
もちろんバレて電話がかかることもあった。
「今日はスイミング行った?」と聞かれても
「行った。」とあらかじめ水着を水道で濡らしておいてよく嘘をついていた。
あのお金も安くはなかったのに。

265 :癒されたい名無しさん:2010/06/06(日) 02:34:08 ID:EooquS0y.net
自分を節制して俺に昔から投資してくれていたおかん。
何もわからなかった小学生だった俺は一度だけ駄々をこねたことがある。
「〜〜のおもちゃ買って!!@@くんも持ってるねん!!」と。
当時の俺でもわかるくらい明らかに高価なモノだったと思う。

するとずっと無言で聞いていたおかんがぼそっと言った。
「あんたは普通の家庭じゃないねんからわがまま言ったらあかん。」
普段は物事をはっきり言うおかんが言いにくそうに言った言葉と表情、今でも覚えている。

ショックだった俺はそれからはわがままを言うことをやめた。

ゲームを買えない俺は
ファミコン全盛期の時には、小学校のクラスでの話についていけるように
ファミマガ(ファミリーコンピュータマガジン)など攻略誌を立ち読みしまくった。
(本屋さんごめんなさい。)
おかげでゲームに関しては、持ち主より詳しいくらいになり、俺に聞いてくるくらいだった。

高校に入学した。
給食がなくなって弁当になるよね。
おかん世代の発想なのかな。
「みんなお弁当箱は鉄製でな、そのふたにお茶入れて飲むんやで。」
結局アルミ製しかなかったんだけどあれって高いんだよね。
プラスチック製のが3、4個買えるくらい。
信じて持っていったらクラスにアルミ製のを持ってたやつはいなかったよ。
みんなコップ持ってきてるし!

そんな俺も大学入学。
腓骨神経麻痺。
ちょうどその時にかかってしまったおかんの病気だった。
一般の病院をたらい回しにされてたどり着いた有名な先生のハリ治療。
今でも通院はしている、もう一生モノの病気だ。

大学は俺の都合で辞めてしまったけど、今はなんとか仕事に就いている。
今、社会人になってある程度のお金を持てるようになった。
(薄給だけども)
クルマもボロな軽だが所有できている。

でもモノを手に入れたうれしさでいえば
小学校の頃におかんの買い物に付き合った近所のスーパーで
たまに買ってもらっていた一味唐辛子のせんべい。
あの気持ちに勝るものはないよ。


このスレを読んで感動のままに書きなぐったんで、乱文ごめんなさい。
おかんは元気です。
でも今の気持ちを書かせてもらいました。




266 :癒されたい名無しさん:2010/06/06(日) 04:02:07 ID:h8gKHx9Q.net
このスレを読んで今自分に何が出来るか考えた。とりあえず台所見たら洗い物が溜まってたから洗ってきたよ。
これから少しずつ家事を手伝っていこうと思う。気付かせてくれてありがとう。親孝行してやりたいな。

267 :癒されたい名無しさん:2010/06/08(火) 01:42:44 ID:s/5AVp4d.net
医者に死にますよ、と言われても、夫や実家の家族の反対を押し切って産んでくれた母


「俺は子供は諦める。子供よりお前が大事だ。俺と息子のために諦めてくれ」と言った子供好きで、妊娠をとても喜んだ父

「お前が死ぬくらいなら子供は諦めなさい。もしもの時に、長男は誰が育てるの」と言った母をとても大切に育てた情の深い祖母

母は以前に流産をしていたから、妊娠がわかった時にみんなで泣いて喜んだ。だが、日を追う毎に母子ともに危険な状態であると判明し、幸せの絶頂にいながらも子供を諦めるよう促す家族の辛さはいかばかりだったろうかと胸が詰まる

お母さん、私は元気です


268 :癒されたい名無しさん:2010/06/08(火) 22:26:43 ID:FYhz/4C0.net
で、お母さんはどうなったの?

269 :癒されたい名無しさん:2010/06/09(水) 20:06:49 ID:Jzk9egpR.net
昔俺がいじめられて毎日泣いて学校から帰って来てた時、お母さんに八つ当たりばっかしてた。
今思い出すと結構酷いこと言ってたと思う。
でもある日学校から帰ろうと思って昇降口に行ったらいじめっ子達と鉢合わせしそうになって帰るに帰れなかった。
それでなんか適当に学校内うろちょろしてたら職員室からお母さんが出てきた。
一瞬驚いたけどその時お母さんが泣いてることに気づいて理由を聞きたくても聞けなかった。
それから随分と経っていじめもなくなってた。卒業式の歌の練習をしてた時、恥ずかしくてあんまり声出せなかったんだ。
めんどくさいとか思いながら音楽室で居残り練習させられることになって、7人ぐらいいたっけ、俺以外全員女子だったけど。
その帰りに担任が来て俺に言ったんだ。
「お前、お母さんがあんなに色々してくれたんだから頑張れよ」って、なんの事か分からなかったけど。
それで無事でもなかったが卒業式は終わった。最後に写真会みたいのがあってみんなで写真撮ってさっさと帰ろうと思った。その時はもう友達よりpcって感じだったから。
体育館広いしここから親探すのか・・・・とか思いながらため息ついてたら案外早く見つかったぜ。
そこで俺がいじめられてた時担任だった先生と話してたんだ。早く帰りたいのは確かだったがとりあえず話しかけたら俺もそのトークに入れられて余計面倒になるそうだったので
はぐれない程度のところで見てた。そしたらまたお母さんが泣きだしてどうしたのかと思ったら聞こえたんだ。
「ここまでこれて本当に良かった」的なことが聞こえた。一瞬「もしかして病気でもかかってるのか!?」と思ったけどそうじゃなかった。
それから5分くらいしてお母さんが俺が見てたのに気づいてとりあえず色々お礼言って帰る事になった。
今でもあの時なんで職員室から出て来たのか聞けないでいるけどきっといじめが無くなったのは親のおかげだと思う。
だからとりあえず働いて恩返ししたい。
ありがとう、お母さん。 

って現実で言えたらいいけどな





270 :癒されたい名無しさん:2010/06/09(水) 22:16:38 ID:uvgSGN2n.net
で、泣くとこどこ?

271 :うっほ ◆O2DJngzmaIoW :2010/06/10(木) 13:50:51 ID:PsIPY4uB.net
ないた

272 :癒されたい名無しさん:2010/06/10(木) 20:40:40 ID:yk3e+oFX.net
文章力の無さに母ちゃんまた泣いてるぞ。

273 :MemphisLabo:2010/06/10(木) 20:53:37 ID:B84pPf66.net
“こころ”と“からだ”の癒しをデザインするというコンセプトで商品を展開しております。
音・ハーブ・パワーストーンで癒されてみませんか?
ホームページにて、商品のご紹介させて頂いております。
是非、ご覧ください。
http://www.memphis-labo.com

274 :癒されたい名無しさん:2010/06/28(月) 23:30:17 ID:ZVkSEpWw.net
↑で、泣くとこどこ?

275 :癒されたい名無しさん:2010/07/22(木) 01:11:03 ID:u3QhLIfa.net
癒し

276 :癒されたい名無しさん:2010/07/23(金) 13:43:35 ID:qxSO8Uap.net
ここでも数例上がってるけど、人の心が壊れていく様を目の当たりにするのは、
本当に辛いよね。

俺の場合は高校2年の春に突然来た。
一晩中、恐怖でアゴが鳴り続けたのを、今でもはっきりと覚えている。
親父は相当鈍感で薄情な男だが、それでも一週間で頭髪がすべて抜け落ち、
つるっ禿になってしまった。

獣のような雄叫びを上げる母親に、俺はろくに近寄ることさえできず、
ただ事が収まるのを願っていたが、
数日おきから隔日、連日へと、だんだんひどくなる一方で、
その状態が10年近く続いた。
人格がなくなっちゃうんだもん。言葉なんて通じなくなるし。
悲しいなんて気持ちは吹き飛んでしまう。
食事と、とにかく睡眠、これが一番きつかったかな。

277 :癒されたい名無しさん:2010/07/23(金) 13:45:20 ID:qxSO8Uap.net
人の心は原子炉と同じだと思うんだよね。
無限ともいえるエネルギーを捻出するかわりに、
いったんメルトダウンすると、とてつもない災厄をもたらし、そして半減期も長い。
日本だけでも1億2千もの原子炉が、自由気ままに闊歩しているようなものだ。

後年、田舎で母の弟が風呂で変死、同妹が首つり自殺と不幸が続き、
その際聞いたんだが、どうやら母の家庭も普通ではなかったらしい。
親父の不甲斐なさが原因ではなくw、
普通の家庭を知らずに育った母は気負いすぎていたのだろう。
俺が幼少期の溺愛ぶりは相当だったと聞く。

途中、大学進学、就職と、家を逃げ出すこともできたんだが、
それを思いとどまらせたのは、やっぱり幼少期に受けた母の愛情だと思う。
具体的に何がとは言えないんだが。
今では兄弟で一人生き残った母は、普通のオバハンとして暮らしている。

278 :癒されたい名無しさん:2010/07/23(金) 16:41:15 ID:RQEQzJkk.net
↑で、泣くとこどこ?

279 :癒されたい名無しさん:2010/09/13(月) 22:08:12 ID:Iq+otT4w.net
 ( ´・ω・) ___J('ー` )し   3年ぶりくらいに母に会って食事をした。
/(  ⊃ /    /ノ_ )/   無職の僕に 「仕事は忙しいの?」「頑張ってる?」とか聞いてくる母、
ー―' J   ̄TT ̄ ー― '    僕は正直に無職だって言いたかったけど、できなかった。


  ( ´・ω・`)       母が帰りがけに財布を取り出し、僕に小遣いを渡そうとしたので
  l r  Y i| J(   )し  「いらないよ、働いてるし・・・」と嘘を言って断った。
  U__|:_|j  ( )   母は全てを知っている顔をしていた。
    | | |    | |


280 :癒されたい名無しさん:2010/09/17(金) 05:46:42 ID:YI90ZPnG.net
二年前に亡くなった母のことを。
母が亡くなったのは、二年前のクリスマスイヴ、私の成人式の10日前のことでした。
普段病気ひとつしない母が、珍しく風邪で寝込んで一週間、私は、出先から帰ってきて母に
「具合はどう?病院行かないの?」
と聞くと
「ただの風邪だから大丈夫。明日一日休んだら仕事できそう。(うちは自営業)あのね、プリン食べたいから買ってきてくれない?」
「今日は疲れたからまた明日買ってくるね。」
「分かった。成人式まであと10日だね。写真いっぱい撮るね。」

それが最後の会話でした。その日の夜中母は胸部大動脈解離という病気で急死しました。
母の最後の願いも聞いてやれず、ろくな親孝行もできないままでした。
あと、三か月で学校も卒業して、少しは楽させてあげれたのに…
自分より、家族のことばっかりだったお母さん。私が、学校の課題の材料を持っていると、
「それどうしたの?」
と聞かれました。我が家は決して裕福なほうではなかったし、母は早朝から夜遅くまで働いていてこれ以上負担を増やしたくなかったので、
「買ったんだよ。私もバイトしてるし、学校行かせてもらってるんだから、教材ぐらい自分で買うよ。」
と言うと
「何言ってんの!!学校でいるものぐらい、お母さんが出してあげる。バイト代は、自分のために貯めておきなさい。」
と言われました。
いちばん近い存在で、いつも味方をしてくれていたお母さん。
お母さんが楽しみにしていた成人式、お母さんの着た振袖を着てでましたよ。見てくれていましたか??
お母さんの子どもに生まれて本当によかった。お母さんは人として、母として、私の目標です。
沢山愛してくれてありがとう。

泣ける話じゃないかもしれないですが、母の死から今年のクリスマスイヴで二年たってやっと涙を出さずに母のことを語れるようになったので、書かせていただきました。

281 :癒されたい名無しさん:2010/09/17(金) 23:12:02 ID:YLbLMIS0.net
全俺が泣いた

282 :癒されたい名無しさん:2010/09/20(月) 21:13:18 ID:LFoEXV07.net
泣いた

283 :癒されたい名無しさん:2010/09/20(月) 22:08:22 ID:LFoEXV07.net
普通に生まれて、普通に育って、お姉ちゃん、パパと、ママと、おばあちゃんと、おじいちゃんと
小学校に入学するまでくらしてた。
1年生のころ20メートルくらいしか離れてないところにパパとママとお姉ちゃんと私でひっこした
夕飯は一緒に食べたり、たまに泊まりに行ったりした。
私が小学3年生、お姉ちゃん中1の4月某日。 おじいちゃんが天国へ行った。
借金に苦しんで、耐えられなくなって、自殺だった 。
皆泣いたのにママとおばあちゃんだけは泣かなかった。
それから3年たってママとパパが旅行に行ってる夜に、おじいちゃんが死んでから一緒に暮らし始めたおばあちゃんが私とお姉ちゃんに話してくれた おじいちゃんが死んだ夜、何があったのか
おじいちゃんのお姉さんがママとおばあちゃんに
「あいつが死んだのはあんたたちのせいだ」
と言ったという。 そしてそれからママはうつ病になった。
お薬が切れると些細なことでイラついたりするママに わかってたはずなのにママなんて大っきらい!!って言ってしまったことがある。
ママは悲しそうな顔をして 「ママは、大好きだよ。ごめんね」
と言ったのを覚えている。
そして私が中1の正月にママとパパが私たちの傍からいなくなると聞いた
今の仕事じゃお金が足りなくて私とお姉ちゃんを進学させてやれないからって二人とも遠くへ住み込みで働きに行くんだという。
そして3月にまずママがいなくなった。
ママを送った帰りにママからメールが来た。
「愛してるよ」涙が止まらなかった。
何回も何回もママ、ママ、って泣いた。 そしてその夜。
お風呂に入ったら鏡に 「私の可愛い二人の娘。愛してる」って書いてあってまた泣いた。

しばらくして学年の親子レクがあった。
その時はもうパパもいなかったから
みんなお母さんやお父さんが来てるのに、私だけ誰も来てなかった。
親と一緒に走るリレーは
一人でスタートの合図を出して、審判をした。
夜にママから電話があって
「寂しくなかった?」って言われた。
レクのこと言ってなかったのにどっかの親が言ったらしい。
大丈夫。って言って電話を切った後、一人で泣いた。

私の誕生日はお姉ちゃんは泊まりに行ってて、おばあちゃんも出かけてて
悲しくなんかない。って言いながら部活に言ったら
私のことよく思ってない先輩にいろいろきつく言われて
家に帰って風呂入ったら気づいたら泣いてて
一人でテレビ見てたら急にチャイムなって郵便物が届いた。
ママからだった 。新しい服と、 一通の手紙だった。
「お誕生日おめでとう
14歳だね
早いなあ
ママがそばにいてあげられなくてごめんね
この服、気に入ってくれるといいな

大好き、愛してるよ

ママより 」
おお泣きした。
こんなに泣いたのはママを送った日いらいだった

ママ。
いつも守ってくれてありがとう。
ママ大好き。
いつか恩返しするから。
それまでもうちょっとがんばって。
ありがとう

駄文すいませんでした


284 :癒されたい名無しさん:2010/09/20(月) 22:42:52 ID:gtyuRLbH.net
がんばれ!

