2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

【有害】外来種の魚介類【侵略】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/23(火) 03:19:02.78 ID:azhJFZWr.net
日本の生態系を破壊する、外来種の魚介類。
その有害性や、駆除について語ろう。
日本固有主を猛然と食い荒らしたり生活の場を奪ったりと、その被害は全国的に甚大。
琵琶湖などでは、そのせいで伝統的な食文化が失われかねない脅威に晒されている。
外来魚介類駆除活動に関する有益な情報も、ここへ積極的に書き込もう。

前スレ
外来魚駆除活動情報 P35
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/goldenfish/1301209238/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/23(火) 16:14:34.29 ID:???.net
ん?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/23(火) 20:52:19.76 ID:???.net
いつの間にかふなずしが高級品に
すべてブラックバスと馬鹿バサーのせい
大正銀行は全資産を駆除に回すべき

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/24(水) 03:49:36.82 ID:???.net
以前は雷魚に指食いちぎられる事故も
やっぱ朝鮮原産の生物はアカン

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/24(水) 13:30:46.22 ID:???.net
カの撲滅目的で移入されるも効果薄く在来のメダカを撲滅したカダヤシ

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/25(木) 15:06:04.07 ID:xJe60ofp.net
ダムや湖でブラックバス一斉駆除でもやらんと効果薄そう。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/25(木) 22:33:36.41 ID:???.net
バサーも有害生物という認識でいいと思う

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/27(土) 01:00:58.40 ID:???.net
アメリカザリガニのせいで稲に被害が出たりもするんだよな確か?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/28(日) 03:39:15.04 ID:7NlbWqxb.net
気が付けばバスギルしかいない水域も少なくない
久々に川魚とりたいと思っても手遅れっていう

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/28(日) 10:29:39.82 ID:FHljo3Y9.net
エクセルシオールカフェ赤羽東口店では店員が自分の事、好きだと言い始めたので
優しくしたら他の店員のやっかみ、最低の接客だ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/29(月) 01:14:36.61 ID:???.net
エクセルシオールという名前だけでも悪いイメージしかないw

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/01(火) 03:54:34.32 ID:???.net
産業に及ぼす影響がでかいのはいただけんな。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/03(木) 00:33:13.75 ID:???.net
渇水の時とかダム湖のバス一斉駆除やったらどうか
駆除したバスは食料や肥料としても活用できるぞ

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/03(木) 21:14:04.38 ID:H/NZIRVA.net
馬鹿バサーの駆除もお忘れなく

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/05(土) 02:09:34.90 ID:???.net
ガーが特定外来種に指定か・・・
まあ在来種に悪影響出るし人間がケガする恐れもあるから当然だな

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/06(日) 02:22:50.08 ID:???.net
多摩川ならピラニアがいても不思議じゃない

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/07(月) 16:23:41.73 ID:l1q/iLu0.net
北米原産種の有害性の強いこと・・・

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/08(火) 23:09:50.67 ID:tWbT33Ym.net
>>13
天才現る

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/09(水) 16:20:24.11 ID:???.net
ピラニアンが あらわれた!

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/10(木) 23:49:32.51 ID:???.net
草食性の魚介類が減る事で、水草の分布までおかしくなるんよな

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/12(土) 01:27:09.27 ID:7pt1skp2.net
>>8
苗をチョキチョキ
畦をホジホジ
稲作への被害は決して小さくない
侵略的有害外来生物アメザリ

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/13(日) 16:53:59.97 ID:???.net
マジかよアメザリ最低だな

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/14(月) 01:31:31.12 ID:???.net
そんな有害生物を特定外来種指定しない・・・
まさかTPP推進のため?

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/14(月) 14:51:48.87 ID:UXA9IAd5.net
今年の冬は寒かったから、外来種はかなり死んだかな?

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/14(月) 14:58:08.76 ID:???.net
>>24
熱帯魚ならな

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/14(月) 15:40:45.53 ID:???.net
だが有害性最大のバスギルザリガニは死なず・・・

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/14(月) 15:42:38.84 ID:???.net
>>4
ライギョは繁殖期に子連れで泳いでるとこを親だけ捕獲すればおk
残った稚魚は他の魚のエサ

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/14(月) 15:45:39.96 ID:???.net
>>23
農家への嫌がらせだわなw

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/14(月) 15:47:38.65 ID:???.net
食用にも使いにくいブルーギルは最悪。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/14(月) 15:51:40.69 ID:???.net
捕獲した外来魚を行政が買い上げる仕組み作れ
外来種飼育禁止を徹底してからの話だが
自分で外来種飼育して持ち込む馬鹿には1000万円以上の罰金か懲役も忘れずに

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/14(月) 16:58:48.27 ID:???.net
動物も植物も北米原産は基本侵略者ってことか。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/16(水) 14:10:54.04 ID:???.net
>>30
税金はそういうところに使うのが正しいな

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/17(木) 22:49:28.70 ID:???.net
しれっと在来種になりすますタイリクバラタナゴの性質の悪さ

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/20(日) 02:12:34.75 ID:???.net
>>19
それドラクエw

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/24(木) 02:01:27.37 ID:???.net
来月あたりからぼちぼち駆除活動開始だー

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/25(金) 23:07:12.87 ID:???.net
また冬の寒さ・・・

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/26(土) 14:45:11.25 ID:???.net
止水域にバス放流して他の魚種が全滅した後はどうなるのか

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/28(月) 23:25:47.54 ID:???.net
繁殖期に入る前に一斉駆除を!

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/04/01(金) 00:41:48.96 ID:???.net
雨の後の気温上昇・・・まずい。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/04/02(土) 00:57:34.98 ID:???.net
>>37
馬鹿バサーの遊び場

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/04/06(水) 00:17:11.44 ID:???.net
今こそタイバラの全力排除を!

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/04/12(火) 16:25:06.83 ID:???.net
ギルを釣り上げたらその場で〆

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/04/19(火) 22:42:47.70 ID:???.net
アメリカナマズの悪影響は?

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/05/02(月) 03:09:59.11 ID:???.net
ああ・・・また害来魚が増えてしまう

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/05/16(月) 01:24:40.57 ID:???.net
共食いさせたらどうか?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/05/24(火) 22:25:32.89 ID:???.net
ギルをひねりたい

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/06/13(月) 18:56:50.35 ID:???.net
チャンス到来

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/07/01(金) 01:58:29.25 ID:???.net
タイリクバラタナゴをシナ塵ともども撲滅したい

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/08/07(日) 15:58:07.89 ID:???.net
うむ

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/08/16(火) 01:00:54.60 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/08/16(火) 01:00:57.34 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/08/16(火) 01:02:52.67 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

53 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:04:08.97 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

54 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:04:25.46 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

55 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:04:28.15 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

56 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:05:40.85 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

57 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:05:42.54 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

58 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:06:44.91 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

59 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:06:47.07 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

60 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:10:37.58 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

61 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:12:22.49 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

62 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:22:51.55 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

63 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:28:32.83 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

64 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:29:20.49 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

65 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:29:33.61 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

66 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:30:00.46 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

67 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:31:19.25 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

68 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:32:38.31 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

69 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:34:27.62 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

70 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:39:12.01 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

71 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:41:15.27 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

72 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:42:10.76 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

73 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:43:17.44 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

74 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:45:30.85 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

75 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:45:42.15 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

76 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:48:50.41 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

77 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:49:22.95 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

78 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:49:43.63 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

79 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:51:23.61 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

80 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:53:25.49 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

81 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 01:56:32.10 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

82 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 02:00:01.10 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

83 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 02:00:13.80 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

84 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 02:01:40.70 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

85 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 02:03:52.52 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

86 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 02:07:11.44 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

87 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 02:07:46.04 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

88 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 02:10:07.90 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

89 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 02:10:52.36 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

90 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 02:11:46.22 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

91 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 08:44:21.72 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

92 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 08:44:42.58 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

93 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 08:56:45.21 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

94 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:28:04.66 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

95 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:29:21.82 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

96 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:29:33.03 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

97 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:31:12.69 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

98 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:31:23.45 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

99 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:34:22.29 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

100 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:34:30.72 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

101 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:36:56.54 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

102 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:40:37.24 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

103 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:43:12.25 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

104 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:44:18.52 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

105 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:47:55.64 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

106 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:48:07.87 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

107 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:49:36.12 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

108 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:49:46.97 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

109 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:50:54.32 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

110 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:52:10.54 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

111 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:53:38.44 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

112 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:54:57.24 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

113 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:55:17.90 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

114 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:58:24.76 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

115 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 09:59:42.92 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

116 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 10:00:49.48 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

117 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 10:03:00.17 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

118 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 10:03:56.17 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

119 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 10:05:23.87 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

120 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 10:07:51.27 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

121 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 10:08:20.51 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

122 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 10:09:04.34 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

123 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 10:10:45.41 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

124 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 10:16:36.35 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

125 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 10:17:40.84 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

126 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 10:18:05.27 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

127 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 10:21:01.22 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

128 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 10:23:23.44 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