285 :癒されたい名無しさん:2010/09/25(土) 03:58:12 ID:wQjZeKR8.net
一人ぼっちで物凄い田舎で見知らぬ町で暮らしてて、友達も居なくて。
馬鹿だから男を追いかけて行ったんだけど、結局だめになって
体調崩して、入院して手術するような状況になっても強がってた。
本当に辛いなー死にたいーとか思ってた時、どっちからかけたか忘れたけど、
電話でカーチャンと話してて、めんどくさいなー次の休みには帰るよーとか言ってたら突然、何の脈絡も無しに、

「駄目になりそうだったら、帰ってきなさい。駄目になってからじゃ遅いんだから」って言われた。

抑えてた気持ちが全部決壊しちゃって、電話口で号泣してしまった。
カーチャンはそれ以上何も聞かなかったし、何も言わなかった。
意地張って帰らないとか思ってたけど、何とか持ち直しました。
本当にありがとう。
どうしても直接言えないんだけど、でも、本当にありがとう。
もう両親とも高齢だし、仕事やめてでも田舎に帰って両親のそばにいようかなと最近迷ってます。
遠方にいるとなかなか帰省できないし、「あと何回両親に会えるのかな・・・」って思ってしまうんだよね。

286 :癒されたい名無しさん:2010/09/25(土) 09:58:44 ID:thSnPGg0.net
生まれて初めてチャリに乗ったバァチャンが田んぼに突っ込んでドロドロになった

287 :癒されたい名無しさん:2010/09/27(月) 18:23:17 ID:W7Ph/EMA.net
それは・・・

288 :癒されたい名無しさん:2010/09/27(月) 18:34:25 ID:Jq1Ao3tX.net
http://www.youtube.com/watch?v=yyVQK63lX6Y

コレ見て泣けや!

289 :癒されたい名無しさん:2010/09/28(火) 01:20:33 ID:ub0+G7Cm.net ?2BP(0)
sssp://img.2ch.net/ico/005.gif

いい話だった・・・

290 :癒されたい名無しさん:2010/10/02(土) 00:52:14 ID:JbWun5/+.net
 大学に入って涙脆くなってるから、皆さんの話からしたら全然泣けないレベルかもだけど投下・・。
 今日の夕方に大学の成績表が家に届いたと実家の母から電話があった。実は1つ単位落としてた
んだけど、その授業は別に取らなくても良い授業だった。でも電話で母に
 
 「自分で取った授業なんだから落とさないでよ!ちゃんと勉強しなさいよ!」

と厳しく言われてムッとして終始黙り込んで、電話を切る時も無言だった。この後にまた何回か
電話が掛かってきたけど、自分は基本的にチキンで、さっきの自分の態度に怒った電話だ・・と
ビクビクして取らなかった。
 後で履歴見たら2回の電話の両方に留守電を残してて、メールも入ってた。そのメールの内容が、
 
 「○○(←自分の名前)、みんな、あなたのこと心から応援しているのよ、だからこそ
  厳しいことも言うのよ。○○の希望が叶うように、心苦しいけど苦いものを言っているのです。
  つらいとは思うけど理解して下さい。お父さん、お母さんは○○のことが大好きだよ」

↑という文章だった。自分が電話取らないから、心配してこんなメールを送ってくれたんだと思うけど。
これを見て高校生の頃に塾とかに行かせてもらったのに希望した大学・学部に進学できなかったから、きっと母を
がっかり&心配させただろうということとか、母が毎朝明るくなる前から仏様にお参りしに行ってることとか、
一人暮らししてわかった母がやってた家事の大変さとか、あんなぶっきらぼうな態度取ったのに何でこんなに
心配してくれるの?とか、いろいろ考えて、それと最後の文章で涙腺がボロボロになった。
電話じゃ無理だから謝りのメールを入れた。

なんか離れてみて初めて、家族のかけがえのなさをしみじみ感じる・・。今までの恩、これから返しきれるのかなあ・・?
と不安になってくる。今できることは、せめて新卒でまっとうな就職をするくらいかな・・。

291 :癒されたい名無しさん:2010/10/15(金) 12:00:59 ID:7rCMGAAn.net
泣ける


292 :癒されたい名無しさん:2010/10/18(月) 02:23:24 ID:tsDmnE20.net
もう此処のスレの泣けるレベルは高いな。多分皆は泣けないだろうけど投下するわ

高校卒業してから4年間何にもしないで家で金を使うことしかしてなかったんだ。
ネトゲやったりとかゲーム買ったりとか。たまに親にも怒鳴り散らしたりもしたな。
そんな駄目な俺が2年くらい前かな。カーチャンスレ見てから必死でバイトと勉強して
やっとCMとかやってる大手企業に就職できたんだ。本当にうれしかったよ。やっと親孝行ができると思ってね。
そんで去年かな。ある程度お金が溜まったから旅行に連れて行ってやろうと思って内緒で旅行を予約したんだ。
定番だけど温泉ね。出発の一ヶ月前に内緒で家に帰って発表したら
「ありがとう……本当にありがとう……」
と涙を流しながら喜んでくれたんだ。この為にお金を貯めたのかってくらい嬉しかった。
そんで、それを近所とかに自慢してやがるのww一人暮らししてるから近所のおばちゃんから帰省の時に言われたときは恥ずかしかったw
それで出発の3日前になって電話が掛かってきたんだよ。けど仕事中だから電話に出られなくてさその時は無視してたんだ。
んで後でかけ直したら親父が出てさ
「旅行は中止だ……」
って涙声で言うわけ。訳が分からなくて「何でだよ?風邪でも引いたの?」と聞き返したんだ。そしたら後で
「母さんが……ひき逃げされて……それで……」
頭が真っ白になってその後はよく覚えてないけど。気がついたら葬式の準備が進んでたんだ。
結局母さんは2日間意識不明だったんだけど容態が急変して死んじゃったんだ。
楽しみにしていた旅行が最悪の轢き逃げの所為で葬式になっちまったんだよ。
母さんの遺品を整理しながら自分を悔やんだね。なぜもっと早く親孝行出来なかったのかと。
遺品の中にあった日記帳にはさ
「○○が旅行を予約しててくれたみたい。やったー!」
とか
「旅行まで残り3日!!前日には○○も来るだろうから一杯ご馳走を作れるようにしとかなくちゃ!」
とかギッシリ書いてる訳。それ見てたら泣けてきてさ。濡らしたらもう読めなくなるのに。
涙で文字が滲んで読めなくなるのにボロボロと流れてきたんだ。
その後で家から出てって犯人捜したけど結局見つからず。たぶん捜査は殆ど終わってると思う。

だからこんな事が起こる前に恩返しできるやつは早く恩返ししろってこと
今は父さんに恩返ししてる。文章下手ですまん。
あと飲酒運転とかしてるやつは絶対にするなよ!絶対にだぞ!!

293 :癒されたい名無しさん:2010/10/18(月) 11:09:23 ID:yEm1yA9K.net
>>292
犯人捕まるといいな。

294 :癒されたい名無しさん:2010/10/18(月) 18:03:31 ID:LuMRWrOK.net
>>292
ひき逃げ死亡事故の時は警察もガチだから時効成立まで諦めんなハゲ!!

295 :癒されたい名無しさん:2010/10/18(月) 22:55:22 ID:Y+cteEdJ.net
>>292
諦めたらそこで試合終了だよ

296 :癒されたい名無しさん:2010/10/18(月) 23:21:35 ID:yEm1yA9K.net
>>295
バスケットがしたいですorz

297 :癒されたい名無しさん:2010/10/21(木) 01:45:17 ID:TJAYI7Tf.net
>>292
そういうやつは必ず捕まるさ
絶対諦めんなよ

298 :癒されたい名無しさん:2010/10/21(木) 22:03:46 ID:AVMl0Y88.net
諦めたらそこで試合終了だよ

299 :癒されたい名無しさん:2010/10/22(金) 11:21:32 ID:jz5T87M/.net
抗がん剤も効果なく、
これ以上の治療は、ただ体力を削るだけだと医者から宣告されて
予後をただ穏やかに過ごすために、母は私の働く病院に入院しました。

夜勤に入る前に早めに行って、いつも通り話をしてると、
「あんたがいてくれて良かった」て急に言われた。
徐々に弱って、胸水が溜まり始めてたから
ちょ、やめて!フラグ立てないで!てちらっと思ったんだ。 
まあ、でも、またとりとめのない話を続けてる内に不安を忘れ、
いつも通り夜勤も終了。

仕事が終わった途端、急に母が苦しみだした。
職業柄、その、先が見えた。
ああ、ついにきた…。
覚悟は決めてた。いずれ、こうなることもわかってた。

「…どうにかして」
すがる様に母が私を見た。
不安にさせないように笑顔で居ることが私の役割。
いつも通り、大丈夫って擦ってあげればよかった。
でも、私は動けず、笑おうとしても引きつって、涙がこぼれた。

やばい!泣いたらだめだ!
慌てて、母から顔を逸らす。背中を向けようとしたとき、

ぐっと手首を掴まれて引き戻された。

「大丈夫、大丈夫だからね!」
目の焦点さえも私にあわせられていないのに。
手首を掴む手も
力強い声も

昔の、強いお母さんでした。

 
それ以降母は苦しいとも辛いとも言わずに
それから2時間後に亡くなりました。 

大丈夫。
それは私が言ってあげなければならない言葉だったのに。
私は看護師失格で母からキツイ苦しいの言葉を奪ってしまった。
でも最後に子供でいられた。

どんなに子供が大人になろうとも。
経験を積んで立派になろうとも。

母親には敵わないと思いました。




300 :癒されたい名無しさん:2010/10/25(月) 14:05:25 ID:3gneDV3Q.net
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/text/201010210003-spnavi.html
 元No.1アイドルレスラー・風香が中心となって立ち上げた女子プロレスの新団体「スターダム」。
スポーツナビでは、風香ゼネラルマネージャー自らがペンを握って執筆した選手紹介シリーズをスタート。
 トップバッターとして風香GMが指名したのは、岩谷麻優(いわたにまゆ)17歳。
1年間で3度しか家から出たことがない、という極度の引きこもり生活から一転、
女子プロレス界の門を叩いた経緯などなど、風香GMがめいっぱいにエピソードを添えてくれました。
 それでは、スターダム選手紹介その1「岩谷麻優」編をどうぞ!

今日はまゆちゃんがスターダムに入ったきっかけから書こうと思います。
それは私のコラムでした。
まゆちゃんは練習生募集をした時に応募してきた中の一人。
誰が本気で誰が冷やかしか分からなかったから私は半信半疑……
思った通り親の反対を理由に一人がいなくなり……金銭的な理由で一人がいなくなり
……精神的な理由で一人がいなくなり……時期的な理由で一人がいなくなり……
そんな時に最後まで「私は絶対にやりたいんです」と何度もメールをくれたのがまゆ
ちゃんでした。
ある日こんなメールがきました。
「貯金は6000円しかないのですがこれで山口県から東京にいけますか?」
あれ? この子本当に17歳か? と思った記憶があります(笑)
送ってもらった写真をロッシー小川さん(スターダム代表)に見せたところ
「この子は化けるからこの子になら交通費を出す」
と言ってくれました。
でも問題はまだまだありました。
「私引きこもりで一年間で三回しか家から出てないんです」
さらには
「親が絶対ダメって許してくれないんです」
特に親の反対についてのメールは毎日のように届きました。
「昨日も話そうとしたんですけど聞いてくれません」
「昨日話したら怒られました」
だんだんこの子の言葉を信じていいのか、それとも親のせいにして来ない言い訳なの
か分からなくなりはじめました。
そんな頃にきた一通のメール。
「私家出します!!」
え? 何を唐突に!? (゜□゜;)
家出はダメだと促しましたが、またしばらくして今度は
「明日には行けます! もう行けるように準備はしてるので」
とメールがきた時に、この子は私と親の間で板挟みになってる本気の子だとやっと確
信しました。
それが分かれば早く苦しみから解放させてあげたくて、正式に小川さんに東京行きの
チケットを手配してもらい、私がお母さんへの説得を試みました。
ムリヤリでもなんとか上京する許しが出たのは出発ギリギリになってからでした。

301 :癒されたい名無しさん:2010/10/25(月) 14:07:08 ID:3gneDV3Q.net
そして8月4日。
東京駅で対面!!
感想は
『細っ(゜□゜;)』
162センチ、44キロ、さらに一年間で3回しか外出してないというルックスは細
身というより病的なイメージでした。
『お土産買ってきてる(゜□゜;)』
律儀に私と小川さんにお土産を持ってきてくれて
まゆ「貯金が3000円になっちゃいました〜」
と話す元引きこもり娘に大物の予感がしました(笑)
そして翌日から他の練習生にまざって練習に参加しましたが、運動どころかまともに
歩くこともしてなかった元引きこもり少女がついていけるはずがありません。
練習中に倒れたり真っ青になることが毎日でした。
過呼吸になったことも酸欠になったこともありました。
それでも
「本当に東京に来て良かった」
と目を輝かせながら食らいついてくる姿にいつも心をうたれてました。
ある日電車で二人になった時に、実態のない所に知らない人たちを頼って来るのは怖
くなかったかと聞いたところ
「もしかしたら売り飛ばされるとか友達に言われたんですけど、そうなったらそうな
った時と思ってました」
無知の強さと言いますか……世間知らずで勢いだけで飛び込んだからこそ今があるわ
けで、そういう意味ではまゆちゃんは見えない力に守られてるんだと思います。
そんなこんなで練習や撮影であっという間に一週間がすぎた時、勘当状態だったお母
さんからメールが届きました。
着信が鳴って画面を見て
「風香さん、母からメールがきました!!」
そこには
『今日はそうめん食べた。一人で食べてもおいしくない』
それを読んだまゆちゃんの目からはとめどなく涙が流れていました。
プロレスラーを夢見た17歳の女の子は家も地元も捨てて東京で毎日を送っています。
淋しさも不安もあるはずです。
練習も皆勤賞です。
44キロだった体重は早くも52キロにまで増量しました!
若くしてこれほどの覚悟を持ってプロレスと向き合うまゆちゃんならいつか必ずみな
さんに認めてもらえる選手になってくれると思います。
これからも厳しく愛を持って育てて行きたいと思います。
こんな岩谷麻優ですが応援していただけたら嬉しいです。

2010.10.21 スターダム・ゼネラルマネージャー 風香


302 :癒されたい名無しさん:2010/10/25(月) 14:09:51 ID:3gneDV3Q.net
そして8月4日。
東京駅で対面!!
感想は
『細っ(゜□゜;)』
162センチ、44キロ、さらに一年間で3回しか外出してないというルックスは
細身というより病的なイメージでした。
『お土産買ってきてる(゜□゜;)』
律儀に私と小川さんにお土産を持ってきてくれて
まゆ「貯金が3000円になっちゃいました〜」
と話す元引きこもり娘に大物の予感がしました(笑)
そして翌日から他の練習生にまざって練習に参加しましたが、運動どころかまともに
歩くこともしてなかった元引きこもり少女がついていけるはずがありません。
練習中に倒れたり真っ青になることが毎日でした。
過呼吸になったことも酸欠になったこともありました。
それでも
「本当に東京に来て良かった」
と目を輝かせながら食らいついてくる姿にいつも心をうたれてました。
ある日電車で二人になった時に、実態のない所に知らない人たちを頼って来るのは怖
くなかったかと聞いたところ
「もしかしたら売り飛ばされるとか友達に言われたんですけど、そうなったらそうな
った時と思ってました」
無知の強さと言いますか……世間知らずで勢いだけで飛び込んだからこそ今があるわけで、
そういう意味ではまゆちゃんは見えない力に守られてるんだと思います。
そんなこんなで練習や撮影であっという間に一週間がすぎた時、勘当状態だった
お母さんからメールが届きました。
着信が鳴って画面を見て
「風香さん、母からメールがきました!!」
そこには
『今日はそうめん食べた。一人で食べてもおいしくない』
それを読んだまゆちゃんの目からはとめどなく涙が流れていました。
プロレスラーを夢見た17歳の女の子は家も地元も捨てて東京で毎日を送っています。
淋しさも不安もあるはずです。
練習も皆勤賞です。
44キロだった体重は早くも52キロにまで増量しました!
若くしてこれほどの覚悟を持ってプロレスと向き合うまゆちゃんならいつか必ず
みなさんに認めてもらえる選手になってくれると思います。
これからも厳しく愛を持って育てて行きたいと思います。
こんな岩谷麻優ですが応援していただけたら嬉しいです。

2010.10.21 スターダム・ゼネラルマネージャー 風香


303 :癒されたい名無しさん:2010/10/25(月) 23:29:55 ID:e3fIxH7Q.net
で、泣くとこどこ?

304 :テクノブレイク:2010/10/26(火) 03:24:53 ID:8c7FdZFU.net
微笑むものだったというオチ

305 :癒されたい名無しさん:2010/10/26(火) 21:54:34 ID:p8mg6NW4.net
ハァ?

306 :癒されたい名無しさん:2010/10/27(水) 08:18:28 ID:sQTAMQ4u.net
968 :名無しの心子知らず:2010/10/26(火) 09:36:04 ID:iZWBqyrD
私ではなく高校時代からの親友の話なのですが。

23歳のとき、幼稚園年少の男の子を持つ10歳上の男性と交際。
奥さんは出産の時に亡くなった。彼は跡継ぎ田舎の長男で、周囲は親戚だらけ、
祖母、伯母一家などなど4世帯が一緒に暮らしていた。
私は心の中で、結婚までいったら大変だな、応援したくないような複雑な気持ちだった。
まあでも友人も獣医になったばかりだったし、仕事もこれからっていうときだから結婚どころじゃないだろうと思っていた。

がしかし、交際10ヶ月であっさり結婚し仕事も辞めて同居もした。まだ24歳。
結婚後、どうしてそんなに急いだの?と聞いたら
「毎週日曜日にデートするんだけど、彼は子供をつれてこない。お父さんが毎週日曜日に出かけて
子供はそぞ寂しいだろうと毎回気になってた。
それである日、今日は3人で遊ぼうと誘って家まで迎えに行ったら、庭の砂場で一人でつまらなさそうに遊んでいたの。
その小さい背中を見たら、今すぐ結婚しようって。私からその日の帰りにプロポーズした。」って。


今、友人は42歳で、友人もそれから女の子を2人産んだ。幼稚園だった息子さんも今は社会人で同居。
思春期で同居の親戚や父親に歯向かっていた時期も、友人には優しくいろいろ相談していたらしい。
とても優しくていい子に育ち、並んで談笑している姿を見ても本当に自然。
親父、茶碗ぐらい下げろよ!と言ったり、重い買い物が率先して連れて行ってくれたりするそう。

今でも思い出すんだけど、友人に2番目の娘が生まれたときにお祝いを渡したとき、
「もう3人目なんだからそんなお祝いなんていいのよー。」って言っていて、
友人にはとっくに連れ子なんていう意識はなくなってるんだなってびっくりした。
強くて優しくて、誰に対しても同じ態度を取る自慢の友人です。
友人自慢の長文ですみません。

307 :癒されたい名無しさん:2010/10/27(水) 22:52:09 ID:+s3gh2d3.net
まあスレ違いな

308 :癒されたい名無しさん:2010/12/26(日) 09:30:05 ID:6+U4fXVT.net
40近くになるのに独身でゴメン

うつ病になってゴメン

親孝行出来てなくてゴメン

まだ自立出来てなくてゴメン

なんか全部ゴメン



309 :癒されたい名無しさん:2010/12/27(月) 00:39:52 ID:O9tFEJZt.net
まず仕事しろ

310 :ヤスミン:2010/12/27(月) 03:25:13 ID:TeR3Wf2o.net
お母さんごめんね、お母さんもうつ病で苦しんでるのに高校生までは助けてあげられてたのに
私まで、うつ病になってごめんね。苛々して、死にたいなら私が殺してあげるって言ったの
本心じゃないから。本当にごめんね。私が死にたいって言ったとき、一緒に死のうって言ってくれてありがとう。
でも、本当は、お母さんには生きて欲しい。私は、本当にどうしようもない人間だから。
死ぬことでしか、親孝行できないから。お母さんの病気は私が死ぬとき一緒に持っていくから。
お母さん、お母さんの子供に生まれてごめんなさい。


311 :ヤスミン:2010/12/27(月) 03:27:37 ID:TeR3Wf2o.net
お母さんごめんね、お母さんもうつ病で苦しんでるのに高校生までは助けてあげられてたのに
私まで、うつ病になってごめんね。苛々して、死にたいなら私が殺してあげるって言ったの
本心じゃないから。本当にごめんね。私が死にたいって言ったとき、一緒に死のうって言ってくれてありがとう。
でも、本当は、お母さんには生きて欲しい。私は、本当にどうしようもない人間だから。
死ぬことでしか、親孝行できないから。お母さんの病気は私が死ぬとき一緒に持っていくから。
お母さん、お母さんの子供に生まれてごめんなさい。


312 :ずっとずっと永遠に:2010/12/27(月) 19:32:25 ID:uSYN+LZ6.net
本当に、本当にいいお母さんだと思います
そして、あなたも本当にいい息子さんだと思います

もう、私もスクリーン見えません…

313 :母へ:2010/12/28(火) 00:48:40 ID:s9TgaWyg.net
今年の6月に母が亡くなった。火事だった。同居していた父親は外出していて、弟は無事に逃げる事が出来たのだけど、母親は煙に巻かれて既に駄目だった。
自分は違う地方に住んでいたのだが、電話で聞いた時にはどうする事もできず、ただひたすら号泣しながら高速を運転して実家に戻った。
火事でめちゃくちゃになった実家を見た時に、ああ本当に起こったんだ、と冷静に実感をした。
全焼だった焼け跡には何も残っていなかったが、アルバムやら保険の証書なんかの重要な書類は、焦げてはいたけど奇跡的に焼けずにジェラルミンのケースから出てきた。
母の遺体は警察に見せてもらえず、頬の裏側の粘膜をスプーンみたいなもので取られて、DNA検査の結果を待ってください。なんて言われた。僕は検視をした大学病院の先生に
直接電話して、「母は苦しまなかったんですか?」と聞いた。「遺族の皆さんからのそういう問い合わせはいつも本当に多いのですが、私には分からないんです。」と優しい口調で諭された。
告別式や葬式が終わって、焼け残った書類なんかを家族みんなで調べていたとき、母親が残していた書類が出てきた。小さなそれは放水車の水で濡れて、炎で焦げてはいたけどちゃんと開く事が出来た。
それは、僕たち兄弟5人の母子手帳だった。僕の手帳には、産まれる前日まできっちり状態が書き込んであり、” ちょっと出血があったので心配。先生は大丈夫だと言ってたけど”と若かかった頃の母の直筆で、
メモが残されていた。兄、2人の妹、弟の母子手帳もそれぞれいろいろな記録がしっかり書かれていた。
僕が産まれて35年間も、大事に、大切に保管をしてくれてたのだ。皮肉にも、母が亡くなって焼け跡の中で知った。
僕らは兄弟が多く、母はずっと苦労したと思う。当時は学費も生活費もかさんでお金もなかったから、よくパートに出ていた。スーパーで働いていた時は、廃棄になるおにぎりをいつも5つ持って帰ってきて
くれていて、それを笑顔でみんながほおばっていたのを今でも覚えてる。
そんな母も僕ら一人一人に分け隔てなく愛情を注いでくれていた。「あんたらが大きくなったら一人で旅行とかいろいろ行くねん!早く大きくなってや。」と小さかった兄弟にいつも笑いながら言っていた。
母は、結局一人で満足に旅行は出来なかった。母の人生は幸せだったのかな?とよく思う。
母子手帳は、兄弟一人一人の手に形見として受け取った。みんなそれぞれに心に染みるものがあったと思う。
若かった母が身体の状態を気にしていたときには産まれてすらいなかった僕は、今は小さな子供がいる。母がしてくれたように、この子にたくさんの愛情を注いで、立派な父親になりたい。
それが、母に対する、恩返しになると思う。

314 :癒されたい名無しさん:2011/01/03(月) 01:17:18 ID:3h1B328X.net
脱ニート

315 :癒されたい名無しさん:2011/01/05(水) 23:30:49 ID:RfzRd7dj.net
>>268
韓流ドラマに狂ってる
母ちゃんが笑うとそこが震源地になる

母ちゃんてすげえな。自然を超える


316 :癒されたい名無しさん:2011/01/17(月) 05:13:08 ID:FgwE2xLr.net
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9731322

317 :癒されたい名無しさん:2011/02/09(水) 18:28:44 ID:1S32Eo1y.net
__        ゚ 
 母 |
 の |
 墓 |  ∴   ('A`)カーチャン..........
──┐ ∀   << )        ゚

__ 
 母 |
 の |         オレノ ヨメサンダヨ     J('ヮ`)し
 墓 |  ∴  ('A`) カーチャンニ スコシニテルヨ ( )
──┐ ∀  << )                 ‖

318 :癒されたい名無しさん:2011/02/27(日) 12:45:54.85 ID:LvJvz1dH.net
母が昨年、亡くなりました。
生前の母の写真はあるのですが、動画・音声は残していません。