129 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 10:25:37.57 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

130 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 10:25:49.01 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

131 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 10:26:31.33 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

132 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 10:28:45.52 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

133 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:21:33.36 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

134 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:21:44.39 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

135 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:25:12.52 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

136 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:26:08.22 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

137 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:27:15.05 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

138 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:28:53.65 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

139 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:29:04.86 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

140 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:30:32.53 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

141 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:33:28.62 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

142 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:33:38.42 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

143 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:36:02.99 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

144 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:38:16.43 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

145 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:40:58.41 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

146 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:42:27.02 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

147 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:42:49.07 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

148 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:47:37.07 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

149 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:52:44.96 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

150 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:55:31.49 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

151 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:58:28.15 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

152 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:59:33.56 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

153 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 11:59:55.06 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

154 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:00:37.82 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

155 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:00:50.58 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

156 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:03:35.18 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

157 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:07:06.61 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

158 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:07:38.18 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

159 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:08:45.67 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

160 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:09:17.19 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

161 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:09:40.48 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

162 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:09:51.61 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

163 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:12:13.75 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

164 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:14:28.27 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

165 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:15:21.82 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

166 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:19:12.92 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

167 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:20:53.04 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

168 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:27:41.91 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

169 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:27:52.47 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

170 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:28:24.45 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

171 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:29:11.02 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

172 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:30:37.89 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

173 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:39:14.14 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

174 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:43:14.52 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

175 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:43:37.28 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

176 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:44:54.88 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

177 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:48:45.35 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

178 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:49:07.10 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

179 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:50:23.63 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

180 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:50:58.26 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

181 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:53:09.78 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

182 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:53:19.95 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

183 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 12:53:42.94 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

184 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:03:16.39 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

185 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:04:55.93 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

186 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:05:15.79 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

187 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:05:40.76 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

188 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:06:45.78 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

189 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:09:20.43 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

190 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:10:29.02 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

191 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:11:55.84 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

192 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:13:45.18 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

193 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:15:59.48 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

194 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:16:09.82 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

195 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:16:20.75 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

196 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:18:20.72 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

197 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:19:17.30 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

198 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:19:49.23 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

199 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:24:47.58 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

200 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:27:09.00 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

201 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:30:16.42 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

202 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:36:32.11 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

203 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:37:24.85 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

204 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:39:59.59 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

205 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:42:55.81 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

206 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:44:09.87 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

207 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:44:46.77 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

208 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:46:14.97 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

209 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:48:39.14 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

210 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:51:24.48 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

211 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:54:19.94 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

212 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:55:37.73 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

213 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:55:48.22 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

214 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:58:10.48 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

215 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:58:34.11 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

216 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:58:55.81 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

217 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 13:59:05.09 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

218 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 14:00:44.37 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

219 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 14:01:41.49 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

220 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 14:02:46.64 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

221 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 14:03:41.01 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

222 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 14:05:30.40 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

223 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 14:08:16.97 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

224 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 14:12:42.50 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

225 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 14:13:16.31 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

226 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 14:13:38.49 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

227 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 14:17:16.24 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

228 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 14:17:51.21 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

229 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 14:20:12.96 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

230 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 14:21:30.33 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

231 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 14:23:33.05 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

232 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 14:23:55.26 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

233 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 14:26:29.26 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

234 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 14:27:01.00 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

235 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 14:27:23.69 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

236 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 14:27:46.72 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

237 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 20:43:29.22 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

238 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 20:48:58.71 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

239 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 20:52:06.44 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

240 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:03:02.12 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

241 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:03:58.64 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

242 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:06:33.74 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

243 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:07:06.34 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

244 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:10:55.86 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

245 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:12:59.24 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

246 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:13:11.79 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

247 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:17:45.45 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

248 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:19:14.08 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

249 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:19:59.55 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

250 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:22:43.97 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

251 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:22:56.96 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

252 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:23:07.85 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

253 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:23:50.78 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

254 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:24:01.02 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

255 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:24:24.57 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

256 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:27:21.63 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

257 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:29:22.94 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

258 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:29:32.59 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

259 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:35:15.46 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

260 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:36:54.08 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

261 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:39:20.20 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

262 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:41:09.95 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

263 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:42:26.91 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

264 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:44:26.97 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

265 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:45:00.66 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

266 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:45:23.67 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

267 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:46:29.36 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

268 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:47:33.75 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

269 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:47:44.32 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

270 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:48:18.90 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

271 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:48:29.97 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

272 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:48:50.36 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

273 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:51:25.54 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

274 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:51:35.46 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

275 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:51:57.76 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

276 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:54:43.28 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

277 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:55:28.72 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

278 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:55:39.18 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

279 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:56:21.87 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

280 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:56:56.51 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

281 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:58:46.65 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

282 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:59:18.79 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

283 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 21:59:53.73 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

284 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 22:02:39.23 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

285 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 22:03:34.49 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

286 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 22:05:02.69 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

287 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 22:05:13.21 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

288 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 22:06:19.64 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

289 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 22:07:48.20 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

290 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 22:10:12.47 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

291 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 22:10:34.71 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

292 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 22:15:00.20 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

293 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 22:16:28.73 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

294 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 22:18:17.68 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

295 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 22:19:34.39 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

296 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 22:22:10.96 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

297 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 22:23:28.25 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

298 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 22:26:24.15 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

299 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 22:26:57.46 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

300 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 22:28:14.12 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

301 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 22:28:23.59 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

302 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 22:31:21.00 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

303 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 23:27:43.76 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

304 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 23:28:50.93 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

305 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 23:31:04.14 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

306 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 23:31:57.14 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

307 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 23:33:16.16 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

308 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 23:33:26.03 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

309 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/16(火) 23:46:55.75 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

310 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 00:00:35.47 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

311 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 00:03:12.74 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

312 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 00:10:03.52 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

313 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 00:24:26.61 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

314 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 00:26:41.31 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

315 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 00:33:28.22 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

316 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 01:40:59.44 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

317 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 01:48:43.13 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

318 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 01:49:13.26 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

319 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 01:59:42.88 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

320 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 02:18:32.16 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

321 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 02:21:28.10 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

322 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 02:23:08.32 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

323 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 02:24:56.23 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

324 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 02:28:34.68 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

325 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 02:41:20.01 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

326 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 02:51:24.00 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

327 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 09:18:33.38 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

328 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 09:21:18.90 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

329 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 09:21:51.44 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

330 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 09:25:44.24 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

331 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 09:42:44.35 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

332 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 09:53:24.76 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

333 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 12:07:40.59 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

334 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 12:15:44.22 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

335 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 12:38:06.83 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

336 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 12:44:44.22 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

337 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 12:48:23.91 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

338 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 13:03:47.33 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

339 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 13:09:17.99 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

340 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 13:39:09.69 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

341 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 13:53:58.61 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

342 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 14:00:11.54 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

343 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 14:19:01.03 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

344 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 14:26:44.72 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

345 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/08/17(水) 14:28:13.97 ID:???.net
フレッド・ピアス:著 「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」
http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2212.html

よそ者の生物たちがもたらす数々の効用

 外来種と聞くと、「周囲の生物を食べつくす危険な存在」というイメージが浮かぶことでしょう。
しかし、著名な科学ジャーナリストの著者によれば、実際は、環境になじめず死滅するケースが多いのだとか。
おまけに、晴れて環境に定着した生物でも、受粉や種子の伝播を手助けしたり、イタドリやホテイアオイなど、むしろ人間が破壊した生態系を再生したりする役割も果たすというから驚きます。

「外来種は悪い」という一般的なイメージは、どのように作られたのか? 
著者は、そんな問題意識から、嫌われ者の外来種たちの“活躍" 例を、世界中から集め、その役割に光をあてます。
人種偏見に基づく民族浄化と外来種排斥は同じ構造

 本書の冒頭は、豊かな自然で知られる南大西洋のアセンション島の紹介で始まります。
豊かな自然が残ることで知られる島ですが、驚くことに、それは太古からの姿ではなく、過去1世紀の間に、欧米人により世界じゅうからさまざまな動植物が持ち込まれてできた、まったく新しい自然だというのです。

 そうした象徴的な事例に続き、著者は、「在来種は善、外来種は悪」という価値観を根づかせてきた「侵入生物学」の各種論文のずさんさや、
外来種の繁殖の原因はひとえに人間による環境破壊にあることなどを丁寧な取材から指摘。外来種排斥を人種偏見に基づく民族浄化になぞらえ、
それが自然環境保護、自然の再生という目的の達成にはつながらないことを徹底的に解き明かしていきます。

346 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 02:48:18.57 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

347 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 02:55:17.32 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

348 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 02:55:19.11 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

349 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 02:57:52.61 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

350 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 02:58:08.20 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

351 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 02:58:24.04 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

352 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 02:58:31.62 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

353 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 02:58:54.12 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

354 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 02:59:01.68 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

355 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 02:59:07.70 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

356 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 02:59:13.45 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

357 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 02:59:22.33 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

358 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 02:59:27.90 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

359 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 02:59:34.25 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