そんなある日、私はふと家の留守録を再生してみました。
宅急便や美容院の人からの連絡が続く中、母からの留守電が一件だけ残っていました。

『OOOくーん(私の事)、電話せられえ、でんわー、一番を押されよぉー
寝とんかなぁー?』

おかあちゃん、私が辛くなったらまた電話するわ。
でも、出来るだけしないようにするよ。
男は辛くても泣いたら駄目だと教えてくれたのは、おかんだし。

319 :癒されたい名無しさん:2011/03/13(日) 05:32:40.70 ID:gumiIM7a.net
泣けるか分からんが

私が中学生の頃の話。
母と大喧嘩をして部屋でふて寝した翌日、机の上にクラスの親同士で回すノートがあった。
母がいないのを確認してこっそり覗いてみた。

以下大体の内容
A(私)は死産と流産の後にようやくこの世に生を受けた、私達夫婦にとっては初めての子、大切な宝物です。
女の子と分かってからは、真っ黒な髪の毛の子になって欲しくて、妊娠している間は昆布など海藻をずっと食べていました。
つむじがふたつある、ひねくれた子になりそうな子だけれども、産まれて初めて泣き声を聞いた時は涙が止まりませんでした。
昔からアニメが大好きで、将来は絵の方面に進みたいと言う我が子。
どれだけ大変な道かは解らないけれども、私が生きている限り我が子のファン一号であり続けたいです。

あと何故かあまり上手くないアンパンマンの絵がノートの隅に描いてあった。
思い返せば遠足には必ず母の手紙と、当時私が大好きなキャラが描かれてあった。
大喧嘩して全部破って捨てた後、母からビンタを喰らった意味がようやくわかり、涙と鼻水でぐちゃぐちゃになりながら謝った。
母も大泣きしてた。
今私は学生だけどもイラストの仕事をちょいちょい貰ってて、この前初めて貰った給料でケーキ買って帰った。
すごく喜んでくれた。
墓参りする時はいつも水子地蔵にまんじゅう持っていく。
ちなみに、未だに髪は染めていない。

320 :癒されたい名無しさん:2011/04/17(日) 00:21:56.50 ID:2MimLwe5.net
私は小さいころから指を鳴らすのが癖になっていた。

いつも母親が「母さんみたいな指になるからやめなさい!」と言って自分の手を見せる。
母親の指は関節が太くて、第一関節がまっすぐに伸びない小さな手。

こんな手になるからダメだというけれど私は指を鳴らすのをやめなかった。

だって母さんの手が大好きだったから、きれいな手じゃないけれど大好きな母さんの手だったから
別に関節が太くなろうがなんだろうが好きな手だから別に構わなかった。

けどなんか怒られてるわけだしその度ごめんなさいと言って思ってることは黙ってた。

母は高校の時に死んでしまったけど、母さんの手が大好きだから関節太くなっても気にしなかったんだよって手紙を書いて棺桶に入れた。
伝わってるといいな。

今でも指は鳴らしてます。

321 :癒されたい名無しさん:2011/04/26(火) 02:13:13.15 ID:NeBJvVhG.net
 ◇       ミ ◇
   ◇◇   / ̄|  ◇◇
 ◇◇ \  |__| ◇◇
    彡 O(,,゚Д゚) /
       (  P `O
      /彡#_|ミ\
       </」_|凵_ゝ

【ラッキーAA】
このAAを見た人はコピペでもいいので
10分以内に3つのスレへ貼り付けてください
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です

322 :癒されたい名無しさん:2011/05/01(日) 19:08:47.42 ID:+DEYPCt7.net
初めまして!このスレに大変感動しております。
よろしければ、私の母が愛していた愛犬の話なのですがいかがなものでしょうか?
皆様の承諾を頂ければお話したいなと・・・

323 :癒されたい名無しさん:2011/05/01(日) 20:04:16.74 ID:szjNxeQd.net
322よ、聞かせてくれ

324 :癒されたい名無しさん:2011/05/02(月) 00:15:24.46 ID:jZ/7MR/O.net
322、話さないのか…

325 :癒されたい名無しさん:2011/05/02(月) 03:22:57.72 ID:B7oLj/9a.net
わんわん!

326 :癒されたい名無しさん:2011/05/07(土) 17:53:51.17 ID:lK/WUSdO.net

8年10ヶ月間で50.6ミリシーベルトを浴びて
白血病になり労災認定され
二十九歳で亡くなった息子。
お母さんが語ります。

http://www.ustream.tv/recorded/13718448

25分頃から


327 :癒されたい名無しさん:2011/05/09(月) 17:43:08.39 ID:GsMkxa9e.net
コーギースレ見てたら、なんか泣けたから転載

115 :わんにゃん@名無しさん:2011/05/08(日) 07:22:03.17 ID:1nh/hdhf
母が心から愛していた飼い犬コーギー。その母が突然亡くなり、うちの犬が母と最後の別れをすることになった。
そしたら前日は口元をペロリとひと舐めしかしなかった犬が、
別れと言ったら立ったまま急に口元をペロペロしだした。姉がどけようとするとウーッと唸って威嚇。
舐め続ける状態が1時間続いた。それを見て婆ちゃんは涙。『必死にお母さんを起こそうとしてるね。』と。
亡くなる前日まで散歩してくれた母の愛を受け継ぎ、今までどおり大切に育てたいと思います。
多少スレ違いスマン

328 :癒されたい名無しさん:2011/05/21(土) 21:55:03.31 ID:i4ZzmXBn.net

http://www.youtube.com/watch?v=ZHicPbg5Luw

泣ける!!!

329 :癒されたい名無しさん:2011/05/24(火) 02:26:26.13 ID:p53uIUOT.net
TSUTIYA_ON_LINE
[拡散希望]日テレで7月に「おかあちゃん!おかあさん!母!」についての単発SPを製作準備に入っています。
まず@kaachan_spをフォローしてもらって自分の色んなお母さんのエピソード(プロフィール参照)を書いて下さい。
採用された方には番組から「いいもの」を差し上げます。
28分前 TweetDeckから

330 :名無しの知り合い:2011/06/05(日) 03:57:02.93 ID:fRl1O9pM.net
この動画に出てくる、「母」が切ないんだよ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14652659

331 :癒されたい名無しさん:2011/10/06(木) 09:26:02.55 ID:FdHfA7in.net ?2BP(0)
sssp://img.2ch.net/ico/memo1.gif
家は自営業で父と母で経営してる。兄弟は4人で私は末っ子。
節約とか考えたことなかったし小さい頃から欲しい物も買ってもらえた。
旅行にもちょくちょく連れてってもらったりしたしねだればお小遣いはもらえたのでそれなりに儲かっていたのだと思う。

公立高校を卒業し、全額免除だったから地元の私立大学に親孝行だと思って特待で入学した。
毎月お小遣いももらってバイトもしてたけどパチンコとか服とかゲームとかでお金はすぐ消えた。
誕生日や母の日、父の日はちゃんとプレゼントあげてたしいいだろうと思ってた。
大学2年になってから、母が夜中パートに出るようになった。
「ただ仕事をやりたくなっただけ。昼だと店が忙しくなったら大変だから夜にした」
と言っていた。その半年後父が夜バイトに出るようになった。
「兄の店が人手が足りんから、ただの手伝いだよ」
と言っていた。別に気にしてなかった。
「ふーん、そうなんだ」ぐらいしか受け止めてなくて
家にお金を入れることなく普段通り過ごした。
それから暫くして母が倒れた。
よく分からん難しい病名だった。でも、危険らしかった。
母の荷物をまとめていたら、タンスから薬が沢山出てきた。
父に話すと、2年前から母の容態はよくなかったらしい。
そしてあんま長くないらしい。
家を出てた兄弟たちも話を聞いて帰ってきた。
久々に皆でご飯を食べた。
でも、その場に母はいなかった。
母の手料理が食べたかった。
よくよく考えると思い当たる節は沢山あった。
寝込むことも多かったし、辛そうにしてることもあった。
でも、「大丈夫?」と聞けば「大丈夫よ」といつも答えてくれてたから、私は。
それから私が半年も経たない内に母は亡くなった。
あんなにふっくらしてたのにすごく痩せてしまった。
あんなに笑いかけてくれたのに。

もっと母と話せばよかった。
もっと母を大事にしてればよかった。
いつまでもそばにいれくれると思ってた。
結婚式だって、来てもらいたかった。
私の赤ちゃんだって生まれたんだよお母さん。
お母さんの料理はおいしかったよ。
何度作ってもお母さんの料理には勝てないよ。
お母さんのようになりたいのに、私はいつまで経っても駄目なお母さんだよ。
お母さんがいないと、辛いよ。お母さん。会いたいよ。

332 ::2011/10/07(金) 18:54:27.30 ID:mP02gsC7.net
今も

333 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/10/08(土) 18:35:40.55 ID:FHDlEXCg.net
トリプル3母の泣ける話ください

334 :癒されたい名無しさん:2011/11/04(金) 20:55:40.44 ID:drSUXWXL.net
http://yipev.com/data/img/20110402020427/view_xiih16f335tdfoaomvwt4vgg.jpg
http://yipev.com/data/img/20110402020427/view_7wdfgeh6ddam41aq5an9mj5n.jpg
http://yipev.com/data/img/20110402020427/view_hk7i634pykyuhf6vqa3vstdd.jpg
http://yipev.com/data/img/20110402020427/view_vqjhm9em9bifa7dt3p7nhjxu.jpg
http://yipev.com/data/img/20110402020427/view_21fsb1yqp7u76wzbacysfs32.jpg

335 :癒されたい名無しさん:2011/11/04(金) 20:56:00.21 ID:drSUXWXL.net
http://yipev.com/data/img/20110402020427/view_jwy6r93sta5a6npfudqhtdgx.jpg
http://yipev.com/data/img/20110402020427/view_et3hnmmrup9buavs2d4x3zbu.jpg
http://yipev.com/data/img/20110402020427/view_hajhayma52nvk1ynpovi3kjb.jpg
http://yipev.com/data/img/20110402020427/view_jjbcy4e34uf9udkarqibsa66.jpg

336 :癒されたい名無しさん:2011/11/04(金) 20:56:22.27 ID:drSUXWXL.net
http://yipev.com/data/img/20110402020427/view_af7v375dxxg3x7hn17d7n7ov.jpg
http://yipev.com/data/img/20110402020427/view_4fdikkgjmoghe5ubbqd3qmry.jpg
http://yipev.com/data/img/20110402020427/view_5ovfja17zxjbiftq04et1zzq.jpg
http://yipev.com/data/img/20110402020427/view_bac6jenhco27hhidavtsv23b.jpg
http://yipev.com/data/img/20110402020427/view_axti1vcjqzbz0auco14fsfny.jpg

337 :癒されたい名無しさん:2011/12/19(月) 21:20:46.28 ID:lRuHdBTw.net
668 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2011/12/19(月) 20:56:56.54 0
書き捨てさせて。

結婚当初、姑と上手く噛み合わなくて、会うと気疲れしていた。
意地悪されたりはしなかったけど、気さくで良く大声で笑う実母に比べ
足を悪くするまでずっと看護士として働いていた姑は、喜怒哀楽を直接表現せず
シャキシャキ・パキパキ黙々って感じで、ついこっちも身構えてしまっていた。
何となく「私、あまり好かれてないな」と思う時も有って、当たり障りなくつき合っていた。

その年は、私が秋に二人目を出産した事もあり、混雑を避けて一月中旬に帰省する事になった。
そして早朝、今まで感じたことの無い揺れと衝撃を感じた。阪神淡路大震災だった。
朝釣りに行くという夫達の為に、お弁当と朝食を作っていた私と姑は立っていること出来ずに座り込んだ。
食器棚が空いて、次々と皿やグラスが降ってきた。
名前を呼ばれた気がして目を開けると、姑が私に覆い被さっていた。
私を抱きしめる腕も肩も頭も血が出ていた。
夫と舅が子供達を抱いて台所に飛び込んできて、私達を廊下に連れだしてくれた。
歪んでなかなか開かない玄関ドアを開けると、街の景色は一変していた。
義実家はマンションの高層階だったが、エレベーターは止まり、階段にはヒビが入っていた。
呆然とする間にも、大きな余震が襲ってきた。
廊下の壁にも大きな亀裂が入り、揺れが襲う度に何かガラガラと大きな物が落ちていく音がした。
姑が「あなた達は早く逃げなさい!」と部屋に戻り皆の上着やマフラーを持ってきた。
泣きながら「あなた達って・・・お義母さんは?」と聞くと「後で逃げるから、良いから早く!」と恐い顔で言われた。
足が悪くて階段では逃げられない自分は、足手まといになると思っているんだと分かった。
夫が「母親を見捨てて逃げたら、俺はもう子供達に顔向けできない」と姑を背負おうとしたら
姑が夫をひっぱたいた「あんたの守るのは子供と嫁!産後で完全じゃない嫁を幼子二人を守ることだけ考えなさい!」
そして血だらけの手で、私の髪を撫でて「ごめんね。帰省させなきゃ良かったね。ゴメンね」と笑った。


結局舅が姑を連れて、後から逃げると説得され、私達夫婦は子供二人と先に階段を下りました。
避難所で無事に再会出来たときは、安堵のあまり「おうおうおう」と言葉にならない声で抱きついて泣いた。
マンションは数日後に全壊した。
避難所で再会して気が付いたが、姑は家族の上着を持って来てくれたが自分はセーターにエプロンという服装だった。
初めから、皆だけ逃がすつもりだったんだと思ったら、また泣いた。
未曾有の事態に母乳が出なくなったり、出ても詰まったり色が変だったりで
痛くて脂汗を流しながら、マッサージをしていると、産婦人科にいた事もある姑が
「熱を持ってるね。痛いね。でも出さないともっと痛いから。代わってあげられなくてゴメンね」と泣きながらマッサージを手伝ってくれた。
避難所では「ブランクがあって、知識が古いけど」と看護士として働いて、まわりを元気づけていた。

あの時、赤ん坊だった下の子はもう高校生で、舅は既に他界した。
福島の震災をみていると、どうしても阪神地震を思い出してしまう。
同居の姑は、今も喜怒哀楽をあまり出さないけど、今では何を考えているかちゃんと分かる。
ありがとう、おかあさん。あの時の血だらけの貴方を忘れません。

338 :癒されたい名無しさん:2012/01/05(木) 16:53:13.11 ID:kj0mWkNu.net
http://livedoor.blogimg.jp/plusmicro26/imgs/b/3/b3070dbd.jpg

339 :落ちこぼれ:2012/01/24(火) 19:56:07.71 ID:pOMEWoCR.net
初めて、2ちゃんにきました。
全くことばとかやり方とかわからないけど
スマートフォンのアプリでたまたまとった泣けるコピペで号泣しました。
感動したので自分の話も聞いてもらいたくて投稿しました。
私の母の話聞いてくれますか

340 :落ちこぼれ:2012/01/24(火) 20:49:57.52 ID:pOMEWoCR.net
>>339です
よくわからずさっき投稿してしまいました。
すみません。

私はわがままで甘えん坊だ。
もうすぐはたちになるというのに。

私の母と父は今でこそ仲がいいが、
何度も離婚をしようと考えていたらしい。
母は父と結婚して父の両親とひとつ屋根の下で暮らすことになったそうだ。
母は結婚するまでエリート銀行員として働いていた。
しかし母は女の方が稼ぎがいいと男をだめにすると父を立てるために仕事をやめた。
父の両親には年金が出たら後でお金は払うからと言われ新築の一戸建てをローンで買ったらしい。
そんな中、私を妊娠した。
実際一緒に住んでいると姑からいじめいじめがひどかったらしい。
働いていない者はご飯を食べるなといわれ、あまり食べさせてもらえなかった。
散歩に行くといってスーパーに寄って安いアンパンを買ってベンチで食べていた。
妊婦だというのにいつもおなかがすいていてしまいには医者に安静にしてないと流産するといわれたらしい。
もうどうしようもなくなって夜、川に行って自殺しようと思ったんだって。川に入ろうとしたときに父が自転車で駆けつけてくれて助けてくれた。
いろいろなことがあったらいいけど私は無事に生まれた。ひどい黄疸だったらしいが。

だんだん父の両親とはうまくいかなくなって
引っ越しのトラックの呼べるお金もなくて夜逃げみたいな形で父の会社の社宅に引っ越した。
社宅には何一つもってこなかったから段ボールがちゃぶ台代りだった。
もちろんローンが残っていて借金がたくさん残っていた。
とても貧乏だった。
そんなときに弟が生まれた。
私が3歳のときだ。
私の家はもっと貧乏になった。
服は買ってもらえたことなんてなかった。
靴から幼稚園の制服からなにからお下がりだった。
ごみ捨てに捨ててあったおもちゃなどをこっそりもらってきてた。
どこにいくのにもおにぎりを持っていった。
ディズニーランドにも連れていってもらったが
園内では何ひとつ買ってもらった覚えがない。
お昼御飯もパークから一回出て持ってきたおにぎりを家族みんなで車の中で食べた。
でも私は幸せだった。
旅行にも連れていってもらったがご当地のアイスやお土産など買ってもらったことは一度もない。
でもあんたは試食の大福を食べて大喜びだったってよく母に言われる。
そんなことが小学4年まで続いた。
母もパートの仕事を始め、借金も返し終わった。
自分たちの家を建てそこへ引っ越すことになった。


341 :落ちこぼれ:2012/01/24(火) 20:55:01.34 ID:pOMEWoCR.net
用事があるのでまたあとで書きたいと思います


342 :癒されたい名無しさん:2012/05/07(月) 09:54:39.39 ID:NTIerC7k.net
母の日近いよ

343 :癒されたい名無しさん:2012/05/08(火) 12:38:33.57 ID:mx7iUJwm.net
2011年12月19日?
あれからもう8年も経ったんだな?
物心ついた頃から俺は母子家庭だった。?
身寄りもなく、決して贅沢は出来なかったが?
俺は幸せだった。?
なんで親父が居ないかなんて一度も聞いたことない。?
朝から晩までホカホカ弁当でパートして?
高校も出してもらって、東京で働く事になった時?
天神のフタタでスーツと靴買ってもらったっけ…?
そんなこんなで、俺も順調に営業の仕事しながら?
お袋に毎月気持ちを仕送りしてたな。?
お袋必ず毎月お礼の手紙を書いてさw電話でいいだろw?
なんて思いながらお袋には育ててもらって本当に感謝してた。?
ただ急に手紙が来なくなって2ヶ月が経ち別に気にはしなかったが?
電話をかけてみた。繋がらない。なんで?急に冷汗がでた。?
次の日会社をサボり実家まで新幹線で帰った。?
家に帰ったらお袋は床に寝てた。痩せてた。すごく痩せてた。?
台所には作りかけの煮物が腐敗しコバエが飛んでた。?
直ぐに死んでいる事は分かった。?
癌だった事を俺に言わず病院に行っても治療を受けず?
でも?
ありがと。?
俺は今も東京で頑張ってるから。?
1人だけど大丈夫だから?


344 :癒されたい名無しさん:2012/06/06(水) 22:58:34.75 ID:cSOzWlCD.net
ほう

345 :癒されたい名無しさん:2012/06/09(土) 15:26:07.39 ID:CjQVh9pZ.net
スレ違いだけど聴いてみて下さい

http://m.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&client=mv-google&v=sxHf7xW12xg

泣けます

346 :癒されたい名無しさん:2012/06/15(金) 02:38:21.35 ID:DmPLMeK7.net
まだ小学生になる前だったかな?姉や兄は学校

ママンは赤ちゃんだった弟を連れて仕事に行ってた

呑んだくれの親父は入院中で家には誰もいなくて

TVも無い部屋の中で1人で留守番する事が良くあった

そんな時は なぁ〜んもする事が無いから不貞寝w

まだ明るい日差が差し込む部屋の真ん中で大の字になって寝てた

寝てしまえば こっちのもんさ! 1人ぼっちが淋しいとか

本当はお腹が空いてるとか そんな事も考えずに済む

お日様に照らされながら 窓からの風を感じてスヤスヤ…

最初は淋しさを紛らわす為の不貞寝だったけど いつの間にか

マジで爆睡してたんだろうな 気が付いたらママンがいた

半分まどろんだ状態で薄目を開けたらママンが笑ってた

本当に愛しそうな笑顔で 私の首をそっと持ち上げてね

お姫様抱っこして お布団に移してくれたんだよ

軽々と でも とても大切な物を そっと運ぶみたいにね

それが気持ち良かったから寝てるフリしてたw

究極のボンビーで いつもお腹が空いてたけど

あのママンの笑顔と お姫様抱っこ

なんか忘れられないんだよね すっごい幸せだった

そんなママンも今は私を お姫様抱っこするのは無理だな

でも その分 今度は私がママンを お姫様扱いするんだ

毎日 髪を洗ったり背中流したり車椅子に乗せて お散歩したりさ

そしたら あの時 私が感じた幸せをママンも感じてくれるかな

あの時のママンのように私は上手に笑えてるかな

ママンは昔も今も笑うのが とっても上手なんだよ



347 :癒されたい名無しさん:2012/09/10(月) 19:50:51.75 ID:hmEQ69VZ.net
つい最近の話です。

私のお母さんは厳しくて、なにかあるとすぐ殴る、怒鳴る、そんなお母さんでした。
もちろんそんなお母さんを好きになれるはずも無く。
関係は悪化していく一方でした。

私は学校でストレスが溜まっていました。
部活は嫌い、友達と話しても楽しくない、テストも嫌だ。
どうしても行く気になれず、ズル休みをしてしまいました。
体調不良を隠し通せるわけ無く、お母さんにはばれてしまいました。

怒られると思ったんです。
でもそんなことなかった。
「今日はゆっくり休みな」って言われて。
なんか涙が出てきて、私は思いをぶちまけました。
部活のこと、友達のこと、勉強のこと。
1時間ずっと聞いてくれました。

「アンタは本当に昔のアタシにそっくりだ。なんでこんなに似ちゃったんだろww」
「アタシも本当に一緒だった」
「アンタの気持ちはよく分かる。だからお母さんには何でも話して」

そう言われました。

私はいいお母さんをもらったんだと、今更初めて知りました。

348 :癒されたい名無しさん:2012/09/10(月) 23:39:08.16 ID:VWdrUH5r.net
45猿は母ちゃん泣かせて悪いと思わんのかねえ


早く刑務所に入って罪を償うべきだろ!

349 :癒されたい名無しさん:2012/09/20(木) 01:46:29.26 ID:BS3HzYDc.net
昨日(日が変わったので一昨日か)誕生日だったんだ。
誕生日が嬉しい年でもないし、平日で普通に仕事だったので
特に何をするでもなくスーパーで値下げした弁当買って帰ったよ。
家で弁当もそもそ食べながらテレビ見てたら何故か突然「死にたいなぁ」と思った。
特にこれといった具体的な原因はないんだけど、なんか色々空しくなっちゃって。
元々楽天的な性格なんでそんなこと思い付いちゃうの初めてだった。
そんな時に離れて暮らしてる母親からメールが来た。
誕生日おめでとう、ってだけの短いメール。
母はまだメールに慣れてなくてタイトルに本文ぶち込むのもしょっ中だし
送っただけで満足してこっちが返信しても読まなかったりすることも多い。
こっちの気分も落ちてるし、返信する気も起きずそのまま放っておいた。

次の日も仕事しながら漠然と「死にたいなぁ」と考えてた。
一人で廊下歩いてる時とか実際に声に出してたかもしんない。
で、家帰って来て少ししたらまた母親からメールが来た。
昨日送ったメールは読んだか、仕事は忙しいのか、という内容だった。
便りがないのは元気な証拠、が持論の母なのでこれはちょっと珍しいことだった。
返信しなきゃなぁ、と思いつつ気力がなくて放置してたら電話がきた。
普段通りに電話出て受け答えした。
ごめんごめん、ちょっと仕事忙しくてさ、とごまかした。
母は、あぁそう。ならいいんだけど、と深くは突っ込んでこなかった。
電話を切る直前に母は、元気そうで良かった、何か嫌な予感がしたから、と言った。
母は用事がないと自分からは滅多に電話してこない。
なんか母親の勘みたいなのが働いたんだろうか。

泣ける話じゃなくてすみません。
母ちゃんってなんかスゲーってだけの話でした。

350 :癒されたい名無しさん:2012/09/23(日) 23:51:33.86 ID:BjE+HKMO.net
派遣社員で実家を23の時に飛び出してこれまで親孝行など全くしてないオレに
母から電話が入った
母からの電話には「うるさい」、「今いそがしいから後にして」、「あっそう」とか
などとそっけなく済ませるオレ。まともに正面から話などしたことはない
この日も「何?」とかいってめんどくさそうに返事すると
「もうすぐお迎えが来るけど墓の心配(お金)はしなくていいから」
「家も財産もお前が相続できるようにやっとくよ。お金に困ってるのなら受け取って」
と言われた時はさすがに参った
それでもオレは「だから何?帰って来て欲しいの?」とか冷たい返事をして電話を切ってしまった
母は75歳の今でも一人で片道1kmの徒歩でスーパーに買い物に出かけている
その足取りは重く去年その姿を見た時、自分が本当に情けなく思った
母が死んだらその財産を何の苦もなく受け取るであろう自分にヘドが出る


351 :癒されたい名無しさん:2012/09/26(水) 17:45:21.55 ID:BqRmMRSD.net
45猿を息子に持つ母親は泣けてしょうがないだろうな…。
45猿は懺悔しろ!

352 :癒されたい名無しさん:2012/09/26(水) 19:25:44.10 ID:z2Q/3VSD.net
>>350>>351            ____    、ミ川川川彡
                    /:::::::::::::::::::::::::""'''-ミ       彡
                   //, -‐―、:::::::::::::::::::::三  ギ  そ  三
            ___    巛/    \::::::::::::::::三.  ャ  れ  三
        _-=三三三ミミ、.//!       l、:::::::::::::三  グ  は  三
     ==三= ̄      《|ll|ニヽ l∠三,,`\\::三  で       三
        /              |||"''》 ''"└┴‐` `ヽ三   言  ひ  三
         !             | /          三   っ  ょ  三
       |‐-、:::、∠三"`    | ヽ=     U   三.  て   っ  三
       |"''》 ''"└┴`       | ゝ―-        三  る  と  三
       | /           ヽ ""        ,. 三   の   し  三
        | ヽ=   、    U    lヽ、___,,,...-‐''"  三   か  て  三
.        | ゝ―-'′          |  |::::::::::::_,,,...-‐'"三  !?    三
          ヽ ""        ,.    | | ̄ ̄ ̄      彡      ミ
        ヽ、___,,,...-‐''"  ,,..-'''~             彡川川川ミ
          厂|  厂‐'''~      〇
        | ̄\| /

353 :癒されたい名無しさん:2012/09/26(水) 22:03:06.62 ID:z2Q/3VSD.net
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
・・・・・・・・・・・・・・・↑あまり連打するとパソ壊れるって知ってた?