360 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 02:59:41.50 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

361 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 02:59:48.21 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

362 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 02:59:54.46 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

363 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 03:00:12.01 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

364 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 03:00:22.29 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

365 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 03:00:31.16 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

366 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 03:00:36.99 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

367 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 03:00:42.79 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

368 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 03:00:50.28 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

369 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 03:00:56.11 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

370 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 03:01:02.60 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

371 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 03:01:10.68 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

372 :Κ5 ◆jPlQ5a4ipktP :2016/09/23(金) 03:01:40.75 ID:???.net
a38Li948UlXeq1m068k809I2V9ODa3s6q1Sy7Mn5gjccCe8053SGaJN7dVbUcR8XxwG1422e25955
J806x6j5na0N4AXS3S7l14GnoPCvY63VjbEv54ko4pMt0zD4463BU0bR2U29286bs6AV09431h9QZ
v5xkB0vZe00t4M7r1B789v6ei1S764emxd8u9uaV6PIJl5CzPut5sWxC9Q29DH4vn56Ht8by482fY
p2JJS81Lmdvkx1zX4cHhttpYiK926r915m885eLZnJb8B7Su95Z1s60y95pj1jpgAw2N1OuOb1qe51T
13PU4542665f9y7164x2d7ncv9Mla8ug0U66POT4wQwdt7fH5zV6O6U6zM956T6RM78A1fQO2R7KX
Nbc08Tzsb0146r0mgC7MoQJS434Sz9i8Q49m6QL5y0WoHJp58iV435J8hYih01p1mk1NF8rDmDz4X
384RedkU56UtKM5j7D25AT0bcMU22898304aof5SS05E42s6a6A99s911g9z4Vgm73aNG3qjw62Da
sj01ONqzJ876s3P7VI0gT75Ige0x0e0N815k7p0096a7GI5C5679o5jWJO840r82w5R347264D55u
7yWsjqk8a2M4hl3jD8mlW9471A8bMs1ww0IM5t6ov29C4V5A8HS39Kq3wKc3IzcYT4S74Ud16183A
00BxgR33d9ozNTM0NN2bV3uU6zdr8WlR3U3XM7bt7hT50qO8B44fI4f1hy9on4c06v38fsi54K0P6
d7mNRO4ksI9gif208I2x6vak2I52vu5PbP97ETNc.jpgJ6h46fL455j61V9w7NS2AsEhK8iTnQ29t
458ZU32nX226ABUxPM25gwFJSeWK4Xy2xFERKN2F65cBWR014S94T4154327X80ns1Hl6DE8dd610
0g6sW3oT067G2xI84k0x5Rg56D8d7K3Jxrcj663s0zhDVD64A95r2u1w1s2mE3n1U8Ri848DN95Gp
F1l79726yf7crVGsbP8a7ZD59j7UX2R91242e5yq315XX4efbObM109dM5iW6daaa688149JXmeli
2x61Kb3NW67Y3gCgC1sg4U22Mks0tZ5E45TF937e6140JT1Tr3c5v0891YQ08VuFk2km8810Lav7T
I231FJj1K193u6t2wI05TUcr5Bo14VP3ZwfigTv6i282f05O6j5Eg94QdlTVg03D4704IXy4Hs14J
cj5S8Fl2r7lRION8Lq63463tV8M6uo995Qh10H15Va3jQrEb7h4jmw17z705f7V9i127BlG906GSp
uRuqji2cj5hOV30aM18vmFf74451fSCX389l0fae50S7q1nVJB6r9CcXTy3128w1U4mNcKUyiD82X
97lk338CTDGd62r90r2567WM5X20rz3z67385kYwjOM0082deH9cOZE5m6JKG2Q5tX6V31N19bSm3
11GfP68N3pF2PZktv6STi742gn7PwyjZR7reo8r0h9IJf1lQ1VG4jQn2tWr836vK5044G28p3E810
X1ICFECEg9XtHqVA1flpeu4L2Sy0l1v3n5XJSJUr2f6yN97W7Rj95nH0n8jS75xsJ3pZ3qqZQdVq1
g1U9hqD5W81V2q4966MH8708V69KybbY2TwT56D78RSCh40wn3e46oPe3czdf4VUK4dMja0QZhE88
K1899u43j51Am11x2Z0w9RM8q1mJ26W51388744675EL928Q9N6r8yV59X3l4mbR3Rw1Q97m9g9Y4
71o9M8R4M6G9N7YQa20GAN4Fxe83N194XRJ4Www212q27N03zLgbqUyd93tX3mI0EjU23P4KH6Y4A

514 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★