354 :癒されたい名無しさん:2012/09/26(水) 22:03:40.61 ID:z2Q/3VSD.net
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・↑あまり連打するとパソ壊れるって知ってた?

355 :癒されたい名無しさん:2012/09/29(土) 01:49:03.06 ID:w8TERl7H.net
TEST



356 :タカユキ:2012/11/10(土) 21:27:27.80 ID:YVEG3r/A.net
僕のお母さんは癌で死にました。
今僕は中学1年ですが小さいころから母は何度も入院したりしていて、
子供ながらになんでだろうと思っていました。
小学5年生の時ぐらいから母はいつも帽子をかぶるようになっていきました。
今思えばそれは辛く苦しい抗癌剤の副作用なのでした。
母は旅行などでも笑顔を絶やさない人で、いつも笑っていました。
そして小学5年生の春休み前、母は父と一緒に「行ってきます」と
行って病院へ行ってしまいました。それが母と交わした最後の言葉でした。
それから祖母の家で過ごし3月の下旬いきなり午前4時ごろに起こされ
車で病院へ行きました。
病院へ着き急ぎ足で病室へ行くとそこには電源のついていない医療機器と
気持ちよさそうに寝ている母の姿がありました。
近くに行ったら父が「お母さんは、すごく頑張ったぞ」と泣きそうな顔で
言いました。 その時僕は悟りました  
 母は逝ってしまったと・・・
頭が真っ白になった僕を父は抱きました
そのまま祖母の家に帰された僕は布団の中でずっとずっと泣いていました。
翌日葬式があり告別式も済み出棺されました。
骨を拾っているときも僕は涙をこらえていました。
その後母の遺品を見ていると
「ハッピーバースデー1歳の君へもう歩けるようになったかなぁ」という
手紙が出てきました。他にもいろいろな手紙が出てきて、それは
母が僕宛に書いたけれど照れがあったためしまっておいた手紙の数々
なんだなぁと思い大号泣しました。
母は僕のことを1番に考えてくれていたのです。そんな母にたいした親孝行
もできなかった僕は後悔しました。
でも僕は今精一杯生きています母にできなかった分、父に親孝行するために。

357 :タカユキ:2012/11/10(土) 21:29:46.34 ID:YVEG3r/A.net
僕のお母さんは癌で死にました。
今僕は中学1年ですが小さいころから母は何度も入院したりしていて、
子供ながらになんでだろうと思っていました。
小学5年生の時ぐらいから母はいつも帽子をかぶるようになっていきました。
今思えばそれは辛く苦しい抗癌剤の副作用なのでした。
母は旅行などでも笑顔を絶やさない人で、いつも笑っていました。
そして小学5年生の春休み前、母は父と一緒に「行ってきます」と
行って病院へ行ってしまいました。それが母と交わした最後の言葉でした。
それから祖母の家で過ごし3月の下旬いきなり午前4時ごろに起こされ
車で病院へ行きました。
病院へ着き急ぎ足で病室へ行くとそこには電源のついていない医療機器と
気持ちよさそうに寝ている母の姿がありました。
近くに行ったら父が「お母さんは、すごく頑張ったぞ」と泣きそうな顔で
言いました。 その時僕は悟りました  
 母は逝ってしまったと・・・
頭が真っ白になった僕を父は抱きました
そのまま祖母の家に帰された僕は布団の中でずっとずっと泣いていました。
翌日葬式があり告別式も済み出棺されました。
骨を拾っているときも僕は涙をこらえていました。
その後母の遺品を見ていると
「ハッピーバースデー1歳の君へもう歩けるようになったかなぁ」という
手紙が出てきました。他にもいろいろな手紙が出てきて、それは
母が僕宛に書いたけれど照れがあったためしまっておいた手紙の数々
なんだなぁと思い大号泣しました。
母は僕のことを1番に考えてくれていたのです。そんな母にたいした親孝行
もできなかった僕は後悔しました。
でも僕は今精一杯生きています母にできなかった分、父に親孝行するために。

358 :癒されたい名無しさん:2012/11/16(金) 12:40:15.80 ID:wX1ExzP1.net
頑張って

359 :癒されたい名無しさん:2012/11/26(月) 20:11:31.45 ID:gyHXoidm.net
この話がめっちゃ泣けるよな。

http://nakerukopipenomatome.blogspot.jp/2012/11/blog-post_26.html

360 :名無しさん:2013/01/09(水) 21:19:05.24 ID:vZOcis/n.net
大阪府三島郡島本町の小学校や中学校は、暴力イジメ学校や。
島本町の学校でいじめ・暴力・脅迫・恐喝などを受け続けて、
心も身体も壊されて廃人同様になってしもうた僕が言うんやから、
まちがいないで。精神病院へ行っても、ちっとも良うならへん。
教師も校長も、暴力やいじめがあっても見て見ぬフリ。
そればかりか、イジメに加担する教師もおった。
 誰かがイジメを苦にして自殺しても、「本校にイジメは
なかった」と言うて逃げるんやろうなあ。
 僕をイジメた生徒や教師の名前をここで書きたいけど、
そんなことしたら殺されて、天王山に埋められるか、
どこかの家の床下に埋められるか、ドラム缶に詰められて
大阪湾に沈められるかもしれへん。それで誰にも発見され
へんかったら、永久に行方不明のままや。
島本町の学校の関係者は、僕を捜し出して口封じをするな。
http://www.shimamotocho.jp/ikkrwebBrowse/material/files/shimamoto_iti_map.pdf

361 :癒されたい名無しさん:2013/02/05(火) 15:31:57.26 ID:+ScjUYj8.net
ほう

362 :癒されたい名無しさん:2013/02/08(金) 11:29:31.39 ID:OED1n4wD.net
昔バクコミュやったり合コンしたりで遊びばっかしてた時
あまりにもどうしょもない俺に母が泣いていた

363 :癒されたい名無しさん:2013/02/14(木) 17:49:36.23 ID:yY00AvlE.net
中澤拓哉(なかざわ・たくや)
茗溪学園高等学校,
早\稲田大学教育学部社会科地理歴史専修,
東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻 修士課程
旧ユーゴスラヴィア現代史,特に言語政策やナショナリズムについて。
現在は,ポスト社会主義期モンテネグロにおける言語政策について研究しています。

http://twitter.com/nakkhtak
http://sites.google.com/site/nakazawatkh/carriculumvitae

O・R教授というクソつまらない苦痛な講義で有名な教授
НАКАЗАВА Такуа http://twitter.com/nakkhtak

ええ,とても幸運でした。特にうちの学部の教職の授業にはO・R教授というクソつまらない苦痛な講義で有名な教授もいたので……
こんちくしょうあのやろう今度会ったら一度(自重
RT @heero108 まま消化試合になりがちな教職系の授業で、そんな先生にめぐりあえるなんて幸運ですね。
11:37 PM Jun 23rd webから

O・R教授への悪口で酒盛りができる。ビール何杯でも飲めるね。
11:38 PM Jun 23rd webから

いえ,O村R司教授ですw RT @heero108 まさかO川R法教授だったというオチでは…
11:48 PM Jun 23rd webから

早稲田クラスタには一発でバレちゃうwww RT @heero108 もうほぼ実名ですねwwwRT @nakkhtak: いえ,O村R司教授ですw
2011年6月23日 23:50:28 webから

364 :癒されたい名無しさん:2013/02/14(木) 17:50:07.71 ID:yY00AvlE.net
エスニック・マイノリティ研究会
■■■第34回研究会■■■
【書評】テリー・マーチン著『アファーマティ ブ・アクションの帝国』第八章・第十章
開催日: 2013年3月1日(金)
集合場所: 早稲田大学9号館前に14時集合
会場: 早稲田大学早稲田キャンパス9号館9階アジア研究機構会議室
報告者: 中澤拓哉(東京大学)・香坂直樹 (跡見学園女子大学)
※いつも違って金曜日ですのでご注意ください

https://sites.google.com/site/emstudies/

365 :癒されたい名無しさん:2013/02/14(木) 17:50:41.46 ID:yY00AvlE.net
ようかん

もう十五年ぐらい前の話。早稲田の教育学部
に岡村っていう教授がいて、「道徳教育がどーたら」という、教職をとって
いる者には必修の課目を教えておられました。その中で、生活保護をうけていて、
本当に貧しかった母子家庭の話が出ました。その母親は、家庭訪問の日、
先生が来るから、というので、自分の食事を削って羊羹をおやつに買って
おいたそうなんです。ところが、その先生は家庭訪問の間にその羊羹を食べ
なかった。そのまま帰ろうとしたので、母親がその羊羹を包んで、「是非
お持ち帰りください」と渡したらしいんですよ。教師はそれを受け取った
のですが、家を出て数メートル行った所のごみ箱にあっさりとそれを捨てた
そうです。その羊羹を後で母子が見つけて、はらはら涙を流した・・・っていう
話だったんですが、岡村教授の結論は「こういう人間は教師になる資格は
ない」ということでした。いやー、その話、うちも激貧だったもので、
本当に胸に響いたんですよ。大きな階段教室だったんですが、泣けて泣けて
仕方なくて、途中で退室しなければならなくなってしまいました。
岡村先生、どうしておられるんでしょう。結局私も教師になりました。うち
は家庭訪問なんてありませんが、あの先生のお話、今でもしっかり覚えて
います。泣き出しちゃって本当に申し訳ありませんでした。

http://s.freepe.com/std.cgi?id=locoloco123&pn=19

366 :癒されたい名無しさん:2013/02/20(水) 03:54:37.97 ID:zTz3MY0a.net
子供達が小さい頃は傍にいてやりたいのを我慢して仕事に出かけ、仕事中よその家族を見ては涙ぐむ。
かわいくてかわいくて心配で心配で…
母親は世間の物差しにならなくてはいけない。
間違えている事や頑張る事も教えないといけない。
思春期は鬱陶しがられ、子供は勢い余って母に死ねと言ってしまう。
母は悲しくて涙するけれども神様にこう祈る。
気がたっていただけです。本当はいい子なんです。だから子供に罰を与えないで。
ただ健康に自分が幸せだと思える道を進んでほしい。
何かをしようと思うとき瞼を閉じてみてください。
もし私の怒ったり悲しい顔が見えたならそれは間違った道。
あなたの中にはきっと世間の物差しが入っているはず。
笑った顔が浮かぶような生き方をしてください。
愛しています。母より

367 :癒されたい名無しさん:2013/04/01(月) 15:24:41.46 ID:NbQaqRJL.net
>>359

泣ける話だよな、でも人気漫画からのパクリとしってちょっとガッカリ。

368 :癒されたい名無しさん:2013/04/01(月) 16:29:11.60 ID:NbQaqRJL.net
 トランペット



俺が生まれた家は、親父が観光ホテルの社員でお袋は芸者だった。社会的地位は低かったわけが母が売れっ子だったため幸い経済的にはそこそこ潤っていた。


俺はいわゆるいじめられっ子だった。

ある日俺がいじめっ子たちにお金をせびりとられ、母にその事を話すと「その子たちを呼んで来なさい」と言った。
俺はそいつらを呼び母に会わせた。
母は俺に外にでるよう促し、そのあとそいつらを何か話しているようだった。

やがて彼らは部屋を出てきた。恐らく「テメェ覚えてるよ」と悪態をついてくるものと思っていた。しかし実際には全く違っていた。
彼らはなんと俺に「ありがとう」と礼を行って帰っていき、以後金をせびってくることはなかった。俺は子供ながらに「お母さんはなんてすごい人なんだろう」と思った。


中学に入り、吹奏楽部でトランペットを始めた。
もともとリコーダーやハーモニカは得意だった俺はメキメキ上達し、高校も吹奏楽の推薦枠で入れた。


やがて俺は東京の音楽院に入った。無論母がいなければ到底不可能だった。俺は希望に胸踊らせていた。

しかしそこで待っていたのは、またしても忌まわしい人間関係の苦労だった。

酒のイッキ飲みが出来なかった事を咎められ、気の利いたジョークが言えないのを理由に孤立した。やがて講師たちにも疎ましがられ、裏工作で留年させられた。
俺より成績が悪かった奴等が進級しているにも関わらずだ。


俺は校内で居場所がなくなり中退を余儀なくされた。


自分は一銭も出さなかった親父は「高い学費払ったのにグダグダウダウダ…」と文句を言っていた。
しかし学費を出してくれた母はそんな俺を一言も責めなかった。


母はこう言った。

「イッキ飲みが出来るのが偉いんじゃないよ、裏工作されたのはあなたが優しくて良い人間だから。卒業は出来なかったけど、学んだ事は沢山あるでしょう」


そのとき俺は、あの少年時代に見た器の大きい母の姿を再び目の当たりにし、そんな母への罪滅ぼしと恩返しをすることを誓った。


給料日のたびに食費の名目で少しづつお金を返し、アマチュア吹奏楽団で吹く傍らで、学校で身に付けた演奏技術や知識を活かし近隣の少中学校に楽器を教えに行ったり、イベントに呼ばれ演奏をしたりしてきた。
母が学校に行かせてくれた事を無駄にしたくなかったから。

やがて俺が指導した子供の中には、俺と同じように吹奏楽団に入り、コンクールで県の代表になった者もいる。



音楽院で散々ダメ出しされた俺のトランペットをいつも誉めてくれた母も歳を重ね、足腰も弱り、かつての気っ風の良さも影を潜めてきた。



あと何年、俺のトランペットを聴いてもらえるだろう。



どうか長生きをして下さい。

369 :癒されたい名無しさん:2013/04/12(金) 04:38:00.00 ID:t0+5Ab1e.net
母で抜ける話ください

370 :いくちゃん:2013/05/12(日) 08:14:52.91 ID:Rm+mComM.net
生きてる時は
母の日なんて、なんとも思ってなかった、
今朝、母が台所で歯磨きしているところを後ろからハグしたら、憎まれ口され
た所で目が覚めた、あー今日は母の日だった。
今なら、花でも、お祝いのプレゼントでもできるけど
もう二度とそんなことできないんだ。
街に出たら、そういうファミリーがいっぱいなんだ

♪なんでもないような、事が、幸せだったと思う・・・

その通りです。

371 :癒されたい名無しさん:2013/05/12(日) 10:02:19.39 ID:utpZ5eIN.net
近所のスーパーに勤めていた母ですが、学校から帰ると勤めを早退した母は床に臥していました。
朝からうんこが止まりません。
「お母さん、どうしたの?」と聞くと「心配しないでもいいよ、ちょっと風邪をこじらせただけだから」とか細い声で答えました。
朝からうんこが止まりません。
昨日からなにも食べてない様子だったので「なにか買ってこようか」と聞くと「おまえも今、期末試験中で大変なのに、いいの?」
「もしよかったらリンゴが食べたい」「じゃあ、すぐ買ってくる」
朝からうんこが止まりません。
リンゴを買って家に着いたとき、母はもう死んでいました。
朝からうんこが止まりません。
枕元に、ほんのわずかな時間に、苦しみながら書いた母の言葉の走り書きがありました。
朝からうんこが止まりません。
「哲、ひとりになってもお母さんお父さんはいつもおまえを守っているよ ありがとう」とありました。
朝からうんこが止まりません。
私は、それ以来リンゴを見ることもむろん食べることもできなくなりました。
朝からうんこが止まりません。
あれから九度目の桜を見る季節がもうすぐやってきます。
朝からうんこが止まりません。
私にとっての桜の季節は、ただリンゴをにぎりしめながら泣きつづけた日々の思い出なのです。
朝からのうんこが止まりました。

372 :癒されたい名無しさん:2013/05/18(土) 23:58:56.61 ID:heQDiE3X.net
>>366

母への悪態や八つ当たり、年頃のときはついついやっちまうんです。
でもそれは、先生や友達に出せない本音や素性を母親になら出せる。それだけ信頼をしているということですよ。
後でメッチャ悔やむんですけど(苦笑)


もう少し成長すれば普通に接してくれるようになりますよ。


基本的に、
家事洗濯まるでダメとか、
虐待したとか厳しく叱りすぎたとか、
家に親父以外の男を連れ込んだとか、
そういう酷い母親でないかぎり、子供に本気で嫌われたり恨まれるということはないはずです。
あり得ないことです。

373 :癒されたい名無しさん:2013/05/19(日) 00:35:01.09 ID:cHIaEJds.net
連投失礼。

こんな実話が昔新聞に載っていたのを思いだしたので紹介しておきます。


『ある家に障害を持った子供がいた。
ある日その子供が庭で遊んでいるときに保健だか何だかのセールスがやって来た。

子供の母親が対応して断ったが、そのセールスマンが余りにも態度が悪くしつこかったので最後は強めの口調でお引き取り願った。

するとそのセールスマンは帰り際にその子供を指差し、「アンタがそんな事だからこんな子供が生まれるんだ!!」と捨て台詞を吐いていった。

母親はそれを聞いてショックを受けた』。


…こんな人は人間失格だと締め括ってあったと記憶しています。

374 :癒されたい名無しさん:2013/05/22(水) 09:49:54.15 ID:BWNsijzo.net
母の陰毛は元気になる薬なんです。
あなたも試してください!

375 :癒されたい名無しさん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:QIkNjoso.net
私には過去、とても愛された記憶があります。
夏の暑い夜。
うちわであおいでくれていた事。
お腹が痛くて、夜中目が覚めた時、何も言っていないのに、お腹が痛いの?って言ってくれた事。
不器用なのに母なりに頑張ってお弁当作ってくれた事。
足を捻挫して、病院に付き添ってくれて、余りにも待ち時間が長いから待合室を抜け出して団子を食べに行って、看護師さんに怒られた事。
私はあなたととても似ていたと思います。
私と似てるんだねーってよく言ってましたね。
会えなくなって10年以上が経ちますね。
初めのころは悲しくて悲しくて、泣いてばかり居たけれど、時間が経つといい思い出ばかりで、たまには忘れてしまったり。
でも、色んな事で貴方を思い出します。
青い色を見れば、1番好きな色は青だったなーとか、
お寿司を食べれば食べさせてあげたいなぁとか、
母の日がこれば、最後の母の日はハンカチをあげて、お寿司を食べさせてあげたんだったなー。とか。
愛してくれて、ありがとう。
いつかまた、会えると思うから、その日まで元気にしててね。

376 :癒されたい名無しさん:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:E/xtd1Ar!.net
>>375
何だか、同じような記憶が蘇ったよ。
ありがとう。

377 :癒されたい名無しさん:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:E/xtd1Ar!.net
長文の上、自分語りに近いので、嫌いな方には申し訳ないですが。

俺も少し前に母を亡くした。
母が肺癌だとわかったのは、亡くなる9ヶ月くらい前だった。
最近は、ズバッと医者から本人に言っちゃうのかな?
母本人が俺に癌だと電話してきた。あと一年、ってところだと。

自分で言うのもどうかと思うが、俺は親の事をそれなりに大事にしているつもりだったし、
実際母にとっても俺はどこへ出しても恥ずかしくない息子だったと思う。
勉強もスポーツもそれなりにできて、人から一目置かれる仕事にも就いている。
結婚した嫁さんは、俺の両親もちゃんと大事にしてくれる気立ての良い人だし、初孫も見せてやれた。

それでも癌だと聞いた瞬間は後悔の念で一杯になった。
これからたくさん旅行へ行って、綺麗な景色を見たり旨いものを食べたりしようとおもってたのに。
少しはお洒落したり、良い服を買ったりしなよ、って言って銀座に連れて行こうって思ってた。
初めてできた娘(嫁さん)や孫と親子三代ガールズトークするんじゃなかったの?
ってか孫の七五三だの入学式だの成人式だの、勝手に気の早いこと言って楽しそうにしてたじゃん。
何で?これからだろ?今まで必死に俺ら兄弟育てて、やっと育児終わった!!って言ってたじゃん。
これからでしょ。ずっと贅沢なことや楽しいこと我慢してたの知ってるんだから。

でも何も言わなかった。本人が一番残念に決まってる。
「おいおい、何言ってんのwうちの子まだまだお小遣いとお年玉もらうつもりだからw期待してっからw」
「とりあえず疲れないとこで、みんなで温泉でも行こーぜー」
その後暫くは、母にこまめにメールしたり電話したりして、必要以上に母が不安にならないようにフォローしてた。

378 :377:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:E/xtd1Ar!.net
でもそんな頃、自分が前々から希望してた海外転勤の話が出た。
悩んだ。おそらくこれを受ければ、相当な確率で母の死に目には会えない。
ましてや普段の手伝いや元気付けなんて何もできない。
しかも本人が一番の心の支えと言ってはばからない、可愛い孫とも引き離す事になってしまう。
自分が家族に黙って転勤を断ればいい。それだけの事だとも思った。
それでも決断しきれず、ズルズル返事を伸ばしていた時、母と仕事の話になった。
「どうせ働くなら人の役に立ちなさい。」
その時に決めた。母に寂しい思いをさせるかもしれないが、俺は人の役に立つことをしよう。
胸を張って家族も会社も国も支えてきた、と言えるように生きよう。

転勤を決め、母にその旨を伝えた。大変な時に、一緒に居られなくてゴメン、とも。
「あんた早く向こうに慣れて、奥さんと子供呼んであげなきゃ。
家族は離れてちゃダメよ」
母は自分の事は何も言わなかった。
赴任前、最後に言われた言葉は「身体に気を付けて、気張りなさいよ!」だった。
俺が最後に聞いた言葉になった。

海外の仕事と生活に慣れるため、最初は単身赴任だったのだが、一ヶ月が経った頃、母が入院したとの連絡が入った。
覚悟はしていたが、やはりきつかった。
赴任前にどうしても伝えたかった事を伝えたくて、母にメールを書いた。
返事はなかった。
その数日後、父から「医者から、家族は準備をしてくれと言われた」
との連絡があった。
親の死に目に会えなくても後悔しない、という決意はここにきて崩れ去り、上司に事情を話して翌日には日本行きの飛行機に乗った。

帰国し病院で見たのは、モルヒネで意識の混濁した母。
痩せこけ、肌はカサカサで、もう意思の疎通は不可能だった。
医者が言うには、もってあと数日。その数日は、父と兄弟と交代で、母の側にいた。

379 :377:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:E/xtd1Ar!.net
最後です。


この時も俺の心は後悔の念で一杯だった。
こうなる事はわかってたのに。母に気持ちを伝える機会はあったのに。
何で容体が悪化した後でメールなんかした。
入院を聞いた時にすぐ帰ってればもう一度母と話せたのに。もう俺の言葉は届かないじゃないか

最期の時、俺は母の傍に居られた。
もうマスクなしでは呼吸もできなくなった母の身体を、嫁さんと一緒に拭いていると、看護婦さんが
「手を握って耳元で話しかけてあげて下さい。話せなくても、最後まで聞くことはできるって言われてるんです」
と教えてくれた。
伝えなきゃ。聞こえてるかどうかわからないけど、それでも言わなきゃ。
俺はゆっくりと母の手を握って顔を近づけて話し出した。
「母さん、どう?まだ痛い?本当に辛かったよね。
だけど本当は、もう少し一緒に居たかったな。母さんもこれから色々やりたいことあっただろうけど。
どうかな?俺少しは親孝行できてた?一応海外旅行も連れてってあげられたし、結婚式も見せれたし、孫も抱けたじゃん?
一応俺ら世の中に迷惑掛けずに働いてるし、どっちかっていうと母さんは子育て上手くいった方だよね。
すごいと思うよ。すごく尊敬してる。
うーん、どうかな?本当はまだまだしてあげたいことあったけど、、、幸せだったかな?
俺はね、幸せだったよ。母さんの息子で良かったよ。ありがとうね。
また生まれ変わってもね、母さんの子供になりたいと思ってるよ」

その時、もう外部への反応が殆どなくなっていた母の目から、急に涙が一粒流れた。
え?と思った瞬間、心電図が停止し、それが母の臨終の瞬間だった。

その後、兄弟と話してわかった事だが、母は俺からのメールをちゃんと読んでいたらしい(内容は最後に話した事と殆ど一緒)。
少しずつ体調が悪化する中、俺へ返事をする体力と集中力がないことを嘆いていたそうだ。

母さん、改めて、傍に居なくてごめん。
でも、俺が帰ってくるまで待っていてくれてありがとう。最後の話もちゃんと聞いてくれてありがとう。
俺は少しは支えになれた?母さんは何を言いたかった?
天国か来世かわからないけどさ、また次会った時、教えてな。

380 :癒されたい名無しさん:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:10qz6rDf.net
ニートのおれはいつも母にあたる
父親はさんざんDVしたあげく別居とはいえ近くにいる
ニートを責められる度に昔暴力が怖くて言えなかった父に言うかの如く、何も悪くない母を責めている
しまいには今では怖くない親父の所にいきトラブルをおこしその度に母は悲しむ
金もない
でもオレがわがまま言えば聞いてくれる
そんな自分恥ずかしくて死にたい
でも母に恩返しするまでは死ねない
毎日母が働きに行ってる時は思うのに、いざ一緒にいるとまたあたってしまう
きれいには終われないが、母さんが生きてるうちに自分が変わらなければと思えるスレでした

381 :癒されたい名無しさん:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:eDVjbqLw.net
母さんがAカップだったと知った時…

382 :癒されたい名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:FnQbobHj.net
母親に面と向かうとどうしてあんなに照れくさくなるんだろうな

俺、不登校で怒られてばっかで、保健室登校でも一杯一杯だったんだけど、
母親はそれも許してくれなかったからすごく嫌いだった。不登校な俺なんていらないんだと思って家出もした。
いらないって言われて悔しくて、俺もお前なんていらないって言った
半年後に母親が事故で死んだ。俺はまだ親戚の家に家出中だった

吐くほど泣いた。後悔することがありすぎた。
でもあれでも精一杯だった。不登校認めてほしかったから意地張ってた
今思えば、ちゃんと学校行けなくてごめんって謝ればよかったのかもしれない

本当ごめんな母さん。でも俺、遅くなったけど、頑張って学校行ったよ。

383 :癒されたい名無しさん:2013/09/26(木) 18:57:32.54 ID:CEuAJh3e.net
>>4
やめてくれ(泣)

384 :癒されたい名無しさん:2013/11/09(土) 16:17:48.31 ID:thbSeyQx.net
age

385 :癒されたい名無しさん:2013/11/09(土) 21:43:30.92 ID:6DHn51kC.net
この曲聞くと母さん思い出して泣いちゃうんだよな

玉置浩二 「純情」
http://www.youtube.com/watch?v=C7Qrx_eQaQQ

386 :癒されたい名無しさん:2013/12/17(火) 19:56:11.88 ID:ZDusqjiA.net
キミが生まれた日
母さんはねキミをスタート地点に連れてきたんだ
そうだよ
キミの人生が始まったんだよ

387 :癒されたい名無しさん:2013/12/31(火) 14:40:13.70 ID:9RbvNKi+.net
「きぼうのうた」 RAM WIRE (ラムワイヤー)
http://www.youtube.com/watch?v=_uDijQJFpLo&amp;amp;feature=youtu.be

痛くて悔しい夜を耐えて 光を帯びる朝に
見たいよ ねぇ、 どんな顔で笑うの?
その時をずっと待っているから
信じることをやめない「君」こそ
あたしの「希望」そのもの

泣ける
http://www.keiyobank.co.jp/ir/cm_gallery/cm02.html
http://www.keiyobank.co.jp/ir/cm_gallery/cm01.html

388 :癒されたい名無しさん:2014/02/24(月) 14:59:16.29 ID:o3bIbgKd.net
思い出のうた 宮上ゆみ
http://www.youtube.com/watch?v=PVNGgcBo9lc

今は遠くにいてなかなか会うことができない大事な人(親)や故郷や昔の思い出を含めて綴った歌。

389 :癒されたい名無しさん:2014/03/04(火) 20:47:35.03 ID:INRv40XA.net
初めまして
ご挨拶に参りました
よろしくお願いしますm(__)m
愛してます
チュ

                (⌒ ⌒ヽ
             (´⌒  ⌒ ⌒ヾ
            (´   )  ⌒::: .)
            (´;:   ::⌒`) :;  )
            (   ゝ  ヾ  ソ
              ヽ ヾ ./ ノ  ノ
                /,´/丶-‐''´  ┌─‐「][]
            //         ̄ ̄} | [[] 「}
        /´ ̄`i´ ̄``ヽ      r─' ノ rー'_ノ
.        /    .|     ',      ̄    ̄
        '.    、 l. ,     .l ,. .-. .、
.       l     ', ,'     |)、:.:<`ヽ
.       l     .「.l      l )、:.ヾヽ
        l      .| l       l/ {:.:.:.', ゙
.         ',     .| |.    .l  .}: :.:.l
       ハ     l |     l  ノ`ヽ'
       ゝ ',     l.|      l_,/ ゙  !、-、
`ヽ、.'⌒ヽ-´‐" ヾ  .| 〃⌒/゙⌒゙ヽ ノ  ヽ`ニヽ
   ``ヽ' 、 _ _ , . l〃, 、 ! - ‐.゙  '"´ ̄  ̄
   ̄ ` ‐ -`` ‐ -
http://estar.jp/.pc/work/novel/22797121/

390 :癒されたい名無しさん:2015/03/17(火) 17:12:59.68 ID:HKqTgU+UQ
道頓堀「めちゃ萌え学園」

mechamoe-gakuen.com

391 :癒されたい名無しさん:2015/06/02(火) 20:42:39.27 ID:KJJleVg7.net
29 :(´・ω・`) 1/5:2013/12/02(月) 20:52:57.85 0
小学校4年生のとき、ろくでなしの父が浮気をして出て行きますた(´・ω・`)
少しですが、借金を残して行きやがりました。

母と私はアパートを引き払い、町営住宅(家賃月6000円程度)に住むことになりました。
母は昼間工場のパート。夜は居酒屋のバイト。
あ〜これは中学校出たら私も働かなくちゃなぁ…と、何となく思っていましたが、
母に「高校は出ておきなさい」と言われ、地元の公立DQN高校へ進学。

しかし、2年生の夏休み、母が事故に合い亡くなりますた(´・ω・`)
自転車で居酒屋へ向かう途中、ダンプの横風に煽られ側溝に転落。不運でした。
それからぼんやりしてる間に、小さな葬儀、近所の親類が集まってバタバタ。
金がどう。保険がどう。

母の姉が良い人で、色々葬式後の面倒を見てくれました。
学校はどうする?うちに来てこのまま通う?って話をしてくれましたが、
もともと中卒で働こうと思っていた私は、貧乏で軽くいじめられていたのもあるし中退して働くことにしました。
母といたこの部屋に居たかったのもあります。
家賃安いしね(´・ω・`)

母の勤めていた工場で雇ってもらえたのは幸運でした。母を知る工場の方たちにも良くしてもらいました。
そして数年、ある日うちに地元の商売屋さんが来ました。(何の商売か書くと身バレする。。)
叔母に頼まれ、母の○○を置く○○を持って来たとか。ああ。そっか。お母さん死んでもう○年かぁ…(´・ω・`)
仕方なく(糞女一人暮らしの汚部屋)、その商売屋さんをうちに上げ設置してもらいました。
電線やらをちょこっといじったりの作業をされている間、軽く世間話をしてくる彼は、私の5つ年上で、去年急逝し
た父の跡を急遽継いでいるらしい。
母親と二人、それと職人二人とバイト二人で小さな店をやっている。
汚い部屋は慣れている。というか、この部屋綺麗ですよ?
等など。
若い方でしたが更に若く見え、自分と同い年ぐらいに見えるちょっとイケメンな彼に一瞬にして惹かれてしまいました(´・ω・`)
それからちょくちょく用を作っては彼のお店に行ったりして、無い脳味噌使って計算して彼と仲良くなり、
遊ぶようになり、付き合うようになり、結婚の約束をするようになり…数年かかりましたよ(´・ω・`)

392 :癒されたい名無しさん:2015/06/02(火) 20:43:07.55 ID:KJJleVg7.net
30 :(´・ω・`) 2/5:2013/12/02(月) 20:54:37.83 0
そして、割と急に結婚。
今まで奥手っぽい彼にしては珍しく行動的に、自分の母親に挨拶に行くことや、うちの叔母さん達に挨拶に行くことなどポンポン決めてしまう。

私は私で、え?いいの?いいの?な感じで引っ張りまわされ(´・ω・`)

私の身の上も全て話しました。ろくでなし父がどこかにいること。母が亡くなり中卒のこと。
やっぱり町営住宅女一人暮らしなんてアヤシイと思うもんね(´・ω・`)
はじめは彼の母親は良い顔しなかったみたいですが、それほど揉めることなく嫁に入ることになりました。
こうなると町営住宅の方はすぐに出なくならなければならないため、一挙に引越し。私の実家は無くなった(´・ω・`)

さて、嫁に入ったら、義母。これがもう、厳しいこと厳しいこと(´・ω・`)
昼は正午までにきっちり旦那や職人達の食事を作ること。洗濯は朝八時までに仕上げてきっちりしわを伸ばして云々
時々、店の帳面仕事なんかも手伝うこと。
料理下手。洗濯掃除下手。字下手(´・ω・`)

いや。確かに出来ない私も悪いよ?(´・ω・`)
実母はパートやバイトでほとんど料理もしなかったし(居酒屋の余り物が主)、洗濯もコインランドリーでまとめ洗いの乾燥機。
学校で言われた、母の日は一生懸命お母さんの手伝いをしましょう的な時でも、家事をほとんどしない実母の手伝いなんかほとんどなく、
ちょっと服をたたんだり、雑巾で窓を拭いたりするだけで、
「○○はええ子やなぁ」
って言われてたほどなので(´・ω・`)

頑張って家事覚えましたよ。字下手はなかなか直らないけど。
嫌味やイビリですかねこれ?あれ、私飯炊き女中?(´・ω・`)
でも、やらなければ、私には帰る場所はないし工場の仕事も結婚を期に辞めていたし(´・ω・`)

義母は、「ふん!やりゃあ出来るじゃない」な具合に、一切褒めてくれなかったけど(´・ω・`)
実母なら、何をやっても「ええ子やなぁ」だったのがこれでは、ちょっとめげました(´・ω・`)

393 :癒されたい名無しさん:2015/06/02(火) 20:43:42.13 ID:KJJleVg7.net
31 :(´・ω・`) 3/5:2013/12/02(月) 20:56:20.05 0
そんなこんなで半年ほど経った、ある定休日前日の夕方。
店番を私に任せた旦那が、家のほうで1時間ほど義母と話していました。
そして店に戻ってきて、
「片付けと店閉めはやっとくから、奥の間に行って。義母が話ある言うから。あ、今日は夕飯作らなくていいから」
と、言われた。

…ぇ〜(´・ω・`) ヤダナー(´・ω・`) 私、また何か失敗してたかなー(´・ω・`) たまには反撃に出てスカ、なんて出来ないしなぁ(´・ω・`)

で、奥の間に。
すると義母が、桐箪笥の前に座っている。
義母「○○さん」
私 「ハイ(´・ω・`)」
義母「下三段の引き出しはあんたの段な。上三段は旦那の段な」
私 「え?はい?…そうなんですか?(´・ω・`)」
義母「新しいのと、私の着物を仕立直して、あんたのサイズにしといたから。必要なときに着ぃ」
私 「??(なんのこつ?)」
義母「それから、仏壇の左の引き出しに、過去帖と法事のある年を書いといたから読んどいて」
私 「ハイ(´・ω・`)」
義母「ほんで、店と駐車場の名義は旦那に。家の方はあんたの名義にしますさかい」
私 「え?名義??家ですか??なんで??(´・ω・`)」
義母「なんでて、あんたはこの家の人やろ?それとも実家帰りはるんか?」
私 「実家…無いです…スミマセン(´・ω・`)」
義母「ほなよろしいな。うち、明日から入院するんや。長くなる思うさかい、ちゃんと始末つけとこう思いましてな」
私 「エ?ソーナンデスカ?(´・ω・`)」

394 :癒されたい名無しさん:2015/06/02(火) 20:44:16.08 ID:KJJleVg7.net
32 :(´・ω・`) 4/5:2013/12/02(月) 20:57:58.70 0
どう答えたらいいのか、また、起こっている事がなんなのかわからず静かにパニックになってました
そしたら義母、急に三つ指立てて頭を下げる

「○○さん。これからも、旦那と店とこの家、よろしゅーお願いします。
ずっと一人で暮らしてた子やて言うから、家事のことや店のことわからへんこといっぱいあるやろうから、
なんとか時間ある間に教えようと、厳しい厳しいしました。
そしたらあんたは、どんどん出来る子に育ってくれて。ほんまに、おおきに。ほんまによろしゅーたのむで」

もうちょっと何か言われた気がするけど失念(´・ω・`)
突然のこと、生活急転?パニック。で、「はあ(´・ω・`)はあ(´・ω・`)」ぐらいしか言えなかった私、
頭の回転遅すぎだよ(´・ω・`)

その日の夕飯は、出前の寿司とうどんでした。(旦那と私寿司。義母うどん)

翌日、軽い朝食を済ませてお茶をすすったあと、いつものような口調で義母が、
「ほな、うちら行きますさかい、洗い物頼みますで。あ、缶と瓶の日やさかい、ゴミ捨てといてな」
と、立ち上がって旦那と二人で玄関へ。私、いつものように
「ハイ(´・ω・`)」
で、湯呑を流し台まで運び、洗おうとする。
ふと、義母の湯呑み、桜柄のそれを手に取ったとき、
「義母さんの湯呑み、か…」
と思った瞬間、急に頭が回りだした。
夕べから回ってなかった頭というか、実母が亡くなってから止まってた頭の中の歯車の一つが、
突然がっちりと今の私の頭に食い込んで回りだした感じ。

お母さん死んだ。
ええ子やええ子やと育ててもらって何も出来い私だったけど、お母さんは大事に育ててくれた
嫁に来て、厳しくされて、家事が出来るようになった。
義母さん、私を育ててくれた?てゆーか、私、お母さん死んだんだけど、お母さんが出来たんじゃないか。
甘えさせてくれたお母さんの次に、教えてくれるお母さんが私にはいたんだよ

395 :癒されたい名無しさん:2015/06/02(火) 20:44:52.09 ID:KJJleVg7.net
33 :(´・ω・`) 5/5:2013/12/02(月) 20:59:40.98 0
そんなことが色々と急に頭の中回って、慌てて水道出しっぱなしで玄関に行った。
戸を開けたら、二人とも車に乗って出発寸前。思わず、「お母さん!」って叫んで車に駆け寄ると、
お母さんは軽く微笑んで、バイバイって手を振ってくれた。
車が出てちょっと行った時に、

「いやや!行かんといて!お母さん!行かんといて!」

こんな大声出したのいつ振りだろうってぐらいの声で叫んでしまった。
でも、車中には届かず、走ろうにもこのサンダルでは…(´・ω・`)
近所の人が数人、何事かと出てきてしまったよ。
それでも、「お母さん!」なんて泣き叫んでるもんだから、「あらあら」とか「大丈夫大丈夫」なんて言ってなだめてもらった(´・ω・`)

実母が亡くなったとき、ぼんやりしててあまり泣かなかった分までギャン泣きしたって感じ(´・ω・`)

それから四ヶ月で、私の二人目のお母さんは亡くなりました。
後に、膵臓癌が〜それで胃の方も〜と、お見舞いに行ったときや旦那から聞きました。私の結婚前から余命が1年だ
とか半年だとか言われてたようです(´・ω・`)
だからあんなに急に結婚ってなってたんだね(´・ω・`)
なんで病気のことを隠していたのかと聞くと、
「それを言ったら厳しくしつけし辛くなるから、ギリギリまで黙ってろ」と、言われていたとのこと。
また、入院前日、旦那には、
「○○さんは、帰るとこないんやないで。あの子の家はここや。もうあの子は家を守れる子や。お前は店とあの子をしっかり守れ」
と、言ってくれてたと…(´・ω・`)

二人のお母さん。私多分、二ヵ月後ぐらいにお母さんになるよ。馬鹿だけど長生きするよ(´・ω・`)

34 :(´・ω・`):2013/12/02(月) 21:01:41.82 0
以上です(´・ω・`)

その後ちょっと、実父襲来〜撃退なんて話もあるんですが、スレチになるので、
どっか適当なスレないかな……(´・ω・`)

総レス数 395
275 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★